日進 (水上機母艦)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
日進
運転公試中の日進(1942年2月19日、佐多岬沖標柱間)[1]
運転公試中の日進(1942年2月19日、佐多岬沖標柱間)[1]
基本情報
建造所 呉海軍工廠[2]
運用者  大日本帝国海軍
種別 (敷設艦[3] →) 水上機母艦[4][5]
建造費 予算 26,059,982円[注釈 1]
母港 (呉[6] →) 舞鶴[7][8]
経歴
計画 昭和12年度(1937年) マル3計画[9]
起工 1938年11月2日[9]
進水 1939年11月30日[9]
竣工 1942年2月27日[9]
除籍 1943年9月10日[7]
最後 1943年7月22日沈没
要目(計画)
基準排水量 11,317英トン[10]
公試排水量 12,500トン[10]
満載排水量 13,107トン[10]
全長 198.5m[11]
水線長 188.0m[10]
垂線間長 174m[11]
全幅 21.0m[11]
水線幅 19.7m[10]
深さ 14.1m[10]
吃水 公試平均 6.99m[11]
ボイラー 補助缶: ホ号艦本式缶(空気余熱器付) 2基[12]
主機 13号10型ディーゼル4基、13号2型ディーゼル2基[10]
推進 2軸 x 300rpm[12]
直径3.900m、ピッチ3.490m[12]
出力 47,000馬力[10]
速力 28ノット[10]
燃料 重油 1,200トン[10]
航続距離 8,000カイリ / 16ノット[10]
乗員 計画乗員 703名[11]
竣工時定員 789名[13]
搭載能力 補給用重油 1,650トン[10]
軽質油 216トン[10]
250kg爆弾48個、同60kg288個[10]
兵装 竣工時[10]
50口径14cm連装砲3基
25mm3連装機銃8基
搭載艇 11m内火艇2隻、12m内火ランチ2隻、8m発動機付ランチ1隻、9m救命艇2隻、6m通船1隻[14]
搭載機 竣工時[10]
水上機12機
射出機2基
リフト(7.5m x 12m)1基
その他 甲標的12隻[10]
要目は水上機母艦としての計画値。兵装、搭載艇、搭載機、その他は竣工時。
テンプレートを表示

日進(にっしん)は、日本海軍水上機母艦(甲標的母艦)[2]。 同型艦は無いが、日進型という表現も使われた[15][16]。 太平洋戦争中は本来の甲標的母艦として活躍する機会はなく、高速輸送艦として多くの輸送任務に従事した[17][15]。1943年(昭和18年)7月22日、ニュージョージア島の戦いに伴うブイン輸送作戦従事中にブーゲンビル島ショートランド泊地近海でアメリカ軍機の爆撃を受けて沈没した[18]

艦名は明治初期の「日進」、日露戦争に参加した装甲巡洋艦「日進」に続き3代目[19]日進は、間断ない進歩・成長を意味する[20]

計画[編集]

第一次世界大戦後に締結されたワシントン海軍軍縮条約ロンドン海軍軍縮会議により列強各国は海軍休日に突入。その抜け道として日本海軍は「条約制限外艦艇(給油艦、水上機母艦、貨客船)等を建造、平時においてはそのまま運用し、有事の際には短時間のうちに航空母艦(空母)へ改造する」という方針をとった[21]。同時期、日本海軍は酸素魚雷と『甲標的(特殊潜航艇)』の開発に成功する。だが航続距離の短い甲標的を艦隊決戦が行われる海域まで輸送する『母艦』が必要となった[22]。そこで甲標的の着想と同時に開発・建造されたのが千歳型水上機母艦2隻(千歳千代田)および瑞穂、本艦(日進)である[22]。先行3隻(千歳、千代田、瑞穂)は水上機母艦(基本計画番号はJ9[23]J10[24])として竣工・運用し、極秘に甲標的母艦へ改造することを前提としていたが、日進は当初敷設艦として計画された[25]。計画番号は敷設艦艇のH9[26][27]敷設艦甲と仮称されていた[28]。途中で千歳と同じ水上機母艦の状態に改正され、1937年(昭和12年)11月15日の計画が決定した技術会議では既に水上機母艦とすることに決まっていた[29]。ただ、制式に類別を水上機母艦としたのは起工後だった[28]。最終的に水上機母艦兼『甲標的母艦』として竣工した[30]

艦型[編集]

水上機母艦日進。1942年の竣工時(甲標的母艦)の艦型図。

艦型はだいたい瑞穂型と同じ[30]、船体主要寸法は千歳型、瑞穂型より長さ、幅共に若干大きく[31]、バルジは設けられなかった[32]。また艦尾水線部にナックルを付けて旋回性能の向上をねらった[33]。復元性能を考慮し250トンの固定バラストを搭載、軽荷状態ではGM値が不足するので800トンの海水を補填する必要があった[33]

機関は、千歳型が採用していたタービンとディーゼルエンジン併用をやめ、瑞穂型と同じように主機をディーゼル機関のみとし[34]、1軸につき13号10型ディーゼル2基と13号2型1基をフルカンギアで接続し、それを2組搭載した[31]。大鯨型の搭載した11号ディーゼルは大きな問題があり、それを改良した試作機は大和型戦艦の主機として考えられていて、1937年には一応優秀な結果を残していたが、まだ不十分な点もあった[29]。このため大和型への搭載は見送られ[31]、日進のディーゼルエンジンはこれを流用した[34]。将来の戦艦超大和型戦艦等)にディーゼルを搭載する布石だったという[34]。速力は28ノットを発揮可能で[34]、日本海軍の大型ディーゼル搭載艦としては初めての成功だった[31]

前述のように日進型は当初、機雷700個を搭載可能な大型敷設艦として計画された[31]。敷設艦は駆逐艦仮装巡洋艦との交戦も想定するため、先行3隻(千歳、千代田、瑞穂)の12.7㎝高角砲ではなく、50口径三年式14cm砲連装砲を三基、最上型軽巡洋艦と同じような並び方で配置している[30]。25mm機銃は3連装4基をクレーン支柱兼排気筒の上に装備[31]、後述のする通り前部カタパルトは搭載せず、その基台附近に4基を増設した[35]

水上機母艦としてカタパルト(射出機)4基を計画していたが、兼甲標的母艦としての竣工時は2基に減らしていた[30]。また当時の標準的な射出機である呉式2号5型ではなく1式2号11型が装備された[32]。これは特殊水偵(紫雲)の搭載を予定していたためである[32]。また搭載機種の変更によりリフトも千歳型(九四式水偵、九五式水偵を搭載)より若干大きく[33]、7.5mx12mとなった[10]

建造途中に甲標的母艦と変更になったが、既に千代田で発進実験が行われており、その実績が十分考慮された[33]。舷側に横付けした甲標的を艦内に収容するため、片舷2基(前部40トン、後部20トンで、両舷合計4基[32])の重量クレーンを装備[17]、千歳型と同様に相吊り式で収容した[32]。なお、そのうち左舷前部の1本だけアームの長さを12mとし、停泊時に飛行艇を甲板に揚げられるように考慮した[33][32]。艦隊決戦の際には、艦尾のハッチを開放して甲標的を発進させることが出来る[17]。甲標的母艦時、甲標的を最大12隻、水上偵察機は9~12機を搭載可能であった[30]。しかし艦隊決戦の場で甲標的を発進させる機会は訪れず、クレーンを活用して高速輸送艦として運用された。

搭載機[編集]

敷設艦時は上甲板のみに搭載し、水偵12機の計画だった[31]

水上機母艦としては、一二試水上偵察機12機+補用3機、特殊水偵(紫雲)8機+補用2機の計常用20機、補用5機の計画になった[36]。第1状態の大体配置によると甲板上に一二試水上偵察機12機、特殊水偵(機種の記載無し)2機の計14機、格納庫内は後部に折り畳んだ一二試水上偵察機5機、前部に同じく特殊水偵6機の計11機を搭載する計画となっている[37]

兼甲標的母艦としての竣工時は水偵12機を計画[36]、また9機から12機とも言われている[30]。機種は竣工時の公式図には零式水上観測機が描かれている[14]。実際の搭載機としても公試時の写真から零式水上観測機1機、零式水上偵察機1機が確認され、1942年夏撮影の写真には零式水上偵察機など3、4機が写っている[1]

尾翼記載の記号は白字で「V2」となっている[38]

艦歴[編集]

「日進」は第三次海軍軍備補充計画(マル3計画、昭和十二年度)において第1号艦(大和)、第2号艦(武蔵)、第3号艦(翔鶴)、第4号艦(瑞鶴)につづく第5号艦(敷設艦「甲」)として建造が決まる[25]1938年(昭和13年)11月2日、「日進(仮称)」は呉工廠で起工[25][39]1939年(昭和14年)9月30日、建造中の空母に「瑞鶴[40][41]、敷設艦に日進砲艦橋立、潜水艦3隻に伊号第二十一潜水艦伊号第二十三潜水艦伊号第二十四潜水艦敷設艇浮島の艦名が正式に与えられた[2][42]。 同日附で、各艦(瑞鶴、日進、橋立)等は艦艇類別等級表に登録[43]。 10月31日附で「日進」の艦種は敷設艦から水上機母艦へ改正されたが[4]、工廠関係者は本艦が水上機母艦(甲標的母艦)であることを最初から承知していたという[21]11月30日、呉海軍工廠で進水した[39]

1941年(昭和16年)10月15日、日本海軍は迅鯨型潜水母艦2番艦長鯨艦長駒澤克己大佐を日進艤装員長に任命した[44]。10月26日、呉海軍工廠に日進艤装員事務所を設置[45]1942年(昭和17年)1月6日、日進艤装員事務所は工廠内から艦内に移転[46]。 1月28日、駒澤(日進艤装員長)は制式に日進艦長(初代)となった[47]。同日附で日進艤装員事務所を撤去[48]。2月27日に竣工、連合艦隊附属となる[17][39]。竣工後は水上機母艦(甲標的母艦)「千代田」と共に、瀬戸内海での特殊潜航艇訓練に従事した[49]

太平洋戦争緒戦[編集]

3月20日、水上機母艦2隻(千代田、日進)、特設巡洋艦2隻(愛国丸報国丸)は第六艦隊(司令長官小松輝久中将:旗艦香取)に臨時編入された[50][51]。この潜水艦部隊は、アフリカ東岸要地の艦隊攻撃と海上交通破壊、南洋部隊のポートモレスビー作戦協力・豪州方面・南太平洋方面の海上交通破壊戦という二方面での任務を付与されていた[52]。 4月16日、第六艦隊所属艦(香取、千代田、日進)等は柱島泊地に集結する[53]。本艦はインド洋方面作戦従事のため内海西部を出発[54]、25日マラッカ海峡ペナン島(マレー半島西岸)に到着、30日まで同地に留まった[55][39]。このペナンで甲標的を甲先遣支隊(伊10、伊16、伊18、伊20、伊30、報國丸、愛国丸)に引き渡す[51]。 「日進」は5月1日にペナンを出発、5月8日に瀬戸内海(柱島泊地)着[39]。同日附で第六艦隊の指揮下を離れた[56]。「千代田」も5月24日附で指揮を解かれている[57]

