海風 (白露型駆逐艦)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
海風
JapaneseDDUmikaze.jpg
宮津湾外で全力公試運転中の海風1937年4月9日)
基本情報
建造所 舞鶴海軍工廠
運用者  大日本帝国海軍
級名 白露型駆逐艦
艦歴
計画 マル2計画
起工 1935年5月4日
進水 1936年11月27日
就役 1937年5月31日
最後 1944年2月1日戦没
除籍 1944年3月31日
要目(計画時)
基準排水量 1,685トン
全長 111m
最大幅 9.9m
吃水 3.5m
ボイラー ロ号艦本式缶3基
主機 艦本式オール・ギアードタービン2基2軸 42,000馬力
速力 34ノット
航続距離 18ノットで4,000海里
乗員 226名
兵装 50口径12.7cm連装砲 2基4門
50口径12.7cm単装砲 1基1門
13mm連装機銃 2基[1]
61cm4連装魚雷発射管 2基8門
(魚雷16本)
爆雷投射機2基
爆雷×16
テンプレートを表示

海風(うみかぜ)は、大日本帝国海軍駆逐艦[2]一等駆逐艦白露型の7番艦[3]。海風型駆逐艦/改白露型駆逐艦の1番艦だが、帝国海軍の公式分類は白露型である[3]。この名を持つ帝国海軍の艦船としては海風型駆逐艦1番艦「海風[4]に続いて2隻目。

艦歴[編集]

太平洋戦争以前[編集]

第二次軍備補充計画(通称「マル2計画」)で計画された海風以降の4艦(海風、山風江風涼風)は第四艦隊事件の影響で設計が若干改められ、「改白露型」もしくは「海風型」と呼ばれることもある[5]。変更は主に船体構造であった[2]。外観の特徴としては艦橋形状が変更され[6]、のちの朝潮型駆逐艦陽炎型駆逐艦も海風型と同一形状を採用している。対空用に採用した40mm機銃(毘式四十粍機銃)2挺は、海風型(改白露型)では13mm連装機銃2基に改められている。

1934年(昭和9年)11月19日、日本海軍は呉海軍工廠で建造の水上機母艦を『千歳』、浦賀船渠で建造予定の駆逐艦を『五月雨』、舞鶴要港部の駆逐艦を『海風』と命名した[7]。 同日附でおこなれた艦艇類別等級表の改訂により、有明型駆逐艦が削除、有明型1番艦「有明」と2番艦「夕暮」は初春型駆逐艦に類別、有明型3番艦「白露」をネームシップとする白露型駆逐艦白露時雨村雨夕立春雨)が新設され、命名された2隻(五月雨、海風)も白露型となる[8]

「海風」は舞鶴工廠で1935年(昭和10年)5月4日に起工[9]。第四艦隊事件のため一時工事を中止し、1936年(昭和11年)5月より工事を再開[2]11月27日に進水[9][10]。12月1日附で日本海軍は、睦月型駆逐艦11番艦「望月」駆逐艦長成富武光少佐を海風艤装員長に任命する[11]。同日附で山田雄二中佐も江風艤装員長に任命されている[11]。 1937年(昭和12年)4月9日、若狭湾(宮津湾)で全力公試を実施、同時期には海上試運転中に冠島と衝突しかけている[12]。4月15日、成冨海風艤装員長は制式に海風初代艦長となり、艦幹部達も任命された[13]。 5月31日に竣工[9]佐世保鎮守府所属。 起工、進水、竣工ともいずれも「江風」の方が「海風」より早かった[14]。また、進水も白露型8番艦「山風」の方が早かった[15]

1937年(昭和12年)5月31日、本艦の竣工とともに海風型(改白露型)2隻(海風、江風)により第24駆逐隊(駆逐隊司令久宗米次郎大佐)が編制される[16][17]。司令駆逐艦は「江風」に指定[18][17]。姉妹艦2隻(山風、涼風)も竣工と共に順次24駆に編入され、同隊は海風型(改白露型)駆逐艦4隻(海風、山風、江風、涼風)を揃えた[17]。 同年8月23日、日中戦争にともなう陸軍上陸作戦および対地支援砲撃中に第24駆逐隊は中華民国軍の空襲を受け、至近弾により「海風」で軽傷者1名を出した[19]。その後も、陸軍兵輸送、海軍陸戦隊派遣、対地砲撃支援、掃海作業などの諸任務に従事した。

1938年(昭和13年)12月15日、第24駆逐隊司令久宗米次郎大佐は迅鯨型潜水母艦2番艦長鯨艦長[20]へ転任した(後日、久宗は軽巡川内艦長、重巡青葉艦長、戦艦長門艦長、山城艦長等を歴任)。後任の24駆司令は中川浩大佐となる[20]。同日附で、成冨(海風艦長)は空母加賀運用長へ転任し、白露型姉妹艦五月雨駆逐艦長渡邉保正少佐が海風駆逐艦長(二代目)となる[21]

1939年(昭和14年)10月15日、渡邉(海風艦長)は朝潮型駆逐艦2番艦大潮艦長へ転任する(後日、陽炎型駆逐艦16番艦艤装員長・初代駆逐艦長等を歴任)[22]。後任の海風駆逐艦長は、大潮および朝潮駆逐艦長を兼務していた飛田健二郎少佐となる[22]

1940年(昭和15年)10月19日附で中川(24駆司令)は古鷹型重巡洋艦1番艦古鷹艦長へ転任[23]、後任の24駆司令には第27駆逐隊司令松原博大佐(後日、松原大佐は軽巡阿賀野艦長、空母翔鶴沈没時艦長等を歴任)が任命された[23]。11月、第24駆逐隊は第2艦隊・第四水雷戦隊(司令官西村祥治少将:旗艦「那珂」)に編入された。

太平洋戦争緒戦[編集]

1941年(昭和16年)7月25日附で、飛田(海風艦長)は陽炎型駆逐艦8番艦雪風駆逐艦長へ転任[24]。後任の海風駆逐艦長は、吹雪型駆逐艦駆逐艦長清水逸郎中佐となる[24]。同日附で第24駆逐隊司令も松原大佐から平井泰次大佐に交代した[24]。 第24駆逐隊(海風、江風、山風、涼風)は平井大佐の指揮下で太平洋戦争を迎えた。第四水雷戦隊(旗艦那珂、第2駆逐隊《村雨、五月雨、春雨、夕立》、第9駆逐隊《朝雲、峯雲、夏雲、山雲》、第24駆逐隊《海風、江風、山風、涼風》)は、第三艦隊司令長官高橋伊望中将(旗艦足柄)を指揮官とする比島部隊(フィリピン攻略後は蘭印部隊に改称)に所属して、南方部指揮官(第四戦隊司令官兼務)近藤信竹第二艦隊司令長官(旗艦愛宕)の指揮下で南方作戦にのぞむ[25]レガスピー上陸作戦、ラモン湾上陸作戦に従事。1942年(昭和17年)1月から蘭印作戦に加わり、タラカン攻略作戦、バリックパパン攻略作戦(バリクパパン沖海戦)、マカッサル攻略作戦、ジャワ島およびスラバヤ攻略作戦(スラバヤ沖海戦)、パナイ島攻略作戦に参加した。

1942年(昭和17年)2月上旬、「海風」はスラウェシ島マカッサル攻略作戦に従事した。攻略作戦そのものは成功したが、2月4日に第24駆逐隊姉妹艦「涼風」がアメリカの潜水艦スカルピン (USS Sculpin, SS-191)の雷撃で大破した[26]。2月9日には陽炎型駆逐艦6番艦「夏潮」(第15駆逐隊)がアメリカの潜水艦S-37(USS S-37,SS-142)の雷撃で大破[27]、同型3番艦「黒潮」(第15駆逐隊)の曳航中に沈没した[28]。 2月下旬のスラバヤ沖海戦で第四水雷戦隊は活躍するが、「海風」と朝潮型7番艦「夏雲」(第9駆逐隊)は輸送船団護衛を下令されたため、戦闘には参加していない。四水戦では、第9駆逐隊司令駆逐艦(司令佐藤康夫大佐)「朝雲」が損傷、しばらく戦線を離脱した。

4月10日、第24駆逐隊は第一水雷戦隊(司令官大森仙太郎少将:旗艦阿武隈)に編入された[29]。 4月27日、海風駆逐艦長は清水中佐から白露型1番艦白露駆逐艦長杉谷永秀中佐[30]に交代する(後日、清水は夕雲型駆逐艦12番艦「早波」駆逐艦長。1944年6月7日、同艦沈没時に戦死)。 4月30日、警戒部隊編入[31]。6月上旬のミッドウェー海戦では主力部隊の護衛に従事した。 日本本土帰投直後の6月23日、白露型8番艦「山風」(第24駆逐隊)が東京湾沖でアメリカ潜水艦ノーチラス(USS Nautilus, SS-168) の雷撃で撃沈され[27]、第24駆逐隊は3隻(海風、江風、涼風)編制になった[32]。 7月14日、第24駆逐隊は第二水雷戦隊(司令官田中頼三少将:旗艦神通)に編入される[33]。 7月30日附で第24駆逐隊司令は村上暢之助大佐[34]に交代する(平井大佐は8月15日附で軽巡洋艦夕張艦長)[35]

第二次ソロモン海戦[編集]

8月7日、アメリカを中心とする連合軍はウォッチタワー作戦を発動してガダルカナル島フロリダ諸島に上陸を開始。ガダルカナル島の戦いおよびフロリダ諸島の戦いが始まると、第二水雷戦隊はソロモン諸島に投入された。 8月11日、村上司令指揮下の第24駆逐隊(海風、江風、涼風)は横須賀を出港[36]。 2隻(海風、涼風)は千歳型水上機母艦千歳を護衛してトラック泊地へ向かった[37]。「江風」は第9駆逐隊(朝雲夏雲峯雲)と共に出撃した[37]

