響 (吹雪型駆逐艦)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Hibiki.jpg
基本情報
建造所 舞鶴工作部
運用者  大日本帝国海軍
艦種 駆逐艦
級名 暁型駆逐艦
艦歴
発注 昭和2年度艦艇補充計画
起工 1930年2月21日
進水 1932年6月16日
就役 1933年3月31日
除籍 1945年10月5日
その後 1945年12月1日特別輸送艦指定
1947年7月5日ソ連引渡
1953年2月20日除籍
1970年代に標的として撃沈
要目
基準排水量 1,680 t
公試排水量 1,980 t
全長 118 m
水線長 115.3 m
最大幅 10.36 m
吃水 3.2 m
主缶 ロ号艦本式缶3基
主機 艦本式タービン2基2軸
出力 50,000hp
速力 38.0ノット
航続距離 14ktで5,000浬
乗員 219名
兵装 50口径12.7cm連装砲 3基6門
13mm単装機銃 2挺
61cm3連装魚雷発射管 3基
最終時(推定)[1]
50口径12.7cm連装砲 2基4門
25mm3連装機銃 2基
25mm連装機銃 1基
25mm単装機銃 17基
61cm3連装魚雷発射管(九三式魚雷発射可能) 3基
三式投射機 1基
テンプレートを表示

(ひびき)は、日本海軍駆逐艦。特型駆逐艦の22番艦(特III・暁型の2番艦)である。この名を持つ日本海軍の艦船としては神風型駆逐艦 (初代)」に続いて2隻目。

太平洋戦争で戦火により3度の甚大な損傷を蒙ったにもかかわらず沈没せず、終戦まで生き残った強運ぶりと活躍から「不沈艦」[2]、「不死鳥[3]、「戦争を生きのびる運命の艦」[4]などと形容された。

艦歴[編集]

舞鶴工作部1930年2月21日起工され、1933年3月31日竣工し[5]、第六駆逐隊に編入された。

1934年11月から「」、「」と共に第六駆逐隊を編成し[注釈 1]1940年11月、第一艦隊第一水雷戦隊に編入。間もなく12月から1941年8月まで三菱横浜船渠で特定修理が行われるが、その間タイ・フランス領インドシナ紛争停戦に関わる示威運動のため1941年1月23日から4月1日まで日本を離れる[6]。特定修理では、九三式探信儀と九一式方位盤を装備した[7]。13ミリ機銃[注釈 2]25ミリ機銃への換装も計画されていたが、供給問題により換装は実施されず[7]、この状態で太平洋戦争を迎えた。なお、特定修理の実施により紀元二千六百年を期して10月11日に東京湾で行われた奉祝観艦式[注釈 3]には参加できず、乗員は名誉にあずかることができなかったことに悔しい思いをした[8]

1941年 - 1942年[編集]

1941年11月29日に柱島泊地を出撃し、馬公三亜を経て12月11日にカムラン湾に入港[9]。この間、開戦前日の12月7日夕方に乗員が中国人で占められたイギリス船を拿捕し、カムラン湾に後送した[10]。カムラン湾方面哨戒および、フィリピン攻略作戦リンガエン湾上陸作戦支援に従事。1942年1月12日にパラオに入港後は2月2日までダバオマナドケンダリ方面を行動する[9]。2月5日にダバオを発って9日にカムラン湾に到着後は蘭印作戦に備えて18日まで待機[9]。18日にカムラン湾出撃後、2月中はジャワ作戦船団護衛とバタビヤ沖海戦、3月はフィリピン方面の哨戒任務に参加する[9]。3月19日にスービック湾オロンガポ英語版を出発して志布志湾経由[11]、4月3日に横須賀に帰投した[12]。横須賀に帰投後は4月6日から11日まで浦賀船渠に入渠整備を行い、出渠後は横須賀で修理が続行された[12]。修理後は4月19日に「雷」、入れ替わる形で入渠整備を行った「暁」とともに横須賀を出港して瀬戸内海に向かい、5月20日付で北方部隊所属となる[12]

5月22日に徳山港を出港して第四航空戦隊大湊まで直衛し、キスカ島攻略部隊に編入の上、5月28日に大湊を出撃[13][14]アリューシャン方面の戦いは順調のうちに進んでキスカ島も易々と攻略に成功したが、その直後の6月12日、「暁」とともにキスカ島近海を航行中に5機のB-24あるいはPBYカタリナ飛行艇の爆撃を受ける[13][15]。投下された爆弾のうち1発が右舷艦首外板を貫通して喫水線付近の錨鎖庫で爆発し、ほかに3発が至近弾となった[13]。爆撃による損傷により前部主砲周辺まで浸水し沈没の危険があったが、3時間あまりの応急修理の末に浸水をとめる事に成功[16]。「暁」の艦尾からの曳航により5ノット後進でキスカを発つが、6月15日未明、損傷で「舌状に突き出ていた」艦首が波浪によりたたかれて90度に折れ曲がり、垂れ下がってしまった[13]。垂下部をワイヤーで固縛後後退を再開し、6月27日に大湊に帰投[13][17][18]。大湊ではポンポン船に似た仮艦首が取り付けられ、7月11日あるいは12日に大湊を出発して12日あるいは13日に横須賀に到着[13][19]。この時点で艦首部は横須賀海軍工廠で建造されており、新艦首を取り付ける諸工事が7月18日から22日と9月18日から10月21日の二期間にわたって行われた[13]。この間、第六駆逐隊の僚艦は8月28日付で第三艦隊南雲忠一中将)配属となって南方へ回ることとなったが[20]、長期修理中とあっては行動を共にすることはできずガダルカナル島の戦いに関わる海戦に参加することもかなわず、以降は護衛任務を主とすることとなる。

