M1909 76mm山砲

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
M1909 76mm山砲
Model 1909 76mm Mountain Gun 1.jpg
ロシア仕様のM1901
種類 山砲
原開発国 フランスの旗 フランス
運用史
配備先 フランスの旗 フランス
フィンランドの旗 フィンランド
ギリシャの旗 ギリシャ
ロシア帝国の旗 ロシア帝国
ナチス・ドイツの旗 ナチス・ドイツ
関連戦争・紛争 第一次世界大戦第二次世界大戦
開発史
開発者 Danglis
製造業者 シュナイダー
製造期間 1909年
諸元
重量 1,225 kg (牽引状態)
combat: 627 kg (射撃状態)

砲弾 76.2 × 191 mm. R
口径 76.2 mm (3 in)
仰角 -6° ~28°
旋回角 50°
初速 387 m/s
最大射程 8,550 m
テンプレートを表示

M1909 76mm山砲フランスシュナイダー社が開発した山砲である。

概要[編集]

ギリシャ大佐Panagiotis Danglisが1906年に開発した75mm砲に、シュナイダー社が改良を加えた山砲。

ギリシャやフィンランドに輸出された他、帝政ロシアにも輸出され、ソ連発足後もそのまま運用された。

ソ連における運用状況は不明だが、1941年独ソ戦の序盤でドイツ国防軍がこれを大量に鹵獲7.62 cm GebK 293(r)として運用していることから、まとまった数が制式武器として利用されていたと思われる。