8月17日、増援部隊指揮官田中頼三第二水雷戦隊司令官指揮下の増援部隊(神通、海風、涼風、江風、哨戒艇4隻《第1号哨戒艇第2号、第34号、第35号》)は、一木清直陸軍大佐の支隊(第二梯団)及び海軍陸戦隊を移載する輸送船3隻(ぼすとん丸、大福丸、金龍丸)護衛を命じられる。一木大佐と一木部隊先遣隊は陽炎型駆逐艦6隻(萩風陽炎谷風浦風浜風)によってガダルカナル島へ向け先行しており、増援部隊は先遣隊と合流する事を目指していた(先遣隊は8月19日上陸、8月21日イル川渡河戦で全滅)[38]。 同日、第24駆逐隊(江風、海風、涼風)は旗艦「神通」を追及してトラック泊地を出撃、翌日に一木師団第二梯団輸送船団(ぼすとん丸、大福丸、金龍丸)と合流した[39][40]。 8月19日昼間、ガ島ルンガ泊地周辺で行動中の挺身隊(嵐、萩風、陽炎)は空襲を受け、「萩風」が大破する[41]。同艦は「嵐」に護衛されてトラック泊地へ撤退した[41]。同海域には「陽炎」1隻が残された[41]。田中司令官は「江風」に対し「陽炎」と任務を交替するよう下令[41][42]江風は輸送船団と本艦を含む護衛部隊(第二水雷戦隊)から分離してガ島海域へ先行、燃料不足の「陽炎」とガダルカナル島周辺警戒任務を交代、駆逐艦1隻(ブルー)を撃沈した[41][43]

だが戦況は日本軍にとって不利になっていた。8月24日の第二次ソロモン海戦で、帝国海軍は空母「龍驤」を喪失、アメリカ海軍は空母エンタープライズが中破したものの、空母サラトガとガダルカナル島航空基地(アメリカ軍ヘンダーソン飛行場)は健在であり、アメリカ軍の航空戦力は依然として戦闘力を保っていた。 8月25日午前6時、ガ島飛行場砲撃を終えて北上してきた駆逐艦5隻(睦月弥生磯風、陽炎、江風)は[44]、海風以下輸送船団と合流する。直後に急降下爆撃機SBDドーントレスB-17型爆撃機の空襲を受け、2隻(駆逐艦睦月、輸送船金龍丸)が沈没[45][46]、神通も炎上して戦闘不能となった[45]。田中司令官は2隻(神通、涼風)をトラック泊地へ退避させ、旗艦を「陽炎」に変更する[47]。沈没艦生存者を乗せた3隻(弥生、哨戒艇1号、2号)をラバウルへ向かわせる[48]。26日夕刻、燃料不足となった「海風」は「陽炎」と共にショートランド泊地へ先行し、田中司令官は泊地で駆逐艦輸送作戦について打ち合わせをおこなう[48]。磯風艦長指揮下の船団(磯風、江風、哨戒艇34号、35号、ぼすとん丸、大福丸)も22時にショートランド諸島ショートランド泊地に到着した[48]。第二次ソロモン海戦は、敵制空権下で低速の輸送船団をガダルカナル島へ強行突入させる事が困難であることを証明[46][48]。帝国海軍は輸送船の投入を諦め、軽快・高速の駆逐艦による輸送作戦を実施することになった[46]

ガダルカナル島の戦い(9月)[編集]

1942年(昭和17年)8月下旬から9月にかけて、第24駆逐隊(海風、江風、涼風)は外南洋部隊(第八艦隊)に所属し、駆逐艦によるガダルカナル島への高速輸送作戦『鼠輸送』に従事した[49]

8月27日、ガ島揚陸予定の部隊は輸送船2隻(ぼすとん丸、大福丸)から徹夜で駆逐艦3隻(海風、江風、磯風)に移乗し、第24駆逐隊司令村上暢之助大佐指揮のもと、同日5時30分にショートランド泊地を出撃する[50]。陽炎型12番艦「磯風」は第17駆逐隊所属だが、臨時に24駆の指揮下に入った。しかし川口支隊(第20駆逐隊便乗中)との合流をめぐって帝国海軍は混乱し、上級部隊の命令に従い第24駆逐隊はショートランド泊地に引き返した(17時30分着)[50]。 8月28日、増援部隊指揮官田中頼三第二水雷戦隊司令官は、旗艦を青葉型重巡洋艦2番艦「衣笠」に変更した[51]。午前6時、第24駆逐隊(海風、江風、磯風)はショートランド泊地を出撃してガ島へ向かい、また北方からも第20駆逐隊(天霧朝霧夕霧白雲)が南下してガ島揚陸を目指す[52]。だが第20駆逐隊はアメリカ軍機の空襲で大損害(朝霧沈没、夕霧・白雲大破、駆逐隊司令山田雄二大佐戦死)を受け救援のために「陽炎」が派遣された[52][53]。航空支援がない限り揚陸成功の見込みなしと判断した村上大佐(24駆司令)は「本日ノ揚陸ヲ断念シ引返ス、28日1925」を打電し、独断で反転する[52]。田中司令官も駆逐艦輸送作戦に消極的となったが、外南洋部隊(第八艦隊)司令部は『「カ」号作戦は駆逐艦を以て陸兵を輸送し任務を強行する外今更方法なきを以て引続き既定方針を決行せしめらるる方針なり』を通知した[52]

8月29日、「磯風」で発電機故障が発生したため輸送作戦に参加できなくなり、駆逐艦5隻(第24駆逐隊《海風、江風》、第11駆逐隊《初雪吹雪白雪》)はガ島揚陸作戦を実施する[50][54]。陸兵の揚陸には成功したが、第24駆逐隊司令は撃滅を命じられていたルンガ泊地方面の米軍艦艇(輸送船2隻、巡洋艦1隻、駆逐艦2隻)を攻撃することなく帰途につき、上級司令部を激怒させた[50]。当事軍令部将校だった高松宮宣仁親王は、第二次ソロモン海戦時の田中頼三二水戦司令官、村上24駆司令について『コウナルト田中司令官、遠山先任参謀ハマルデ駄目ダト云フ札付ニナル。第二十四駆逐隊司令、村上大佐仝ジ様ナ駄目ナリ。困難ナリト云ツテモヨイガ、ソレヲヤレト云ハレタラヤツテノケルダケノ断行力ガナクテハナラヌ。』と評している[55]

8月31日午前6時、第三水雷戦隊司令官橋本信太郎少将指揮下の三水戦各艦(軽巡洋艦川内、第19駆逐隊《浦波敷波》)がショートランド泊地に到着[56]。これをもって田中二水戦司令官は増援部隊指揮官を更迭され(発令8月29日)、駆逐艦「夕霧」に乗艦してトラック泊地へ戻った[56][57]。以降、橋本三水戦司令官は軽巡川内を旗艦として、ガダルカナル島への輸送作戦を指揮する[56]。 この間、神通護衛のためトラック泊地に向かっていた「涼風」がショートランド泊地に到着[56]、24駆逐隊司令指揮下の8隻(海風、江風、涼風、陽炎、初雪、吹雪、白雪、天霧)はガ島への輸送作戦を実施し21時30分に川口清健陸軍少将(川口支隊長)を含む陸兵約1200名の揚陸に成功した[58][59][57]。9月1日にショートランド泊地へ戻った[58]。 9月2日、上層部(連合艦隊、第八艦隊)の不興を買っていた村上大佐は第24駆逐隊司令を解任されることになった[60]。 9月3日、第24駆逐隊新司令に陽炎型駆逐艦10番艦「時津風」駆逐艦長中原義一郎中佐(白露型4番艦夕立初代駆逐艦長)をあてる人事が決まる[61]。中原中佐着任までの間、暫定的に村上大佐が指揮を継続することになった。

9月4日、陸軍青葉支隊をガ島へ輸送するため、増援部隊各隊はショートランド泊地を出撃した[62]。輸送隊(浦波隊《浦波敷波有明》、夕立隊《夕立初雪叢雲》)と川内隊(川内、海風、江風、涼風)は21時から23時にかけてガ島揚陸を実施する[62]。川内隊は、陸軍部隊の大発動艇輸送作戦(舟艇機動)を掩護する役目も与えられており、4日深夜から5日午前1時頃まで掩護を実施した[63]。 また夕立隊はルンガ泊地に突入して米軍輸送駆逐艦2隻を撃沈する[62]宇垣纏連合艦隊参謀長は『曩の二十四駆逐隊司令に比し雲壌の差あり。矢張り攻撃精神旺盛なるものはよく勝を収む』と戦藻録に記載し、夕立隊指揮官吉川潔中佐(夕立駆逐艦長)を絶賛している[62]。 9月5日附で駆逐艦4隻(海風、江風、涼風、夕立)および特設水上機母艦山陽丸は外南洋部隊(第八艦隊)に編入された[64]

9月7日、駆逐艦5隻(海風、江風、涼風、初雪、叢雲)はガ島揚陸作戦を実施した[65][66]。本作戦における各艦は大発動艇を曳航していたが、波浪の為に上手くいかなかった[66]。第24駆逐隊は揚陸成功後、ルンガ泊地に突入したが敵艦艇を発見できず、対地砲撃を実施したのち、9月8日14時に帰投した(アメリカ軍によるとYPボート1隻炎上)[66]。7日の揚陸により、川口・一木支隊の輸送は終了[66]。前述のように、上級司令部の不興を買っていた村上大佐は9月2日附で第24駆逐隊司令を更迭され[60]、後任の中原義一郎中佐(9月3日附発令)[61]は9月10日に着任した[66]。 なお、村上大佐は第二砲艦隊司令[67]、第11特別根拠地隊附[68]、永福丸砲艦長[69][70]等を歴任し、最前線に立つ事はなかった。

9月9日、第24駆逐隊(海風、江風、涼風)はフロリダ諸島(ツラギ湾内)に敵輸送船6隻発見の偵察報告を受けてガ島に突入、哨戒艇1隻を撃破したが輸送船団は存在しなかった[71][72]。ツラギの陸上砲台から砲撃されたが、被害無く、無事に帰投した[72]。 9月11日、駆逐艦3隻(海風、江風、夕立)は陸軍青葉支隊のガ島輸送を実施、悪天候に悩まされつつ揚陸を完了した[72][73]。 9月13日、ガダルカナル島ヘンダーソン飛行場に対する日本陸軍総攻撃に呼応して、外南洋部隊は支援行動にあたる[74]。主隊・支援隊(鳥海青葉古鷹衣笠天霧)等は囮船団と共に適宜行動し、奇襲隊(川内、敷波、吹雪、涼風)、陽炎隊(陽炎、白雪)、第7駆逐隊(漣、潮)、第19駆逐隊部隊(浦波、叢雲、夕立)、第24駆逐隊(海風、江風)もガダルカナル島へ向かった[74]。しかし日本軍の飛行場占領は失敗し、駆逐隊(海風、江風、浦波、叢雲、夕立)は対地砲撃を実施したあと帰途についた[74][75]

