107mm迫撃砲GVPM-38

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
M1938 107mm迫撃砲
Soviet soldiers with 107 mm mortar defending Moscow.jpg
種類 迫撃砲
原開発国 ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦
運用史
関連戦争・紛争 第二次世界大戦
ベトナム戦争
2011年リビア内戦
諸元
重量 170kg(戦闘状態)
銃身 1,670mm
要員数 5名

口径 107mm
砲尾 砲口装填式
仰角 45°~80°
旋回角
発射速度 15発/分
初速 302m/秒
有効射程 800m~6,300m
テンプレートを表示

107mm迫撃砲PGVM-38ロシア語: 107-мм полковой горно-вьючный миномет образца 1938 года (107 ГВПМ-1938))とは、ソビエト連邦の迫撃砲である。M1938 107mm迫撃砲とも表記される。

概要[編集]

120mm迫撃砲PM-38を縮小化する形で設計されており、移動時には専用の台車に乗せたうえで10発分の即応弾薬を搭載可能な前車を介して4頭牽馬や自動車による牽引を行うほか、4輪式トラックに積載して運搬する。また、二脚・台座・砲身の3つの部品に分解したうえで、3頭(台車や砲弾を含めれば9頭)の駄馬に駄載しての運搬も可能なように設計されていた。[1]

第二次世界大戦においては、主に山岳部隊の歩兵連隊に配備運用された[2]

第二次世界大戦後も、ベトナム戦争において南ベトナム解放民族戦線に供与され、アメリカ軍や南ベトナム軍への攻撃に用いられた[3]

最近では、2011年リビア内戦において、反カダフィ勢力がこの砲を用いていることが確認されている。[4]

出典[編集]

  1. ^ hobby.nikolaev.com.ua(ロシア語)
  2. ^ Steven Zaloga and Leland Ness, Red Army Handbook 1939-1945, p. 47, Phoenix Mill: Sutton, 1998
  3. ^ VC Weapons(英語)
  4. ^ http://www.youtube.com/watch?v=nwdqzTlXvl8

関連項目[編集]

第二次世界大戦期の107mm迫撃砲

外部リンク[編集]

ウィキメディア・コモンズには、107mm迫撃砲GVPM-38に関するカテゴリがあります。