なお本作戦における特殊潜航艇甲標的は、伊16伊18[58]伊20に搭載され、5月31日のディエゴ・スアレス攻撃を実施[59]。油槽船1隻を撃沈、リヴェンジ級戦艦ラミリーズ(HMS Ramillies, 07) を大破させたが、甲標的操縦員は秋枝三郎指揮官以下4名とも未帰還(戦死)となった[60]。一方、千代田輸送の甲標的部隊のうち3隻は5月31日のシドニー湾攻撃に投入され、全隻未帰還となった[61]。後日、山本五十六連合艦隊長官は甲標的操縦員に感状を与えた[62]

続いて甲標的母艦2隻(千代田、日進)はミッドウェー作戦に参加した[63]。5月16日、山本五十六連合艦隊(GF)長官は、ミッドウェー島占領後の同島陸上戦力として「日進」に魚雷艇の輸送を命じ、それにともない警戒部隊から主隊に編入された[64][65]ウォッゼ環礁ウェーク島にて魚雷艇5隻を搭載、「千代田」はトラックにて格納筒(特殊潜航艇)を搭載し、ミッドウェー島占領後に輸送しようという計画である[64]。 5月23日、本艦は呉を出撃[39]。5月30日から6月1日までウォッゼ環礁停泊[39]。 特務隊(千代田、日進)は山本連合艦隊長官直率の主力部隊(第一艦隊含む)、戦艦部隊(大和長門陸奥伊勢日向山城扶桑)、空母鳳翔、軽巡3隻(川内大井北上)、駆逐艦隊(初雪白雪吹雪磯波浦波敷波綾波夕風海風江風夕暮白露時雨天霧夕霧朝霧白雲)等、油槽船4隻と行動を共にした。 6月5日~6日のアメリカ軍機動部隊との戦闘で日本海軍は大敗、主力空母4隻(赤城加賀蒼龍飛龍)と重巡「三隈」を一挙に喪失した。作戦中止により本艦も反転、6月16日にクェゼリン環礁へ入港し、魚雷艇部隊を原隊へ復帰させた[66]

ガダルカナル島の戦い[編集]

1942年(昭和17年)9月上旬、「日進」は甲標的を降ろすと高速輸送艦としての任務に従事した[67]。甲標的部隊は呉に預けられ、後日、水上機母艦(甲標的母艦)「千代田」に補充された[68]。 9月7日[39]、3隻(水上機母艦《日進》、給糧艦《間宮》、油槽船《日章丸》)は呉を出発した[69]。9月11日、「日進」はフィリピンのダバオ到着[39]。本艦は青葉支隊の中戦車12両、15㎝榴弾砲4門・弾薬1900発、自動車36両、特大発4隻、陸兵265名等を搭載していた[70]。 「日進」は9月11日附で外南洋部隊(第八艦隊)(指揮官三川軍一第八艦隊司令長官)に編入され、15日ラバウル着[70][39]。16日附で外南洋部隊増援部隊(指揮官橋本信太郎第三水雷戦隊司令官)に編入され、17日にブーゲンビル島ショートランド島ショートランド泊地へ進出した[71]

日本海軍は、本艦をもってが戦車・重砲をガダルカナル島へ輸送し、この重火器でヘンダーソン飛行場攻撃を実施、ガ島の制空権を確保しようという構想を抱いていた[72]。日進輸送計画を成功させるため、連合艦隊は基地航空隊・艦隊を投入してアメリカ軍機動部隊とガ島のアメリカ軍機を撃滅・制圧しようとした[72]。ところが第十一航空艦隊(基地航空隊)によるガ島攻撃は天候不良により実施できず、輸送作戦計画をたびたび延期するうちに、夜間輸送に不向きな月明期に入ってしまう[70]。また、「日進」が待機するショートランド泊地も連日B-17型重爆の空襲を受けており、安全とは言い難かった[70]。9月25日には軽巡由良がB-17の爆撃により小破している。 橋本司令官は10月上旬に「日進」をガ島へ突入させる旨を意見具申し、第八艦隊(外南洋部隊)はこれを承認[70]蟻輸送大発動艇小発動艇による舟艇移動)のための物資をショートランド泊地に残し、白露型駆逐艦10番艦「涼風」(第24駆逐隊)に護衛されて25日同地発、26日ニューアイルランド島カビエンに回航された[70][39]。回航中、米潜水艦のスカルピン(USS Sculpin, SS-191)が「日進」を雷撃して魚雷命中を報告した。日進側は敵浮上潜水艦を発見後に「涼風」が爆雷攻撃を実施、カビエン到着前に『船体に軽度の觸衝』を感じ、微小な損傷を受けたと記録している[73]。同時期には水上機母艦「千歳」も第二次ソロモン海戦での損傷修理を終えてショートランド泊地に進出(25日着)していたが、同様にカビエンへ回航された[74]

ガダルカナル島の戦いは『補給戦』であった。「日進」がカビエンへ移動する直前の9月23日、連合艦隊首席参謀黒島亀人大佐はラバウルへ出張して第八艦隊および第十一航空艦隊と協議、陸軍第十七軍と今後のガ島作戦について折衝をおこなった[75]。陸軍側は弾薬糧食合計3500トンの輸送を要望、海軍もこれを了承し、蟻輸送・駆逐艦輸送・潜水艦輸送・日進(10月3日、6日予定)と千歳(10日、13日)の投入が決まる[75]。並行して、ガ島の日本陸軍総攻撃を実施するために大規模輸送計画を立案した[76]。高速輸送船5隻を投入して10月11日のガ島上陸を目指したが、ガ島のヘンダーソン飛行場を制圧しない限り、輸送船団突入成功の見込みはなかった[76]。そこで従来からの航空攻撃や陸軍重砲(日進輸送予定)の砲撃にくわえ、金剛型戦艦による艦砲射撃を実施、ヘンダーソン飛行場の完全制圧を企図した(ヘンダーソン基地艦砲射撃[75]

9月30日、「日進」は駆逐艦2隻(親潮早潮)に護衛されてカビエンを出発、10月1日ショートランド泊地に到着して物件人員を搭載した[77][78]10月3日午前6時、日進は駆逐艦2隻(野分舞風)と共に輸送物件(丸山政男中将以下陸兵330名、15㎝榴弾砲、野砲5、牽引車7、軍需品搭載)を搭載してショートランド泊地発[79][78]。基地航空隊はガ島攻撃を実施しつつ、零式艦上戦闘機のべ32機、零式観測機8機、日進水偵2機(昼頃まで)が日進隊の直衛にあたった[78]。アメリカ軍機も日進隊を攻撃し、「日進」は右舷3発・左舷4発の至近弾により負傷者6名、野分も至近弾2発を受けた[78]。この戦況をうけて、最新鋭の秋月型駆逐艦1番艦「秋月」が日進隊掩護のために派遣される[80]。日進隊は21時前後にガダルカナル島北西部のタサファロングに到着して揚陸を開始[81]。だが22時40分以降、アメリカ軍機の夜間空襲を受けて機関室に漏水、重軽傷者4名を出し帰途についた(日進主計長の回想では夜間揚陸中の被害なし)[82][83]。自動車1・野砲2・弾薬の大部分・野砲中隊約80名を揚陸できなかった[82]。秋月は4日黎明に日進隊(日進、野分、舞風)と合流[84]。さらに零戦のべ26機、零観7機、水上戦闘機2機が上空警戒につき、アメリカ軍機と交戦した[82]。この時、1機の零観がB-17重爆に体当たりして撃墜し、搭乗員2名(整田三飛曹、甲木一飛曹)を「秋月」が救助している[85][86]。11時30分、日進隊(日進、秋月、野分、舞風)はショートランド泊地に帰投した[82]。最新鋭の防空駆逐艦が護衛についた事に、乗組員は心強さを覚えたという[83]。また護衛の水上機や戦闘機に対しても強く感謝している[87]

10月7日、増援部隊指揮官橋本信太郎第三水雷戦隊司令官(旗艦川内)より命令を受けた2隻(日進、秋月)は、駆逐艦5隻(時雨、綾波、白雪、吹雪、叢雲)と共に輸送作戦を実施することになった[88][89]。日進搭載物件は舞四特高射砲4門、陸軍高射砲2門、10㎝榴弾砲、牽引車1両、人員180名、糧食弾薬等[89]。時雨(第27駆逐隊司令)指揮下の駆逐隊搭載物件は、陸兵約600名、連隊砲2門、曲射砲、弾薬糧食等[89]。 10月7日午前6時、日進隊はショートランドを出撃したが、第11航空艦隊(基地航空隊)より、天候不良のため直衛の戦闘機派遣不能との連絡が入る[90][89]。橋本司令官は「日進、秋月」のショートランド泊地避退を命令、2隻は夕刻に同泊地へ帰投した[91][92]。駆逐艦5隻(時雨、白雪、吹雪、叢雲、綾波)は上空直衛なしにガ島揚陸を成功[93][94]。帰路は零観3機が護衛につき、アメリカ軍機を撃退して帰投した[94]

10月8日、「日進」および第61駆逐隊(秋月)[95]による第2回ガダルカナル島輸送作戦が実施される[96]。さらに第9駆逐隊司令佐藤康夫大佐(司令駆逐艦「朝雲」)指揮下の第2駆逐隊(夕立春雨)、第9駆逐隊(朝雲夏雲)が迫撃砲18門、陸兵560名、舞四特通信工作隊を搭載しつつ、日進隊に同行することになった[94]。午前5時44分、日進隊(日進、秋月、朝雲、夏雲、夕立、春雨)はショートランド泊地を出撃[97]。アメリカ軍機の空襲を受けるが零戦隊や零観隊の活躍によって日進隊に被害はなく、21時前後タサファロングに到着、物資を全て揚陸した[98][99]。日進隊や駆逐艦輸送(鼠輸送)は順調に進んでいたが、大発動艇を用いた蟻輸送は失敗に終わり、物資揚陸予定に遅れが生じた[100]。そこで天龍型軽巡洋艦2番艦「龍田」、水上機母艦「千歳」が増援部隊(第三水雷戦隊)に編入され、輸送計画に軽巡部隊(川内、由良、龍田)も加わることになった[100]

サボ島沖海戦以後[編集]

1942年(昭和17年)10月11日朝、水上機母艦2隻(日進、千歳)、駆逐艦6隻(第61駆逐隊《秋月》、第19駆逐隊《綾波》、第11駆逐隊第1小隊《白雪[注釈 2]叢雲》、第9駆逐隊《朝雲、夏雲》)はショートランド泊地を出撃[101][102]、ガダルカナル島への輸送・揚陸作戦に従事する[103][104]。輸送物件は15㎝榴弾砲4門、野砲2門、牽引車4、弾薬車4、高射砲1門、固定無線1基、陸兵各艦合計675、弾薬糧食等[105][106]。 出発直後からアメリカ軍機に触接されたが、基地航空隊がガ島飛行場を攻撃したため、日進隊への空襲は無かった[107]。日進隊の直衛にあたった零式艦上戦闘機のうち、最後の6機は日没まで直衛を行い予定どおり駆逐艦の傍に着水したが、不時着時に2名が戦死した[108]。水上機部隊は消耗して稼働機数ほぼゼロとなっており、零戦しか上空警戒を担当できなかったのである[108]