ガ島の戦局に不安を感じた日本陸軍第十七軍は、輸送船佐渡丸(護衛、駆逐艦)に乗船してソロモン諸島に到着した陸軍青葉支隊のガ島投入を決定する[76]。奇襲部隊指揮官(橋本三水戦司令官)は、増援輸送とガ島突入をかねて部隊を編成、駆逐艦4隻(漣、潮、吹雪、涼風)は14日夜にルンガ泊地に突入した[76]。続いて奇襲隊(川内、海風、江風、浦波、敷波、嵐、叢雲、白雪)もガ島へ向かうが、ヘンダーソン飛行場未占領という事態をうけて川内はショートランド泊地へ帰投[76]。駆逐艦部隊のみて揚陸を実施した[77][76]。川口支隊の攻撃失敗により外南洋部隊各隊・各艦はラバウルやショートランド泊地へ帰投し、奇襲隊も増援部隊という区分に戻された[76]

9月中旬、日本軍はガダルカナル島に対する増援輸送を強化することになった[78]。9月18日、増援部隊指揮官はアメリカ軍の輸送船団ルンガ泊地侵入の情報により直率隊(川内、浦波、白雪、叢雲、浜風)による出撃を決意し、同時に有賀幸作第4駆逐隊司令に駆逐艦4隻(嵐、海風、江風、涼風)によるガ島輸送を命じた[78]。幾度かの計画変更の末、輸送隊は18日夜のガ島揚陸に成功した[78][79]。 この頃のソロモン諸島は月明期に入ったため、アメリカ軍機による夜間空襲を受ける可能性が高まっていた[80]。9月24日、第24駆逐隊司令中原義一郎中佐(海風座乗)指揮下の駆逐艦4隻(海風、江風、涼風、浦風)は、陸兵と道路構築用の土木用具を搭載してガ島へ向かうが、アメリカ軍機の夜間空襲を受けて揚陸を断念するに至った[80][81]。この戦闘で「海風」と陽炎型11番艦「浦風」が小破[82]、増援部隊は鼠輸送の一時中止に至った(再開は10月1日より)[80]。 9月26日、第17駆逐隊(谷風、浦風、浜風、磯風)と第24駆逐隊(海風、江風、涼風)は外南洋部隊(第八艦隊)から除かれた[83]。また、同日附で第二水雷戦隊旗艦も川内型2番艦「神通」から長良型軽巡洋艦2番艦「五十鈴」に変更されている[84]。前進部隊(第二艦隊・第二水雷戦隊)に復帰した第24駆逐隊は、順次トラック泊地に戻った[85]。「海風」は工作艦「明石」に横付して修理に従事した[86]。その後、10月10日までトラック泊地で待機、次期作戦準備をおこなう[87]

ガダルカナル島の戦い(10月以降)[編集]

10月11日、二水戦司令官田中頼三少将が指揮する第二水雷戦隊(軽巡五十鈴〔二水戦旗艦〕、第15駆逐隊《親潮黒潮早潮》、第24駆逐隊《海風、江風、涼風》、第31駆逐隊《高波巻波長波》)はガダルカナル島ヘンダーソン飛行場に対し艦砲射撃を実施予定の第三戦隊(金剛型戦艦金剛榛名》〔三戦隊司令官栗田健男中将・海兵38期〕)を護衛してトラックを出撃[88]。対するアメリカ軍は10月11日-12日のサボ島沖海戦に勝利して外南洋部隊支援隊(第六戦隊)を撃退したが、大小の損害を受けて消耗した米艦隊(指揮官ノーマン・スコット少将)もガ島海域から撤収した。 10月13日から14日にかけての深夜に行われたヘンダーソン基地艦砲射撃で、第15駆逐隊・第24駆逐隊は第三戦隊(金剛、榛名)の直衛、第31駆逐隊は警戒隊、応援に派遣された第19駆逐隊はガ島〜ルッセル諸島の哨戒隊として行動、長波がアメリカ軍魚雷艇を撃退した[89]。ヘンダーソン飛行場はかなりの損害を受けたが、航空隊および日本軍が知らなかった新造滑走路(戦闘機用)が健在だった[90]。このため第四水雷戦隊(司令官高間完少将:旗艦秋月、第2駆逐隊《村雨五月雨夕立春雨》、第27駆逐隊《時雨白露有明夕暮》)が護衛してした高速輸送船団(吾妻山丸、南海丸、九州丸、佐渡丸、笹子丸、埼戸丸)は、10月15日ガ島揚陸中に空襲を受け輸送船3隻を喪失し、揚陸した物資も大部分を焼き払われてしまった[91]

10月26日の南太平洋海戦における第二水雷戦隊は、前進部隊(指揮官近藤信竹第二艦隊司令長官:旗艦愛宕)に所属し、第四戦隊(愛宕、高雄)、第三戦隊(金剛、榛名)、第五戦隊(妙高、摩耶)、第二航空戦隊(司令官角田覚治少将:空母隼鷹)と共に米軍機動部隊と交戦した[92]。 11月上旬、第二水雷戦隊はショートランド泊地へ進出し、5日附で田中二水戦司令官は橋本信太郎三水戦司令官より増援部隊指揮官の職務を引き継ぐ[93]。第二水雷戦隊は再びガダルカナル島への強行輸送作戦に従事することになった[93][94][95]。 11月6日深夜、甲増援隊(第15駆逐隊《親潮、早潮、陽炎》、第24駆逐隊《海風、江風、涼風》、第31駆逐隊《巻波、高波、長波》、第10駆逐隊《夕雲風雲》)はショートランドを出撃したが[96][97]、途中でアメリカ軍機の空襲を受け駆逐艦2隻(高波、長波)が若干の損傷を受けた[98]。輸送隊は深夜にタサファロング沖に到着して糧食を降ろし、傷病兵と便乗者を乗せて帰投した[96]

11月13日以降、増援部隊(早潮《田中司令官座乗》、親潮、陽炎、海風、江風、涼風、高波、巻波、長波、天霧、望月)は輸送船11隻を護衛し、ガダルカナル島に向かった(第三次ソロモン海戦[99][100]。だがアメリカ軍機の波状攻撃を受け輸送船6隻が沈没、1隻が大破して駆逐艦2隻(天霧、望月)護衛下で退避する[99]。 田中司令官は残存輸送船4隻と駆逐艦9隻を指揮してガ島への進撃を続行[101]。11月15日未明に輸送船4隻(廣川丸、山浦丸、鬼怒川丸、山東丸)はガダルカナル島タサファンログ泊地に座礁揚陸を強行するが、アメリカ軍機と米艦艇の攻撃で全滅した[102][100]。増援部隊各艦は15日22時になりショートランド泊地へ戻った[102]

第三次ソロモン海戦の勝利により、ガダルカナル島への日本軍増援を阻止した連合軍は、パプアニューギニアブナ地区へ上陸作戦を敢行、反攻に乗り出した[103]。外南洋部隊は第三次ソロモン海戦を終えて帰投したばかりの各艦・各隊に対し、ブナ方面増援輸送を下令[103]。南東方面は、従来のガダルカナル島に加え、東部ニューギニア方面でも連合軍に対処をせまられる。外南洋部隊指揮官三川軍一第八艦隊司令長官は麾下艦船にラバウル回航を下令し、第24駆逐隊もラバウルに回航された[103][104]。 11月18日、第8駆逐隊司令指揮下の駆逐艦部隊(第8駆逐隊《朝潮》、第24駆逐隊《江風、海風》)は、鴻型水雷艇2隻と共にブナおよびラエへ輸送作戦を実施中、B-17の爆撃を受け「海風」は大破[105][106]。航行不能となる[107]、僚艦(江風、荒潮)にも若干の被害があった[108]。「海風」は「朝潮」に曳航されてラバウルに戻った[106][109]。ラバウルに停泊中だった第15駆逐隊2隻(親潮、陽炎)も海風救援のため出撃している[110]。 「海風」は11月23日に外南洋部隊附属となり、11月と12月中は応急修理に従事した[111][112]。外南洋部隊より前進部隊へ復帰後の12月26日、ラバウルを出発してトラック泊地へ回航される(28日着)[113]。30日に高雄型重巡洋艦4番艦「摩耶」を護衛して横須賀へ向かった[114]。同時に第二水雷戦隊司令官も田中頼三少将から小柳冨次少将(海軍兵学校42期)に交代した[115][116]

昭和18年前半の戦い[編集]

海風は1943年(昭和18年)1月6日に横須賀へ到着、9日に佐世保へ回航され修理に従事した[117]。1月23日、小柳少将は退隊(第十戦隊司令官へ転任)、伊崎俊二少将(海兵42期)が新たな第二水雷戦隊司令官となる[118][119]。また二水戦から「五十鈴」が外れ、二水戦旗艦は同隊に復帰した「神通」に変更された[120]

2月13日、海風駆逐艦長は杉谷中佐から三舩俊郎中佐に交代する[121]。(杉谷中佐は2月23日より陽炎型駆逐艦3番艦黒潮駆逐艦長)[122]。 2月下旬、本艦の修理は完了、同時期に24駆僚艦「涼風」は佐世保に帰投して修理に従事した[123]。 「江風」はケ号作戦(ガダルカナル島撤退作戦)後に輸送船と衝突し、ラバウルで修理に従事していた[123]。稼働艦は「海風」のみとなっており、このため第24駆逐隊司令中原義一郎大佐は2月24日附で同隊司令駆逐艦を「涼風」から「海風」に変更した[124]。 2月28日、「海風」は夕雲型駆逐艦「清波」(25日附で二水戦・第31駆逐隊編入)と共に輸送船2隻を護衛して横須賀を出発、また駆逐艦2隻(大波萩風)も空母「冲鷹」を護衛して同日横須賀を出発した[125][126]。 3月6日、「江風」がラバウルからトラック泊地に到着する[127][128]。3月8日、盤谷丸船団(海風、清波、盤谷丸、西貢丸)もトラック泊地に到着[129]。21日には「江風」が香取型練習巡洋艦1番艦「香取」を護衛して内地へ向かった[130]。 「海風」は23日から24日にかけて油槽船「日栄丸」の護衛にあたった[131][132]。 26日には2隻(神通、海風)だけでトラック環礁内での訓練を行った[133]

