子日 (初春型駆逐艦)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
子日
Nenohi-1.jpg
経歴
運用者  大日本帝国海軍
建造所 浦賀船渠
発注 マル1計画
起工 1931年12月15日
進水 1932年12月22日
就役 1933年9月30日
除籍 1942年7月31日
最後 1942年7月5日戦没
要目 (竣工時)
クラス 初春型駆逐艦
基準排水量 1,400t
公試排水量 1,680t
全長 109.5m
全幅 10.0m
吃水 3.5m
ボイラー ロ号艦本式缶3基
主機 オール・ギアードタービン2基2軸 42,000hp
最大速力 36.5ノット
兵装 50口径12.7cm連装砲 2基4門
50口径12.7cm単装砲 1基1門
毘式四十粍機銃 2基
61cm3連装魚雷発射管 3基9門
(八年式魚雷18本)
テンプレートを表示

子日(ねのひ)は、大日本帝国海軍駆逐艦[1]子ノ日という表記もある[2]一等駆逐艦初春型の2番艦である[3]。この名を持つ日本海軍の艦船としては神風型駆逐艦 (初代)「子日」に続いて2隻目[4][5]。1942年(昭和17年)7月5日、アリューシャン方面作戦従事中に米潜水艦の魚雷攻撃により撃沈された。

艦歴[編集]

大改装前の子日と初春

浦賀船渠1931年(昭和6年)12月15日に起工[6]1932年(昭和7年)8月1日、初春型駆逐艦3隻にそれぞれ「初春」・「子日」・「若葉」の艦名が与えられる[1]。同日附で二等巡洋艦最上型最上」と「三隈」も命名されている[7]。「子日」は1932年(昭和7年)12月22日に進水[6]1933年(昭和8年)9月30日に竣工した[6]。これは初春型1番艦「初春」と同日附の竣工である[8]。 特型駆逐艦として[9]吹雪型駆逐艦よりも小型の船体に[10]、ほぼ同じ武装を詰め込んだ[11]。建造当初の状態では復元性に問題を抱えており、のちに「初春」と「子日」は艦橋前の砲塔を1基撤去するなどの大改装を実施した。

1939年(昭和14年)、第二遣支艦隊第15戦隊に編入、翌年7月、北部仏印ハノイに入港し、仏印監視団の西原機関の無線局となり、さらにハイフォンに移動し9月までその役割を担った。

太平洋戦争緒戦[編集]

太平洋戦争開戦時には、第一水雷戦隊(司令官大森仙太郎少将)の第21駆逐隊(初春、子日若葉初霜)に所属し、内海西部で対潜掃蕩に従事した。大森司令官が座乗する一水戦旗艦/軽巡「阿武隈」は南雲機動部隊(司令長官南雲忠一中将)の警戒隊旗艦に指定され、陽炎型駆逐艦(陽炎、不知火、谷風、浦風、浜風、磯風、秋雲)や朝潮型駆逐艦(霞、霰)をひきいて真珠湾攻撃に参加しており、第21駆逐隊や第27駆逐隊とは別行動である。12月21日、第21駆逐隊と第27駆逐隊(時雨、白露、有明、夕暮)と補給部隊は小笠原諸島南西海面へ進出、日本へ帰投中の南雲機動部隊(赤城加賀瑞鶴翔鶴)を出迎えた[12]

1942年(昭和17年)1月、第21駆逐隊は輸送船団を護衛しダバオに入港した。1月24日、海軍はスラウェシ島ケンダリの攻略を実施[13]。第一根拠地部隊指揮官久保九次少将が攻略部隊の指揮官となって軽巡「長良」を旗艦とし、第15駆逐隊(夏潮黒潮親潮早潮)、第16駆逐隊(雪風時津風天津風初風)、第二航空部隊(水上機母艦千歳瑞穂)等がケンダリーを攻略した[13][14]。ところが25日早朝、増援として久保少将の指揮下に入るべくケンダリーに急行していた第21駆逐隊は、攻略部隊旗艦「長良」と遭遇[13]。「長良」と21駆2番艦「初春」が触衝事故を起こして「初春」は大破する[13]。「若葉、子日」は「初春」をダバオへ送り届け、久保少将は「長良」の応急修理が終わるまで21駆4番艦「初霜」に将旗を掲げた[13]。駆逐艦の不足に悩んでいた東方部隊にとって、本事故は大きな痛手となった[13]

