大潮 (駆逐艦)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
大潮
艦歴
発注 マル2計画
起工 1936年8月5日
進水 1937年4月19日
就役 1937年10月31日
その後 1943年2月21日沈没
除籍 1943年4月1日
性能諸元
排水量 基準:約2,000t、公試:2,400t
全長 118.00m[1]
全幅 10.386m[1]
吃水 3.71m(公試平均)[1]
機関 オール・ギアードタービン2基2軸
ロ号艦本式重油専焼缶3基
51,026hp(公試)[1]
最大速力 35.98kt(公試)[1]
航続距離 18ktで5,190浬[1]
燃料 重油591.9t[1]
乗員 230名
武装(新造時) 50口径12.7cm連装砲 3基6門
25mm機銃 Ⅱ×2
(または13mm機銃 Ⅱ×2)
61cm4連装魚雷発射管 2基8門
(九〇式魚雷16本)
九一式爆雷×36

大潮(おおしお / おほしほ)は、大日本帝国海軍駆逐艦[2][3][4]一等駆逐艦朝潮型の2番艦である[5]。艦名は海上自衛隊の潜水艦「おおしお」に引き継がれた。

艦歴[編集]

太平洋戦争まで[編集]

1935年(昭和10年)9月6日、日本海軍は佐世保海軍工廠で建造予定の駆逐艦を「朝潮」、舞鶴要港工作部で建造の駆逐艦を「大潮」と命名した[3]。 本艦は舞鶴海軍工廠1936年(昭和11年)8月5日に起工[6][7]1937年(昭和12年)4月19日に進水[7][8]。舞鶴要港部司令官中村亀三郎中将は『のどかなる さくらさきそう 春の海に しぶきたてゆく ふなおろし見る』という自作の和歌を記念として贈った[4]。 なお朝潮型3番艦「満潮」は同年3月15日に進水しており、本艦は「満潮」より約一ヶ月遅れての進水だった[9][10]。 7月2日、日本海軍は砲艦「鳥羽」艦長や吹雪型駆逐艦「東雲」艦長を歴任していた山代勝守少佐を、大潮艤装員長に任命する[11]。7月5日、舞鶴海軍工廠に大潮艤装員事務所を設置[12]。 7月7日、中国大陸で盧溝橋事件が勃発、上海方面に派遣する駆逐艦が必要になったため、艤装工事を急いだ[4]

10月5日、山代艤装員長は正式に大潮初代駆逐艦長となる[13]。本艦は10月31日に竣工[14]。本艦は速力35.98ノットを記録した[1]。同日、藤永田造船所で同型3番艦「満潮」も竣工[9]。 それにともない、日本海軍は朝潮型姉妹艦3隻(朝潮、大潮、満潮)で第25駆逐隊を編制(駆逐隊司令井原美岐雄大佐)[15]。井原大佐は司令駆逐艦を「大潮」に指定した[16]。「大潮」はほぼ一貫して司令駆逐艦だった。

1937年(昭和12年)11月15日、第三予備艦となり佐世保海軍工廠蒸気タービン機関の改造工事を実施した(臨機調事件)。 1938年(昭和13年)1月8日、朝潮型4番艦「荒潮」が第25駆逐隊に編入され、同隊は定数4隻(朝潮、大潮、満潮、荒潮)を揃える。 1月20日、山代中佐は朝潮型8番艦「峯雲」艤装員長へ転任、大潮二代目駆逐艦長には駆逐艦「太刀風」駆逐艦長勝見基少佐が任命された[17]。 3月20日附で勝見少佐(大潮艦長)は朝潮型3番艦「満潮」駆逐艦長を兼務することになった[18]。 8月2日附で勝見少佐は白露型駆逐艦1番艦「白露」駆逐艦長へ転任[19][注釈 1]。朝潮型1番艦「朝潮」駆逐艦長脇田喜一郎少佐が大潮駆逐艦長を兼務する[19]。 12月15日附で脇田中佐は吹雪型駆逐艦1番艦「吹雪」駆逐艦長へ転任[20][注釈 2]神風型駆逐艦疾風」艦長飛田健二郎少佐が本艦駆逐艦長に任命された[21]

1939年(昭和14年)5月20日、横井(朝潮艦長)は白露型9番艦「江風」駆逐艦長へ転任[22]。同艦は艦長不在となったため、飛田少佐(大潮駆逐艦長)が「朝潮」駆逐艦長も兼務することになった[22]。 10月15日附で飛田艦長は白露型駆逐艦7番艦「海風」駆逐艦長へ転出[23][注釈 3]。同時に「海風」艦長だった渡邉保正少佐が大潮駆逐艦長に任命された[23]。また横井(江風艦長)は再び朝潮駆逐艦長に任命された(後任の「江風」駆逐艦長は吉川潔少佐)[23]

同年11月に横須賀鎮守府へ転籍し、第25駆逐隊は第8駆逐隊と改名[24]。それまでの第8駆逐隊は第20駆逐隊(朝霧夕霧天霧狭霧《11月15日編入》)となった[24]。 11月15日附で伊集院松治大佐は第8駆逐隊司令に任命される[25]。同時に第二艦隊第二水雷戦隊(司令官五藤存知少将)に編入され、以後中国方面で活動した。引続き、「大潮」は第8駆逐隊司令駆逐艦として行動する事が多かった。

1940年(昭和15年)9月16日附で渡邉中佐は舞鶴海軍工廠で建造中の陽炎型駆逐艦16番艦「」艤装員長(初代艦長)[26]へ転任[注釈 4]。朝潮型7番艦「夏雲」駆逐艦長塚本守太郎少佐は本艦駆逐艦長を兼務する[26][注釈 5]。 11月15日附で塚本中佐は任を解かれ、白露型駆逐艦9番艦「江風」駆逐艦長吉川潔中佐が本艦駆逐艦長に任命される[27]

太平洋戦争直前の1941年(昭和16年)9月1日、第8駆逐隊司令は森下信衛大佐(補軽巡洋艦大井艦長)から阿部俊雄大佐(前職軽巡洋艦五十鈴艦長)に交代した[28]。9月15日、第二水雷戦隊司令官五藤存知少将も第六戦隊(青葉加古衣笠古鷹)司令官へ転任、後任の二水戦司令官には田中頼三少将が任命された[29]

太平洋戦争緒戦[編集]

太平洋戦争開戦時、本艦(駆逐艦長吉川潔中佐)は司令阿部俊雄大佐(大潮座乗)の指揮下で同型艦3隻(朝潮満潮荒潮)と共に引続き第8駆逐隊(第1小隊《大潮、朝潮》、第2小隊《満潮、荒潮》)を編成し、第二艦隊司令長官近藤信竹中将(重巡洋艦「愛宕」座乗)の南方部隊本隊(第四戦隊《愛宕高雄摩耶》、第三戦隊第2小隊《金剛榛名》、第4駆逐隊《野分萩風舞風》、第6駆逐隊第1小隊《》、第8駆逐隊《大潮、朝潮、満潮、荒潮》)に所属していた[30]。このため第二水雷戦隊(司令官田中頼三少将)本隊とは別行動だった。マレー第一次上陸作戦、リンガエン湾上陸作戦を支援。2月中旬、第8駆逐隊は第一根拠地隊(司令官久保九次少将:軽巡洋艦長良〔旗艦〕、第21駆逐隊《若葉子日初霜》)の指揮下でバリ島攻略作戦に参加した。

