第一遣外艦隊

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

第一遣外艦隊(だいいちけんがいかんたい)は、旧日本海軍の部隊の一つ。前身は1917年12月に新設された第7戦隊。1918年2月に独立し遣支艦隊となり、さらに1919年8月第一遣外艦隊に改編された。上海に駐留し、主に揚子江流域の警備を担当した。

1932年第一次上海事変を契機に、中国方面への警備強化が急務となり、日本海軍は第一・第二遣外艦隊1927年編成、主に青島周辺の警備を担当)に増援部隊を派遣し、これらの部隊を統括する第三艦隊が新たに編成された。2個遣外艦隊は翌年まで戦隊への組み換えを行わなかったため、第三艦隊の中に2個艦隊が存在する状態が約1年3ヶ月続いた。1933年5月に第一・第二遣外艦隊をそれぞれ第11・第10戦隊に組み替えて、通常の艦隊編制となった。

編制[編集]

(1920年12月1日)

(1922年12月1日)

(1925年)

(1927年12月1日)

  • 矢矧利根、安宅、伏見、隅田、嵯峨、勢多、堅田、比良、保津、鳥羽、第24駆逐隊(桃、柳、樫、椿)、浦風   

(第三艦隊編成時、1932年2月2日)

  • 平戸天龍常磐、對馬、安宅、宇治、伏見、隅田、勢多、堅田、比良、保津、鳥羽、熱海二見、第13・第24駆逐隊、浦風、小鷹 

歴代司令官[編集]