TM-3-12 305mm列車砲

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
TM-3-12 305mm列車砲
TM-3-12.JPG
ロシアカレリア地方のクラースナヤ ゴールカ砦のTM-3-12
種類 列車砲
原開発国 ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦
運用史
配備期間 1936年~?
配備先 ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦
関連戦争・紛争 第二次世界大戦
諸元
重量 340t
銃身 15.850m 口径 L/52

砲弾 470kg
口径 304.8mm
仰角 0°~50°
旋回角 0
発射速度 1.8発/1分
初速 760m/s
有効射程 29,000m
最大射程 50,000m
テンプレートを表示

TM-3-12 305mm列車砲(ロシア語:305-мм железнодорожная установка ТМ-3-12)は、ソビエト連邦火砲である。

概要[編集]

TM-3-12の305mm砲は、ロシア帝国時代のインペラトリッツァ・マリーヤ級戦艦w:en:Russian battleship Imperatritsa Mariyaマリア皇后)の主砲身を流用した物である。

インペラトリッツァ・マリアは、第一次世界大戦中の1916年ドイツ海軍によって撃沈され、その後本国まで曳航されたものの、ロシア革命の中で放置され、1925年、正式に除籍となり、翌年スクラップとなったが、305mm主砲4門は回収された。これが本砲の元となった。

1936年にTM-3-12として完成し、第二次世界大戦に参加した。305mm主砲が全て本砲に換装されたとしても4門しか生産されていないはずだが、初期に多くの火砲を失うこととなる独ソ戦も生き残り、現在もモスクワの中央博物館、旧フィンランド領・カレリア地方クラースナヤのゴールカ砦、そしてサンクトペテルブルクに1門ずつと、3門が残っている。

参考[編集]