暁 (吹雪型駆逐艦)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Japanese destroyer Akatsuki;h75491a.jpg
基本情報
建造所 佐世保海軍工廠
運用者  大日本帝国海軍
種別 駆逐艦
艦級 吹雪型
経歴
発注 昭和2年度艦艇補充計画
起工 1930年2月17日
進水 1932年5月7日
就役 1932年11月30日
除籍 1942年12月15日
最後 1942年11月13日戦没
要目
排水量 基準:1,680トン
公試:1,980トン
全長 118.5m
全幅 10.36m
吃水 3.24m
機関 ロ号艦本式缶(空気予熱器付)3基
艦本式タービン2基2軸、50,000馬力
速力 最大38ノット
燃料 重油475トン
航続距離 14ノット/5,000海里
兵装 建造時
50口径12.7cm連装砲3基
13mm単装機銃2基
61cm3連装魚雷発射管3基
最終時(推定)[1][注釈 1]
50口径12.7cm連装砲 3基6門
13mm連装機銃 2基あるいは13mm連装機銃 1基、7.7mm単装機銃4基
61cm3連装魚雷発射管 3基
九四式投射機 1基
特記を除き建造時の諸元
テンプレートを表示

(あかつき)は、日本海軍駆逐艦[2]一等駆逐艦吹雪型(白雪型)(特型)の21番艦(III型の1番艦)、朧型(吹雪型の後期型)[3]。日本海軍で暁を名乗るのは暁型駆逐艦1番艦と[4]、ロシアからの捕獲艦で一時的に名乗った駆逐艦山彦[5]に続いて3隻目。

艦歴[編集]

太平洋戦争開戦まで[編集]

1928年(昭和3年)6月16日、日本海軍は今後建造予定の吹雪型駆逐艦4隻について暁、響、雷、電の艦名を内定する[6]。駆逐艦暁は1930年(昭和5年)2月17日、佐世保海軍工廠で起工[7][8]。同年3月15日、建造中の吹雪型4隻は正式に暁、響、雷、電と命名される[2]1932年(昭和7年)5月7日午前8時15分、暁は進水した[8][9]。 5月16日、日本海軍は高橋一松少佐を暁艤装員長[10]に任命した[注釈 2]。 5月19日、吹雪型姉妹艦2隻(狭霧)により第10駆逐隊(駆逐隊司令栗田健男中佐)が編制される[11]。栗田司令は司令駆逐艦を狭霧に指定した[12]。 8月20日附で高橋は暁初代艦長となり、幹部達もそれぞれ任命された[13]。 11月18日、暁艤装員事務所を撤去[14]。同年11月30日に竣工[8][注釈 3]。竣工と同時に第十駆逐隊に編入され、同隊は3隻(狭霧、漣、暁)となった。 12月1日、栗田大佐は第12駆逐隊司令へ転任、それまで第11駆逐隊司令だった加藤仁太郎大佐(駆逐艦深雪初代艦長等を歴任)が後任の第10駆逐隊司令となる[15]

1933年(昭和8年)10月、第二水雷戦隊に編入。11月15日、加藤(10駆司令)は第8駆逐隊司令へ転任[16]。第30駆逐隊司令原顕三郎大佐が、後任の第10駆逐隊司令となる[16]1934年(昭和9年)11月15日、高橋中佐(暁艦長)は第24駆逐隊司令へ転任[17]。二代目暁駆逐艦長は、海軍水雷学校教官橘正雄少佐[17]となる[注釈 4]。また同日附で原(10駆司令)は川内型軽巡洋艦2番艦神通艦長へ転任[注釈 5][18]。駆逐隊司令は五藤存知大佐に交代した[17]

1935年(昭和10年)11月15日、橘中佐(暁艦長)は吹雪型姉妹艦朝霧駆逐艦長へ転任[19]勢多型砲艦2番艦比良艦長小田為清中佐が暁および姉妹艦漣の駆逐艦長を兼務する[19][注釈 6]。五藤(第10駆逐隊司令)は川内型軽巡3番艦那珂艦長に任命された[20]。 本艦は予備艦となり翌年2月まで性能改善工事を実施した(後述)。

1936年(昭和11年)2月15日、小田中佐は2隻(暁、漣)艦長兼務を解かれ、暁四代目艦長は吹雪型姉妹艦夕霧駆逐艦長成田忠良中佐となった[21]。 12月1日、成田中佐(暁艦長)は第15駆逐隊司令へ転任[22]。暁五代目艦長は吹雪型姉妹艦敷波駆逐艦長佐藤康夫中佐となる[22][注釈 7]。第10駆逐隊司令として板垣盛大佐が着任する[23]

1937年(昭和12年)7月、第十駆逐隊は第二艦隊・第四水雷戦隊に編入され、支那事変のため中国北部で船団護衛に従事。 7月6日附で佐藤康夫暁駆逐艦長は朝潮型駆逐艦3番艦満潮艤装員長へ転任する[24]。後任の暁駆逐艦長は篠田勝清中佐[24]となる(篠田は7月1日まで軽巡北上副長)[25]。 同年9月に第四水雷戦隊は第三艦隊に編入され、中国南部で沿岸封鎖作戦に従事した。同年10月、第四水雷戦隊は第四艦隊に編入され、杭州湾上陸作戦に参加した。 暁駆逐艦長は10月8日附で篠田から[注釈 8]、敷設艦厳島副長の荘司喜一郎中佐[26]に交代した[注釈 9]

1938年(昭和13年)4月、第十駆逐隊は予備駆逐隊となった。5月16日、荘司中佐(暁艦長)は剣埼型潜水母艦1番艦剣埼《祥鳳》艤装員に任命される(11月15日より剣埼副長)[27]。そこで姉妹艦駆逐艦長小山猛男少佐が、漣と暁の艦長を兼務することになった[27]。 7月22日、板垣(第10駆逐隊司令)は第41駆逐隊(朝雲夏雲峯雲山雲)司令を命じられ、後任の10駆司令は新美和貴大佐となる[28]。 8月1日附で小山は漣・暁駆逐艦長兼務の任を解かれ、川島良雄少佐(峯風型駆逐艦帆風駆逐艦長)が暁駆逐艦長となった[29]。 12月15日、新美(第10駆逐隊司令)は第6駆逐隊司令に転任する[30]。後任の10駆司令は河西虎三中佐[31]