1943年[編集]

太平洋戦争開戦3日目の「響」

11月1日、空母大鷹」を護衛して横須賀を出撃し、トラックに向かう[13][21]。12月31日までの間に3往復し[22]、12月31日に横須賀に到着後は1943年1月22日までの間、横須賀で修理が行われる。この修理で艦橋前に13ミリ連装機銃が装備された[23]。修理を終えて2月1日には、「」とともに「大鷹」と「雲鷹」を護衛し[23]、横須賀とトラックの間を4往復した[22]。4月1日付で、第六駆逐隊は新編成の第十一水雷戦隊(木村進少将)に編入される[24]。4月24日に横須賀に到着後は瀬戸内海に回航され、各種目標艦となった[24]。ところが、5月12日にアッツ島の戦いが始まったことにより、5月17日付で北方部隊に編入され、北方の戦場に向かうこととなった[24]千島方面の対潜掃蕩に従事する一方で、6月29日から7月5日までの間、電波探知機(逆探)や大発動艇(大発)搭載装置の装備工事が行われた[25]。2日後の7月7日、第1次のキスカ島撤退作戦に際して兵士収容部隊に属し、幌筵島を出撃する[26]。第1次作戦は霧が晴れてきたため中止となり、部隊は7月18日に幌筵島に帰投[27]。捲土重来を期した第2次作戦の発動までの間、燃料入りのドラム缶約100本を艦内に搭載し、その他竣工以来開けたことのない空間にも燃料が搭載できるよう、突貫工事が行われた[28]。また、偽装煙突を取り付けた[28]。7月22日からの第2次作戦は奇跡的に成功し、418名を収容して幌筵島に帰投した[28]

北方作戦の終了後は瀬戸内海での訓練任務に戻るが、その途中の8月9日から15日まで横須賀で魚雷発射管の改装が行われ、九三式魚雷の搭載が可能となった[29]。その後は瀬戸内海に移ったが、魚雷発射訓練中に発射した魚雷1本が誤って命中するという事故に遭い、再び横須賀に回航されて9月11日から16日の間に修理が行われた[30]。この修理では、艦橋前の13ミリ連装機銃の25ミリへの換装が実施された[30]。修理後は9月15日付で編入された、関東軍輸送のための丁二号輸送部隊に属し[29][31]水上機母艦秋津洲」、特設潜水母艦平安丸」(日本郵船、11,616トン)とともに横須賀を発って上海に回航ののち[32]、9月20日に上海を出撃して10月8日まで部隊の護衛にあたった[33][34]。11月上旬にジャカルタ方面を行動したあと[35]、12月には陸軍部隊をトラックからミレ島およびクサイ島まで輸送[22]。12月20日付で連合艦隊付属となり、12月27日に空母「飛鷹」および「龍鳳」を護衛してトラックを出撃、1944年1月2日にに到着した[29]

1944年[編集]

1月6日、「電」および「薄雲」とともにマニラへの航空機輸送任務を行う空母「海鷹」と「神鷹」の護衛のため佐伯を出港するが、「神鷹」の機関不調により輸送作戦は一時中止となった[36]。12日に「神鷹」と「薄雲」を外して再度佐伯を出撃し、1月16日にマニラに到着[37]。以後シンガポールタラカン島パラオを経て2月11日にトラックに到着し、2日後の13日にトラックを出港して19日に呉に帰投した[37][38]。2月23日からは再び「電」と組んで空母「千代田」による輸送作戦の護衛にあたり、特設運送船(給油)「国洋丸」(国洋汽船、10,026トン)を加えて3月1日に横須賀を発ち、サイパン島グアム、パラオ、バリクパパンと寄港[37][38]。その途中の3月18日には、タウィタウィ近海でアメリカ潜水艦「ガンネル」 (USS Gunnel, SS-253) に発見されるが、「ガンネル」は9,000ヤードより距離を縮めることができず、逆に「電」と共同で爆雷を投下して「ガンネル」を追い払った[39][40][41]。バリクパパンで燃料補給ののち、東進してパラオに向かう途中の3月22日に再び「ガンネル」に発見されるも、11,000ヤード離れて15ノットで航行されては、「ガンネル」にとっては手の尽くしようもなかった[41][42][43]。3月27日にパラオを出港して再度バリクパパンに向かい、給油ののちダバオに向かった[43]。その後は4月4日にダバオを出港して4月10日に呉に帰投[43]。「電」とともに呉海軍工廠で4月10日から30日まで修理を行い、この時に二番砲塔を撤去し25ミリ単装機銃2基が増備された[37][44][45]。また、この修理までに25ミリ連装機銃2基や二二号電探の装備も行われた[46]

