M-42 45mm対戦車砲

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
M-42 45mm対戦車砲

M1942 45mm対戦車砲(M-42)ロシア語: 45-мм противотанковая пушка образца 1942 года (М-42))とは、第二次世界大戦中にソビエト連邦が開発した対戦車砲である。GRAUコードは52-П-243С

概要[編集]

大祖国戦争序盤において、これまでの53-K 45mm対戦車砲ドイツ国防軍III号戦車IV号戦車にかろうじて対抗可能であったという状況から、赤軍は1942年に改良型の45mm対戦車砲であるM-42対戦車砲を開発した。

基本構造はこれまでの53-K対戦車砲と同一であるが、初速向上のために砲身が延長され重量増加を抑えるために防盾が薄くなっている。1943年には部隊配備が開始されたが、ドイツ軍の新型戦車であるパンター中戦車ティーガー重戦車の正面装甲を撃ち抜くことはできなかったため、待ち伏せでIV号戦車やパンターの側面を狙うようになり、榴弾や散弾を発射しての対人戦闘に従事することも多かった。

終戦後の1945年中ごろには生産が終了した。

スペック[編集]

  • 口径:45mm
  • 全長:m(牽引時)
  • 全幅:m
  • 重量:625kg(射撃時)/1,250kg(牽引時)
  • 砲身長:mm(口径)
  • 仰俯角:-8°~+25°
  • 左右旋回角:60°
  • 運用要員:名
  • 発射速度:15~20発/分(最大)
  • 射程距離:4,550m(標準榴弾)
  • 貫通力(距離500mで垂直に着弾)
    • AP:61mm
  • 生産期間:1942年~1945年
  • 生産総数:10,843門

関連項目[編集]