最上 (重巡洋艦)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
最上
Mogami running trials in 1935.jpg
試運転を行う最上
経歴
運用者  大日本帝国海軍
建造所 呉海軍工廠
種別 重巡洋艦
クラス 最上型
発注 マル1計画
起工 1931年10月27日
進水 1934年3月14日
就役 1935年7月28日
除籍 1944年12月20日
最後 1944年10月25日、駆逐艦曙により雷撃処分、沈没
要目
排水量 基準:11,200トン(新造時)
基準:12,200トン(1943年)
全長 200.6 m
全幅 20.6m
吃水 6.9 m(新造時)
機関 ロ号艦本缶大型8基、同小型2基
艦本式タービン4基4軸
出力 154,226馬力(新造時公試成績)
速力 35.96 ノット (新造時公試成績)
34.735ノット(1937年公試成績)
燃料 重油:2,280トン
航続距離 14ノットで8,000海里
乗員 竣工時定員944名[1]
兵装

竣工時
15.5センチ3連装砲塔5基15門
(1939年に20.3センチ連装砲塔5基10門と交換)
12.7センチ連装高角砲4基8門
61センチ3連装魚雷発射管4基12門
25mm連装機銃4基
13mm連装機銃2基

1943年
20.3センチ連装砲塔3基6門
12.7センチ連装高角砲4基8門
61センチ3連装魚雷発射管4基12門
25mm3連装機銃10基
装甲 舷側:100mm 弾薬庫:140mm 甲板:35~60mm
搭載機 竣工時:3機(カタパルト2基)
1943年:11機(同2基)
テンプレートを表示
アメリカ海軍情報部が作成した識別図

最上(もがみ)は、日本海軍最上型重巡洋艦1番艦。呉海軍工廠にて建造。艦名は山形県を流れる最上川にちなみ命名された。最上の名を持つ艦としては二隻目であり、初代最上通報艦であった。ミッドウェー海戦で損傷後、航空巡洋艦に改装された。

艦歴[編集]

第四艦隊事件[編集]

最上は1931年(昭和6年)10月27日に起工し、1935年(昭和10年)7月28日に就工した[2]。竣工後、松下元中将の第四艦隊に所属して三陸沖での大演習に参加、9月26日に第四艦隊事件に遭遇する[3]。最上はカタパルトに固縛していた水上機が大破、前部構造物の垂直鋼板がひずんで第二砲塔が旋回不能、外板の溶接部に亀裂が生じて浸水被害を受けた[4]。このため大改修が行われることとなる。1937年(昭和12年)12月に第7戦隊に編入、1939年(昭和14年)には主砲換装工事に着手し、事実上の重巡洋艦となる。対外的には基準排水量8,636トンの軽巡洋艦のままだった[2]

太平洋戦争緒戦[編集]

太平洋戦争(大東亜戦争)開戦時の最上は第二艦隊・第七戦隊(司令官栗田健男少将)に属し、南遣艦隊司令長官小沢治三郎中将(旗艦鳥海)の指揮下で南方作戦に参加した。マレークチンパレンバンなど、蘭印作戦における上陸作戦を支援している。

バタビヤ攻略作戦中に生起した1942年(昭和17年)3月1日バタビア沖海戦では、姉妹艦「三隈」とともに米重巡ヒューストン(USS Houston, CL-30/CA-30) と豪軽巡パース(HMAS Perth) を撃沈する。この際に目標を外れた酸素魚雷第16軍司令官今村均陸軍中将以下将兵らが座乗する陸軍特殊船神州丸」及び輸送船2隻に命中し大破擱座、及び輸送船佐倉丸と第二号掃海艇に命中し沈没した。その後、セイロン沖海戦に参加、通商破壊作戦で戦果を挙げる。

ミッドウェー海戦[編集]

1942年(昭和17年)6月に生起したミッドウェー海戦に最上は近藤信竹中将指揮する第二艦隊(旗艦「愛宕」)・第七戦隊4番艦として参加した[5]。日本時間6月5日、南雲忠一中将指揮する南雲機動部隊は予期せぬアメリカ軍機動部隊の出現と対応に混乱し、その隙をついた奇襲により主力空母4隻(赤城加賀蒼龍飛龍)を失った。後方の戦艦「大和」に乗艦する連合艦隊司令部(山本五十六司令長官、宇垣纏参謀長、黒島亀人参謀等)は、夜戦に持ち込むことで米機動部隊を撃滅することを企図し[6]、海上水上戦闘の妨げとなるミッドウェー島の航空戦力を夜間のうちに破壊することを第二艦隊(近藤艦隊)に命じた[7][8]。そこで近藤中将が指名した部隊は、栗田健男少将の第七戦隊(熊野、鈴谷、三隈、最上)、第8駆逐隊荒潮、朝潮だった[7]

