大阪警備府

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
大日本帝国海軍
大日本帝国海軍旗
官衙
海軍省
軍令部
海軍艦政本部
海軍航空本部
外局等一覧
地方組織
鎮守府
警備府
要港部
艦隊
連合艦隊
北東方面艦隊
中部太平洋方面艦隊
南東方面艦隊
南西方面艦隊
第十方面艦隊
支那方面艦隊
海上護衛総司令部
海軍総隊
他作戦部隊
海軍航空隊
海軍陸戦隊
主要機関
学校一覧
歴史・伝統
日本海軍の歴史
日本海軍の軍服
その他
階級一覧
艦艇一覧
兵装一覧
 表示ノート編集履歴 

大阪警備府(おおさかけいびふ)とは、現在の大阪府大阪市にあった旧日本海軍の商港警備府である。この項では前身の阪神海軍部を含めて記述する。

沿革[編集]

1940年(昭和15年)3月15日に阪神海軍部令(昭和15年3月9日軍令海第3号)に基づき阪神海軍部が設置された。太平洋戦争が差し迫った1941年(昭和16年)11月20日に商港警備府令(昭和16年11月12日軍令海第21号)に基づき大阪警備府が設置され、阪神海軍部は廃止となった。名称に「警備府」が付くが、同日に警備府令に基づき各地の要港所在の要港部から改組された警備府とは設置根拠が異なる。警備区の防御・警備と開戦に向けた軍事態勢の整備(出師準備)を任務とした[1]

大阪警備府は太平洋戦争の終結まで存続した。終戦後、1945年(昭和20年)11月30日をもって廃止され、同年12月1日からは第二復員省大阪地方復員局として兵器の連合国軍への引き渡し事務などを行った[2]

歴代司令長官[編集]

阪神海軍部長[編集]

  1. 奥信一 少将:1940年3月15日 -

大阪警備府司令長官[編集]

  1. 小林仁 中将:1941年11月20日 - 1943年3月9日[3]
  2. 牧田覚三郎 中将:1943年3月9日[3] - 1944年4月1日[4]
  3. 大野一郎 中将:1944年4月1日[4] - 1944年11月1日[5]
  4. 岡新 中将:1944年11月1日[5] -

脚注[編集]

  1. ^ 商港警備府令第3条
  2. ^ 大阪地方復員局総務部長 『接収引渡進捗状況報告』 JACAR Ref.C08010522900
  3. ^ a b 大阪警備府司令部 『自昭和十八年三月一日 至昭和十八年三月三十一日 大阪警備府戦時日誌』 アジア歴史資料センター(JACAR) Ref.C08030499000、画像9枚目。
  4. ^ a b 大阪警備府司令部 『自昭和十九年四月一日 至昭和十九年四月三十日 大阪警備府戦時日誌』 JACAR Ref.C08030500500、画像4枚目。
  5. ^ a b 大阪警備府司令部 『自昭和十九年十一月一日 至昭和十九年十一月三十日 大阪警備府戦時日誌』 JACAR Ref.C08030501200、画像4枚目。

関連項目[編集]