2月19日-20日、第8駆逐隊阿部俊雄大佐直率(大潮座乗)の第8駆逐隊第1小隊(大潮、朝潮)はABDA艦隊の軽巡洋艦3隻、駆逐艦7隻と交戦、駆逐艦「ピートハイン英語版」を撃沈し、軽巡「トロンプ」と駆逐艦「スチュワート」に損傷を与えた[31]。しかし海戦終盤になって戦場に到着した第8駆逐隊第2小隊(満潮、荒潮)はABDA艦隊の反撃を受け、「満潮」が大破。第一根拠地隊(長良、若葉、子日、初霜)に護衛されて退避中、空襲により「大潮」も損傷、阿部司令は司令駆逐艦を「朝潮」に変更した[32]宇垣纏連合艦隊参謀長は『バンダ海峡における第八驅逐隊の海戦振りは誠に見事なり。蘭巡洋艦二、蘭米驅逐艦三撃沈其の他二に大損害を與へたり。之をバンダ海峡夜戦と銘打つて世に問ふべきなり。一驅逐隊を以て誠に立派なる夜戦なり。司令は阿部弘毅少将の弟なりと云ふ』と第8駆逐隊を賞賛した[33][34]。 後日(同年12月8日)、山本五十六連合艦隊司令長官はバリ島沖海戦における第8駆逐隊に感状を与えた[35]

3月16日、第8駆逐隊司令は小川莚喜中佐に交代し、前司令阿部俊雄大佐は第10駆逐隊(秋雲夕雲夕雲風雲)司令[36]を命じられる[注釈 6]。 4月10日、第8駆逐隊(朝潮、荒潮、大潮、満潮)は第二艦隊・第四水雷戦隊(司令官西村祥治少将:旗艦、朝潮型駆逐艦7番艦「夏雲」)に編入された[37]。それまで旗艦だった軽巡洋艦「那珂」はクリスマス島攻略戦で潜水艦に雷撃され大破していたのである(6月15日附四水戦除籍)[38]。 マカッサルで応急修理後の2隻(大潮、満潮)は、4月16日-17日に台湾高雄市に立ち寄り[39]、4月22日に横須賀へ到着した[40][41]

5月9日、第四水雷戦隊に軽巡洋艦「由良」が編入され、それと共に「大潮」は舞鶴工廠、「山雲」は横須賀、「満潮」は呉工廠での修理を下令される[42]。10日、2隻(大潮、満潮)は横須賀を出発[43]。本艦は13日に舞鶴到着[44]。 5月15日附で2隻(大潮、満潮)は第8駆逐隊から除籍され、同隊は2隻編制(朝潮、荒潮)となった[45]。同時に朝潮型3隻(大潮、満潮、山雲)は特別役務艦に指定され[46]、本艦は舞鶴で修理に従事する[42][47]。 5月25日附で吉川中佐(大潮艦長)は白露型駆逐艦4番艦「夕立」艦長[48]へ転任[注釈 7]。舞鶴防備隊副長(吹雪型駆逐艦「薄雲」駆逐艦長兼務)友重丙中佐が大潮駆逐艦長を兼務することになった[48]

当時の舞鶴海軍工廠は、秋月型駆逐艦1番艦「秋月」、秋月型4番艦「初月」、夕雲型駆逐艦複数隻、島風型駆逐艦「島風」の建造[49]、軽巡4隻(那珂名取天龍龍田)や駆逐艦「薄雲」の修理整備工事を抱えており[50]、本艦の修理もその中でおこなわれた。

8月13日、前月7月5日に米潜水艦グロウラー (USS Growler, SS-215)の雷撃により大破した朝潮型9番艦「」が舞鶴に到着[51]。 8月20日附で友重中佐(舞鶴防備隊副長、大潮艦長、那珂副長)は霞駆逐艦長も兼務することになった[52]。 9月3日、グロウラーの雷撃で「霞」と共に大破した陽炎型2番艦「不知火」が舞鶴に到着[53]。9月10日附で、大潮駆逐艦長および霞駆逐艦長職務は友重中佐から杉岡幸七中佐(陽炎型駆逐艦12番艦「磯風」初代駆逐艦長等)に交代[54]。また同日附で不知火駆逐艦長赤澤次壽雄中佐は秋月型3番艦「涼月」艤装員長(初代艦長)へ転出したため、杉岡中佐は不知火駆逐艦長も兼務することになった[54]

1942年(昭和17年)10月20日、修理を終えた「満潮」が第8駆逐隊に編入される[55]。同時に第8駆逐隊司令として山代勝守大佐が着任[56][注釈 8]。第8駆逐隊(満潮、朝潮)はガダルカナル島の戦いに参加するためソロモン諸島へ進出したが、「満潮」は11月13日にショートランド諸島(ショートランド泊地)で空襲を受け大破した(第三次ソロモン海戦[57]。 その頃の舞鶴海軍工廠は、島風型「島風」、秋月型「初月」、夕雲型駆逐艦複数隻の建造と、「那珂、大潮、霞、不知火、初春(11月6日舞鶴到着)」等の修理工事に追われていた[58]

11月15日附で杉岡中佐は陽炎型16番艦「」駆逐艦長へ転出[59][注釈 9]。10月17日に沈没した吹雪型駆逐艦「」の駆逐艦長山名寛雄少佐が、大潮駆逐艦長および霞駆逐艦長・不知火駆逐艦長・初春駆逐艦長を兼務することになった[60][注釈 10]。 12月8日、バリ島沖海戦での第8駆逐隊の活躍に対し、感状が授与される[35]。 12月20日、大潮駆逐艦長は山名少佐から廣瀬弘中佐に交代(山名は霞・不知火・初春艦長を継続)[61]。 12月27日、「那珂」や「霞、不知火、初春」に先駆けて「大潮」の修理が終わる[62]。12月29日附で本艦は第8駆逐隊に復帰[63]。同隊は定数4隻(朝潮、荒潮、満潮、大潮)を回復したが、「満潮」大破と「朝潮」内地帰投修理ため、昭和18年初頭における実動戦力は2隻(荒潮、大潮)だった。同日、本艦はソロモン諸島に進出するため舞鶴を出発した[64]

ガダルカナル島の戦い[編集]

1943年(昭和18年)1月5日、山代第8駆逐隊司令(大潮初代艦長)は司令駆逐艦を「大潮」に変更[65]。姉妹艦「朝潮」は戦艦「陸奥」や空母「瑞鶴」等と共に内地へ帰投した。 1月9日朝、「大潮」はラバウルを経由してショートランド泊地に到着[66]。その直前には駆逐艦4隻(長波、巻波、江風、荒潮)もショートランド泊地にドラム罐を輸送しており、本艦およびショートランドへ到着したばかりの駆逐艦3隻(大潮、初風、時津風)はガダルカナル島へのドラム罐輸送作戦(鼠輸送)に従事することになった[66][67]。 1月10-11日、外南洋部隊増援部隊指揮官小柳冨次第二水雷戦隊司令官が指揮する駆逐艦8隻(黒潮《旗艦》、巻波江風、大潮、荒潮、初風時津風)はガ島への第六次輸送作戦を実施するが、米軍魚雷艇の攻撃で第16駆逐隊の駆逐艦「初風」が大破する[66]有賀幸作第4駆逐隊司令の指揮下、駆逐艦3隻(嵐、江風、時津風)はガダルカナル島からショートランド泊地まで「初風」を護衛し、同作戦指揮官の小柳少将から賞賛された[68]。本作戦をもって小柳二水戦司令官は増援部隊指揮官の職務を第十戦隊司令官木村進少将(旗艦秋月)に引き継ぎ、「長波」に乗艦してトラック泊地に戻った[66][69][70]。駆逐艦4隻(長波、親潮、陽炎、涼風)は艦の疲弊が激しく、最前線で行動するのは難しくなっていたのである[66]

