中部太平洋方面艦隊

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
大日本帝国海軍
大日本帝国海軍旗
官衙
海軍省
軍令部
艦政本部
航空本部
外局等一覧
地方組織
鎮守府
警備府
要港部
艦隊
連合艦隊
北東方面艦隊
中部太平洋方面艦隊
南東方面艦隊
南西方面艦隊
第十方面艦隊
支那方面艦隊
海上護衛総司令部
海軍総隊
他作戦部隊
海軍航空隊
海軍陸戦隊
主要機関
学校一覧
歴史・伝統
日本海軍の歴史
日本海軍の軍服
その他
階級一覧
艦艇一覧
兵装一覧
 表示ノート編集履歴 

中部太平洋方面艦隊(ちゅうぶたいへいようほうめんかんたい)は、アメリカ軍の中部太平洋方面侵攻(マリアナパラオトラック方面)に備え、点在する各海軍部隊および陸軍部隊を統括指揮する目的で編制された日本海軍艦隊である。

概要[編集]

1944年昭和19年)3月4日に第四艦隊および新編の第十四航空艦隊をもって編制された。しかし、あ号作戦に伴い第十四航空艦隊は同年5月5日に全機を第一航空艦隊に転出させ、稼動機は皆無になる。

司令部サイパン島に置き、アメリカ軍のサイパン侵攻(サイパンの戦い)の際は地上部隊として奮闘したが、司令部は全滅し、解隊された。第四艦隊などの残存部隊は連合艦隊の指揮下に入った。

歴代司令長官[編集]

  1. 南雲忠一中将 1944年(昭和19年)3月4日 - 1944年7月8日

歴代参謀長[編集]

  1. 矢野英雄少将 1944年(昭和19年)3月4日 - 1944年7月8日

上部組織[編集]

隷下部隊[編集]

1944年4月1日 戦時編制制度改定時の編制[編集]

  • 直属
    • 第5根拠地隊(サイパン島)
      • 測天、第21駆潜隊
      • 第54~56警備隊、第5通信隊、第5輸送隊
    • 第30根拠地隊(パラオ)
      • 第21、22号掃海艇、第31駆潜隊
      • 第45、46警備隊、第30潜水艦基地隊、第3通信隊、第6輸送隊
  • 第四艦隊(トラック島)
  • 第十四航空艦隊 (司令部要員は中部太平洋方面艦隊司令部要員が兼任)
  • 附属:五十鈴、第23魚雷艇
    • 第59、60、82、83、91防空隊、第205、214、217、218、223、233設営隊

関連項目[編集]

参考文献[編集]