不知火 (陽炎型駆逐艦)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Shiranuhi.jpg
艦歴
計画 マル3計画
起工 1937年8月30日
進水 1938年6月28日
就役 1939年12月20日
その後 1944年10月27日戦没
除籍 1944年12月10日
性能諸元
排水量 基準:2,033トン
全長 118.5メートル
全幅 10.8メートル
吃水 3.8メートル 
主缶 ロ号艦本式缶3基
52,000馬力
主機 艦本式衝動タービン2基2軸
最大速 35.5ノット
航続距離 5,000/18ノット
兵員 239人
兵装
(竣工時)
50口径12.7cm連装砲×3
25mm連装機関砲(機銃)×2
61cm魚雷発射管4連装×2
対潜水艦用爆雷16個 他

不知火(しらぬい/しらぬひ)は、日本海軍駆逐艦陽炎型の2番艦である。この名を持つ日本海軍の艦船としては東雲型駆逐艦不知火に続いて2隻目。1番艦陽炎の沈没以降、陽炎型は不知火型駆逐艦として登録された。

艦歴[編集]

太平洋戦争まで[編集]

不知火は浦賀船渠1937年8月に起工、1939年12月に竣工し、呉鎮守府在籍。同時に第18駆逐隊に編入され、11月15日、第2艦隊第2水雷戦隊に編入された。

太平洋戦争開戦時には同型艦の陽炎、朝潮型と共に第18駆逐隊に属し、南雲機動部隊の警戒隊として行動した。警戒隊指揮官(旗艦)は第1水雷戦隊司令官大森仙太郎少将(第1水雷戦隊旗艦阿武隈)。陽炎型姉妹艦4隻(谷風浦風浜風磯風)で編制された第1水雷戦隊・第17駆逐隊も警戒隊に所属して18駆と行動を共にした。1941年(昭和16年)11月26日、ハワイ攻撃機動部隊の護衛艦として17駆・18駆各艦と単冠湾を出港、ハワイ作戦(真珠湾攻撃)に参加した。

1942年(昭和17年)1月5日、第18駆逐隊(司令艦/不知火、霞、陽炎、霰)は呉を出発[1]。機動部隊とラバウル攻撃に従事、以後、2月には第2航空戦隊ポートダウィン攻撃ジャワ南方機動作戦に参加した。3月1日、南雲機動部隊はオランダの商船モッドヨカード(8020トン)と遭遇[2]。不知火は国籍を示さぬモッドヨカードに対し砲撃を開始し[3]、磯風、27駆2小隊(有明夕暮)と共同してオランダ商船を撃沈した[4]。なお機動部隊護衛艦の砲撃に対し大森1水戦司令官や草鹿龍之介機動部隊参謀長は「射撃距離が遠すぎる。弾薬を節約せよ」と苦言を呈している[5]。4月のセイロン沖海戦を終えると、不知火は日本本土に戻り、呉で入渠修理を行った。4月20日をもって各隊は元所属部隊指揮下に戻り、第18駆逐隊も警戒隊(第1水雷戦隊)から第2水雷戦隊に復帰した。

5月にサイパンに進出、6月のミッドウェー海戦に攻略隊の護衛として参加した。

大破と修理[編集]

6月28日、陽炎を除く第18駆逐隊3隻(霰、霞、不知火)はアリューシャン方面作戦に参加するため第五艦隊(司令長官細萱戊子郎中将:旗艦那智)の指揮下に入り、横須賀から水上機母艦千代田あるぜんちな丸の護衛としてキスカに向かった[6]。 

7月5日、千代田、あるせんちな丸はキスカ島キスカ湾に入港したが、霰、霞、不知火は折からの濃霧のため投錨位置が予定と大幅に異なって湾外に仮泊中に米潜水艦グロウラーUSS Growler, SS-215)の雷撃に遭った。グロウラーはまず霞、不知火に魚雷を1本ずつ発射し、そしてに魚雷2本を発射した。霰に向けて発射した魚雷は1本目は外れたものの、2本目が霰の前檣下に命中するのを確認した[7]。魚雷発射管を吹き飛ばされた霰は主砲で反撃を試みたが、逆にもう1本魚雷を打ち込まれ船体をV字に折られて沈没[8]。霞は艦首一番砲塔下に命中、浸水と大火災が発生し艦首が右に屈曲沈下し、即時の自力航行や曳航が不可能なほど大破。不知火も第一缶室に被雷し第一、第二缶室が浸水した上、後甲板も屈曲しこれまた即時の自力航行や曳航が不可能なほど大破した。、なおこの日、アッツ島沖で子日が米潜水艦トライトンの雷撃で撃沈されている。


わずか1日で駆逐艦2隻(霰、子日)喪失、2隻(霞、不知火)大破という事態に、宇垣纏連合艦隊参謀長(戦艦大和座乗)は各方面に苦言を呈することになった[9]18駆司令宮坂義登大佐(兵47期)は、乗員の疲労を考えて転錨を遅らせたこと、霧のため予想より沖合に停泊してしまったこと、米潜水艦の活動は仮泊地には及ばないと考えていたこと、などが大被害の要因になったと回想している。[要出典]また第五艦隊参謀長中澤佑大佐は、南方からきて疲労していた第18駆逐隊が北方地域の日の出の時刻を勘違いしていたのでは…と推測している[10]。 米潜水艦の活発な行動に危機感を覚えた北方部隊(第五艦隊)は、アメリカ軍機動部隊が出現しないこともあり、空母瑞鶴瑞鳳龍驤以下増援部隊各艦を内地に帰投させた[11]

駆逐隊司令不在となった第18駆逐隊(不知火、霞)は、日産丸の残骸を楯として応急修理を続けた[12]。 7月15日、キスカ島にてアメリカ潜水艦グラニオンが三隻の駆潜艇を攻撃し、そのうちの第25号駆潜艇と第27号駆潜艇を一撃で撃沈した。 7月19日、陽炎は菊川丸を護衛してキスカへ進出[13]。大破した霞と不知火に遭遇した[14]。 7月20日、18駆唯一の健在艦となった陽炎は南方作戦で姉妹艦夏潮を喪失し3隻編制(黒潮親潮早潮)になっていた第15駆逐隊に編入される[15]。残存した2隻(霞、不知火)は同日附で第五艦隊附属となる[16]。 現地では霞と不知火の応急修理を行うが対処しきれず、就役したばかりの夕雲型駆逐艦4番艦長波が救難資材と工員を乗せて横須賀を出発、7月27日にキスカ島へ進出した[17]

7月27日に[18]、曳航可能な状態までに応急修理をおこなった霞は駆逐艦に曳航され、陽炎の護衛の元でキスカ島を出発し[19][20]幌筵島にて曳航任務は駆逐艦に変更された。

