朝倉豊次

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
朝倉豊次
Bunzi Asakura.jpg
武蔵艦長時代
生誕 1894年7月6日
日本の旗 日本富山県
死没 1966年1月27日
所属組織 大日本帝国海軍の旗 大日本帝国海軍
軍歴 1916年(大正5年)-1945年(昭和20年)
最終階級 海軍少将
除隊後 黒部市教育長
テンプレートを表示

朝倉 豊次(あさくら ぶんじ、1894年7月6日 - 1966年1月27日)は、日本海軍軍人、最終階級は海軍少将

経歴[編集]

富山県下新川郡前沢村(現黒部市前沢)出身[1]1916年(大正5年)11月、海軍兵学校44期)を卒業し、翌年12月に海軍少尉任官。海軍砲術学校高等科で学んだ。「羽風」「迅鯨」の各砲術長、海兵教官兼監事などを経て、1930年(昭和5年)11月、海軍大学校(甲種28期)を卒業した。

1930年12月、第二水雷戦隊参謀となり、第2艦隊参謀、軍令部参謀(第1班第2課兼第1課)、軍令部部員(第1部第2課兼第2部第3課を歴任し、1933年(昭和8年)11月、海軍中佐に昇進。1934年(昭和9年)11月、連合艦隊参謀兼第1艦隊参謀に就任し、海軍省教育局局員(第2課兼第1課)を経て、1938年(昭和13年)11月、海軍大佐に進級し横須賀鎮守府付となる。同年12月、「石廊」特務艦長に就任し、海兵監事兼教官、第2艦隊司令部付を経て、1941年(昭和16年)8月、「高雄」艦長に着任し太平洋戦争を迎えた。

1943年(昭和18年)2月、艦政本部出仕となり、艦政本部総務部第2課長、兼総務部臨時魚雷艇班班長、連合艦隊司令部付を歴任し、同年12月、「武蔵」第3代艦長に就任。1944年(昭和19年)5月、海軍少将に進級。同年8月、第1南遣艦隊司令部付に転じ、第1南遣艦隊参謀長兼補給長、第13航空艦隊参謀長兼第1南遣艦隊参謀長を経て、第十方面艦隊参謀長兼第13航空艦隊参謀長兼第1南遣艦隊参謀長として昭南島(シンガポール島)で終戦を迎えた。

1948年(昭和23年)3月、解員となり、1949年(昭和24年)9月、神戸に帰還した。

富山県に戻った後、前沢村などが合併して成立した桜井町 (富山県)助役教育長を経て、同町などが合併して成立した黒部市の初代教育長を務めた[1]

出典[編集]

  1. ^ a b 長徳琢也 (2015年3月25日). “戦艦武蔵・3代艦長は黒部出身”. 北日本新聞 

参考文献[編集]

  • 外山操編『陸海軍将官人事総覧 海軍篇』芙蓉書房出版、1981年。
  • 福川秀樹『日本海軍将官辞典』芙蓉書房出版、2000年。
  • 海軍歴史保存会編『日本海軍史』第9巻、発売:第一法規出版、1995年。