第十方面艦隊

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
大日本帝国海軍
大日本帝国海軍旗
官衙
海軍省
軍令部
海軍艦政本部
海軍航空本部
外局等一覧
地方組織
鎮守府
警備府
要港部
艦隊
連合艦隊
北東方面艦隊
中部太平洋方面艦隊
南東方面艦隊
南西方面艦隊
第十方面艦隊
支那方面艦隊
海上護衛総司令部
海軍総隊
他作戦部隊
海軍航空隊
海軍陸戦隊
主要機関
学校一覧
歴史・伝統
日本海軍の歴史
日本海軍の軍服
その他
階級一覧
艦艇一覧
兵装一覧
 表示ノート編集履歴 

第十方面艦隊(だいじゅうほうめんかんたい)とは、昭和20年(1945年2月5日日本海軍が編成した艦隊である。

概要[編集]

仏印方面及び蘭印方面はそれぞれ第一南遣艦隊第二南遣艦隊南西方面艦隊の指揮下で作戦を担当していたが、アメリカ軍フィリピン侵攻により南西方面艦隊司令部がフィリピンに孤立してしまい、取り残された二個南遣艦隊を南西方面艦隊から分離し、蘭印の防空を担当していた第十三航空艦隊とあわせて指揮するために編成された。 司令部要員は第一南遣艦隊司令部及び第十三航空艦隊司令部と兼任である。 終戦時、司令部はシンガポールにあった。

歴代司令長官[編集]

  1. 福留繁中将:1945年2月5日 -(終戦)

歴代参謀長[編集]

  1. 朝倉豊次少将:1945年2月5日 -(終戦)

隷下部隊[編集]

1945年2月5日、新編時の編制[編集]

1945年6月1日、最終時の編制[編集]

  • 直属:第5戦隊:(羽黒)・足柄(羽黒は書類上の在籍〈1945年5月16日戦没、同年6月20日除籍〉)
  • 第一南遣艦隊
  • 第二南遣艦隊
  • 第十三航空艦隊
  • 附属:(五十鈴)、南海(五十鈴は書類上の在籍〈1945年4月7日戦没、同年6月20日除籍〉)
    • 第33・105防空隊・第36・201~203・224・232設営隊

関連項目[編集]

参考文献[編集]