ヘンダーソン基地艦砲射撃

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
第二次世界大戦 > 太平洋戦争 > ソロモン諸島の戦い > ヘンダーソン基地艦砲射撃
ヘンダーソン基地艦砲射撃
Kongo after reconstruction.jpg
飛行場に射撃を加えた日本の高速戦艦金剛
戦争太平洋戦争 / 大東亜戦争
年月日1942年10月13日
場所ガダルカナル
結果:成功
交戦勢力
大日本帝国の旗 大日本帝国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
指導者・指揮官
栗田健男中将
戦力
戦艦 2
軽巡洋艦 1
駆逐艦 9
損害
榛名の乗員1名が作戦中に熱射病で死亡 航空機54 飛行場一ヶ所の破壊
ソロモン諸島の戦い

ヘンダーソン基地艦砲射撃(ヘンダーソンきちかんぽうしゃげき)は、太平洋戦争大東亜戦争)中の1942年昭和17年)10月13日から翌朝にかけて行われた日本海軍によるガダルカナル島アメリカ軍飛行場・ヘンダーソン基地への夜間砲撃である。その他、一連のヘンダーソン基地艦砲射撃については項末及びこちらを参照

概要[編集]

1942年(昭和17年)10月13日、戦艦金剛榛名を主力とする第2次挺身攻撃隊(指揮官栗田健男中将)が、ガダルカナル島ヘンダーソン飛行場に対して夜間艦砲射撃を開始した。明け方まで砲撃を続け、滑走路および航空機に対して損害を与えた。

戦闘の背景[編集]

日本軍が、ガダルカナル島を確保するにあたっては、輸送船により島に大規模な増援を送り込む必要があった。しかし、日本軍の航空隊は損害により消耗しており、このままではヘンダーソン飛行場に展開する米軍航空機により攻撃を受け、増援輸送が失敗する恐れが大きかった。

そのため、日本海軍は艦砲射撃によりヘンダーソン飛行場に損害を与え、その間に増援の輸送を行うことを計画した。アメリカ軍の航空攻撃をさけ、また、できる限り大きな打撃を与えるために、艦砲射撃部隊は金剛型の高速戦艦を主力とした。実施部隊の指揮官栗田健男中将(第3戦隊司令官)は、危険が大き過ぎると作戦に反対していたが、山本五十六連合艦隊司令長官に「ならば自分が大和で出て指揮を執る」と言われたため、しぶしぶ引き受けたという。ただし、同作戦の頃初めて栗田と会った奥宮正武によれば、栗田は首席参謀の有田雄三中佐と共に強い自信を示していたという[1]

第二次挺身攻撃隊[編集]

第二航空戦隊空母隼鷹飛鷹も11日にトラック島を出撃し、常時6機の上空直衛機(零式艦上戦闘機)を第二次挺身攻撃隊上空に配備した。

一方、外南洋部隊の命令により支援部隊の重巡洋艦青葉を旗艦とする第六戦隊(青葉、衣笠古鷹)は飛行場砲撃の準備を整え、サボ島の沖合に進撃した。青葉は地上攻撃用の特殊砲弾を装填しており、今作戦そのものがアメリカ軍基地飛行場射撃の効果を確認する意味合いがあった[2]

戦闘経過[編集]

  • 1942年(昭和17年)10月11日、第二次挺身攻撃隊 トラック島出撃。10月12日、ルンガ沖に軽巡洋艦1、駆逐艦7、大型輸送船2隻という航空隊の報告を受けた[3]

10月13日朝、南進を続ける第二次挺身攻撃隊に悪い知らせが届いた。先に出撃した第1次挺身攻撃隊の重巡洋艦4隻が、ガダルカナル島に向かう途中、サボ島沖で連合軍艦隊(アメリカ巡洋艦隊)に待ち伏せされ、一方的なレーダー射撃を受け重巡古鷹、駆逐艦吹雪が沈没し、重巡青葉も大破された(サボ島沖海戦)。更に、ガダルカナル島にいない筈の米艦隊(輸送船2隻、駆逐艦2隻)と、それを支援するアメリカ艦隊が同方面へ進行中との報告をラバウル第十一航空艦隊より受けた。