24駆姉妹艦(江風、涼風)が内地で修理する一方[134]、4月の大部分を訓練・トラック泊地周辺での船団護衛・輸送作戦に従事して過ごす[135][136][137]。 4月11日から2日間、第15駆逐隊(親潮、黒潮、陽炎)と共に対潜掃蕩作戦に従事[138]。「海風」は、第61駆逐隊司令大江覧治大佐指揮下の第一掃蕩隊(涼月、海風、夕暮)に区分されていた[139]

4月24日、駆逐艦4隻(海風、親潮、黒潮、陽炎)は南東方面部隊外南洋部隊)に編入された[140]ニュージョージア諸島コロンバンガラ島)への輸送作戦に従事することになった[141]。3月3日には同方面輸送作戦中の駆逐艦2隻(村雨峯雲)が米艦隊のレーダー射撃を受けて一方的に撃沈されており(ビラ・スタンモーア夜戦)、危険な任務であった[141]。 4月25日、「海風」は陽炎型17番艦「萩風」と共に輸送船2隻を護衛してトラック泊地を出発した[142][143]。 28日ラバウル着[144]。先行した第15駆逐隊はソロモン諸島ニュージョージア島ムンダへ出発し、遅れて2隻(萩風、海風)もラバウルを出発[145]ショートランド諸島(ショートランド泊地)に進出した[146]。ソロモン諸島に対する第15駆逐隊と第4駆逐隊(萩風、海風)の第一回・第二回輸送は無事に成功した[147]

5月7日、第五次コロンバンガラ輸送のため第15駆逐隊(親潮黒潮陽炎)はブカ島を出撃し、2隻(萩風、海風)乗組員は帽子を振って見送ったという[148][141]。翌5月8日、第15駆逐隊はアメリカ軍が敷設した機雷と、続く空襲により3隻とも沈没(黒潮は触雷して轟沈、親潮と陽炎は触雷して航行不能、空襲により沈没した。)[149][150]。192名が戦死[151]。輸送任務を終え帰投中だった2隻(萩風、海風)は、当時まだ沈んでいなかった2隻(親潮、陽炎)救援のために反転した[141]。触雷を覚悟して沈没現場を捜索したが、舟艇でやってきた陽炎士官より3隻の沈没と生存者陸上収容を知らされ、ラバウルに帰投した[141]。黒潮駆逐艦長杉谷永秀中佐(2月まで海風駆逐艦長)[122]も生還している。

5月10日、「海風」は外南洋部隊から前進部隊に復帰し、ラバウルからトラック泊地に向かう[152][153]。第八艦隊司令長官鮫島具重中将は、指揮下を離れる本艦および乗組員の労をねぎらった[154]。 トラック泊地に帰投した5月12日、連合軍はアリューシャン列島アッツ島に上陸を敢行、アッツ島の戦いが始まった[155][156]。連合艦隊は主戦力を東京湾に集結し北方作戦に備えることを決定[157]。前連合艦隊長官山本五十六大将の遺骨(4月18日海軍甲事件で戦死)内地帰還を兼ねて、大和型戦艦2番艦「武蔵」(古賀峯一連合艦隊長官座乗)がトラック泊地より内地へ帰ることになる[157]。 5月17日、駆逐艦5隻(第24駆逐隊《海風》、第27駆逐隊《時雨有明》、第61駆逐隊《初月涼月》)は戦艦3隻(武蔵、金剛榛名)、空母飛鷹、重巡2隻(利根筑摩)を護衛してトラック泊地を出発[158][159]。5月22日、横須賀帰着(武蔵のみ木更津冲入泊)[157][160]。山本元帥の戦死は21日に公表され、通夜および告別式は23日武蔵艦上で行われた[161]

5月24日、駆逐艦2隻(海風、)と測量艦筑紫は大型艦3隻(冲鷹雲鷹鹿島)を護衛して横須賀を出発[162]。29日トラック到着[163]。トラック泊地近海で油槽船「玄洋丸」の護衛に従事する[164]。6月から7月にかけても輸送船や空母の護衛任務に従事した。7月8日、第24駆逐隊司令は中原大佐から久保田智大佐(海兵46期)[165]に交代した(中原は8月20日より、夕雲型駆逐艦3隻《涼波藤波早波》で編成された第32駆逐隊司令)[166]

7月12日、コロンバンガラ島沖海戦で第二水雷戦隊旗艦神通が沈没、神通沈没時に伊崎俊二少将(第二水雷戦隊司令官)と二水戦司令部将兵も全員戦死した[167]。そこで帝国海軍は第四水雷戦隊を解隊して同隊司令官高間完少将および同水戦司令部を横滑りさせ、あらたな第二水雷戦隊を編成した[167][168]。7月20日時点での第二水雷戦隊(司令官高間完少将)[168]は、旗艦長良、第31駆逐隊(大波、清波、巻波、長波)、第27駆逐隊(時雨、有明、夕暮、白露)、第24駆逐隊(涼風、江風、海風)、附属艦(玉波島風五月雨、神通〔書類上在籍〕)という戦力であった[169]

「海風」は7月19日にトラック泊地を出発、トラック泊地より横須賀まで空母を護衛したあと佐世保に回航され25日より入渠修理をおこなった[170]レーダーの装備も行っている[171]。 だが8月6日ベラ湾夜戦で陽炎型2隻(萩風)と共に姉妹艦「江風」が沈没[172]、第24駆逐隊は2隻編制(海風、涼風)となった[173]

昭和18年後半の戦い[編集]

「海風」の修理は8月15日に完了した[174]。同日附で阿賀野型軽巡洋艦2番艦「能代」が第二水雷戦隊に編入、二水戦旗艦は「長良」から「能代」に変更となった[175]。 8月17日、主力部隊(戦艦3隻《大和長門扶桑》、空母《大鷹[176]、巡洋艦3隻《愛宕高雄能代》、駆逐艦部隊《涼風海風秋雲夕雲若月天津風初風》)として呉を出撃し、23日トラックへ進出[177][178]。トラック到着後、24駆司令駆逐艦は「海風」に変更された[179]

同時期、アメリカ軍はベララベラ島に上陸を開始、ニュージョージア島の戦いは緊迫の度合いを増していた[180]。8月25日、第24駆逐隊(海風、涼風)は第十四戦隊司令官伊藤賢三少将(旗艦那珂)の指揮下、巡洋艦2隻(那珂高雄)を護衛してラバウルへの輸送作戦に従事[174][181]。27日にラバウルに到着して陸兵を揚陸すると、29日にトラックへ戻った[180][181]

9月2日、第三艦隊司令長官小沢治三郎中将指揮下の機動部隊前衛に編入される[182]。同日、アメリカの潜水艦スナッパー(USS Snapper, SS-185)が駆逐艦「」と海防艦六連に護衛された輸送船5隻を襲撃、六連と輸送船1隻を撃沈した[183][184]。第24駆逐隊(海風、涼風)は駆潜艇と共に現場海域に出動したがスナッパーの補足に失敗し、トラック泊地に戻った[182][185]。 9月16日、トラック泊地環礁内で3隻(能代、海風、涼風)による戦闘訓練実施中、「涼風」の魚雷1本を喪失[186]。つづいて小沢機動部隊(第三艦隊《翔鶴、瑞鶴、金剛、榛名、利根、筑摩、阿賀野、涼月、初月、若月、浦風》、第二艦隊《愛宕、高雄、摩耶、鳥海、妙高、羽黒、能代、海風、江風、涼風、玉波》)の一隻としてマーシャル諸島エニウェトク環礁(ブラウン環礁)に進出するが特に戦闘はおきず、9月末にはトラック泊地に戻った[182][187]

10月3日、駆逐艦3隻(若月、長波、海風)で対潜掃蕩を実施[188]。 10月6日、給油艦風早が米潜水艦スティールヘッド (USS Steelhead, SS-280)とティノサ (USS Tinosa, SS-283) の2隻に襲撃され、16時30分に沈没した[189]。 駆逐艦2隻(海風、初風)は急遽第十四戦隊(旗艦五十鈴)の指揮下に入った[190]。3隻(五十鈴、海風、初風)は風早遭難現場におもむくが同艦はすでに沈没しており、「海風」は風早乗組員154名、「初風」は98名を救助した[191]

同時期、アルフレッド・E・モントゴメリー少将率いるアメリカ軍第14任務部隊(エセックス級航空母艦3、インディペンデンス級航空母艦3、重巡4、軽巡4、駆逐艦24)がウェーク島を空襲した[192]。第14任務部隊はハワイに帰投したが、連合艦隊・軍令部ともマーシャル諸島におけるアメリカ軍機動部隊との決戦を想定し、10月11日にはアメリカ軍機動部隊ハワイ出撃の情報を入手[192]。連合艦隊は大和型戦艦2隻や翔鶴型航空母艦2隻を含むトラック泊地の水上艦艇を総動員し、ブラウン環礁を経由してウェーク島西方にむかった[192]。海風以下第二水雷戦隊(能代、大波、巻波、長波、海風、涼風、島風)も小沢機動部隊に同行した[193]。だが日本軍が信じていたアメリカ軍機動部隊出撃は誤報であり、各艦隊は10月26日にトラック泊地へ戻る[194]。一連の行動で大量の燃料を消費したため艦隊の燃料は著しく逼迫し、のちに『連合艦隊の大散歩』と言われた[192]

10月20日、第十一水雷戦隊司令官木村進少将(旗艦「山城」)が指揮する丁三号輸送部隊(扶桑型戦艦山城》、航空戦艦伊勢》、軽巡《龍田》、第32駆逐隊《早波涼波藤波》)が[195]、陸軍増援部隊と戦艦部隊の弾薬を輸送してトラック泊地へ到着する[196][197]