だが日本時間午後11時55分、山本長官はGF電令作第161号でミッドウェー攻略作戦の中止と各艦隊の撤退を命じた[9]。日本軍にとって不運なことに、ミッドウェー基地砲撃中止命令は第七戦隊に直接伝えられず、第八戦隊を迂回して届けられたので、「最上」以下3隻はミッドウェー島から90浬の地点にまで進出していた[10]。第七戦隊は直ちに針路を北北西にとり、28ノットで第二艦隊との合流地点へ急いだ[11]。反転してから約1時間20分後、米潜水艦タンバー (USS Tambor, SS-198)が数隻の艦隊を発見し、位置情報を打電した[12]。直後、タンバーは日本艦隊が接近したため急速潜航を行う[12]。第七戦隊も右45度前方5000mにタンバーを発見し、旗艦熊野は左緊急45度一斉回頭を命じた[13]。この命令が後続艦にうまく伝わらず、熊野と鈴谷は衝突しかけ[14]、最上は三隈の左舷に衝突した[15]。殆どの兵が衝突ではなく被雷と感じた程の衝撃であった[16]。栗田少将は「大和」に対し『最上前進の見込み立たず、三隈支障なし』と報告し、最上、三隈に南西方向のトラック島へ退避するよう命じる[17]。その後栗田は熊野、鈴谷を率いて、主力部隊に合同すべく北西に針路をとった[18]。「タンバー」は魚雷が残っていたにも関わらず、最上を追跡しなかった。

夜が明けると、三隈からは最上の艦首が完全につぶれているのが目撃された[19]。それでも猿渡正之運用長らの必死の応急作業により、最上は速力14ノット程度で前進可能となった[20]。6月6日のミッドウェー島から飛来したB-17爆撃機の水平爆撃や、SB2Uビンジゲーター6機、SBDドーントレス6機の爆撃に対しては[21]、至近弾1発による最上戦死者2名の損害ですんだ。アメリカ軍側は「最上」に爆弾2発命中、さらにSBU隊指揮官フレミング大尉が三隈の四番砲塔に体当たりしたと主張し、フレミングはメダル・オブ・オナー勲章を死後授与された[22]。6月7日午前5時、最上、三隈は駆逐艦荒潮朝潮と合流した[23]

同時刻、レイモンド・スプルーアンス少将は「空母1隻、駆逐艦5隻」、「戦艦1隻、重巡洋艦1隻、駆逐艦3隻」、「重巡洋艦2隻、駆逐艦3隻」という索敵機の報告を受け、空母ホーネット(USS Hornet, CV-8)に攻撃を命じた[24]。直ちにF4Fワイルドキャット8機、SBDドーントレス26機が発進する[24]。続いて空母「エンタープライズ 」(USS Enterprise, CV-6)からワイルドキャット12機、ドーントレス31機が発進した[25]。ところが、空母と戦艦を含む日本軍機動部隊の正体は、最上、三隈、荒潮、朝潮だった[24]。最上は爆弾5発を被弾された。1発目は最上の五番砲塔に命中して砲員全員を戦死させた上に四番砲塔にもダメージを与え、砲員18名中無傷の者は2名だけだった[26]。飛行甲板に命中した一弾は水上偵察機3機を吹き飛ばし、火災を発生させる[27]。火災の起きた飛行甲板の下には魚雷発射管と予備の酸素魚雷があった。内籐力(海軍中佐・水雷長)が全魚雷を射出放棄したため、かろうじて致命的な誘爆を避けることに成功する[28]。一方、「ホーネット」から発進した第二波攻撃隊(ドーントレス23機)は、重巡1隻に爆弾1発、別の1隻に爆弾6発の命中を主張し、B-17爆撃機6機も巡洋艦1隻の撃沈を主張した[29]。ただし、B-17の沈めた巡洋艦の正体は米潜水艦グレイリング(USS Grayling, SS-209)である[29]