続いて第21駆逐隊はバリ島攻略戦に参加。2月20日、同島攻略作戦に参加していた第8駆逐隊(駆逐隊司令阿部俊雄大佐)率いる朝潮型駆逐艦4隻(大潮朝潮満潮荒潮)はカレル・ドールマン少将率いる連合軍艦隊(軽巡洋艦3、駆逐艦7)を撃退する(バリ島沖海戦)。「長良」と第21駆逐隊(若葉、子日、初霜)は第8駆逐隊救援のために急行し、損傷した「大潮、満潮」や輸送船を護衛してスラウェシ島マカッサルへ避退した[15]。3月1日、スラバヤ沖海戦に敗北した連合軍艦隊の脱出を阻止するため、第21駆逐隊3隻は測量艦「筑紫」と共にバリ海峡を警戒していた[16]。だが突破をはかる米駆逐艦4隻に振り切られ、損害を与えることも出来なかった。南方作戦蘭印作戦の完了をもって、内地へ帰投する。

第五艦隊[編集]

同年5月、「子日」以下第一水雷戦隊(阿武隈、第6駆逐隊《》、第21駆逐隊《若葉、初春、子日、初霜》、第7駆逐隊《》)は北方部隊(指揮官:第五艦隊司令長官細萱戊子郎中将:旗艦「那智」)に編入[17]アリューシャン方面作戦に従事することになった。「阿武隈」と第21駆逐隊は6月上旬のアッツ攻略作戦攻略作戦に参加(アリューシャン攻略作戦[18][19]。またキスカ島の防備部隊にも協力[20]千島列島およびアリューシャン列島方面で活動した。同時期におこなわれたミッドウェー海戦の敗北を受けて日本軍は米軍機動部隊がアリューシャン方面に出現すると想定し、北方方面の増強を開始した。

その後、「子日」は水上機部隊を護衛し、アッツ島湾外の哨戒活動を行うことになった。6月21日、「子日」は油槽船「富士山丸」に横付けして補給を開始しようとしたところ、艦尾方向1000mに『敵潜水艦』を発見して直ちに爆雷攻撃を行い、撃沈確実を報告した[21][22]。翌日、21駆3隻が合同する[21]。7月1日、「初霜」が第二支援隊に編入される一方、駆逐艦「電」が水上機部隊に編入されて7月2日に合流[23][24]7月3日B-24リベレーター小数機が飛来して特設水上機母艦「神川丸君川丸」および「富士山丸」を空襲する[21]。「神川丸」と「富士山丸」は至近弾で若干の損傷を蒙り、アガッツ島西方へ避退した[21]。同日、後述の命令(沈没潜水艦捜索)により単独で行動していた「子日」は、陸軍部隊から敵潜水艦発見を報告を受ける[25]7月5日、第21駆逐隊(若葉、初霜)は輸送部隊の護衛を命じられて水上機部隊から分離、キスカ島へ向かった[26]。このため、水上機部隊の護衛艦は「子日、電、帆風」となる[23]

第21駆逐隊が分散する中、「子日」は6月21日に撃沈を報告した潜水艦から機密文書を回収するため、この作業に従事していた[27][28]。 だが目標の沈没潜水艦を発見できず、水上機部隊と合流するためアガッツ島南方を北上する[23]。当時のアッツ島方面は濃霧のため、水上偵察機の発進もできなかったという[28]。この時、同島ドッグ岬沖において米潜「トライトン」 (USS Triton, SS-201)は「子日」を雷撃[23]。12時50分、魚雷1本が右舷中央部に命中[29]。艦体は前部と後部に分断され、「子日」は轟沈した[29]。寺内艦長等は転覆した「子日」の艦体に登ると、「子ノ日万歳」を唱えたのち、行方不明となった(戦死認定)[29]。188名が戦死。初春型駆逐艦最初の沈没艦となった。

