朝倉豊次

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
朝倉豊次
Bunzi Asakura.jpg
武蔵艦長時代
生誕 1894年7月6日
日本の旗 日本富山県
死没 1966年1月27日
所属組織 大日本帝国海軍の旗 大日本帝国海軍
軍歴 1916年(大正5年)-1945年(昭和20年)
最終階級 Imperial Japan-Navy-OF-7-collar.svg 海軍少将
除隊後 黒部市教育長
テンプレートを表示

朝倉 豊次(あさくら ぶんじ、1894年明治27年)7月6日 - 1966年昭和41年)1月27日)は日本海軍軍人、最終階級は海軍少将

経歴[編集]

富山県下新川郡前沢村(現黒部市前沢)出身[1]1916年(大正5年)11月、海軍兵学校44期)を48番/95名で卒業し、翌年12月に少尉任官。海軍砲術学校高等科で学んだ。「羽風」「迅鯨」の各砲術長、海兵教官兼監事などを経て、1930年(昭和5年)11月、海軍大学校甲種28期)を卒業した。

重巡洋艦「高雄」(朝倉豊次艦長)が、ガダルカナル島砲撃に向けて航海中。「愛宕」から撮影、後方に戦艦「霧島」。

1930年12月、第二水雷戦隊参謀となり、第2艦隊参謀、軍令部参謀(第1班第2課兼第1課)、軍令部部員(第1部第2課兼第2部第3課を歴任し、1933年(昭和8年)11月、中佐に昇進。

1934年(昭和9年)11月、聯合艦隊司令長官兼第1艦隊司令長官高橋三吉中将29期)の幕僚である聯合艦隊参謀兼第1艦隊参謀(砲術)に就任。在職中、二・二六事件に遭遇している。その後、海軍省教育局局員(第2課兼第1課)を経て、1938年(昭和13年)11月、大佐に進級し横須賀鎮守府附となる。

進級は44期の第二選抜組に属し、この頃には同期生中の序列も13番に上昇している。同年12月、「石廊特務艦長に就任し、海兵監事兼教官、第2艦隊司令部附を経て、1941年(昭和16年)8月、「高雄艦長に就任。

着任した「高雄」を横浜のドックから出渠し横須賀沖で諸試験を行っている最中、汽船「北海丸」と衝突事故が発生。非は「高雄」側にあったようで、朝倉艦長は謹慎20日の懲罰を受けている。艦の損害は、当時の金額で約28万円だったという。この懲罰が進級に影響したのか、それまで朝倉より序列が後任であった同期の軍令部第2部黒島亀人大佐、「長門艦長 早川幹夫大佐、「大和艦長 大野竹二大佐が1943年(昭和18年)11月、少将に進級したのに対して朝倉の進級は見送られている。

艦内で謹慎を終えた朝倉大佐は、「高雄」艦長として太平洋戦争開戦を迎える。以降、第2艦隊第4戦隊所属として南方作戦アリューシャン作戦第二次ソロモン海戦南太平洋海戦第三次ソロモン海戦と一年半もの間、多くの作戦に従事した。のちに戦艦「武蔵艦長に就任していることから、多くの作戦における働きが高く評価されたものと思われる。

1943年(昭和18年)2月、艦政本部出仕となり、艦政本部総務部第2課長、兼総務部臨時魚雷艇班班長、聯合艦隊司令部附を歴任し、同年12月に「武蔵」第3代艦長に就任。

1944年(昭和19年)5月、少将に進級。「武蔵」が6月のマリアナ沖海戦に出撃したのち、8月に後任である猪口敏平大佐(46期)に引き継いで、第1南遣艦隊司令部附となった。その後、第1南遣艦隊参謀長兼補給長、第13航空艦隊参謀長兼第1南遣艦隊参謀長を経て、第10方面艦隊参謀長兼第13航空艦隊参謀長兼第1南遣艦隊参謀長として昭南島(シンガポール島)で終戦を迎えた。

1948年(昭和23年)3月に解員となり、1949年(昭和24年)9月、神戸に帰還した。

富山県に戻った後、前沢村などが合併して成立した桜井町 (富山県)助役教育長を経て、同町などが合併して成立した黒部市の初代教育長を務めた[1]

出典[編集]

  1. ^ a b 長徳琢也 (2015年3月25日). “戦艦武蔵・3代艦長は黒部出身”. 北日本新聞 

参考文献[編集]

  • 外山操編『陸海軍将官人事総覧 海軍篇』芙蓉書房出版、1981年。
  • 福川秀樹『日本海軍将官辞典』芙蓉書房出版、2000年。
  • 海軍歴史保存会編『日本海軍史』第9巻、発売:第一法規出版、1995年。
  • 東京水交社水交社員名簿』、1939年版
  • 「歴史群像」太平洋戦史シリーズVol.16『高雄型重巡』、1997年