10月13日夕刻、第二航空戦隊の上空直衛機6機が空母へ帰艦し、第二次挺身攻撃隊は28ノットの高速でガダルカナル島へ向かって進撃を開始した。

  • 以下時系列は「昭和17年10月5日~昭和17年10月14日 挺身攻撃隊記録(第3戦隊.金剛.榛名のガ島飛行場砲撃)」による。
  • 13日20時30分、総員戦闘配置完了。
  • 同 22時38分、エスペランス岬に海軍陸戦隊によるかがり火を確認。
夜戦の為、エスペランス岬、タサファロング岬、クルツ岬の計3ヶ所にかがり火をともし、それを目標に三角法にて測距し、飛行場の位置を割り出す作戦が事前に進められていた。)
  • 同 23時00分、クルツ岬を右13度8キロに見て、艦隊進路130度に変針。
  • 同 23時17分、栗田長官、射撃開始命令。
  • 同 23時33分、空中班の重巡古鷹、衣笠の零式水上偵察機がヘンダーソン飛行場上空から吊光弾(赤、白、緑)を投下し、攻撃目標を示した。
  • 同 23時37分、砲撃開始、金剛、新型三式弾104発を交互射撃。
  • 同 23時38分、榛名、対空用零式弾189発を交互射撃。
  • 同 23時46分、ルンガ岬に配置するアメリカ海兵隊探照灯にて金剛を発見し、報復射撃を開始する。
(沿岸に配置していた12.7センチ砲6門で金剛を狙ったが、射程9,000 m で金剛には届かず、手前の駆逐艦を狙ったが命中弾は無かった。)
  • 同 23時53分、金剛、榛名、探照灯に対し副砲で反撃する。
  • 同 23時57分、三式弾を撃ち尽くす。
  • 14日00時13分、全艦隊取り舵反転。
  • 同 00時20分、砲撃再開、金剛、榛名ともに徹甲弾一式弾)を射撃開始。
(三式弾、零式弾共に打ち尽くし、徹甲弾に変更済み)
  • 同 00時27分、敵魚雷発見の報を受け、右45度に艦隊進路変更。
  • 同 00時33分、魚雷発見は誤認とわかり、艦隊進路を元に戻す。
  • 同 00時50分、アメリカ軍の魚雷艇1隻を前路警戒隊の駆逐艦長波が発見、それを撃破する。
  • 同 00時56分、全艦隊に「撃ち方・止め」の命令。転舵、面舵3度最大戦速29ノットにて戦線を離脱開始。
  • 同 01時22分、敵魚雷艇発見、長波が魚雷艇3隻を撃退する。
  • 同 04時48分、第二航空戦隊の零戦が第3戦隊上空直衛を開始する。
  • 同 12時00分、前進部隊本隊に合流。

その後数日間の経過[編集]

10月13日21時、第八艦隊長官の三川中将は重巡鳥海とサボ島沖海戦から生還した重巡衣笠、駆逐艦天霧望月を率いてショートランド泊地から出撃した[4]。輸送船団を護衛しつつガダルカナル島へ接近した[5]。14日深夜、鳥海、衣笠は飛行場に対し20㎝砲弾752発を発射した[6]


10月14日、増援部隊指揮官橋本信太郎第三水雷戦隊司令官指揮下のもと、軽巡3隻(川内、由良、龍田)と駆逐艦4隻(朝雲、白雪、暁、雷)がそれぞれガダルカナル島への揚陸に成功した[7][8]。翌日、秋月、村雨、五月雨、夕立、春雨、時雨、白露、有明等の護衛による輸送船団6隻は、ヘンダーソン飛行場から飛び立ったアメリカ軍機の空襲で輸送船3隻(笹子丸、九州丸、吾妻山丸)が座礁するもかろうじて輸送任務に成功した[9][10]。だが日中のアメリカ軍の艦砲射撃やヘンダーソン飛行場からのアメリカ軍機の空襲により、揚陸地点に集積されていた物資は大部分を焼き払われてしまった[10]


