雲鷹 (空母)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
八幡丸 / 雲鷹
IJN CV Unyo in 1943 cropped.jpg
トラックから横須賀へ向かう雲鷹
(1943年5月)
基本情報
建造所 三菱重工業長崎造船所(客船建造)[1]
呉海軍工廠(空母改造)[1]
運用者  大日本帝国海軍
種別 (貨客船 → )特設航空母艦[2]航空母艦[3]
艦級 大鷹型
母港 [2]
経歴
起工 1938年12月14日[1]
進水 1939年10月31日[1]
竣工 1940年7月31日「八幡丸」として竣工[1]
1942年5月31日空母に改装完了
除籍 1944年11月10日[4]
最後 1944年9月17日戦没
改名 八幡丸 → 雲鷹[5]
要目(航空母艦時)
基準排水量 17,830英トン[6]
公試排水量 20,000トン[6]
満載排水量 21,262.80トン[7]
全長 180.24m[6]
水線長 約173.70m[6]
垂線間長 168.00m[6]
全幅 23.70m[6]
水線幅 22.50m[6]
深さ 23.50m(飛行甲板まで)[6]
飛行甲板 長さ:162.0m x 幅:23.5m[8][注釈 1]
1944年長さ172.0mに延長[9][10][注釈 2]
エレベーター(13x12m)2基[11]
吃水 公試平均 8.00m[6]
満載平均 8.26m[6]
ボイラー 三菱式水管缶4基[12]
補助缶2基[12]
主機 三菱ツェリー式(高低圧[13])タービン2基[14]
推進 2軸 x 140rpm[12]、直径5.000m[15]
出力 25,200hp[6]
速力 計画 21.0ノット[6][注釈 3]
1944年5月調査 21.48ノット[16]
燃料 計画 2,250トン[6]
1944年5月調査 2,360トン[16]
航続距離 8,500カイリ / 18ノット[6][16][注釈 3]
乗員 計画乗員 747名[17]
搭載能力 九一式魚雷 36本[18]
爆弾 800kg72個、250kg72個、60kg240個、30kg演習用90個[19]
飛行機用軽質油 190トン[7]
兵装 改造完成時(八幡丸)[20]
12cm単装高角砲4基
25mm連装機銃4基
最終時[21]
12cm単装高角砲6基
25mm3連装機銃8基
25mm連装機銃2基
25mm単装機銃36挺
13mm単装機銃10挺
爆雷投下台または爆雷投射機
爆雷10個
搭載艇 計画 12m内火艇1隻、12m内火ランチ1隻、9mカッター2隻、13m特型運貨船1隻[11]
最終時 内火艇1隻、ランチ1隻、大発2隻[21]
搭載機 計画(常用+補用)[8]
零式艦上戦闘機 9+2機
九七式艦上攻撃機 14+2機
合計23+4機
レーダー 最終時[21]
21号電探1基
22号電探(推定1基)
13号電探2基
逆探
ソナー 最終時[21]:零式水中聴音機1基
特記の無い場合は計画要目
客船時の要目は新田丸級貨客船を参照
テンプレートを表示

雲鷹(うんよう)は、日本海軍航空母艦[5]大鷹型航空母艦の2番艦[22]

雲鷹は日本郵船所有の新田丸級客船八幡丸(やわたまる)を改装し、航空母艦としたもの[23]。八幡丸の建造費用は政府の優秀船舶建造助成施設の適用を受けており、有事には徴用・改装されることがあらかじめ決められていた。

概要[編集]

建造経緯[編集]

雲鷹の前身である八幡丸は昭和初期に好況を博していた欧州航路の老齢船を置き換える目的で、またドイツの新型貨客船3隻(シャルンホルストグナイゼナウポツダム)に対抗しつつ1940年(昭和15年)開催予定の東京オリンピックを見込んで、日本郵船が建造した豪華客船「新田丸」級三姉妹船の第3船であった[24]。新田丸級三姉妹船(新田丸、八幡丸、春日丸)は、日本郵船を象徴する客船であり、日本郵船株式会社のイニシャル“NYK”に因んでそれぞれNittamaru, Yawatamaru, Kasugamaruと命名されている。建造費用は優秀船舶建造助成施設による補助を受けていた。また3隻とも三菱長崎造船所で建造され、新田丸、八幡丸、春日丸の順番で建造された。新田丸、八幡丸は短期間ながら客船として活動した。春日丸は客船として就役することなく最初から空母として竣工したため、本型は最初に完成した春日丸をネームシップとして『春日丸級特設航空母艦』と呼称されている[25]

第二船八幡丸は新田丸から4か月遅れた1940年(昭和15年)7月31日に竣工[26]。シアトル航路で一航海ののちサンフランシスコ航路に就航した。1941年(昭和16年)6月15日、呉海軍工廠で空母への改造工事に着手した。予想される日米の艦隊決戦に際して、大鷹型航空母艦(春日丸級航空母艦)は艦隊用補助空母としての役割を期待されていた[27]。しかし本型は小型で速度も遅く、さらに日本海軍が終戦まで空母用カタパルトを実用化できなかった事は、運用に大きな制約をあたえた[28]。空母用カタパルトを装備した連合国軍の軽空母護衛空母と比較して、本型の航空機運用能力は非常に見劣りするものとなり、本格的な海戦に投入される事は一度もなかった[28]

1941年(昭和16年)11月25日、特設航空母艦八幡丸として呉鎮守府所管となった[2]。日本海軍は同日附で、水上機母艦(甲標的母艦)日進艤装員長駒澤克己大佐を八幡丸艤装員長に任命した[29]。 12月10日、八幡丸艤装員長は駒澤(日進艤装員長)から湊慶譲 大佐に交代する[30]

1942年(昭和17年)5月10日、井上良雄中佐(5月5日まで駆逐艦萩風艦長)は八幡丸副長に任命される[31]。 5月31日に改造完成[26][32]

太平洋戦争[編集]

空母に改造され春日丸級特設航空母艦となった八幡丸の最初の任務は、1942年(昭和17年)7月の航空機輸送任務だった[32]。7月29日、八幡丸は艦戦16・艦爆16を搭載、第7駆逐隊()に護衛されて横須賀を出発、サイパンを経由して8月9日にウルシー環礁へ到着、航空隊を進出させると8月13日に呉へ戻った[33][34]

航海中の8月31日、特設航空母艦八幡丸と春日丸はそれぞれ軍艦雲鷹(ウンヨウ)および大鷹(タイヨウ)と改名される[5][32]。2隻は同日附で正規の航空母艦となった[3]。大鷹は佐世保鎮守府籍、雲鷹は呉鎮守府籍となる[35]。湊大佐も雲鷹艦長になった[36]。艦容に変化はなく、引き続き内地と前線を往復して航空機輸送任務に従事した。

9月4日、雲鷹は駆逐艦雪風と共に横須賀を出発、トラック泊地へ向かった[32]。9月9日朝、駆逐艦秋風はトラック泊地北方に潜望鏡を発見し対潜警戒警報を発令、連合艦隊は戦艦大和陸奥、練習巡洋艦香取以下トラック在泊艦艇に転錨を命じた[37][38]。哨戒機と駆逐艦は爆雷を投下[38]。戦艦・機動部隊・重巡部隊の各隊各艦はただちに停泊地を変更し、宇垣纏連合艦隊参謀長が『最も難物』と心配していた工作艦明石も横抱きした損傷艦3隻を自力航行させたのち移動した[38]。午後3時、トラック泊地北水道を通過して到着した雲鷹も警戒機を発進させたが敵潜を発見できず、結局秋風がトラック泊地へ接近中の雲鷹のマストを潜望鏡と誤認したものであったという[37][38]。9月18日、呉に帰投した[32]

南東方面での戦闘が激しくなるにつれて航空機の消耗は甚大となり、大鷹型空母は航空機輸送任務に奔走することになった[39]南太平洋海戦の前には、第一航空戦隊(翔鶴、瑞鶴、瑞鳳)に航空機を補充している[32]。だが、航空機輸送任務中の航空母艦は、暗号解読により待ち伏せている米潜水艦に幾度も襲撃された。11月10日、パラオよりフィリピンへの輸送任務に従事していた雲鷹は暗号解読により待ち伏せていた米潜水艦シーウルフ(USS Seawolf, SS-197)に狙われた[40]。雲鷹を翔鶴型航空母艦と誤認したシーウルフも追跡をおこなうが12日に機関故障をおこして襲撃を断念、各方面に情報を発信して真珠湾へ帰投した[40]。同海域にはシーウルフの他に潜水艦シール (USS Seal, SS-183)も行動していたが、雲鷹を襲うことはなかった[40]

1943年(昭和18年)1月28日、雲鷹艦長は湊大佐から相徳一郎大佐に交代[41]。 4月14日、相徳大佐は最上型重巡洋艦1番艦最上艦長へ転任、後任の雲鷹艦長は関郁乎大佐となる[42]。 5月8日、大和型戦艦1番艦大和、第五戦隊(妙高羽黒)、空母2隻(雲鷹、冲鷹)、駆逐艦4隻(夕暮長波五月雨)はトラック発[43][44][45]。5月13日、横須賀着[43][46]。大和、妙高、羽黒は呉と佐世保へ帰投した[43]