1939年(昭和14年)2月15日、河西は第二十一掃海隊司令[32]へ転任[注釈 10]。後任の十駆司令は田原吉興大佐[32]。 11月15日附で第10駆逐隊は解隊され、田原は第29駆逐隊司令[33]へ転任 [注釈 11]。 漣は第7駆逐隊へ、狭霧は第20駆逐隊に編入される。暁は第6駆逐隊に編入され、同型艦3隻()と行動を共にした。また新美(第六駆逐隊司令)は第九駆逐隊(第41駆逐隊より改称)司令へ転任[33]。後任の第六駆逐隊司令は、第十二駆逐隊司令だった成田忠良大佐に交代する[33]

1940年(昭和15年)3月2日附で第六駆逐隊司令は成田忠良大佐から阪匡身大佐へ交代[34]。 11月、第六駆逐隊は第一艦隊第一水雷戦隊(司令官大森仙太郎少将)に編入された。11月1日附で阪(6駆司令)は軽巡夕張艦長[35]へ転任[注釈 12]。後任の第六駆逐隊司令は成田茂一大佐(第一掃海隊司令)に交代した[35]。 11月15日附で暁駆逐艦長は川島中佐から[36]、峯風型駆逐艦1番艦峯風駆逐艦長青木久治少佐に交代する[37]

1941年(昭和16年)1月から2月にかけて、第六駆逐隊はタイ・フランス領インドシナ紛争停戦に関わる示威運動のためサンジャック沖に進出した[38]。インドシナからの帰国後は、2月から11月まで浦賀船渠で特定修理が行われた[39]。7月17日、第一水雷戦隊旗艦は阿武隈から暁に変更される[40]。9月26日、一水戦旗艦は暁から阿武隈に戻った[41]

太平洋戦争[編集]

太平洋戦争開戦を控え、1941年11月に南方部隊本隊に加わった。第一水雷戦隊旗艦阿武隈は南雲機動部隊警戒隊旗艦になり、新鋭駆逐艦で編成された第17駆逐隊・第18駆逐隊を率いて真珠湾攻撃に参加するため別行動である。 南方部隊本隊の戦力は、指揮官近藤信竹第二艦隊司令長官(旗艦愛宕)以下、第四戦隊(愛宕高雄摩耶)、第三戦隊(金剛榛名)、第4駆逐隊(野分萩風舞風)、第6駆逐隊第1小隊(響、暁)、第8駆逐隊(朝潮大潮満潮荒潮)であった[42]。11月29日に響と共に佐伯湾から出撃。馬公三亜を経て12月11日、カムラン湾に入港し周辺の哨戒に従事。フィリピン攻略作戦にも参じて12月20日のリンガエン湾上陸作戦を支援する[43]

1942年(昭和17年)1月11日、セレベス島メナド攻略戦を支援する。以後、ジャワ作戦船団護衛、バタビア沖海戦などに参加。3月10日からは再びフィリピン攻略作戦に参加。3月17日、ルソン島南方のタヤバス湾英語版で暁、響、雷は米潜水艦パーミット(USS Permit, SS-178) を発見して2日間にわたり攻撃し、パーミットの司令塔に損傷を与えて撃破したものの取り逃がした[44][45]。4月3日に横須賀に帰投し、4月6日から11日まで入渠した響と入れ替わる形で、4月11日から16日まで浦賀船渠で入渠整備を行い出渠後は横須賀で修理が続行された[46]

4月6日、第6駆逐隊司令は成田大佐から山田勇助中佐[47]へ交代する[注釈 13]。4月13日、暁駆逐艦長も青木中佐から[注釈 14]、姉妹艦駆逐艦長高須賀修少佐に交代する[48]

4月18日、アメリカ軍はB-25中爆16機による日本本土空襲(ドーリットル空襲)を敢行した。4月19日、警戒隊(内海西部待機隊《山城、扶桑、伊勢、日向、鳳翔、瑞鳳、三日月、夕風》、横須賀待機隊《雷、暁、響》、フィリピン作戦部隊《親潮、黒潮、早潮》)もそれぞれ出撃するが、アメリカ軍機動部隊と遭遇することはなかった。瀬戸内海へ移動後の暁、響、雷は5月20日付で北方部隊所属となる[46][43]。同日、暁、響は大和型戦艦武蔵(2号艦)を護衛して長崎を出港、21日午後3時過ぎに呉へ到着して武蔵への護衛任務を終えた[49]

武蔵と別れた暁、響は5月22日に徳山港を出港して第四航空戦隊龍驤隼鷹)を大湊まで直衛し、キスカ島攻略部隊に編入の上、5月28日に大湊を出撃[50][51]アリューシャン方面の戦いは順調のうちに進んでキスカ島も易々と攻略に成功したが、その直後の6月12日、響とともにキスカ島近海を航行中に5機のB-24の爆撃を受け、艦首を損傷した「響」をキスカ島の泊地まで曳航した[50]。またに回航される空母隼鷹[52]の直衛も行っている。7月22日に片岡湾を出港して7月25日に横須賀に入港した[53]。 整備補給の上、7月5日に米潜水艦グロウラー (USS Growler, SS-215') の雷撃により大破した駆逐艦不知火の救援のため横須賀を出撃し、キスカ島に向かった[54]。しかし、8月10日に幌筵島加熊別湾に到着した所で行動が変更され、キスカ島には向かわなかった[55]。 8月11日、第6駆逐隊に吹雪型駆逐艦薄雲が編入される[56]。 8月14日には第一水雷戦隊旗艦の軽巡阿武隈を護衛中に対潜掃討を行う[57]。8月16日からは大湊方面で活動した[58]。しかし、ガダルカナル島の戦いが緊迫化するに伴って、8月28日付で第三艦隊配属となり、南方へ回ることとなった[59]。これにともない、薄雲は第21駆逐隊に編入された[60]。 8月29日に第6駆逐隊(暁、雷、電)は大湊を出港して呉に向かったが[61]、これが北方方面の見納めとなった[43]

9月1日、第6駆逐隊(暁、雷)は[62]、駆逐艦「磯波」とともに空母2隻(瑞鳳雲鷹)の警戒艦となり、呉からトラックへ進出[63][64]。6日にトラック着後、9日から空母雲鷹をカビエンまで往復で護衛したあと呉に帰投。9月18日に雷と行動をともにして雲鷹および特設運送船(給油)旭東丸飯野商事、10,051トン)を護衛して呉を出撃[65]。9月29日、暁、雷、掃海艇1号、掃海艇3号とともに沖輸送第三船団(輸送船4隻)を護衛して佐伯を出撃し、トラックまで護衛を実施する[66]。10月13日、ラバウルに到着した[67]