日進隊は20時10分ガ島タサファロングに到着、揚陸を開始したが、22時頃にサボ島方面で水上戦闘が行われているのを認めた[104][109]。日進隊は22時50分揚陸終了、駆逐隊も23時05分に揚陸終了、南方航路をとってサボ島方面へ移動を開始した[104]。 日進隊が揚陸作業を続けていた頃、外南洋部隊支援隊指揮官五藤存知第六戦隊司令官(青葉座乗)指揮下の重巡洋艦3隻(青葉古鷹衣笠)、駆逐艦2隻(吹雪初雪[注釈 3])は、ガダルカナル島のアメリカ軍ヘンダーソン飛行場に対し艦砲射撃を実施するため戦闘海域に接近していた[110]。同日、連合艦隊司令長官山本五十六大将の下令によって第三戦隊(司令官栗田健男中将)の金剛型戦艦2隻(金剛榛名)及び護衛部隊(第二水雷戦隊、司令官田中頼三少将)も飛行場艦砲射撃を行うべくトラック泊地を出撃しており、第六戦隊(外南洋部隊支援隊)は第三戦隊に先駆けて飛行場砲撃を行う予定であった[111]。 航空偵察や日進輸送隊からの報告により「敵艦隊の存在なし」と判断した第六戦隊部隊に対し[112]、アメリカ軍はガダルカナル島への増援部隊(陸兵約3000名)輸送船団からノーマン・スコット少将率いる重巡洋艦2隻、軽巡洋艦2隻、駆逐艦5隻の艦隊を引き抜き、アイアンボトム・サウンドに派遣して待ち構えていた[113]。第六戦隊部隊は左前方に艦影を発見[114]。第六戦隊は待ち伏せしていたアメリカ艦隊の艦影を日進隊と誤認したまま先制攻撃を受け、五藤司令官戦死、旗艦「青葉」大破、2隻(重巡《古鷹》、駆逐艦《吹雪》)沈没という損害を出して敗北した[115]。「初雪」は古鷹乗組員を救助後、戦場を避退した[116]。「衣笠」は日進隊と合流しようとしたがスコールに阻まれ、命令に従い退避した[117]

日進輸送隊はラッセル諸島西側を通過して戦闘海域を離脱[118]。この時、第六戦隊(青葉、古鷹、衣笠)救援およびアメリカ軍水上部隊撃滅のため[119]、日進隊から第9駆逐隊(朝雲、夏雲)と、第11駆逐隊第1小隊(白雪、叢雲)が分派された[120][121]。だが退避中に空襲を受けて駆逐艦2隻(叢雲、夏雲)が沈没、乗組員は僚艦2隻(白雪、朝雲)に救助された[122][123]。 12日午前7時、日進隊(日進、千歳、秋月、綾波)は軽巡洋艦2隻(川内、由良)、駆逐艦隊(時雨、白露、天霧)等と合流[124][125][126]。輸送隊は14時になってショートランドへ到着した[127]

これ以降、アメリカ軍機動部隊出現の徴候や高速輸送船団の損害などにより、連合艦隊司令部は11月17日の輸送作戦をもって陸軍総攻撃前の輸送を打ち切る意向を示した[128]。水上機母艦・軽巡部隊(日進、千歳、川内、由良、龍田)及び駆逐艦15隻による輸送作戦が立案されるが、アメリカ軍機動部隊のガ島来襲が確実となる[128]。連合艦隊は第八艦隊に対し水上機母艦3隻(日進、千歳、千代田)の投入を中止するよう通達し、支援兵力として要請していた巡洋艦の増派も断った[128]。連合艦隊の意向を受けて水上機母艦は輸送作戦から外れた[128]。10月24-26日、ガダルカナル島への陸軍総攻撃を巡って日米双方の機動部隊が衝突した南太平洋海戦が生起。

11月1日、「日進」はトラック帰投を命じられショートランド泊地を出発[129][39]。11月3日にトラック泊地着、同地で待機することになった[107][39]。それと共に水上機母艦2隻(日進、千歳)は外南洋部隊から除かれ、連合艦隊附属に戻った[130]。 11月9日、トラック泊地を出発、メレヨン島を経由して11月13日、ショートランド着[39]。 本艦は第三次ソロモン海戦(11月12日~15日)に参加することなく、11月16日にトラック泊地着[39]。11月20日に内地帰投を命じられる[131]。「日進」は第三次ソロモン海戦で沈没した金剛型戦艦2番艦比叡生存者(比叡艦長西田正雄大佐以下約1200名)と第十一戦隊関係者[注釈 4]を便乗させ[132]、2隻(重巡《高雄》、駆逐艦《五月雨》)と共に横須賀へ回航[133][134]。11月27日、横須賀に到着した[39]。 12月5日附で駒澤(日進艦長)は第三潜水戦隊司令官へ転任、二代目艦長には伊藤尉太郎大佐が任命された[135]

12月10日[39]、「日進」は第8連合特別陸戦隊の第三次輸送部隊として横須賀を出港、12月15日にトラック泊地を経由して19日にラバウルへ到着した[136]。21日に出発、27日に日本本土(呉)へ帰投した[39]

昭和18年の行動[編集]

1943年(昭和18年)1月上旬、「日進」は特型運貨筒と水上偵察機(零式水上偵察機5機、零式観測機5機)を積載、機材と物資をトラック泊地へ輸送することになった[137]。1月6日、陽炎型駆逐艦19番艦秋雲に護衛されて内地を出発[138][139]。 1月11日、トラック泊地到着[39]。内地帰投を命じられる。2月15日[39]、「日進」は第三戦隊(金剛、榛名)、空母2隻(隼鷹冲鷹)、重巡2隻(鳥海利根)、駆逐艦6隻(時雨、大波黒潮陽炎)と共にトラック泊地を出港するが、悪天候のため航空隊を収容できなかった隼鷹隊(隼鷹、陽炎、黒潮)のみトラックへ引き返した[140][141]

内地へ帰投後、「日進」は2月24日より舞鶴海軍工廠へ入渠した[142]。当時の舞鶴軍港では島風型駆逐艦「島風」の艤装工事や夕雲型駆逐艦複数隻(浜波第342号艦《沖波》第345号艦《早霜》)の建造[143]、重巡洋艦利根、軽巡洋艦那珂龍田、駆逐艦複数隻(不知火初春太刀風)等の修理と整備を実施していた[142][144]。 3月13日、「日進」は舞鶴を出港し[145]、呉に回航。4月9日[39]吹雪型駆逐艦12番艦「敷波」に護衛されて出撃した[146]。4月15日、ダバオ着[39]。4月18日から5月7日までスラバヤ滞在[39]。これはソロモン諸島でアメリカ軍が魚雷艇を活用している戦例を鑑み、日本海軍もソロモン諸島における魚雷艇の運用を試みた[147]。だが日本が製造した魚雷艇は使い物にならず、スラバヤ港にあったオランダ海軍の魚雷艇6隻を「日進」が輸送することになった[147]。5月13日、ラバウルに到着[39]。魚雷艇部隊を進出させた[39]。その魚雷艇もオランダ製のため整備に手間取り、6月末になっても完全に運用することは出来なかったという[147]。5月15日にラバウルを出発、22日に呉到着[39]

その頃、北東方面戦線(アリューシャン方面の戦い)はアメリカ軍の反撃によりアッツ島の戦いが生起、アッツ島の日本軍は窮地に立たされた。本艦は5月25日附で北方部隊(指揮官河瀬四郎中将/第五艦隊)に編入、5月29日に千島列島北東端の幌筵島に進出した[148][39]。当時の幌筵には、北方部隊主隊(那智多摩木曾摩耶妙高羽黒)、北方部隊水雷部隊(阿武隈朝雲白雲薄雲若葉初霜五月雨長波《出動中》)などの主力艦艇が在泊していた[148]。特に大きな戦闘やケ号作戦(キスカ島撤退作戦)にも参加することなく、6月18日に幌筵を出発[149][39]。 航海中の6月20日、北方部隊から除かれた[148]大湊を経て横須賀へ回航中の6月25日、機動部隊に編入された[149][150]。6月26日、横須賀到着[149][39]

沈没[編集]

1943年(昭和18年)7月22日、「日進」は駆逐艦3隻(萩風、嵐、磯風)と共にブーゲンビル島ブインへ戦車や重火器を輸送中、アメリカ軍機の集中攻撃を受けて撃沈された[18][151]。経過は以下のとおりである。

6月30日、アメリカ軍はニュージョージア諸島レンドバ島に上陸を開始、つづいてニュージョージア島にも上陸を敢行し、ニュージョージア島の戦いが始まった。情勢が緊迫する中、日本陸軍部隊のソロモン諸島転用が決まった。 7月10日、第三艦隊司令長官小沢治三郎中将が指揮する空母4隻(翔鶴瑞鶴瑞鳳冲鷹)、重巡洋艦3隻(利根筑摩最上)、軽巡洋艦2隻(大淀阿賀野)、水上機母艦「日進[39]、駆逐艦部隊(第4駆逐隊《嵐、萩風》、第17駆逐隊《磯風》、第61駆逐隊《涼月初月》、夕雲型駆逐艦《玉波》)は日本本土を出撃[152][153][154]。 各艦は、マーシャル諸島ギルバート諸島ソロモン諸島派遣予定の陸軍部隊(南海第四守備隊第一次進出部隊)や軍需物資も搭載していた[155][156]。7月15日、暗号解読や僚艦からの通報により、米潜水艦ティノサ(USS Tinosa, SS-283)とポーギー (USS Pogy, SS-266)がトラック諸島近海で小沢機動部隊を待ち伏せていた[155]。ティノサは距離3500mで魚雷4本を発射するが回避され、小沢艦隊に被害はなかった[155]。 同日、トラック泊地到着[157]

トラック泊地へ移動後・滞在中(15-19日)に予定変更となり、第八戦隊司令官岸福治少将指揮のもと第一部隊(日進、利根、筑摩、大淀、最上、阿賀野、嵐、萩風、磯風)は7月21日ラバウルへ到着[158][159]。 ラバウル着後、一部の物件を揚陸[160]。艦隊の再編が実施され、第十戦隊司令官大杉守一少将は旗艦を軽巡「阿賀野」から駆逐艦「萩風」に変更、第4駆逐隊司令杉浦嘉十大佐は「嵐」に移動した[161]。 乙部隊(日進、萩風、嵐、磯風)はブーゲンビル島ブインへの、61駆逐隊(涼月、初月)はブカ島への輸送作戦に従事することになった[158][162]。巡洋艦3隻(利根、筑摩、大淀)から駆逐艦3隻(嵐、萩風、磯風)に燃料補給を実施後の21日夜、乙部隊はラバウルを出撃する[163]。22日16時ブイン着、同日21時発、23日のラバウル帰投を予定していたが[150]、出港直前に「日進」は機関故障を報告していた[164]。また日進隊の上空掩護のため、従来のラバウル方面基地航空隊に加えて第二航空戦隊零式艦上戦闘機もブインに派遣されている[165]