10月31日、第24駆逐隊に朝潮型(満潮型)駆逐艦満潮」が編入され、同隊は駆逐艦3隻(海風、涼風、満潮)編制となる[198]。 同日、第十一水雷戦隊司令官(旗艦「伊勢」)[199]が率いる戦艦2隻(伊勢、山城)、空母2隻(隼鷹雲鷹)、巡洋艦2隻(利根龍田)、駆逐艦4隻(海風、涼風、谷風)はトラック泊地を出発[200][201][202]。 しかし11月5日午前5時、暗号解読により豊後水道近海で日本艦隊を待ち伏せていたアメリカの潜水艦ハリバット (USS Halibut, SS-232) が丁三号輸送部隊を襲撃した[195]。5時35分、「隼鷹」艦尾に魚雷1本が命中し、右舷機械室の浸水と舵故障により直進不能となった[203]。午前10時頃より「利根」に曳航されて約5-6ノットで被雷海域を離脱し、6日に母港・呉へ帰投した[204][205]。海風以下、他の艦に被害はなかった。 11月6日、第24駆逐隊(海風、涼風)は佐世保に到着、入渠修理作業をおこなった[206]。前日附で海風駆逐艦長は三舩中佐から[207]中尾小太郎少佐(10月25日まで峯風型駆逐艦14番艦波風駆逐艦長)へ交代している[208][209]。 僚艦「満潮」は11月下旬に呉(瀬戸内海)に回航された[206][210]

12月1日、修理完了[211]。 12月3日、第24駆逐隊(海風、涼風、満潮)は桂島泊地に集結した[212]。だが満潮は空母2隻(雲鷹、瑞鳳)護衛のため横須賀に回航され、別行動となった[213]。 12月中旬から下旬にかけて、駆逐艦3隻(海風、涼風、)は輸送船4隻(日蘭丸、良洋丸、日美丸、但馬丸)の釜山からトラック泊地進出を護衛[214][215]。12月26日夕刻にトラック泊地南水道着、翌朝到着[216]。28日附で3隻(海風、涼風、潮)は内南洋部隊に編入され、海上機動第1旅団マーシャル諸島進出を護衛することになった[217]。12月30日、2隻(海風、潮)は第一分団(但馬丸、日美丸)を護衛してトラック泊地を出発、クェゼリン環礁へ向かう[211][218]。1944年1月中旬までブラウン環礁、ロイ=ナムル島、クェゼリン環礁各地を航海した[219][220]。なおマーシャル諸島に配備された各部隊は、1月下旬〜2月上旬のクェゼリンの戦いおよびエニウェトクの戦いによって全滅した。

昭和19年の戦い[編集]

1944年(昭和19年)1月12日、「海風」はウォッジェ環礁で陸兵を揚陸していた[219][221]。 同日、マロエラップ環礁タロア島で陸兵を揚陸していた「潮」がアメリカ軍のB-25中爆5機の空襲を受けて損傷し[222]、最大発揮速力20ノットとなった[223]。13日、2隻(海風、潮)はクェゼリン環礁に到着した[224]。 1月18日、丁船団第一分団および護衛2隻(海風、潮)はトラック島に帰着[225][226]、またポナペ島方面の輸送を担当していた「涼風」もトラック泊地に帰着した[227]

1月19日、二水戦部隊(能代早波若葉初霜)に護衛されて横須賀回航中の空母2隻(瑞鳳、雲鷹)を[228]、暗号解読により待ち伏せていたハダック(USS Haddock, SS-231)、ハリバット (USS Halibut, SS-232)、タリビー (USS Tullibee, SS-284)の3隻の米潜水艦が襲撃し[229]、ハダックの雷撃で「雲鷹」が中破、「瑞鳳」も横須賀へ先行し雲鷹隊はサイパンに避難した[229]古賀峯一連合艦隊司令長官より救援を命じられた駆逐艦3隻(海風、涼風、浦風)はただちにトラックを出撃する[230][231]。だが連合艦隊の命令により2隻(浦風、涼風)は反転、トラック泊地にもどった[232][227]。「海風」には工作艦「明石」から派遣された救難作業班と排水ポンプを移載しており、サイパンで雲鷹隊と合流した[233][234]。 1月21日、「海風」は雲鷹警戒任務を駆逐艦「早波」と交代し、二水戦(能代、早波)はサイパンを出港して横須賀に向かった[235]

その前日、トラック泊地を出発したばかりの駆逐艦「皐月」と給糧艦「伊良湖」を[236]、待ち伏せしていたアメリカ潜水艦シードラゴン (USS Seadragon, SS-194) が襲撃、被雷した「伊良湖」は航行不能となっていた[237]。救難を命じられた涼風は23時に伊良湖遭難現場着[238]。さらに重巡洋艦「鳥海」や第7駆逐隊(潮、曙)等も救援にかけつけ、「伊良湖」は沈没を免れてトラック泊地へ向かった[239]。 1月25日、伊良湖救援後、輸送船護衛任務についた「涼風」はアメリカ潜水艦スキップジャック (USS Skipjack, SS-184) の雷撃により[240][27]北緯09度00分 東経157度27分 / 北緯9.000度 東経157.450度 / 9.000; 157.450地点で轟沈した[241]。乗組員の大多数が戦死した[242]

涼風喪失の前日(1月24日)、連合艦隊は雲鷹護衛隊(海風、潮、曙、皐月)の編成と、初春型駆逐艦4番艦「初霜」(第21駆逐隊)のトラック帰投を発令[243]。だが、久保田24駆司令は海風乗組員の被服や荷物を陸揚げしていることから本艦の内地回航を取りやめ、「海風」と「初霜」を入れ替えるよう要請[244]。護衛艦は駆逐艦4隻(皐月、潮、曙、初霜)に変更された[245]。 1月27日、雲鷹隊(雲鷹、皐月、潮、曙、初霜)はサイパンを出発[246]、重巡「高雄」等の支援を受けつつ横須賀に帰投した。 1月28日、「海風」は3113船団を護衛してサイパンを出発、トラックへ向かう[247]

2月1日11時22分、「海風」はトラック泊地南水道でアメリカの潜水艦ガードフィッシュUSS Guardfish, SS-217)から雷撃された[248][27]。ガードフィッシュが発射した魚雷1本が「海風」の右舷機械室艦底附近で起爆し、11時50分に沈没した[249]。アメリカ軍による沈没地点北緯07度10分 東経151度43分 / 北緯7.167度 東経151.717度 / 7.167; 151.717。戦死者約50名[250]。 同泊地停泊中の駆逐艦2隻(島風白露)は海風遭難の報告を受けて現場に向かい、対潜掃蕩を実施した[251][252]。 同日、24駆僚艦の「満潮」もトラック泊地に到着、生還した久保田司令は司令駆逐艦を「満潮」に変更した[253]。2月10日、久保田大佐は横須賀鎮守府附となり、第24駆逐隊司令職を離れる[254]。同日附で中尾少佐も海風駆逐艦長の職務を解かれ、佐世保鎮守府附となった[254]

3月18日、久保田大佐は軽巡名取艦長へ転任となった(名取沈没時に戦死)[255]。 3月31日、海風は白露型[256]、 帝国駆逐艦籍[257]から除籍された。 また本艦の沈没により第24駆逐隊に所属した白露型/海風型4隻(海風、江風、山風、涼風)は全隻沈没、第24駆逐隊は第16駆逐隊と共に同日附で解隊された[258]。残存した「満潮」は第4駆逐隊に編入され、同隊は駆逐艦3隻(野分山雲、満潮)となった[258]

「海風」最後の駆逐艦長となった中尾小太郎少佐は、4月2日附で夕雲型駆逐艦18番艦「秋霜」駆逐艦長に任命された[259]。その後、第4駆逐隊(満潮、朝雲山雲)は10月25日のレイテ沖海戦スリガオ海峡夜戦で沈没、同隊所属の陽炎型駆逐艦15番艦「野分」もサマール沖で沈没した。「満潮」が所属していた西村艦隊(第一遊撃部隊第三部隊)も白露型駆逐艦2番艦「時雨」を残して全滅し、10隻建造された白露型はこの時点で「時雨」1隻となった。また「秋霜」も同年11月上旬の多号作戦で大破し、11月13日のマニラ空襲で沈没した。生還した中尾中佐は秋月型駆逐艦10番艦「宵月」艤装員長[260]および初代駆逐艦長[261]に任命された。

公試成績[編集]

竣工時の「海風」艦型図
時期 排水量 出力 速力 実施日 実施場所 備考
新造時 42,590shp 34.6kt 1937年(昭和12年)4月9日 宮津湾外 全力

歴代艦長[編集]

艤装員長
  1. 成冨武光 少佐:1936年12月1日[11] - 1937年4月15日[13]
駆逐艦長
  1. 成冨武光 少佐/中佐:1937年4月15日[13] - 1938年12月15日[21]
  2. 渡邉保正 少佐:1938年12月15日[21] - 1939年10月15日[22]
  3. 飛田健二郎 少佐/中佐:1939年10月15日[22] - 1941年7月25日[24]
  4. 清水逸郎 中佐:1941年7月25日[24] - 1942年4月25日[30]
  5. 杉谷永秀 中佐:1942年4月25日[30] - 1943年2月10日[121]
  6. 三舩俊郎 中佐:1943年2月10日[121] - 1943年11月5日[207]
  7. 中尾小太郎 少佐:1943年11月5日[209] - 1944年2月10日[254]

参考文献[編集]

