スリガオ海峡

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Surigao straight-r.jpg

スリガオ海峡(スリガオかいきょう、フィリピン語Kipot ng Surigaw)は、フィリピンレイテ島パナアン島ミンダナオ島ディナガット島との間の海峡である。レイテ湾ミンダナオ海とを結ぶ。

ヴィサヤ地方とミンダナオ地方の間で人や物を運ぶ数多くのフェリーがこの海峡を横切っている。フェリーは南レイテ州リロアン英語版北スリガオ州スリガオとを結んでいる[1]

この海峡は水深が深く、8ノット以上の強い海流が流れる。レイテ湾の入口にあるスルアン島英語版には、灯台が設置されている[2]

語源[編集]

伝説によれば、この海峡の名前はスリガオ川の河口に住んでいたネグリトの酋長Solibaoに由来する。スペインの探検家がここに到達した時、SolibaoをSurigaoと聞き間違えたという[3]

他に、スペイン語で水流を意味するsurgirに由来するという説もある[4]

歴史[編集]

1521年3月、フェルディナンド・マゼランの一行が世界初の世界一周航海の途中で、ヨーロッパ人で初めてこの海峡を通過した。

太平洋戦争中の1944年10月25日、この海峡でスリガオ海峡海戦が起きた。南からレイテ湾へ突入しようとする日本海軍の西村祥治中将の艦隊が米海軍に丁字戦法で迎え撃ちされ、戦艦山城」「扶桑」ほかが沈没するなどした[5]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ About Surigao del Norte”. Philippine Provincial Road Management Facility. 2013年7月22日閲覧。
  2. ^ INBOUND THROUGH THE SURIGAO STRAIT”. Puerto Galera Yacht Club, Inc.. 2013年7月22日閲覧。
  3. ^ Legend of Surigao City”. www.surigao.net. 2013年7月22日閲覧。
  4. ^ Surigao Travel Information”. Free N Easy Travel. 2013年7月22日閲覧。
  5. ^ Zapotoczny, Walter S. (2008年). “The Battle of Surigao Strait: The Last Crossing of the T”. MilitaryHistoryOnline.com. 2013年7月22日閲覧。

外部リンク[編集]