満潮 (駆逐艦)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
1937年10月31日に撮影された満潮
艦歴
計画 マル2計画 [1]
起工 1935年11月5日[2]
進水 1937年3月15日[2]
就役 1937年10月31日[2]
最後 1944年10月25日、スリガオ海峡で沈没
除籍 1945年1月10日
性能諸元
排水量 基準:約2,000t、公試:2,400t
全長 118.00m
全幅 10.386m
吃水 3.71m(平均)
機関 オール・ギアードタービン2基2軸
ロ号艦本式重油専焼缶3基
51,000hp
最大速力 35.0kt
航続距離 18ktで5,190浬
燃料 重油580t
乗員 230名
武装(新造時) 50口径12.7cm連装砲 3基6門
25mm機銃 II×2
(または13mm機銃 II×2)
61cm4連装魚雷発射管 2基8門
(九〇式魚雷16本)
九一式爆雷×36

満潮(みちしお / みちしほ)は、日本海軍朝潮型駆逐艦3番艦である[3]1937年(昭和12年)10月に竣工した[4]。1944年(昭和19年)10月、レイテ沖海戦でスリガオ海峡に突入し、米艦隊の雷撃を受けて沈没した。

艦歴[編集]

建造~開戦、2度の大破[編集]

1935年(昭和10年)9月28日、藤永田造船所で建造する駆逐艦が満潮と命名された[1]。11月5日に起工[2]1937年(昭和12年)3月15日に進水[2][5]。10月31日に竣工し[2]朝潮大潮と第25駆逐隊を同日編制した。11-12月にかけて中支方面で活動し、帰投後に佐世保海軍工廠蒸気タービン機関の改造工事を実施した(臨機調事件)。 1938年(昭和13年)1月、荒潮が編入した。3月20日、有田貢艦長が病死した[6]

1939年(昭和14年)11月1日、第25駆逐隊4隻は横須賀鎮守府へ転籍し、第8駆逐隊を編制した[7]。11月15日に第二艦隊第二水雷戦隊に編入され、以後中国方面で活動した。

太平洋戦争開戦時、第8駆逐隊は第二艦隊の指揮下で南方部隊本隊に加わっていた[8]マレー第一次上陸作戦、リンガエン湾上陸作戦を支援、1942年(昭和17年)1月からアンボンマカッサル攻略作戦に従事した。

日本軍はバリ島の攻略を計画し、第8駆逐隊と輸送船2隻は2月19日未明にバリ島に到着、兵員と物資の揚陸を始めた。夕刻に揚陸は完了したが、昼に空襲で輸送船相模丸が損傷し、満潮と荒潮が護衛して先にマカッサルに帰投を始めた[9]。同日夜にロンボック海峡で朝潮と大潮が米蘭の連合艦隊と交戦、蘭駆逐艦ピートハインを撃沈したが大潮が損傷した。急報を受けて反転した満潮と荒潮がバダン海峡に突入し、2日午前3時47分に砲戦を開始した[10][11]。機関室に被弾した満潮は大破し64人が戦死、航行不能となったが、海峡を漂流しながら残敵の哨戒にあたった[12][13]。午前6時、軽巡長良と第21駆逐隊(若葉子日初霜)が到着、若葉と子日が第8駆逐隊の僚艦と協力して満潮の救援を行った。午前10時、荒潮が満潮の曳航を始めたが、空襲の回避行動で曳索が切れ、満潮は至近弾でさらに浸水した[14]。沈没は免れ、マカッサルに帰投した。山本五十六連合艦隊司令長官は後日、バリ島沖海戦を戦った第8駆逐隊に感状を与えた[15]

4月10日、バリ島沖海戦で大潮、荒潮も損傷した第8駆逐隊は第四水雷戦隊に編入された[16]。満潮と大潮はマカッサルで応急修理をした後、16日-17日に高雄を経由して22日に横須賀に帰港した[17]。5月10日に横須賀を出発、12日に呉に到着[18]。長期修理のため15日に特別役務艦に指定された[19][20]

10月20日、第8駆逐隊(朝潮、荒潮)に復帰した[21]。満潮はラバウルを経由してブーゲンビル島ショートランド泊地に到着、駆逐艦隊によるガダルカナル島への鼠輸送に投入された[22]。満潮は11月2日に朝潮、浦波敷波綾波望月、5日に朝潮、朝雲村雨春雨夕立時雨白露有明夕暮、9日に朝潮、朝雲、望月、村雨、夕立、時雨、白露、夕暮と揚陸作戦を行い、いずれも成功した[23]

海軍はヘンダーソン飛行場基地への大規模な艦砲射撃を計画し、満潮は作戦に備えて6日に第七戦隊(司令官西村祥治少将)の指揮下に入った[24]。しかし12日夜に第三次ソロモン海戦が勃発し、出撃準備中の13日、ショートランド泊地の海岸近くで停泊中に米軍大型機の爆撃を受け[25]、至近弾で大破浸水し航行不能になった[26][27][28]

12月22日、外南洋部隊は朝潮に満潮の曳航、天霧に護衛を命じ、満潮はようやくショートランドからトラック泊地に移動した[29]。満潮は工作艦明石で応急修理を行った。第8駆逐隊は12月29日に復帰した大潮が1943年(昭和18年)2月21日、朝潮と荒潮が3月3日、それぞれ沈没した。3月6日、満潮は駆逐艦浜風の曳航と舞風の護衛でトラックを出港、サイパンを経由して16日に館山に到着[30][31]。その後、横須賀や横浜船渠に入渠した[32]。4月1日、第8駆逐隊は解隊した[33]。満潮は横須賀鎮守府の警備駆逐艦となり[34]、同日付で朝潮型駆逐艦の公文書上の表記は満潮型駆逐艦に改訂された[35]

護衛任務[編集]

10月31日、満潮は第24駆逐隊(海風涼風)に編入した[36][37]。11月14日に修理を完了し、同月下旬に瀬戸内海へ移動、訓練に従事した[38]。12月3日、修理を終えた第24駆逐隊3隻は桂島に集結[39]。このうち満潮は横須賀に回航した後、12日に空母2隻(瑞鳳雲鷹)を護衛して横須賀を出発、17日にトラック泊地へ到着した[40]

21日、満潮はタンカーを護衛してトラック泊地を出発した[41]。同日、天霧などが護衛するタンカー照川丸が米潜水艦スケートの雷撃で撃沈された。満潮は現場に急行して天霧、海防艦隠岐、金城丸と合流し、救難隊の軽巡能代、駆逐艦、浜風と合同で救助し、23日にトラックへ戻った[42][43]

12月29日、重巡熊野、重巡鈴谷、駆逐艦谷風とトラック泊地を出港、31日にニューアイルランド島カビエンに到着して物資と兵員を揚陸し1944年(昭和19年)、1月1日に帰還した[44]。輸送任務を解かれ、10日に駆逐艦藤波と共に戦艦大和を護衛してトラック泊地を出発、15日に瀬戸内海へ到着した[45][46]。その後、満潮は横須賀へ移動した[47]。24日、満潮は駆逐艦白露と共に輸送船(特設巡洋艦)3隻(赤城丸、靖国丸、愛国丸)を護衛して横須賀を出発[48]、トラック経由でウェーク島へ向かうが、31日に靖国丸が米潜水艦トリガーの雷撃で沈没した[49]。2月1日、トラック泊地に到着した[45][50]。涼風は1月25日、海風は2月1日、米潜水艦の雷撃で沈没した。