  • 岡本孝太郎 『舞廠造機部の昭和史』 文芸社、2014年5月。ISBN 978-4-286-14246-3
  • 木俣滋郎 『日本空母戦史』 図書出版社、1977年
  • 国本康文「「利根」型の搭載機銃」「歴史群像」編集部『歴史群像太平洋戦史シリーズVol.47 利根型重巡』学習研究社、2005年。ISBN 4-05-603653-5
  • 重本俊一ほか 『陽炎型駆逐艦 水雷戦隊の中核となった精鋭たちの実力と奮戦』 潮書房光人社、2014年10月。ISBN 978-4-7698-1577-8
    • 戦史研究家落合康夫『駆逐隊別「陽炎型駆逐艦」全作戦行動ダイアリィ 第四、第十五、第十六、第十七、第十八駆逐隊 太平洋奮迅録
    • 当時 四駆逐隊付・海軍少尉候補生戸田専一『乗艦「舞風」「萩風」ネズミ輸送の悲惨を語れ 駆逐艦の損傷相次ぎ風雲急を告げるソロモン戦線五ヶ月の体験
    • 当時「嵐」水雷長・海軍大尉宮田敬助『第四駆逐隊「嵐」「萩風」ベラ湾夜戦に死す 昭和十八年八月六日夜、コロンバンガラ輸送の途次に魚雷をうけて三隻沈没
    • 戦史研究家伊達久『日本海軍駆逐艦戦歴一覧 太平洋戦争時、全一七八隻の航跡と最後
  • 外山操『艦長たちの軍艦史』光人社、2005年。ISBN 4-7698-1246-9
  • 高松宮宣仁親王著、嶋中鵬二発行人 『高松宮日記 第四巻 昭和十七年一月一日~昭和十七年九月三十日』 中央公論社、1996年7月。ISBN 4-12-403394-X
  • 手塚正己 『軍艦武藏 上巻』 新潮文庫、2009年ISBN 978-4-10-127771-4
  • 庭田尚三 「4.駆逐艦の巻」『元海軍技術中将 庭田尚三述 建艦秘話』 船舶技術協会、1965年9月。
  • 福田啓二編『軍艦基本計画資料』今日の話題社、1989年。ISBN 4-87565-207-0
  • 防衛庁防衛研修所戦史室 『戦史叢書26 海軍進攻作戦 蘭印・ベンガル湾方面』 朝雲新聞社、1969年5月。
  • 防衛庁防衛研修所戦史室 『戦史叢書29 北東方面海軍作戦』 朝雲新聞社、1969年8月。
  • 防衛庁防衛研修所戦史室 『戦史叢書46 海上護衛戦』 朝雲新聞社、1971年5月。
  • 防衛庁防衛研修所戦史室 『戦史叢書49 南東方面海軍作戦(1) ガ島奪還作戦開始まで』 朝雲新聞社、1971年9月。
  • 防衛庁防衛研修所戦史室 『戦史叢書62 中部太平洋方面海軍作戦(2) 昭和十七年六月以降』 朝雲新聞社、1973年2月。
  • 防衛庁防衛研修所戦史室 『戦史叢書83 南東方面海軍作戦(2) ガ島撤収まで』 朝雲新聞社、1975年8月。
  • 防衛庁防衛研修所戦史室 『戦史叢書96 南東方面海軍作戦(3) ガ島撤収後』 朝雲新聞社、1976年8月。
  • 雑誌「丸」編集部『ハンディ版 日本海軍艦艇写真集17 駆逐艦 初春型・白露型・朝潮型・陽炎型・夕雲型・島風』光人社、1997年。
  • 国立国会図書館デジタルコレクション - 国立国会図書館
    • 海軍有終会編 『幕末以降帝国軍艦写真と史実』 海軍有終会、1935年11月。
    • 海軍研究社編輯部 編 『日本軍艦集 2600年版』 海軍研究社、1940年7月。
    • 海軍大臣官房 『海軍制度沿革. 巻4(1939年印刷) info:ndljp/pid/1886711』 海軍大臣官房、1939年
    • 海軍大臣官房 『海軍制度沿革. 巻8(1940年印刷) info:ndljp/pid/1886716』 海軍大臣官房、1940年
    • 海軍大臣官房 『海軍制度沿革. 巻11(1940年印刷) info:ndljp/pid/1886713』 海軍大臣官房、1940年
  • アジア歴史資料センター(公式)(防衛省防衛研究所)
    • 『第523号 10.3.1海風型駆逐艦建造用図面調整の件』。Ref.C05110734800。
    • 『第399番電 11.6.26舞鶴要港工作部をして海風以降駆逐艦艦橋の木製実物大模型を制作せしむる件』。Ref.C05110727200。
    • 『第171号の4 10.5.6江風、海風』。Ref.C05110625800。
    • 『昭和10年5月5日 江風、海風竣工通知の件』。Ref.C11080571400。
    • 『昭和12年12月1日現在10版内令提要追録第3号原稿/ 巻1追録/第6類機密保護』。Ref.C13071974300。
    • 『昭和16年12月31日現在10版内令提要追録第10号原稿巻2.3/巻3追録/第13類艦船(1)』。Ref.C13072003500。
    • 『第24駆逐隊支那事変第1回功績概見表』。Ref.C14121097600。
    • 『第24駆逐隊支那事変第2回功績概見表 第24駆逐隊司令海軍中佐 久宗米次郎』。Ref.C14121098000。
    • 『昭和17年3月1日~昭和17年5月31日 第1水雷戦隊戦時日誌(4)』。Ref.C08030080500。
    • 『昭和17年3月1日~昭和17年5月31日 第1水雷戦隊戦時日誌(5)』。Ref.C08030080600。
    • 『昭和17年5月1日~昭和17年8月7日 第2水雷戦隊戦時日誌戦闘詳報(2)』。Ref.C08030095000。
    • 『昭和17年8月13日~昭和17年8月31日 外南洋部隊増援部隊戦闘詳報(1)』。Ref.C08030096400。
    • 『昭和17年8月13日~昭和17年8月31日 外南洋部隊増援部隊戦闘詳報(2)』。Ref.C08030096500。
    • 『昭和17年8月13日~昭和17年8月31日 外南洋部隊増援部隊戦闘詳報(3)』。Ref.C08030096600。
    • 『昭和17年8月13日~昭和17年8月31日 外南洋部隊増援部隊戦闘詳報(4)』。Ref.C08030096700。
    • 『昭和17年8月13日~昭和17年8月31日 外南洋部隊増援部隊戦闘詳報(5)』。Ref.C08030096800。
    • 『昭和17年8月13日~昭和17年8月31日 外南洋部隊増援部隊戦闘詳報(6)』。Ref.C08030096900。
    • 『昭和17年8月1日~昭和17年8月31日 第2水雷戦隊戦時日誌(1)』。Ref.C08030095600。
    • 『昭和17年8月1日~昭和17年8月31日 第2水雷戦隊戦時日誌(2)』。Ref.C08030095700。
    • 『昭和17年8月1日~昭和17年8月31日 第2水雷戦隊戦時日誌(3)』。Ref.C08030095800。
    • 『昭和17年8月1日~昭和17年8月31日 第2水雷戦隊戦時日誌(4)』。Ref.C08030095900。
    • 『昭和17年8月1日~昭和17年8月31日 第2水雷戦隊戦時日誌(5)』。Ref.C08030096000。
    • 『昭和17年8月1日~昭和17年8月31日 第2水雷戦隊戦時日誌(6)』。Ref.C08030096100。
    • 『昭和17年9月14日~昭和18年8月15日 第8艦隊戦時日誌(1)』。Ref.C08030022500。
    • 『昭和17年9月14日~昭和18年8月15日 第8艦隊戦時日誌(2)』。Ref.C08030022600。
    • 『昭和17年9月14日~昭和18年8月15日 第8艦隊戦時日誌(3)』。Ref.C08030022700。
    • 『昭和17年9月14日~昭和18年8月15日 第8艦隊戦時日誌(4)』。Ref.C08030022800。
    • 『昭和17年9月14日~昭和18年8月15日 第8艦隊戦時日誌(5)』。Ref.C08030022900。
    • 『昭和17年9月1日~昭和17年10月31日 第2水雷戦隊戦時日誌戦闘詳報(1)』。Ref.C08030097200。
    • 『昭和17年9月1日~昭和17年10月31日 第2水雷戦隊戦時日誌戦闘詳報(2)』。Ref.C08030097300。
    • 『昭和17年9月1日~昭和17年10月31日 第2水雷戦隊戦時日誌戦闘詳報(3)』。Ref.C08030097400。
    • 『昭和17年9月1日~昭和17年10月31日 第2水雷戦隊戦時日誌戦闘詳報(4)』。Ref.C08030097500。
    • 『昭和17年9月1日~昭和17年10月31日 第2水雷戦隊戦時日誌戦闘詳報(5)』。Ref.C08030097600。
    • 『昭和17年9月1日~昭和17年10月31日 第2水雷戦隊戦時日誌戦闘詳報(6)』。Ref.C08030097700。
    • 『昭和17年9月1日~昭和17年10月31日 第2水雷戦隊戦時日誌戦闘詳報(7)』。Ref.C08030097800。
    • 『昭和17年9月11日~昭和18年11月30日 第3戦隊戦時日誌戦闘詳報(1)』。Ref.C08030041700。
    • 『昭和17年10月5日~昭和17年10月14日 挺身攻撃隊記録(第3戦隊.金剛.榛名のガ島飛行場砲撃)』。Ref.C08030723100。
    • 『昭和17年11月1日~昭和17年11月15日 第2水雷戦隊戦時日誌戦闘詳報(1)』。Ref.C08030098800。
    • 『昭和17年11月1日~昭和17年11月15日 第2水雷戦隊戦時日誌戦闘詳報(2)』。Ref.C08030098900。
    • 『昭和17年11月1日~昭和17年11月15日 第2水雷戦隊戦時日誌戦闘詳報(3)』。Ref.C08030099000。
    • 『昭和17年11月1日~昭和17年11月15日 第2水雷戦隊戦時日誌戦闘詳報(4)』。Ref.C08030099100。
    • 『昭和17年11月1日~昭和17年11月15日 第2水雷戦隊戦時日誌戦闘詳報(5)』。Ref.C08030099200。
    • 『昭和17年11月29日~昭和17年12月28日 外南洋部隊増援部隊戦闘詳報戦時日誌(1)』。Ref.C08030099500。
    • 『昭和18年1月1日~昭和18年5月31日 第2水雷戦隊戦時日誌戦闘詳報(1)』。Ref.C08030100200。
    • 『昭和18年1月1日~昭和18年5月31日 第2水雷戦隊戦時日誌戦闘詳報(2)』。Ref.C08030100300。
    • 『昭和18年1月1日~昭和18年5月31日 第2水雷戦隊戦時日誌戦闘詳報(3)』。Ref.C08030100400。
    • 『昭和18年1月1日~昭和18年5月31日 第2水雷戦隊戦時日誌戦闘詳報(4)』。Ref.C08030100500。
    • 『昭和18年1月1日~昭和18年5月31日 第2水雷戦隊戦時日誌戦闘詳報(5)』。Ref.C08030100600。
    • 『昭和18年1月1日~昭和18年5月31日 第2水雷戦隊戦時日誌戦闘詳報(6)』。Ref.C08030100700。
    • 『昭和18年5月1日~昭和18年7月19日 第4水雷戦隊戦時日誌戦闘詳報(2)』。Ref.C08030117000。
    • 『昭和18年6月14日~昭和18年11月11日 第2水雷戦隊戦時日誌戦闘詳報(1)』。Ref.C08030101000。
    • 『昭和18年6月14日~昭和18年11月11日 第2水雷戦隊戦時日誌戦闘詳報(2)』。Ref.C08030101100。
    • 『昭和18年6月14日~昭和18年11月11日 第2水雷戦隊戦時日誌戦闘詳報(3)』。Ref.C08030101200。
    • 『昭和18年6月14日~昭和18年11月11日 第2水雷戦隊戦時日誌戦闘詳報(4)』。Ref.C08030101300。
    • 『昭和18年6月14日~昭和18年11月11日 第2水雷戦隊戦時日誌戦闘詳報(5)』。Ref.C08030101400。
    • 『昭和18年6月14日~昭和18年11月11日 第2水雷戦隊戦時日誌戦闘詳報(6)』。Ref.C08030101500。
    • 『昭和18年4月1日~昭和18年11月15日 第14戦隊戦時日誌戦闘詳報(1)』。Ref.C08030052200。
    • 『昭和18年4月1日~昭和18年11月15日 第14戦隊戦時日誌戦闘詳報(2)』。Ref.C08030052300。
    • 『昭和18年4月1日~昭和18年11月15日 第14戦隊戦時日誌戦闘詳報(3)』。Ref.C08030052400。
    • 『昭和18年4月1日~昭和18年11月15日 第14戦隊戦時日誌戦闘詳報(4)』。Ref.C08030052500。
    • 『昭和16年12月1日~昭和19年4月30日 第4根拠地隊戦時日誌(4)』。Ref.C08030251100。
    • 『昭和17年1月12日~昭和19年1月1日 大東亜戦争戦闘詳報戦時日誌 第8戦隊(7)』。Ref.C08030048800。
    • 『昭和18年4月1日~昭和18年11月30日 第11水雷戦隊戦時日誌(5)』。Ref.C08030126400。
    • 『昭和18年4月1日~昭和18年11月30日 第11水雷戦隊戦時日誌(6)』。Ref.C08030126500。
    • 『昭和18年12月1日~昭和19年2月29日 第2水雷戦隊戦時日誌戦闘詳報(1)』。Ref.C08030101800。
    • 『昭和18年12月1日~昭和19年2月29日 第2水雷戦隊戦時日誌戦闘詳報(2)』。Ref.C08030101900。
    • 『昭和18年12月1日~昭和19年2月29日 第2水雷戦隊戦時日誌戦闘詳報(3)』。Ref.C08030102000。
    • 『昭和18年12月1日~昭和19年2月29日 第2水雷戦隊戦時日誌戦闘詳報(4)』。Ref.C08030102100。
    • 『昭和18年12月1日~昭和19年2月2日 第3水雷戦隊戦時日誌戦闘詳報(5)』。Ref.C08030106900。
    • 『昭和18年12月1日~昭和19年2月2日 第3水雷戦隊戦時日誌戦闘詳報(6)』。Ref.C08030107000。
    • 『昭和18年9月1日~昭和19年3月31日 第1水雷戦隊戦時日誌(4)』。Ref.C08030085900。
    • 『昭和18年12月1日~昭和19年5月31日 第10戦隊戦時日誌(2)』。Ref.C08030050100。
    • 『昭和17年7月~9月 内令3巻/昭和17年8月分(2)』。Ref.C12070164500。
    • 『昭和18年9~10月 内令4巻/昭和18年10月(4)』。Ref.C12070181400。
    • 『昭和18年9~10月 内令4巻/内令昭和18年10月(5)』。Ref.C12070181500。
    • 『昭和19年1月~7月 内令/昭和19年3月(5)』。Ref.C12070196900。