10月15日夜、第五戦隊の重巡洋艦妙高摩耶第二水雷戦隊(軽巡五十鈴、第31駆逐隊《高波巻波長波》、第24駆逐隊《海風江風涼風》)がガダルカナル島ヘンダーソン基地への艦砲射撃を実施し[11]、砲撃に成功[12]。妙高は20㎝主砲463発、摩耶は450発を発射した[13]

10月16日、連合艦隊は水上機母艦日進千歳千代田による輸送を止め、軽巡洋艦及び駆逐艦での輸送を下令、日本陸軍ガ島総攻撃前の最後の輸送作戦とした[14]。これを受けて軽巡洋艦戦隊(川内、由良、龍田)と第四水雷戦隊(旗艦秋月)、同水雷戦隊第1小隊(第9駆逐隊《朝雲》、第11駆逐隊《白雪》、第6駆逐隊《暁、雷》)、第2小隊(第2駆逐隊《村雨、夕立、春雨、五月雨》)、第3小隊(第19駆逐隊《浦波、敷波、綾波》)、第4小隊(第27駆逐隊《時雨、白露、有明》)による輸送作戦(陸兵2159名、野砲6門、速射砲12門、軍需物資)が行われることになった[15][16]。17日午前2時-4時に各隊は漸次ショートランド泊地を出撃すると、20時40分~22時にかけてガダルカナル島に到着し軽巡戦隊はエスペランス岬にて、水雷戦隊はタサファロング岬にて揚陸に成功した[16]。また、サボ島沖海戦で沈没した駆逐艦吹雪の乗組員8名を含む231名を救助した[17]。各隊が揚陸を行う間、村雨と時雨は揚陸作戦中の哨戒を担当したのちヘンダーソン飛行場に対し艦砲射撃を行った(発射弾数:時雨100発、村雨60発)[18]。帰途、軽巡由良がアメリカ潜水艦の雷撃により不発魚雷1本が命中するも増援部隊はそれ以上の被害を出すことなく10月18日9時30分にショートランド泊地に帰着した[19][16]

戦果と影響[編集]

14日0時56分の「撃ち方・止め」までの間に金剛は三式弾104発、徹甲弾(一式弾)331発、副砲27発の計462発[20]榛名は零式弾189発、徹甲弾294発、副砲21発の計504発[20]。両艦合わせて計966発の艦砲射撃を実施した。榛名では、弾薬庫員9名が熱射病で倒れ、1名が死亡した。 第三戦隊の砲撃によりヘンダーソン飛行場は火の海と化し、各所で誘爆も発生した。

アメリカ軍側は、96機あった航空機のうち54機が被害を受けガソリンタンクも炎上した。滑走路も大きな穴(徹甲弾による)が開き、ヘンダーソン飛行場は一時使用不能となった。

しかしこの攻撃の少し前に戦闘機用第2飛行場が既に完成しており、攻撃目標は第1飛行場のみであった為ヘンダーソン飛行場の機能は半減したに過ぎなかった。事実、10月15日に実施された日本軍の第二師団揚陸作戦に対し、戦闘機用飛行場から出撃したアメリカ軍航空機の攻撃において、日本側の輸送船団は大きな損害を受け、重砲弾薬の多くを失ってしまった。また、戦闘詳報でも「戦艦主砲を以てしても所在飛行機を一機も残さず撃破することは困難なり」と報告している[21]

新設滑走路の完成を陸海軍共に偵察察知していなかった事が戦術的成功(飛行場砲撃成功)・戦略的失敗(上陸部隊への攻撃阻止失敗)の原因であったほか、二度目の攻撃に於いてはアメリカ軍側が夜戦防備を固める事は予測できた筈であった。 また、現代的視点から見れば、敵陸上航空兵力存在下での上陸作戦においては空母艦上戦闘機による揚陸艦隊・準備対地打撃部隊の上空直掩は不可欠のはずであったが、

などのため空母を出せず、水上艦による艦砲射撃で代用した事は同時期アメリカ軍が1-3隻しかない正規空母を毎回出動させていたのとは対照的で、結局海軍の『空母出し惜しみ』[要出典]は陸軍の『逐次戦力投入・偵察不足・敵過小評価』と並んでガダルカナルの戦いに敗北した大きな原因となり、多数の餓死者・病死者を出し、戦闘以前の段階で大敗する原因となった。