8月7日、アメリカ軍は重巡洋艦インディアナポリス(旗艦)、ルイスビル、軽巡洋艦ホノルルセントルイスナッシュビル、駆逐艦4隻からなる艦隊でキスカ島を砲撃した。

電は霞を石狩湾まで曳航した後、不知火の救援のためキスカ島に向かい[21]、8月15日から20日まで不知火の曳航にあたり[22]幌筵島まで曳航した。8月21日に幌筵島から神津丸(摂津商船)によって舞鶴まで曳航された。9月3日に舞鶴へ到着。


8月15日附で第18駆逐隊は解隊し[23]、8月31日特別役務駆逐艦[24][25]。なお無傷で残存していた陽炎は第2水雷戦隊・第15駆逐隊に編入されている(7月20日附)。不知火は9月3日から翌年11月15日まで舞鶴工廠で修理を実施した。

1942年後半当時の舞鶴海軍工廠は、島風型駆逐艦島風秋月型駆逐艦初月)や夕雲型駆逐艦浜波沖波)の建造[26][27]バリ島沖海戦で損傷した朝潮型2番艦大潮クリスマス島攻略作戦で大破した軽巡那珂《翌年3月下旬修理完了》、駆逐艦複数隻の修理整備工事を抱えており[28]、不知火、霞の修理もその中でおこなわれた。

11月6日、キスカ島沖で空襲を受け大破した初春型駆逐艦1番艦初春が到着[29]、12月27日、那珂や霞、不知火、初春に先駆けて大潮の修理が終わった[30]。12月29日、大潮は舞鶴を離れた[31]

1943年1月19日、軽巡龍田が舞鶴工廠に到着、修理に入った[32]。 1月20日には夕雲型17番艦早霜が舞鶴海軍工廠で起工された[33]。2月21日、ソロモン諸島で行動中の大潮が米潜水艦アルバコアの雷撃で沈没している。

3月31日、不知火、霞に先駆けて那珂の修理が終わった(4月5日、舞鶴を出発)[34][35]。 春には北方戦線に従事する軽巡阿武隈多摩がそれぞれ舞鶴に到着した(阿武隈4月17日着、多摩5月4日着)、修理に入る[36][37]。 4月24日、ガダルカナル島撤退作戦で損傷した巻波が舞鶴に到着、不知火、霞と共に修理に従事する[38]

1943年(昭和18年)5月8日、コロンバンガラ島への輸送作戦に従事していた第2水雷戦隊・第15駆逐隊の陽炎型3隻(司令艦:親潮黒潮陽炎)がアメリカ軍の機雷により沈没、一挙に全滅した[39]。3隻と第15駆逐隊は6月20日に除籍されたが、その際に「陽炎型駆逐艦」の名称も「不知火型駆逐艦」に改定された[40]

5月10日、新鋭駆逐艦島風が竣工した[41][42]。 5月12日、アメリカ軍はアッツ島に上陸、アッツ島の戦いが勃発したため舞鶴で整備中の第一水雷戦隊旗艦阿武隈と多摩は急遽修理を終わらせて出撃した[43][44][45]。6月1日、米潜水艦トートグの雷撃で大破した軽巡名取が舞鶴に到着、修理に入った[46]キスカ島撤退作戦の任務を終えた夕雲型4番艦長波は6月5日舞鶴に到着、23日に修理を終えて出撃した[47]。6月30日、霞の修理が完了した[48]

10月15日、呉鎮守府第四予備艦だった不知火は第一予備艦に改定される[49]

11月15日、不知火の修理が完了された。

再就役[編集]

11月15日、不知火は新編された第九艦隊(司令長官遠藤喜一中将)に加入した[50]。11月、12月は内地にあって訓練に従事[51]1944年(昭和19年)1月5日以降、ウェワク輸送に従事する[52]。3月1日、不知火は第五艦隊(司令長官志摩清英中将:旗艦那智)所属、第1水雷戦隊(司令官木村昌福少将:旗艦阿武隈)・第9駆逐隊(司令井上良雄大佐)に編入された[53]。編入後の第9駆逐隊は司令駆逐艦霞、薄雲白雲、不知火で編制した。だが3月16日に米潜トートグの雷撃で白雲が撃沈され、4隻は一同に揃うことなく3隻体制となった[54]。3月31日をもって第9駆逐隊は第18駆逐隊に改称された[55][56]。不知火と霞は再び「第18駆逐隊」として活動する事になった。

南方方面での輸送任務を終えた不知火は呉工廠で探信儀装備工事を実施し、4月以降は大湊、千島方面の護衛活動を行った。

サイパン島突入作戦[編集]

6月、アメリカ軍はマリアナ諸島に来襲しサイパンの戦いが始まった。

大本営は6月17日未明のサイパン守備隊の反撃の失敗の報に接し、これ以上の事態の重大化を抑える事と、先日に東条英機参謀総長が天皇にサイパンは確実に防衛できるとの上奏した手前もあり、サイパン失陥は絶対に防がないといけないとの意志で、6月17日夜には速射砲5個大隊や20糎臼砲大隊等の増援部隊や武器弾薬を送り込む事を決定し、第五艦隊に準備を指示している(イ号作戦と呼称、い号作戦とは別)[57]。 これに対し神重徳連合艦隊参謀は、戦艦山城と巡洋艦那智、足柄、多摩木曽、阿武隈、第7駆逐隊《》・ 第18駆逐隊《不知火、霞、薄雲》からなる第五艦隊を用いたサイパン島殴り込み作戦を立案していた。、海軍陸戦隊をサイパンへ強行輸送しつつ、艦隊は浮き砲台となって陸上砲撃をおこなう計画であった。神は山城艦長となって自ら陣頭に立つことを希望した。 連合艦隊の命令により各部隊は横須賀に集結、不知火は6月21日に入港した[58]。機銃およびレーダーを整備[59]

大本営は「イ」号作戦に加えて、6月19日に開始される予定の機動部隊と基地航空隊による「あ」号作戦でのアメリカ艦隊撃滅を期待した[60]。 だが6月19-20日のマリアナ沖海戦で日本海軍は大敗し、空母機動部隊は壊滅する。「イ」号作戦については海軍に積極的意図があればやってもよいという消極的な対応となったが、陸海軍の間でサイパンへの対応について6月22日~23日の2日間に渡って協議がなされた結果、もはや連合艦隊にマリアナ海域に突入できる戦力はないことや、制空・制海権が無い中での増援部隊の海上輸送は困難との事で、サイパン奪回作戦の断念が決定された。6月24日には陸海軍総長が中部太平洋方面に対する今後の作戦指導について上奏したが、これによりサイパンは実質的に放棄が決定された。[61]

6月27日、不知火、霞は輸送船団の対潜哨戒任務に投入された[62]。その後、不知火、霞は第21戦隊1小隊(那智、足柄)と共に大湊へ移動した[63]。7月7日、薄雲が米潜水艦スケートの雷撃で撃沈され、第18駆逐隊は不知火、霞の2隻となった。以降、硫黄島輸送に従事、8月12日、木曾多摩、霞と共に父島への輸送に当たった。

台湾沖航空戦とレイテ沖海戦、そして最期[編集]