6月10日、横須賀を出港した空母飛鷹と駆逐艦2隻(有明夕暮)は米潜水艦トリガー (USS Trigger, SS-237) から襲撃され[47]、被雷して航行不能となった飛鷹は軽巡五十鈴に曳航されて横須賀へ帰投した[48]。 6月16日、第三戦隊司令官栗田健男中将の指揮下[49]、戦艦2隻(金剛榛名)、巡洋艦3隻(熊野鈴谷五十鈴)、空母3隻(龍鳳、雲鷹、冲鷹)、駆逐艦部隊(第27駆逐隊《時雨、有明、夕暮》、第7駆逐隊《潮、漣、曙》[47]、第16駆逐隊《雪風》、第17駆逐隊《浜風谷風》、第24駆逐隊《涼風》、秋月型新月》、夕雲型清波》は横須賀を出発[50]。6月20日、暗号解読により待ち伏せていた米潜水艦スピアーフィッシュ (USS Spearfish, SS-190)が空母(個艦不明)に対し魚雷4本を発射するが、速力を見誤っていたので命中しなかった[51]。日本艦隊は6月21日にトラックへ到着した[52]。雲鷹、冲鷹は7月2日に横須賀へ戻った。

7月上旬、雲鷹はマーシャル諸島への航空機輸送任務に従事[53]。第二〇一海軍航空隊の零式艦上戦闘機45機と、第五五二海軍航空隊の九九式艦上爆撃機27機、計82機を搭載[53]。7月6日、特設巡洋艦愛国丸と共に横須賀を出発した[53]。7月10日、米潜水艦ハリバット(USS Halibut, SS-232)が愛国丸に魚雷6本を発射、1本命中により愛国丸が小破した[53]。翌日、雲鷹隊はトラック泊地に到着[53]。19日、雲鷹は龍鳳と共にトラック泊地を出発、24日横須賀に到着した[53]

7月31日、雲鷹は第二水雷戦隊司令官高間完少将の指揮下に入り、3隻(軽巡長良、雲鷹、駆逐艦)で横須賀を出発[54][55]。8月1日、呉からトラックへむかう大和型戦艦2番艦「武蔵」(連合艦隊旗艦、古賀峯一司令長官座乗)、第五戦隊(妙高、羽黒)、駆逐艦3隻(陽炎白露、初風)と合流する[56][57]。8月4日、暗号解読により待ち伏せていた米潜水艦スティールヘッド (USS Steelhead, SS-280)に発見された[55]。翌日未明、スティールヘッドが雲鷹に対し魚雷6本、戦艦に対し魚雷4本を発射したものの早爆に終わった[55]。トラック泊地の九七式艦上攻撃機(対潜哨戒機、レーダー未搭載)は夜間のため基地で休息しており、敵潜の雷撃を防ぐことができなかった[55]。8月5日、艦隊はトラックに到着[58]。本艦は一旦内地へ戻る。

10月上旬、マーシャル諸島ギルバート諸島へ配備される日本陸軍の輸送作戦(丁三号輸送部隊)が実施されることになり、雲鷹は輸送部隊指揮官木村進第十一水雷戦隊司令官の指揮下に入った[59]。13-14日、丁三号輸送部隊(扶桑型戦艦山城、航空戦艦伊勢、空母2隻《隼鷹、雲鷹》、天龍型軽巡龍田、第32駆逐隊《早波涼波藤波玉波》)は内海西部を出発[60]。19日にトラック泊地到着。本艦は帰路も第十一水雷戦隊に同行することになった。10月31日、戦艦2隻(伊勢、山城)、空母2隻(隼鷹、雲鷹)、巡洋艦2隻(利根龍田)、駆逐艦4隻(海風涼風谷風)と共にトラック泊地を出発した[61][62]。ところが11月5日午前5時、暗号解読により豊後水道近海で日本艦隊を待ち伏せていた米潜水艦ハリバットが雲鷹以下輸送艦隊を襲撃した[59]。午前5時35分、ハリバットの魚雷1本を艦尾に被雷した隼鷹は直進不能となり、利根に曳航されて日本本土に向かった[63][64]

1943年(昭和18年)11月上旬のろ号作戦ブーゲンビル島沖航空戦)で第一航空戦隊の母艦航空隊は大幅に消耗し、補充のため瑞鳳がトラック泊地より横須賀に帰投[65]。11月16日、空母3隻(瑞鳳、冲鷹、雲鷹)は駆逐艦(秋雲、曙、潮、漣)に護衛されて横須賀を出発、21日にトラック泊地に到着した[66]。 11月30日、雲鷹と姉妹艦冲鷹は空母瑞鳳艦長の指揮下、空母3隻(瑞鳳、雲鷹、冲鷹)、重巡洋艦摩耶ラバウル空襲で損傷・修理回航)、第7駆逐隊、第17駆逐隊浦風という編成でトラック泊地を出発した[67][65]。暗号を解読したアメリカ軍は、複数の潜水艦(スケートガンネル、セイルフィッシュ)に輸送船団の襲撃を命じた[65]。ところが12月4日、冲鷹が米潜水艦セイルフィッシュ(USS Sailfish, SS-192)の雷撃で撃沈され、駆逐艦2隻(浦風、漣)が生存者救助にむかうも生存者は約160名、約1250名が戦死した[67]。戦死者3000名に達するという資料もある[65]。曙等に護衛された空母2隻(瑞鳳、雲鷹)は横須賀に帰投した。

12月15日海上護衛総司令部麾下に第九〇一海軍航空隊が編制された[68]。同日附で空母3隻(雲鷹、海鷹、大鷹)は海上護衛総司令部部隊に編入、12月20日には空母神鷹も編入された[69]。だが、雲鷹は連合艦隊の麾下にあって輸送任務に従事しており、この時点で海上護衛部隊として行動する機会はなかった[69]

雲鷹救援作業[編集]

1944年(昭和19年)1月4日、空母2隻(瑞鳳、雲鷹)は駆逐艦2隻()に護衛されて横須賀を出発、9日トラック泊地に到着した[70][71]。空母2隻は零式水上偵察機4機、零式観測機8機、二式水上戦闘機6機、天山艦上攻撃機7機、合計25機を輸送した[72]1月18日、雲鷹は第二水雷戦隊司令官早川幹夫少将の指揮下に入り、軽巡洋艦(二水戦旗艦)能代、空母2隻(瑞鳳、雲鷹)、駆逐艦3隻(早波若葉初霜)という編制でトラック泊地を出発、先行隊(五十鈴、初春)を追って横須賀へ向かう[73]。日本空母出撃の情報を得たアメリカ海軍はサイパン島東方で行動中の潜水艦3隻(ハリバット、タリビー、ハダック)に迎撃を命じた[72]1月19日10時37分、雲鷹は米潜ハダック(USS Haddock, SS-231)の魚雷攻撃を受けた。魚雷6本を発射し、ハダックの艦長は翔鶴型航空母艦を撃破したと報告した[72]。 被雷位置北緯12度52分 東経146度26分 / 北緯12.867度 東経146.433度 / 12.867; 146.433[74]。魚雷は艦首左舷附近に命中し速力は4ノットに低下、瑞鳳隊(瑞鳳、若葉)は先行して横須賀へ帰投、本艦は3隻(能代、早波、初霜)に護衛されてサイパンへ避退、同地では能代に繋留された[75][76]。20日、工作艦明石の工員と排水ポンプを乗せた第24駆逐隊の白露型駆逐艦海風がサイパンに到着[77][78]、また損傷状況調査のため連合艦隊司令部附の塩山策一技術大佐もサイパンへ派遣されて対応を協議している[79]。21日、二水戦(能代、早波)は海風と哨戒護衛任務を交代し、横須賀へ向かった[80][81]。22日朝、駆逐艦皐月がサイパンに到着した[82]

1月24日、連合艦隊は雲鷹護衛隊(海風、皐月)の編成と、駆逐艦初霜のトラック帰投を発令[83]。だが24駆司令の要請により海風と初霜を入れ替えることになり、護衛駆逐艦は4隻護衛艦は駆逐艦4隻(皐月、潮、曙、初霜)に変更された[84]。 25日、米潜水艦ハリバットが泊地に侵入して雲鷹を雷撃しようとしたが、警戒が厳しく皐月にも攻撃されたため諦めて去った[85][72]。 26日、駆逐艦2隻(潮、曙)がサイパンに到着、雲鷹の護衛を開始する[86]。 27日、雲鷹隊(雲鷹、初霜皐月)はサイパンを出発した[87]。 その海風もトラック泊地へ戻る途中、2月1日に米潜ガードフィッシュ (USS Guardfish, SS-217) の雷撃によって撃沈された[88]