5月3日、「電」とともにヒ61船団に加入し、六連島沖を出撃[47][48]。5月9日にマニラに到着後、3隻の特設運送船(給油)、「日栄丸」(日東汽船、10,021トン)と「建川丸」(川崎汽船、10,090トン)、「あづさ丸」(石原汽船、10,022トン)は第一機動艦隊小沢治三郎中将)への補給任務のためマニラでヒ61船団から分離し、引き続き「電」とともに護衛にあたることとなった[37][47][49]。5月11日にマニラを出港してバリクパパンに向かう[48]。3日後の5月14日未明、「電」と艦の位置を交代した直後[50]北緯05度03分 東経119度36分 / 北緯5.050度 東経119.600度 / 5.050; 119.600シブツ海峡に差し掛かったところで「電」がアメリカ潜水艦「ボーンフィッシュ」 (USS Bonefish, SS-223) の雷撃により沈没し、「電」乗員や1952年(昭和27年)に「アリチアミン」を発見した藤原元典を含む第六駆逐隊関係者[51]合わせて121名を救助[52][53]。「電」の喪失により、第六駆逐隊は6月10日に解隊した[50]

6月も引き続いて第一機動艦隊に関わる行動に参加し、6月8日にアメリカ潜水艦「ヘイク」 (USS Hake, SS-256) の雷撃で沈没した「風雲」の乗員救助にも出動した[54]マリアナ沖海戦に際しては第一補給部隊に属し、6月14日にダバオを出撃[55]。駆逐艦「浜風」、「響」、「時雨」、「白露」、「秋霜」の5隻で油槽船3隻(清洋丸、日栄丸、玄洋丸)を護衛する[56]。6月15日午前2時40分、「白露」は船団内に迷い込み、「清洋丸」と衝突して爆沈した[57]

6月18日以降、「浜風」「時雨」「秋霜」が機動部隊本隊に合流し、代艦として駆逐艦「雪風」や特務艦「速吸」などが合流した[58][59]。海戦第2日の6月20日に第58任務部隊マーク・ミッチャー中将)の艦載機による空襲を受けて4名が戦死、6名が重傷を負った[60]。海戦後、7月2日にマニラに入港[61]。「藤波」および「夕凪」とともに特設運送艦「旭東丸」(飯野海運、10,051トン)から補給を受けたのち[62]。7月10日に「速吸」および「旭東丸」と船団を組んで「藤波」および「夕凪」ともに護衛にあたってマニラを出港、サンベルナルジノ海峡および紀淡海峡経由で7月17日に呉に帰投した[61][63]。帰投直後から27日まで呉海軍工廠で25ミリ単装機銃12基と一三号電探の増備工事が行われる[64]。7月26日付で敷設艦白鷹」などとともに支那方面艦隊付属となり、8月1日にモ05船団を護衛して門司を出港する[65]。この船団には、悲劇の主役として知られる陸軍徴傭船「対馬丸」(日本郵船、6,754トン)や、「対馬丸」と同じ船団に属した陸軍輸送船「和浦丸」(三菱汽船、6,804トン)と「暁空丸」(拿捕船、6,854トン)も加入しており[64][65]、8月11日上海入港の間まで護衛にあたる[64]。8月15日付で第一海上護衛隊付属となって門司に帰投後、8月19日にミ15船団護衛のため門司を出撃[64][66]。8月25日に高雄に到着後、船団の編成替えによりミ15船団の護衛任務から外れた[66]

高雄沖の触雷[編集]

9月5日夜、フィリピン防衛にあたる第八師団の兵員および軍需品を輸送するタマ25船団を護衛して高雄を出撃する[64][67]。ところが、翌6日未明に船団が琉球嶼近海に差し掛かったところで、輸送船「永治丸」(日本郵船、6,968トン)が触雷して船体が二つ折れとなって爆沈[64][67][68]。「永治丸」から脱出した陸軍兵士を救助しようと「永治丸」に接近したところ[69]、8時45分ごろに艦首部で爆発が起こり、10名が戦死して一番砲塔直後の左舷部を大破、艦首は前方に向けて約25度垂れ下がった[64][70]。また、触雷の衝撃で艦体全体にも少なからぬ損傷を受けた[71]。後進により高雄に下がったあと、9月9日から11日まで左営で一番砲塔撤去を含む応急修理が行われた[64]。この損傷により、1944年10月のレイテ沖海戦に参加することはなかった。この損傷については「潜水艦の雷撃によるもの」という説があり、元技術少佐で艦艇研究家の福井静夫がこの説を支持しているほか[71]、アメリカ側記録では同じ日の「ヘイク」の攻撃が結び付けられているが[72]、攻撃状況や位置が大きく異なっている[73]