脚注[編集]

  1. ^ 『写真 日本の軍艦 第11巻 駆逐艦II』による。福田啓二編『軍艦基本計画資料』、国本康文「「利根」型の搭載機銃」によると25mm連装機銃2基を搭載した。
  2. ^ a b c #庭田、建艦秘話59-60頁『3.特型駆逐艦海風・大潮・霰について』
  3. ^ a b #艦艇類別等級表(昭和16年12月31日)p.8『艦艇類別等級表|驅逐艦|一等|白露型|白露、時雨、村雨、夕立、春雨、五月雨、海風、山風、江風、涼風』
  4. ^ #海軍制度沿革(巻8、1940)p.67『昭和五年六月一日(内令一一三)艦艇類別等級表中左ノ通改正ス 驅逐艦ノ部一等海風型ノ項ヲ削リ二等「楢型」ヲ「桑型」ニ改メ同項中「楢、」「、榎」ヲ削ル 掃海艇ノ部中「|第七號型|第七號、第八號、第九號、第十號、第十一號、第十二號|」ヲ「|第七號型|第七號、第八號| |第九號型|第九號、第十號|」ニ改ム』
  5. ^ #舞廠造機部104-105頁『初春型踏襲の駆逐艦―白露型と同改』
  6. ^ #海風艦橋実物大模型p.2『理由.海風以降駆逐艦艦橋ノ標準型トシ且ツ形状ヲ極力少ナラシメンタメ実物大模型型ニツキテ研究ノ上決定スルヲ可ト認ムルニ付』
  7. ^ #海軍制度沿革(巻8、1940)p.203『◎水上機母艦千歳及驅逐艦五月雨海風命名ノ件 昭和九年十一月十九日(達一九八)艦艇製造費ヲ以テ昭和九年度ニ於テ建造ニ着手ノ水上機母艦一隻驅逐艦二隻ニ左ノ通命名ス|呉海軍工廠ニ於テ建造 水上機母艦 千歳チトセ|浦賀船渠株式會社ニ於テ建造 驅逐艦 五月雨サミダレ|舞鶴要港部ニ於テ建造 驅逐艦 海風ウミカゼ』
  8. ^ #海軍制度沿革(巻8、1940)p.69『◎昭和九年十一月十九日(内令四八七)艦艇類別等級別表中左ノ通改正ス 航空母艦ノ項中「龍驤」ノ下ニ「、蒼龍」ヲ加ヘ、水上機母艦ノ項中「神威」ノ下ニ「、千歳」ヲ加フ 驅逐艦、一等ノ部初春型ノ項中「初霜」ノ下ニ「、有明、夕暮」ヲ加ヘ、有明型ノ項ヲ左ノ如ク改ム |白露型|白露、時雨、村雨、夕立、春雨、五月雨、海風|』
  9. ^ a b c #艦船要目公表範囲(昭和12年12月1日)p.4『海風|一等駆逐艦|(艦要目略)|舞鶴工廠|10-5-4|11-11-27|12-5-31|(艦装備略)』
  10. ^ 昭和11年11月28日(土)海軍公報 第二千九百二十號 p.49』 アジア歴史資料センター Ref.C12070358400 『○進水 舞鶴海軍工廠ニ於テ建造中ノ驅逐艦海風ハ昨二十七日進水セリ』
  11. ^ a b c 昭和11年12月2日付 官報第2976号。国立国会図書館デジタルコレクション http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/2959458 p.23
  12. ^ #舞廠造機部123-124頁『島と衝突せんとした新艦』
  13. ^ a b c 昭和12年04月16日付 官報第3084号。国立国会図書館デジタルコレクション http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/2959567 p.7
  14. ^ #艦船要目公表範囲(昭和12年12月1日)p.4『江風|一等駆逐艦|(艦要目略)|藤永田造船所|10-4-25|11-11-1|12-4-30|(艦装備略)』
  15. ^ #艦船要目公表範囲(昭和12年12月1日)p.4『山風|(艦諸元略)|浦賀船渠會社|10-5-25|11-2-21|12-6-30|(兵装略)』
  16. ^ 昭和12年06月01日付 官報第3121号。国立国会図書館デジタルコレクション 永続的識別子 info:ndljp/pid/2959604 p.8
  17. ^ a b c #海軍制度沿革(巻4、1939)pp.71-72『昭和一一.一二.一(内令四七一)|佐世保鎮守府|第二十四驅逐隊|桃、柳、樫、檜|海風、江風(一二.五.三一 二五九)/山風(一二.六.三〇 三〇五)/涼風(一二.八.三一 五五九)|樫(一二.五.一 二〇二)/桃、柳、檜(一二.五.三一 二五九)』
  18. ^ 昭和12年6月2日 海軍公報(部内限)第2626号 p.7』 アジア歴史資料センター Ref.C12070366200 『○司令驅逐艦指定 第二十四驅逐隊司令代理ハ去月三十一日司令驅逐艦ヲ江風ニ指定セリ』
  19. ^ #24dg支那事変第1回功績概見表p.3『山風海風江風|殊勲乙|昭和十二年八月二十三日 於川砂口陸兵揚陸掩護 敵前上陸掩護射撃 敵航空機攻撃(略)海風附近海面ニ落下セル爆弾(八)ノ破片ニヨリ海風ニ軽傷者一名ヲ生ズ』
  20. ^ a b 昭和13年12月15日(発令12月15日付)海軍辞令公報(部内限)第273号 p.18』 アジア歴史資料センター Ref.C13072074800 p.18
  21. ^ a b c 昭和13年12月15日(発令12月15日付)海軍辞令公報(部内限)号外第273号 pp.27,29』 アジア歴史資料センター Ref.C13072074800 
  22. ^ a b c d 昭和14年10月16日(発令10月15日付)海軍辞令公報(部内限)第391号 pp.21,22』 アジア歴史資料センター Ref.C13072076400 
  23. ^ a b 昭和15年10月21日(発令10月19日付)海軍辞令公報(部内限)第546号 pp.24-25』 アジア歴史資料センター Ref.C13072079200 
  24. ^ a b c d e 昭和16年7月25日(発令7月25日付)海軍辞令公報(部内限)第678号 pp.41-42』 アジア歴史資料センター Ref.C13072081600 
  25. ^ #叢書26海軍進攻作戦付表第一『南方作戦関係主要職員表 昭和十六年十二月八日』
  26. ^ #叢書26海軍進攻作戦262-263頁『航空制圧、船団進航』
  27. ^ a b c d #叢書46海上護衛戦446-447頁『米潜水艦に撃沈されたわが駆逐艦一覧表』
  28. ^ #戦史叢書26海軍進攻作戦266-288頁『航空部隊の作戦』
  29. ^ #S1703一水戦日誌(4)pp.4-5『(2)第二段作戦第一期兵力部署(四月十日以後) 警戒部隊第一水雷戦隊/第一水雷戦隊司令官/阿武隈、第六駆逐隊、第二十一駆逐隊、第二十四駆逐隊』-『4月10日 第二段作戦第一期兵力部署発令セラレ當隊(第27駆逐隊、第24駆逐隊欠)警戒部隊ニ、第24駆逐隊ハ南方部隊ニ編入セラル(但内地帰投迄C作戦編制ノママ)浦風合同』
  30. ^ a b c 昭和17年4月27日(発令4月27日付)海軍辞令公報(部内限)第849号 pp.39-40』 アジア歴史資料センター Ref.C13072085200 
  31. ^ #S1703一水戦日誌(4)p.7『4月30日 第24駆逐隊、警戒部隊ニ編入セラル』
  32. ^ #内令昭和17年8月(2)p.48『内令第千五百四十二號 驅逐隊編制中左ノ通改定セラル 昭和十七年八月二十日 海軍大臣 嶋田繁太郎 第二十四驅逐隊ノ項中「山風、」ヲ削ル』
  33. ^ #S1705二水戦日誌(2)pp.53-54『(五)24dg(山風缺)7月14日附當隊ニ編入セラレ7月18日湊町沖着當隊ニ合同 自7月18日至7月31日 湊町沖又ハ木更津沖ニ在リテ対潜掃蕩作戦竝ニ主要艦船護衛任務ニ従事』-『(ロ)七月中ノ2sd艦隊区分』