一方、瑞鳳と若葉は横須賀へ帰投したのち空母2隻(瑞鳳千代田)、重巡高雄、駆逐艦3隻(初春若葉玉波)という戦力で1月29日に横須賀を出港した[89]。すると連合艦隊より重巡高雄に対し雲鷹救援命令が発せられ、2隻(高雄、玉波)は瑞鳳隊から分離[90]。 2月1日午前11時に高雄、玉波はサイパンより内地へむかう雲鷹隊(雲鷹、潮、曙、初霜、皐月)と合同[91]。玉波は瑞鳳隊の護衛に戻った[92]。雲鷹隊は米潜2隻(ガジョンソーリー)に狙われて幾度も雷撃されており[72]、これに悪天候も加わって高雄による雲鷹曳航の試みは全て失敗した[93]。幾度も襲撃を行う米潜水艦に対し、高雄は戦闘詳報の中で『敵潜ハ盲目蛇ニ怖ジザル呆氣者カ或ハ人ヲ舐メテ懸ッタ勇敢ナル者カ』と前置きし、「おそらく後者であろう」と推測している[94]。雲鷹も悪天候下では前進することさえできず、ほとんど漂流状態であった[95]。 このような状況下、敷設艇猿島や駆逐艦白雲等の支援艦艇が漸次雲鷹隊に合流するが[96]、当初の護衛部隊(初霜、皐月、潮、曙)は燃料不足に陥り、また爆雷や食料品・燃料補給のため、次々に横須賀へ回航される[97][98]。5日、白雲は北方部隊(第五艦隊)の命令により大湊へ回航された[99]。 6日、高雄も燃料不足になり、先行していた初霜と合流して横須賀へ戻った[100]。護衛は5日に合流した駆逐艦2隻(沖波岸波)が引き継ぎ[101]、横須賀からも第7駆逐隊(潮、曙)が再出撃する[102]。横須賀で補給を終えた2隻(高雄、初霜)は横須賀工廠の救難部隊をのせて7日早朝に雲鷹隊と合同[103]。同日夜、雲鷹と高雄以下11隻の護衛艦隊は横須賀に到着した[104][105][106]。 高雄は雲鷹護衛時の経験から、大型囮艦(損傷艦に偽装)・精鋭護衛艦・利根型重巡洋艦の連繋により「潜水艦狩り」を行ってはどうかと提言している[107]

船団護衛任務[編集]

1944年(昭和19年)2月1日、護衛空母の飛行機隊の訓練・整備を担当する部隊として、第九三一海軍航空隊(司令大塚秀治中佐)が編成される[108][109]。その後、雲鷹は横須賀で修理を受けるが、その際に新型機用に着艦装置が更新されている。 3月1日、吹雪型駆逐艦初代艦長や軽巡球磨艦長等を歴任した平塚四郎大佐は雲鷹艦長に任命される[110]。 7月1日附で大鷹艦長は木村行蔵大佐に交代となった[111]

8月12日、雲鷹は横須賀を出港して呉へ回航[112]、8月15日、第一海上護衛部隊に編入される[113][23]。搭載機は第九三一海軍航空隊九七式艦上攻撃機10機を主力とする[114]。ほかに九三式中間練習機(通称赤トンボ)6機を搭載[115]。雲鷹搭載機のうち、一部は三式一号磁気探知機を装備していたとみられる[115]。 しかし8月18日、ヒ71船団護衛任務に従事していた雲鷹の姉妹艦大鷹が米潜水艦の雷撃で撃沈された[116][117]

8月24日、雲鷹は練習巡洋艦香椎(旗艦)、補給艦伊良湖以下ヒ73船団(指揮官吉富説三少将/第五護衛船団司令官)に同行し[118]船団護衛任務に従事する[119][120][23]。8月31日(もしくは9月1日)、雲鷹搭載機と海防艦が米潜水艦タニー(USS Tunny, SS/SSG/APSS/LPSS-282)を攻撃して損害を与えた可能性があるが[115]、実際とは異なっている。9月5日、ヒ73船団はシンガポールに到着[115]

9月11日、雲鷹はヒ74船団を護衛してシンガポールを出発、台湾へむかった[121][122]。ヒ74船団は第一護衛隊(巡洋艦香椎、海防艦《13号、19号、21号、27号》)、第二護衛隊(雲鷹、千振)、船団部隊(播磨丸、御室山丸、八紘丸、吾羽山丸、あづさ丸)という戦力である[123][115]。 9月16日、ルソン島方面には米潜水艦2隻(バーブ、クイーンフィッシュ)が行動しており、アメリカ軍機動部隊艦載機の不時着救助任務に従事していた[115]。雲鷹側では台湾高雄市への入港を目前に控え、その準備に追われていた[124]。夜、旗艦香椎より敵潜発見の信号があり警戒するがその時点での襲撃はなかった[125]9月17日日付変更直後、ヒ74船団は米潜水艦バーブ(USS Barb, SS-220)から襲撃された[115]。まず雲鷹の右舷やや後方を航行していたあづさ丸が被雷(0050沈没)、雲鷹はあづさ丸の炎上を確認して取り舵をとった[126]。そこへバーブが艦尾発射管より発射した魚雷が右舷後方からせまり、雲鷹に魚雷2本(艦中央部、艦後部)が命中した[127][23]。機関科当直員の大部分は戦死、電源も断たれたが火災は起きなかった[128]。艦橋傍の作戦室にガソリン式発電機をもちこんで通信機能は一部回復したが、艦橋要員達は発電機の悪臭に苦労したという[129]。 4時30分には防水作業が一段落し、艦長は警戒員を残し作業を中止させた[130]。ところが被雷した艦後部や格納庫に打ち付ける波浪により、艦尾の沈下が止まらなくなる[131]。7時30分に沈没は確定的となり、7時45分御真影カッターボートへ移動し、7時52分軍艦旗降下[132]。3分後の7時55分、雲鷹は沈没し生存者約760名は護衛艦に救助された[133]。雲鷹の乗組員約750名、便乗者約1000名のうち推定900名が戦死した[115]。雲鷹の艦橋にいた艦長や副長は沈没時に脱出したが、艦長は行方不明となった[134]。雲鷹戦闘詳報による沈没位置北緯19度8分 東経116度33分 / 北緯19.133度 東経116.550度 / 19.133; 116.550[133]。海上護衛隊による沈没地点記録北緯19度04分 東経116度36分 / 北緯19.067度 東経116.600度 / 19.067; 116.600[135][136]もしくは北緯19度15分 東経116度33分 / 北緯19.250度 東経116.550度 / 19.250; 116.550[137]。アメリカ軍記録北緯19度18分 東経116度26分 / 北緯19.300度 東経116.433度 / 19.300; 116.433[138]。 戦闘詳報では、「海防艦を増備し敵潜水艦を制圧する『掃蕩隊』の新設」「航空機による前路哨戒は是非とも必要であるため、各航路の航空基地を増備強化して勢力の増大を計り、護衛空母は廃止するを認む」「護衛艦の増加が無理だとしても、空母が船団と同速力にて運動するのは最も不可である」「高速力を持って船団の後方をバリカン運動を行いながら続航する必要がある」といった提言を残している[139]

雲鷹の沈没により、大鷹型航空母艦3隻(大鷹、雲鷹、冲鷹)はすべて喪失した[115]。11月10日、軍艦雲鷹は 大鷹型航空母艦[140]、 帝国軍艦籍[4]より除籍された。

艦歴[編集]