9月28日に馬公に後送されて引き続き応急修理が行わるが、入渠中にもしばしば対空戦闘を余儀なくされて戦死者を出す[74]。11月3日にいたってさらに基隆に下がることとなって翌4日に馬公を出港、排水作業を行いながら北上し、5日に基隆に到着した[75]。この基隆停泊中、天候不順により乗員に赤痢患者が発生した[76]。そのような状況の中、ヒ72船団加入中に爆撃を受けて損傷し11ノットの速力しか出せなくなっていた特設運送船「護国丸」(大阪商船、10,438トン)[77]の護衛を担当。11月7日に相前後して日本本土に向かうことになったが、艦内で赤痢がいっそう蔓延して、一刻も早く佐世保に急がなければならなくなる事態が訪れる[78]。間もなく「護国丸」と別れて11月9日に佐世保に到着[79]。呉を経由して11月16日に横須賀に帰投するも、ただちに磯子区長浜[注釈 4]の検疫錨地に回航されて隔離された[80][81]。一切の消毒を終えたあとの12月10日に横須賀に向けて回航された[81]

なお、単独航行となった「護国丸」は11月10日未明、古志岐島近海を単独航行中にアメリカ潜水艦「バーブ」 (USS Barb, SS-220) の雷撃を受けて沈没した。

1945年[編集]

検疫終了後に横須賀で修理が行われ[82]1945年1月14日に横須賀に帰投した「」の一番砲塔を移設して1月20日ごろに終えた[83]。1月23日に呉に回航後、1月25日付で連合艦隊付属を解かれて第二艦隊第二水雷戦隊古村啓蔵少将)第七駆逐隊に編入、「回天」との共同訓練を含む諸訓練を行った[84][85]。2月18日からは呉海軍工廠で整備が行われ、3月19日の呉軍港空襲を挟んで25ミリ単装機銃などの増備工事が行われる[1]。一連の工事は3月26日の天一号作戦の発動で打ち切りとなり、3月28日の呉を出港して広島湾に移動、翌3月29日にいたり、戦艦大和」の沖縄水上特攻作戦に加わることとなって、駆逐艦長福島栄吉中佐から乗員にも作戦の説明があった[86]

ところが、「大和」以下諸艦と共に三田尻沖に移動中の午前9時ごろ、周防灘姫島灯台の314度14.3海里地点を6ノットから9ノットで航行中に後檣直下付近に触雷して航行不能となる[87][88]。艦内の電源が切れて電探も破損し、僚艦「朝霜」に護衛されて呉に帰投することになったが、夕刻になって速力8ノットから9ノットの発揮が可能となり、自力で呉に向かった[88][89][90]。「朝霜」は無事を見届けて去り、4月7日の水上特攻で第二水雷戦隊は「初霜」、「冬月」、「涼月」および「雪風」を残して壊滅。「朝霜」も交戦前に機関故障を起こして艦隊から落伍し、いずれも第58任務部隊艦載機の攻撃で沈没して全員戦死した。触雷して修理中でなければ「響」も参加していたところであった[91][92]。被害は艦体全体にゆがみが生じ、特に重油タンクの破損による漏油は行動に支障ありと判定される[93]。修理の指揮には、当時呉海軍工廠にいた福井静夫が担当した[94]

4月20日付で第二水雷戦隊は解隊。5月5日付で第7駆逐隊も解隊される[95]。「響」は警備駆逐艦に指定され[96]、同日附で編成された第一海上護衛艦隊第一〇五戦隊に編入された。5月16日に呉を出港し、5月26日に舞鶴へ到着した[97]。その後6月26日に舞鶴を出港して七尾湾経由、7月1日に新潟港沼垂岸壁へ回航されて防空砲台となった[98]。また、新潟近海にも投下された機雷の掃海に関する講習や訓練に従事し、乗員は疎開作業の手伝いなども行った[99][100]。8月15日の終戦当日の早朝にもアメリカ軍機との戦闘で25ミリ機銃を発射し、水交社として借り上げていた旅館に宿泊中の福井が、その音を聞いて目を覚ましている[101]

終戦後[編集]

終戦後、9月1日に舞鶴に回航されて武装解除の上で復員輸送艦に指定され、復員輸送に従事する[99]。復員輸送艦としては14回行動し、第1回は10月2日に舞鶴を発ってヤップ島に向かい、グアム経由で10月19日に浦賀に到着[102]。この第1回目の航海では兵装はそのままであったが、航海終了後に石川島造船所で兵装の切断作業が行われた[103]。以降、11月から1946年1月の2回目と3回目でトラック[104]、1月の4回目でテニアン島[105]、2月の5回目でパラオ[106]、3月の6回目でラバウルに向かう[106]。3月31日に大阪湾で触雷するも軽微な損害ですみ、三井造船玉造船所で修理が行われる[107]。修理後は4月から5月の第7回で再度ラバウル[108]、5月から6月の第8回でサンジャックおよびバンコク[108]に向かったあと、7月の第9回から10月の第14回までは胡蘆島との間を往復した[109]

賠償艦として[編集]