2月10日、満潮、白露、初春、若葉、駆逐艦玉波は戦艦武蔵、軽巡大淀、空母瑞鳳、空母千代田を護衛してトラック泊地を出港。15日に横須賀に到着し、千代田、瑞鳳、初春、若葉、玉波は呉に向かった[51]。24日、白露と武蔵を護衛して横須賀を出発、2月29日にパラオに到着した[52][53]。3月31日、第4駆逐隊に編入された[54]。この頃、潜水艦の攻撃で小破した武蔵を白露、藤波と共に護衛し、4月3日に呉へ帰投した[55][56]

南西方面の戦い[編集]

4月7日、満潮は第4駆逐隊僚艦の山雲野分と合流し、内海で整備や訓練に従事した[57][58]。5月11日、第4駆逐隊と秋霜早霜、玉波、時雨は武蔵と空母6隻(第二航空戦隊隼鷹飛鷹龍鳳〉、第三航空戦隊千歳、千代田、瑞鳳〉)を護衛して佐伯湾を出撃し、タウイタウイに向かった。16日に到着し、第4駆逐隊はタウイタウイ泊地の警戒や機動部隊の訓練に従事した[59][60]

6月1日、田中知生少佐が艦長に任命された[61]。第4駆逐隊は機動部隊の護衛としてマリアナ沖海戦に参加した(編制は同海戦参照)。6月20日に飛鷹が沈没し、満潮は浜風、秋霜、早霜等と乗組員の救助にあたった[62][63]。飛鷹艦長・副長とも満潮に収容された[64]。満潮は他の駆逐艦が引き揚げた後も単艦で捜索し、日没後は探照灯も使った[65](浜風が同行の記録もあり[66])。海戦後、燃料が不足した浜風、時雨、秋霜、早霜、満潮は先に沖縄へ向かい[67]、23日に中城湾で僚艦の野分、山雲と合流した[68]。満潮は飛鷹の生存者を隼鷹に引き渡した[69]

7月上旬、山雲、野分と共にはダバオの戦艦扶桑の内地回航を護衛した[70]。10日、朝雲が編制上、第4駆逐隊に編入された[71][72]。14日、満潮、山雲、野分は宿毛湾で扶桑と分かれ、15日に横須賀に帰投。満潮は修理と整備に当たった[73]

8月6日、満潮、野分、山雲はタンカー帝洋丸を護衛して横須賀を出港、伊万里湾で帝洋丸と分かれた。佐世保へ向かい、戦艦榛名と合流した。15日、4隻は佐世保を出港し、21日にシンガポールに到着した。第4駆逐隊の3隻はレーダー改装工事をおこなったのちリンガ泊地へ移動、朝雲と合流した[74]。以降、捷一号作戦の発動まで泊地周辺で訓練と待機が続いた[75]

沈没[編集]

10月17日、満潮と野分はシンガポールへ移り、タンカー雄鳳丸と八紘丸を護衛して21日にボルネオ島北部ブルネイに到着した[76]。同日附の捷一号作戦の編制で、満潮、朝雲、山雲は第一遊撃部隊の第三部隊(司令官西村祥治中将)、野分は第二部隊(司令官鈴木義尾中将)に編入された。22日、西村中将は戦艦山城扶桑、重巡最上、駆逐艦時雨、満潮、朝雲、山雲を率いてブルネイを出撃し、25日未明にスリガオ海峡に突入した。

魚雷艇の攻撃は撃退したが、続く米駆逐艦隊の魚雷攻撃で満潮、朝雲、山雲は次々に被雷し、戦闘不能になった[77]。米軍側の記録によれば、駆逐艦ハッチンズが避退中の朝雲に魚雷5本を発射し、これが満潮に命中して26日午前3時58分に沈没した[78][76]。高橋駆逐隊司令をふくめ約230名が戦死した。朝雲と山雲も沈没し、西村艦隊は時雨を除いて全滅した。野分も同日中に撃沈され、第4駆逐隊は全滅した[79]1945年(昭和20年)1月10日、満潮は駆逐艦籍から除籍され、第4駆逐隊も解隊された[80][81]。艦名は海上自衛隊の潜水艦「みちしお(初代)」と「みちしお(2代)」に継承された。

  • 満潮の沈没後、田中艦長は漂流中に米魚雷艇に救助された[82]。戦死と判断され昇進が公報された[83]が、終戦後に生存が判明し、満潮の除籍日付での解職に変更された[84]

歴代艦長[編集]

艤装員長
  1. 佐藤康夫 中佐:1937年7月6日[85] - 1937年10月31日[86]
駆逐艦長
  1. 佐藤康夫 中佐:1937年10月31日[86] - 1937年12月1日[87]
  2. 有田貢 中佐:1937年12月1日[87] - 1938年3月20日 病死[6]
  3. (兼)勝見基 少佐:1938年3月20日[88] - 1938年8月2日[89]
  4. (兼)吉田義行 中佐:1938年8月2日[89] - 1939年7月24日[90]
  5. 鈴木正明 少佐:1939年7月24日[90] - 1939年10月15日[91]
  6. 大島一太郎 少佐/中佐:1939年10月15日[91] - 1940年11月15日[92]
  7. 小倉正身 少佐/中佐:1940年11月15日[92] - 1942年8月20日[93]
  8. 戸村清 中佐:1942年8月20日[93] - 1943年1月25日[94]
  9. 鈴木保厚 中佐:1943年1月25日[94] - 1943年5月1日[95] ※1943年10月15日まで艦長の発令なし
    1. (代理)相澤正 大尉:1943年1月28日[96] - 1943年1月30日[96]
  10. 原口曻 中佐:1943年10月15日[97] - 1944年5月2日[98]
  11. 平田正明 少佐:1944年5月2日[98] - 1944年5月10日[99]
  12. (兼)高橋亀四郎 大佐:1944年5月10日[99] - 1944年6月1日[61]
  13. 田中知生 少佐:1944年6月1日[61] - 1945年1月10日[84]

参考文献[編集]