  • 1938年(昭和13年)12月14日 - 三菱重工業長崎造船所で起工される。
  • 1939年(昭和14年)10月31日 - 進水。
  • 1940年(昭和15年)7月31日 - 客船八幡丸として竣工。
  • 1941年(昭和16年)
    • 11月5日 - 徴用決定。
    • 11月25日 - 春日丸級特設航空母艦八幡丸として呉鎮守府所管。
  • 1942年(昭和17年)
    • 1月21日 - 呉海軍工廠にて改装工事開始。
    • 5月31日 - 特設航空母艦八幡丸として竣工。
    • 7月29日 -潮、漣と横須賀発、8月9日ウルシー環礁着[33]。8月13日横須賀着[33]
    • 8月31日 -八幡丸を雲鷹に改名、帝国軍艦籍に加入。呉鎮守府籍。これ以降、南方方面への航空機輸送任務に就く。
    • 9月25日 - 呉発。10月1日トラック着[141]
    • 10月11日 - 横須賀発。16日トラック着[141]
    • 10月28日 - 横須賀発。2日トラック着[142]。。
    • 11月3日 - トラック発、8日パラオ着[142]。11日パラオ発、13日ダバオ着[142]
    • 11月13日 - ダバオ発、14日パラオ着[142]。15日パラオ発、21日トラック着[142]
    • 11月24日 - トラック発。12月2日スラバヤ着[142]
    • 12月5日 - スラバヤ発、6日パリクパパン着、7日パリクパパン発、13日トラック着[142]
    • 12月17日 - トラック発、陸軍機50機(一式戦闘機「隼」等をラバウルへ輸送、24日スラバヤ着[142]
    • 12月26日 - スラバヤ発。28日バリクパパン着、29日バリクパパン発、翌年1月3日トラック着[142]
  • 1943年(昭和18年)
    • 1月5日 -トラック発。1月10日横須賀着[142]
    • 2月1日 -大鷹と横須賀発。2月7日トラック着[142]
    • 2月11日 -大鷹とトラックを発、2月17日横須賀着[142][39]
    • 2月24日 -大鷹と横須賀発、3月2日トラック着[39]
    • 3月6日 -大鷹とトラックを発、3月12日横須賀着[39]
    • 3月20日 - 横須賀発。3月25日トラック着[39]
    • 4月5日 - トラック発。4月10日横須賀着[39]
    • 4月25日 -冲鷹・軽巡那珂・駆逐艦(時雨、有明長波)と横須賀発[143]、4月30日トラック着[144]。那珂の第十四戦隊旗艦としての初任務[144]
    • 5月8日 -冲鷹・戦艦大和・第五戦隊(妙高、羽黒)・駆逐艦(潮、夕暮、長波、五月雨)とトラック発、5月13日横須賀着[43]。大和は呉へ帰投した[43]
    • 5月24日 -冲鷹、筑紫鹿島海風、潮と横須賀発[145]。5月29日トラック着[39][146]
    • 6月5日 -冲鷹とトラック発、6月9日横須賀着[39]
    • 6月16日 - 戦艦2隻(金剛榛名)、重巡2隻(熊野鈴谷)、空母3隻(龍鳳、冲鷹、雲鷹)、軽巡五十鈴、第27駆逐隊(時雨)、第7駆逐隊、駆逐艦(雪風、浜風、谷風、涼風、清波、新月)という戦力で横須賀発[147]。21日トラック着[48]
    • 6月28日 - トラック発、7月2日横須賀着[39]
    • 7月6日 - 横須賀発、7月11日トラック着[39]
    • 7月19日 -トラック発、7月24日横須賀着[39]
    • 7月31日 -雲鷹・第7駆逐隊・漣は主隊に編入される[148]
    • 8月1日 - 軽巡長良・駆逐艦曙と横須賀発後、呉発の戦艦武蔵(連合艦隊旗艦、古賀峯一司令長官座乗)・第五戦隊(妙高、羽黒)、駆逐艦(野分、白露、初風)等と合流[148]。8月5日トラック着[39]。同日附で雲鷹、曙は連合艦隊附属[148]
    • 8月12日 - 重巡2隻(熊野、鳥海)・駆逐艦(野分、白露)とトラック発[149]。8月16日横須賀着[150]
    • 8月27日 - 補給艦伊良湖・駆逐艦2隻(野分、白露)と横須賀発[151]。9月2日トラック着[152]。(以後も輸送任務に従事)
    • 10月14日 - 丁三号輸送部隊として内地出港。
    • 10月31日 - 戦艦2隻(伊勢、山城)・空母2隻(隼鷹、雲鷹)・巡洋艦2隻(利根、龍田)・駆逐艦4隻(海風、涼風、谷風、曙)トラック発。11月6日、米潜水艦ハリバットの雷撃で隼鷹が航行不能となる。
    • 11月16日 - 瑞鳳、冲鷹等と横須賀発、11月21日トラック着[153]
    • 11月30日 - 瑞鳳、冲鷹・重巡摩耶・駆逐艦(曙、漣、浦風)とトラック発[67]、12月4日、冲鷹が米潜水艦セイルフィッシュの雷撃で撃沈される[67]。12月4-5日横須賀着。
  • 1944年(昭和19年)
    • 1月4日 - 瑞鳳と横須賀発、9日トラック着[153]
    • 1月18日 - 瑞鳳・第二水雷戦隊とトラック発[153]
    • 1月19日 - サイパン島近海で米潜水艦ハダックの雷撃により二本が被雷、雲鷹、能代、初霜、早波は20日サイパンに到着[154]。瑞鳳、若葉は23日横須賀着。駆逐艦(初霜、皐月、潮、曙)に護衛されサイパン発。
    • 2月8日 - 高雄に曳航され横須賀に帰投後ドック入り[153]。船体の修理及び高角機銃の増備を行う。
    • 8月12日 - 修理完了。横須賀出港、呉へ回航。
    • 8月24日 - ヒ73船団を護衛して六連泊地発。
    • 9月17日 - ヒ74船団の護衛任務中に米潜バーブの雷撃に遭い二本が被雷し、沈没した。
    • 11月10日 - 除籍。

歴代艦長[編集]

※『艦長たちの軍艦史』76-78頁、『日本海軍史』第9巻・第10巻の「将官履歴」に基づく。

艤装員長[編集]

  1. (兼)駒沢克己 大佐:1941年11月25日[29] - 1941年12月10日[30]
  2. 湊慶譲 大佐:1941年12月10日[30] - 1942年5月31日

艦長[編集]

  1. 湊慶譲 大佐:1942年5月31日 – 1943年1月28日[41]
  2. 相徳一郎 大佐:1943年1月28日[41] - 1943年4月14日[42]
  3. 関郁乎 大佐:1943年4月14日[42] – 1944年3月1日[110]
  4. 平塚四郎 大佐:1944年3月1日[110] - 1944年7月1日[111]
  5. 木村行蔵 大佐:1944年7月1日[111] - 9月17日戦死(少将に進級)[155]

同型艦[編集]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 「航空母艦 一般計画要領書 附現状調査」 p.4によると計画では幅23.7m
  2. ^ これまでの通説では長さ180mに延長とされていた。
  3. ^ a b #海軍造船技術概要p.275では、速力22ノット、航続距離は18ノットで8,000カイリとしている。

出典[編集]