ガダルカナル島をめぐって[編集]

艦隊曳船セミノール(1940年)

10月からはガダルカナル島増援作戦(鼠輸送)に従事する。10月14日、前日10月13日夜の第三戦隊(金剛榛名)によるヘンダーソン基地艦砲射撃に乗じる形で、第三水雷戦隊司令官橋本信太郎少将が指揮する増援部隊(軽巡洋艦《川内〔三水戦旗艦〕、由良》、駆逐艦《朝雲、白雪、暁、雷》)は、陸軍兵士1,129名と軍需品をガダルカナル島エスペランス岬に輸送[68][69]。白雪は特殊潜航艇甲標的の基地員輸送を担当した[69]

10月17日未明、三水戦司令官指揮下の軽巡戦隊(川内、由良、龍田)、第四水雷戦隊司令官高間完少将指揮下の水雷戦隊(秋月《四水戦旗艦》、朝雲、白雪、暁、雷、村雨、夕立、春雨、五月雨、浦波、敷波、綾波、有明、白露、時雨)はショートランド泊地を出撃、輸送物件(陸兵2159名、野砲6門、速射砲12門、弾薬、糧食)を各艦に搭載し、ガ島へ向かった[70]。村雨、時雨と主隊から派遣された天霧、望月が飛行場砲撃を行う中、各隊は輸送に成功[70]。だが米潜水艦グランパス (USS Grampus, SS-207) が由良を雷撃し、魚雷1本を命中させた(不発、由良の損傷軽微)[71]。暁は由良を掩護して敵潜に対し爆雷攻撃を行うが、効果不明に終わった(グランパスに損傷はなかった。)[70]

10月19日、海軍は第二師団丸山政男陸軍中将)による総攻撃でヘンダーソン飛行場を占領すればガダルカナル島沖のアメリカ軍艦船は退避するだろうと考え、駆逐隊をいくつか送って脱出艦船の掃討と物資輸送を行う計画を立てる[72]。第一攻撃隊(主隊《川内、綾波、浦波、敷波》、突撃隊《暁、雷、白露》)、第二攻撃隊(秋月《旗艦》、由良、村雨、五月雨、夕立、春雨)、甲増援隊(津軽、龍田、時雨、有明)、乙増援隊(白雪、天霧、望月)、挺身輸送隊(大発動艇部隊)、第三攻撃隊(千代田、日進、千歳)という区分が決定[73][74]。 10月24日昼以降、各隊はショートランド泊地を出撃[75]。同日22時30分、ガ島部隊より『二一〇〇飛行場占領』の報告がはいり、外南洋部隊指揮官三川軍一第八艦隊司令長官は予定通りの行動を下令、各隊はガ島に向け進撃を開始した[75]

10月25日午前2時30分、ガ島派遣部隊より飛行場占領は誤報・激戦中との報告が第八艦隊に入り、つづいて飛行場周辺のアメリカ軍陣地爆撃と米軽巡1隻のルンガ泊地入泊の報告を受ける[75]。第八艦隊は突撃隊と第二攻撃隊に陸戦掩護を命じ、突撃隊(指揮官山田勇助第六駆逐隊司令)の3隻(暁、雷、白露)はアメリカ軍小型機計4機の空襲を切り抜け、サボ島南方を通過してルンガ泊地に突入した[75][76]。突撃隊は南方泊地に仮装巡洋艦1隻・小型船2隻、ツラギ方面に軽巡2隻(駆逐艦2隻と訂正)を発見、まずツラギ方面の敵艦へ向かう[75]。突入時、掃海駆逐艦ゼイン英語版 (USS Zane, DMS-14) が荷役作業中であったが、3隻の日本駆逐艦の出現により逃亡を図る[76]。突撃隊(暁、雷、白露)はシーラーク水道英語版を突っ切って「ゼイン」まで5カイリに接近したところで砲撃を開始し、ゼインに命中弾1発を与えるが、主任務であるアメリカ軍陣地砲撃との兼ね合いからそれ以上の追撃はできなかった[76][77]。 再度ルンガ泊地に向かうと、今度はアメリカ海兵隊向けの軍需品をガダルカナル島に陸揚げ中の艦隊曳船セミノール英語版 (Seminole, AT-65) と沿岸哨戒艇YP-284を発見[76]、セミノールとYP-284は接近してきたのが日本駆逐艦だと知ると陸揚げ作業を打ち切り、直ちに逃亡を開始した[76]。間髪入れず砲撃を開始し、YP-284を砲撃で炎上させて撃沈したのに続きセミノールも砲撃により撃沈した[76][78]。突撃隊は小型輸送船1隻・仮装巡洋艦1隻の撃沈を記録した[75]。 続いて海兵隊陣地に対して艦砲射撃を開始するが、海兵隊陣地の5インチ海岸砲からの反撃により暁の三番砲塔の薬室に1発が命中して一時火災が発生、4名の戦死者を出す被害を受けた[75]。雷も緊急発進したF4Fワイルドキャット戦闘機の機銃掃射で損傷、銃撃で数名が死傷する被害を受けた[75][79]

突撃隊は無事にルンガ泊地から脱出したが、第二攻撃隊はアメリカ軍機の波状攻撃を受け、被弾炎上した軽巡由良が夕立春雨により自沈処分、秋月型駆逐艦秋月が中破した[80]。四水戦旗艦は秋月から村雨に変更、のちに朝雲に変更された。第二攻撃隊の被害を受けて、他部隊のガ島突入は一時延期となる[75]。10月26日午前1時、ガ島より『陸軍主力未ダ飛行場ニ突入スルニ至ラズ敵ノ防禦堅固ニシテ後図ヲ策スルノ要アルヲ思ハシムルモノアリ』の報告があり、日本陸軍総攻撃失敗と判断した外南洋部隊は作戦を中止、各隊はショートランド泊地へ戻った[81]南太平洋海戦で日米双方の機動部隊が正面対決する中での突入作戦だった[82]

11月初頭、外南洋部隊増援部隊は全力でガダルカナル島輸送作戦を実施することになった。11月1日深夜、第一攻撃隊(衣笠《三水戦旗艦》、川内、天霧、初雪)、甲増援隊(朝雲《四水戦旗艦》、天龍、村雨、春雨、夕立、時雨、白露、有明、夕暮、白雪、暁、雷)、乙増援隊(満潮、浦波、敷波、綾波、望月)はショートランド泊地を出撃[83][84]。甲増援隊は警戒隊(朝雲、時雨)が哨戒する中、各隊は11月2日深夜に揚陸を開始するも、強風波浪のため装載艇各種9隻を喪失し、一部物資・陸兵を揚陸できなかった[83]。乙増援隊の輸送は成功した[83]