10月14日、台湾沖航空戦での過大な戦果報告により、大損害を受けた(と思われる)米機動部隊攻撃のため、連合艦隊司令部は第二遊撃部隊(第五艦隊、司令長官志摩清英中将、通称志摩艦隊)に対し台湾東方へ進出し、「好機をとらえて敵損傷艦の補足撃滅及び搭乗員の救助に当れ」と命令、豊田副武連合艦隊司令長官も『敵機動部隊はわが痛撃に敗退しつつある。基地航空隊と第二遊撃部隊は全力を挙げて残敵を掃討せよ』と命じる[64]。15日、志摩艦隊旗艦那智は重巡足柄、軽巡阿武隈及び駆逐艦7隻(第7駆逐隊《》・ 第18駆逐隊《不知火、霞》第21駆逐隊《若葉、初春、初霜》)を引き連れ瀬戸内海を出撃した。一方、アメリカ軍のハルゼー提督は暗号解読により日本艦隊(志摩艦隊)が出撃したと知ると、損傷巡洋艦2隻に空母を含む護衛部隊をつけ、偽装電報を発信して日本艦隊を誘因しようとした[65]。しかし日本艦隊の動きが鈍い事を知ると、艦隊戦闘に向けての準備をやめ、レイテ上陸支援に専念するよう命じた[66]。16日、連合艦隊司令部はアメリカ軍機動部隊が健在である事にようやく気付き、志摩艦隊に台湾の馬公に入港するよう命じる[67]。17日、志摩艦隊(那智)は奄美大島薩川湾に入港、18日に出航、20日馬公に進出した[68]。翌21日、第二航空艦隊長官から駆逐艦3隻派遣の要請を受け、第二航空戦隊の高雄~マニラ輸送に協力するよう命じられていた志摩長官は第21駆逐隊(若葉、初春、初霜)を派遣し、これにより志摩艦隊戦力は那智、足柄、阿武隈及び駆逐艦4隻(第7駆逐隊《》・ 第18駆逐隊《不知火、霞》)に減少してしまう[69]。志摩艦隊は連合艦隊南西方面艦隊の命令に振り回されており、その指揮系統は非常に複雑であった[70]。同日、志摩艦隊はレイテ湾に来襲したアメリカ軍攻撃のため出撃。23日夕刻にコロン湾に到着すると、24日午前2時に出港、西村艦隊の後を追うようにスリガオ海峡に向かったが、指揮系統の違う両艦隊の間で情報の交換は全く行われなかった[71]

25日日付変更直後、那智以下志摩艦隊はスリガオ海峡に突入。当初は、曙、潮が2km先行して並列して進み、後方中央に那智、足柄、阿武隈、不知火、霞が単縦陣を形成して26ノットを発揮していた[72]。午前3時頃、西村艦隊と米艦隊との戦闘音や閃光を視認する[72]。直後、アメリカ軍魚雷艇の攻撃により第一水雷戦隊旗艦阿武隈が3時24-25分に被雷落伍した[73]。那智、足柄及び駆逐艦4隻は単縦陣を成形して航行し、4時10分に海峡中央部で炎上する艦艇2隻(艦によっては3隻)を発見するが[74]、それはスリガオ海峡で真っ二つになって炎上する戦艦扶桑であった[72]。炎上する最上も4つの炎上艦艇を視認している[75]。西村艦隊は米艦隊の砲撃雷撃の集中攻撃により戦艦山城、扶桑、駆逐艦満潮山雲を撃沈され、重巡最上と駆逐艦朝雲が大破して微速退避中、中破した時雨は舵故障と修理を繰返しながら撤退中で、健在艦は一隻も残っていなかった。 海峡へ向かう志摩艦隊は時雨から艦名を問われて『われ那智』と返答する[76]。志摩長官は『那智の後に続け』と命じたが[77]、時雨は『舵故障中』と返答して[78]、単艦で避退していった[76]。4時15分、那智のレーダーが方位25度、距離11kmに敵艦らしき目標2つを探知、那智、足柄は各艦魚雷8本を発射した[76][79]。アメリカ軍はヒブソン島で日本軍の魚雷2本を発見しているため、那智、足柄は島に向けて魚雷を撃ったとみられるが、雷跡を視認して報告したアメリカ軍駆逐艦部隊も存在する[76]

雷撃後の那智は炎上中の西村艦隊の重巡最上の前方を通過しようとしたが、停止したと思われていた最上は速力8ノットで前進しており、両艦は同航体勢で衝突した[80]。最上は那智に対しメガフォンで舵故障と艦長副長戦死の状況を伝達した[76]。衝突による最上の損傷は軽微だったものの、那智は艦首を損傷し[81]、最大速力約18-20ノットに低下してしまう[82]。志摩長官は突入中止を決定、4時25分に『当隊攻撃終了、一応戦場を離脱して後図を策す』と打電する[76]。那智、足柄は扶桑の残骸のそばを通過、再び時雨と遭遇して合流を指示したが、時雨は続行できなかった[83]。また、最上に対しては曙が護衛についた[84]。第一水雷戦隊司令官木村昌福少将以下司令部は阿武隈より霞に移乗し、阿武隈は潮の護衛下で退避した[85]。夜が明けると、志摩艦隊と西村艦隊残存艦はアメリカ軍魚雷艇群、アメリカ軍水上艦艇、アメリカ軍機動部隊艦載機、アメリカ軍基地航空隊の反復攻撃を受け、西村艦隊の駆逐艦朝雲が米艦隊の砲撃で沈没、最上も空襲により25日午後1時に、阿武隈も26日の空襲で沈没した。一方那智以下志摩艦隊はマニラを目指して避退中、志摩長官は栗田艦隊(第一遊撃部隊)から落伍・航行不能となっていた重巡洋艦熊野を発見し、足柄、霞に救援を命じた[86]。那智、不知火は26日14時にコロン湾に着、熊野、足柄、霞は16時28分にコロン入泊を果たした[87]

サミュエル・モリソンは著書「モリソンの太平洋海戦史」の中で本海戦について『日本海軍がこの戦闘で何をもって慰めとするかの答えはむつかしい。彼らの雷撃の技量は1943年の標準に及ばず、砲撃の効果もきわめて小さかった。シーマンシップさえ低下したことは那智と最上の衝突が示している。戦闘全体を通じて最も知的な行為は、志摩長官が避退命令を出したことだった。』と評している[88]。栗田艦隊、志摩艦隊、小沢機動部隊、基地航空隊の連繋は機能せず、その中で扶桑型戦艦2隻を投入しての局地夜戦は、第三次ソロモン海戦の失敗を繰り返して終わった[89]

10月26日朝、駆逐艦早霜ミンドロ島南方を航行中に第38任務部隊マーク・ミッチャー中将)の艦載機の攻撃を受け、艦首部と艦中央部の命中弾によって艦首と二番煙突を吹き飛ばされ、沈没を防ぐためにアンティーケ州セミララ島の浅瀬に擱座していた。藤波、沖波が救助に当たったが藤波が空襲を受け、早霜、沖波の目前で轟沈した[90]。また早霜、沖波も空襲を受けたため、沖波は横付を離して回避に転じ[91]。、早霜を残してコロン湾へ向かった[92]