1月11日、第六次ガダルカナル島輸送作戦を終えた駆逐艦4隻(江風、巻波、大潮、荒潮)はニューギニア方面護衛部隊に編入され、ショートランド泊地を出発してラバウルへ向かった[70]。 1月中旬、外南洋部隊各艦はソロモン諸島の防備強化に協力、輸送船護衛や駆逐艦輸送に従事する[71]。1月22日、「大潮」は輸送船団を護衛してニュージョージア諸島ニュージョージア島ムンダへの輸送作戦を実施した[71]。23日には米艦隊がコロンバンガラ島揚陸地点を砲撃しており、米潜水艦や小型機による空襲も活発化するなど、危険と隣り合わせの任務だった[71]

2月上旬、「大潮」はガダルカナル島撤収作戦『ケ号作戦』に3回とも出動した。2月1日の第一次作戦では、エスペランス隊(警戒隊〔巻波《三水戦司令官橋本信太郎少将》、1番隊《舞風江風黒潮》、2番隊《白雪文月》〕、輸送隊〔十戦隊司令官:第10駆逐隊《風雲巻雲夕雲秋雲》、第17駆逐隊《浦風磯風浜風谷風》〕)、カミンボ隊(第16駆逐隊司令:警戒隊〔皐月長月〕、輸送隊〔第16駆逐隊《時津風雪風》、第8駆逐隊《大潮、荒潮》〕)という区分で出撃[72][73]。空襲により旗艦「巻波」が損傷し「文月」に曳航され退避、三水戦司令官は「白雪」に移乗した[74]。警戒隊の戦力が欠けたので、輸送隊の2隻(巻雲、夕雲)は警戒隊に編入された[74]。だが機雷により駆逐艦「巻雲」が大破、自沈した[74]。第一次撤収輸送作戦そのものは成功を収めた。

損傷艦の代艦として駆逐艦2隻(朝雲五月雨)を編入した2月4日の第二次作戦(エスペランス隊《白雪、黒潮、朝雲、五月雨、舞風、江風、夕雲、風雲、秋雲》、カミンボ隊《時津風、雪風、大潮、荒潮、皐月、長月、文月》)では、空襲により駆逐艦「舞風」が損傷、「長月」に護衛されて退避した[75][76]。17時25分、旗艦「白雪」で機関故障が発生、三水戦司令官は「江風」に移乗して撤収部隊を追及した(残存部隊指揮は第十戦隊司令官、警戒隊指揮は第9駆逐隊司令佐藤康夫大佐が代行)[76]。それ以外に損害はなく、第二次撤収作戦も成功した[76]

2月7日の第三次ケ号作戦(第一連隊《白雪、黒潮、朝雲、五月雨、時津風、皐月、文月、大潮、荒潮》、第二連隊《風雲、夕雲、秋雲、長月、谷風、浦風、浜風、磯風》)では、当初第8駆逐隊(大潮、荒潮)は加わっておらず、海軍と日本陸軍の折衝によって参加が決まったという[77][78]。7日午後、駆逐艦「磯風」が空襲を受け中破したため、「長月」および対潜哨戒中の「江風」が派遣される[77]。「磯風」は「江風」に護衛されて撤退[79]。その後「長月」は磯風護衛を「江風」にまかせると、撤収部隊を追及してガ島に向かった[77][80]。それ以外に損害は出ず、第三次撤収作戦も成功した。

2月14日附で第三水雷戦隊司令官は橋本信太郎少将から木村昌福少将へ交代[81]。第8駆逐隊司令も2月15日附で山代勝守大佐から佐藤康夫大佐(前職第9駆逐隊司令)に交代した[82]2月20日、「大潮」は輸送船団護衛中にアドミラルティ諸島マヌス島沖で米潜水艦アルバコア (USS Albacore, SS-218) の雷撃を受ける。魚雷1本が右舷前部機械室付近に命中、航行不能となった[83]。姉妹艦「荒潮」に曳航されてトラック泊地への避退を開始(20日17時時点の位置南緯00度55分 東経147度08分 / 南緯0.917度 東経147.133度 / -0.917; 147.133[84]。 だが2月21日朝、曳航中に船体が中央部で断裂、「大潮」は沈没した[85][86][87]。戦死者8名(士官1、下士官兵7)[57]。佐藤司令は第8駆逐隊司令駆逐艦を「荒潮」に変更[88]。大潮乗組員を収容してラバウルに帰投した[89]。同隊は3隻編制(朝潮、荒潮、満潮)となる。

3月15日附で廣瀬中佐は大潮駆逐艦長職を解かれた[90]。その後、3月20日附で島風型駆逐艦「島風」(舞鶴海軍工廠で建造中)艤装員長に任命される[91](5月10日附で島風駆逐艦長)[92]

4月1日、駆逐艦「大潮」は帝国駆逐艦籍から除籍[93]。 また3月3日のビスマルク海海戦で第8駆逐隊の姉妹艦2隻(朝潮、荒潮)が沈没して佐藤駆逐隊司令も戦死[57]。「満潮」1隻だけとなったため、同日附で第8駆逐隊も解隊[94]。ネームシップを喪失した朝潮型駆逐艦の艦型名は満潮型駆逐艦と改定され、3隻(朝潮、荒潮、大潮)は満潮型駆逐艦からも除籍された[95]

歴代艦長[編集]

艤装員長
  1. 山代勝守 少佐:1937年7月1日[11] - 1937年10月5日[13]
駆逐艦長
  1. 山代勝守 少佐:1937年10月5日[13] - 1938年1月20日[17]
  2. 勝見基 少佐:1938年1月20日[17] - 1938年8月2日[19]
  3. (兼)脇田喜一郎 少佐/中佐:1938年8月2日[19] - 1938年12月15日[20](本職:朝潮駆逐艦長)
  4. 飛田健二郎 少佐:1938年12月15日[21] - 1939年10月15日[23](5月20日より朝潮駆逐艦長兼務[22]
  5. 渡邉保正 少佐/中佐:1939年10月15日[23] - 1940年9月16日[26]
  6. (兼)塚本守太郎 少佐/中佐:1940年9月16日[26] - 1940年11月15日[27](本職:夏雲駆逐艦長)
  7. 吉川潔 中佐:1940年11月15日[27] - 1942年5月25日[48]
  8. (兼)友重丙 中佐:1942年5月25日[48] - 1942年9月10日[54](本職:舞鶴防備隊副長、薄雲駆逐艦長等兼務)
  9. 杉岡幸七 中佐:1942年9月10日[54] - 1942年11月15日[59]
  10. 山名寛雄 少佐:1942年11月15日[60] - 1942年12月20日[61]
  11. 廣瀬弘 中佐:1942年12月20日[61] - 1943年3月15日[90]