第三次ソロモン海戦[編集]

11月8日、前進部隊指揮官近藤信竹第二艦隊司令長官は、第十一戦隊によるガ島飛行場砲撃部隊の兵力部署を以下のように定めた[85]。射撃計画そのものは、10月13日の第三戦隊(金剛、榛名)によるヘンダーソン基地艦砲射撃とほぼ同一だった[85]

挺身攻撃隊指揮官:阿部弘毅中将(第十一戦隊司令官)

  • 第十一戦隊(戦艦:比叡霧島) 「ガ」島飛行場並ニ軍事施設砲撃破壊
  • 第十戦隊(旗艦:長良) 第十一戦隊直衛、敵軽快艦艇撃攘 
  • 第四水雷戦隊(旗艦:朝雲) 前路警戒ルンガ泊地掃蕩 

11月9日15時以降、暁は前進部隊(旗艦愛宕)と共にトラック泊地を出撃、ショートランド泊地からも第四水雷戦隊が出撃して合同地点へ向かった[86]。12日午前3時以降、挺身攻撃隊(第十一戦隊、第十戦隊)は前進部隊本隊から分離してガ島へ向かった[87]。午後1時に第四水雷戦隊(朝雲、村雨、五月雨、夕立、春雨)が挺身攻撃隊に合流[87]。一度も共同訓練・電波整合すらしていない「寄せ集め艦隊」は悪天候の中で幾度か反転しているうちに隊形を乱し、第十一戦隊・第十戦隊に先行してルンガ泊地へ突入するはずの四水戦(朝雲、村雨、五月雨)は本隊に近接し、第2駆逐隊第2小隊(夕立、春雨)のみ右前方へ突出していた[87]。 11月12日23時30分、挺身攻撃隊はガダルカナル島沖でノーマン・スコット少将指揮下の重巡2隻・軽巡3隻・駆逐艦8隻のアメリカ艦隊と交戦(第三次ソロモン海戦第一夜戦)。当時の挺身攻撃隊は、夕立、春雨が前方へ突出、その後方に長良、比叡、霧島が縦に並び、比叡の左舷側に雪風、天津風、照月・右舷側に暁、雷、電が単縦陣を形成、朝雲、村雨、五月雨は比叡の後方を航行していたとみられる[88][89]。暁はアメリカ艦隊からの集中砲火を受けて沈没した[90]。第一夜戦で挺身艦隊からは暁のほかに夕立が沈没、雷、村雨、天津風が損傷、13日昼の空襲で比叡が沈没、雪風、時雨、白露、夕暮に若干の損傷があった。

12月15日、第三次ソロモン海戦で喪失した重巡衣笠および駆逐艦3隻(暁、夕立、綾波)の除籍が決定した。暁は帝国駆逐艦籍[91]、 白雪型駆逐艦[92]、 第六駆逐隊[93]、 それぞれから除籍された。本艦と共に戦死した山田(六駆司令、少将に昇進)[94] の後任には、12月15日まで陽炎型駆逐艦7番艦初風駆逐艦長だった高橋亀四郎大佐[95]が任命された[注釈 15]。高橋は司令駆逐艦をに指定した[96]

また暁乗組の中津留達雄少尉は11月26日附で横須賀鎮守府附となった[97]パイロットとして太平洋戦争を戦うが、1945年(昭和20年)8月15日終戦の日)、宇垣纏中将の特攻に際して艦上爆撃機彗星四三型を操縦して出撃し、戦死した(操縦、中津留達雄大尉。偵察員、宇垣纏中将、遠藤秋章飛曹長)。

戦没の状況[編集]

戦没の状況については諸説[注釈 16]ある。僚艦も暁の行方がわからず、第十戦隊旗艦長良からの問い合わせに対し[98]、電は『状況不明ナルモ戦闘開始直後沈没セルモノノ如シ』と応答した[99]。より詳しく報告した雷も『暁2330頃本艦次デ比叡ノ艦首ヲ右ヨリ横過セルヲ認メタルモ海戦前後ノ状況不明』という認識であった[100]

まず、生還した水雷長・新屋徳治中尉海兵68期)の証言に基づく著作[101]によると次のとおりである。

1942年11月13日、暁は戦艦護衛の任務につき、日本艦隊の先頭に位置していた。アメリカ艦隊と次第に接近する中、午前1時50分、第三次ソロモン海戦・第一夜戦の劈頭、暁の探照灯がアメリカ艦隊の軽巡洋艦アトランタを照射した。そのためアメリカ艦隊からの砲弾が暁に集中し、一瞬にして航行不能に陥った。艦橋内では、山田勇助司令、高須賀駆逐艦長、航海長、新屋水雷長などの僅かな士官は生存していたが、砲術長とその部下全員、新屋水雷長の部下全員などが戦死し、操舵装置も破壊された。新屋は艦後部の予備操舵装置を作動させようと混乱した艦内を進んだが、火災のため近づくことが不可能であった。暁は制御を失い漂流し、ついに右に傾き転覆沈没した。砲撃を受けてから15分ほど後のことであった。新屋は艦橋から海に飛び込み、朝には周りに30名から40名ほどの乗組員が生存していたが、アメリカ軍の上陸用船艇に救助され捕虜となったのは、僅かに18名であった。特III型としても、第六駆逐隊としても、最初の犠牲艦となった。

また、高松宮宣仁親王による『高松宮日記』第5巻には、暁の生存者である中津留達雄少尉(海兵70期)からの証言として「一三日〇〇〇〇頃、右前方『ルンガ』沖に敵大巡らしき艦影を認め之と交戦。初弾発砲と同時に数発の命中弾を受け、機械・舵故障。射撃装置破壊、砲側照準にて射撃継続せしも、再度左舷中部に命中弾を受け大火災、数秒後左に傾斜、沈没せり」という記事がある[102][103]。暁、雷の後方に続いていた電の駆逐艦長寺内正道少佐[注釈 17]は、暁が「赤い腹を出してまさに転覆しようとしているところ」を目撃している[104]。暁と反対側に位置していた天津風[89]駆逐艦長原為一中佐によれば、暁はアメリカ艦隊の隊列に突入した刹那、「どす黒い火焔と共に一瞬にして姿を消してしまった」[105]。 アメリカ側の視点では、軽巡洋艦ヘレナ (USS Helena, CL-50) と駆逐艦アーロン・ワード (USS Aaron Ward, DD-483) [106]、あるいは重巡洋艦サンフランシスコ (USS San Francisco, CA-38) と駆逐艦オバノン英語版 (USS O'Bannon, DD-450) [107]の反撃により機関室に命中弾を受け蒸気が噴出し、発生した火災が火薬庫に引火して爆発、沈没したと推定している[106]