10月26日夕刻、パナイ島北東で第16戦隊の軽巡鬼怒、駆逐艦浦波が空襲を受け沈没した[93]

左近允尚正16戦隊司令官からの救援要請を受けた草鹿龍之介参謀長は、第5艦隊・第1水雷戦隊に鬼怒曳航艦の派遣を求めた[94]。同日日没後、不知火は鬼怒の救助に向かうが発見できず(鬼怒は26日17時20分沈没)、帰途についた[95]。その途上の27日朝、米空母艦載機の攻撃によりフィリピン諸島シブヤン海にて沈没、井上司令・荒艦長以下全員が戦死した。 早霜はその光景を目撃することになった。藤波に続いて2度目の目撃である。 11月1日、那智の水上偵察機がアンティーケ州セミララ島に擱座した早霜を発見、着水して不知火がセミララ島西方1000mの地点で沈んだことを聞き出した[96]

11月5日に那智はマニラ湾にて戦没した。11月15日、残存した霞は第7駆逐隊に編入され、第18駆逐隊は再び解隊された[97]

12月10日、駆逐艦不知火は不知火型[98]、 帝国駆逐艦籍[99]より除籍された。

歴代艦長[編集]

進水記念絵葉書
艤装員長
  1. 中村謙治 中佐:1939年8月1日[100] - 1939年12月20日[101]
駆逐艦長
  1. 中村謙治 中佐:1939年12月20日[101] - 1940年10月15日[102]
  2. 赤澤次壽雄 中佐:1940年10月15日[102] - 1942年9月10日[103]
  3. (兼)杉岡幸七 中佐:1942年9月10日[103] - 1942年11月15日[104] (本職:大潮駆逐艦長)
  4. (兼)山名寛雄 少佐:1942年11月15日[104] - 1942年12月20日[105] (本職:大潮駆逐艦長)
  5. (兼)山名寛雄 少佐:1942年12月20日[105] - 1943年5月20日[106] (本職:駆逐艦長)
  6. (兼)人見豊治 中佐:1943年5月20日[106] - 1943年9月10日[107] (本職:巻波駆逐艦長)、以後1943年9月15日まで駆逐艦長の発令無し。
  7. (兼)友重丙 中佐:1943年9月15日[108] - 1943年10月5日[109] (本職:舞鶴防備隊副長)
  8. (兼)安並正俊 中佐:1943年10月5日[109] - 1943年11月1日[110] (本職:舞鶴防備隊副長)
  9. 荒悌三郎 少佐/中佐:1943年11月1日[110] - 1944年10月27日 戦死、同日付任海軍大佐[111]

脚注[編集]