  • 宇垣纏著、成瀬恭発行人 『戦藻録 明治百年史叢書』 原書房、1968年1月。
  • 大熊安之助ほか 『海軍水雷戦隊 駆逐艦と魚雷と軽巡が織りなす大海戦の実相』 潮書房光人社、2016年10月。ISBN 978-4-7698-1629-4
    • (113-124頁)元大本営海軍部主席副官・海軍大佐有田雄三『近代海戦の尖兵"水雷屋"誕生秘話 軍縮条約の制約を克服すべく質の向上に邁進した精強水雷戦隊の八十年
  • 古村啓蔵ほか 『重巡十八隻 軍縮条約が生んだ最先端テクノロジーの結晶』 潮書房光人社、2015年4月。ISBN 978-4-7698-1590-7
    • (321-332頁)「丸」編集部『重巡洋艦ものしり雑学メモ』
    • (333-350頁)戦史研究家落合康夫『日本海軍重巡洋艦十八隻戦歴一覧』
  • 左近允尚敏 『捷号作戦はなぜ失敗したのか レイテ沖海戦の教訓中央公論社、2010年10月。ISBN 978-4-12-004169-3
  • 佐藤和正 『艦長たちの太平洋戦争 続編 17人の艦長が語った勝者の条件』 光人社NF文庫、1995年12月。ISBN 4-7698-2106-9
    • 命令誤認 <砲艦「橋立」艦長・山代勝守大佐の証言>(太平洋戦争時、橋立艦長、第8駆逐隊司令〈昭和17年11月13日「満潮」被弾時〉、第11駆逐隊司令等。)
  • 佐藤清夫 『駆逐艦「野分」物語 若き航海長の太平洋海戦記』 光人社NF文庫、2004年1月(原著1997年)。ISBN 4-7698-2408-4
  • 志賀博ほか 『駆逐艦物語 車引きを自称した駆逐艦乗りたちの心意気』 潮書房光人社、2016年4月。ISBN 978-4-7698-1615-7
    • (63-90頁)戦史研究家大浜啓一『日本の駆逐艦かく戦えり 太平洋戦争を第一線駆逐艦約一五〇隻が戦った海戦の実情
  • 志柿謙吉 『空母「飛鷹」海戦記 「飛鷹」副長の見たマリアナ沖決戦』 光人社、2002年2月。ISBN 4-7698-1040-7
  • 重本俊一ほか 『陽炎型駆逐艦 水雷戦隊の中核となった精鋭たちの実力と奮戦』 潮書房光人社、2014年10月。ISBN 978-4-7698-1577-8
    • (109-123頁)戦史研究家落合康夫『駆逐隊別「陽炎型駆逐艦」全作戦行動ダイアリィ 第四、第十五、第十六、第十七、第十八駆逐隊 太平洋奮迅録
    • (255-342頁)戦史研究家伊達久『日本海軍駆逐艦戦歴一覧 太平洋戦争時、全一七八隻の航跡と最後
  • 手塚正己 『軍艦武藏 上巻』 新潮文庫、2009年ISBN 978-4-10-127771-4
  • 寺内正道ほか 『海軍駆逐隊 駆逐艦群の戦闘部隊編成と戦場の実相』 潮書房光人社、2015年9月。ISBN 978-47698-1601-0
    • (146-155頁)戦史研究家海老原康之『夜戦の白眉 "第八駆逐隊" 朝潮型四隻の奮戦 朝潮、大潮、満潮、荒潮。第二水雷戦隊所属の精鋭たちのバリ島沖海戦
    • (156-164頁)戦史研究家丹羽年雄『第九駆逐隊の奮闘と壮烈なる最後 朝雲、山雲、峯雲、夏雲。スラバヤ沖からレイテまで朝潮型四隻の航跡
    • (337-349頁)戦史研究家村井至『太平洋戦争と日本の駆逐艦 満潮、朝雲、山雲、時雨。西村艦隊第四&二十七駆逐隊に象徴される駆逐艦の苦闘
  • 福田幸弘 『連合艦隊 サイパン・レイテ海戦記』 時事通信社、1981年7月。ISBN 4-7887-8116-6
  • レオンス・ペイヤール著、長塚隆二訳 『潜水艦戦争 1939-1945』 早川書房、1973年12月。
  • 防衛庁防衛研修所戦史室 『戦史叢書26 蘭印・ベンガル湾方面 海軍進攻作戦』 朝雲新聞社、1969年5月。
  • 防衛庁防衛研修所戦史室 『戦史叢書62 中部太平洋方面海軍作戦(2) 昭和十七年六月以降』 朝雲新聞社、1973年2月。
  • 防衛庁防衛研修所戦史室 『戦史叢書83 南東方面海軍作戦(2) ガ島撤収まで』 朝雲新聞社、1975年8月。
  • 雑誌「丸」編集部『ハンディ版 日本海軍艦艇写真集17 駆逐艦 初春型・白露型・朝潮型・陽炎型・夕雲型・島風』光人社、1997年。
  • 「丸」編集部編 『重巡洋艦戦記 私は決定的瞬間をこの目で見た!』 光人社、2010年11月。ISBN 978-4-7698-1485-6
    • (7-26頁)戦史研究家大浜啓一『日本重巡十八隻の戦歴』
    • (59-76頁)元「最上」航海長・海軍大佐山内正規『七戦隊「三隈」と「最上」の衝突 ミッドウェー海戦もうひとつの悲劇
    • (217-232頁)元「最上」高角砲指揮官・海軍大尉輿石辯『西村部隊「最上」スリガオ海峡の死闘』
    • (233-243頁)当時第二艦隊司令長官・元海軍中将栗田健男述『レイテ湾突入ならず 米戦略爆撃調査団に対する栗田長官の証言記録