注釈[編集]

  1. ^ 勝見基中佐は、1943年(昭和18年)1月15日、陽炎型14番艦「谷風」駆逐艦長としてガダルカナル島輸送作戦従事中に戦死。
  2. ^ 脇田喜一郎中佐は、朝潮型駆逐艦5番艦朝雲や陽炎型駆逐艦8番艦雪風艦長を務めたのち、1944年(昭和19年)11月25日に第41駆逐隊司令として秋月型駆逐艦「霜月」沈没時に戦死(少将)。
  3. ^ 飛田健二郎中佐は、太平洋戦争開戦時の陽炎型駆逐艦「雪風」駆逐艦長。
  4. ^ 後日、陽炎型「初風」艦長。1943年(昭和18年)12月18日、第1駆逐隊司令として駆逐艦沼風沈没時に戦死。
  5. ^ 塚本中佐は、1942年(昭和17年)10月12日、「夏雲」沈没時に戦死(サボ島沖海戦)。
  6. ^ 後日、阿部大佐は軽巡洋艦「大淀」艦長、空母「信濃」艦長となる。信濃沈没時に戦死。
  7. ^ 吉川艦長は、第三次ソロモン海戦で夕立沈没後、夕雲型駆逐艦大波艦長。1943年(昭和18年)11月25日、大波沈没時に戦死(セント・ジョージ岬沖海戦)。
  8. ^ 山代勝守大佐は、本艦初代駆逐艦長。
  9. ^ 1943年(昭和18年)8月6日、ベラ湾夜戦で嵐沈没時に戦死。
  10. ^ 山名中佐は、霞艦長を経て秋月型駆逐艦8番艦「冬月」駆逐艦長

