中村亀三郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
中村 亀三郎
なかむら かめざぶろう
Nakamura kamesaburō.JPG
生誕 1884年1月28日
日本の旗 日本 高知県
死没 (1944-11-02) 1944年11月2日(60歳没)
所属組織 日本海軍
軍歴 1906 – 1940
最終階級 海軍中将
テンプレートを表示

中村 亀三郎(なかむら かめざぶろう、1884年1月28日 - 1944年11月2日)は、日本海軍軍人。最終階級は海軍中将

経歴[編集]

高知県西唐人町(現在の高知市)に京観世高安流8代、中村能成の二男として生れる。1905年11月海軍兵学校33期)を卒業し、1906年に海軍少尉任官。海軍大学校航海術専修学生を優等で卒業し、砲艦宇治」航海長、海防艦武蔵」航海長、海防艦「秋津洲」航海長、巡洋艦利根」航海長、海軍兵学校教官などを経て、1917年、海軍大学校(甲種第15期)を卒業。以後、戦艦香取」航海長、横須賀鎮守府参謀軍令部参謀、第3艦隊参謀、練習艦隊参謀、海軍大学校教官、軽巡洋艦「那珂艦長、「利根」艦長、軍令部第1班第2課長、ロンドン軍縮会議随員、重巡洋艦「加古」艦長、戦艦「長門」艦長、第2艦隊参謀長などを歴任し、1931年海軍少将に進級。

以後、海軍省教育局長、練習艦隊司令官、軍令部第1部長を務め、1935年に海軍中将となった。その後、海軍大学校校長、舞鶴要港部司令官、佐世保鎮守府司令長官を歴任し、1940年予備役に編入された。

現役を退いた後、1943年(昭和18年)から高知造船株式会社社長を務めた。

栄典

親族[編集]

参考文献[編集]

  • 秦郁彦編『日本陸海軍総合事典』第2版、東京大学出版会、2005年。
  • 外山操編『陸海軍将官人事総覧 海軍篇』芙蓉書房出版、1981年。
  • 福川秀樹『日本海軍将官辞典』芙蓉書房出版、2000年。
  • 海軍歴史保存会編『日本海軍史』第9巻、発売:第一法規出版、1995年。
  • 『高知県人名事典』高知市民図書館、1970年。