7月6日、水上機部隊の下令により駆逐艦「」が「子日」捜索におもむく[28]。「電」は、アガッツ島に上陸していた子日生存者を発見[30]、36名を救助した[23]。この際、米軍潜水艦から魚雷3本を撃ち込まれたが回避に成功、爆雷攻撃により撃沈確実を報告している[31]

「子日」が撃沈された7月5日、日本軍はキスカ島でも大損害を受けた。米潜水艦「グロウラー」(USS Growler, SS-215) がキスカ湾に停泊していた第18駆逐隊(不知火、霞、霰)を襲撃し、駆逐艦「」を撃沈、「」と「不知火」を大破させたのである[32]。 米潜水艦の活発な行動に危機感を覚えた北方部隊(第五艦隊)は、米軍機動部隊が出現しないこともあり、空母「瑞鶴瑞鳳龍驤」以下の増援部隊各艦を内地に帰投させた[33]。並行して大破した「不知火、霞」の応急修理が実施されたが現地では対処しきれず、就役したばかりの夕雲型駆逐艦長波」が救難資材と工員を乗せて横須賀を出発、キスカ島の「不知火、霞」に送り届けている[34]

7月31日、駆逐艦「霰」と「子日」の除籍が決定。「子日」は第21駆逐隊[35]、帝国駆逐艦籍[36]のそれぞれから除籍された。 8月20日、「子日」は初春型駆逐艦からも除籍された[37]

歴代艦長[編集]

※『艦長たちの軍艦史』295-296頁による。

艤装員長[編集]

  1. 植田弘之介 中佐:1933年5月20日 -

艦長[編集]

  1. 植田弘之介 中佐:1933年9月30日 - 1935年11月9日
  2. 長井純隆 少佐:1935年11月9日 -
  3. (兼)丸安金兎 中佐:不詳 - 1936年12月1日[38]
  4. 岡本次郎 少佐:1936年12月1日 -
  5. 新谷喜一 少佐:1938年12月15日 -
  6. 杉岡幸七 少佐:1939年10月10日 -
  7. 松本作次 少佐:1940年7月10日 -
  8. 千本木十三四 少佐:1940年11月15日 -
  9. 寺内三郎 少佐:1942年4月20日 - 7月5日戦死

脚注[編集]