復員輸送艦の任務を解かれたあとは特別保管艦として長浦港に係留され[110]、抽選の結果、賠償艦としてソビエト連邦に引き渡されることとなった[99]。1947年7月5日、ナホトカ[99][111]でソ連側に引き渡された。この時、残留乗員がソ連側乗員に対して各種操作法を指導したが、機関関係についてはソ連側乗員に蒸気タービンに関する知識が少なかったらしく、指導に対してただ驚くばかりで自分たちで動かそうともしなかった[112]

7月7日にはウラジオストクへ回航され、7月22日にはヴェールヌイВерный /ˈvʲernɨj/ ヴィェールヌィイ)と改称された。これは、「真実の、信頼できる」といった意味のロシア語形容詞である。10月には引き渡された旧日本艦の調査が行われたが、居住性の悪さや復員輸送後に整備されなかった事による状態の悪さが問題となり、武装解除されていたことも相まって「ソ連軍艦として運用するには大掛かりな改造が必要である」と結論付けられた。しかしどの艦も技術資料は日本側によって処分されており、ソ連の造船技術者達の対応を悩ませた[113]

1947年11月、ソ連海軍は海軍第1研究所のザイツェフ中佐を団長とした旧日本艦の運用調査団を編成し、翌1948年6月、調査団の報告に基いてソ連海軍は艦艇配分を指示した。この際ヴェールヌイは第5艦隊(後に第7艦隊と統合して太平洋艦隊)に練習艦として配属される予定となった[113]。7月5日には第一線を退き、練習船に種別を変更された[99][114]。同時に、艦名もデカブリストДекабрист /dʲɪkɐˈbrʲist/ ヂカブリースト)に改められた[99][114]。これは、ロシアにおける革命運動の端緒となった12月党の乱の参加者のことである。デカブリストを含め旧日本艦の多くは補助的な任務に当てられていたが、これは当時ソ連極東部にあった造船所の能力が低く、大規模な工事ができないためであった。ただし、有事には武装を強化して警備艦として運用する計画もあり、1949年1月にはソ連海軍総司令部作戦局により、旧日本艦の再兵装案が作成された。計画されたデカブリストの再兵装案は以下の通りである[115]

  • B-13-2s型130mm単装砲4基
  • V-11型37mm連装機銃2基
  • 70K型37mm単装機銃2基
  • 533mm3連装魚雷発射管1基
  • BMB-2型爆雷投射機2基
  • MBM-24型対潜ロケット発射機1機

しかし改造費用が多額になること、造船所の整備対応能力が欠けていたことから造船省の首脳部が旧日本艦の工事を拒否し、艦政局も本格的な改造を諦めて最低限の工事を施すことにした[115]。この工事は新たに第5艦隊下へ編成された特務設計局の指示の元、海軍傘下の造船所にて行われたが、整備能力は著しく下がることとなった[116]。1949年末には後方組織が再編された際に何故か特務設計局が解体されてしまい、1950年末に再設置される事態も起こった[114]。1951年からは造船省傘下の造船所も工事へ協力するようになったが、予算不足により旧日本艦の改造工事は捗らなかった[116]。最終的に1952年には、予算不足と造船所の能力不足からデカブリストを練習艦へ改造することが諦められ、海軍航空部隊の標的曳航船として運用された[116]。1953年2月20日には老朽化を理由に除籍[99]、1970年代に海軍航空隊の標的艦として処分、ウラジオストク沖のカラムジナ島岸に眠っている[117]。現在ではダイビングツアーも行われている。

なお、ヴェールヌイという艦名は第5艦隊に所属した30-bis型駆逐艦に受け継がれている。また、同じ艦名を持つ艦艇としては海上自衛隊音響測定艦ひびき」が挙げられる。但し、これは特型駆逐艦の名称を受け継いだというよりはその任務からの命名、および名所の響灘に由来する。

歴代艦長[編集]

竣工時の「響」

※『艦長たちの軍艦史』290-291頁による。

艤装員長[編集]

  1. 江口松郎 少佐:1932年11月15日 - 1933年1月30日[118]

艦長[編集]

  1. 江口松郎 中佐:1933年1月30日 - 1934年8月1日[119]
  2. 江戸兵太郎 中佐:1934年8月1日 - 1935年11月21日
  3. 阪匡身 中佐:1935年11月21日 - 1936年12月1日
  4. 井上良雄 少佐:1936年12月1日 - 1937年5月1日[120]
  5. (兼)竹内虎四郎 少佐:1937年5月1日[120] - 1937年7月13日[121]
  6. 柴勝男 少佐:1937年7月13日 - 1937年11月1日[122]
  7. 溝畠定一 少佐:1937年11月1日 - 1938年12月1日[123]
  8. 岡本次郎 少佐:1938年12月1日 - 1939年10月15日[124]
  9. 岡三知夫 少佐:1939年10月15日 - 1940年10月15日[125]
  10. 林利作 少佐:1940年10月15日 - 1941年9月25日[126]
  11. 石井励 少佐:1941年9月25日 -
  12. 工藤俊作 少佐:1942年8月13日 -
  13. 森卓次 少佐:1942年12月10日 -
  14. 福島栄吉 中佐:1943年11月25日 -
  15. 薗田肇 少佐:1945年7月18日 -