  1. ^ a b c d e 中川努「主要艦艇艦歴表」#日本海軍全艦艇史資料篇p.7
  2. ^ a b c #内令昭和16年11月(5)p.26『内令第千五百三十六號 汽船 八幡丸 右特設航空母艦トシ呉鎮守府所管ト定メラル|昭和十六年十一月二十五日 海軍大臣 嶋田繁太郎』
  3. ^ a b #内令昭和17年8月(3)画像45、内令第千六百十四號 艦艇類別等級別表左ノ通改正ス 昭和十七年八月三十一日 海軍大臣 嶋田繁太郎 軍艦、航空母艦ノ項中「飛鷹」ノ下ニ「、大鷹、雲鷹」ヲ加フ。昭和17年7月~9月 内令 3巻/昭和17年8月分(4)(C12070164700)画像5も同一内容。
  4. ^ a b #内令(秘)昭和19年11月(2)pp.21-22『内令第一二五四號 横須賀鎮守府在籍 軍艦 秋津洲 軍艦 迅鯨|呉鎮守府在籍 軍艦 雲鷹|佐世保鎮守府在籍 軍艦 八重山|舞鶴鎮守府在籍 軍艦 蒼鷹 右帝國軍艦籍ヨリ除カル|佐世保鎮守府在籍 驅逐艦 皐月 右帝國驅逐艦籍ヨリ除カル(略)|昭和十九年十一月十日 海軍大臣』
  5. ^ a b c #達昭和17年8月p.39『達第二百四十四號 特設航空母艦春日丸及八幡丸ヲ帝國艦艇籍ニ編入シ左ノ通命名セラル|昭和十七年八月三十一日 海軍大臣 嶋田繁太郎|軍艦 大鷹(タイヨウ) (特設航空母艦 春日丸)|軍艦 雲鷹(ウンヨウ) (特設航空母艦 八幡丸)』
  6. ^ a b c d e f g h i j k l m n 「航空母艦 一般計画要領書 附現状調査」 p.4
  7. ^ a b 「航空母艦 一般計画要領書 附現状調査」 p.57
  8. ^ a b #海軍造船技術概要p.296
  9. ^ #田村2004p.109
  10. ^ #畑中2005p.65
  11. ^ a b 「航空母艦 一般計画要領書 附現状調査」 p.46
  12. ^ a b c 「航空母艦 一般計画要領書 附現状調査」 p.35
  13. ^ #昭和造船史1pp.780-781
  14. ^ #日本航空母艦史p.64
  15. ^ #海軍造船技術概要p.1678
  16. ^ a b c 「あ号作戦前後の対空兵装強化と戦訓改正」表B あ号作戦直前に空母の最大速力、航続距離、満載重油搭載量(昭和19年5月調査)、#日本空母物語p.417
  17. ^ 「航空母艦 一般計画要領書 附現状調査」 p.42
  18. ^ 「航空母艦 一般計画要領書 附現状調査」 p.12
  19. ^ 「航空母艦 一般計画要領書 附現状調査」 p.31
  20. ^ #田村2004p.109
  21. ^ a b c d #田村2004p.111
  22. ^ #編制(昭和19年1月31日現在)p.4『艦艇類別等級別表|軍艦|航空母艦|大鷹型|大鷹、雲鷹、冲鷹、神鷹、海鷹』
  23. ^ a b c d #叢書46海上護衛戦382-383頁『雲鷹(旧八幡丸)』
  24. ^ #日本空母物語105、298頁
  25. ^ #内令昭和16年4月(5)pp.39-40『内令第四百四十號 特設艦船部隊特修兵配置表中左ノ通改正ス|昭和十六年四月二十六日 海軍大臣 及川古志郎|特設航空母艦ノ欄ヲ左ノ如ク改ム |特設航空母艦||飛鷹、隼鷹|春日丸級|(略)』
  26. ^ a b #日本空母物語310頁『(3)雲鷹(旧八幡丸)と沖鷹(旧新田丸)』
  27. ^ #日本空母物語299頁
  28. ^ a b #日本空母物語312頁『(4)わが商船改造空母の問題点』
  29. ^ a b 昭和16年11月25日(発令11月25日付)海軍辞令公報(部内限)第756号 p.40』 アジア歴史資料センター Ref.C13072083200 
  30. ^ a b c 昭和16年12月10日(発令12月10日付)海軍辞令公報(部内限)第766号 p.1』 アジア歴史資料センター Ref.C13072083400 
  31. ^ 昭和17年5月11日(発令5月10日付)海軍辞令公報(部内限)第857号 p.10』 アジア歴史資料センター Ref.C13072085400 
  32. ^ a b c d e f #木俣空母345-347頁『雲鷹の行動(七~十月)』
  33. ^ a b c #戦史叢書中部太平洋方面海軍作戦(2)103頁『その他の航路の護衛』
  34. ^ #木俣空母346頁では九七艦攻搭載としている)
  35. ^ #内令昭和17年8月(4)pp.12-13『内令第千六百二十四號 汽船 八幡丸 右特設航空母艦トシ呉鎮守府所管ト定メラレタル處之ヲ解カレル|汽船 春日丸 右特設航空母艦トシ佐世保鎮守府所管ト定メラレタル處之ヲ解カレル|昭和十七年八月三十一日 海軍大臣 嶋田繁太郎』~『内令第千六百二十五號 軍艦 雲鷹 右本籍ヲ呉鎮守府ト定メラル|軍艦 大鷹 右本籍ヲ佐世保鎮守府ト定メラル|驅逐艦 照月 右本籍ヲ佐世保鎮守府ト定メラル|驅逐艦 高波 右本籍ヲ舞鶴鎮守府ト定メラル(中略)|昭和十七年八月三十一日 海軍大臣 嶋田繁太郎』
  36. ^ 昭和17年8月31日(月)海軍公報(部内限)第4182号 p.43』 アジア歴史資料センター Ref.C12070422300 『○官房機密第一〇九四六號 本年八月三十一日現在左記上欄各艦ノ職名ヲ有スル者ハ特ニ發令セラルルモノノ外別ニ辭令ヲ用セズシテ下欄ノ相當職員ニ補命セラレタル義ト心得ベシ 昭和十七年八月三十一日 海軍大臣 記|特設航空母艦 春日丸|航空母艦 大鷹|同 八幡丸|同 雲鷹』
  37. ^ a b #戦史叢書中部太平洋方面海軍作戦(2)180頁『米潜と誤認された「雲鷹」』
  38. ^ a b c d #戦藻録(1968)186頁
  39. ^ a b c d e f g h i j k l #戦史叢書中部太平洋方面海軍作戦(2)294頁『航空母艦による航空機の輸送』
  40. ^ a b c #木俣空母425-427頁『大鷹、雲鷹の飛行機輸送(十一月)』
  41. ^ a b c 昭和18年2月1日(発令1月28日付)海軍辞令公報(部内限)第1045号 p.7』 アジア歴史資料センター Ref.C13072089600 
  42. ^ a b c 昭和18年4月15日(発令4月14日付)海軍辞令公報(部内限)第1093号 p.40』 アジア歴史資料センター Ref.C13072090500 
  43. ^ a b c d e #戦史叢書中部太平洋方面海軍作戦(2)328頁『「大和」等の内地回航』
  44. ^ #S1712五戦隊日誌(2)p.4『(一)第五戰隊ハ引續キ前進部隊本隊ニ属シ「トラツク」ニ在リテ警戒待機シ鋭意戰力向上充實ニ努メアリシ處北方作戰参加ノ豫定ヲ以テ急速整備修理ヲ命ゼラレ五月八日大和雲鷹冲鷹2dg(五月雨)潮夕暮ト共ニ「トラツク」發佐世保ニ向ヘリ』
  45. ^ #S1801二水戦日誌(6)pp.11-12『八(天候略)一.一三〇〇5S大和冲鷹雲鷹長波潮五月雨夕暮内地ニ向ケ「トラツク」發/二.15dg(親潮黒潮陽炎)「コロンバンガラ」輸送ノ皈途「ブラツケツトストレイト」ニテ触雷(推定)沈没』
  46. ^ #木俣空母494頁
  47. ^ a b #木俣空母485-486頁『飛鷹の曳航(六月十一日)』
  48. ^ a b #戦史叢書中部太平洋方面海軍作戦(2)341-342頁『「飛鷹」の損傷と第二航空戦隊等のトラック進出』
  49. ^ #S1709三戦隊日誌(3)p.26『(3)十六日3S司令官指揮ノ下ニ7S 2sf其ノ他ト共ニ横須賀発二十一日「トラツク」ニ進出回航及輸送ノ任務ヲ完了セリ』
  50. ^ #S1805四水戦日誌(2)p.9『16日、27dg(白露欠)ハGF電令作第593号ニ依リ3S(指揮官)ノ指揮下ノ下ニ3S 7S(最上欠)2sf(龍鳳)五十鈴雲鷹冲鷹7dg16dg(雪風)浜風谷風涼風清波新月等ト共ニ横須賀発、21日「トラック」着』
  51. ^ #木俣空母496-497頁(横須賀より江風が同行と記載するが、同艦はスピアーフィッシュと交戦して損傷、トラック泊地で修理中)
  52. ^ #S1704七戦隊日誌(7)p.5『(五)六月十五日前進部隊ニ編入セラレ六月十六日第三戰隊司令官指揮ノ下ニ第三戰隊第七戰隊(最上欠)第二航空戰隊(龍鳳)五十鈴雲鷹沖鷹第七駆逐隊第十六駆逐隊(雪風)第二十七駆逐隊(白露欠)浜風谷風涼風新月清波ト横須賀發二十一日「トラック」着』
  53. ^ a b c d e f #木俣空母497-498頁『雲鷹の艦爆輸送(七月)』
  54. ^ #S1806二水戦日誌(2)p.3『(一)2sd司令官ハ雲鷹7dg(曙)ヲ指揮、千鳥眞鶴ヲ區處シ七月三十一日横須賀發八月一日GF主隊ニ合同警戒隊指揮官トナリ同五日「トラツク」着同日附2sd(長良白露)KdB本隊ニ編入セラル』
  55. ^ a b c d #木俣空母500-502頁『トラック島での対潜警戒(七~八月)』
  56. ^ #S1712五戦隊日誌(2)p.31『…七月三十日呉發長濱沖ニ假泊ノ上翌三十一日假泊地發「トラツク」ニ向フ「トラツク」進出中ノ軍隊區分左ノ通』
  57. ^ #S1806二水戦日誌(1)p.81『三一(天候略)一.2sd(長良)雲鷹7dg(曙)〇七三〇「トラツク」ニ向ケ横須賀発(略)一.2sd司令官ハ長良雲鷹7dg(曙)ヲ指揮シGf電令作第六四八號ノ任務ニ従事横須賀発』