  1. ^ #昭和17年1月~1水戦日誌(1)p.3『1月5日警戒隊(谷風、浦風、磯風欠)「トラック」ニ向ケ呉発』-p.56『麾下艦船部隊ノ行動』
  2. ^ #昭和17年3月~1水戦日誌(1)p.13『1日有明駆逐艦長→1日1730機動部隊指揮官警戒隊指揮官/一.捕虜船長機関長外計28名|二.状況左ノ通(イ)国籍「オランダ」船名「モッドヨカード」頓数8082頓、武装三吋高角砲1門機銃2基(以下略)』
  3. ^ #昭和17年3月~1水戦日誌(1)p.12『1日不知火駆逐艦長→1日1250機動部隊・警戒隊/只今ノ商船ハ七千頓級ニシテ国籍ヲ示サズ我之ヲ撃沈ス』
  4. ^ #昭和17年3月~1水戦日誌(1)p.5『3月1日第18駆逐隊1小隊、第27駆逐隊2小隊及磯風「ジャバ」南方海面ニ於テ蘭国武装商船(モッドヨカード號)ヲ砲撃撃沈ス』
  5. ^ #昭和17年3月~1水戦日誌(1)p.15『1日警戒隊指揮官/先ノ商船ニ対スル砲戦ニ於テ弾薬ノ消耗著シク大ナルモノ又射距離過大ナルモノアリ、目標ト状況トニ応ジ艦長ハ砲戦指揮上特ニ考慮ヲ要ス』-p.16『2日機動部隊参謀長→2日1730各駆逐艦司令/今後相当ノ強敵ニ遭遇スル算多ク且ツ弾薬ノ補充困難ナル現状ニ鑑ミ会敵ニ際シテハ適時射的ノ短縮砲火ノ管制等ニ依リ極力射撃効果ノ発揚並ニ弾薬ノ節約ヲ計ラレタシ』
  6. ^ #昭和17年5月~2水戦日誌(2)p.52『自7月1日至7月4日18dg(陽炎缺)ハ5F長官ノ指揮下ニ入リ千代田あるぜんちな丸護衛任務ニ従事7月5日「キスカ」警泊中遭難』
  7. ^ #SS-215, USS GROWLERpp.6-7
  8. ^ #佐藤 艦長(文庫)197頁
  9. ^ #S1705一水戦日誌(4)p.19『五日1830聯合艦隊参謀長|六日0930聯合艦隊各参謀長各司令官各所轄長|GF機密第539番電 ?近来船舶若ハ港湾及附近驅逐艦潜水艦ニシテ敵潜水艦ノ攻撃ヲ受ケ不覺ヲトリツツアルハ洵ニ遺憾トスルトコロニシテ小艦艇ニ於テモ左ノ諸項ヲ励行アリ度(以下略)』
  10. ^ 高松宮日記4巻314-315頁『当時第十八駆逐隊ハ一度配置ニツケテヰタカドウカ不明ナルモソレモ一因ナルベシ』
  11. ^ #第五艦隊日誌(2)pp.21-22『六月九日3S(-2D)8S瑞鳳神川丸等ヲ次デ5Sf 5S等ヲ北方部隊ニ増援サレタルヲ以テ本兵力ヲ併セ引續キ待機海面ヲ行動セシガ六月二十日鳴神島及熱田島ノ第一期防備作業概成セルヲ以テ水上機部隊潜水部隊等ヲ残置セシメタル外大部ノ兵力ヲ大湊ニ回航補給ヲ實施セル後六月二十八日再度出撃シ鳴神島増援部隊ノ進出掩護竝ニ敵艦隊捕捉ノ態勢ヲ整ヘタリ 然ルニ其ノ後引續キ敵艦隊ハ依然トシテ當方面ニ出現シ来ル模様無ク加フルニ敵潜水艦ノ跳梁ハ漸次度ヲ加ヘ来リ之ニ依ル損害沈没及大破駆逐艦各二隻及ビ更ニ待機海面ニ迄及バントスル懼アリシヲ以テ定ヲ若干繰上ゲ七月七日増援部隊ノ桂島(一部横須賀)方面回航ヲ命ジタリ』
  12. ^ #高松宮日記4巻309頁『○第六〔誤記〕水雷戦隊(一二-一三〇〇)「霞」「不知火」共後部二ヶ、砲塔、機銃、探照灯完全、自衛上ノ支障ナシ、士気旺盛ナリ。日産丸ノ残骸ハ「不知火」ニ対シ湾口方面ノ防壁トナリ、又仮製(「暁」考案掃海具利用30m×一〇米(深)ノ「マントレット」)防禦網ヲ適当ナル位置ニ碇置セントス。敵機来ラザルトキ補強作業ニ全力傾注シツツアリ。』
  13. ^ #S1705二水戦日誌(2)p.88『陽炎駆逐艦長(宛略)陽炎菊川丸ヲ護衛十九日一三〇〇「キスカ」着』
  14. ^ #陽炎型(2014)135頁
  15. ^ #内令昭和17年7月分(3)p.28『内令第千三百二十四號 驅逐隊編制中左ノ通改定セラル 昭和十七年七月二十日 海軍大臣 嶋田繁太郎 第十八驅逐隊ノ項中「陽炎、」ヲ削リ第十五驅逐隊ノ項中「早潮」ノ下ニ「、陽炎」ヲ加フ』
  16. ^ #第五艦隊日誌(2)p.12『麾下艦船部隊ノ行動 其ノ二|十八駆逐隊|霞|不知火』
  17. ^ #叢書29北東方面287-288頁(7月17日下令、20日横須賀発、大湊経由で27日キスカ着)
  18. ^ #S1705二水戦日誌(2)p.91『五警司令(宛略)二十六日霞自力航行及曳航實験ノ結果自力曳航共ニ不能明二十七日残存断片切除ノ上再度實験ノ予定』
  19. ^ #S1705一水戦日誌(4)p.72『二十六日一八〇〇五警司令|二十八日二一〇〇第五艦隊司令長官|五警機密第一四八番電 霞全部残片除去ニ成功一四〇〇雷曳航陽炎護衛出港セリ 湾口附近航行状態良好ナリ』
  20. ^ #S1705一水戦日誌(4)p.88『二八(天候略)一四〇〇霞雷陽炎鳴神島発』
  21. ^ #一水戦1708 p.54
  22. ^ #一水戦1708 pp.55-56
  23. ^ #内令昭和17年8月分(2)p.40『内令第千五百三十號 駆逐隊編制中左ノ通改正セラル 昭和十七年八月十五日海軍大臣嶋田繁太郎 第十八駆逐隊ノ項ヲ削ル』
  24. ^ #内令昭和17年8月分(3)pp.28-29『内令第千五百八十三号 昭和十六年内令第千四百十七号中左ノ通改正ス 昭和十七年八月二十五日海軍大臣嶋田繁太郎(中略)第十八駆逐隊ノ項ヲ削リ薄雲ノ項ニ「霞 一」「不知火 一」ヲ加フ(後略)』
  25. ^ #内令昭和17年8月分(4)pp.14-15『内令第千六百二十六號 呉鎮守府予備駆逐艦:駆逐艦 霞|駆逐艦 不知火|右特別役務駆逐艦ト定ム 昭和十七年八月三十一日 海軍大臣嶋田繁太郎』
  26. ^ #S1706舞鎮日誌pp.8-9『(1)新造艦船工事 前月ニ引續キ秋月、巻波及初月ノ艤装工事竝ニ島風、第三四〇號艦及第三百四十一號艦ノ建造工事ハ概ネ順當ニ進捗シツツアリシモ秋月砲熕公試ノ結果不具合ノ點アリ完成期ヲ六月十日ニ變更セル處尚俯角制限装置機構手直ヲ要スル爲更ニ六月十九日迄完成期ヲ延期セラレタル處作戰ノ関係上砲熕機能試験ヲ省略シ六月十一日引渡ノコトニ大臣ヨリ指令アリタルニ付任務ニ差支ナキ程度ニ整備ノ上十一日竣工引渡ヲ了ス』
  27. ^ #S1708舞鎮日誌p.5『(1)新造艦船工事 前月ニ引續キ巻波初月島風ノ艤装工事、第三四〇號、第三四一號艦ノ建造工事及本月五日起工セル第三四二號艦建造工事ハ何レモ順當ニ進捗シ巻波ハ十八日完成引渡シヲ了セリ』
  28. ^ #S1706舞鎮日誌p.9『(2)其ノ他ノ工事(a)損傷復舊工事 薄雲工事=豫定通進捗中ニシテ七月末完成ノ豫定/大潮工事=目下現場調査作業豫定按畫中/那珂工事=損傷復舊竝ニ改装工事ノ爲本月二十一日入港セリ (b)天龍、龍田工事=本月十五日完成/呂六三潜水艦工事=本月八日完成現地ニ向ケ出港セルモ途中主電動機電動子燃損ノ爲十日歸投セルヲ以テ換装工事中/名取工事=本月十七日入港整備工事中/三十一驅潜隊工事=本月二十七日入港直ニ工事着手セリ/神威工事=本月二十九日入港〃』
  29. ^ #S1711舞鎮日誌p.5『(a)損傷復舊工事 大潮、那珂、霞及不知火ハ概ネ豫定通進捗中/初春六日入港工事ニ着手シ中央要求ニ即應極力工事促進中』
  30. ^ #S1712舞鎮日誌(1)p.6『(a)損傷復舊工事 大潮 豫定通二十七日完成/那珂、霞及不知火 概ネ豫定通進捗中/初春 極力工事促進中|(b)修理艦船 木曾 十二日入港修理工事ヲ促進三十日完了/長良 二十七日入港徹夜修理作業ヲ續行中』
  31. ^ #S1712舞鎮日誌(2)p.24『二九日(天候略)初月竣工引渡/大波竣工呉鎮部隊ニ編入/大潮修理工事完成「ラバウル」ニ向ケ發』