一方、具体的な戦果についても大乱戦のため彼我の詳細の状況を正確に判別するのは難しいが、日米の一部の文献では、「海戦で『アトランタ』を照射した上で致命傷の魚雷2本を命中させた」[108]、「駆逐艦『ステレット英語版』 (USS Sterett, DD-407) の艦尾にも命中弾を与えた」[106]という推定がなされている。暁の18名ないし20名の生存者は捕虜となってニュージーランドに後送されたが、戦争終結後は9名しか復員しなかった[106]

性能改善工事[編集]

友鶴事件第四艦隊事件により、特型の復元性、船体強度の問題が浮上し、暁を含む特III型は徹底的な改善工事が行われた。その内容は次のようであった。

  • 艦橋構造物の縮小小型化
  • 方位盤換装
  • 大掃海具・艦上の伝声管撤去
  • 艦橋上の測距儀換装
  • バラスト搭載
  • 上甲板補強
  • デッキガータ増設
  • B型砲架をC型砲架へ換装

上記の改善工事によって、暁の公試排水量は2,400トンを上回り最大速力は約2ノット低下した。しかし、速力低下以外の問題点は生じなかったといわれている。

歴代艦長[編集]

※『艦長たちの軍艦史』288-290頁による。階級は就任時のもの。

艤装員長[編集]

  1. 高橋一松 少佐:1932年5月16日[10] -

艦長[編集]

  1. 高橋一松 少佐:1932年8月20日[13] - 1934年11月15日[17]
  2. 橘正雄 少佐:1934年11月15日[17] - 1935年11月15日[19]
  3. (兼)小田為清 中佐:1935年11月15日[19] - 1936年2月15日[21]
  4. 成田忠良 中佐:1936年2月15日[21] - 12月1日[22]
  5. 佐藤康夫 中佐:1936年12月1日[22] - 1937年7月6日[24]
  6. 篠田勝清 中佐:1937年7月6日[24] - 10月8日[26]
  7. 荘司喜一郎 中佐:1937年10月8日[26] - 5月16日[27]
  8. 小山猛夫 中佐:1938年5月16日(本職:漣駆逐艦長)[27] - 8月1日[29]
  9. 川島良雄 少佐:1938年8月1日[29] - 1940年11月15日[36]
  10. 青木久治 少佐:1940年11月15日[37] - 1942年4月13日[48]
  11. 高須賀修 少佐:1942年4月13日[48] – 11月13日戦死(中佐)[109]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 機銃については、証言者によって内容が食い違っている(#田村 (1) p.55)
  2. ^ 高橋(少将)は、第二海上護衛師団司令として松型駆逐艦1番艦沈没時に戦死した。
  3. ^ 特III型の1番艦ではあるが、進水・竣工・就役はいずれも3番艦と4番艦の方が先であった。
  4. ^ 橘(大佐)は、第三次ソロモン海戦時の第2駆逐隊(村雨、五月雨、夕立、春雨)司令。
  5. ^ 原大佐は、太平洋戦争開戦時の第五水雷戦隊司令官
  6. ^ 小田(大佐)は香取型練習巡洋艦1番艦香取艦長となり、1944年2月17日のトラック島空襲で同艦沈没時に戦死。
  7. ^ 佐藤(大佐)は太平洋戦争開戦時の第9駆逐隊司令、第三次ソロモン海戦では朝雲に座乗。第8駆逐隊司令に転任後、1943年3月3日ビスマルク海海戦において乗艦朝潮沈没時に戦死した。
  8. ^ 後日、篠田は第三十駆逐隊司令、第九駆逐隊司令、軽巡長良艦長、軽巡大淀艦長、戦艦山城艦長等を歴任。山城艦長としてレイテ沖海戦に参加、山城沈没時に戦死。
  9. ^ 太平洋戦争開戦時の第16駆逐隊司令。軽巡川内艦長としてブーゲンビル島沖海戦に参加、川内の沈没時に戦死。
  10. ^ 後日、太平洋戦争開戦時の軽巡洋艦「神通」艦長。
  11. ^ 後日、第2駆逐隊司令、軽巡那珂艦長、軽巡長良艦長、重巡青葉艦長、軽巡大淀艤装員長、軽巡能代艦長、戦艦山城艦長等を歴任。
  12. ^ 後日、重巡足柄艦長、戦艦扶桑艦長。扶桑艦長としてレイテ沖海戦に参加、扶桑沈没時に戦死
  13. ^ 成田は4月10日より重雷装艦大井艦長
  14. ^ 後日、夕雲型駆逐艦9番艦玉波駆逐艦長。第32駆逐隊司令として、玉波の沈没時に戦死。
  15. ^ 第四駆逐隊司令としてレイテ沖海戦に参加、駆逐艦満潮沈没時に戦死。
  16. ^ 佐藤和正著「太平洋海戦2 激闘篇」によると乱戦のため、被弾、沈没を確認した僚艦は存在せず。従って沈没原因、時間も不明。艦長以下全員戦死、生存者無し。と記述されている。一方「艦長たちの軍艦史」によると敵艦隊の集中砲火をあび、左舷に傾きながら沈没(中略)乗員の大半が戦死。20名余りが翌日海上でアメリカ軍に捕らえられた。との記述有り
  17. ^ のち、陽炎型駆逐艦雪風駆逐艦長

出典[編集]