7月22日13時45分、乙部隊はショートランド諸島オバウ島北方20浬付近を中央に日進、同艦右前方3kmに「萩風」、同艦左前方3kmに「嵐」、同艦後方3kmに「磯風」という陣形で航行していた[166]。アメリカ軍機の空襲が予想されるため、ブイン基地の零戦隊が上空警戒を担当する[167]。ブイン基地派遣の空母艦載機のうち、第二航空戦隊隼鷹所属の零戦8も直掩を担当していた[165]。この時、雲間より出現したアメリカ軍の大型爆撃機と急降下爆撃機の空襲を受けた[168]。アメリカ軍側の記録によれば、ガダルカナル島ヘンダーソン飛行場基地より艦爆18、艦攻18が発進、陸軍のB-24重爆18機、戦闘機P-40双発戦闘機P-38F4Fワイルドキャットなど戦闘機合計134機が発進し、日進隊を攻撃したという[165]。 零戦16機ではアメリカ軍機の大編隊を防ぐことができず[169]、日進は爆弾6発の命中により14時3分に沈没していった[170]。アメリカ軍記録南緯6度35分 東経156度10分 / 南緯6.583度 東経156.167度 / -6.583; 156.167。第七戦隊整備員35名と陸軍兵を含め約1100名が戦死した(詳細は下記)[158]。竣工から沈没するまで約1年5ヶ月の艦歴だった[17]。本輸送作戦を指揮していた第八戦隊は本艦の沈没について以下のように記録している。

又日進ハ對空砲火貧弱ナルニ艦型大ナル爲敵航空機大編隊ノ集中攻撃ヲ蒙リ遂ニ沈没ノ悲運ニ會シタルモ艦長以下ノ乗員全員ガ全力ヲ擧ゲテ之ガ反撃回避ニ努メ最後ニ至ル迄敢闘シ皇軍ノ精華ヲ遺憾ナク發揮セリ

昭和十八年八月八日 機動部隊第一部隊戰鬪詳報 第八戰隊戰鬪詳報 第六號 自昭和十八年七月十八日至同年七月二十六日、南海第四守備隊輸送作戰 第八戰隊司令部[171]

また高松宮宣仁親王(海軍大佐、軍令部部員)は以下のように記述している。

《ショートランド増勢輸送ノモノニシテ、陸兵〔空白〕、戦車二〇、15㎝砲二、特大発二、等ヲ搭載セリ。大イニガツカリス。「日進」ノ代リ今ナシ》

高松宮日記 第六巻 497ページ

駆逐艦3隻(萩風、嵐、磯風)は日進生存者の救出にあたるが、16時30分前後にふたたびアメリカ軍の大型爆撃機が襲来したため救助作業は中止され、本来の目的であるブインへの輸送作戦を遂行した[172][173]。18時-20時にかけて人員746名と軍需品の揚陸を実施[160]。その後日進沈没地点に戻り救助を行うが、22時55分にアメリカ軍機の襲来により断念[174]。23日昼頃、駆逐艦3隻(萩風、嵐、磯風)はラバウルに帰着した[158]。 沈没により、伊藤大佐(日進艦長)を含む同艦乗組員479名、便乗していた第七戦隊整備員35名、陸軍兵約570名が戦死、搭載していた中戦車22輌、各種重砲、車輌や弾薬、燃料等総てを喪失した[175][176]。生存者は海軍兵92名、陸軍兵81名[177](日進87名、便乗者4名、陸軍兵91名とも)[178]。 日進戦闘詳報は『本戦闘ハ最近ニ於ケル航空機對水上艦戦闘ノ典型的様式ヲ示シ制空権ナキ處水上艦艇ノ行動ノ如何ニ困難ナルカヲ示セル適例ナルト共ニ将来ノ第一線輸送ニ對シ大ナル暗示ヲ與ヘタルモノト思考ス(中略)十六七日ノブイン大空襲後敵空軍再来ノ處アリシ場合輸送決行ニ際シテハ相當ノ警戒機ヲ附スルニ非レバ成算少キ處敵襲来時 視界内ニハ味方戦斗機ナク敵機ノ跳梁ニ委セシコト(以下略)』と総括した[179]。高速大型輸送艦「日進」の沈没は、1943年(昭和18年)3月初頭ニューギニア島ラエに向かう増援部隊がダンピール海峡で全滅したビスマルク海海戦の再現になってしまった[180]

同年9月10日、「日進」は水上機母艦[181]、軍艦籍より除籍された[7]。川内型軽巡2番艦「神通」、秋月型駆逐艦5番艦「新月」も同日附で除籍されている[7]

行動概要[編集]

  • 1938年11月2日 呉海軍工廠にて起工
  • 1939年
    • 9月30日 正式に日進と命名[2]
    • 10月31日 水上機母艦に類別変更[4]
    • 11月30日 進水
  • 1942年
  • 1943年
    • 7月22日 戦没
    • 9月10日 除籍

歴代艦長[編集]

※『艦長たちの軍艦史』190-191頁、『日本海軍史』第9巻・第10巻の「将官履歴」に基づく。

艤装員長[編集]

  1. 駒沢克己 大佐:1941年10月15日[44] - 1942年1月28日[47]

艦長[編集]

  1. 駒沢克己 大佐:1942年1月28日[47] - 1942年12月5日[135]
  2. 伊藤尉太郎 大佐:1942年12月5日[135] - 1943年9月10日[182](10月22日、少将に進級)[183][184]

注釈[編集]

  1. ^ 昭和12年度の成立予算での敷設艦(甲)の単価は24,940,000円(#戦史叢書31海軍軍戦備1p.497)、昭和16年度の追加要求で物価高騰分を加えて修正された(#戦史叢書31海軍軍戦備1p.500-501)
  2. ^ 戦史叢書では白雲とするが、8月28日に大破。警備駆逐艦となり内地へ回航され、呉で修理中。白雪の誤記。
  3. ^ 貴島(六戦隊参謀)の回想や一部文献では吹雪、叢雲と記述している。
  4. ^ 所属の戦艦2隻(比叡、霧島)沈没のため、解隊となった。

脚注[編集]