  32. ^ #S1801舞鎮日誌p.6『(3)其ノ他ノ工事(a)損傷復舊工事 那珂霞不知火初春何レモ豫定通工事進捗中|(b)修理工事 長良 二十日完成/龍田 十九日入港修理工事中』
  33. ^ #S1801舞鎮日誌pp.5-6『(二)造修(1)新造艦船工事 初月 十二月二十九日竣工引渡ヲ了セルモ追加工事アリ特急工事トシテ施行七日完成即日出港ス/島風、早波 艤装ハ予定通進捗中/濱波、第三四二號艦 建造工事ハ豫定通進捗中/第三四五號艦 二十日起工』
  34. ^ #S1803舞鎮日誌(1)pp.6-7『(a)損傷復舊工事 霞不知火初春何レモ豫定通工事進捗中/那珂ハ三十一日工事完成セリ (b)修理工事 龍田 操舵装置修理豫想外ニ困難ニシテ一日試運轉ノ結果徹底的修理ヲ要スルコトトナリ陸揚修理二十七日試運轉成績良好二十八日出動セリ/太刀風八日、日進十三日、利根十六日}整備完成何レモ出動/刈萱 整備工事中/眞鶴(十六日)、長波(十七日)、木曾(二十日)、室戸(二十三日)何レモ附記ノ通入港極力整備工事中』
  35. ^ #S1804舞鎮日誌p.59『五日(天候略)那珂修理完成出動/芙蓉入港(以下略)』
  36. ^ #S1804舞鎮日誌p.65『一七(天候略)阿武隈、長波、崑山丸修理ノ爲入港』
  37. ^ #S1805舞鎮日誌(2)p.12『四(天候略)多摩整備工事ノ爲入港』
  38. ^ #1804舞鎮日誌p.6『(a)損傷復舊工事 霞不知火初春 何レモ豫定通工事進捗中/巻波 二十四日入港復舊工事ニ着手』
  39. ^ #昭和18年1月~2水戦日誌(6)p.3『第一経過概要 一.一般(ロ)第十五駆逐隊 外南洋部隊増援部隊ニ属シ「コロンバンガラ」輸送ニ従事中八日触雷(推定)三艦共沈没』
  40. ^ #内令昭和18年6月(4)p.44『内令第千二百二十六號 艦艇類別等級別表中左ノ通改正ス 昭和十八年六月二十日海軍大臣嶋田繁太郎|駆逐艦、一等ノ部中「陽炎型」ヲ「不知火型」ニ改メ同項中「陽炎、」「、黒潮、親潮」ヲ削ル』
  41. ^ #S1805舞鎮日誌(1)p.5『(1)新造艦船工事 島風 工事竝ニ諸公試終了十日完成引渡』
  42. ^ #S1805舞鎮日誌(2)p.15『一〇(天候略)島風舞廠ニ於テ竣功引渡』
  43. ^ #S1805舞鎮日誌(2)p.19『一七(天候略)阿武隈修理完成出撃』
  44. ^ #S1805舞鎮日誌(1)p.6『多摩 四日入港電波探信儀装備其ノ他整備工事ニ着手セル處工事ヲ一時中止シ二十日出港』
  45. ^ #舞廠造機部257-259頁
  46. ^ #1806舞鎮p.5
  47. ^ #1806舞鎮日誌p.6『(b)修理艦船(略)長波 五日入港船體損傷及機銃増備工事施行二十三日完成出港』
  48. ^ #1806舞鎮日誌p.5
  49. ^ #内令昭和18年10月(4)p.10-11『内令第二千百六十二號 第四十五號駆潜艇 右本籍ヲ横須賀鎮守府ト定メラル|横須賀鎮守府在籍 第四十五号駆潜艇 右警備駆潜艇ト定メラル|呉鎮守府第四予備駆逐艦 駆逐艦不知火 右第一予備駆逐艦ト定ム|昭和十八年十月十五日 海軍大臣嶋田繁太郎』
  50. ^ #昭和18年11月~第9艦隊日誌pp.14-15『(三)麾下艦船部隊ノ行動所在』
  51. ^ #昭和18年11月~第9艦隊日誌p.26『(四)麾下艦船部隊ノ行動所在』
  52. ^ #昭和18年11月~第9艦隊日誌p.46『(四)麾下艦船部隊ノ行動所在』
  53. ^ #昭和18年9月~1水戦日誌(5)p.8『1日第9駆逐隊ニ編入セラレタル不知火ハ5日パラオ発高雄ニ回航同地ヨリ船団ヲ護衛シ15日発門司経由ニテ22日呉着爾後同地ニ在リテ北方作戦準備中』
  54. ^ #昭和18年9月~1水戦日誌(5)p.7『(2)第9駆逐隊(不知火欠)第21駆逐隊ハ北方部隊指揮官直接指揮下ニ月頭来千島方面作戦輸送ニ従事シアリタル處16日2335白雲釧路南東海面ニテ被雷沈没セリ』
  55. ^ #昭和18年9月~1水戦日誌(5)p.6『(1)31日附九駆ヲ十八駆ト改称同隊ヨリ白雲ヲ除カル』
  56. ^ #内令昭和19年3月(5)p.39『内令第五百十號 駆逐隊編制中左ノ通改定セラル 昭和十九年三月三十一日 海軍大臣嶋田繁太郎|第四駆逐隊ノ項中「野分、舞風、山雲」ヲ「野分、山雲、満潮」ニ改ム|第九駆逐隊ノ項ヲ削ル|第十六駆逐隊ノ項ヲ削ル|第十七駆逐隊ノ項中「濱風」ノ下ニ「、雪風」ヲ加ヘ同項ノ次ニ左ノ一項ヲ加フ|第十八駆逐隊/薄雲、霞、不知火|第二十二駆逐隊ノ項中「、文月」ヲ削ル|第二十四駆逐隊ノ項ヲ削ル』
  57. ^ 『戦史叢書 中部太平洋陸軍作戦〈1〉』470頁
  58. ^ #昭和19年4月~1水戦日誌(3)pp.9-10『此ヨリ曩15日「マリアナ」方面戦勢ニ鑑ミ部隊転用ニ関シ意見具申スル折アリタルガ17日連合艦隊電鈴作第176号ニ依リ第五艦隊及第31駆逐隊ハ横須賀ニ集結「マリアナ」方面作戦準備ニ當ラシメラルルコトトナリ第7駆ハ帝洋丸ヲ護衛シ19日0900阿武隈18駆(霞欠)ハ21戦隊ト共ニ同日1000夫々大湊出撃21日横須賀着、霞及21駆ハ護衛任務ヲ打切リ又ハ終了シ大湊ヲ経テ単独回航夫々22日及24日横須賀着』
  59. ^ #昭和19年4月~1水戦日誌(3)p.10『各艦入港直後ヨリ機銃増備工事竝ニ電探整備ニ着手1両日ヲ以テ完了セリ。機銃増備状況左ノ通(増備後ノ全数)阿武隈 25mm機銃28門、13mm機銃10門|不知火 同23門、同5門|霞 同24門、同4門|薄雲 同23門、同4門|曙 同22門、同10門|潮 同22門、同6門|(5)25日 21駆北方部隊ヨリ除カル』
  60. ^ 『戦史叢書 中部太平洋陸軍作戦〈1〉』477頁
  61. ^ 『戦史叢書 中部太平洋陸軍作戦〈1〉』485頁
  62. ^ #昭和19年4月~1水戦日誌(3)p.11『(6)27日連合艦隊電令作第209号ニ依リ18駆ノ2艦伊号輸送第二輸送隊(21駆、能登丸、其ノ他)往航時東京湾乃至青ヶ島間対潜前路哨戒ニ任ズルコトトナリ不知火、霞ヲ之ニ指定ス』
  63. ^ #昭和19年4月~1水戦日誌(3)pp.11-12『同日更ニ連合艦隊電令作第210号ニ依リ第五艦隊ノ大部ハ原配備ニ復スルコトトナリ(中略)18駆(薄雲欠)ハ前述任務終了後21戦隊1小隊ト共ニ29日東京湾発大湊ニ進出中ナリ』
  64. ^ #捷号作戦はなぜ失敗したのか75頁
  65. ^ #捷号作戦はなぜ失敗したのか59頁
  66. ^ #捷号作戦はなぜ失敗したのか61頁
  67. ^ #捷号作戦はなぜ失敗したのか77頁
  68. ^ #捷号作戦はなぜ失敗したのか130頁
  69. ^ #捷号作戦はなぜ失敗したのか132頁
  70. ^ #捷号作戦はなぜ失敗したのか141頁
  71. ^ #捷号作戦はなぜ失敗したのか195頁
  72. ^ a b c #捷号作戦はなぜ失敗したのか250頁
  73. ^ #阿武隈詳報(捷号)p.4『0325|魚雷第七兵員室直下ニ命中(略)速力10節以下ニ減速針路概ネ200度』
  74. ^ #霞詳報(捷号)p.4『0418 砲雷同時戦容易 視界内炎上中ノ艦船三、島影ヨリ敵ノ赤色曳跟弾味方部隊ラシキ発砲ノ閃光ヲ認ムルモ敵艦影ヲ認メズ』
  75. ^ #最上詳報(捷号)p.10『此ノ時北方遠距離ニ炎上セルモノ2隻(戦艦ナリヤ商船ナリヤ確認シ得ズ)南方ニ2隻(扶桑及朝雲ト認ム)ヲ認ム。扶桑ノ近傍ヲ南下セルニ黎明直前舟尾方向ヨリ突然猛射ヲ受ク初弾ヨリ夾叉セリ…』