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 」は竣工当時は第十駆逐隊に所属しており(#響の栄光 p.121)、第六駆逐隊に編入されたのは第十駆逐隊解隊後の1939年11月から。
  2. ^ 単装か連装か、また基数は不明。(#田村 (1) pp.55-56)
  3. ^ 日本海軍最後の観艦式
  4. ^ 現・金沢区

出典[編集]

  1. ^ a b #田村 (11) p.158
  2. ^ #響の栄光
  3. ^ #証言宮川
  4. ^ #響の栄光 p.555
  5. ^ 「第1439号 8.4.1 響」p.1
  6. ^ #田村 (1) p.61
  7. ^ a b #田村 (1) p.52
  8. ^ #響の栄光 p.15
  9. ^ a b c d #響の栄光 p.31
  10. ^ #響の栄光 p.59
  11. ^ #響の栄光 p.58
  12. ^ a b c #田村 (2) p.67
  13. ^ a b c d e f g h #田村 (3) p.68
  14. ^ #木俣水雷 p.150
  15. ^ #響の栄光 p.94
  16. ^ #証言宮川 p.20
  17. ^ #証言宮川 pp.21-22
  18. ^ #響の栄光 p.88
  19. ^ #響の栄光 p.89
  20. ^ #木俣水雷 p.154
  21. ^ #木俣空母 p.452
  22. ^ a b c #日本の軍艦10 p.258
  23. ^ a b #田村 (4) p.80
  24. ^ a b c #田村 (6) p.96
  25. ^ #田村 (6) p.98
  26. ^ #木俣水雷 p.167
  27. ^ #木俣水雷 p.168
  28. ^ a b c #田村 (6) p.99
  29. ^ a b c #田村 (6) p.100
  30. ^ a b #田村 (6) pp.100-101
  31. ^ #護国丸1809 pp.14-15
  32. ^ #護国丸1809 p.22,31
  33. ^ #護国丸1809 pp.37-38
  34. ^ #護国丸1810 pp.3-6
  35. ^ #響の栄光 p.224
  36. ^ #田村 (9) p.140
  37. ^ a b c d e #田村 (9) p.141
  38. ^ a b #木俣空母 p.591
  39. ^ #SS-253, USS GUNNEL p.97,106
  40. ^ #木俣空母 pp.587-588
  41. ^ a b #Blair p.582
  42. ^ #SS-253, USS GUNNEL p.98,106
  43. ^ a b c #木俣空母 p.588
  44. ^ #田村 (7) pp.105-106
  45. ^ #田村 (8) pp.123-124
  46. ^ #田村 (8) pp.123-124
  47. ^ a b #駒宮 (1987) p.170
  48. ^ a b #日栄丸1905 p.3
  49. ^ #日栄丸1905 p.3,8
  50. ^ a b #田村 (9) p.142
  51. ^ #響の栄光 pp.238-247, p.257
  52. ^ #響の栄光 p.250,257
  53. ^ #証言宮川 p.39「消えた僚艦」
  54. ^ #日栄丸1906 pp.17-18
  55. ^ #第一補給部隊 p.7
  56. ^ #第一補給部隊p.7『六月十四日/0330/第一補給部隊A点ニ向ケ「ダバオ」出港(給油船-日栄丸、国洋丸、清洋丸)(護衛艦-浜風、響、白露、時雨、秋霜)』
  57. ^ #第一補給部隊p.7『6月15日/0241/北緯九度九分、東経一二六度五分、白露、清洋丸ト觸衝、白露沈没ス』
  58. ^ #第一補給部隊 pp.7-8
  59. ^ #第一補給部隊p.27『六月十八日名取/補給部隊ニ関シ左ノ通リ定ム 一.群隊区分(艦船番号) (イ)護衛隊名取(0)、響(11)、雪風(12)、夕風(13)、梅(14)、卯月(15)、初霜(16)(以下略)』
  60. ^ #証言宮川 p.47
  61. ^ a b #田村 (10) p.147
  62. ^ #旭東丸1907 p.18
  63. ^ #旭東丸1907 p.12, pp.19-22
  64. ^ a b c d e f g h #田村 (10) p.148
  65. ^ a b #駒宮 (1987) p.219
  66. ^ a b #駒宮 (1987) p.235