一連のアメリカ軍機動部隊の攻撃により、三隈は沈没、最上は大破し91名が戦死、荒潮、朝潮も小破した[30]。最上は三隈の生存者150名程を救助し、6月8日午前7時、近藤信竹中将の旗艦愛宕以下第二艦隊と合流した[31]西村祥治少将指揮する第四水雷戦隊旗艦由良は最上に対し『司令官より艦長へ。連日の勇戦奮闘に心からの敬意を表する。ここに武運めでたき貴艦に会し、感無量なり』という信号を送っている[32]。7月4日、最上以下第七戦隊はトラック島に到着した[33]。最上は工作艦明石に接舷し、仮設艦首を装着する応急修理を実施。8月5日、最上、明石は駆逐艦「雪風、時津風」に護衛されてトラック島を出港し、8月11日に佐世保に到着した[34]

航空巡洋艦への改装[編集]

航空巡洋艦に改装後の最上。あ号作戦に向けサンベルナルジノ海峡を通過中。

ミッドウェー海戦で主力空母4隻を喪失した日本海軍は、空母不足を補うべくあらゆる大型艦艇の空母改装を検討した[35]。最上型重巡・利根型重巡を完全に空母へ改装した場合の要目は、「飛行甲板195×23.5m、搭載機數約30機、改装予定9か月」であったという[35]。実際に最上型・利根型が空母へ改造される事はなかったが、改鈴谷型重巡洋艦1隻が軽空母伊吹に改造された[35]。 最上の場合は、空母ではなく利根型と同様の航空巡洋艦へ改造されることになった[36]。帰国後、損傷の修理とあわせて佐世保工廠で後部砲塔を撤去し、水上偵察機繋止用航空甲板を設置する改修工事に入る[36]。翌1943年(昭和18年)4月末に工事は完了[36]。航空巡洋艦として水上機11機を搭載可能、発艦は従来から設置されている射出機で行われ、30分以内全機発進可能を予定していた[36]。水上機待機甲板と発艦甲板に段差があった利根型重巡洋艦と異なり、本型の艦体後部は平坦で、近代の駆逐艦、巡洋艦のヘリ甲板を彷彿させる外観になった。ただし実際に搭載した機数は1944年(昭和19年)中頃までは零式水偵4機、零式水観3機の計7機、それ以降は計5機(機種不明)で定数の11機を搭載したことはなかったようである[37]。また25mm三連装機銃を10機装備(改造前より18挺増備)した[36]

呉軍港沖合の桂島泊地へ移動後の6月8日、最上は戦艦陸奥の爆沈に遭遇した[38]。天候は霧雨で海面にはがかかっており、最上艦内では陸奥爆発時の衝撃に異変を感じた者がいたものの、最上から直接陸奥を見ることはできなかったという[38]。当初、陸奥の爆沈はアメリカ軍潜水艦の奇襲と判断されたため最上は対潜行動にうつるが、このときヒューマンエラーにより爆雷2個を誤って投下し、騒動となった[38]

その後、最上はトラック泊地へ進出。1943年11月、第二艦隊司令長官栗田健男中将(旗艦愛宕)の指揮下、重巡洋艦基幹の遊撃部隊(愛宕、高雄、鳥海、摩耶、最上、筑摩、能代、第二水雷戦隊)としてラバウルへ進出する。だがアメリカ軍機動部隊のラバウル空襲により、敵機2機を撃墜するものの、被弾して損傷、18名が戦死した。のち日本に戻り呉工廠にて修復工事を行う。1944年(昭和19年)6月中旬のマリアナ沖海戦では小沢機動部隊乙部隊(指揮官城島高次少将:第二航空戦隊《空母隼鷹、飛鷹、龍鳳》、戦艦長門、重巡最上、駆逐艦《時雨、五月雨、浜風、満潮、野分、山雲、秋霜、早霜》)として参加した。10月中旬以降の捷号作戦では、指揮官西村祥治少将指揮下の第一遊撃部隊第三部隊(通称西村艦隊)として戦艦山城、扶桑、重巡最上、駆逐艦時雨、満潮、山雲、朝雲を編制する。10月25日スリガオ海峡海戦で米艦隊と交戦、操舵不能となりながら退避中、第二遊撃部隊(通称志摩艦隊)の旗艦/重巡那智(第五艦隊司令長官志摩清英中将座乗)と衝突した。戦場離脱後空襲により航行不能となる。パナオン島ビニト岬の南東約38海里の地点で、志摩艦隊から派遣された駆逐艦の雷撃により最上は処分された。最上の乗組員は曙に救助された。

二度の衝突事故[編集]