  76. ^ a b c d e f #捷号作戦はなぜ失敗したのか251頁
  77. ^ #時雨詳報(捷号)p.37『0441|那智|三部隊|那智ノ後ニ就ケ』
  78. ^ #時雨詳報(捷号)p.37『0445|時雨|那智|我舵取機械故障』
  79. ^ #那智武蔵日誌(捷号)p.11『水雷科|九三式魚雷一型改二|八|戦斗ニ依リ消耗』
  80. ^ #最上詳報(捷号)p.10『0415 2YBノ突入ヲ認ム 那智ハ最上ヲ炎上停止セルモノト認メ北方ニ向ケ発射後面舵反転最上ノ前方ヲ脱過セントセルニ最上ノ右舷前部ニ同航對勢ニテ觸衝セリ(直ニ離ル)』
  81. ^ #那智武蔵日誌(捷号)p.9『10.25|艦首水線部外鈑/揚錨機室/二番高角砲波除及旋回盤外鈑|約15米切断湾曲/浸水/破壊|「レイテ」湾夜戦ニテ最上ト衝突|11.2.103工作部ニテ応急修理完了/11.2排水完了/現状ノ儘』
  82. ^ #捷1号作戦2YB作戦経過概要p.7『0430頃最上艦首ニテ那智左舟首ヲ觸接(交角約10度)足柄ハ外側ヲ避航、那智ハSp18ktニ減退、揚錨機室浸水舟首材大破、尚舵室ニ浸水アリ』
  83. ^ #捷号作戦はなぜ失敗したのか252頁
  84. ^ #最上詳報(捷号)p.11『湾口ニテ2YBヲ発見(将旗)那智ヨリ曙ヲ護衛艦トシテ派遣セラル』
  85. ^ #霞詳報(捷号)p.5『0705阿武隈ニ横付司令部移乗|阿武隈ニ潮、最上ニ曙護衛』
  86. ^ #捷号詳報(比島方面決戦)(6)p.10『1330|霞足柄《2YB》ハ熊野ニ合同警戒ニ當ル』
  87. ^ #捷号作戦はなぜ失敗したのか406頁
  88. ^ #捷号作戦はなぜ失敗したのか265頁
  89. ^ #阿武隈詳報(捷号)p.34『一.戦艦ヲ局地夜戦ニ使用スルコトノ不可ナルコトハ既ニ「サボ」島沖海戦ニ於テ経験済ナルガ捷一号作戦ニ於テ漫然此ノ過誤ヲ繰リ返セルハ誠ニ遺憾千萬ナリ』
  90. ^ #士官手記続7
  91. ^ #士官手記20
  92. ^ #士官の手記p.21『日没時「パラワン」島「コロン」着補給(早霜ハ其ノ後「セミララ」島ニ坐礁司令以下「マニラ」ニ皈リタルモ先任将校69期田中秋文大尉ハ三十数名ヲ指揮之ニ残リタリ其ノ後GKFノ優柔ヤ先見ノ明ナキ爲遂ニ之ガ所置ナク米軍ノ「ミンドロ」島上陸トナリ遂ニ救出出來ザリシト聞ク)』
  93. ^ #鬼怒フィリピン戦闘詳報p.37『別紙鬼怒行動図(自十月二十三日至十月二十六日)』
  94. ^ #鬼怒フィリピン戦闘詳報pp.19-20『26日1655 16S司令官→GKF、5F各長官/鬼怒全力応急作業中ナルモ浸水火災未ダ収マラズ自力航行ノ見込ナシ通信不能、輸送艦ニテハ曳航不能ニ付曳航艦派遣方手配アリ度、地点N11度44分E123度16分』-『26日2046GF参謀長→5F長官通報1sd、16S/鬼怒航行不能同艦ノ曳航ニ関シ然ル可ク配慮アリ度1655鬼怒位置(略)』
  95. ^ #第3/4.輸送作戦pp.10-11『26日シブヤン海に於て鬼怒及び浦波が被爆した際、コロン湾に帰投したばかりの第二遊撃部隊の不知火は、これが救助を命ぜられ26日日没時、コロン湾を出撃した。同艦は27日早朝、遭難地点附近を捜索したが鬼怒を発見できず、帰途に就いたが、爾後その消息を断った。』
  96. ^ #昭和19年9月~1水戦日誌(3)p.11『11月1日|那智飛行機|0630カヒデ弯カナカオ基地発駆逐艦不知火ノ捜索ヲ実施ス/1015セミララ弯ニ擱座セル駆逐艦早霜ヲ発見着水不知火消息ヲ尋ネタル處セミララ島西方1000米ニテ沈没セルコト判明セリ|戦果:早霜発見、不知火ノ消息判明』
  97. ^ #秘海軍公報昭和19年11月(3)pp.4-5『内令第一二七一號 駆逐隊編制中左ノ通改定セラル 昭和十九年十一月十五日海軍大臣|第二駆逐隊ノ項中「清霜」ノ下ニ「朝霜」ヲ加フ|第七駆逐隊ノ項中「潮」ノ下ニ「、霞」ヲ加フ|第十八駆逐隊ノ項ヲ削ル|第二十一駆逐隊ノ項中「初春、初霜、若葉」ヲ「初春、初霜、時雨」ニ改ム|第三十一駆逐隊ノ項中「長波、朝霜、岸波、沖波」ヲ「長波、岸波、沖波、濱波」ニ改ム|第三十二駆逐隊ノ項ヲ削ル|第四十一駆逐隊ノ項中「冬月」ノ下ニ「、涼月、若月」ヲ加フ|第四十三駆逐隊ノ項ノニ左ノ一項ヲ加フ||第五十二駆逐隊 桑、檜、桐、杉、樫||第六十一駆逐隊ノ項ヲ削ル』
  98. ^ #秘海軍公報昭和19年12月(2)p.12『内令第一三三三號 艦艇類別等級表中左ノ通改正ス 昭和十九年十二月十日海軍大臣 駆逐艦、一等初雪形ノ項中「浦波、」ヲ、同初春型ノ項中「、若葉」ヲ、同不知火型ノ項中「不知火、」ヲ、同夕雲型ノ項中「、藤波」ヲ、同秋月型ノ項中「秋月、」「、初月」ヲ削ル』
  99. ^ #秘海軍公報昭和19年12月(2)p.18『内令第一三四〇號 呉鎮守府在籍:駆逐艦浦波、駆逐艦不知火|佐世保鎮守府在籍:駆逐艦若葉、駆逐艦秋月、駆逐艦初月|舞鶴鎮守府在籍:駆逐艦藤波|右帝国駆逐艦籍ヨリ除カル(中略) 昭和十九年十二月十日 海軍大臣』
  100. ^ 昭和14年8月3日付 海軍辞令公報 (部内限) 第365号。アジア歴史資料センター レファレンスコード C13072076200 で閲覧可能。
  101. ^ a b 昭和14年12月20日付 海軍辞令公報 (部内限) 第420号。アジア歴史資料センター レファレンスコード C13072077300 で閲覧可能。
  102. ^ a b 昭和15年10月15日付 海軍辞令公報 (部内限) 第543号。アジア歴史資料センター レファレンスコード C13072079000 で閲覧可能。
  103. ^ a b 昭和17年9月10日付 海軍辞令公報 (部内限) 第939号。アジア歴史資料センター レファレンスコード C13072086800 で閲覧可能。
  104. ^ a b 昭和17年11月16日付 海軍辞令公報 (部内限) 第988号。アジア歴史資料センター レファレンスコード C13072088200 で閲覧可能。
  105. ^ a b 昭和17年12月21日付 海軍辞令公報 (部内限) 第1017号。アジア歴史資料センター レファレンスコード C13072088600 で閲覧可能。
  106. ^ a b 昭和18年5月21日付 海軍辞令公報 (部内限) 第1121号。アジア歴史資料センター レファレンスコード C13072091000 で閲覧可能。
  107. ^ 昭和18年9月10日付 海軍辞令公報 (部内限) 第1211号。アジア歴史資料センター レファレンスコード C13072092900 で閲覧可能。
  108. ^ 昭和18年9月15日付 海軍辞令公報 (部内限) 第1216号。アジア歴史資料センター レファレンスコード C13072093000 で閲覧可能。
  109. ^ a b 昭和18年10月6日付 海軍辞令公報 (部内限) 第1231号。アジア歴史資料センター レファレンスコード C13072093500 で閲覧可能。
  110. ^ a b 昭和18年11月2日付 海軍辞令公報 (部内限) 第1254号。アジア歴史資料センター レファレンスコード C13072094200 で閲覧可能。
  111. ^ 昭和20年7月14日付 秘海軍辞令公報 甲 第1856号。アジア歴史資料センター レファレンスコード C13072106100 で閲覧可能。