  • 国立国会図書館デジタルライブラリー - 国立国会図書館
    • 海軍研究社編輯部 編 『日本軍艦集 2600年版』 海軍研究社、1940年7月。
    • 大本営海軍報道部監修、海軍報道班員現地報告 「清水進「バリ島沖海戦記」」『スラバヤ・バタビア沖海戦』 文藝春秋社、1942年7月。
    • 七田今朝一 『海戦の変貌』 大新社、1943年3月。
    • 田口利介 「三.バリ島沖驅逐艦戦」『海軍作戦史:大東亜戦争第一年』 西東社、1943年5月。
    • 英文大阪毎日学習号編輯局 編 『大東亜戦争記録画報 前編』 大阪出版社、1943年6月。
  • アジア歴史資料センター(公式)
    • Ref.C13071997700 『昭和16年6月30日現在10版内令提要追録第9号(上)原稿:巻1追録/第6類機密保護』。
    • Ref.C13072003500 『昭和16年12月31日現在10版内令提要追録第10号原稿巻2.3(防衛省防衛研究所) 巻3追録/第13類 艦船(1)』。
    • Ref.C12070099000 『昭和10年 達 完/達昭和10年9月』。
    • Ref.C12070162800 『昭和17年4月~6月内令2巻/昭和17年5月(2)』。
    • Ref.C12070164100 『昭和17年7月~9月 内令3巻/昭和17年7月分(2)』。
    • Ref.C12070164400 『昭和17年7月~9月 内令3巻/昭和17年8月分(1)』。
    • 『昭和17年7月~9月 内令3巻/昭和17年8月分(2)』。Ref.C12070164500。
    • Ref.C12070166000 『昭和17年10月~12月内令4巻止/昭和17年10月(4)』。
    • Ref.C12070167100 『昭和17年10月~12月 内令4巻止/昭和17年12月(5)』。
    • Ref.C12070176200 『昭和18年1月~4月 内令1巻/内令昭和18年4月(1)』。
    • Ref.C12070181400 『昭和18年9~10月 内令4巻/昭和18年10月(4)』。
    • Ref.C12070181500 『昭和18年9~10月 内令4巻/内令昭和18年10月(5)』。
    • Ref.C12070196900 『昭和19年1月~7月 内令/昭和19年3月(5)』。
    • Ref.C12070195500 『自昭和19年1月至昭和19年7月内令/昭和19年7月』。
    • Ref.C12070503600 『自昭和20年1月.至昭和20年8月秘海軍公報/1月(2)』。
    • Ref.C08030091900 『昭和17年2月16日~昭和17年2月24日 蘭印部隊第2護衛隊戦闘詳報(1)』。
    • Ref.C08030092000 『昭和17年2月16日~昭和17年2月24日 蘭印部隊第2護衛隊戦闘詳報(2)』。
    • Ref.C08030092100 『昭和17年2月16日~昭和17年2月24日 蘭印部隊第2護衛隊戦闘詳報(3)』。
    • Ref.C08030112300 『昭和17年4月1日~昭和17年6月30日 第4水雷戦隊戦時日誌(1)』。
    • Ref.C08030112400 『昭和17年4月1日~昭和17年6月30日 第4水雷戦隊戦時日誌(2)』。
    • Ref.C08030112500 『昭和17年4月1日~昭和17年6月30日 第4水雷戦隊戦時日誌(3)』。
    • Ref.C08030098800 『昭和17年11月1日~昭和17年11月15日 第2水雷戦隊戦時日誌戦闘詳報(1)』。
    • Ref.C08030022700 『昭和17年9月14日~昭和18年8月15日 第8艦隊戦時日誌(3)』。
    • Ref.C08030022900 『昭和17年9月14日~昭和18年8月15日 第8艦隊戦時日誌(5)』。
    • Ref.C08030768400 『昭和17年11月~昭和17年12月 第7戦隊戦時日誌(1)』。
    • Ref.C08030768500 『昭和17年11月~昭和17年12月 第7戦隊戦時日誌(2)』。
    • Ref.C08030768600 『昭和17年11月~昭和17年12月 第7戦隊戦時日誌(3)』。
    • Ref.C08030768700 『昭和17年11月~昭和17年12月 第7戦隊戦時日誌(4)』。
    • Ref.C08030768400 『昭和17年11月~昭和17年12月 第7戦隊戦時日誌(5)』。
    • Ref.C08030099700 『昭和17年11月29日~昭和17年12月28日 外南洋部隊増援部隊戦闘詳報戦時日誌(3)』。
    • Ref.C08030100500 『昭和18年1月1日~昭和18年 5月31日 第2水雷戦隊戦時日誌戦闘詳報(4)』。
    • Ref.C08030101300 『昭和18年6月14日~昭和18年11月11日 第2水雷戦隊戦時日誌戦闘詳報(4)』。
    • Ref.C08030101400 『昭和18年6月14日~昭和18年11月11日 第2水雷戦隊戦時日誌戦闘詳報(5)』。
    • Ref.C08030101500 『昭和18年6月14日~昭和18年11月11日 第2水雷戦隊戦時日誌戦闘詳報(6)』。
    • Ref.C08030101800 『昭和18年12月1日~昭和19年2月29日 第2水雷戦隊戦時日誌戦闘詳報(1)』。
    • Ref.C08030101900 『昭和18年12月1日~昭和19年2月29日 第2水雷戦隊戦時日誌戦闘詳報(2)』。
    • Ref.C08030102000 『昭和18年12月1日~昭和19年2月29日 第2水雷戦隊戦時日誌戦闘詳報(3)』。
    • Ref.C08030102100 『昭和18年12月1日~昭和19年2月29日 第2水雷戦隊戦時日誌戦闘詳報(4)』。
    • Ref.C08030050300 『昭和18年12月1日~昭和19年5月31日 第10戦隊戦時日誌(4)』。
    • Ref.C08030050400 『昭和18年12月1日~昭和19年5月31日 第10戦隊戦時日誌(5)』。
    • Ref.C08030050500 『昭和18年12月1日~昭和19年5月31日 第10戦隊戦時日誌(6)』。
    • Ref.C08030127100 『昭和18年12月1日~昭和19年5月31日 第11水雷戦隊戦時日誌(4)』。
    • Ref.C08030724100 『昭和19年6月1日~昭和19年6月30日 第10戦隊戦時日誌』。
    • Ref.C08030039800 『昭和17年6月1日~昭和19年6月30日 あ号作戦戦時日誌戦闘詳報(1)』。
    • Ref.C08030039900 『昭和17年6月1日~昭和19年6月30日 あ号作戦戦時日誌戦闘詳報(2)』。
    • Ref.C08030050800 『昭和19年7月1日~昭和19年11月15日 第10戦隊戦時日誌(1)』。
    • Ref.C08030050900 『昭和19年7月1日~昭和19年11月15日 第10戦隊戦時日誌(2)』。
    • Ref.C08030051000 『昭和19年7月1日~昭和19年11月15日 第10戦隊戦時日誌(3)』。
    • Ref.C08030039400 『昭和19年10月1日~昭和19年10月31日 捷号作戦戦時日誌(4)第10戦隊』。
    • Ref.C08030148200 『昭和19年6月1日~昭和20年1月24日 第27駆逐隊戦時日誌戦闘詳報(1)』。「自昭和19年6月1日至昭和19年6月30日 第二十七駆逐隊戦時日誌(駆逐艦時雨ノ分)」
    • Ref.C08030145800 『昭和18年12月5日~昭和19年7月31日 第4駆逐隊戦時日誌戦闘詳報(6)』。(昭和19年4月野分戦時日誌)(昭和19年6月野分戦時日誌)
    • Ref.C08030145900 『昭和18年12月5日~昭和19年7月31日 第4駆逐隊戦時日誌戦闘詳報(7)』。(昭和19年7月野分戦時日誌)(昭和19年4月満潮戦時日誌)
    • Ref.C08030146000 『昭和18年12月5日~昭和19年7月31日 第4駆逐隊戦時日誌戦闘詳報(8)』。(昭和19年7月満潮戦時日誌)
    • Ref.C08030037100 『昭和19年10月20日~昭和19年10月28日 捷号作戦戦闘詳報(比島方面決戦)(6)/自昭和十九年十月二十三日至同年十月二十六日 第七戦隊戦斗詳報(菲島沖海戦ヲ含ム)第七戦隊司令部』。
    • Ref.C14061105800 『捷1号作戦に於ける2YBの作戦経過概要 5F水雷主務参謀 中佐 森幸吉記憶』。