  1. ^ #田村 (1) pp.54-56, p.58
  2. ^ a b #達昭和5年3月p.10『達第二十四號 艦艇製造費ヲ以テ本年建造ニ着手ノ一等驅逐艦四隻ニ左ノ通命名ス 昭和五年三月十五日 臨時海軍大臣事務管理 内閣総理大臣 濱口雄幸|佐世保海軍工廠ニ於テ建造 暁アカツキ|舞鶴要港部工作部ニ於テ建造 響ヒビキ|浦賀船渠株式會社ニ於テ建造 雷イカヅチ|株式會社藤永田造船所ニ於テ建造 電イナヅマ』
  3. ^ #幕末以降帝国軍艦写真と史実p.160『朧型〔八隻〕 暁(あかつき)【二代】』
  4. ^ #幕末以降帝国軍艦写真と史実p.75
  5. ^ #幕末以降帝国軍艦写真と史実p.76『山彦(やまびこ) 舊露國驅逐艦、原名「レシテルヌイ」、明治37年8月10日芝罘にて捕獲、沈没驅逐艦暁の一時代艦として使用す(注:誤り)、同38年1月17日帝國驅逐艦と定め「山彦」と命名す(注:誤り)、大正6年4月1日除籍。
  6. ^ #駆逐艦命名の件p.3『艦名ハ昭和三年六月十六日官房第二一四五號決裁済』
  7. ^ #授受起工に関する件p.2『駆逐艦暁二月十七日午前九時三十分佐世保工廠ニ於テ起工ス』
  8. ^ a b c #艦船要目公表範囲(昭和12年12月1日)p.4『暁|一等駆逐艦|(艦要目略)|佐世保工廠|5-2-17|7-5-7|7-11-30|(艦装備略)』
  9. ^ 昭和7年5月9日 海軍公報 第1575号 p.39』 アジア歴史資料センター Ref.C12070332600 『○驅逐艦進水 佐世保海軍工廠ニ於テ建造ノ驅逐艦暁一昨日七日午前八時十五分進水セリ』
  10. ^ a b 昭和7年5月17日 官報第1611号。国立国会図書館デジタルコレクション 永続的識別子 info:ndljp/pid/2958082 p.6
  11. ^ 昭和7年5月20日 官報第1614号。国立国会図書館デジタルコレクション 永続的識別子 info:ndljp/pid/2958085 p.4
  12. ^ 昭和7年5月20日 海軍公報 第1585号 p.28』 アジア歴史資料センター Ref.C12070332700 『○司令驅逐艦指定 第十驅逐隊司令ハ昨十九日司令驅逐艦ヲ狭霧ニ指定セリ』
  13. ^ a b 昭和7年8月25日 官報第1697号。国立国会図書館デジタルコレクション 永続的識別子 info:ndljp/pid/2958168 p.3
  14. ^ 昭和7年11月17日 海軍公報 第1735号 p.8』 アジア歴史資料センター Ref.C12070334600 『○事務所撤去 驅逐艦暁艤装員事務所ヲ佐世保海軍工廠内ニ設置中ノ處本月十八日撤去ス』
  15. ^ 昭和7年12月02日 官報第1778号。国立国会図書館デジタルコレクション 永続的識別子info:ndljp/pid/2958249 p.9
  16. ^ a b 昭和8年11月16日 官報第2064号。国立国会図書館デジタルコレクション 永続的識別子info:ndljp/pid/2958537 p.8
  17. ^ a b c d e 昭和9年11月16日 官報第2364号。国立国会図書館デジタルコレクション 永続的識別子 info:ndljp/pid/2958840 p.10
  18. ^ 昭和9年11月16日 官報第2364号。国立国会図書館デジタルコレクション 永続的識別子 info:ndljp/pid/2958840 p.9
  19. ^ a b c d 昭和10年11月16日 官報第2663号。国立国会図書館デジタルコレクション 永続的識別子 info:ndljp/pid/2959142 p.10
  20. ^ 昭和10年11月16日 官報第2663号。国立国会図書館デジタルコレクション 永続的識別子 info:ndljp/pid/2959142 p.10
  21. ^ a b c 昭和11年02月17日 官報第2735号。国立国会図書館デジタルコレクション 永続的識別子 info:ndljp/pid/2959215 p.2
  22. ^ a b c d 昭和12年12月02日 官報第2976号。国立国会図書館デジタルコレクション 永続的識別子 info:ndljp/pid/2959458 p.22
  23. ^ 昭和12年12月02日 官報第2976号。国立国会図書館デジタルコレクション 永続的識別子 info:ndljp/pid/2959458 p.21
  24. ^ a b c d 昭和12年7月7日 官報第3152号。国立国会図書館デジタルコレクション 永続的識別子 info:ndljp/pid/2959635 p.8
  25. ^ 昭和12年7月2日 官報第3148号。国立国会図書館デジタルコレクション 永続的識別子 info:ndljp/pid/2959631 p.10
  26. ^ a b c 昭和12年10月8日(発令10月8日付)海軍辞令公報(号外)第70号 p.11』 アジア歴史資料センター Ref.C13072072400 
  27. ^ a b c d 昭和13年5月16日(発令5月16日付)海軍辞令公報(部内限)第182号 p.14』 アジア歴史資料センター Ref.C13072073800 
  28. ^ 昭和13年7月22日(発令7月22日付)海軍辞令公報(部内限)第215号 p.35』 アジア歴史資料センター Ref.C13072074100 
  29. ^ a b c 昭和13年8月1日(発令8月1日付)海軍辞令公報(部内限)第219号 p.1』 アジア歴史資料センター Ref.C13072074200 
  30. ^ 昭和13年12月15日(発令12月15日付)海軍辞令公報(部内限)第273号 p.18』 アジア歴史資料センター Ref.C13072074800 
  31. ^ 昭和13年12月15日(発令12月15日付)海軍辞令公報(部内限)第273号 p.18』 アジア歴史資料センター Ref.C13072074800 
  32. ^ a b 昭和14年2月15日(発令2月15日付)海軍辞令公報(部内限)第301号 p.28』 アジア歴史資料センター Ref.C13072075400 
  33. ^ a b c 昭和14年11月15日(発令11月15日付)海軍辞令公報(部内限)第402号 pp.33-34』 アジア歴史資料センター Ref.C13072076700 
  34. ^ 昭和15年3月6日(発令3月2日付)海軍辞令公報(部内限)第448号 p.7』 アジア歴史資料センター Ref.C13072077800 
  35. ^ a b 昭和15年11月1日(発令11月1日付)海軍辞令公報(部内限)第550号 pp.3-4』 アジア歴史資料センター Ref.C13072079300 
  36. ^ a b 昭和15年11月15日(発令11月15日付)海軍辞令公報(部内限)第555号 p.11』 アジア歴史資料センター Ref.C13072079500 
  37. ^ a b 昭和15年11月15日(発令11月15日付)海軍辞令公報(部内限)第555号 p.15』 アジア歴史資料センター Ref.C13072079500 
  38. ^ #木俣水雷 pp.40-41
  39. ^ #田村 (1) p.52