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h #庭田、建艦秘話60頁『朝潮型駆逐艦一般計画要領書抜萃』
  2. ^ #第4215号大潮p.2『艦名 大潮(オホシホ)』
  3. ^ a b #達昭和10年9月p.21『達第百七號 艦艇製造費ヲ以テ昭和十年度ニ於テ建造ニ着手ノ驅逐艦二隻ニ左ノ通命名ス|昭和十年九月六日 海軍大臣 大角岑生|佐世保海軍工廠ニ於テ建造 驅逐艦 朝潮(アサシホ)|舞鶴要港工作部ニ於テ建造 驅逐艦 大潮(オホシホ)』
  4. ^ a b c #庭田、建艦秘話59-61頁『3.特型駆逐艦海風・大潮・霰について』
  5. ^ #艦艇類別等級表(昭和16年12月31日)p.8『驅逐艦|一等|朝潮、大潮、満潮、荒潮、朝雲、山雲、夏雲、峯雲、霞、霰』
  6. ^ #第4215号大潮p.2『龍骨据付ノ日 昭和十一年八月五日』
  7. ^ a b #艦船要目公表範囲(昭和16年6月30日)p.20『大潮(艦要目略)舞鶴工廠|11-8-5|12-4-19|12-10-31|(兵装略)』
  8. ^ 昭和12年4月21日(水)海軍公報 第3032号 p.13』 アジア歴史資料センター Ref.C12070363200 『○進水 驅逐艦大潮四月十九日舞鶴海軍工廠ニ於テ進水セリ』
  9. ^ a b #艦船要目公表範囲(昭和16年6月30日)p.20『満潮|(艦性能略)|藤永田造船所|10-11-5|12-3-15|12-10-31|(艦兵装略)』
  10. ^ 昭和12年3月16日(火)海軍公報 第3003号 p.7』 アジア歴史資料センター Ref.C12070363000 『○進水 驅逐艦満潮昨十五日株式會社藤永田造船所ニ於テ進水セリ』
  11. ^ a b 昭和12年7月2日付 官報第3148号。国立国会図書館デジタルコレクション 永続的識別子 info:ndljp/pid/2959631 で閲覧可能。
  12. ^ 昭和12年7月8日(木)海軍公報(部内限定)第2657号 p.5』 アジア歴史資料センター Ref.C12070366600 『○事務所設置 驅逐艦大潮艤装員事務所ヲ舞鶴海軍工廠内ニ設置シ本月五日ヨリ事務ヲ開始ス』
  13. ^ a b c 昭和12年10月5日(発令10月5日付)海軍辞令公報(部内限)第68号 p.7』 アジア歴史資料センター Ref.C13072072400 
  14. ^ #日本軍艦集2600年版p.39『一等驅逐艦 山雲(やまぐも) 基準排水量1,500噸、長さ108.55米、幅10.15米、平均吃水2.75米、速力34節、備砲12.7糎砲6門、魚雷發射管8門、起工昭和11年11月4日、進水昭和12年7月24日、竣工昭和13年1月15日、建造所藤永田造船所-満潮と同型。同型艦朝潮は昭和12年8月31日竣工、大潮は同年10月31日竣工。』
  15. ^ 昭和12年10月31日(発令10月31日付)海軍辞令公報(部内限)第84号 pp.47-48』 アジア歴史資料センター Ref.C13072072400 
  16. ^ 昭和12年11月6日(土)海軍公報(部内限)第2758号 p.41』 アジア歴史資料センター Ref.C12070368600 『○司令驅逐艦指定 第二十五驅逐隊司令ハ本月一日司令驅逐艦ヲ大潮ニ指定セリ』-『○郵便物發送先 第二十五驅逐隊(大潮、満潮、朝潮)宛 自今 佐世保』
  17. ^ a b c 昭和13年1月20日(発令1月20日付)海軍辞令公報(部内限)第125号 p.23』 アジア歴史資料センター Ref.C13072073300 
  18. ^ 昭和13年3月24日(発令3月20日付)海軍辞令公報(部内限)第154号 p.48』 アジア歴史資料センター Ref.C13072073500 
  19. ^ a b c d 昭和13年8月3日(発令8月2日付)海軍辞令公報(部内限)第220号 p.16』 アジア歴史資料センター Ref.C13072074200 
  20. ^ a b 昭和13年12月15日(発令12月15日付)海軍辞令公報(部内限)第273号 p.26』 アジア歴史資料センター Ref.C13072074800 
  21. ^ a b 昭和13年12月15日(発令12月15日付)海軍辞令公報(部内限)第273号 p.31』 アジア歴史資料センター Ref.C13072074800 
  22. ^ a b c 昭和14年5月20日(発令5月20日付)海軍辞令公報(部内限)第338号 p.45』 アジア歴史資料センター Ref.C13072075700 
  23. ^ a b c d e 昭和14年10月16日(発令10月15日付)海軍辞令公報(部内限)第391号 pp.21-22』 アジア歴史資料センター Ref.C13072076400 
  24. ^ a b 昭和14年11月1日(水)海軍公報(部内限)第3349号 p.1』 アジア歴史資料センター Ref.C12070381800 『官房第五五八七號 本月十一月一日驅逐隊編制中改正竝ニ海軍定員令中改正施行ノ際現ニ左記上欄ノ隊ノ職員タル者ハ別ニ辭令ヲ用ヒズシテ各下欄ノ相當職員ニ補セラレタル義ト心得ベシ 昭和十四年十一月一日 海軍大臣』-『(従前ノ隊名)第八驅逐隊|(新隊名)第二十驅逐隊』-『第二十五驅逐隊|第八驅逐隊』-『呉防備隊|佐伯防備隊』
  25. ^ 昭和14年11月15日(発令11月15日付)海軍辞令公報(部内限)第402号 p.34』 アジア歴史資料センター Ref.C13072076700 
  26. ^ a b c d 昭和15年9月16日(発令9月16日付)海軍辞令公報(部内限)第530号 p.40』 アジア歴史資料センター Ref.C13072078800 
  27. ^ a b c 昭和15年11月15日(発令11月15日付)海軍辞令公報(部内限)第555号 pp.13-14』 アジア歴史資料センター Ref.C13072079500 
  28. ^ 昭和16年9月1日(発令9月1日付)海軍辞令公報(部内限)第701号 p.3』 アジア歴史資料センター Ref.C13072075700 
  29. ^ 昭和16年9月15日(発令9月15日付)海軍辞令公報(部内限)第713号 p.26』 アジア歴史資料センター Ref.C13072082100 
  30. ^ #戦史叢書26海軍進攻作戦付表第一『南方部隊作戦関係主要職員表 昭和十六年十二月八日』
  31. ^ #海軍駆逐隊(2015)150-153頁『バリ島沖海戦』
  32. ^ 昭和17年3月25日(水)海軍公報(部内限)第4051号 p.20』 アジア歴史資料センター Ref.C12070410900 『○司令驅逐艦變更 第八驅逐隊司令ハ二月二十日司令驅逐艦ヲ大潮ヨリ朝潮ニ變更セリ』
  33. ^ #戦藻録(1968)86頁『二月廿一日土曜日晴上天気』
  34. ^ #太平洋戦争の提督たち166頁
  35. ^ a b 昭和18年1月27日(水)海軍公報(部内限定)第4301号 pp.14-15』 アジア歴史資料センター Ref.C12070429400 『○感状 第八驅逐隊 昭和十七年二月十九日「バリ」島急襲攻略作戰ニ際シ同日夜半「ロンボク」海峡ニ於テ我ガ上陸ヲ阻止セントシテ來襲セル敵巡洋艦二隻及驅逐艦五隻以上ト遭遇スルヤ寡勢克ク勇戰忽チ敵驅逐艦四隻ヲ撃沈シ同巡洋艦二隻及驅逐艦一隻ヲ撃破遁走セシメタルノミナラズ爾后此ノ戰闘ニ於テ損傷ヲ受ケタル僚艦ヲ曳航翌晝間ニ於ケル敵機ノ猛爆ヲ冒シテ之ヲ味方泊地ニ移シ遂ニ救出ノ目的ヲ達シタルハ其ノ武勲顕著ナリト認ム 仍テ竝ニ感状ヲ授與ス 昭和十七年十二月八日 聯合艦隊司令長官 山本五十六』