注釈[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b #達昭和10年9月p.21『達第百十六號 艦艇製造費ヲ以テ昭和十年度ニ於テ建造ニ着手ノ驅逐艦二隻ニ左ノ通命名ス|昭和十年九月二十八日 海軍大臣 大角岑生|株式會社藤永田造船所ニ於テ建造 驅逐艦 満潮(ミチシホ)|株式會社川崎造船所ニ於テ建造 驅逐艦 荒潮(アラシホ)』
  2. ^ a b c d e f #艦船要目公表範囲(昭和16年6月30日)p.20『満潮|(艦性能略)|藤永田造船所|10-11-5|12-3-15|12-10-31|(艦兵装略)』
  3. ^ #艦艇類別等級表(昭和16年12月31日)p.8『驅逐艦|一等|朝潮、大潮、満潮、荒潮、朝雲、山雲、夏雲、峯雲、霞、霰』
  4. ^ 日本軍艦集2600年版コマ39『一等驅逐艦 満潮(みちしほ) 基準排水量1,500噸、長さ108.55米、幅10.15米、平均吃水2.75米、速力34節、備砲12.7糎砲6門、魚雷發射管8門、起工昭和10年11月5日、進水昭和12年3月15日、竣工昭和12年10月31日、建造所藤永田造船所-荒潮と同型。この級は、あらゆる點において、我國最精鋭驅逐艦としての貫録を備へてゐる。』
  5. ^ 昭和12年3月16日(火)海軍公報第3003号 p.7』 アジア歴史資料センター Ref.C12070363000 『○進水 驅逐艦満潮昨十五日株式會社藤永田造船所ニ於テ進水セリ』
  6. ^ a b 故陸軍騎兵大尉生井杢之丞外一名位階追陞ノ件/故海軍大佐有田貢 p.7』 アジア歴史資料センター Ref.A11114569300 『海秘人第一三八號 昭和十三年三月二十二日 海軍大臣 米内光政 内閣総理大臣侯爵近衛文麿殿|故海軍大佐有田貢多年軍職ニ在リテ克ク其ノ任務ヲ盡シ功績顕著ノ者ニ候處不幸病ニ罹リ三月二十日死去候ニ付テハ特ニ位一級被追陞度別紙上奏書進達ス』
  7. ^ 昭和14年11月1日(水)海軍公報(部内限)第3349号 p.1』 アジア歴史資料センター Ref.C12070381800 』
  8. ^ #戦史叢書26海軍進攻作戦付表第一『南方作戦関係主要職員表 昭和十六年十二月八日』
  9. ^ #戦史叢書26海軍進攻作戦325-328頁
  10. ^ #戦史叢書26海軍進攻作戦331頁
  11. ^ #スラバヤ・バタビア沖海戦(S17)p.96 従軍記者の清水進はバリ島沖海戦の満潮乗員について「僕はその黙々としてやるといふ気持は、潜水艦なり駆逐艦は徹底してると思ふんです。艦長を中心にして、ピラミツド型に団結してゐるわけですね。例のバリ島沖の海戦で、こっちの駆逐艦が1隻傷ついたのです。後で艦長以下全員に集まって貰って座談會を開いたんですが、負傷者がドンドン出る、電流が切れてしまって艦内はまっ暗です。その時、甲板を「艦長は御無事だぞ!」と叫んで歩く聲がする。その聲を聴いて私は涙で出た。…それが今度は下に行って、艦内を隈なく廻って、さう皆に知らせて行く。それを着てみんなは非常に元気づいたといふのです。これなども、艦長を中心とする団結の非常に高い精神の発露だと感激しました。」と述懐している。
  12. ^ #S170216蘭印第2護衛隊詳報(2)p.8『満潮駆逐艦長|20日0904蘭印部隊|昨夜「バリー」海峡ニ依ル被害ニ対シ応急処置ニ努メツツアルモ機械室破壊ノ為今ノ処運転可能ノ見込ミ立タズ此ノ儘漂白當方面ノ哨戒ニ當リツツ損傷復旧ニ努ム 我ノ一「バルング」海峡中部0730』『満潮駆逐艦長|20日1057(宛略)一.被害 主機械室二番砲其ノ他数個所但シ浸水箇所ナシ/二.戦死64(戦死准士官以上3下士官兵38戦傷者准士官以上1下士官兵26)/三.機械室被弾ニ依リ運転不能ナリ/四.0830荒潮着曳航準備中0930』
  13. ^ #海軍作戦史大東亜戦争第一年p.58『この時傷ついた駆逐艦は次の報告を行った。『我れ単艦にて哨戒す』 恰もロンボク水道の真中であった。敵米、英、蘭連合艦隊が、豪州へ落ちんつれば、必らず通過しなければならぬ海上の関所である。『我れ哨戒す』 動けなくなった駆逐艦は、この水道で哨戒しながら動けぬながらも砲戦によって敵を撃滅せんとしたのである。』
  14. ^ #戦史叢書26海軍進攻作戦332頁
  15. ^ 昭和18年1月27日(水)海軍公報(部内限定)第4301号 pp.14-15』 アジア歴史資料センター Ref.C12070429400 『○感状 第八驅逐隊 昭和十七年二月十九日「バリ」島急襲攻略作戰ニ際シ同日夜半「ロンボク」海峡ニ於テ我ガ上陸ヲ阻止セントシテ來襲セル敵巡洋艦二隻及驅逐艦五隻以上ト遭遇スルヤ寡勢克ク勇戰忽チ敵驅逐艦四隻ヲ撃沈シ同巡洋艦二隻及驅逐艦一隻ヲ撃破遁走セシメタルノミナラズ爾后此ノ戰闘ニ於テ損傷ヲ受ケタル僚艦ヲ曳航翌晝間ニ於ケル敵機ノ猛爆ヲ冒シテ之ヲ味方泊地ニ移シ遂ニ救出ノ目的ヲ達シタルハ其ノ武勲顕著ナリト認ム 仍テ竝ニ感状ヲ授與ス 昭和十七年十二月八日 聯合艦隊司令長官 山本五十六』
  16. ^ #S1704四水戦日誌(1)p.9『本日附艦隊編制替ニ依リ二十四駆ハ一水戦ニ八駆ハ當隊ニ編入セラレタリ 昭南港ニ於テ朝日及101工作部ト協議シ那珂應急修理ニ関スル要務處浬ヲ終リ十二日1000将旗ヲ夏雲ニ移揚ノ上九駆一小隊ヲ率ヰ高雄ヲ経テ横須賀ニ向ヒタリ 途上十八日敵機動部隊ノ来襲ヲ聞キ我亦之ニ應ズル如ク増速セルモ荒天ノ為意ノ如クナラズ二十一日横須賀ニ歸着尓後整備作業ニ従事セリ』
  17. ^ [[#S1704四水戦日誌(1)]p.56,65-66『一七(天候略)一二〇〇9dg1D高雄発横須賀ニ向フ/大潮満潮高雄着|一八(天候略)一〇〇〇大潮満潮横須賀ニ向ケ高雄発』『四.参考(一)麾下艦船部隊ノ行動』『二二(天候略)一五〇〇4dg横須賀着/一三三〇大潮満潮横須賀着』
  18. ^ #S1704四水戦日誌(2)p.51『一〇(天候略)一五〇〇大潮(満潮)舞鶴(呉)ニ向ケ横須賀発』『一二(天候略)〇八三〇夏雲出港一七〇〇皈着/満潮呉着|〇八三〇将旗ヲ山雲ニ移揚一八〇〇復皈』
  19. ^ #S1704四水戦日誌(2)pp.9-10『(二)経過概要(略)九日附ニテ由良ハ5SSヨリ除カレ當隊に編入サル同日前進部隊電令第七號ニ依リ大潮ハ舞鶴 満潮呉 山雲ハ横須賀ニテ修理セシメラルコトトナリ何レモ十五日附ニテ特別役務艦ニ編入セラレタリ/南方部隊ニ編入サレアリタル朝潮荒潮ハ十五日附ニテ同部隊ヨリ除カレ十八日呉着次期作戰準備ニ従事セリ』