  67. ^ a b #駒宮 (1987) p.245
  68. ^ #郵船戦時上 pp.828-831
  69. ^ #証言宮川 p.51
  70. ^ #響の栄光 p.323,325,330
  71. ^ a b #響の栄光 p.123
  72. ^ Chapter VI: 1944” (英語). The Official Chronology of the U.S. Navy in World War II. HyperWar. 2014年5月20日閲覧。
  73. ^ #田村 (10) p.149
  74. ^ #響の栄光 pp.352-355
  75. ^ #響の栄光 p.355
  76. ^ #響の栄光 pp.321-322, p.356,372
  77. ^ #野間 (2004) p.422
  78. ^ #野間 (2004) p.423
  79. ^ #響の栄光 p.360
  80. ^ #響の栄光 p.374
  81. ^ a b #田村 (10) p.150
  82. ^ #証言宮川 p.53
  83. ^ #田村 (11) pp.156-157
  84. ^ #田村 (11) p.157
  85. ^ #響の栄光 pp.416-420
  86. ^ #証言宮川 p.55-56
  87. ^ #響の栄光 p.125,438
  88. ^ a b #田村 (11) p.159
  89. ^ #証言宮川 pp.58-59
  90. ^ #響の栄光 p.439
  91. ^ #証言宮川 p.60
  92. ^ #響の栄光 p.108,445
  93. ^ #響の栄光 pp.125-126
  94. ^ #響の栄光 p.125
  95. ^ #内令昭和20年5月(4)p.6『内令第三八二號 駆逐隊編制中左ノ通改定セラル 昭和二十年五月五日海軍大臣|第七駆逐隊ノ項ヲ削ル』
  96. ^ #内令昭和20年5月(4)p.6『内令第三八四號|横須賀鎮守府練習駆逐艦:駆逐艦 澤風、横須賀鎮守府予備駆逐艦:駆逐艦 響 右警備駆逐艦ト定メラル(中略)昭和二十年五月五日海軍大臣』
  97. ^ #S20.5.5第105戦隊日誌p.9『(四)麾下艦艇部隊ノ行動 所属艦:響』
  98. ^ #田村 (11) pp.159-160
  99. ^ a b c d e f g #田村 (11) p.160
  100. ^ #響の栄光 p.108
  101. ^ #響の栄光 pp.107-108
  102. ^ #響の栄光 p.503
  103. ^ #響の栄光 p.493
  104. ^ #響の栄光 pp.503-504
  105. ^ #響の栄光 p.504
  106. ^ a b #響の栄光 p.505
  107. ^ #響の栄光 pp.496-497, p.506
  108. ^ a b #響の栄光 p.506
  109. ^ #響の栄光 pp.507-508
  110. ^ #響の栄光 p.525
  111. ^ #響の栄光 pp.525-529
  112. ^ #響の栄光 p.531
  113. ^ a b #ポルトフ pp.119
  114. ^ a b c #ポルトフ pp.121
  115. ^ a b #ポルトフ pp.119-120
  116. ^ a b c #ポルトフ pp.120
  117. ^ Safety-Stop/Погружение на эсминец «Хибики» с клубом «Турсио»
  118. ^ 『官報』第1824号、昭和8年1月31日。
  119. ^ 『官報』第2276号、昭和9年8月2日。
  120. ^ a b 『官報』第3096号、昭和12年5月3日。
  121. ^ 海軍辞令公報 号外 第2号 昭和12年7月13日付』 アジア歴史資料センター Ref.C13072072100 
  122. ^ 海軍辞令公報 号外 第85号 昭和12年11月1日付』 アジア歴史資料センター Ref.C13072072500 
  123. ^ 海軍辞令公報(部内限)号外 第267号 昭和13年12月1日』 アジア歴史資料センター Ref.C13072074700 
  124. ^ 海軍辞令公報(部内限)第391号 昭和14年10月16日』 アジア歴史資料センター Ref.C13072076400 
  125. ^ 海軍辞令公報(部内限)第543号 昭和15年10月15日』 アジア歴史資料センター Ref.C13072079000 
  126. ^ 海軍辞令公報(部内限)第718号 昭和16年9月25日』 アジア歴史資料センター Ref.C13072082300 