  40. ^ 昭和16年9月2日 海軍公報(部内限)第3887号 p.13』 アジア歴史資料センター Ref.C12070397300 『○旗艦變更 第一水雷戰隊司令官ハ七月十七日旗艦ヲ暁ニ變更セリ/第二潜水戰隊司令官ハ九月一日旗艦ヲ伊號第七潜水艦ニ變更セリ』
  41. ^ 昭和16年9月30日 海軍公報(部内限)第3990号 p.25』 アジア歴史資料センター Ref.C12070397600 『○旗艦變更 第二艦隊司令長官ハ九月二十五日旗艦ヲ高雄ヨリ摩耶ニ變更セリ/第一水雷戰隊司令官ハ九月二十六日旗艦ヲ暁ヨリ阿武隈ニ變更セリ/第一航空艦隊司令長官ハ九月二十七日旗艦ヲ赤城ヨリ加賀ニ變更セリ』
  42. ^ #戦史叢書26海軍進攻作戦付表第一『南方作戦関係主要職員表 昭和十六年十二月八日』
  43. ^ a b c #日本の軍艦10 p.257
  44. ^ #SS-178, USS PERMIT, Part 1 pp.122-123
  45. ^ #木俣敵潜1989p.194
  46. ^ a b #田村 (2) p.67
  47. ^ 昭和17年4月7日(発令4月6日付)海軍辞令公報(部内限)第840号 p.5-6』 アジア歴史資料センター Ref.C13072085100 
  48. ^ a b c 昭和17年4月13日(発令4月13日付)海軍辞令公報(部内限)第842号 p.36』 アジア歴史資料センター Ref.C13072085100 
  49. ^ #武藏上71-73頁
  50. ^ a b #田村 (3) p.69
  51. ^ #木俣水雷 p.150
  52. ^ #木俣空母 p.260
  53. ^ #一水戦1707 pp.9-10
  54. ^ #一水戦1708 pp.6-7
  55. ^ #一水戦1708 p.8,49
  56. ^ #S1708一水戦1708p.5『1.八月一一日北方部隊信令第一三四號ニ依リ薄雲一時本職ノ指揮下ニ入リ第六驅逐隊ニ編入セラル』
  57. ^ #一水戦1708 p.9
  58. ^ #一水戦1708 p.50, pp.55-58
  59. ^ #木俣水雷 p.154
  60. ^ #一水戦S1708pp.5-6『3.八月二八日聯合艦隊電令作第二四三號及北方部隊電令作第二九二號ニ依リ第六驅逐隊機動部隊ニ編入セラレ本職ノ指揮下ヲ離ル、之ニ伴ヒ北方部隊信令第一五三號ニ依リ薄雲ヲ第六驅逐隊ヨリ除カレ第二十一驅逐隊ニ編入セラル』
  61. ^ #一水戦1708 p.58
  62. ^ #戦史叢書83ガ島戦84頁
  63. ^ #呉防戦1709 p.7
  64. ^ #木俣空母 p.351
  65. ^ #呉防戦1709 p.8
  66. ^ #呉防戦1709 pp.25-27 pp.31-33
  67. ^ #戦史叢書83ガ島戦164頁
  68. ^ #田村 (3) p.72
  69. ^ a b #戦史叢書83ガ島戦217-218頁
  70. ^ a b c #戦史叢書83ガ島戦224-225頁『十七日の輸送』
  71. ^ #高松宮日記5巻79頁
  72. ^ #木俣水雷 p.211
  73. ^ #戦史叢書83ガ島戦246頁
  74. ^ #高松宮日記5巻83頁
  75. ^ a b c d e f g h i #戦史叢書83ガ島戦257-259頁『突撃隊(第六駆逐隊)のルンガ泊地攻撃』
  76. ^ a b c d e f #木俣水雷 p.212
  77. ^ Chapter IV: 1942” (英語). The Official Chronology of the U.S. Navy in World War II. HyperWar. 2014年4月30日閲覧。
  78. ^ #響の栄光 p.235
  79. ^ #木俣水雷 pp.212-213
  80. ^ #雷海戦記243頁
  81. ^ #戦史叢書83ガ島戦262頁
  82. ^ #雷海戦記244頁
  83. ^ a b c #戦史叢書83ガ島戦346-347頁
  84. ^ #雷海戦記247頁では白雲が加わっているが、白雲は呉で修理中であった。白雪の誤認。
  85. ^ a b #戦史叢書83ガ島戦356-357頁
  86. ^ #戦史叢書83ガ島戦358頁
  87. ^ a b c #戦史叢書83ガ島戦359-360頁『挺身攻撃隊の進撃』
  88. ^ #戦史叢書83ガ島戦358頁『砲撃目標(敵飛行場)下令時(2330)の日米両軍態勢概要図』
  89. ^ a b #木俣水雷 p.220
  90. ^ #戦史叢書83ガ島戦368頁
  91. ^ #内令昭和17年12月(3)pp.1-2『内令第二千二百八十八號 呉鎮守府在籍 軍艦 衣笠 右帝國軍艦籍ヨリ除カル|横須賀鎮守府在籍 驅逐艦 暁、驅逐艦 夕立|呉鎮守府在籍 驅逐艦 綾波 右帝國驅逐艦籍ヨリ除カル(以下略)|昭和十七年十二月十五日 海軍大臣 嶋田繁太郎』
  92. ^ #内令昭和17年12月(3)p.19『内令第2317号 艦艇類別等級表中左ノ通改正ス 昭和十七年十二月十五日 海軍大臣 嶋田繁太郎|軍艦、巡洋艦一等青葉型ノ項中「、衣笠」ヲ削ル 驅逐艦、一等白雪型ノ項中「、綾波」、「、暁」ヲ、同白露型ノ項中「、夕立」ヲ削ル(以下略)』
  93. ^ #内令昭和17年12月(3)pp.2-3『内令第二千二百九十號 驅逐隊編制中左ノ通改定セラル 昭和十七年十二月十五日 海軍大臣 嶋田繁太郎|第二驅逐隊ノ項中「夕立、」ヲ削ル|第六驅逐隊ノ項中「、暁」ヲ削ル|第十九驅逐隊ノ項中「、綾波」ヲ削ル』
  94. ^ 昭和18年10月16日(発令昭和17月11月13日付)海軍辞令公報(部内限)第1241号 p.35』 アジア歴史資料センター Ref.C13072093800 
  95. ^ 昭和17年12月31日(発令12月28日付)海軍辞令公報(部内限)第1022号 p.11』 アジア歴史資料センター Ref.C13072088700 
  96. ^ 昭和18年1月11日 海軍公報(部内限)第4287号 p.2』 アジア歴史資料センター Ref.C12070429200 『○司令驅逐艦變更 第六驅逐隊司令ハ一月二日司令驅逐艦ヲ響ニ變更セリ』
  97. ^ 昭和17年11月27日(発令11月26日付)海軍辞令公報(部内限)第997号 p.19』 アジア歴史資料センター Ref.C13072088300 
  98. ^ #電詳報其壱(1)1707p.53『11月13日0645将旗10S→雷・電/暁ノ状況分リ居ラズ知ラセ』
  99. ^ #電詳報其壱(1)1707p.53『13日1015電駆逐艦長→10S司令官』
  100. ^ #11戦隊詳報(5)1707p.38『13日1353雷→各隊各司令官/雷機密131310番電』
  101. ^ 『戦争と恵み』 pp.10-21。訳者・新屋順子は新屋徳治の妻。
  102. ^ #田村 (3) pp.72-73
  103. ^ #高松宮日記5巻237頁
  104. ^ #木俣水雷 pp.220-221
  105. ^ #原 (2011) pp.60-61
  106. ^ a b c d #木俣水雷 p.222
  107. ^ #ミュージカント p.142
  108. ^ #ミュージカント pp.140-141
  109. ^ 昭和18年10月22日(発令昭和17月11月13日付)海軍辞令公報(部内限)第1244号 p.16』 アジア歴史資料センター Ref.C13072093900 