  20. ^ #内令昭和17年5月(2)p.26『内令第八百五十號 驅逐隊編制中左ノ通改定セラル|昭和十七年五月十五日 海軍大臣 嶋田繁太郎|第八驅逐隊ノ項中「大潮、満潮、」ヲ削ル|第九驅逐隊ノ項中「山雲、」ヲ削ル』『内令第八百五十一號 横須賀鎮守府予備駆逐艦 驅逐艦 大潮 驅逐艦 満潮 驅逐艦 山雲 右特別役務艦ト定ム|昭和十七年五月十五日 海軍大臣 嶋田繁太郎』
  21. ^ #内令昭和17年10月(4)pp.10-11『内令第千九百三十四號|驅逐隊編制中左ノ通改定セラル|昭和十七年十月二十日 海軍大臣 嶋田繁太郎|第八驅逐隊ノ項中「荒潮」ノ下ニ「、満潮」ヲ加フ|第三十驅逐隊ノ項中「弥生、」ヲ削ル』
  22. ^ #佐藤 艦長続編(文庫)368頁
  23. ^ #S1709八艦隊日誌(3)p.19-20『8dg(d×1缺)19dg(d×1缺)乙増援隊|11-2|「コリ」岬ニ入泊揚陸全部完了0020帰途ニ就ケリ』『甲、乙増援部隊|11-5|甲乙増援部隊ハ夫々「タサハロング」「エスペランス」ニ陸兵2400名及弾薬糧秣五六噸ヲ揚陸セリ』『4sd、8dg(d×1缺)望月|11-9|「タサハロング」ニ弾薬糧秣ヲ揚陸」ス進入時敵魚雷艇ノ雷撃ノ四本中一本望月ニ命中シタルモ不發砲撃ニ依リ一隻ヲ撃沈セリ帰途夕立白露ハ敵潜ヲ爆雷攻撃撃沈セリ』
  24. ^ #S1711七戦隊日誌(1)p.10『11月6日(満潮)指揮下ニ入ル』
  25. ^ #戦史叢書83ガ島戦340頁
  26. ^ #佐藤 艦長続編(文庫)371頁
  27. ^ #S1709八艦隊日誌(3)p.24『11月13日満潮至近弾ニ依リ大破浸水』
  28. ^ #S1711二水戦日誌(1)p.18『8dg司令/13日0428 8F司令長官[2sd司令官]/満潮爆撃ヲ受ケ缶室浸水艦尾沈下シツツアリシモ今ノ處持コタヘツツアリ救援中』
  29. ^ #S1712増援部隊詳報(3)p.39『外南洋部隊指揮官|二十二日一二三〇8dg司令天霧駆艦長〔GF 11AF 4F各司令長官 總長 外南洋部隊各司令官 満潮駆艦長 明石艦長 軍務局長〕|外南洋部隊信電令作第一七九號 一.8dg司令ハ朝潮ヲ以テ満潮ヲ曳航二十四日以後成ルベク速ニショートランド發トラツクニ回航ノ上朝潮及満潮ノ修理ニ任ズベシ(略)』
  30. ^ #S1801二水戦日誌(4)p.21『GF司令長官(宛略)GF電令作第四九五號 AdB KdB各指揮官ハ長波浜風ヲシテ内地(所属軍港)ニ回航修理ヲ實施セシムベシ回航ノ際浜風ハ満潮ヲ横須賀ニ曳航舞風之ヲ護衛長波ハ南海丸ヲ内地西部迄護衛ノコトニ取計フベシ』
  31. ^ #戦史叢書中部太平洋方面海軍作戦(2)299頁
  32. ^ #S1806二水戦日誌(5)p.17『(四)麾下艦船部隊ノ行動』
  33. ^ #内令昭和18年4月(1)p.26『内令第五百七十九號 驅逐隊編制中左ノ通改定セラル 昭和十八年四月一日 海軍大臣 嶋田繁太郎|(略)第八驅逐隊、第二十九驅逐隊及第三十四驅逐隊ノ各項ヲ削ル』
  34. ^ #内令昭和18年4月(1)pp.27-28『内令第五百八十一號 横須賀鎭守府豫備驅逐艦 驅逐艦 満潮 右警備驅逐艦ト定メラル  昭和十八年四月一日 海軍大臣 嶋田繁太郎』
  35. ^ #内令昭和18年4月(1)p.20『内令第五百六十八號 艦艇類別等級別表中左ノ通改正ス 昭和十八年四月一日 海軍大臣 嶋田繁太郎|(略)朝潮型」ヲ「満潮型」ニ改メ (略)』
  36. ^ #内令昭和18年10月(5)p.38『内令第二千二百四十五號 驅逐隊編制中左ノ通改定セラル|昭和十八年十月三十一日 海軍大臣 嶋田繁太郎|第九驅逐隊ノ項中「朝雲、」ヲ削ル|第十驅逐隊ノ項中「風雲」ノ下ニ「、朝雲」ヲ加フ|第二十四驅逐隊ノ項中「涼風」ノ下ニ「、満潮」ヲ加フ|第六十一駆逐隊ノ項中「若月」ノ下ニ「、秋月」ヲ加フ』
  37. ^ #S1806二水戦日誌(4)p.8『満潮 三十一日附 二水戦二四驅ニ編入』
  38. ^ #S1806二水戦日誌(5)p.9『(2)24驅(略) /満潮 横濱ニ在リテ修理整備中ノ所十四日完成同日横須賀ニ回航出撃準備實施二十二日横須賀發近海對潜掃蕩ニ従事ノ上二十四日桂島泊地着二十三日呉着二十七日呉發桂島泊地着諸訓練ニ従事中』
  39. ^ #S1812二水戦日誌(1)p.19、24『三日一〇一五(司令)24dg(宛略)24dg機密第〇三一〇一五番電 當隊(海風涼風満潮)三日一〇〇〇桂島錨地着』
  40. ^ #S1812二水戦日誌(1)p.12『満潮内海西部ニ在リテ諸訓練ニ従事中/六日桂島發七日横須賀着/十二日雲鷹瑞鳳ヲ護衛横須賀発十三日二〇三〇頃母島乾埼ノ305°8浬ニテ敵潜ヲ探知攻撃セルモ効果不明/十七日戊三號輸送第二部隊ニ編入セラル「トラック」着(略)』p.67『十二(天候略)満潮〇九四五横須賀発|満潮瑞鳳雲鷹ヲ護衛「トラツク」ニ向ケ横須賀発』p.68『十七(天候略)満潮〇八三七「トラツク」着|満潮瑞鳳雲鷹ヲ護衛任務終了「トラツク」着/司令官島風巡視|GF電令作第八六一号ニ依リ戊三号輸送部隊第二部隊ニ編入セラル』
  41. ^ #S1812二水戦日誌(1)p.68『二十一(天候略)満潮〇六〇〇「トラツク」発/2sd(能代)一一五二「トラツク」発/玉波一四〇〇呉着|2sd(能代)照川丸救難作業ノ爲一一五二「トラツク」発一九二三照川丸遭難現場着警戒ニ任ズ照川丸二〇二〇沈没救難隊帰途ニ就ク/満潮筥崎丸護衛ノ爲「トラツク」発 二海護電令作第二三二号ニ依リ照川丸遭難現場ニ急行一五四〇現場着対潜掃蕩実施(略)GF電令作第七七号ニ依リ照川丸救難隊編制セラル 兵力2sd(能代)17dg(浜風)6dg(電響)』
  42. ^ #戦史叢書中部太平洋方面海軍作戦(2)531頁
  43. ^ #S1812二水戦日誌(1)p.8『(3)下旬 21日GF信令作第七七号ニ依リ照川丸救難隊編成セラレ(司令官)2sd指揮官トナリ浜風電響ヲ率ヒ仝日1100「トラック」発1930現場着、照川丸大火災掃蕩及護衛部隊(満潮隠岐金城丸天霧)ト共ニ警戒中2020沈没掃蕩部隊ヲ残シ翌22日帰着、満潮23日帰着』
  44. ^ #戦史叢書中部太平洋方面海軍作戦(2)527頁