  58. ^ #S1712五戦隊日誌(2)p.39『(一)第五戰隊ハ主隊前衛トシテ七月三十日呉發「トラツク」ニ進出 八月五日着同日機動部隊ニ編入セラレ第三艦隊長官ノ指揮下ニ入ル』
  59. ^ a b #木俣空母527-528頁
  60. ^ #S1806二水戦日誌(4)p.8『(4)第三十二驅逐隊(早波涼波藤波)内海西部ニ在リテ待機整備(出撃準備)十二日宇品ニ回航丁三號輸送部隊ニ編入十三日佐伯ニ回航十五日回航十五日同發二十日「トラツク」着陸軍甲支隊ヲ移載(以下略)/玉波(略)十四日隼鷹雲鷹ヲ護衛同發十九日「トラツク」着爾後「トラツク」ニ在リテ待機』
  61. ^ #S1804十一水戦日誌(5)p.4『28日連合艦隊電令作第778號ニ依リ本職内地回航部隊(龍田山城伊勢隼鷹雲鷹利根第24駆逐隊(海風涼風)谷風第7駆逐隊(曙))ヲ指揮シ31日「トラック」発内地ニ回航セリ』
  62. ^ #S1806二水戦日誌(4)pp.84-85『三一(天候略)大波〇四〇〇「トラツク」発/24dg(海風涼風)〇四四〇「トラツク」発/五月雨一四三〇「ラバウル」発|24dg(海風涼風)伊勢山城龍田隼鷹利根ヲ護衛シ呉ニ向ケ「トラツク」発/31dg(大波)2sf基地員物件輸送ノ爲「カビエン」ニ向ケ「トラツク」発/島風〇八〇〇東亜丸日本丸護衛ヲ止メ一四一五日章丸日榮丸ニ合同護衛任務ニ付キ「トラック」ニ向フ/五月雨一四三〇敵輸送船団及護衛艦隊撃滅ノタメ「ラバウル」発|GF電令作第七八一号31dgヲNTBニ編入ス/三十一日附24dgノ項中ニ満潮ヲ加フ』
  63. ^ #戦史叢書中部太平洋方面海軍作戦(2)429頁
  64. ^ #S1701八戦隊日誌(7)p.45『利根ハ(略)途中5日ヨリ被雷艦隼鷹ヲ曳航11月6日呉入港…』
  65. ^ a b c d #木俣空母531-536頁『沖鷹沈没(十二月四日)』
  66. ^ #木俣空母532頁(同行艦にと記載されているが、朧は1942年に沈没している)
  67. ^ a b c d #戦史叢書中部太平洋方面海軍作戦(2)529頁『米潜水艦の跳梁と「冲鷹」の被雷沈没』
  68. ^ #叢書46海上護衛戦307-308頁『第九〇一海軍航空隊の編成』
  69. ^ a b #叢書46海上護衛戦309-311頁『護衛空母の海上護衛総司令部部隊編入』
  70. ^ #木俣空母574頁(同行艦に薄雲を加えているが、同艦は日本近海で行動中)
  71. ^ #s1809一水戦日誌(4)p.15『六日薄雲駆逐艦長|六日一一〇五(宛略)本艦GF電令作第八七〇號ニ依ル行動豫定左ノ通 一月八日〇八三〇佐伯湾出撃十三日一二三〇「マニラ」着補給(四〇〇)十四日出港十八日一三〇〇昭南着』
  72. ^ a b c d e #木俣空母575-577頁
  73. ^ #S1812二水戦日誌(3)p.5『能代明石ニ横付応急修理完成18日本職能代瑞鳳雲鷹五十鈴32dg(早波)21dg(若葉初霜初春)ヲ率ヰ横須賀ニ向ケ「トラック」発(五十鈴初春16日発先行)』
  74. ^ #S1806二水戦日誌(3)p.54『19日1100(将旗)2sd司令官|北緯12度52分東経146度26分ニテ雲鷹雷撃ヲ受ク前部ニ魚雷3命中(略)』
  75. ^ #S1812二水戦日誌(3)p.5『19日雲鷹雷撃ヲ受ケ瑞鳳若葉ハ分離横須賀ニ先行セシメ能代32dg(早波)初霜ニテ雲鷹警戒シ「テニアン」航空隊及五特根哨戒艇ノ警戒協力ヲ得翌20日「サイパン」着能代ニ繋留、初霜早波ハ湾外移動哨戒セシム翌21日海風来援ス』
  76. ^ #空母瑞鳳生涯181頁
  77. ^ #S1806二水戦戦日誌(3)p.9『海風(略)19日雲鷹救難ノ為救難隊搭載ノ上「トラック」発翌20日「サイパン」着21日以後27日迄五特根司令官ノ命ヲ受ケ雲鷹警戒対潜哨戒隊指揮官トシテ「サイパン」港外ノ哨戒ニ従事セリ』
  78. ^ #S1812二水戦日誌(3)p.58『二〇日(司令)24dg(宛略)一.一七〇〇「サイパン」着ノ予定/二.救難隊兵曹長以下八名、六三〇噸排水ポンプ一(重量三噸)搭載中』
  79. ^ #S1812二水戦日誌(3)p.56『19日2142サチGF|雲鷹損傷状況調査ノ為GF司令部附塩山技術大佐ヲ「サイパン」ニ派遣セラル(1月20日「トラック」発航空便)』
  80. ^ #S1812二水戦日誌(3)p.5『21日命ニ依リ警戒及処理ヲ五特根ニ引継ギ2sd(能代)32dg(早波)横須賀ニ向ケ「サイパン」発』
  81. ^ #S1812二水戦日誌(3)pp.10-11『(3)32dg(早波)…十八日2sd(能代)外五隻ト共ニ横須賀ニ向ケ「トラツク」発/十九日雲鷹雷撃ヲ受ケ早波ハ初霜ト協力敵潜攻撃附近油ノ浮上セルヲ認ムルモ効果不明引続キ攻撃掃蕩ニ従事/二十日制圧ヲ止メ「サイパン」着初霜ト共ニ移動哨戒ニ従事/二十一日哨戒ヲ海風ト交代能代ト共ニ横須賀ニ向ケ発/二十四一横須賀着入渠修理整備ニ従事』
  82. ^ #S1812三水戦日誌(6)p.12『一月二十二日〇七一五皐月駆逐艦長(宛略)發皐月駆逐艦長「サイパン」着』
  83. ^ #S1809一水戦日誌(4)p.32『二十四日(長官)GF(宛略)GF機密第二四一八〇二番電 GF電令作第九一六號 一.HPB、NTB、UNB各指揮官ハ24dg(海風)7dg(潮曙)皐月ヲシテ雲鷹艦長ノ指揮ヲ受ケ内地着迄同艦ノ警戒ニ任ゼシムベシ(略)三.UNB指揮官ハ初霜ヲシテ雲鷹「サイパン」出港後適宜護衛ニ協力シ「トラツク」ニ歸投セシムベシ』
  84. ^ #S1812三水戦日誌(6)pp.34-36『一月二十六日 雲鷹艦長(宛略)機密第261345番電 發雲鷹艦長 一.二十六日應急補強工作概ネ完了二十七日早朝 潮曙初霜皐月ヲ率ヰPS発NAA回航ニ回航実速九節ヲ得ラルヽ見込但シ天候敵潜出現状況ニ依リテハ回航地ヲ変更スルコトアルベシ 二.予定航路(別電) 三.途中対潜飛行警戒依頼ス(以下略)』
  85. ^ #S1812三水戦日誌(6)pp.33-34『一月二十六日〇九三〇皐月駆逐艦長(宛略)機密第二六〇九三〇番電發皐月駆逐艦長 皐月戦斗概報二四日(中略)左記ニ依リ敵潜水艦ノ轟沈概ネ確実ト認ム(以下略)』
  86. ^ #S1809一水戦日誌(4)p.33『二十六日潮駆逐艦長(宛略)機密第二六〇八五八番電 潮曙「サイパン」着雲鷹ニ合同セリ』
  87. ^ #S1812三水戦日誌(6)p.71『二七(天候略)一.秋風文月一七二〇「ラバウル」帰着/二.皐月「サイパン」発(雲鷹護衛)』
  88. ^ #S1812二水戦日誌(4)p.8『(2)24dg(海風)三一一三船団ヲ護衛「サイパン」ヨリ「トラツク」ニ向ケ航行中一日一一二二「トラツク」南水道外(南島ノ二二四度一〇〇〇米)ニ於テ雷撃ヲ受ケ一本後部機械室ニテ艦底起爆一一三〇沈没セリ生存(行方不明)者准士官以上一五(一)下士官兵二〇〇(四九)船団無事入港セリ/満潮 船団護衛一日「トラツク」着同日司令駆逐艦ヲ海風ヨリ変更(以下略)』
  89. ^ #S1812高雄日誌(1)p.38『27日瑞鳳|瑞鳳千代田高雄21駆(初春、若葉)玉波ハ本職之ヲ率ヒ1月29日横須賀発左ニ依リ「トラック」ニ回航ス』
  90. ^ #S1812高雄日誌(1)p.30『30日|0900玉波ヲ率ヒ雲鷹ノ警戒ノ為分離行動』-p.39『30日瑞鳳|一.高雄ハ今ヨリ連合艦隊電令作第930号ニ応ズル如ク行動スベシ 二.玉波ハ高雄艦長ノ指揮ヲ受ケ行動シ雲鷹ニ合同後「トラック」ニ進出スベシ』
  91. ^ #S1812高雄日誌(2)p.2『2月1日0953雲鷹(潮曙初霜皐月護衛)ニ合同ス』
  92. ^ #S1812二水戦日誌(4)p.9『玉波 瑞鳳千代田ヲ護衛三日「トラツク」着…』
  93. ^ #S1812高雄日誌(2)p.2『爾後之ヲ警戒シツツ北上ソノ間雲鷹ノ航行危険ニ瀕スル毎ニ曳航ヲ試ミルコト三度ニ及ビタルモ敵潜ノ攻撃ニ加フルニ荒天ノ為成功スルニ至ラズ』
  94. ^ #S1812高雄日誌(2)p.37『(二)戦訓』
  95. ^ #S1812高雄日誌(2)p.33『当時雲鷹ハ艦首ニ雷撃ヲ受ケ平水ニテ最大實速七節荒天時保針不能漂白ノ已ムナキ状態ニシテ…』
  96. ^ #S1809一水戦日誌(4)pp.56-57『二日雲鷹艦長(宛略)機密第〇二〇七三〇番電 護衛艦代艦派遣依頼ノ件』-『二日(長官)HPB(宛略)機密〇二二三一六番電 北方部隊電令作第三號 貴機密第〇二一五二七番電關聯白雲ハ横須賀ニテ補給ノ上雲鷹ノ護衛ニ任ズベシ』
  97. ^ #S1812高雄日誌(1)p.56『5日0112高雄艦長|(略)針路40度速力3節、夕刻迄ニ白雲猿島第33号掃海艇及鳩来着セルモ皐月、潮、曙ハ補給ノ為横須賀ニ回航中、高雄及初霜モ明日中ニ燃料限度トナル見込』-p.57『5日1145高雄艦長|雲鷹隊ノ状況(略)5日午前白雲及初霜去リ沖波岸波駆潜44成生合同現在ノ警戒艦右ノ外高雄鳩猿島掃33(略)』
  98. ^ #S1809一水戦日誌(4)p.58『四日潮駆逐艦長(宛略)機密第〇四一六〇〇番電 一.潮曙命ニ依リ一時雲鷹ト分離急速補給ノ爲横須賀ニ向フ五日〇七三〇頃着ノ豫定燃料各艦約三五〇噸爆雷曙三〇個!?各十日分曙貯糧品(米麥醤油)十五日分(以上何レモ船側渡)急速搭載方御手配ヲ得度/二.以下畧』