  1. ^ a b #写真日本の軍艦第4巻p.153
  2. ^ a b c d #達昭和14年9月pp.19-20『達第百六十一號 艦艇製造費ヲ以テ昭和十三年度ニ於テ建造ニ着手ノ敷設艦一隻、砲艦一隻、潜水艦三隻及敷設艇一隻ニ左ノ通命名ス|昭和十四年九月三十日 海軍大臣 吉田善吾|呉海軍工廠ニ於テ建造 敷設艦 日進(ニッシン)|株式會社大阪鐡工所ニ於テ建造 砲艦 橋立(ハシダテ)|株式會社川崎造船所ニ於テ建造 伊號第二十一潜水艦|横須賀海軍工廠ニ於テ建造 伊號第二十三潜水艦|佐世保海軍工廠ニ於テ建造 伊號第二十四潜水艦|株式會社石川島造船所ニ於テ建造 敷設艦 浮島(ウキシマ)』
  3. ^ #海軍制度沿革巻八p.102『昭和十四年九月三十日(内令六六六) 艦艇類別等級表中左ノ通改正ス(中略) 同敷設艦ノ項中沖島ノ下ニ「、日進」ヲ加フ(以下略)』
  4. ^ a b c #達昭和14年10月p.25『達第百七十七號 本年達第百六十一號中左ノ通改正ス 昭和十四年十月三十一日 海軍大臣 吉田善吾 「敷設艦」ヲ「水上機母艦」ニ改ム』
  5. ^ #S14-12-25内令提要原稿/艦船(1)画像2、艦艇類別等級表
  6. ^ #S15-6-25内令提要原稿/第13類 艦船画像15、『艦艇、特務艦本籍別一覧表 昭和十五年六月二十五日調』
  7. ^ a b c d #内令昭和18年9月(3)p.13『内令第千八百九十三號|呉鎮守府在籍 軍艦 神通|舞鶴鎮守府在籍 軍艦 日進|右帝國軍艦籍ヨリ除カル|横須賀鎮守府在籍 驅逐艦 新月 右帝國驅逐艦籍ヨリ除カル|昭和十八年九月十日 海軍大臣 嶋田繁太郎』
  8. ^ #S15-12-25内令提要原稿/第13類 艦船(1)画像11、『艦艇、特務艦本籍別一覧表 昭和十五年十二月二十五日調』
  9. ^ a b c d #戦史叢書31海軍軍戦備1p.506
  10. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r #海軍造船技術概要pp.761-762
  11. ^ a b c d e #軍艦基本計画資料Sheet10
  12. ^ a b c #海軍造船技術概要p.1684
  13. ^ #昭和17年1月~3月 内令 1巻/昭和17年1月(4)画像31、『内令第百五十九號 海軍定員令中左ノ通改正セラル 昭和十七年一月二十八日 海軍大臣 嶋田繁太郎 水上機母艦定数表其ノ四ヲ別表ノ如ク定ム(別表一葉添)』、同画像33『| 第五十四表ノ三 | 水上機母艦定員表 其ノ四 | 日進 |(詳細略)|』士官41人、特務士官16人、准士官25人、下士官217人、兵490人。
  14. ^ a b #日本海軍艦艇図面集『図44-1 水上機母艦 日進(第2状態) 一般艤装図 1/4 舷外側面、上部平面』昭和18年3月22日出図の完成図
  15. ^ a b #S1709日進詳報(2)pp.35-36『(ヘ)現今輸送ヲ重視スベキ時代ニ於テ日進型ノ極メテ調法ナルヲ痛感ス大ナル搭載量及クレーン航續力高速等概ネ現時ノ要求ニ適應スル恰好ノ性能ヲ有セシモノト認ム然レドモ之ガ使用ニ當リテハ主トシテ内地前進根據地間ノ往復ニ當テ爾後第一線基地間ノ輸送ニハ小型高速加及的大ナル搭載力防空力ヲ有スル船艇ヲ用スルヲ原則トスルヲ要ス』
  16. ^ #高松宮日記5巻185頁『第八艦隊参謀長(大約)陸軍要望ノガダルカナルニ対スル輸送量ハ十一月下旬迄ニ第三十八師団ノ大部、混成第二十一旅団及第五十一師団ニシテ、総兵力三万、砲三〇〇、軍需品四万屯ニ達シ、輸送船(満腹ノ場合)五〇隻ナリ。右ヲ海軍艦艇ニテ輸送セントセバ、駆逐艦延八百隻及日進級二隻ヲ要ス(以下略)』
  17. ^ a b c d e #回想のネーヴィーライフ399頁
  18. ^ a b #戦史叢書96ガ島撤収後249頁『経過概要と南東方面部隊等の作戦指導』
  19. ^ #聯合艦隊軍艦銘銘伝(普)pp.204-206
  20. ^ #写真日本の軍艦第4巻p.128『日進(にっしん)―漢成語名』
  21. ^ a b #日本空母物語372-376頁『水上機母艦・甲標的母艦の計画について』
  22. ^ a b #日本空母物語343-345頁『洋上決戦用の水上機母艦』
  23. ^ #日本航空母艦史p.122
  24. ^ #日本航空母艦史p.126
  25. ^ a b c #日本空母物語366頁『日進』
  26. ^ #日本航空母艦史p.130
  27. ^ 「計画番号表 (昭和15年10月30日調製、昭和17年6月8日改定)」#日本軍艦建造史pp.361-371
  28. ^ a b #海軍造船技術概要p.758
  29. ^ a b #海軍造船技術概要pp.758-759
  30. ^ a b c d e f #日本空母物語367頁
  31. ^ a b c d e f g #海軍造船技術概要p.759
  32. ^ a b c d e f #写真日本の軍艦第4巻p.166
  33. ^ a b c d e #海軍造船技術概要p.760
  34. ^ a b c d #日本空母物語368頁
  35. ^ #海軍造船技術概要pp.760-761
  36. ^ a b #海軍艦艇史3p.334
  37. ^ #日本海軍艦艇図面集『図43 水上機母艦 日進(第1状態) 大体配置』昭和17年10月2日出図の基本計画図
  38. ^ 秋本実「零式水上偵察機/塗装&マーキング」#彩雲/零水偵(ハンディ版)pp.136-137
  39. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z aa ab ac ad #写真日本の軍艦第4巻p.152(水上機母艦行動年表)◆日進◆
  40. ^ #達昭和14年9月p.19『達第百六十號 株式會社川崎造船所ニ於テ建造中ノ航空母艦一隻ニ左ノ通命名セラル 昭和十四年九月三十日 海軍大臣 吉田善吾 航空母艦 瑞鶴(ズヰカク)』
  41. ^ #海軍制度沿革(巻8、1940)p.204『◎航空母艦瑞鶴命名ノ件 昭和十四年九月三十日(達一六〇)』
  42. ^ #海軍制度沿革(巻8、1940)p.204『◎敷設艦日進砲艦橋立伊號第二十一第二十三第二十四潜水艦敷設艇浮島命名ノ件』
  43. ^ #海軍制度沿革(巻8、1940)p.71『昭和十四年九月三十日(内令六六六)艦艇類別等級別表中左ノ通改正ス 軍艦、航空母艦ノ項中翔鶴ノ下ニ「、瑞鶴」ヲ加フ 同敷設艦ノ項中沖島ノ下ニ「、日進」ヲ加フ 同砲艦伏見型ノ項ノ次ニ左ノ一項ヲ加フ |橋立型|橋立| 潜水艦一等ノ部伊十五型ノ項中伊號第十九ノ下ニ「、伊號第二十一、伊號第二十三」ヲ加フ 同伊十六型ノ項中伊號第二十二ノ下ニ「、伊號第二十四」ヲ加フ』
  44. ^ a b 昭和16年10月15日(発令10月15日付)海軍辞令公報(部内限)第728号 p.2』 アジア歴史資料センター Ref.C13072082800 
  45. ^ 昭和16年10月30日(木)海軍公報(部内限)第3933号 p.26』 アジア歴史資料センター Ref.C12070398100 『○事務所設置 日進艤装員事務所ヲ十月二十六日呉海軍工廠内ニ設置シ事務ヲ開始セリ 追テ郵便物ハ左記ニ送付相成度 記 廣島縣呉市 呉海軍工廠日進艤装員事務所』
  46. ^ 昭和17年1月10日(土)海軍公報(部内限)第3999号 p.26』 アジア歴史資料センター Ref.C12070409900 『○移轉 日進艤装員事務所ヲ一月六日艦内ニ移轉セリ 追テ郵便物送付先ハ左ノ通 呉郵便局氣付(日進艤装員事務所)』
  47. ^ a b c 昭和17年1月31日(発令1月28日付)海軍辞令公報(部内限)第728号 p.14』 アジア歴史資料センター Ref.C13072084100 
  48. ^ 昭和17年2月9日(月)海軍公報(部内限)第4015号 p.34』 アジア歴史資料センター Ref.C12070410300 『○事務所撤去 日進艤装員事務所ヲ一月二十八日撤去セリ|伊號第二十八潜水艦艤装員事務所ヲ二月五日撤去セリ』
  49. ^ #叢書49南東方面334頁『訓練の概要』
  50. ^ #S1701六艦隊日誌(2)p.43『一.二十日 千代田日進愛國丸報國丸ヲ一時EBニ編入セラル』
  51. ^ a b #叢書49南東方面335-336頁『先遣支隊の編制と攻撃計画』
  52. ^ #叢書38中部太平洋(1)604-605頁『先遣部隊の任務および編制』
  53. ^ #高松宮日記4巻219-220頁『○第六艦隊(三四一=一四-一〇〇〇)八号』
  54. ^ #S1701六艦隊日誌(3)p.23『四参考(一)麾下艦船ノ行動(香取其ノ他)』
  55. ^ #S1701六艦隊日誌(3)p.3『甲先遣支隊(イ10 1sg イ30愛国丸報告丸)日進ハ8Ss司令官之ヲ率ヒ4月16日イ30ハ4月11日内海西部發4月25日(イ30ハ4月20日)ペナン着4月30日日進ハ豫定任務ヲ了シ甲先遣支隊ハ同日(イ30ハ4月22日)豫定計畫ニ従ヒ印度洋ニ進出ス』
  56. ^ #S1701六艦隊日誌(3)pp.36-37『(ト)(1)香取5月3日「クエジエリン」着全作戦支援ニ任ズ (2)千代田ハ17日「トラック」ニ於テ東方先遣隊ニ補給ヲ行ヒ任務終了20日「トラック」発内地ニ皈還セシム 日進ハ5月1日任務終了8日柱島着 両艦共先遣部隊指揮官ノ指揮ヲ解カル』
  57. ^ #S1701六艦隊日誌(3)p.39『千代田(5月24日指揮ヲ解カル)』
  58. ^ #S1701六艦隊日誌(3)p.35『(2)イ18ハ主機械故障ノ為本攻撃ニ参加セズ』
  59. ^ #S1701六艦隊日誌(3)p.34『(6)甲先遣支隊(略)三十一日特型格納筒ノ攻撃ヲ實施ス』
  60. ^ #S1701六艦隊日誌(3)p.35『一方各潜水艦ハ豫定ノ計畫ニ依リ筒収容配備ニ就キ収容ニ努メタルモ遂ニ一隻モ發見スルニ至ラズ』
  61. ^ #叢書49南東方面342-345頁『攻撃の実施』
  62. ^ 昭和18年1月27日(水)海軍公報(部内限定)第4301号 p.15』 アジア歴史資料センター Ref.C12070429400 『○第六艦隊第二次特別攻撃隊 昭和十七年五月三十一日敵英國艦隊ヲ「デイエゴスワレス」灣及「シドニー」港ニ奇襲シ多大ノ戰果ヲ擧ゲ帝國海軍軍人ノ忠烈ヲ克ク中外ニ宣揚シ全軍ノ士氣ヲ振作シタルハ其ノ武勲抜群ナリト認ム 仍テ茲ニ感状ヲ授與ス 昭和十七年十二月八日 聯合艦隊司令長官 山本五十六』
  63. ^ #S1612連合艦隊日誌(2)p.26『主力部隊命令 MI AL作戦ニ於ケル主力部隊ノ作戦ニ關シ左ノ通定ム 一.兵力部署(主隊、警戒部隊合同中)』
  64. ^ a b #戦史叢書中部太平洋方面海軍作戦(2)2頁
  65. ^ #S1612連合艦隊日誌(2)p.26『任務行動(略)二.日進ハ5月23日頃内海西部発「ウオツゼ」「ウエーキ」ニ回航魚雷艇ヲ搭載ノ上攻略部隊ニ續航AFニ回航千代田ニ合同ス/三.千代田ハ特令ニ依リAFニ回航格納筒ヲ卸ス/四.爾後特務隊ハ陸軍引揚部隊ヲ護衛シ内海西部ニ皈投ス此ノ場合状況ニ依リ駆逐艦一隻ヲ特務隊ニ編入ス』