艦首を損傷した最上

最上は戦中、二度の衝突事故に見舞われるという不運な艦であった。

一度目はミッドウェイ海戦での上陸作戦中止撤収の際、旗艦の熊野が敵潜水艦を発見、「左45度緊急回頭」を後続艦に信号。回頭したところで、また敵潜水艦を発見し再び「左45度緊急回頭」を信号し熊野は90度転針した。しかし、この二度の信号が後続艦に混乱をきたし、ある艦は二度目の信号は再確認の意味だと理解し、ある艦は旗艦の指示どおり90度回頭し隊列がバラバラになった所で、三隈の左舷中央部に最上の艦首が衝突した。艦首がひしゃげた最上は速力が低下し、この後の空襲で後甲板を大破した最上は、後甲板を飛行甲板に改造する。

2度目はスリガオ海峡海戦の際、敵艦隊の攻撃で敵の砲弾が機関部に命中、速力が8ノットまで落ちてしまった。燃える艦橋の中で最上の藤間艦長が「やられてしまったな、レイテ突入は無理だ。陸にのし上げて陸戦隊として最後まで戦おう。」というのに対し航海長が、「われわれは、海峡に入口まで来ていると思います。われわれは船乗りです。艦を捨てることはできません。」と反論、藤間艦長が、「そんなこと言っても君、たいまつを背負って(火災が起きてる状態で)突入は無理だ。」と議論をしている最中に艦橋へ敵弾が命中、艦長、副長、航海長、艦橋にいた将兵が戦死した。その後、到着した志摩清英中将の指揮する第五艦隊の旗艦、那智が燃え上がる味方艦に微速前進していた最上の前を横切ろうとした所、最上の左舷に衝突した。

歴代艦長[編集]

※『艦長たちの軍艦史』114-117頁、『日本海軍史』第9巻・第10巻の「将官履歴」に基づく。

艤装員長[編集]

  1. 鮫島具重 大佐:1934年3月14日 -

艦長[編集]

  1. 鮫島具重 大佐:1935年2月1日 - 11月15日
  2. 伊藤整一 大佐:1935年11月15日 - 1936年4月15日
  3. 小林徹理 大佐:1936年4月15日 - 12月1日
  4. 高塚省吾 大佐:1936年12月1日 -
  5. 千葉慶蔵 大佐:1938年4月20日 -
  6. 伊崎俊二 大佐:1939年11月15日 -
  7. 有賀武夫 大佐:1941年1月8日 -
  8. 曽爾章 大佐:1941年9月10日 -
  9. 佐々木静吾 大佐:1942年11月10日 -
  10. 相徳一郎 大佐:1943年4月14日 -
  11. 藤間良 大佐:1944年4月10日 - 1944年10月25日(艦橋への直撃弾により戦死。同日、最上沈没)

脚注[編集]

  1. ^ 昭和10年1月30日付 海軍内令 第29号改正、海軍定員令「第50表ノ2 二等巡洋艦定員表 其ノ5」。この数字は飛行科要員を含み特修兵を含まない。
  2. ^ a b 「第171号の8 10.8.17 最上」、2頁
  3. ^ #どん亀艦長青春記76頁
  4. ^ #どん亀艦長青春記77頁
  5. ^ 「ミッドウエー海戦 戦時日誌戦闘詳報(1)」、3頁
  6. ^ プランゲ『ミッドウェーの奇跡』下巻、112頁
  7. ^ a b プランゲ『ミッドウェーの奇跡』下巻、116頁
  8. ^ 「第1航空艦隊戦闘詳報(2)」、39-40頁
  9. ^ 「第1航空艦隊戦闘詳報(3)」、13-14頁
  10. ^ プランゲ『ミッドウェーの奇跡』下巻、148頁
  11. ^ 『証言ミッドウェー海戦』、188頁
  12. ^ a b プランゲ『ミッドウェーの奇跡』下巻、149頁
  13. ^ 亀井『ミッドウェー戦記』、547頁
  14. ^ 亀井『ミッドウェー戦記』、548頁
  15. ^ 亀井『ミッドウェー戦記』、553頁
  16. ^ 亀井『ミッドウェー戦記』、554頁、芳野三郎(兵長、最上機関科)、古田賢二(一等水兵、砲術科)
  17. ^ 亀井『ミッドウェー戦記』、556頁
  18. ^ 亀井『ミッドウェー戦記』、557頁
  19. ^ 亀井『ミッドウェー戦記』、557-558頁
  20. ^ 亀井『ミッドウェー戦記』、560頁
  21. ^ プランゲ『ミッドウェーの奇跡』下巻、152頁
  22. ^ プランゲ『ミッドウェーの奇跡』下巻、153頁
  23. ^ 亀井『ミッドウェー戦記』、563頁
  24. ^ a b c プランゲ『ミッドウェーの奇跡』下巻、169頁
  25. ^ プランゲ『ミッドウェーの奇跡』下巻、170頁
  26. ^ 亀井『ミッドウェー戦記、』575頁
  27. ^ 亀井『ミッドウェー戦記』、577頁
  28. ^ 亀井『ミッドウェー戦記』、578頁
  29. ^ a b プランゲ『ミッドウェーの奇跡』下巻、174頁
  30. ^ 亀井『ミッドウェー戦記』、590頁
  31. ^ 亀井『ミッドウェー戦記』、592頁
  32. ^ 亀井『ミッドウェー戦記』、593頁
  33. ^ 亀井『ミッドウェー戦記』、594頁
  34. ^ 亀井『ミッドウェー戦記』、596頁
  35. ^ a b c #戦史叢書海軍戦備(2)22頁
  36. ^ a b c d e #戦史叢書海軍戦備(2)102頁『重巡最上の改装』
  37. ^ 『軍艦メカ3 日本の重巡』、133頁の記述による。
  38. ^ a b c #佐藤 艦長続編(文庫)347-349頁『陸奥爆沈して鯛五十尾』