  99. ^ #S1809一水戦日誌(4)pp.61-62『五日高雄艦長|六日〇三一五鳩白雲|機密第〇五〇四一二番電 白雲ハ五艦隊ヨリノ指令ニ依リ速ニ大湊ニ回航セヨ(以下省略)』-『五日白雲駆逐艦長(宛略)機密第〇五〇七四三番電 雲鷹ノ護衛ヲ止メ大湊ニ向ケ發七日〇二〇〇着ノ豫定』
  100. ^ #S1812高雄日誌(1)p.59『6日1430|高雄及初霜本日1500横須賀発明7日0600頃雲鷹ト合同ノ予定』
  101. ^ #S1812高雄日誌(1)p.17『(5日)沖波、岸波合同』
  102. ^ #S1809一水戦日誌(4)p.62『六日(司令)7dg(宛略)機密第〇六〇六〇〇番電 雲鷹護衛ノ爲七駆ヲ率ヰ横須賀發』
  103. ^ #S1812高雄日誌(1)pp.43-44『(高雄)1日|1052雲鷹ニ合同』-『5日|2045重油補給ノタメ雲鷹ト分離』-『6日|0910横須賀入港/2249出港』-『7日0440雲鷹ニ合同/2003横須賀入港』
  104. ^ #S1812高雄日誌(2)p.33『爾後漸次増援アリテ横須賀入港時11隻、高雄搭載機零水1他ニ内地航空隊ノ対潜哨戒機延5機ノ協力ヲ得タリ』
  105. ^ #S1806二水戦日誌(4)p.19『7日高雄→2420(将旗2sd司令官)能代|雲鷹ハ東京湾ニ入港任務終了』
  106. ^ #S1809一水戦日誌(4)pp.52-53『(二)水雷部隊ノ行動』
  107. ^ #S1812高雄日誌(2)pp.39-40『(ハ)潜水艦狩リノ一着想 空母其ノ他大型艦船(損傷艦ノ如ク偽装)ニ精鋭ナル警戒艦三乃至四隻ヲ附シ之ヲ囮船トシテ敵潜伏在海面ヲ昼間低速ニテ行動セシメ別ニ囮船ヨリ30浬附近ニ利根型(搭載機多キモノ)ヲ機動セシメ…』
  108. ^ 昭和19年2月1日(発令2月1日付)海軍辞令公報(部内限)第1310号 p.6』 アジア歴史資料センター Ref.C13072095600 
  109. ^ #叢書46海上護衛戦312-313頁『第九三一海軍航空隊の発足』
  110. ^ a b c 昭和19年3月1日(発令3月1日付)海軍辞令公報(部内限)第1352号 p.42』 アジア歴史資料センター Ref.C13072096300 
  111. ^ a b c 昭和19年7月5日(発令7月1日付)海軍辞令公報(部内限)第1526号 p.24』 アジア歴史資料センター Ref.C13072099900 
  112. ^ #S1904雲鷹日誌(3)p.3『12日横須賀出港|13日呉入港』
  113. ^ #S1904雲鷹日誌(3)p.3『15日第一海上護衛隊ニ編入』
  114. ^ #日本海防艦戦史68頁『護送空母と海防艦』
  115. ^ a b c d e f g h i #木俣空母698-703頁『雲鷹も沈没(九月)』
  116. ^ #叢書46海上護衛戦380頁『(三)ヒ七一船団』
  117. ^ #S1908第1海上護衛隊(1)p.6『(ハ)大鷹ヒ七一船団(八月一七日馬公発「マニラ」行)ヲ護衛一八日夜呂栄距岸三浬ヲ南下中二二二五北緯一八度一二分東経一二〇度二二分ニ於テ敵潜水艦ノ攻撃ヲ受ケ沈没セリ』
  118. ^ #S1908第1海上護衛隊(1)p.45『別表第二 船団護衛状況(馬來直航々路 昭和十九年八月 第一海上護衛隊司令部』
  119. ^ #S1904雲鷹日誌(3)p.4『24日ヒ73船団六連沖ニ集合』
  120. ^ #S1908第1海上護衛隊(1)pp.23-25『(四)麾下艦船部隊ノ行動(其ノ二)』
  121. ^ #S1904雲鷹日誌(3)p.24『9日|ヒ74船団ヲ編成ス/11日|1100出撃』
  122. ^ #S1908第1海上護衛隊(2)p.6『(4)雲鷹被雷沈没 雲鷹ハ十一日ヒ七四船団ヲ護衛昭南発門司ニ向ケ航行中十七日〇〇四二敵潜ノ雷撃二本再ビ〇二二〇雷撃一本ヲ受ケ沈没セリ』
  123. ^ #S1904雲鷹日誌(3)p.48『五.我兵力ノ現状』
  124. ^ #終わりなき海軍99-100頁
  125. ^ #終わりなき海軍100頁
  126. ^ #S1904雲鷹日誌(3)p.35『0034|右100度1000米ノ「あづさ丸」ニ水柱ヲ認メ被雷ト判断シ取舵一杯両舷第二戦速トナス再度ノ被雷ニ因リ「あづさ丸」大火災トナル』
  127. ^ #S1904雲鷹日誌(3)pp.47-48『四.被害 舵取機室下部及主機械室ニ魚雷命中 七時間二十分後遂ニ沈没セリ』
  128. ^ #終わりなき海軍101頁
  129. ^ #終わりなき海軍102頁
  130. ^ #S1904雲鷹日誌(3)p.42『0430|各被害場所ノ浸水遮防補強浸水排除作業完了(後部配電盤室前通路ノ排水作業継続)沈下停止シ沈没ノ虞ナキモノノ如ク思考サレ警戒員ヲ残シ作業ヲ中止ス』
  131. ^ #S1904雲鷹日誌(3)p.42『0455(略)風浪大トナリ中間甲板後部ヨリ激浪打込ミ浸水次第ニ増加シ艦尾漸次沈下シ始ム』
  132. ^ #S1904雲鷹日誌(3)p.44『0745(略)御写真ヲ「カッター」ニ移ス 0748「総員上レ」ヲ令ス 後部応急作業打切リ応急員退避 0752軍艦旗降下総員退去ヲ始ム』
  133. ^ a b #S1904雲鷹日誌(3)p.45『0755沈没ス(北緯19度8分東経116度33分)|1230生存者総員27号海防艦、千振ニ救助サル 准士官以上仝待遇者55名 下士官兵706名(便乗者含)』
  134. ^ #終わりなき海軍107頁
  135. ^ #S1908第1海上護衛隊(2)p.45『別表第二 船団護衛状況 昭和十九年九月 第一海上護衛隊司令部《17日0735{N19-04 E116-36雲鷹(沈没)》』
  136. ^ #叢書46海上護衛戦382頁ではN19度4分、E116度36分
  137. ^ #S1908第1海上護衛隊(2)pp.19-21『(五)(四)麾下艦船部隊ノ行動(其ノ一) 沈没N19-15 E116-33』
  138. ^ #終わりなき海軍109頁
  139. ^ #叢書46海上護衛戦 312頁および#S1904雲鷹日誌(3)pp.49-51『七.(一)戦訓』
  140. ^ #内令(秘)昭和19年11月(2)pp.21-22『内令第一二四七號 艦艇類別等級別表中左ノ通改正ス|昭和十九年十一月十日 海軍大臣|軍艦、航空母艦大鷹型ノ項中「雲鷹、」ヲ、同水上機母艦ノ項中「、秋津洲」ヲ、同潜水母艦ノ項中「迅鯨、」ヲ、敷設艦ノ項中「、八重山」「、蒼鷹」ヲ削ル 驅逐艦、一等卯月型ノ項中「、皐月」ヲ削ル(略)』
  141. ^ a b #戦史叢書中部太平洋方面海軍作戦(2)180頁『第二航空戦隊のトラック進出と米軍と誤認された「瑞鳳」』
  142. ^ a b c d e f g h i j k l #戦史叢書中部太平洋方面海軍作戦(2)215-217頁『航空母艦による航空機輸送』
  143. ^ #S1801二水戦日誌(5)p.31『AdB指揮官|4月15日1340AdB司令官27dg司令駆逐艦長雲鷹艦長|27dg(時雨有明)長波ハ左ニ依リ行動後23日横須賀発予定ノ雲鷹冲鷹ヲ「トラック」迄警戒ニ任ズベシ右回航中雲鷹艦長ノ指揮ヲ受クベシ 一.27dg(時雨有明)ハAdB電令作第177号ニ依リ行動 二.長波ハ修理完了後速ニ横須賀ニ回航』
  144. ^ a b #戦史叢書中部太平洋方面海軍作戦(2)310頁『第十四戦隊の内南洋部隊への進出』
  145. ^ #S1801二水戦日誌(6)p.15『二四(天候略)一.一〇〇〇海風(司令24dg)潮 雲鷹冲鷹鹿島筑紫ヲ護衛「トラック」ニ向ケ横須賀發』
  146. ^ #S1801二水戦日誌(6)p.6『五月二四日 五月二九日|海風|冲鷹雲鷹鹿島筑紫|横須賀→「トラック」』
  147. ^ #S1805四水戦日誌(2)p.9『16日、27dg(白露欠)ハGF電令作第593号ニ依リ3S(指揮官)ノ指揮下ノ下ニ3S、7S(最上欠)2sf(龍鳳)五十鈴雲鷹冲鷹7dg16dg(雪風)浜風谷風涼風清波新月等ト共ニ横須賀発、21日「トラック」着』
  148. ^ a b c #戦史叢書中部太平洋方面海軍作戦(2)360-361頁『聯合艦隊長官のトラック進出と東方激撃任務の解除』
  149. ^ #S1806二水戦日誌(2)p.40『12日0616熊野|熊野鳥海雲鷹野分白露内地ニ向ケ「トラック」発』
  150. ^ #S1806二水戦日誌(2)p.6『白露 5日GF主隊ト共ニ「トラック」着12日熊野鳥海雲鷹野分ト共ニ「トラック」出撃横須賀迄野分ト共ニ雲鷹ノ警戒ニ任ジ16日横須賀着後同地ニテ船体兵器等ノ修理ニ従事…』
  151. ^ #S1806二水戦日誌(2)p.6『白露(略)27日野分ト共ニ雲鷹、伊良湖ヲ護衛横須賀発「トラック」ニ回航ス』
  152. ^ #S1806二水戦日誌(3)p.87『9月2日|0640白露「トラック」着
  153. ^ a b c d #戦史叢書中部太平洋方面海軍作戦(2)528頁『輸送経過』
  154. ^ #S1812二水戦日誌(3)p.58『20日1532(将旗)2sd|2sd(能代)雲鷹初霜1130「サイパン」着』
  155. ^ 昭和19年12月17日(発令9月17日付)海軍辞令公報(甲)第1671号 p.18』 アジア歴史資料センター Ref.C13072102300 