参考文献[編集]

  • アジア歴史資料センター(公式)(防衛省防衛研究所)
    • Ref.C05110628400「第1439号 8.4.1 響」
    • Ref.C05022070700「官房第753号 5.3.8 駆逐艦命名の件」
    • Ref.C05022832400「第474号 5.5.14 駆逐艦響工事予定の件」
    • Ref.C05022832500「第48号 7.1.15 駆逐艦響工事概括表変更の件」
    • Ref.C05022832600「第1145号 7.8.25 駆逐艦響工事概括表変更の件」
    • Ref.C08030654000 『自昭和十八年九月一日至昭和十八年九月三十日 特設巡洋艦護国丸戦時日誌(丁二号輸送経過)』。
    • Ref.C08030654100 『自昭和十八年十月一日至昭和十八年十月三十一日 特設巡洋艦護国丸戦時日誌(丁二号輸送経過)』。
    • Ref.C08030685100 『自昭和十九年五月一日至昭和十九年五月三十一日 特設運送船(給油船)日栄丸戦時日誌』。
    • Ref.C08030685200 『自昭和十九年五月一日至昭和十九年五月三十一日 特設運送船(給油船)日栄丸戦時日誌』。
    • Ref.C08030685300 『自昭和十九年五月十九日至昭和十九年六月二十日 第一補給部隊戦闘報告(日栄丸指揮官指揮期間)』。
    • Ref.C08030644700 『自昭和十九年七月一日至昭和十九年七月三十一日 (旭東丸)戦時日誌』。
    • Ref.C08030076800 『昭和二十年五月五日第一〇五戦隊戦時日誌舞鶴護衛部隊』。
    • Ref.C12070511300 『昭和20年1月~6月 秘海軍公報/5月(2)』。
  • (issuu) SS-253, USS GUNNEL. Historic Naval Ships Association. http://issuu.com/hnsa/docs/ss-253_gunnel?mode=a_p. 
  • 財団法人海上労働協会(編) 『復刻版 日本商船隊戦時遭難史』 財団法人海上労働協会/成山堂書店、2007年(原著1962年)。ISBN 978-4-425-30336-6
  • 日本郵船戦時船史編纂委員会 『日本郵船戦時船史』上、日本郵船、1971年
  • Blair,Jr, Clay (1975). Silent Victory The U.S.Submarine War Against Japan. Philadelphia and New York: J. B. Lippincott Company. ISBN 0-397-00753-1. 
  • アンドレイ・V・ポルトフ「ソ連艦となった日本艦艇始末記」 『世界の艦船 2010年6月 第725号』 海人社、2010年6月。全国書誌番号:00013428
  • 木俣滋郎 『日本空母戦史』 図書出版社、1977年
  • ひびき会(編) 『不沈艦 響の栄光』 ひびき会、1978年
  • 木俣滋郎 『日本水雷戦史』 図書出版社、1986年
  • 駒宮真七郎 『戦時輸送船団史』 出版協同社、1987年ISBN 4-87970-047-9
  • 落合康夫「特型駆逐艦(朧、曙、漣、潮、暁、響、雷、電))行動年表」 『写真 日本の軍艦10 駆逐艦I』 雑誌「」編集部(編)、光人社、1990年ISBN 4-7698-0460-1
  • 木俣滋郎 『日本軽巡戦史』 図書出版社、1989年
  • 野間恒 『商船が語る太平洋戦争 商船三井戦時船史』 野間恒(私家版)、2004年
  • 田村俊夫「特型23隻の開戦時の兵装」 『歴史群像 太平洋戦史シリーズ70 完全版 特型駆逐艦』 学習研究社2010年、52-61頁。ISBN 978-4-05-606020-1
  • 田村俊夫「昭和16年~17年の特型(1)」 『歴史群像 太平洋戦史シリーズ70 完全版 特型駆逐艦』 学習研究社、2010年、62-67頁。ISBN 978-4-05-606020-1
  • 田村俊夫「昭和16年~17年の特型 (2)」 『歴史群像 太平洋戦史シリーズ70 完全版 特型駆逐艦』 学習研究社、2010年、68-75頁。ISBN 978-4-05-606020-1
  • 田村俊夫「特型の最初の戦時機銃増備」 『歴史群像 太平洋戦史シリーズ70 完全版 特型駆逐艦』 学習研究社、2010年、76-85頁。ISBN 978-4-05-606020-1
  • 田村俊夫「昭和18年の特型の戦いと修理」 『歴史群像 太平洋戦史シリーズ70 完全版 特型駆逐艦』 学習研究社、2010年、86-94頁。ISBN 978-4-05-606020-1
  • 田村俊夫「北方海域での戦いと兵装改正」 『歴史群像 太平洋戦史シリーズ70 完全版 特型駆逐艦』 学習研究社、2010年、95-101頁。ISBN 978-4-05-606020-1
  • 田村俊夫「『2098号訓令』工事の実施艦 (1)」 『歴史群像 太平洋戦史シリーズ70 完全版 特型駆逐艦』 学習研究社、2010年、102-119頁。ISBN 978-4-05-606020-1
  • 田村俊夫「『2098号訓令』工事の実施艦 (2)」 『歴史群像 太平洋戦史シリーズ70 完全版 特型駆逐艦』 学習研究社、2010年、120-127頁。ISBN 978-4-05-606020-1
  • 田村俊夫「昭和19年の特型 (2)」 『歴史群像 太平洋戦史シリーズ70 完全版 特型駆逐艦』 学習研究社、2010年、140-146頁。ISBN 978-4-05-606020-1
  • 田村俊夫「昭和19年の特型 (3)」 『歴史群像 太平洋戦史シリーズ70 完全版 特型駆逐艦』 学習研究社、2010年、147-155頁。ISBN 978-4-05-606020-1
  • 田村俊夫「特型の生き残り2艦の最後」 『歴史群像 太平洋戦史シリーズ70 完全版 特型駆逐艦』 学習研究社、2010年、156-155頁。ISBN 978-4-05-606020-1
  • 宮川正ほか 『証言昭和の戦記*リバイバル戦記コレクション憤怒をこめて絶望の海を渡れ』 光人社、1990年ISBN 4-7698-0497-0
    • 宮川正『憤怒をこめて絶望の海を渡れ "不死鳥"の異名をとった駆逐艦「響」激闘一代記
  • 外山操『艦長たちの軍艦史』光人社、2005年。 ISBN 4-7698-1246-9
  • 雑誌「」編集部『ハンディ版 日本海軍艦艇写真集16 駆逐艦 吹雪型[特型]』光人社、1997年 (日本語)
  • Погружение на эсминец «Хибики» с клубом «Турсио» / Safty-Stop(ロシア語)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]