  36. ^ 昭和17年3月16日(発令3月14日付)海軍辞令公報(部内限)第828号 p.12』 アジア歴史資料センター Ref.C13072084600 
  37. ^ #S1704四水戦日誌(1)p.9『本日附艦隊編制替ニ依リ二十四駆ハ一水戦ニ八駆ハ當隊ニ編入セラレタリ 昭南港ニ於テ朝日及101工作部ト協議シ那珂應急修理ニ関スル要務處理ヲ終リ十二日1000将旗ヲ夏雲ニ移揚ノ上九駆一小隊ヲ率ヰ高雄ヲ経テ横須賀ニ向ヒタリ 途上十八日敵機動部隊ノ来襲ヲ聞キ我亦之ニ應ズル如ク増速セルモ荒天ノ為意ノ如クナラズ二十一日横須賀ニ歸着尓後整備作業ニ従事セリ』
  38. ^ #S1704四水戦日誌(1)p.55『二七日一八五〇大海参一部長|GF2F各参謀長(4sd 5SS司令官)|大海参一機密第二九六番電 五月九日附由良ヲ5SSヨリ除キ4sdニ編入(那珂ハ内地皈着迄4sdノ侭トス)』
  39. ^ #S1704四水戦日誌(1)p.65『一七(天候略)一二〇〇9dg1D高雄発横須賀ニ向フ/大潮満潮高雄着|一八(天候略)一〇〇〇大潮満潮横須賀ニ向ケ高雄発』
  40. ^ #S1704四水戦日誌(1)p.56『四.参考(一)麾下艦船部隊ノ行動』
  41. ^ #S1704四水戦日誌(1)p.66『二二(天候略)一五〇〇4dg横須賀着/一三三〇大潮満潮横須賀着』
  42. ^ a b #S1704四水戦日誌(2)pp.9-10『(二)経過概要(略)九日附ニテ由良ハ5SSヨリ除カレ當隊に編入サル同日前進部隊電令第七號ニ依リ大潮ハ舞鶴満潮呉山雲ハ横須賀ニテ修理セシメラルコトトナリ何レモ十五日附ニテ特別役務艦ニ編入セラレタリ/南方部隊ニ編入サレアリタル朝潮荒潮ハ十五日附ニテ同部隊ヨリ除カレ十八日呉着次期作戰準備ニ従事セリ』
  43. ^ #S1704四水戦日誌(2)p.51『一〇(天候略)一五〇〇大潮(満潮)舞鶴(呉)ニ向ケ横須賀発』
  44. ^ #S1704四水戦日誌(2)p.51『一二(天候略)〇八三〇夏雲出港一七〇〇皈着/満潮呉着|〇八三〇将旗ヲ山雲ニ移揚一八〇〇復皈』-『一三(天候略)朝潮荒潮マニラ着/一一〇〇大潮舞鶴着|夏雲工事完成』
  45. ^ #内令昭和17年5月(2)p.26『内令第八百五十號 駆逐隊編制中左ノ通改定セラル|昭和十七年五月十五日 海軍大臣 嶋田繁太郎|第八駆逐隊ノ項中「大潮、満潮、」ヲ削ル|第九駆逐隊ノ項中「山雲、」ヲ削ル』
  46. ^ #内令昭和17年5月(2)pp.26-27『内令第八百五十一號 横須賀鎮守府豫備驅逐艦 驅逐艦 大潮 驅逐艦 満潮 驅逐艦 山雲 右特別役務驅逐艦ト定ム|昭和十七年五月十五日 海軍大臣 嶋田繁太郎』
  47. ^ #S1705舞鎮日誌pp.10-11『(2)艦船其ノ他ノ工事 利根筑摩第三十四驅逐隊及第三十三潜水隊ノ整備工事竝ニ薄雲ノ特定修理工事、大潮ノ損傷復舊工事、其ノ他艦船兵器及陸上部隊ノ主要造修訓令通牒工事ハ概ネ豫定通進捗中ナリ』
  48. ^ a b c d 昭和17年5月26日(発令5月25日付)海軍辞令公報(部内限)第867号 p.42』 アジア歴史資料センター Ref.C13072085500 
  49. ^ #S1706舞鎮日誌pp.8-9『(1)新造艦船工事 前月ニ引續キ秋月、巻波及初月ノ艤装工事竝ニ島風、第三四〇號艦及第三百四十一號艦ノ建造工事ハ概ネ順當ニ進捗シツツアリシモ秋月砲熕公試ノ結果不具合ノ點アリ完成期ヲ六月十日ニ變更セル處尚俯角制限装置機構手直ヲ要スル爲更ニ六月十九日迄完成期ヲ延期セラレタル處作戰ノ関係上砲熕機能試験ヲ省略シ六月十一日引渡ノコトニ大臣ヨリ指令アリタルニ付任務ニ差支ナキ程度ニ整備ノ上十一日竣工引渡ヲ了ス』
  50. ^ #S1706舞鎮日誌p.9『(2)其ノ他ノ工事(a)損傷復舊工事 薄雲工事=豫定通進捗中ニシテ七月末完成ノ豫定/大潮工事=目下現場調査作業豫定按畫中/那珂工事=損傷復舊竝ニ改装工事ノ爲本月二十一日入港セリ (b)天龍、龍田工事=本月十五日完成/呂六三潜水艦工事=本月八日完成現地ニ向ケ出港セルモ途中主電動機電動子燃損ノ爲十日歸投セルヲ以テ換装工事中/名取工事=本月十七日入港整備工事中/三十一驅潜隊工事=本月二十七日入港直ニ工事着手セリ/神威工事=本月二十九日入港〃』
  51. ^ #S1708舞鎮日誌p.5『(a)損傷復舊工事 大潮、那珂工事=豫定通進捗中/霞工事=損傷復舊工事ノ爲本月十三日入港目下損傷部調査中 (b)利根筑摩ノ整備工事ハ六日完成シ作戰地ニ向ケ進出セリ 夕風(二十一日)、室戸(二十四日)ハ附記ノ通入稿以來極力進捗中』
  52. ^ 昭和17年8月20日(発令8月20日付)海軍辞令公報(部内限)第926号 pp.44-45』 アジア歴史資料センター Ref.C13072086600 
  53. ^ #S1709舞鎮日誌p.5『(a)損傷復舊工事 大潮、那珂及霞ノ特定修理、損傷復舊工事ハ前月ニ引續キ豫定通順調ニ進捗シツツアリ/不知火九月三日入港損傷調査竝修理實施準備ヲ爲シツツアリ』
  54. ^ a b c d 昭和17年9月10日(発令9月10日付)海軍辞令公報(部内限)第939号 pp.32-33』 アジア歴史資料センター Ref.C13072086800 
  55. ^ #内令昭和17年10月(4)pp.10-11『内令第千九百三十四號|驅逐隊編制中左ノ通改定セラル|昭和十七年十月二十日 海軍大臣 嶋田繁太郎|第八驅逐隊ノ項中「荒潮」ノ下ニ「、満潮」ヲ加フ|第三十驅逐隊ノ項中「弥生、」ヲ削ル』
  56. ^ 昭和17年10月20日(発令10月20日付)海軍辞令公報(部内限)第968号 p.1』 アジア歴史資料センター Ref.C13072087400 
  57. ^ a b c #海軍駆逐隊(2015)154-155頁『戦績は永遠に』
  58. ^ #S1711舞鎮日誌p.5『(a)損傷復舊工事 大潮、那珂、霞及不知火ハ概ネ豫定通進捗中/初春六日入港工事ニ着手シ中央要求ニ即應極力工事促進中』
  59. ^ a b 昭和17年11月16日(発令11月15日付)海軍辞令公報(部内限)第988号 p.12』 アジア歴史資料センター Ref.C13072088200 
  60. ^ a b 昭和17年11月16日(発令11月15日付)海軍辞令公報(部内限)第988号 p.13』 アジア歴史資料センター Ref.C13072088200 
  61. ^ a b c 昭和17年12月21日(発令12月20日付)海軍辞令公報(部内限)第1017号 pp.32-33』 アジア歴史資料センター Ref.C13072088600 
  62. ^ #S1712舞鎮日誌(1)p.6『(a)損傷復舊工事 大潮 豫定通二十七日完成/那珂、霞及不知火 概ネ豫定通進捗中/初春 極力工事促進中|(b)修理艦船 木曾 十二日入港修理工事ヲ促進三十日完了/長良 二十七日入港徹夜修理作業ヲ續行中』
  63. ^ #内令昭和17年12月(5)p.21『内令第二千四百二十九號 驅逐隊編制中左ノ通改定セラル|昭和十七年十二月二十九日 海軍大臣 嶋田繁太郎|第八驅逐隊ノ項中「満潮」ノ下ニ「、大潮」ヲ加フ』
  64. ^ #S1712舞鎮日誌(2)p.24『二九日(天候略)初月竣工引渡/大波竣工呉鎮部隊ニ編入/大潮修理工事完成「ラバウル」ニ向ケ發』
  65. ^ 昭和18年1月15日(金)海軍公報(部内限)第4291号 p.26』 アジア歴史資料センター Ref.C12070429200 『○司令驅逐艦變更 第八驅逐隊司令ハ一月五日司令驅逐艦ヲ大潮ニ變更セリ』
