安浦町

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
安浦町
廃止日 2005年3月20日
廃止理由 編入合併
音戸町蒲刈町倉橋町豊浜町安浦町豊町呉市
現在の自治体 呉市
廃止時点のデータ
日本の旗 日本
地方 中国地方山陽地方
中国・四国地方
都道府県 広島県
豊田郡
団体コード 34423
面積 63.53km2
総人口 12,892
(2004年3月31日)
隣接自治体 呉市、東広島市
町の木 ヤマモモ
町の花 サツキ
安浦町役場
所在地 729-2516
広島県豊田郡安浦町中央三丁目2番9号
特記事項 現在は郵便番号が変更されている。
 表示 ウィキプロジェクト

安浦町(やすうらちょう)は、かつて広島県豊田郡に存在した町である。2005年3月20日に豊田郡豊浜両町及び安芸郡音戸蒲刈倉橋各町とともに呉市に編入されて豊田郡安浦町は消滅し、現在は呉市安浦町として存在する。

町名の由来[編集]

沿革[編集]

  • 1889年4月1日 - 市町村制施行。当時の町域にはいずれも賀茂郡に属する内海・内海跡・中切・野路・三津口の各村があった。
  • 1896年1月1日 - 内海村が町制施行して内海町になる。
  • 1922年1月1日 - 三津口村が町制施行して三津口町になる。
  • 1929年1月1日 - 内海跡村が村名を安登村に変更する。
  • 1942年4月1日 - 中切村・野路村が対等合併して野路村(2代)が成立する。
  • 1944年1月1日 - 内海町三津口町及び野路村が対等合併して安浦町が成立する。
  • 1956年4月1日 - 賀茂・豊田両郡の一部所属町村入れ替えに伴い、所属郡が賀茂郡から豊田郡に変更される。
  • 1958年4月1日 - 豊田郡安登村の一部(残部は豊田郡川尻町に編入)を編入する。
  • 2005年3月20日 - 安芸郡音戸・蒲刈・倉橋各町及び豊田郡豊浜・豊両町とともに呉市に編入され消滅する。

歴代町長[編集]

地理[編集]

    • 柏島(面積0.01平方キロメートル)

名所・旧跡[編集]

産業[編集]

大字・町名[編集]

  • 赤向坂(あこうざか)
  • 安登(あと)
  • 安登西一丁目 - 安登西十丁目(あとにし)
  • 安登東一丁目 - 安登東六丁目(あとひがし)
  • 内海(うちのうみ)
  • 内海北一丁目 - 内海北七丁目(うちのうみきた)
  • 内海南一丁目 - 内海南六丁目(うちのうみみなみ)
  • 内平(うちひら)
  • 女子畑(おなごばた)
  • 下垣内(しもがうち)
  • 中央一丁目 - 中央八丁目(ちゅうおう)
  • 中央北一丁目・中央北二丁目(ちゅうおうきた)
  • 中央ハイツ(ちゅうおうはいつ)
  • 中切(なかぎり)
  • 中畑(なかはた)
  • 野呂山(のろさん)
  • 原畑(はらはた)
  • 水尻一丁目・水尻二丁目(みずしり)
  • 三津口(みつぐち)

交通(2005年3月19日当時のデータ)[編集]

鉄道[編集]

道路[編集]

教育(2005年3月19日当時のデータ)[編集]

  • 小学校
    • 安浦町立安登小学校
1990年3月26日、男性教諭(当時39歳)が女子児童(当時6年生)へ猥褻行為、その発覚後に当該生徒を呼び出し自動車内で絞殺。遺族が学校と町を相手取り、逸失利益や慰謝料など約5000万円の損害賠償を求めて提訴。1991年4月10日、広島地方裁判所にて加害教諭に懲役13年の実刑判決。1993年3月19日広島地方裁判所呉支部で広島県の責任を認める判決、原告勝訴。
    • 安浦町立内海小学校
    • 安浦町立野路北小学校…2001年度から休校中
    • 安浦町立野路中切小学校
    • 安浦町立野路東小学校
    • 安浦町立三津口小学校
  • 中学校
    • 安浦町立安浦中学校

安浦町出身の有名人[編集]

備考[編集]

関連項目[編集]