日本海軍自身も翌月同趣旨で行われた第3次ソロモン海戦にて、戦艦比叡霧島ほか多くの駆逐艦を失った(詳細は同海戦の項を参照)。

その他、一連の攻撃[編集]

 1942年(昭和17年)に行われた一連のヘンダーソン基地艦砲射撃、実績及について付記する。

  1. 8月24日夜半、基幹兵力:睦月弥生磯風陽炎江風。砲撃成功、詳細は第二次ソロモン海戦
  2. 9月2日夜半、基幹兵力:吹雪、白雪、天霧。砲撃成功。
  3. 9月4日夜半、基幹兵力:夕立、初雪、叢雲。砲撃成功。
  4. 9月12日夜半、基幹兵力:川内など。砲撃成功(ガダルカナル島の戦い#第一次総攻撃)。
  5. 10月11日夜半、基幹兵力:青葉古鷹衣笠。砲撃失敗、詳細はサボ島沖海戦
  6. 10月13日夜半、基幹兵力:金剛榛名。砲撃成功、金剛462発、榛名504発。詳細は本項による。
  7. 10月14日早朝、基幹兵力:海軍航空部隊。ラバウルから出撃し空襲を実施[22]。)
  8. 10月14日夜半、基幹兵力:鳥海、衣笠。砲撃成功、鳥海、衣笠、合計752発。
  9. 10月15日夜半、基幹兵力:妙高摩耶。砲撃成功、妙高476発、摩耶450発、長波巻波高波で計253発。
  10. 10月17日夜半、基幹兵力:時雨、村雨。砲撃成功、時雨100発、村雨60発。
  11. 11月12日夜半、基幹兵力:比叡霧島。砲撃失敗。詳細は第三次ソロモン海戦第一夜戦
  12. 11月13日夜半、基幹兵力:鈴谷、摩耶。砲撃成功、鈴谷504発、摩耶485発。詳細は西村祥治少将率いる第七戦隊に出撃命令
  13. 11月14日夜半、基幹兵力:愛宕高雄、霧島。砲撃失敗。詳細は第三次ソロモン海戦第二夜戦

水雷戦隊による砲撃はこの他にも数多く行われ、東京急行 (通称・トーキョーエクスプレス)とあだ名された。

脚注[編集]