  1. ^ a b #達昭和7年8月pp.7-9『達第百六號 艦艇製造費ヲ以テ昭和六年度ニ於テ建造ニ着手ノ驅逐艦三隻潜水艦二隻水雷艇二隻掃海艇二隻敷設艇一隻ニ左ノ通命名ス|昭和七年八月一日 海軍大臣岡田啓介|驅逐艦 佐世保海軍工廠ニ於テ建造(昭和六年五月起工ノモノ) 初春ハツハル|浦賀船渠株式會社 子日ネノヒ|佐世保海軍工廠ニ於テ建造 若葉ワカバ|潜水艦 呉海軍工廠ニ於テ建造 伊號第六十八潜水艦|神戸三菱造船所ニ於テ建造 伊號第六十九潜水艦|水雷艇 舞鶴要港工作部ニ於テ建造 千鳥チドリ|藤永田造船所ニ於テ建造 眞鶴マナヅル|掃海艇 藤永田造船所ニ於テ建造 第十三號掃海艇|大阪鐡工所ニ於テ建造 第十四號掃海艇|敷設艇 石川島造船所ニ於テ建造 夏島ナツシマ』
  2. ^ 戦闘詳報戦史叢書等。
  3. ^ #艦艇類別等級表(昭和16年12月31日)p.8『驅逐艦|一等|初春型|初春、子日、若葉、初霜、有明、夕暮』
  4. ^ #幕末以降帝国軍艦写真と史実p.93『神風型【三等驅逐艦】(△は初代) △子日』
  5. ^ #幕末以降帝国軍艦写真と史実p.161『初春型〔六隻〕 艦種一等驅逐艦 艦名考気象等に採る。 子日(ねのひ)【二代】 初春 起工昭和6-12-15 進水7-12-22 竣工8-9-30 建造所浦賀船渠株式會社』
  6. ^ a b c #艦船要目公表範囲(昭和12年12月1日)p.4『子日|一等駆逐艦|(艦要目略)|浦賀船渠會社|6-12-15|7-12-22|〃(8-9-30)|(艦装備略)』
  7. ^ #達昭和7年8月p.7『達第百五號 艦艇製造費ヲ以テ昭和六年度ニ於テ建造ニ着手ノ二等巡洋艦二隻ニ左ノ通命名セラル|昭和七年八月一日 海軍大臣岡田啓介|呉海軍工廠ニ於テ建造 八千五百噸級巡洋艦 最上モガミ|三菱長崎造船所ニ於テ建造 八千五百噸級巡洋艦 三隈ミクマ』
  8. ^ #艦船要目公表範囲(昭和12年12月1日)p.4『初春|一等駆逐艦|(艦要目略)|佐世保工廠|6-5-14|8-2-27|8-9-30|(艦装備略)』
  9. ^ #ポケット海軍年鑑(1935)p.50『一等驅逐艦"狭霧 さぎり"(略)我が海軍の有する驅逐艦中にて特型と呼ばれるのはこれ等の最新式大型驅逐艦の別称で、その第一に建造されたのが雪の附く4隻(現在深雪は除籍)で、その他に雲級(くもクラス)が4隻、波級(なみクラス)、霧級(きりクラス)が4隻、それに"朧 おぼろ" "曙 あけぼの" "漣 さざなみ" "潮 うしほ" "暁 あかつき" "響 ひびき" "雷 いかづち" "電 いなづま" 以上23隻の同型艦を有するわけである。そして其の後に現はれたものが"初春 はつはる"以降9隻の1,368頓型の最新型であるがこれ等も上記のものと同様に特型と呼ばれてゐる。即ちこれ等特型驅逐艦合計32隻の活躍こそは将来不幸にして一朝事ある場合に於て我が艦隊の手足として又時には他艦種の缺を補ふ方面に活躍するものとして大いなる期待がかけられてゐるのである。』
  10. ^ #ポケット海軍年鑑(1937)p.46『一等驅逐艦"子日 ねのひ" 全長102.96米、幅9.94米、平均喫水2.67米で、雲級雪級等の特型驅逐艦よりは一廻り艦型が小さく、月級に準ずるものであるが最新設計の新鋭驅逐艦である。同型艦に"初春 はつはる" "若葉 わかば" "初霜 はつしも" "有明 ありあけ" "夕暮 ゆふぐれ"の諸艦がある。更にそれにつゞいて "白露 しらつゆ" "夕立 ゆふだち" "時雨 しぐれ" "村雨 むらさめ" "五月雨 さみだれ" "春雨 はるさめ"等は排水量は同じく1,368頓であるが魚雷発射管が8門(四聯装)になつてゐる。昭和十一年末現在では村雨まで竣工してゐた。一等驅逐艦合計七十席98,837頓である。第二次補充計畫で目下建造中の諸艦は"朝潮" "大潮" "満潮" "荒潮" "夏雲" "山風" "江風" "海風" "涼風"の諸艦がある。』