  66. ^ #戦史叢書中部太平洋方面海軍作戦(2)23頁『第十六掃海隊及び魚雷艇の復帰』
  67. ^ #高松宮日記4巻527頁『聯合艦隊(六-〇〇一五)作二六六号』
  68. ^ #高松宮日記4巻571頁『○聯合艦隊(一二-〇七三〇)作284号ノ千代田出動ニ関シ左ニ依ラレ度(以下略)』
  69. ^ #S1709呉防戦(3)pp.7-8『五.九月中ニ於ケル重要艦船豊後水道出撃入泊先左ノ通 (イ)九月一日 雲鷹磯波瑞鳳6dg出撃/(ロ)九月三日 鶴見神國丸日章丸入泊/(ハ)九月六日 待機部隊(3S、31dg)出撃/(ニ)九月七日 日進間宮日章丸出撃/(ホ)九月九日 9S出撃/(ヘ)九月十六日 雲鷹暁雷旭東丸出撃伊良湖さんちえご丸入泊(以下略)』
  70. ^ a b c d e f #戦史叢書83ガ島戦139-141頁『日進による重火器輸送の中止』
  71. ^ #S1709日進詳報(1)p.3『日進ハ9月7日呉發同11日外南洋部隊ニ編入セラレ「ダバオ」ニテ陸軍重火器搭載ノ上15日「ラボール」着16日増援部隊(指揮官第三水雷戦隊司令官)ニ編入セラレ17日「ショウトランド」着待機セリ』
  72. ^ a b #戦史叢書83ガ島戦129頁
  73. ^ #S1709日進詳報(2)p.20『二五|航海中|五.1940敵浮上潜水艦発見護衛駆逐艦涼風爆雷攻撃/二六|航海中|一.1504船体軽度ノ觸衝ヲ感ジ測距儀ノ艦底管切損ス 二.カビエング着』
  74. ^ #戦史叢書83ガ島戦157-158頁
  75. ^ a b c #戦史叢書83ガ島戦165-166頁『輸送計画の改正』
  76. ^ a b #戦史叢書83ガ島戦167-168『高速船団輸送』
  77. ^ #S1709日進詳報(2)p.20『一〇.一|航海中|一.0245警戒艦親潮早潮ト合同(略)』
  78. ^ a b c d #戦史叢書83ガ島戦179頁『三日の日進輸送』
  79. ^ #S1709日進詳報(1)p.5『10月3日0600護衛艦野分舞風ヲ率ヒ「ショウトランド」出撃…』
  80. ^ #S1709日進詳報(1)p.39『10月3日1805 8F参謀長/本日ノ日進ニ対スル敵機来襲ニ鑑ミ明朝ノ同船引揚ヲ掩護スル為黎明時迄ニ合同スル如ク秋月ヲ派遣サレ度内意ナリ』
  81. ^ #S1709八艦隊日誌(2)p.39『日進野分舞風|10-3|陸兵300、十五榴4、野砲2、牽引車5、糧食ヲ「タサハロング」ニ揚陸セリ』
  82. ^ a b c d #戦史叢書83ガ島戦180頁
  83. ^ a b #回想のネーヴィーライフ405-406頁
  84. ^ #S1709日進詳報(1)pp.7,41-44『秋月ハ4日黎明救援ニ来ル』
  85. ^ #ラバウル海軍航空隊(学研M文庫)146頁
  86. ^ #高松宮日記5巻21-22頁
  87. ^ #回想のネーヴィーライフ407頁
  88. ^ #S1709日進詳報(1)p.19『10月6日1540川内/(略)秋月ハ日進艦長ノ指揮ヲ受ケ同艦ノ援護ニ任ズ、時雨、11dg(初雪欠)綾波(指揮官27dg司令)ハ往返ノ途次日進艦長ノ指揮ヲ承ケ同艦ノ掩護ニ任ズ』
  89. ^ a b c d #戦史叢書83ガ島戦182頁『八日の日進輸送』
  90. ^ #S1709日進詳報(1)p.19『10月7日0901 11AF参謀長/天候不良ノ為日進上空警戒機ノ発進不能』
  91. ^ #S1709日進詳報(1)p.20『10月7日1101日進艦長/日進秋月ヲ率ヒ引返ス』
  92. ^ #S1709八艦隊日誌(2)p.40『日進、秋月|10-7|RXNニ向ケ発進セルモ上空直衛ナキ為引返ス』
  93. ^ #S1709八艦隊日誌(2)p.40『10月7日/時雨、第11駆逐隊(初雪欠)、綾波/陸兵473、大隊砲4、曲射砲2、弾薬ヲ「タサファロング」ニ揚陸ス』
  94. ^ a b c #戦史叢書83ガ島戦183頁
  95. ^ #内令昭和17年10月(1)p.33『内令第千八百六十九號 驅逐隊編制中左ノ通改定セラル|昭和十七年十月七日 海軍大臣 嶋田繁太郎|第三十四驅逐隊ノ項ノ次ニ左ノ一項ヲ加フ |第六十一驅逐隊|秋月、照月|』
  96. ^ #S1709日進詳報(1)p.9『(ハ)第二回「ガ」島輸送』
  97. ^ #S1709日進詳報(1)p.8『秋月ハ専ラ本艦ノ護衛ニ當ル外9駆(峯雲欠)2駆(村雨五月雨欠)ハ往復ノ途次日進艦長ノ命ヲ受ケ護衛ニ當リ概ネ上図ノ隊形ニテ航行セリ』
  98. ^ #高松宮日記5巻26頁
  99. ^ #ラバウル海軍航空隊(学研M文庫)147頁
  100. ^ a b #戦史叢書83ガ島戦188頁『輸送計画の再検討と九日~十日の輸送』
  101. ^ #わが青春と海軍154頁
  102. ^ #高松宮日記5巻29頁
  103. ^ #S1709日進詳報(1)p.9『日進千歳9駆(峯雲欠)11駆1小隊綾波秋月 10月11日0600「ショウトランド」発中央航路ヲ取リ2020「タサファロング」着揚陸開始…』、p.10『(三)護衛ノ状況 秋月夏雲ハ専ラ日進千歳ノ護衛ニ任ズルノ外同行駆逐艦ハ往復ノ途次護衛ニ當リ概ネ左ノ隊形ニテ航行セリ』
  104. ^ a b c #戦史叢書83ガ島戦190-191頁『日進、千歳の輸送』
  105. ^ #戦史叢書83ガ島戦188-189頁『サボ島沖海戦』
  106. ^ #S1709八艦隊日誌(2)p.43『10月11日/日進、千歳、秋月、夏雲/15榴4、牽引車4、野砲2、弾薬車4、高射砲1、固定無線1、陸兵675、弾薬、糧食』
  107. ^ a b #回想のネーヴィーライフ408-410頁
  108. ^ a b #ラバウル海軍航空隊(学研M文庫)148-149頁
  109. ^ #S1709日進戦闘詳報(2)p.13『2307|(将旗)9dg|日進衣笠(将旗)3sd|無線|輸送駆逐隊揚陸終了/2310|戦斗用意(曩ノ交戦海面ニ向ケ)本艦南方航路ヲ行ク「サボ」島北東五浬附近ニ敵味方不明ノ大艦盛ニ誘爆セルヲ認ム』
  110. ^ #S1612六戦隊日誌(6)p.37『敵「ガダルカナル」飛行場及其ノ周辺ニ対スル制圧射撃ノ目的ヲ以テ支援隊(第六戦隊及吹雪初雪)ハ10月11日1200「ショートランド」出撃…』
  111. ^ #S1612六戦隊日誌(6)pp.34-35『是ニ於テ艦砲ヲ以テスル「ガダルカナル」飛行基地砲撃制圧ノ議案画セラレ10月13日第3戦隊射撃実施ノ予定トナリタルヲ以テソノ前ニ先ヅ當隊ヲ以テ砲撃ヲ実施スベク発令セラレタリ、即チ10月11日第6戦隊、13日第3戦隊、14日鳥海及第6戦隊砲撃実施(尓後15日第5戦隊第2水雷戦隊砲撃ノ発令アリ)ノ予定トナレリ』
  112. ^ #S1612六戦隊日誌(6)p.38『2013増援部隊タル日進錨地着及2030「ガダルカナル」基地気指揮官ヨリ天候快晴ノ電アリシヲ以テ当面ノ天候ヲ突破シ「ガダルカナル」敵飛行場砲撃ヲ決行セントセリ』
  113. ^ #ニミッツの太平洋海戦史125-128頁『十月の攻撃』
  114. ^ #S1612六戦隊日誌(6)p.38『2133「スコール」ヨリ出ズルヤ前方視界急展「サボ」島ヲ左3度約10浬ニ認メ2143砲撃26節ニ減速ヲ下令シタル瞬間左15度約10粁ニ艦影ラシキモノ3個ヲ認メタルヲ以テ直ニ右ニ展開戦闘下令旗艦将ニ砲火ヲ開カントスルヤ…』
  115. ^ #戦藻録(1968)208-210頁『十月十六日金曜日 曇 サボ島沖夜戦青葉古鷹實戦失敗談。』
  116. ^ #S1612六戦隊日誌(6)p.41『初雪ハ会敵後直ニ取舵ニ転舵衣笠ニ続航中ナリシガ二三三〇古鷹ノ救援ニ向ヒ十二日〇〇〇八現場着古鷹沈没ト共ニ人員救助ニ努メタルモ天明後ノ敵機ノ襲来ヲ考慮シテ〇二〇〇救助ヲ打切リ人員五一三名(准士官以上三三名下士官兵傭人四八〇名)ヲ収容ノ後短艇二隻及円材等ヲ残置シ急速中央航路ヲ北上セリ』
  117. ^ #高松宮日記5巻37頁
  118. ^ #S1709日進詳報(1)p.9『揚陸部隊ハ揚陸続行2250作業終了「ラッセル」諸島西側ヲ通過帰途ニ就ク』
  119. ^ #高松宮日記5巻41頁
  120. ^ #S1709日進詳報(2)p.14『0033|日進|(将旗)9dg|無線|九隊ハ衣笠ト會同敵ヲ攻撃々滅スベシ衣笠2400ノ位置「サボ」島ノ296度47浬針路235度速力28節』,p.22『一二|航海中|一.0020白雪叢雲ヲ古鷹救援ニ向ハシム』
  121. ^ #S1710四水戦日誌(3)pp.17-18『15日1800(将旗)3sd(宛略)3sd機密第151800番電 SNB ZOB戦斗概報第三號/一.十一日夜6Sノ夜戦ニ際シ直衛d吹雪沈没初雪被弾前部水線上破口荒天航行竝ニ二十四節以上ノ航行危険/二.日進千歳11dg(2D欠)9dg(峯雲欠)ハ増援兵力ヲ「ガ」島ニ揚陸シタル後11dgハ古鷹救援ニ赴キ「ソロモン」諸島南方海面ヲ経テ避退中(2/3未着)一四二〇夏雲沈没叢雲大火災爆發収拾ノ途ナク朝雲白雪乗員ヲ収容シテ一旦避退夜陰ニ乗ジ更ニ叢雲ヲ曳航セントセシモ大火災艦尾切断シテ見込ナク遂ニ之ヲ処分セリ 夏雲戦死駆逐艦長以下十七名 叢雲ハ全員行衛不明』
  122. ^ #わが青春と海軍156頁
  123. ^ #高松宮日記5巻45頁
  124. ^ #戦史叢書83ガ島戦201頁
  125. ^ #S1709日進詳報(1)p.9『日進千歳九駆(峯雲欠)十一駆一小隊綾波秋月10月11日0600「ショウトランド」發中央航路ヲ取リ2020「タサファロング」着揚陸開始、2140「サボ」島北西方ニ於テ打六戦隊(青葉衣笠)吹雪初雪敵水上部隊ト交戦、揚陸部隊ハ揚陸續行2250作業終了「ラッセル」諸島西側ヲ通過歸途ニ就ク12日0715収容ノ為南下セル川内由良駆逐艦五ト合同1400「ショウトランド」着』
  126. ^ #S1709日進詳報(2)p.15『1145由良→天霧27駆/1200発動日進ニ対シ直衛配備ニ就ケ 由良0度 天霧右45度 白露右90度 時雨左45度距離各三粁』
  127. ^ #S1709日進詳報(2)p.15『1400日進/日進千歳秋月綾波「ショートランド」着』
  128. ^ a b c d #戦史叢書83ガ島戦222-223頁『輸送計画の変更』
  129. ^ #高松宮日記5巻174頁『四.千歳、日進、トラックニ回航スベシ』
  130. ^ #S1711四水戦日誌(1)pp.27-28『1日0820(司)GF→1607カ號作戦部隊|GF機密第010820番電 GF電令作第三六六號(略)二.6dg(d×2欠)千歳(飛行機隊員)日進秋月(以上十一月三日)3sd(磯波欠)(以上十一月六日附)ヲ外南洋部隊ヨリ除ク千歳日進ヲGF附属ニ秋月ヲKdBニ其ノ他ヲAdBニ編入(復皈ス)/三.4sdハ十一月中旬原隊ニ復皈/四.日進千歳ハトラックニ回航スベシ』