参考文献[編集]

  • アジア歴史資料センター(公式)(防衛省防衛研究所)
    • Ref.C13072024200 『昭和19年1月31日現在10版 内令提要追録第14号原稿(防衛省防衛研究所)巻3/第13類艦船(1)』。
    • Ref.C08051772000 『昭和16年~昭和20年 戦隊 水戦輸送戦隊 行動調書』。
    • Ref.C12070115300 『昭和17年1月~12月達/達昭和17年8月』。
    • Ref.C12070150500 『昭和16年1月~4月内令1巻/昭和16年4月(5)』。
    • Ref.C12070154500 『昭和16年11月~12月内令4巻止/昭和16年11月(5)』。
    • Ref.C12070172200 『昭和17年5月~8月 内令/昭和17年8月(3)』。
    • Ref.C12070164700 『昭和17年7月~9月 内令3巻/昭和17年8月(4)』。
    • Ref.C12070497800 『昭和19年9~12月秘海軍公報号外/11月(2)』。
    • Ref.C08030100600 『昭和18年1月1日~昭和18年5月31日 第2水雷戦隊戦時日誌戦闘詳報(5)』。
    • Ref.C08030100700 『昭和18年1月1日~昭和18年5月31日 第2水雷戦隊戦時日誌戦闘詳報(6)』。
    • Ref.C08030117000 『昭和18年5月1日~昭和18年7月19日 第4水雷戦隊戦時日誌戦闘詳報(2)』。
    • Ref.C08030101000 『昭和18年6月14日~昭和18年11月11日 第2水雷戦隊戦時日誌戦闘詳報(1)』。
    • Ref.C08030101100 『昭和18年6月14日~昭和18年11月11日 第2水雷戦隊戦時日誌戦闘詳報(2)』。
    • Ref.C08030101200 『昭和18年6月14日~昭和18年11月11日 第2水雷戦隊戦時日誌戦闘詳報(3)』。
    • Ref.C08030101300 『昭和18年6月14日~昭和18年11月11日 第2水雷戦隊戦時日誌戦闘詳報(4)』。
    • Ref.C08030101400 『昭和18年6月14日~昭和18年11月11日 第2水雷戦隊戦時日誌戦闘詳報(5)』。
    • Ref.C08030101500 『昭和18年6月14日~昭和18年11月11日 第2水雷戦隊戦時日誌戦闘詳報(6)』。
    • Ref.C08030041900 『昭和17年9月11日~昭和18年11月30日 第3戦隊戦時日誌戦闘詳報(3)』。
    • Ref.C08030047800 『昭和17年4月1日~昭和18年8月31日 第7戦隊戦時日誌戦闘詳報(7)』。
    • Ref.C08030044800 『昭和17年12月1日~昭和18年11月2日 第5戦隊戦時日誌戦闘詳報(2)』。
    • Ref.C08030126400 『昭和18年4月1日~昭和18年11月30日 第11水雷戦隊戦時日誌(5)』。
    • Ref.C08030126500 『昭和18年4月1日~昭和18年11月30日 第11水雷戦隊戦時日誌(6)』。
    • Ref.C08030048800 『昭和17年1月12日~昭和19年1月1日 大東亜戦争戦闘詳報戦時日誌 第8戦隊(7)』。
    • Ref.C08030101800 『昭和18年12月1日~昭和19年2月29日 第2水雷戦隊戦時日誌戦闘詳報(1)』。
    • Ref.C08030101900 『昭和18年12月1日~昭和19年2月29日 第2水雷戦隊戦時日誌戦闘詳報(2)』。
    • Ref.C08030102000 『昭和18年12月1日~昭和19年2月29日 第2水雷戦隊戦時日誌戦闘詳報(3)』。
    • Ref.C08030102100 『昭和18年12月1日~昭和19年2月29日 第2水雷戦隊戦時日誌戦闘詳報(4)』。
    • Ref.C08030106900 『昭和18年12月1日~昭和19年2月2日 第3水雷戦隊戦時日誌戦闘詳報(5)』。
    • Ref.C08030107000 『昭和18年12月1日~昭和19年2月2日 第3水雷戦隊戦時日誌戦闘詳報(6)』。
    • Ref.C08030085900 『昭和18年9月1日~昭和19年3月31日 第1水雷戦隊戦時日誌(4)』。
    • Ref.C08030569700 『昭和18年12月1日~昭和19年11月30日 軍艦高雄戦時日誌(1)』。
    • Ref.C08030569800 『昭和18年12月1日~昭和19年11月30日 軍艦高雄戦時日誌(2)』。
    • Ref.C08030583500 『昭和19年4月1日~昭和19年9月17日 軍艦雲鷹戦時日誌(1)』。
    • Ref.C08030583600 『昭和19年4月1日~昭和19年9月17日 軍艦雲鷹戦時日誌(2)』。
    • Ref.C08030583700 『昭和19年4月1日~昭和19年9月17日 軍艦雲鷹戦時日誌(3)』。
    • Ref.C08030140600 『昭和19年4月1日~昭和19年5月31日 第1海上護衛隊戦時日誌(1)』。
    • Ref.C08030140700 『昭和19年4月1日~昭和19年5月31日 第1海上護衛隊戦時日誌(2)』。
    • Ref.C08030141000 『昭和19年6月1日~昭和19年7月31日 第1海上護衛隊戦時日誌(1)』。
    • Ref.C08030141100 『昭和19年6月1日~昭和19年7月31日 第1海上護衛隊戦時日誌(2)』。
    • Ref.C08030141400 『昭和19年8月1日~昭和19年11月30日 第1海上護衛隊戦時日誌(1)』。
    • Ref.C08030141500 『昭和19年8月1日~昭和19年11月30日 第1海上護衛隊戦時日誌(2)』。
    • Ref.C08030708100 『昭和19年4月~昭和19年8月14日 船団護衛任務報告(2)』。
    • Ref.C08030649400 『昭和19年6月1日~昭和19年12月31日 聖川丸戦時日誌戦闘詳報(2)』。
  • 宇垣纏著、成瀬恭発行人 『戦藻録 明治百年史叢書』 原書房、1968年1月。
  • 大井篤 「第6章 崩れ去る夏の陣(昭和19年6月から同年8月まで)」『海上護衛戦』 角川文庫、2014年5月(原著1953年)。ISBN 978-4-04-101598-8
  • 海軍歴史保存会『日本海軍史』第7巻、第9巻、第10巻、第一法規出版、1995年。
  • 桂理平 『空母瑞鳳の生涯 われ等かく戦えり』 霞出版社、1999年10月。ISBN 4-87602-213-5
  • 木俣滋郎 『日本空母戦史』 図書出版社、1977年
  • 木俣滋郎 『日本海防艦戦史』 図書出版社、1994年9月。ISBN 4-8099-0192-0
  • 『日本海軍艦艇写真集 航空母艦・水上機母艦』 呉市海事歴史科学館/編、ダイヤモンド社2005年ISBN 4-478-95056-3
  • 『日本航空母艦史』世界の艦船 2011年1月号増刊 第736集(増刊第95集)、海人社、2010年12月
  • 田村俊夫「空母「雲鷹」(八幡丸)、「大鷹」(春日丸)の兵装を検証する」、『帝国海軍 真実の艦艇史』〈歴史群像〉太平洋戦史シリーズ Vol.45、学習研究社、2004年5月、 107-116頁。 ISBN 4-05-603412-5
  • 外山操『艦長たちの軍艦史』光人社、2005年。 ISBN 4-7698-1246-9
  • 長谷川藤一『軍艦メカニズム図鑑-日本の航空母艦』グランプリ出版、1997年 ISBN 4-87687-184-1
  • 福井静夫福井静夫著作集-軍艦七十五年回想記第七巻 日本空母物語』 光人社、1996年8月。ISBN 4-7698-0655-8
  • 『昭和造船史(第1巻)』明治百年史叢書 第207巻、(社)日本造船学会/編、原書房、1981年(原著1977年10月)、第3版。ISBN 4-562-00302-2
  • 畑中省吾「空母大鷹型三姉妹の作り分け」、『艦船模型スペシャル』No.18、モデルアート社、2005年12月、 58-71頁。
  • 福井静夫 『写真 日本海軍全艦艇史』 ベストセラーズ、1994年ISBN 4-584-17054-1
  • 福井静夫福井静夫著作集-軍艦七十五年回想記第七巻 日本空母物語』 光人社、1996年8月。ISBN 4-7698-0655-8
  • 防衛庁防衛研修所戦史室 『戦史叢書46 海上護衛戦』 朝雲新聞社、1971年5月。
  • 防衛庁防衛研修所戦史室 『戦史叢書62 中部太平洋方面海軍作戦(2) 昭和十七年六月以降』 朝雲新聞社、1973年2月。
  • 『海軍造船技術概要』 牧野茂福井静夫/編、今日の話題社、1987年5月ISBN 4-87565-205-4
  • 松浦敬紀編著 「元警視総監土田國保(海軍主計大尉)”空母「雲鷹」被雷之記”」『若い世代へ伝えたい残したい 終りなき海軍』 文化社、1978年6月。
  • 雑誌「丸」編集部『写真 日本の軍艦 第4巻 空母II』(光人社、1989年) ISBN 4-7698-0454-7
  • 「航空母艦 一般計画要領書 附現状調査」

関連項目[編集]