参考文献[編集]

  • アジア歴史資料センター(公式)(防衛省防衛研究所)
    • Ref.C08030079500 『昭和17年1月1日~昭和17年2月28日 第1水雷戦隊戦時日誌(1)』。
    • Ref.C08030080200 『昭和17年3月1日~昭和17年5月31日 第1水雷戦隊戦時日誌(1)』。
    • Ref.C08030094900 『昭和17年5月1日~昭和17年8月7日 第2水雷戦隊戦時日誌戦闘詳報(1)』。
    • Ref.C08030095000 『昭和17年5月1日~昭和17年8月7日 第2水雷戦隊戦時日誌戦闘詳報(2)』。
    • Ref.C08030095100 『昭和17年5月1日~昭和17年8月7日 第2水雷戦隊戦時日誌戦闘詳報(3)』。
    • Ref.C08030095200 『昭和17年5月1日~昭和17年8月7日 第2水雷戦隊戦時日誌戦闘詳報(4)』。
    • Ref.C08030100700 『昭和18年1月1日~昭和18年5月31日 第2水雷戦隊戦時日誌戦闘詳報(6)』。
    • Ref.C08030023500 『昭和18年11月15日~昭和19年1月31日 第9艦隊戦時日誌』。
    • Ref.C08030086000 『昭和18年9月1日~昭和19年3月31日 第1水雷戦隊戦時日誌(5)』。
    • Ref.C08030086100 『昭和18年9月1日~昭和19年3月31日 第1水雷戦隊戦時日誌(6)』。
    • Ref.C08030086600 『昭和19年4月1日~昭和19年8月31日 第1水雷戦隊戦時日誌(3)』。
    • Ref.C08030087200 『昭和19年9月1日~昭和19年11月11日 第1水雷戦隊戦時日誌戦闘詳報(1)』。
    • Ref.C08030087300 『昭和19年9月1日~昭和19年11月11日 第1水雷戦隊戦時日誌戦闘詳報(2)』。
    • Ref.C08030087400 『昭和19年9月1日~昭和19年11月11日 第1水雷戦隊戦時日誌戦闘詳報(3)』。
    • Ref.C08030579300 『昭和19年10月18日~昭和19年10月26日 軍艦鬼怒フィリピン沖海戦戦闘詳報』。
    • Ref.C14061135000 『昭和19年10月 昭和19年12月レイテ作戦 第3/4.輸送作戦』。
    • Ref.C12070164500 『昭和17年7月~9月 内令 3巻/昭和17年8月分(2)』。
    • Ref.C12070164600 『昭和17年7月~9月 内令 3巻/昭和17年8月分(3)』。
    • Ref.C12070164700 『昭和17年7月~9月 内令 3巻/昭和17年8月分(4)』。
    • Ref.C12070178200 『昭和18年5~6月 内令2巻/昭和18年6月(4)』。
    • Ref.C12070176200 『昭和18年1月~4月 内令1巻/内令昭和18年4月(1)』。
    • Ref.C12070196900 『昭和19年1月~7月 内令/昭和19年3月(5)』。
    • Ref.C12070497900 『昭和19年9月~12月秘海軍公報号外/11月(3)』。
    • Ref.C12070498200 『昭和19年9月~12月秘海軍公報号外/12月(2)』。
  • 雑誌「丸」編集部『ハンディ版 日本海軍艦艇写真集17 駆逐艦 初春型・白露型・朝潮型・陽炎型・夕雲型・島風』光人社、1997年。