  131. ^ #S1711四水戦日誌(4)p.12『20日1205(長官)GF|一.AdB指揮官ハ左記艦艇ヲ内地ニ回航修理ニ従事セシムベシ 高雄雷五月雨天津風/二.日進艦長ハ横須賀回航ノ際右艦船中回航スベキモノヲ指揮スベシ』
  132. ^ #高松宮日記5巻241頁『○第十一戦隊(二三-〇九三〇)比叡乗員(重傷者ヲ除ク)艦長以下約一二〇〇名及大串、千早、日進ニ便乗、二十七日「横」着予定。』
  133. ^ #S1711四水戦日誌(4)p.25『22日1245日進|日進高雄五月雨来横須賀ニ向ケトラック発27日着予定』
  134. ^ #五月雨出撃す157頁
  135. ^ a b c 昭和17年12月5日(発令12月5日付)海軍辞令公報(部内限)第1007号 p.27』 アジア歴史資料センター Ref.C13072088500 
  136. ^ #戦史叢書中部太平洋方面海軍作戦(2)223-224頁『乙一号輸送』
  137. ^ #高松宮日記5巻424頁『○日進艦長(六-〇九〇〇) 一.運貨筒九基、特型格納筒一基、潜水艦用特殊運貨船五、零水偵伍、零観測機五、搭載完了《運貨筒ハ筒ニ魚雷ノ機械ヲツケテ、人ガ一人デノツテユクモノ。4.5kt、六千米ユク》。各運貨筒内物件 糧食、基本色四七〇〇食。弾薬、96式十五榴、92式榴三〇。94式山砲、94式弾薬筒一〇〇、94式榴弾一〇〇。88式七高、90式高射弾一〇〇。五人乗ゴム浮舟一個』
  138. ^ #S1712呉防戦日誌(3)p.14『(月日)六|(出入船舶)日進、秋雲|(記事)出撃』
  139. ^ #S1712呉防戦日誌(3)p.24『五日一二五五呉防戰司令官|五日一六三〇豊後防備部隊 伯空司令 日進艦長 秋雲艦長 呉鎮長官|電令作第八一號 一.日進秋雲六日西水道ヲ出撃ス一六〇〇深島通過(以下略)』
  140. ^ #S1801二水戦日誌(3)p.20『15日1100 3S時雨(佐世保ニ向ケ)鳥海冲鷹嵐大波(横須賀)2sf(飛鷹缺)日進黒潮陽炎(呉)8S(筑摩缺)(舞鶴)各軍港ニ向ケ「トラック」発|四.1700 2sf(飛鷹缺)陽炎黒潮天候不良ノ為Y収容不能ニ付「トラック」入泊』
  141. ^ #戦史叢書中部太平洋方面海軍作戦(2)259-260頁『機動部隊前進部隊の一部内地回航とその整備の下令』
  142. ^ a b #S1802舞鎮日誌(1)p.5『(2)其ノ他ノ工事(a)損傷復舊工事 那珂霞不知火初春何レモ豫定通進捗中 (b)修理艦船 太刀風(二日)利根(二十一日)日進(二十四日)刈萱(二十五日)何レモ附記ノ通入港修理工事中/龍田 操舵試験ノ結果更ニ修理ヲ要スルコトトナリ極力工事中』
  143. ^ #S1802舞鎮日誌(1)pp.4-5『(二)造修(1)新造艦船工事 島風早波 艤装ハ豫定通進捗中/濱波、第三四二號艦 第三四五號艦建造工事ハ豫定通進捗中/第三號驅潜特務艇 佐賀造船所ニ於テ建造中ノ處一月三十一日廻航兵装工事中』
  144. ^ #S1803舞鎮日誌(1)pp.6-7『(2)修理工事(a)損傷復舊工事 霞不知火初春何レモ豫定通工事進捗中那珂ハ三十一日工事完成セリ|(b)龍田 操舵装置修理豫想外ニ困難ニシテ一日試運轉ノ結果徹底的修理ヲ要スルコトトナリ陸揚修理二十七日試運轉成績良好二十八日出動セリ/太刀風八日 日進十三日 利根十六日}整備完成何レモ出動セリ/刈萱 整備工事中/眞鶴(十六日)長波(十七日)木曾(二十日)室戸(二十三日)何レモ附記ノ通入港極力整備工事中』
  145. ^ #S1803舞鎮日誌(2)p.16『一三(天候略)日進出港(以下略)』
  146. ^ #S1804佐防日誌(1)p.48『四月八日一〇二〇呉防戰司令官|豊後防備〔伯空司令 呉鎮長官 日進艦長 敷波艦長〕|呉防戦電令作第一三九號 一.日進敷波四月九日一九〇〇深島出撃後針路一四〇度速力一八節(以下略)』
  147. ^ a b c #戦史叢書96ガ島撤収後158頁
  148. ^ a b c #叢書29北東方面596-598頁『北方部隊の状況』
  149. ^ a b c #第五艦隊日誌AL作戦(3)p.40『(其ノ三)』
  150. ^ a b #S1709日進詳報(2)pp.25-26『二.計画 日進ハ6月25日機動部隊ニ編入南海第四支隊ヲ輸送「トラック」ニ同航後同支隊ノ「ソロモン」方面転用決定セラルルヤ八戦隊司令官指揮ノ下ニ大淀最上阿賀野ト共ニ「ラボール」ニ同航同地ニテ自動車弾薬等ノ一部ヲ卸シ陸軍約400名ヲ搭載ノ上十戦隊司令官(萩風坐乗)指揮ノ下ニ7月21日ラボール發磯風萩風嵐護衛22日1600部着揚陸ヲ行ヒ同日2100發「ラボール」ニ歸還ノ予定』
  151. ^ #高松宮日記6巻492頁『(略)日進ショートランド輸送ニテ沈没(被爆、六弾命中)』
  152. ^ #戦史叢書中部太平洋方面海軍作戦(2)357頁『東方部隊指揮官の任務、機動部隊指揮官に継承』
  153. ^ #S1701八戦隊日誌(6)p.18『…翌十日機動部隊指揮官指揮ノ下ニ第八戦隊ヲ率ヰ0600同地發1230沖ノ島出撃「トラック」ニ回航15日着急速補給ヲ完了機動部隊第一部隊(8S 61dg)及第三部隊(日進)ヲ率ヰ14S(那珂)ヲ併セ指揮シ16日早朝「トラック」發ニテ搭載人員ヲ「ミレ」方面ニ輸送ノ予定ナシリ所…』
  154. ^ #S1709日進詳報(2)p.38『七月三日一八二五機動部隊指揮官|8S 10S外日進|KdB機密〇三二一一〇番電 一.略/二.冲鷹日進玉波(日進艦長ノ命ヲ受ケ日進警衛ニ任ズ)ハ便宜各所在地發七月十一日一二〇〇迄ニ當部隊ニ合同セヨ|無電』-『七月十日〇五三〇日進(宛略)日進玉波〇五〇〇「トラック」ニ向ケ發|無電』-『七月十四日〇五〇〇瑞鶴|艦隊|日進冲鷹玉波嵐ハ列ヲ解キ日進艦長所定ニ依リ概ネ當隊ニ續行「トラック」ニ入泊スベシ|信号』
  155. ^ a b c #木俣空母498-500頁
  156. ^ #戦史叢書中部太平洋方面海軍作戦(2)357頁
  157. ^ #高松宮日記6巻472頁『○第三艦隊(一五-一六四〇)第一航空戦隊、第八、第十戦隊(阿賀野、第六十一、第四駆逐隊、磯風)、最上、大淀、日進、冲鷹、玉波、トラック着』
  158. ^ a b c d #戦史叢書中部太平洋方面海軍作戦(2)372-373頁『南海第四守備隊の南東方面への転用』
  159. ^ #S1701八戦隊日誌(6)pp.18-19『令ニ依リ之ヲ中止「トラック」ニテ待機シ18日更ニ機密機動部隊命令第四六號ニ接シ19日第一部隊〔8S10S(阿賀野4dg(萩風嵐)61dg(涼月初月)磯風)大淀最上日進]ヲ率ヰ「トラック」出撃「ラバウル」及「ソロモン」方面軍隊輸送ヲ實施26日「トラック」ニ帰着セリ』
  160. ^ a b #S1701八戦隊日誌(6)p.43『(イ)「ラバウル」人員231名物件760瓲(牽引車4自動車5ヲ含ム)大隊砲聯隊砲各1 (ロ)「ブカ」人員聯隊長以下455名物件約79瓲野砲3 (ハ)人員746名物件約180瓲』
  161. ^ #陽炎型、2014190-191頁『増援部隊に編入さる』
  162. ^ #S1701八戦隊日誌(6)pp.37-38『爾餘ノ乙部隊〔4dg(萩風嵐)磯風日進〕ハ第十戦隊司令官萩風ニ将旗ヲ移揚シテ之ヲ直率2015「ブイン」ニ向ケ「ラバウル」ヲ出撃2300頃ヨリ61dgト同様敵哨戒機ノ触接ヲ受ケシガ22日0130之ガ韜晦離脱ニ成功シ爾後敵機ノ触接ヲ受クコトナク0815以後ハ味方戦斗機直掩下ニ豫定通行動ヲ継續セリ』
  163. ^ #S1701八戦隊日誌(6)pp.36-38
  164. ^ #S1709日進詳報(2)p.43『7月21日1305日進→利根阿賀野|本艦左舷前機故障復舊24節数時間22節長時間使用差支ナシ』
  165. ^ a b c #木俣空母513-514頁『艦船護衛(七月)』
  166. ^ #S1709日進詳報(2)p.27『1345「オバウ」島北方20浬ニ達シタル處突如乱雲ノ切間ヨリ敵戰爆聯合大編隊ヲ發見交戰回避ニ努メタルモ爆弾六命中其他至近弾多數ヲ受ケ1403沈没セリ (イ)敵機来襲時ノ体勢』
  167. ^ #ラバウル海軍航空隊(学研M文庫)296頁
  168. ^ #昭S1709日進詳報(2)pp.27,36
  169. ^ #高松宮日記6巻497頁『○第六空襲部隊(略)1340 B-24十二機、爆撃機四〇、戦闘機四〇、編隊襲来。在空中ノ艦戦一六ヲ以テ邀撃セルモ、敵ノ攻撃ヲ阻止得ズ。日進沈没セリ』
  170. ^ #S1709日進詳報(2)p.30『1403|最後ノ一弾三.五番機銃間ニ命中後急激ニ沈下間モナク艦首ヲ下ゲ稍右舷ニ傾斜1403沈没セリ』
  171. ^ #S1701八戦隊日誌(6)pp.43-44
  172. ^ #S1709日進詳報(2)p.46
  173. ^ #陽炎型、2014192頁
  174. ^ #S1701八戦隊日誌(6)pp.38-39『…然ルニ1345「ショートランド」北口「オバウ」島ノ北方約二十浬ノ地点ニ於テ敵大型機並ニ戦斗機艦爆等ノ大編隊(約六〇機)ノ急襲ヲ受ケ之ト交戦其ノ四機ヲ撃墜セルモ我亦1403日進ヲ喪ヒ敵機撃攘後之ガ人員ノ救助ニ従事シアリタルガ1620敵B-17十七機ノ来襲ヲ受ケタルヲ以テ救助ヲ一時中止シ之ト交戦撃攘後驅逐艦ノミヲ以テ1815「ブイン」入泊2000揚陸(人員746名及器材)ヲ完了シ同地發再度遭難現場ニ至リテ救助作業ヲ續行セルガ2255三度敵機来襲ヲ受ケタルヲ以テ之ヲ打切リ遭難生存者ノ大部(海軍92名陸軍81名)ヲ収容「ラバウル」ニ向ヒ23日1200同地帰着本隊ニ合同セリ』
  175. ^ #S1701八戦隊日誌(6)p.42『(ロ)被害(一)日進 喪失/(二)戦死 (1)海軍 日進乗員艦長伊藤大佐以下479名 第七戦隊整備員(日進便乗35名/(2)陸軍 大隊長板尾少佐以下570名/(3)喪失主要兵器物件(陸軍) 中型戦車22野砲8聯隊砲大隊砲各3重速射砲8車輌約15』
  176. ^ #S1709日進詳報(2)pp.31-32『(八)敵来襲時ニ於ケル搭載物件状況』
  177. ^ #S1701八戦隊日誌(6)p.38
  178. ^ #S1709日進詳報(2)p.30
  179. ^ #S1709日進詳報(2)pp.33-34『五.戦訓所見』
  180. ^ #ソロモン海「セ」号作戦123頁
  181. ^ #内令昭和18年9月(3)p.1『内令第千八百八十二號 艦艇類別等級別表中左ノ通改正ス|昭和十八年九月十日 海軍大臣 嶋田繁太郎|軍艦、巡洋艦二等川内型ノ項中神通、ヲ、同水上機母艦ノ部中日進、ヲ削ル|驅逐艦、一等秋月型ノ項中新月、ヲ削ル』
  182. ^ 昭和18年9月10日(発令9月10日付)海軍辞令公報(部内限)第1211号 p.14』 アジア歴史資料センター Ref.C13072092900 
  183. ^ 昭和18年10月16日(発令昭和17月11月13日付)海軍辞令公報(部内限)第1241号 p.35』 アジア歴史資料センター Ref.C13072093800 
  184. ^ 故海軍少将宮崎重敏外三名位階追陞の件 p.4』 アジア歴史資料センター Ref.A12090346800 

