電 (吹雪型駆逐艦)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
電
艦歴
発注 昭和2年度艦艇補充計画
起工 1930年3月7日
進水 1932年2月25日
就役 1932年11月15日
その後 1944年5月14日戦没
除籍 1944年6月10日
性能諸元
排水量 基準:1,680t 公試:1,980t
全長 118m (水線長:115.3m)
全幅 10.36m
吃水 3.2m
機関 ロ号艦本式缶3基
艦本式タービン2基2軸 50,000hp
速力 38.0ノット
航続距離 14ktで5,000浬
乗員 219名
兵装 50口径12.7cm連装砲 3基6門
13mm単装機銃 2挺
61cm3連装魚雷発射管 3基

(いなづま)は、日本海軍駆逐艦吹雪型(特型)の24番艦(III型の4番艦)である。この名を持つ日本海軍の艦船としては雷型駆逐艦「電」に続いて2隻目。ロンドン海軍軍縮条約により、駆逐艦は「1500トンを超える艦は、合計排水量の16パーセントまで」という制限が設けられ特型の増産が不可能となり、本艦をもって建造が打ち切られた。

スラバヤ沖海戦では、撃沈された敵乗組員376名を救助したことで知られている。(後述、雷 (吹雪型駆逐艦)工藤俊作 (海軍軍人)参照)

艦歴[編集]

藤永田造船所で1930年3月7日起工され、1932年11月15日竣工した。

1934年6月29日、済州島南方で演習中に「深雪」に衝突、艦首部を喪失し「深雪」は沈没した。軽巡洋艦「那珂」に曳航され、後進で佐世保に帰投、修理はで約三ヶ月間かけて行われた。

1934年11月から「暁」「響」「雷」と共に第6駆逐隊を編成し、1940年11月、第1艦隊第1水雷戦隊に編入され太平洋戦争を迎えた。1941年12月4日から香港攻略戦に、1942年1月9日からはメナド攻略戦に参加。1月20日、ダバオ湾口付近で「仙台丸」と衝突し、工作艦「明石」に横付けし応急修理、さらに馬公工作部で修理を実施した。2月21日、高雄から出動する重巡洋艦「妙高」を護衛、3月1日、スラバヤ沖海戦に参加し、撃沈された英重巡洋艦「エクセター」の乗組員376名を救助した。5月20日、北方部隊所属となりキスカ方面の護衛任務に従事した。8月31日、呉に入港し、内海西部で第2航空戦隊と訓練を実施し、10月4日、同戦隊(「飛鷹」)を佐伯港からトラックまで護衛、その後は船団護衛任務に従事した。11月12日、第三次ソロモン海戦に参加した。さらに、12月末まで東部ニューギニア輸送作戦に従事した。

1943年2月から千島方面の船団護衛任務に従事し、3月27日、アッツ島沖海戦に参加した。4月1日、第1艦隊第11水雷戦隊に編入され、5月から12月まで横須賀~トラック間の船団護衛任務で7往復した。12月には陸軍部隊をトラックからクサイ島まで輸送し、さらに空母「飛鷹」「龍鳳」の護衛に従事した。

1944年1月から4月まで空母「海鷹」「千代田」などの護衛にあたった。5月14日、マニラからダバオまでの船団護衛中に、セレベス海で米潜水艦「ボーンフィッシュ」(USS Bonefish, SS-223)の雷撃を受け沈没。常盤艦長以下169名が戦死した。

歴代艦長[編集]

艤装員長[編集]

  1. 平塚四郎 中佐:1932年3月1日 -

艦長[編集]

  1. 平塚四郎 中佐:1932年11月15日 -
  2. 有賀幸作 少佐;1934年11月1日 -
  3. 渋谷紫郎 中佐:1935年10月15日 -
  4. 山田勇助 少佐:1936年12月1日 -
  5. 宮坂義登 中佐:1937年12月1日 -
  6. 古川文次 少佐:1938年11月1日 -
  7. 勝見基 少佐:1939年2月20日 -
  8. 竹内一 少佐:1941年9月15日 -
  9. 寺内正道 少佐:1942年11月6日 -
  10. 常盤貞蔵 少佐:1943年11月20日 - 1944年5月14日戦死

参考文献[編集]

  • 雑誌「丸」編集部『ハンディ版 日本海軍艦艇写真集16 駆逐艦 吹雪型[特型]』光人社、1997年。