  66. ^ a b c d e #叢書83ガ島戦512-513頁『一月十日』
  67. ^ #S1801二水戦日誌(1)pp.15-16『九(天候略)一.〇九〇〇8dg(大潮)一一〇〇16dg(初風時津風)「ショートランド」着 何レモ増援部隊編入/二.〇七三〇15dg(親潮陽炎)鶴見山陽○ヲ護衛シ「ショートランド」發/三.一五〇〇第六次ガ」島輸送作戰打合/〇六一〇10S司令部「ラバウル」進出(旗艦秋月)』
  68. ^ #S1801二水戦日誌(2)p.40『輸送部隊ハ遠ク敵制空権下ニ進出シ敵水上部隊ノ出現ヲ厳戒シツツ既ニ泊地ニ潜入待機中ノ魚雷艇7隻及哨戒機2機ト交戦シ混戦中ノ輸送ヲ強行シテ前記ノ如キ成果ヲ収メ其ノ功績顕著ナリ。特ニ嵐(将旗4dg)、江風(将旗24dg)時津風ハ損傷艦初風ヲ護衛シ友軍機ノ協力ト相俟ッテ長途離脱ニ成功シ功績極メテ顕著ナリト認ム』
  69. ^ #S1801二水戦日誌(1)p.4『(イ)第二水雷戰隊司令部 自一日至十一日「ショートランド」及「ラバウル」ヲ基地トシテ「ガ」島輸送作戰ノ指導ニ任ジ第五次(二日三日)第六次(十日十一日)「ガ」島輸送作戰ニ従事/十一日第十戰隊司令部ニ増援部隊指揮官ノ引繼ヲ了シ十二日「ショートランド」發十四日「トラック」着整備訓練次期作戰準備並ニ輸送船護衛等ノ指導ニ任ズ』
  70. ^ a b #S1801二水戦日誌(1)p.18『一一(天候略)一.〇六三〇秋月(司令官10S)「ショートランド」着/二.〇九一五黒潮8dg(大潮荒潮)巻波「ショートランド」着/三.一五三〇10S司令官ニ増援部隊指揮官ノ引継ヲ了ス/四.一五三五将旗ヲ長波ニ移揚/五.江風(司令24dg)巻波8dg(大潮荒潮)東部「ニューギニア」方面護衛隊ニ編入/六.一八三〇嵐江風初風時津風「ショートランド」皈着/七.一七〇〇8dg(大潮荒潮)巻波「ラバウル」ニ向ケ「ショートランド」發』
  71. ^ a b c #叢書83ガ島戦516-517頁『兵力の増援』
  72. ^ #叢書83ガ島戦556-558頁『第一次撤収(二月一日)』
  73. ^ #S1709八艦隊日誌(5)p.21『巻波舞風江風黒潮白雪文月皐月長月10dg(風雲巻雲夕雲秋雲)17dg(谷風浦風浜風磯風)16dg(時津風雪風)8dg(大潮荒潮)|2-1|「ケ」号作戦第一次輸送ノ為出撃(以下略)』
  74. ^ a b c #叢書83ガ島戦558-561頁『実施』
  75. ^ #S1709八艦隊日誌(5)p.22『白雪黒潮朝雲五月雨舞風江風、10dg(風雲夕雲秋雲)、17dg(谷風浜風浦風磯風)、16dg(時津風雪風)、8dg(大潮荒潮)、皐月長月文月川内巻波夕霧|2-4|「ケ」号作戦第二次輸送ヲ実施ス(以下略)』
  76. ^ a b c #叢書83ガ島戦562-566頁『第二次撤収(二月四日)』
  77. ^ a b c #叢書83ガ島戦566-568頁『第三次撤収(二月七日)』
  78. ^ #S1709八艦隊日誌(5)p.23『第一聯隊(カミンボ)白雪黒潮朝雲五月雨時津風雪風皐月文月大潮荒潮 第二次聯隊(ルッセル)風雲夕雲秋雲長月谷風浦風磯風浜風|2-7|「ケ」号作戦第三次輸送之ヲ実施ス。敵機来襲状況戦果並ニ被害 1600敵機30来襲磯風一番砲塔ニ爆弾命中中破江風救援ニ任ジ帰投ス(以下略)』
  79. ^ #S1801二水戦日誌(3)p.16『2月7日(天候略)|(略)磯風爆弾命中損傷(長月曳航江風護衛)』
  80. ^ #S1802第17駆日誌(1)p.24『1620:長月救援ニ来リシモ自力航行可能ノ為救援ヲ止メ進撃ス』
  81. ^ 昭和18年2月15日(発令2月14日付)海軍辞令公報(部内限)第1053号 pp.27-28』 アジア歴史資料センター Ref.C13072089700 
  82. ^ 昭和18年2月15日(2月15日付)海軍辞令公報(部内限)第1054号 p.31』 アジア歴史資料センター Ref.C13072089700 『第九驅逐隊司令海軍大佐 佐藤康夫(五七二)補第八驅逐隊司令/第八驅逐隊司令海軍大佐 山代勝守(七八二)横須賀鎮守府附被仰付』
  83. ^ #高松宮日記6巻37頁『○第八駆逐隊《二〇-〇六〇三》〇六〇三「大潮」雷撃ヲ六本ヲウケ内一本前部機械室右舷ニ命中、前後部機械室、三缶浸水、航行不能。「荒潮」制圧、アドミラルティ島北60度浸水量合計700t、戦死8、重傷1』
  84. ^ #S1712四水戦日誌(4)p.41『二十日二三五五(長官)2F(宛略)AdB電令作第一四八號 (司令官)4sdハ明二十一日早朝麾下駆逐艦一隻ヲ派遣シ成ルベク速ニ「トラツク」回航中8dg(朝潮大潮)被曳航中ニ合同シ之ガ警戒ニ任ゼラレ度二十日一七〇〇ノ位置〇度五五分南一四七度八分東針路三〇度速力八節』
  85. ^ #高松宮日記6巻37-38頁
  86. ^ #S1709八艦隊日誌(5)p.32『二月二十日 大潮「アドミラリテイ」諸島北方海面ニ於テ雷撃ヲ受ケ航行不能朝潮之ヲ「トラック」ニ曳航中二十一日船体切断沈没ス』
  87. ^ #S1712四水戦日誌(4)p.21『二一(天候略)一.(司令)村雨AdB電令作第一四八號ニ依ル8dg(荒潮大潮)警戒ノ爲出港セシモAdB電令作第一五〇號ニ依リ取止メラレトラツクニ皈投ス(大潮沈没)/二.春雨〇二〇〇波浪ノ爲全部屈折垂下〇九一〇前部ヲ切断ス』
  88. ^ 昭和18年3月17日(金)海軍公報(部内限)第4342号 p.17』 アジア歴史資料センター Ref.C12070429900 『○司令驅逐艦變更 第八驅逐隊司令ハ二月二十一日司令驅逐艦ヲ荒潮ニ變更セリ』
  89. ^ #S1712四水戦日誌(4)p.45『二十一日〇六五〇(司令)8dg(宛略)大潮乗員全部救助シ機密書類整理ス司令旗ヲ荒潮ニ移シ「ラボール」ニ向フ護衛艦ヲ復皈サレ度』
  90. ^ a b 昭和18年3月17日(発令3月15日付)海軍辞令公報(部内限)第1072号 p.48』 アジア歴史資料センター Ref.C13072090000 
  91. ^ 昭和18年3月20日(発令3月20日付)海軍辞令公報(部内限)第1076号 p.16』 アジア歴史資料センター Ref.C13072090100 
  92. ^ 昭和18年5月10日(発令5月10日付)海軍辞令公報(部内限)第1111号 p.34』 アジア歴史資料センター Ref.C13072090900 
  93. ^ #内令昭和18年4月(1)pp.28-29『内令第五百八十二號|横須賀鎮守府在籍 驅逐艦 村雨、驅逐艦 朝潮、驅逐艦 大潮、驅逐艦 荒潮、驅逐艦 峯雲|呉鎮守府在籍 驅逐艦 白雪、驅逐艦 時津風|右帝國駆逐艦籍ヨリ除カル|横須賀鎮守府在籍 伊號第一潜水艦、伊號第十八潜水艦 右帝國潜水艦籍ヨリ除カル|昭和十八年四月一日 海軍大臣 嶋田繁太郎』
  94. ^ #内令昭和18年4月(1)p.26『内令第五百七十九號 驅逐隊編制中左ノ通改定セラル 昭和十八年四月一日 海軍大臣 嶋田繁太郎|第二驅逐隊ノ項中「村雨、」ヲ削ル|第九驅逐隊ノ項中「朝雲、峯雲」ヲ「朝雲、薄雲、白雲」ニ改ム|第十一驅逐隊ノ項中「白雪、」ヲ削ル|第十六驅逐隊ノ項中「、時津風」ヲ削ル|第八驅逐隊、第二十九驅逐隊及第三十四驅逐隊ノ各項ヲ削ル』
  95. ^ #内令昭和18年4月(1)p.20『内令第五百六十八號 艦艇類別等級別表中左ノ通改正ス 昭和十八年四月一日 海軍大臣 嶋田繁太郎|驅逐艦、一等ノ部中「白雪型」ヲ「初雪型」ニ改メ同項中「白雪、」ヲ、同白露型ノ項中「、村雨」ヲ削リ同「朝潮型」ヲ「満潮型」ニ改メ同項中「、朝潮、大潮」「、「荒潮」「、峯雲」ヲ、同陽炎型ノ項中「時津風、」ヲ削ル(以下略)』