参考文献[編集]

  • 宇垣纏著、成瀬恭発行人 『戦藻録 明治百年史叢書』 原書房、1968年1月。
  • 奥宮正武 『ラバウル海軍航空隊』 学習研究社、2001年3月(原著1992年)。ISBN 4-05-901045-6
  • 海軍歴史保存会『日本海軍史』第7巻、第9巻、第10巻、第一法規出版、1995年。
  • 片桐大自 『聯合艦隊軍艦銘銘伝<普及版> 全八六〇余隻の栄光と悲劇』 潮書房光人社、2014年4月(原著1993年)。ISBN 978-4-7698-1565-5
  • 木俣滋郎 『日本空母戦史』 図書出版社、1977年
  • 重本俊一ほか 『陽炎型駆逐艦 水雷戦隊の中核となった精鋭たちの実力と奮戦』 潮書房光人社、2014年10月。ISBN 978-4-7698-1577-8
    • 戦史研究家落合康夫『駆逐隊別「陽炎型駆逐艦」全作戦行動ダイアリィ 第四、第十五、第十六、第十七、第十八駆逐隊 太平洋奮迅録
    • 当時嵐水雷長・海軍大尉宮田敬助『第四駆逐隊嵐、萩風ベラ湾夜戦に死す 昭和十八年八月六日夜、コロンバンガラ輸送の途次に魚雷をうけて三隻沈没
  • 須藤幸助 『駆逐艦「五月雨」出撃す ソロモン海の火柱』 光人社NF文庫、2010年1月。ISBN 978-4-7698-2630-9
  • 外山操『艦長たちの軍艦史』光人社、2005年。 ISBN 4-7698-1246-9
  • 高松宮宣仁親王著、嶋中鵬二発行人 『高松宮日記 第四巻 昭和十七年一月一日~昭和十七年九月三十日』 中央公論社、1996年7月。ISBN 4-12-403394-x
  • 高松宮宣仁親王著、嶋中鵬二発行人 『高松宮日記 第五巻 昭和十七年十月一日~昭和十八年二月十一日』 中央公論社、1996年11月。ISBN 4-12-403395-8
  • 高松宮宣仁親王著、嶋中鵬二発行人 『高松宮日記 第六巻 昭和十八年二月十二日~九月』 中央公論社、1997年3月。ISBN 4-12-403396-6
  • 種子島洋二 『ソロモン海「セ」号作戦―コロンバンガラ島奇蹟の撤収』 光人社NF文庫、2003年9月。ISBN 4-7698-2394-0
  • 『昭和造船史 別冊 日本海軍艦艇図面集』明治百年史叢書 第242巻、(社)日本造船学会/編、原書房、1978年(原著1975年)、四版。
  • チェスター・ニミッツ/E・B・ポッター、実松譲・富永謙吾訳 『ニミッツの太平洋海戦史』 恒文社、1962年12月。
  • 福井静夫 『海軍艦艇史 3 航空母艦、水上機母艦、水雷・潜水母艦』 KKベストセラーズ、1982年4月ISBN 4-584-17023-1
  • 福井静夫福井静夫著作集-軍艦七十五年回想記第七巻 日本空母物語』 光人社、1996年8月。ISBN 4-7698-0655-8
  • 福井静夫 『日本軍艦建造史』福井静夫著作集/第十二巻 - 軍艦七十五年回想記、光人社、2003年11月ISBN 4-7698-1159-4
  • 『軍艦基本計画資料』 福田啓二/編、今日の話題社、1989年5月ISBN 4-87565-207-0
  • 藤原盛宏、岡武文発行人 『わが青春と海軍』 株式会社トムス出版部、1974年3月。
    藤原は当時海軍主計少尉、昭和17年3月より11月まで第11駆逐隊庶務主任。サボ島沖海戦時、第11駆逐隊司令駆逐艦白雪に乗艦。
  • 防衛庁防衛研修所戦史室 『海軍軍戦備<1> 昭和十六年十一月まで』戦史叢書第31巻、朝雲新聞社1969年
  • 防衛庁防衛研修所戦史室 『戦史叢書29 北東方面海軍作戦』 朝雲新聞社、1969年8月。
  • 防衛庁防衛研修所戦史室 『戦史叢書49 南東方面海軍作戦(1) ガ島奪還作戦開始まで』 朝雲新聞社、1971年9月。
  • 防衛庁防衛研修所戦史室 『戦史叢書38 中部太平洋方面海軍作戦(1) 昭和17年5月まで』 朝雲新聞社、1970年10月。
  • 防衛庁防衛研修所戦史室 『戦史叢書62 中部太平洋方面海軍作戦(2) 昭和十七年六月以降』 朝雲新聞社、1973年2月。
  • 防衛庁防衛研修所戦史室 『戦史叢書83 南東方面海軍作戦(2) ガ島撤収まで』 朝雲新聞社、1975年8月。
  • 防衛庁防衛研修所戦史室 『戦史叢書96 南東方面海軍作戦(3) ガ島撤収後』 朝雲新聞社、1976年8月。
  • 『海軍造船技術概要』 牧野茂福井静夫/編、今日の話題社、1987年5月ISBN 4-87565-205-4
  • 写真日本の軍艦 第4巻 空母II』 雑誌『』編集部/編、光人社、1989年10月ISBN 4-7698-0454-7
  • 『彩雲/零水偵』図解・軍用機シリーズ3 ハンディ版、雑誌「丸」編集部/編、光人社、1999年8月
  • 丸編集部編 『重巡洋艦戦記 私は決定的瞬間をこの目で見た!』 光人社、2010年11月。ISBN 978-4-7698-1485-6
    • 当時第六戦隊先任参謀・元海軍中佐貴島掬徳『悲運の第六戦隊、米電探に散る サボ島沖夜戦
  • 六八会 『回想のネーヴィーライフ 第三期短期現役海軍主計科士官文集』 六八会文集刊行会/たま出版、1981年12月。
    • 春日紀三夫『ガダルカナル島輸送作戦の想い出-軍艦日進主計長として』(昭和16年12月~昭和18年6月 日進主計長)
  • アジア歴史資料センター(公式)(防衛省防衛研究所)
    • 『昭和14年達/9月』。Ref.C12070105900。
    • 『昭和14年達/10月』。Ref.C12070106000。
    • 『昭和17年1月~3月 内令 1巻/昭和17年1月(4)』。Ref.C12070160700。
    • 『昭和17年10月~12月内令4巻止/昭和17年10月(1)』。Ref.C12070165700。
    • 『昭和18年9月~12月 内令/昭和18年9月(3)』。Ref.C12070188700。
    • 『昭和14年12月25日現在 10版 内令提要追録第6号原稿/巻2 追録/第13類 艦船(1)』。Ref.C13071987300。
    • 『昭和15年6月25日現在 10版 内令提要追録第7号原稿/巻3 追録/第13類 艦船』。Ref.C13071990500。
    • 『昭和15年12月25日現在 10版 内令提要追録第7号原稿/巻3 追録/第13類 艦船(1)』。Ref.C13071993800。
    • 『昭和17年1月1日~昭和17年5月31日 第6艦隊戦時日誌(2)』。Ref.C08030020500。
    • 『昭和17年1月1日~昭和17年5月31日 第6艦隊戦時日誌(3)』。Ref.C08030020600。
    • 『昭和16年12月1日~昭和17年6月連合艦隊戦時日誌戦闘詳報(2)』。Ref.C08030017900。
    • 『昭和17年6月1日~昭和17年6月30日 ミッドウエー海戦戦時日誌戦闘詳報(1)』。Ref.C08030040400。
    • 『昭和17年6月1日~昭和19年6月30日 あ号作戦戦時日誌戦闘詳報(4)』。Ref.C08030040100。(自昭和十七年六月一日至昭和十七年六月三十日 第三水雷戦隊戦時日誌作戦及一般ノ部)
    • 『昭和17年9月11日~昭和17年11月30日 呉防備戦隊戦時日誌(3)』。Ref.C08030366600。
    • 『昭和17年9月11日~昭和18年7月22日 軍艦日進戦闘詳報(1)』。Ref.C08030586700。
    • 『昭和17年9月11日~昭和18年7月22日 軍艦日進戦闘詳報(2)』。Ref.C08030586800。
    • 『昭和17年9月14日~昭和18年8月15日 第8艦隊戦時日誌(1)』。Ref.C08030022500。
    • 『昭和17年9月14日~昭和18年8月15日 第8艦隊戦時日誌(2)』。Ref.C08030022600。
    • 『昭和17年9月14日~昭和18年8月15日 第8艦隊戦時日誌(3)』。Ref.C08030022700。
    • 『昭和17年9月14日~昭和18年8月15日 第8艦隊戦時日誌(4)』。Ref.C08030022800。
    • 『昭和17年9月14日~昭和18年8月15日 第8艦隊戦時日誌(5)』。Ref.C08030022900。
    • 『昭和17年9月14日~昭和18年8月15日 第8艦隊戦時日誌(6)』。Ref.C08030023000。
    • 『昭和17年9月14日~昭和18年8月15日 第8艦隊戦時日誌(7)』。Ref.C08030023100。
    • 『昭和17年9月14日~昭和18年8月15日 第8艦隊戦時日誌(8)』。Ref.C08030023200。
    • 『昭和16年12月1日~昭和17年10月12日 第6戦隊戦時日誌戦闘詳報(6)』。Ref.C08030045800。
    • 『昭和17年10月6日~昭和17年12月23日 軍艦千代田戦闘詳報』。Ref.C08030584500。
    • 『昭和17年10月1日~昭和17年10月31日 第4水雷戦隊戦時日誌(1)』。Ref.C08030113800。
    • 『昭和17年10月1日~昭和17年10月31日 第4水雷戦隊戦時日誌(2)』。Ref.C08030113900。
    • 『昭和17年10月1日~昭和17年10月31日 第4水雷戦隊戦時日誌(3)』。Ref.C08030114000。
    • 『昭和17年10月1日~昭和17年10月31日 第2水雷戦隊戦時日誌(4)』。Ref.C08030098400。
    • 『昭和17年11月1日~昭和17年11月30日 第4水雷戦隊戦時日誌(1)』。Ref.C08030114700。
    • 『昭和17年11月1日~昭和17年11月30日 第4水雷戦隊戦時日誌(2)』。Ref.C08030114800。
    • 『昭和17年11月1日~昭和17年11月30日 第4水雷戦隊戦時日誌(3)』。Ref.C08030114900。
    • 『昭和17年11月1日~昭和17年11月30日 第4水雷戦隊戦時日誌(4)』。Ref.C08030115000。
    • 『昭和17年12月1日~昭和18年5月31日 呉防備戦隊戦時日誌戦闘詳報(3)』。Ref.C08030367300。
    • 『昭和18年1月1日~昭和18年5月31日 第2水雷戦隊戦時日誌戦闘詳報(3)』。Ref.C08030100400。
    • 『昭和18年2月1日~昭和18年2月28日 舞鶴鎮守府戦時日誌(1)』。Ref.C08030355500。
    • 『昭和18年2月1日~昭和18年2月28日 舞鶴鎮守府戦時日誌(2)』。Ref.C08030355600。
    • 『昭和18年3月1日~昭和18年3月31日 舞鶴鎮守府戦時日誌(1)』。Ref.C08030355700。
    • 『昭和18年3月1日~昭和18年3月31日 舞鶴鎮守府戦時日誌(2)』。Ref.C08030355800。
    • 『昭和18年4月1日~昭和18年4月30日 佐伯防備隊戦時日誌(1)』。Ref.C08030404700。
    • 『昭和16年12月1日~昭和19年6月30日 第5艦隊戦時日誌 AL作戦(3)』。Ref.C08030019200。
    • 『昭和18年6月1日~昭和18年7月31日 第1水雷戦隊戦時日誌(1)』。Ref.C08030084400。
    • 『昭和17年1月12日~昭和19年1月1日 大東亜戦争戦闘詳報戦時日誌 第8戦隊(6)』。Ref.C08030048700。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]