  11. ^ #ポケット海軍年鑑(1935)p.52『一等驅逐艦"子日 ねのひ" 全要目{排水量1,368噸 速力34.0節 備砲12.7糎砲5門 魚雷發射管6門 起工昭和6年12月 竣工昭和8年9月 建造所浦賀船渠會社} 同型艦同型艦に"初春 はつはる" "若葉 わかば" "初霜 はつしも" "有明 ありあけ" "夕暮 ゆうぐれ" "白露 しらつゆ" "時雨 しぐれ" "村雨 むらさめ" これが現在既成驅逐艦中の最新式のものである。全長102.96米、幅9.94米、平均吃水2.67米。この艦の竣工した以前に竣工してゐる吹雪級の要目と比較して見て大いさと云ひ又兵装と云ひすべてに於てやゝ縮小されてゐるのは一萬噸級巡洋艦の最新艦である愛宕級が、その以前に出来た那智級に比較してやゝ縮小された艦型となつてゐるのとよく似てゐて興味深い。必ずや此種の一等驅逐艦にもそれ以前の吹雪級一等驅逐艦に勝る何物かゞなくてはならぬ筈である。我が海軍の有する一等驅逐艦は既成艦71隻合計排水量計(基準)99,153噸、未成艦3隻合計噸數(基準)4,104噸である。』
  12. ^ #S1612五航戦(経過)pp.3-4『(六)同夜機動部隊ハ南方ニ偽航路ヲ執リ爾後概ネ16節乃至20節ヲ以テ硫黄島ノ南方海面ヲ経テ21日朝父島ノ南西方約350浬ニ於テ第21、第27駆逐隊及第2補給隊ト合同豊後水道方面ニ向ヒツヽ警戒隊ハ第二補給隊ヨリ補給ヲ行ヒ同夜第二補給隊ヲ分離、23日0930豊後水道掃海水道外ニ達シ呉鎮守府防備部隊ノ警戒裡ニ内海ニ入リ1833廣島湾ニ假泊24日1345假泊地発1600呉ニ入港セリ』
  13. ^ a b c d e f #叢書26海軍進攻作戦210-213頁『五 ケンダリーの攻略』
  14. ^ #S1612一根日誌(1)p.8『作戦指揮下ニ入リタル艦船部隊ノ行動』
  15. ^ #叢書26海軍進攻作戦332頁『第一次急襲部隊の引き揚げ』
  16. ^ #叢書26海軍進攻作戦478頁『第四航空戦隊の戦闘』
  17. ^ #叢書29北東方面228-229頁『北方部隊の作戦計画』
  18. ^ #叢書29北東方面254-255頁『アッツ島の攻略』
  19. ^ #S1705一水戦日誌(2)pp.51-52『三.輸送隊(衣笠丸、子ノ日)(イ)「スリアーム」湾着後指揮官所定ニ依リ同湾附近ニ在リテ陸軍ノ揚陸収容ニ任ジ子ノ日ヲシテ附近海面ノ警戒竝ニ陸軍破壊作戰ノ支援ニ任セシム』
  20. ^ #叢書29北東方面260頁
  21. ^ a b c d #叢書29北東方面273頁
  22. ^ #第五艦隊日誌(2)p.37『月日/六月二一日|撃沈艦艇/子日|撃沈場所/「チチヤゴク」湾外』
  23. ^ a b c d e #叢書29北東方面274頁
  24. ^ #電詳報其壱(1)1707p.1『驅逐艦電ハ「アリューシャン」作戦ニ於テ昭和十七年七月一日水上機部隊ニ編入セラレ神川丸艦長ノ指揮下ニ属シ行動中…』
  25. ^ #S1705一水戦日誌(4)pp.16-17『三日1700子ノ日驅逐艦長|水上機部隊指揮官、二十一驅司令|子ノ日機密第五八番電 今朝陸軍部隊ヨリキブソン島東南5000米附近ニ於テ敵潜発見ノ報アリ同島ノ敵空襲ヲ考慮撤退ヲ偽装シ今夜Attu島西方海面ヲ行動ス』
  26. ^ #叢書29北東方面274頁(7月7日キスカ着)
  27. ^ #叢書29北東方面273頁(6月25日の第五艦隊参謀長の希望)『「子ノ日」ノ撃沈セル潜水艦ヨリ機密図書引揚ノ希望アルニ付一時「子ノ日」ヲ現場ニ派遣 水深調査、位置浮標設置方取計ハレ度』