参考文献[編集]

  • アジア歴史資料センター(公式)(防衛省防衛研究所)
    • Ref.C13072003500 『昭和16年12月31日現在10版内令提要追録第10号原稿巻2.3(防衛省防衛研究所) 巻3追録/第13類 艦船(1)』。
    • Ref.C13071997700 『昭和16年6月30日現在10版内令提要追録第9号(上)原稿:巻1追録/第6類機密保護』。
    • Ref.C12070099000 『昭和10年 達 完/達昭和10年9月』。
    • Ref.C12070162800 『昭和17年4月~6月内令2巻/昭和17年5月(2)』。
    • Ref.C12070166000 『昭和17年10月~12月内令4巻止/昭和17年10月(4)』。
    • Ref.C12070167100 『昭和17年10月~12月 内令4巻止/昭和17年12月(5)』。
    • Ref.C05110626700 『第4215号 11.9.8大潮』。
    • Ref.C05110729100 『第4770号 12.9.16艦名(大潮)に関する件』。
    • Ref.C14120969300 『支那事変 第8回功績概見表綴 駆逐隊 潜水隊 水雷隊 掃海隊 海軍武功調査/8駆隊機密第19号の1 第8駆逐隊支那事変第8回功績概見表』。
    • Ref.C14120979000 『支那事変 第9回功績概見表綴 海軍武功調査/支那事変第9回駆逐隊功績概見表/8駆機密第19号の4 第8駆逐隊支那事変第9回功績概見表』。
    • Ref.C14120987800 『支那事変 第10回功績概見表綴/支那事変駆逐隊第10回功績概見表/8駆機密第19号の1 第8駆逐隊支那事変第10回功績概見表』。
    • Ref.C08030112300 『昭和17年4月1日~昭和17年6月30日 第4水雷戦隊戦時日誌(1)』。
    • Ref.C08030112400 『昭和17年4月1日~昭和17年6月30日 第4水雷戦隊戦時日誌(2)』。
    • Ref.C08030354200 『昭和17年5月1日~昭和17年5月31日 舞鶴鎮守府戦時日誌』。
    • Ref.C08030354300 『昭和17年6月1日~昭和17年6月30日 舞鶴鎮守府戦時日誌』。
    • Ref.C08030354400 『昭和17年7月1日~昭和17年7月31日 舞鶴鎮守府戦時日誌(1)』。
    • Ref.C08030354500 『昭和17年7月1日~昭和17年7月31日 舞鶴鎮守府戦時日誌(2)』。
    • Ref.C08030354600 『昭和17年8月1日~昭和17年8月31日 舞鶴鎮守府戦時日誌』。
    • Ref.C08030354700 『昭和17年9月1日~昭和17年9月30日 舞鶴鎮守府戦時日誌』。
    • Ref.C08030354800 『昭和17年10月1日~昭和17年10月31日 舞鶴鎮守府戦時日誌』。
    • Ref.C08030354900 『昭和17年11月1日~昭和17年11月30日 舞鶴鎮守府戦時日誌』。
    • Ref.C08030355200 『昭和17年12月1日~昭和17年12月31日 舞鶴鎮守府戦時日誌(1)』。
    • Ref.C08030355300 『昭和17年12月1日~昭和17年12月31日 舞鶴鎮守府戦時日誌(2)』。
    • Ref.C08030022800 『昭和17年9月14日~昭和18年8月15日 第8艦隊戦時日誌(4)』。
    • Ref.C08030022900 『昭和17年9月14日~昭和18年8月15日 第8艦隊戦時日誌(5)』。
    • Ref.C08030116000 『昭和17年12月1日~昭和18年4月30日 第4水雷戦隊戦時日誌(1)』。
    • Ref.C08030116100 『昭和17年12月1日~昭和18年4月30日 第4水雷戦隊戦時日誌(2)』。
    • Ref.C08030116200 『昭和17年12月1日~昭和18年4月30日 第4水雷戦隊戦時日誌(3)』。
    • Ref.C08030116300 『昭和17年12月1日~昭和18年4月30日 第4水雷戦隊戦時日誌(4)』。
    • Ref.C08030116400 『昭和17年12月1日~昭和18年4月30日 第4水雷戦隊戦時日誌(5)』。
    • Ref.C08030100200 『昭和18年1月1日~昭和18年5月31日 第2水雷戦隊戦時日誌戦闘詳報(1)』。
    • Ref.C08030100300 『昭和18年1月1日~昭和18年5月31日 第2水雷戦隊戦時日誌戦闘詳報(2)』。
    • Ref.C08030100400 『昭和18年1月1日~昭和18年5月31日 第2水雷戦隊戦時日誌戦闘詳報(3)』。
    • Ref.C08030100500 『昭和18年1月1日~昭和18年5月31日 第2水雷戦隊戦時日誌戦闘詳報(4)』。
    • Ref.C08030146300 『昭和18年2月1日~昭和19年10月31日 第17駆逐隊戦時日誌戦闘詳報(1)』。
  • 石渡幸二 「不滅の駆逐艦長吉川潔」『太平洋戦争の提督たち』 中央公論社、1997年12月。ISBN 4-12-203014-5
  • 宇垣纏著、成瀬恭発行人 『戦藻録 明治百年史叢書』 原書房、1968年1月。
  • 岡本孝太郎 『舞廠造機部の昭和史』 文芸社、2014年5月。ISBN 978-4-286-14246-3
  • 佐藤和正 『艦長たちの太平洋戦争 続編 17人の艦長が語った勝者の条件』 光人社NF文庫、1995年12月。ISBN 4-7698-2106-9
    • 命令誤認 <砲艦「橋立」艦長・山代勝守大佐の証言>(太平洋戦争時、橋立艦長、第8駆逐隊司令、第11駆逐隊司令等)
  • 高松宮宣仁親王著、嶋中鵬二発行人 『高松宮日記 第六巻 昭和十八年二月十二日~九月』 中央公論社、1997年3月。ISBN 4-12-403396-6
  • 寺内正道ほか 『海軍駆逐隊 駆逐艦群の戦闘部隊編成と戦場の実相』 潮書房光人社、2015年9月。ISBN 978-47698-1601-0
    • 戦史研究家海老原康之『夜戦の白眉 "第八駆逐隊" 朝潮型四隻の奮戦 朝潮、大潮、満潮、荒潮。第二水雷戦隊所属の精鋭たちのバリ島沖海戦
  • 庭田尚三 「4.駆逐艦の巻」『元海軍技術中将 庭田尚三述 建艦秘話』 船舶技術協会、1965年9月。
  • 防衛庁防衛研修所戦史室 『戦史叢書26 蘭印・ベンガル湾方面 海軍進攻作戦』 朝雲新聞社、1969年5月。
  • 防衛庁防衛研修所戦史室 『戦史叢書83 南東方面海軍作戦(2) ガ島撤収まで』 朝雲新聞社、1975年8月。
  • 雑誌「丸」編集部『ハンディ版 日本海軍艦艇写真集17 駆逐艦 初春型・白露型・朝潮型・陽炎型・夕雲型・島風』光人社、1997年。
  • 吉田俊雄 「17章勇気 吉川潔中佐の「砲撃はじめ。ドンドン撃て」」『海軍人間語録 現代に生きる海軍式言行録』 光人社、1985年6月。ISBN 4-7698-0271-4

関連項目[編集]