同型艦[編集]

参考文献[編集]

  • アジア歴史資料センター(公式)(防衛省防衛研究所)
    • Ref.C05110623200「第3501号 6.10.27 最上」
    • Ref.C05110629200「第171号の8 10.8.17 最上」
    • Ref.C08030040400「昭和17年6月1日~昭和17年6月30日 ミッドウエー海戦 戦時日誌戦闘詳報(1)」
    • Ref.C08030023900「昭和17年5月27日~昭和17年6月9日 機動部隊 第1航空艦隊戦闘詳報 ミッドウェー作戦(2)」
    • Ref.C08030024000「昭和17年5月27日~昭和17年6月9日 機動部隊 第1航空艦隊戦闘詳報 ミッドウェー作戦(3)」
  • 防衛庁防衛研修所戦史室 『戦史叢書88 海軍戦備(2) 開戦以後』 朝雲新聞社、1975年10月。
  • 雑誌『』編集部『丸スペシャルNo122 重巡最上型/利根型』(潮書房、1987年)
  • 雑誌『丸』編集部『写真 日本の軍艦 第7巻 重巡Ⅲ』(光人社、1990年) ISBN 4-7698-0457-1
  • 『丸』編集部編『軍艦メカ3 日本の重巡』(光人社、1991年)ISBN 4-7698-0563-2
  • 橋本敏男\田辺弥八ほか『証言・ミッドウェー海戦 私は炎の海で戦い生還した!』(光人社、1992年) ISBN 4-7698-0606-x
  • 板倉光馬 『どん亀艦長青春記 伊号不沈潜水艦長の記録』 光人社NF文庫、1995年2月。ISBN 4-7698-2075-5 1935年7月から最上勤務。鮫島艦長を殴って巡洋艦青葉に転出。
  • 亀井宏『ミッドウェー戦記 さきもりの歌』(光人社NF文庫、1995年) ISBN 4-7698-2074-7
  • 佐藤和正 『艦長たちの太平洋戦争 続編 17人の艦長が語った勝者の条件』 光人社NF文庫、1995年12月。ISBN 4-7698-2106-9
    • 「独断反転」<駆逐艦艦長・岩淵悟吾郎少佐の証言>(太平洋戦争時、天津風水雷長、阿武隈水雷長、最上水雷長、望月艦長、夕凪艦長、榧艦長等)
  • 歴史群像』編集部『歴史群像太平洋戦史シリーズVol.38 最上型重巡』(学習研究社、2002年) ISBN 4-05-602880-X
  • ゴードン・W・プランゲ著、千早正隆訳『ミッドウェーの奇跡』(原書房、2005年)上巻 ISBN 4-562-03874-8 下巻 ISBN 4-562-03875-6
  • 海軍歴史保存会『日本海軍史』第7巻、第9巻、第10巻、第一法規出版、1995年。
  • 外山操『艦長たちの軍艦史』光人社、2005年。 ISBN 4-7698-1246-9

関連項目[編集]