  28. ^ a b c #S1705一水戦日誌(4)pp.20-21『六日1140水上機部隊指揮官|六日1450北方部隊指揮官、第一水雷戦隊司令官|水上機部隊機密第八五三番電 子日ハ「チチヤゴフ」ニ於ケル撃沈潜水艦捜索作業一段落後七月四日1700同地發當隊ニ合同ノ目的ヲ以テ行動セリ同日當隊ハ水上偵察機鳴神島進出準備ノタメ「アガツツ」「マクドナルド」湾ニ假泊ノ目的ヲ以テ濃霧ヲ冒シ同島南方海面ヲ北上中ナシリヲ以テ同艦ヲシテ同湾ニ於テ合同セシムベク五日0710同湾附近ヲ機宜行動天候ヲ通報スベキ旨發令セリ 然ルニ其ノ後天候ヲ!?!?〔原文〕ラザルヲ以テ1220之ガ催促電報ヲ発シタルニ之ニ對スル應答ヲ最後トシテ無線通信ヲ絶テリ以上ノ状況ヨリ判断シ子ノ日ハ「マクドナルド」湾附近ニ於テ敵潜ノ攻撃ヲ受ケ遭難セルモノト認メラルルヲ以テ基地進出ヲ暫ク見合シ本六日0830電ヲシテ同艦ノ捜索救助ニ急派セリ尚當方面連日濃霧ノ爲作業困難ナルモノデ天候回復セバ飛行機ヲ以テ捜索ニ協力セントス』
  29. ^ a b c #S1705一水戦日誌(4)p.18『五日2240電駆逐艦長|六日0015第一水雷戰隊司令官|電機密第110番電 子日ハ五日1250霧中(視界二粁)「アガツ」島ドツク岬ニ半速ニテ接近中右舷梯附近ニ魚雷1命中艦体2ツニ切断瞬時ニ沈没ス驅逐艦長以下巓覆艦體ニアリテ子ノ日萬歳ヲ三唱セル後艦ト運命ヲ共ニセリ』
  30. ^ #電詳報其壱(1)1707pp.1-2『七月六日神川丸信令第二二號ニヨリ七月五日一二〇〇ヨリ無線連絡途絶エタル驅逐艦子ノ日捜索ノ爲「アガツ」島「マクドナルド」灣ニ至リ濃霧中附近一帯ヲ捜索中同島上ニ在リシ子ノ日生存者三十六名ヲ発見直ニ短艇ヲ卸シ救出後水上機部隊ニ合同セントシテ同島南方方面(北緯五二度一六分東経一七三度四八分)ヲ十六節ニテ西行中(艦内哨戒第一配備附近濃霧)仝日一六〇九右舷一四〇度三〇〇米ニ潜望鏡續イテ雷跡三ヲ発見之ヲ回避後反轉シテ二回ニ亙リ適確ナル爆雷攻撃ヲ實施セリ』
  31. ^ #第五艦隊日誌(2)p.37『月日/七月六日|撃沈艦艇/電|撃沈場所/「アガツツ」島ノ南東二〇浬』
  32. ^ #叢書29北東方面272-273頁
  33. ^ #第五艦隊日誌(2)pp.21-22『六月九日3S(-2D)8S瑞鳳神川丸等ヲ次デ5Sf5S等ヲ北方部隊ニ増援サレタルヲ以テ本兵力ヲ併セ引續キ待機海面ヲ行動セシガ六月二十日鳴神島及熱田島ノ第一期防備作業概成セルヲ以テ水上機部隊潜水部隊等ヲ残置セシメタル外大部ノ兵力ヲ大湊ニ回航補給ヲ實施セル後六月二十八日再度出撃シ鳴神島増援部隊ノ進出掩護竝ニ敵艦隊捕捉ノ態勢ヲ整ヘタリ 然ルニ其ノ後引續キ敵艦隊ハ依然トシテ當方面ニ出現シ来ル模様無ク加フルニ敵潜水艦ノ跳梁ハ漸次度ヲ加ヘ来リ之ニ依ル損害沈没及大破駆逐艦各二隻及ビ更ニ待機海面ニ迄及バントスル懼アリシヲ以テ豫定ヲ若干繰上ゲ七月七日増援部隊ノ桂島(一部横須賀)方面回航ヲ命ジタリ』
  34. ^ #叢書29北東方面287-288頁(7月17日下令、20日横須賀発、大湊経由で27日キスカ着)
  35. ^ #内令昭和17年7月(4)p.38『内令第千三百九十號 驅逐隊編制中左ノ通改定セラル|昭和十七年七月三十一日 海軍大臣嶋田繁太郎|第十八驅逐隊ノ項中「霰、」ヲ削ル|第二十一驅逐隊ノ項中「子日、」ヲ削ル』
  36. ^ #内令昭和17年7月(4)p.39『内令第千三百九十二號 呉鎮守府在籍 驅逐艦 霰|佐世保鎮守府在籍 驅逐艦 子日|右帝國驅逐艦籍ヨリ除カル|昭和十七年七月三十一日 海軍大臣嶋田繁太郎』
  37. ^ #内令昭和17年8月(3)pp.5-6『内令第一五五四號 艦艇類別等級別表左ノ通改正ス 昭和十七年八月二十日 海軍大臣嶋田繁太郎|軍艦、巡洋艦二等阿賀野型ノ項中「阿賀野」ノ下ニ「、能代、矢矧」ヲ加フ 同、航空母艦ノ項中「飛鷹」ノ下ニ「、冲鷹」ヲ加フ|驅逐艦、一等初春型ノ項中「子日、」ヲ、同白露ノ項中「山風、」ヲ、同朝潮型ノ項中「、霰」ヲ削リ、同秋月型ノ項中「新月」ノ下ニ「、若月」ヲ加フ(以下略)』
  38. ^ 『官報』第2976号、昭和11年12月2日。