  1. ^ 奥宮正武『提督と参謀』内「一三 栗田健男」
  2. ^ #図説太平洋海戦史第2巻202頁
  3. ^ 「挺身攻撃隊記録」第32画像
  4. ^ #S1710四水戦日誌(2)p.21『十三日〇九三四(将旗)8F→一〇〇二 カ作戦部隊各(将旗)(総長)|本職鳥海衣笠望月天霧ヲ率ヰ十月十三日二一〇〇「ショートランド」出撃予定ノ如ク行動ス』
  5. ^ #鳥海詳報馬来沖・ソロモン(2)p.11『鳥海衣笠高速輸送船六隻ヲ護衛夜陰ニ乗ジ揚陸飛行場砲撃ニ急行ス日没頃敵機二十余機船團上空飛来スルモ投弾二、三發被害僅少悠々肉薄ス』
  6. ^ #S1710四水戦日誌(2)p.42『十五日0204(将旗)8F→〇一三七カ号作戦部隊各指揮官(総長) 8F機密第150204番電 〇〇一七鳥海衣笠射撃終了 射撃弾数總計七五二發 (飛行場)ニ火災ヲ認ム附近ニ敵ヲ見ズ』
  7. ^ #S1709第八艦隊日誌(2)p.42『川内由良龍田朝雲白雲暁雷(増本隊)|10-14|陸兵1129、野砲4、速射砲4、弾薬ヲ「エスペランス」ニ揚陸ス 友軍5S(羽黒欠)摩耶ハRXIノ艦砲射撃ヲ實施ス』
  8. ^ #叢書83ガ島戦217-218頁
  9. ^ #S1709第八艦隊日誌(2)p.43『輸送船(崎戸九州笹子佐渡南海及吾妻山丸)|10-15|14日「タサファロング」ニ入泊セル船団ハ15日0335以後ヨリ連続的敵機ノ爆撃ヲ受ケ0945吾妻山丸火災續イテ笹子山丸1120九州丸火災擱坐、1530残存船団帰途ニ就ク』
  10. ^ a b #叢書83ガ島戦219-220頁『外南洋部隊のガ島飛行場射撃』
  11. ^ #S1710二水戦日誌(1)p.33『1205 2sd(15dg缺)ハ前進部隊ヨリ解列31dgヲ5Sノ直衛トシ2sd(15dg 31dg缺)ヲ直率警戒隊トナル』
  12. ^ #S1710二水戦日誌(1)p.34『2222 5S(妙高摩耶)「ガダルカナル」飛行場ニ對シ砲撃開始』
  13. ^ #S1706五戦隊日誌(4)p.67『(一)使用弾薬 主砲20糎砲零式弾徹甲弾 妙高463発 摩耶450発 計913発』
  14. ^ #戦史叢書83ガ島戦222頁『輸送計画の変更』
  15. ^ #昭和17年9月~4水戦詳報(5)pp.3-4,13『10月16日聯合艦隊ヨリノ指令ニ依リ日進、千歳ノ輸送ハ取止メラレ千代田ノ進出モ亦延期トナレルヲ以テ増援部隊ヲ軽巡戦隊(川内、由良、龍田)、水雷戦隊(秋月、7dg、11dg、6dg、2dg、19dg、27dg)ニ分ケ第四水雷戦隊司令官ハ水雷戦隊ヲ指揮スルコトトナレリ』
  16. ^ a b c #戦史叢書83ガ島戦224-225頁『十七日の輸送』
  17. ^ #昭和17年9月~4水戦詳報(5)p.23『18日1120 4sd司令官→3sd司令官/昨夜「タサハロング」ニ於テ収容セル人員左ノ通 海軍32内重傷13(准士官1)軽傷8(吹雪航海長)、陸軍100内将校2重傷10軽傷49、吾妻丸船員33(船長)内軽傷5 陸軍輸送船員66内重傷7軽傷29 計231』
  18. ^ #昭和17年9月~4水戦詳報(5)p.6『村雨、時雨ハ適時哨区ヲ撤シ2210予定ノ如ク陸上砲撃ヲ実施ス(発射弾数 村雨60発時雨100発)』
  19. ^ #昭和17年9月~4水戦詳報(5)p.7『18日0400「エスペランス」隊ニ進及合同ス。0455軽巡戦隊ニ対シ左斜前約1粁ヨリ敵潜水艦ノ雷撃(発射雷数3)アリ、内1由良ノ左舷前部清水タンクニ命中セルモ不爆ニシテ大ナル損害ナク0930増援部隊全部RX区ニ帰着セリ。』
  20. ^ a b 「挺身攻撃隊記録」第36画像
  21. ^ 「昭和17年9月11日~昭和18年11月30日 第3戦隊戦時日誌戦闘詳報(1)」第49画像
  22. ^ 『失敗の本質―日本軍の組織論的研究 (中公文庫)』・伊藤正徳 1973より

参考文献[編集]

  • アジア歴史資料センター(公式)(防衛省防衛研究所)
    • Ref.C08030723100「昭和17年10月5日~昭和17年10月14日 挺身攻撃隊記録(第3戦隊.金剛.榛名のガ島飛行場砲撃)」
    • Ref.C08030041700「昭和17年9月11日~昭和18年11月30日 第3戦隊戦時日誌戦闘詳報(1)」
    • Ref.C08030022600「昭和17年9月14日~昭和18年8月15日 第8艦隊戦時日誌(2)」
    • Ref.C08030022700「昭和17年9月14日~昭和18年8月15日 第8艦隊戦時日誌(3)」

関連作品[編集]

映画

 ・聯合艦隊司令長官 山本五十六 -太平洋戦争70年目の真実- 2011年の日本映画。

テレビドラマ

 ・ザ・パシフィック アメリカのテレビシリーズ。

漫画

 ・蒼空の咆哮 ヘンダーソン基地艦砲射撃を含む、ガダルカナル島の戦いをヘンダーソン基地に所属するアメリカ軍のパイロット視点で描かれたものが一部あった。

ゲーム

 ・蒼の英雄

関連項目[編集]