B-57 130mm列車砲

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
B-57 130mm列車砲
種類 列車砲
原開発国 ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦
運用史
配備期間 1941年~?
配備先 ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦
関連戦争・紛争 第二次世界大戦
開発史
製造数 101門
諸元
銃身 6.500m 口径 L/50

砲弾 33.4kg
口径 130mm
仰角 0°~45°
旋回角 360°
初速 870m/s
有効射程 25,600m
テンプレートを表示

B-57 130mm列車砲ロシア語:130-мм железнодорожная установка Б-57)はソビエト連邦列車砲である。

概要[編集]

B-57は労農赤軍の運用した列車砲の中では最も口径が小さく、また多くの生産が行われた砲である。

他の列車砲同様、軍艦から接収した艦砲(B-13艦砲)をそのまま運用しているのだが、ロシア帝国海軍時代の艦砲ではなく、ソ連成立後の1935年に生産された艦砲を使用している点で少し来歴が異なる。

1941年から1943年にかけてレニングラードにて生産され、レニングラード攻防戦に投入された。

列車砲というよりは、レール上を移動するトロッコにカブトガニ状の装甲と130mm砲を装備した、移動型トーチカのような列車砲であった。

B-13艦砲[編集]

B-13 130mm艦砲
130 50 N Kuivasaari.JPG
B-57の元であるB-13艦砲。これをそのままトロッコに乗せたものがB-57。フィンランドクイヴァサーリ展示。
種類 艦砲
原開発国 ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦
運用史
配備期間 1935~1954年
配備先 ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦
 エジプト
 フィンランド
 インドネシア
ポーランドの旗 ポーランド
中華人民共和国の旗 中華人民共和国
開発史
製造数 1199門
諸元
重量 5.18t(砲身のみ)
要員数 11名
テンプレートを表示

列車砲としてのB-57は第二次世界大戦を経て多くが失われ、また航空技術の発達によって列車砲というカテゴリそのものが衰退したこともあり、ソ連においてもそれなりに扱いやすい180mm列車砲などであっても1960年代までには退役し、博物館に飾られるような代物になっていった。

一方でB-57の元であるB-13については、ソ連以外にも輸出が行われ、また製造自体も1954年まで行われ1199門が生産された。これらは戦後、本来の用途である艦砲として再び運用され、また二連砲身のB-28やB-2LMなどの発展形も開発された。

また第二次芬ソ戦争(継続戦争)においてハンコの戦いでB-13を5門鹵獲したフィンランド国防軍は、本砲を継続戦争中はもちろん、1990年代まで沿岸砲として運用した。沿岸砲としてはソ連も冷戦時の中ソ国境紛争の前後にウラジオストックに少数展開していたとされている。

B-2LM

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

  • [1] レニングラード攻防戦に投入されたB-57の画像