参考文献[編集]

  • 近代デジタルライブラリー - 国立国会図書館
    • 海軍有終会編 『幕末以降帝国軍艦写真と史実』 海軍有終会、1935年11月。
    • 海軍研究社編輯部 編 『ポケット海軍年鑑 : 日英米仏伊軍艦集. 1935年版』 海軍研究社、1935年5月。
    • 海軍研究社編輯部 編 『ポケット海軍年鑑 : 日英米仏伊独軍艦集. 1937,1940年版』 海軍研究社、1937年2月。
    • 海軍研究社編輯部 編 『日本軍艦集 2600年版』 海軍研究社、1940年7月。
  • アジア歴史資料センター(公式)(防衛省防衛研究所)
    • Ref.C13071974300 『昭和12年12月1日現在10版内令提要追録第3号原稿/巻1追録/第6類機密保護』。
    • Ref.C13072003500 『昭和16年12月31日現在10版内令提要追録第10号原稿巻2.3/ 巻3追録/第13類艦船(1)』。
    • Ref.C12070164300 『昭和17年7月~9月 内令3巻/昭和17年7月分(4)』。
    • Ref.C12070164600 『昭和17年7月~9月 内令3巻/昭和17年8月分(3)』。
    • Ref.C12070095800 『昭和7年達完/8月』。
    • Ref.C13120032900 『第5航空戦隊戦時日誌(作戦及一般之部)昭和16年12月/1.経過』。
    • Ref.C08030246100 『昭和16年12月8日~昭和18年8月31日 第1根拠地隊戦時日誌(1)』。
    • Ref.C08030019100 『昭和16年12月1日~昭和19年6月30日 第5艦隊戦時日誌AL作戦(2)』。
    • Ref.C08030081200 『昭和17年5月29日~昭和17年7月31日 第1水雷戦隊戦時日誌戦闘詳報(1)』。
    • Ref.C08030081300 『昭和17年5月29日~昭和17年7月31日 第1水雷戦隊戦時日誌戦闘詳報(2)』。
    • Ref.C08030081400 『昭和17年5月29日~昭和17年7月31日 第1水雷戦隊戦時日誌戦闘詳報(3)』。
    • Ref.C08030081500 『昭和17年5月29日~昭和17年7月31日 第1水雷戦隊戦時日誌戦闘詳報(4)』。
    • Ref.C08030081600 『昭和17年5月29日~昭和17年7月31日 第1水雷戦隊戦時日誌戦闘詳報(5)』。
    • Ref.C08030752300 『昭和17年7月6日~昭和17年12月3日 駆逐艦電戦闘詳報原稿 その1(1)』。
  • 外山操『艦長たちの軍艦史』光人社、2005年。 ISBN 4-7698-1246-9
  • 防衛庁防衛研修所戦史室 『戦史叢書26 蘭印・ベンガル湾方面 海軍進攻作戦』 朝雲新聞社、1969年5月。
  • 防衛庁防衛研修所戦史室 『戦史叢書29 北東方面海軍作戦』 朝雲新聞社、1969年8月。
  • 雑誌「丸」編集部『ハンディ版 日本海軍艦艇写真集17 駆逐艦 初春型・白露型・朝潮型・陽炎型・夕雲型・島風』光人社、1997年。

関連項目[編集]