参考文献[編集]

  • 近代デジタルライブラリー - 国立国会図書館
    • 海軍有終会編 『幕末以降帝国軍艦写真と史実』 海軍有終会、1935年11月。
    • 海軍研究社編輯部 編 『ポケット海軍年鑑 : 日英米仏伊軍艦集. 1935年版』 海軍研究社、1935年5月。
    • 海軍研究社編輯部 編 『ポケット海軍年鑑 : 日英米仏伊独軍艦集. 1937,1940年版』 海軍研究社、1937年2月。
    • 海軍研究社編輯部 編 『日本軍艦集 2600年版』 海軍研究社、1940年7月。
  • アジア歴史資料センター(公式)(防衛省防衛研究所)
    • Ref.C08030081500 『自昭和十七年七月一日至昭和十七年七月三十一日 第一水雷戦隊戦時日誌』。
    • Ref.C08030082000 『自昭和十七年八月一日至昭和十七年八月三十一日 第一水雷戦隊戦時日誌』。
    • Ref.C08030366600 『自昭和十七年九月一日至昭和十七年九月三十日 呉防備戦隊戦時日誌』。
    • Ref.C08030752300 『昭和17年7月6日~昭和17年12月3日 駆逐艦電戦闘詳報原稿 その1(1)』。
    • Ref.C08030051800 『昭和17年7月14日~昭和17年11月30日 第11戦隊戦時日誌戦闘詳報(5)』。
    • Ref.C05021175200 『公文備考昭和5年F艦船巻2役務行動1/授受起工に関する件』。
    • Ref.C05022070700 『公文備考昭和7年F艦船巻1/官房第783号5.3.8駆逐艦命名の件』。
    • Ref.C12070091000 『昭和5年達完/3月』。
    • Ref.C13071974300 『昭和12年12月1日現在10版内令提要追録第3号原稿/巻1追録/第6類機密保護』。
    • Ref.C12070166900 『昭和17年10月~12月内令4巻止/昭和17年12月(3)』。
  • 落合康夫「特型駆逐艦(朧、曙、漣、潮、暁、響、雷、電))行動年表」 『写真 日本の軍艦10 駆逐艦I』 雑誌「」編集部(編)、光人社、1990年ISBN 4-7698-0460-1
  • 木俣滋郎 『日本空母戦史』 図書出版社、1977年
  • 木俣滋郎 『日本水雷戦史』 図書出版社、1986年
  • 木俣滋郎 『敵潜水艦攻撃』 朝日ソノラマ1989年ISBN 4-257-17218-5
  • 佐藤和正 『太平洋海戦2 激闘篇』講談社、1988年。ISBN 4-06-203742-4
  • ドン・ステファンズ著、新屋順子訳『戦争と恵み』キリスト新聞社、2007年。ISBN 978-4-87395-505-6
  • 外山操『艦長たちの軍艦史』光人社、2005年。ISBN 4-7698-1246-9
  • 高松宮宣仁親王著、嶋中鵬二発行人 『高松宮日記 第五巻 昭和十七年十月一日~昭和十八年二月十一日』 中央公論社、1996年11月。ISBN 4-12-403395-8
  • 田村俊夫「特型23隻の開戦時の兵装」 『歴史群像 太平洋戦史シリーズ70 完全版 特型駆逐艦』 学習研究社2010年、52-61頁。ISBN 978-4-05-606020-1
  • 田村俊夫「昭和16年~17年の特型(1)」 『歴史群像 太平洋戦史シリーズ70 完全版 特型駆逐艦』 学習研究社、2010年、62-67頁。ISBN 978-4-05-606020-1
  • 田村俊夫「昭和16年~17年の特型 (2)」 『歴史群像 太平洋戦史シリーズ70 完全版 特型駆逐艦』 学習研究社、2010年、68-75頁。ISBN 978-4-05-606020-1
  • 手塚正己 『軍艦武藏 上巻』 新潮文庫、2009年ISBN 978-4-10-127771-4
  • 橋本衛 『奇蹟の海から 特型駆逐艦水兵物語』 光人社、1984年3月。ISBN 4-7698-0230-7
  • 橋本衛 『特型駆逐艦「雷」海戦記 一砲術員の見た戦場の実相』 光人社NF文庫、2014年8月(原著1984年)。ISBN 978-4-7698-2255-4
  • 原為一 『帝国海軍の最後』 河出書房新社、2011年(原著1955年)。ISBN 978-4-309-24557-7
  • ひびき会(編) 『不沈艦 響の栄光』 ひびき会、1978年
  • 防衛庁防衛研修所戦史室 『戦史叢書26 蘭印・ベンガル湾方面 海軍進攻作戦』 朝雲新聞社、1969年5月。
  • 防衛庁防衛研修所戦史室 『戦史叢書83 南東方面海軍作戦(2) ガ島撤収まで』 朝雲新聞社、1975年8月。
  • 『丸スペシャルNo.21 特型駆逐艦Ⅲ』潮書房、1978年。
  • イヴァン・ミュージカント 『戦艦ワシントン』 中村定(訳)、光人社、1988年ISBN 4-7698-0418-0
  • (issuu) SS-178, USS PERMIT, Part 1. Historic Naval Ships Association. http://issuu.com/hnsa/docs/ss-178_permit_part1?mode=a_p. 

関連項目[編集]