  45. ^ a b #S1812二水戦日誌(3)p.10『満潮 戊三號輸送第一部隊トシテ一日「カビエン」ヨリ「トラツク」着任務終了仝日附仝部隊ノ編制ヲ解カル/二日UNBニ編入三日波船団乙梯団護衛ノ爲「トラツク」発六日仝船団ニ合同護衛ノ上七日「トラツク」着UNBノ指揮ヲ解カル/十日大和護衛「トラツク」発十五日徳山着補給ノ上/十六日愛國丸護衛徳山発十七日横須賀着整備ニ従事/二十四日靖國丸船団護衛「トラツク」ニ向ケ横須賀発/三十一日〇四〇〇頃7°20′N147°20′Eニ於テ靖國丸雷撃ヲ受ケ沈没〇八〇〇迄制圧セルモ敵情ヲ得ズ掃蕩ヲ打切リ船団ニ合同「トラツク」ニ向フ』
  46. ^ #S1812二水戦日誌(3)p.77『十(天候略)藤波満潮〇六五〇「トラツク」発|藤波満潮大和ヲ護衛シ呉ニ向ケ「トラツク」発』p.80『十五(天候略)満潮一四四八徳山着/藤波一六三〇呉着|長良長波曳航一四〇〇呉ニ回航ノ爲「トラツク」発/藤波大和ヲ護衛シ呉着満潮ハ徳山着』
  47. ^ #S1812二水戦日誌(3)p.18『(四)麾下艦船部隊ノ行動』
  48. ^ #S1812二水戦日誌(3)p.82『二十四(天候略)涼風〇五〇〇「トラツク」発/2sd(能代)32dg(早波)一三〇〇横須賀着/満潮一三四五横須賀発|(略)満潮靖国丸船団護衛「トラツク」ニ向ケ横須賀発』
  49. ^ #戦史叢書中部太平洋方面海軍作戦(2)571頁
  50. ^ [#S1812二水戦日誌(4)]]p.4『24dg(満潮)一日船団護衛「トラツク」着六.七.八日不時着機捜索ノ爲出動/九日附24dg(満潮)白露YBヨリ除カレGF主隊ニ編入/十日武蔵護衛(玉波途中迄加入)横須賀ニ向ケ「トラツク」発』
  51. ^ #戦史叢書中部太平洋方面海軍作戦(2)616頁
  52. ^ #武藏上268頁
  53. ^ #S1812二水戦日誌(4) p.8『(2)24dg満潮 船団護衛一日「トラツク」着同日司令駆逐艦ヲ海風ヨリ変更/六日不時着機救難ノ爲「トラツク」発翌七日一〇五五命ニ依リ捜索ヲ止メ八日「トラツク」歸着/九日YB警戒隊ヨリ除カレGF主隊ニ編入セラル/十日玉波白露ト共ニ武藏瑞鳳千代田大淀ヲ護衛「トラツク」発十五日横須賀着/二十日燃料搭載ノ爲横須賀発鶴見着/二十一日補給終了横須賀着/二十四日白露ト共ニ武藏ヲ護衛横須賀発/二十九日「パラオ」着』ほかp.5,7,40
  54. ^ #内令昭和19年3月(5)p.39『内令第五百十號 驅逐隊編制中左ノ通改定セラル|昭和十九年三月三十一日 海軍大臣 嶋田繁太郎|第四駆逐隊ノ項中「野分、舞風、山雲」ヲ「野分、山雲、満潮」ニ改ム|第九駆逐隊ノ項ヲ削ル|第十六駆逐隊ノ項ヲ削ル|第十七駆逐隊ノ項中「濱風」ノ下ニ「、雪風」ヲ加ヘ同項ノ次ニ左ノ一項ヲ加フ|第十八駆逐隊/薄雲、霞、不知火|第二十二駆逐隊ノ項中「、文月」ヲ削ル|第二十四駆逐隊ノ項ヲ削ル』
  55. ^ #S1812十戦隊日誌(5)p.5『(3)満潮 藤波白露ト共ニ武藏護衛「パラオ」ヨリ回航中ノ所三日呉着七日山雲野分ニ合同爾後ノ経過山雲ト同断』
  56. ^ #S1812十戦隊日誌(5)p.21『三1300武藏(宛略)武藏満潮藤波白露呉着』
  57. ^ #S1812十戦隊日誌(5)p.6『(ロ)(1)山雲 雪風ト共ニ瑞鳳龍鳳護衛横須賀ヨリ大宮島ニ向ケ航行中ノ所一日仝地着三日仝地発七日呉皈投護衛任務終了爾後整備補給ニ従事二十一日重油搭載ノ爲徳山ニ回航仝日大和摩耶ヲ護衛平群島ニ回航二十三日仝地着爾後内海西部ニ於テ諸訓練ニ従事二十七日呉皈投月末迄整備補給ニ従事ス』
  58. ^ #S1812十戦隊日誌(5)p.12『(三)麾下艦船部隊ノ行動』
  59. ^ #S1812十一水戦日誌(4)p.57『四日一五〇一(長官)1KdF(宛略)機密第〇四一五〇一番電 発第一機動艦隊長官 第一機動艦隊電令作第一四號第三項ニ依ル駆逐艦ヲ第四駆逐隊時雨玉波早霜秋霜ト定ム』
  60. ^ #S1812十戦隊日誌(6)p.4-5『(ロ)第四駆逐隊(満潮野分山雲)一日呉発二日平群島着2sf発着艦訓練警戒感ノ任務ニ従事四日別府沖ニ回航六日徳山ニ回航燃料補給ノ上七日佐伯ニ回航出撃準備完成十一日2sf3sf武藏ノ警戒ニ任ジツヽ「タウイタウイ」ニ向ケ同地発十二日中城湾ニ仮泊燃料補給ノ上即日同地発十六日「タウイタウイ」着尚入港直前港外ニ於テ哨戒機発見ノ敵潜ヲ攻撃セルモ効果不明爾後月末迄同方面ニ於テ訓練警戒待機ニ任ズ/尚此ノ間十八日満潮野分山雲1sf発着艦警戒艦十九日満潮敵潜掃蕩二十二日山雲敵潜掃蕩二十三日野分第一哨艦三十一日満潮野分山雲2sf発着艦警戒艦等ノ任務ニ従事セリ』p.17
  61. ^ a b c 昭和19年8月9日(発令6月1日付)海軍辞令公報(甲)第1558号 p.1』 アジア歴史資料センター Ref.C13072100500 
  62. ^ #S1906十戦隊日誌p.10『(浜風)尚敵機ノ攻撃ニ依ル飛鷹沈没ニ際シテハ之ガ救助ニ任ジタリ』
  63. ^ #S1906第27駆日誌(1)p.11『1926 飛鷹大爆発 沈没 駆逐艦浜波秋霜早霜満潮飛鷹乗員救助ス』
  64. ^ #空母飛鷹海戦記213-214頁
  65. ^ #空母飛鷹海戦記219頁
  66. ^ #武藏上499-500頁
  67. ^ #S1906第27駆日誌(1)p.12『21日 中城湾ニ向フ(浜風秋霜早霜満潮同航)』
  68. ^ #S1906十戦隊日誌p.6『(2)野分山雲(略)22日中城湾着23日満潮ト合同司令駆逐艦ヲ同艦ニ復帰ス』
  69. ^ #空母飛鷹海戦記224頁
  70. ^ #S1812第4駆日誌(7)p.3『7月1日0445「ダバオ」発扶桑ヲ護衛シ「タラカン」ニ向フ』、p.11『5日1320将旗1KdB/(略)二.扶桑ハ呉ニ回航機銃増備其ノ他整備工事ノ上四駆扶桑艦長ノ指揮ヲ受ケ護衛ニ任ジタル後横須賀ニ回航速ニ修理整備ノ上出撃準備ヲ完成スベシ、爾後ノ行動ハ追テ令ス』
  71. ^ #内令昭和19年7月p.13『内令第八三八號 驅逐隊編制中左ノ通改定セラル 昭和十九年七月十日 海軍大臣|第四驅逐隊ノ項中「満潮」ノ下ニ「、朝雲」ヲ加フ|第十驅逐隊ノ項ヲ削ル』
  72. ^ #S1907十戦隊日誌(1)p.4『(略)尚十日附第十駆逐隊解隊風雲ハ駆逐艦籍ヨリ除カレ朝雲ハ第四駆逐隊ニ編入十五日附冬月霜月ヲ以テ第四十一駆逐隊ヲ編成當隊ニ編入セラレタリ』
