61-K 37mm対空砲

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
61-K 37mm対空砲
61-K.jpg
サンクトペテルブルク砲兵博物館の61-K
種類 高射砲
原開発国 ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦
運用史
配備先 #運用国
関連戦争・紛争 第二次世界大戦ベトナム戦争カンボジア内戦カンボジア・ベトナム戦争
開発史
製造期間 1939–1945(ソ連においては)
製造数 20,000前後
諸元
重量 2,100 kg (4,600 lb)
要員数 8

口径 37 mm (1.5 in)
仰角 -5° to 85°
旋回角 360°
発射速度 60 rpm
最大射程 8.5 km (5.3 mi)

61-K 37mm対空砲ロシア語:37-мм автоматическая зенитная пушка образца 1939 года (61-К))はソビエト連邦高射砲である。

概要[編集]

1930年代後半からソ連で計画され、1939年から生産が開始された高射砲。

第二次世界大戦における労農赤軍の主力高射砲の一つであり、本砲は14,657機の枢軸国航空機を撃墜したという統計がある。そして1機を撃墜するのに平均905発の砲弾を要した。

軽装甲の対地目標に対してもある程度の有効性を見せた他、艦載砲としても運用されている。

開発の経緯[編集]

ソ連における本格的な対空機関砲は1935年にスウェーデンから輸入した艦載用のボフォースm/32 25mm機関砲が最初であった。

25mm機関砲は試験でも優秀な成果を上げ、この後ソ連では45mm対空砲が開発されたが、これは大きさや重量の点で運用に難があると判断され、1938年1月72-K 25mm対空砲などの開発を行ったロギノフ(en)に37mm対空砲の開発が命じられた。

1938年10月に初試験が行われ、生産が開始。

1940年には世界中で主流な対空機関砲として名高かったスウェーデンのボフォース 40mm機関砲との比較実験も行われた。結果は大差なし、というものだった。

生産[編集]

初期の注文数は900門だったが、ソ連は戦後ZSU-57-2を開発するまで本砲を主力対空機関砲として生産、運用し続け、ソ連での生産のみでも20,000門前後が生産された。ソ連ではこれら陸上用の61-Kに加え、艦載用として単砲身型の70-Kが3,113門、二連型のV-11が1,872門生産された。

ZSU-57-2が開発された1950年代にソ連軍の現役兵器から退役する。

ソ連での生産は61-Kでは1945年、V-11では1957年を以って終了したが、ポーランド、中国、北朝鮮などではその後も生産が続けられた。

自走砲化[編集]

T-70ZiS-3 76mm野砲を搭載し、ある程度の成功を収めたSU-76同様、T-70に本砲を搭載したZSU-371942年に試作され、1944年から数年間生産された。

ZSU-37はソ連における初の本格的な自走式対空砲であり、以降の自走式対空砲の基礎となっている。

運用国[編集]


参考[編集]

  • Шунков В. Н. Оружие Красной Армии. — Мн.: Харвест, 1999. — 544 с ISBN 985-433-469-4