  73. ^ #S1907十戦隊日誌(1)p.5『(ロ)第四駆逐隊(1)満潮 一日扶桑警戒艦トシテ補給ノ爲「タラカン」ニ向ケ「ダバオ」発二日「タラカン」着補給待機八日扶桑ノ警戒ニ任ジツゝ内地ニ向ケ同地発十四日宿毛着補給ノ上扶桑ト分離十五日横須賀着十七入渠二十二日出渠月末迄整備ニ任ズ、尚二十九日司令駆逐艦ヲ山雲ニ変更セリ』
  74. ^ #S1907十戦隊日誌(2)pp.4-5『(二)第四駆逐隊(1)満潮野分山雲 野分山雲乙直接護衛部隊ニ編入中ノ所二日横須賀着同日附同部隊ヨリ除カレ機動部隊本隊ニ復皈ス尚同日附司令駆逐艦ヲ満潮ニ変更セリ 満潮野分山雲六日帝洋丸護衛横須賀發下関海峡ヲ経テ十日伊万里湾着帝洋丸ト分離同日佐世保ニ回航榛名ト合同ス十五日榛名ノ警戒艦トシテ佐世保発二十一日昭南着電探改装工事施行ノ上満潮山雲二十五日野分二十七日夫々昭南発「リンガ」ニ回航爾後同方面ニアリテ訓練警戒待機ニ従事ス三十一日訓練ノ爲出動セリ尚十日附機動部隊本隊ヲ除カレ第一遊撃部隊ニ編入セラレタリ/(2)朝雲 哨艦竝ニ曳的艦任務ニ従事セザリシ外経過概ネ若月ト同断』
  75. ^ #S1907十戦隊日誌(3)p.3-4『(イ)矢矧(略)』『(二)第四駆逐隊(1)満潮野分朝雲 経過概ネ矢矧ト同断』
  76. ^ a b #S1910十戦隊日誌pp.6-7『(ニ)(1)満潮 十六日迄ノ経過概ネ矢矧ト同断 十七日野分ト共ニ昭南ニ回航雄鳳丸八紘丸ト合同之ヲ護衛シテ十八日昭南発「ブルネイ」ニ回航二十一日同地着急速補給同日朝雲山雲ト共ニ第三部隊ニ編入セラレ翌二十二日「ブルネイ」発「スール」海及「スリガオ」海峡ヲ経テ二十五日「レイテ」湾ニ突入所在敵水上艦艇ト交戰相當ノ戰果ヲ収メタルガ如キモ爾後消息不明トナレリ』
  77. ^ #捷1号作戦2YB作戦経過概要p.13『・0220頃 第2番艦タル山雲ハ魚雷ヲ受ケ、航行不能トナル|・0230頃 満潮(左舷機械室命中)次テ朝雲(三番艦)一番砲下ニ命中、當時右前方ニdヲ認ム』
  78. ^ #サイパン・レイテ海戦記209頁
  79. ^ #S1910十戦隊日誌p.7『(2)野分 十四日第三哨艦トナレル外二十日迄ノ経過概ネ満潮ト同断二十一日第四駆逐隊ノ中野分ノミ第二部隊ニ残留二水戰ヨリ編入ノ清霜ト共ニ三番隊トナル/爾後二十四日迄ノ経過概ネ矢矧ト同断二十五日「サマル」島東方ニ於ケル敵水上部隊トノ戰闘一段落後損傷艦筑摩ノ警戒ニ赴キタル儘爾後消息不明トナレリ』
  80. ^ #秘公報昭和20年1月(2)pp.8-10『内令第二九號|(略)横須賀鎮守府在籍 驅逐艦 曙、驅逐艦 満潮、驅逐艦 朝雲、驅逐艦 山雲、驅逐艦 野分、驅逐艦 早霜、驅逐艦 秋霜、驅逐艦 若月、驅逐艦 霜月|(略)右帝國驅逐艦籍ヨリ除カル(以下略)昭和二十年一月十日海軍大臣』
  81. ^ #秘公報昭和20年1月(2)p.7『昭和二十年一月十日海軍大臣|第二驅逐隊ノ項中「早霜、秋霜」ヲ削ル|第四驅逐隊ノ項ヲ削ル|(略)』
  82. ^ #捷1号作戦2YB作戦経過概要p.14『・満潮艦長 26日ニ50-60隻ノTBノ北上ヲ認メタ。約四十時間後意識不明ノママ米国TBニ救助セラル』
  83. ^ 昭和20年7月14日付 秘海軍辞令公報 甲 第1856号 p.29』 アジア歴史資料センター Ref.C13072106100 
  84. ^ a b 昭和21年2月19日付 第二復員省辞令公報 甲 第63号』 アジア歴史資料センター Ref.C13072158600 
  85. ^ 昭和12年7月7日付 官報第3152号。国立国会図書館デジタルコレクションコマ8
  86. ^ a b 昭和12年10月31日(発令10月31日付)海軍辞令公報(号外)第84号 p.47』 アジア歴史資料センター Ref.C13072072400 
  87. ^ a b 昭和12年12月1日(発令12月1日付)海軍辞令公報(号外)第99号 pp.27-28』 アジア歴史資料センター Ref.C13072072700 
  88. ^ 昭和13年3月24日(発令3月20日付)海軍辞令公報(部内限)第154号 p.48』 アジア歴史資料センター Ref.C13072073500 
  89. ^ a b 昭和13年8月3日(発令8月2日付)海軍辞令公報(部内限)第220号 p.16』 アジア歴史資料センター Ref.C13072074200 
  90. ^ a b 昭和14年7月25日(発令7月24日付)海軍辞令公報(部内限)第362号 p.46』 アジア歴史資料センター Ref.C13072076000 
  91. ^ a b 昭和14年10月16日(発令10月15日付)海軍辞令公報(部内限)第391号 p.22』 アジア歴史資料センター Ref.C13072076400 
  92. ^ a b 昭和15年1月15日(発令1月15日付)海軍辞令公報(部内限)第391号 p.12,15』 アジア歴史資料センター Ref.C13072079500 
  93. ^ a b 昭和17年8月20日(発令8月20日付)海軍辞令公報(部内限)第926号 pp.44-45』 アジア歴史資料センター Ref.C13072086600 
  94. ^ a b 昭和18年1月27日(発令1月25日付)海軍辞令公報(部内限)第1042号 p.29』 アジア歴史資料センター Ref.C13072089500 
  95. ^ 昭和18年5月1日(発令5月1日付)海軍辞令公報(部内限)第1106号 p.45』 アジア歴史資料センター Ref.C13072090800 
  96. ^ a b 昭和18年3月1日付 横須賀鎮守府公報(部内限)第48号。
  97. ^ 昭和18年10月15日(発令10月15日付)海軍辞令公報(部内限)第1240号 p.25』 アジア歴史資料センター Ref.C13072093800 
  98. ^ a b 昭和19年5月3日(発令5月2日付)海軍辞令公報(部内限)第1459号 p.39』 アジア歴史資料センター Ref.C13072098000 
  99. ^ a b 昭和19年5月11日(発令5月10日付)海軍辞令公報(部内限)第1468号 p.39』 アジア歴史資料センター Ref.C13072098100 

関連項目[編集]