  34. ^ 昭和17年7月31日(発令7月30日付)海軍辞令公報(部内限)第908号 p.11』 アジア歴史資料センター Ref.C13072086400 
  35. ^ 昭和17年8月15日(発令8月15日付)海軍辞令公報(部内限)第921号 p.18』 アジア歴史資料センター Ref.C13072086600 
  36. ^ #S1708二水戦日誌(1)p.5『(三)24dg(山風缺) 自八月一日至八月七日 前月ニ引續キ甲掃蕩隊トシテ敵潜相当作戰竝ニ主要艦船護衛任務ニ従事 自八月七日至八月十日 出撃準備 八月十一日横須賀出撃前進部隊本隊ト合同十七日「トラック」着 自八月十七日至八月三十一日「カ」號作戰部隊トシテ「ガダルカナル」奪還作戰ニ従事』
  37. ^ a b #S1708二水戦日誌(6)p.11『十一(天候略)(イ)〇七〇〇江風ハ前進部隊電令作第二〇號ニ依リ9dgト行動ヲ共ニシ前進部隊本隊ト合同ノ爲横須賀發/(ロ)一〇〇〇2sd(24dg 1D/15dg及早潮缺)ハ一木支隊護衛ニ関スル協定ノ爲「トラック」ニ向ケ横須賀發速力十九節 一一〇〇速力二十一節/(ハ)一三〇〇24dg(江風山風缺)ハ(司令官)11sfノ指揮下ニ入リ千歳ヲ護衛シ横須賀發(以下略)』
  38. ^ #S1709八艦隊日誌(1)p.19『八月二十一日一木先遣支隊ハ飛行場占領ヲ決行セルモ相當ノ損害ヲ蒙リ目的ヲ達セズ』
  39. ^ #叢書49南東方面519-520頁
  40. ^ #S1708二水戦日誌(6)pp.18-19『十七(天候略)三.一五〇〇24dg(山風缺)第二梯団ニ合同ノ爲「トラック」發』-『十八(天候略)二.一三〇〇24dg(山風缺)第二梯団ニ合同24dg(山風缺)文書受取ノ爲神通ニ接艦』
  41. ^ a b c d e #叢書49南東方面534-535頁『挺身隊の偵察攻撃』
  42. ^ #S1708外南洋増援部隊(1)p.13『(11)八月二十日1420外南洋部隊電令作第四〇號ニ依リ江風ハ陽炎ト交代ノ爲「ガダルカナル」方面ニ進出ス』
  43. ^ #S1709八艦隊日誌(1)p.19『八月二十二日江風「ガダルカナル」ニ突入駆逐艦一隻ヲ轟沈ス』
  44. ^ #S1709八艦隊日誌(1)p.19『八月二十三日二十四日夫々陽炎及睦月彌生江風磯風「ガダルカナル」ヲ砲撃ス敵ハ我ガ偵察ノ間隙ヲ窺ヒ輸送船及駆逐艦ヲ以テ「ルンガロード」海岸ヨリ補給ヲ行フ』
  45. ^ a b #叢書49南東方面586-588頁『金龍丸及び「睦月」の沈没』
  46. ^ a b c #S1709八艦隊日誌(1)pp.19-20『八月二十五日鳥海第六戰隊及由良水偵五機ヲ以テ「ガダルカナル」ノ夜間爆撃ヲ實施ス 増援部隊ハ「ガダルカナル」ノ北方一五〇浬附近ニ於テ敵機ノ空襲ヲ受ケ金龍丸神通被弾金龍丸ハ沈没スルニ至レリ梯団ハ北方ヘ避退ス 一木川口支隊ノ輸送ハ低速ノ船團ニヨル事ヲ中止シ軽快艦艇ヲ以テ逐次「ガダルカナル」ニ輸送シ基地航空部隊ハ空襲ヲ晝夜反覆スル事ニ協定ナル』
  47. ^ #S1709八艦隊日誌(1)p.20『第二水雷戰隊ハ陽炎ニ将旗ヲ移揚ス』
  48. ^ a b c d #叢書49南東方面589-590頁『輸送方式の転換』
  49. ^ #S1709二水戦日誌(1)p.4『(三)24dg 自九月一日至九月二十八日 外南洋部隊トシテ「ガダルカナル」奪還作戰ニ従事 爾後「トラック」ニ在リテ次期作戰準備竝ニ待機』
  50. ^ a b c d #叢書83ガ島戦28-29頁『八月二十九日』
  51. ^ #叢書83ガ島戦23-24頁『外南洋部隊の増援輸送計画』
  52. ^ a b c d #叢書83ガ島戦24-28頁『第一次輸送の挫折』
  53. ^ #S1709八艦隊日誌(1)p.21『八月二十八日一木川口支隊ノ第一回増援隊ハ警戒部隊ニ分乗發進シタル所敵機ノ空襲ニ依リ一木支隊増援部隊ノ乗艦セル第二〇駆逐隊ハ朝霧沈没夕霧白雲大破ス此ノ状況ヲ見テ第二十四駆逐隊ハ輸送ヲ断念引返セリ』
  54. ^ #S1708外南洋増援部隊(1)p.9『八月二十九日|一木支隊川口支隊|約750名|24dg(凉風缺)11dg(叢雲缺)|隻数5』
  55. ^ #高松宮日記4巻496-497頁
  56. ^ a b c d #叢書83ガ島戦31-33頁『増援部隊指揮官の更迭』
  57. ^ a b #S1709八艦隊日誌(1)pp.21-22『八月三十一日第二十四駆逐隊第十一駆逐隊(叢雲缺)陸軍増援部隊ヲ「タイボ」ニ揚陸ス 増援部隊ノ指揮ヲ三水戰司令官 二水戰司令官ヨリ引継グ「ラビ」作戰ハ呉三特増援後モ好轉ヲ見ズ他方「ココホ」ニ上陸セン佐五特ノ消息不明ナシリ所戰斗機隊ノ報告ニ依リ飛行場北西山麓ニ進出シアルヤニ判断シ得ルニ至レリ』
  58. ^ a b #叢書83ガ島戦34頁『八月三十一日』
  59. ^ #S1708外南洋増援部隊(1)p.9『八月三十一日|川口支隊|約1200名|24dg陽炎11dg(叢雲缺)天霧|隻数8|本揚陸部隊ハ増援部隊ノ指揮ヲ3sd司令官ニ引継グト同時ニ「ショートランド」ヲ出撃セシメタリ』
  60. ^ a b 昭和17年9月2日(発令9月2日付)海軍辞令公報(部内限)第935号 p.20』 アジア歴史資料センター Ref.C13072086800 
  61. ^ a b 昭和17年9月3日(発令9月3日付)海軍辞令公報(部内限)第936号 p.24』 アジア歴史資料センター Ref.C13072086800 
  62. ^ a b c d #叢書83ガ島戦53-55頁『九月四日』
  63. ^ #叢書83ガ島戦56-58頁『川口支隊の舟艇機動』
  64. ^ #S1709八艦隊日誌(2p.8『第二十四駆逐隊山陽丸夕立|九-五|GF電令作第264號ニ依リ外南洋部隊ヘ編入』
  65. ^ #S1709八艦隊日誌(2p.15『第二十四駆叢雲初雪|九月七日|野砲4、速射砲2、陸兵161、海軍第一派遣通信隊}輸送「カミンボ」ニ揚陸ス 大發曳航ヲ試ミシモ成功セズ』
  66. ^ a b c d e #叢書83ガ島戦59頁『九月七日』
  67. ^ 昭和18年1月6日(発令1月6日付)海軍辞令公報(部内限)第1025号 p.6』 アジア歴史資料センター Ref.C13072089000 
  68. ^ 昭和18年3月15日(発令3月15日付)海軍辞令公報(部内限)第1069号 p.7』 アジア歴史資料センター Ref.C13072090000 
  69. ^ 昭和18年4月1日(発令4月1日付)海軍辞令公報(部内限)第1085号 p.12』 アジア歴史資料センター Ref.C13072090400 
  70. ^ 昭和18年5月20日(発令5月20日付)海軍辞令公報(部内限)第1120号 p.39』 アジア歴史資料センター Ref.C13072091000 
  71. ^ #S1709八艦隊日誌(2p.15『第二十四駆|九月九日|敵輸送船6 RXB東側ニ在リトノ報ニ依リ出撃哨戒艇一隻砲撃大破』
  72. ^ a b c #叢書83ガ島戦102-103頁『青葉支隊第二次輸送と外南洋部隊の出撃』
  73. ^ #S1709八艦隊日誌(2p.15『第二十四駆(凉風缺)夕立|九月十一日|陸軍青葉支隊(630名)ヲ「カミンボ」ニ揚陸ス』
  74. ^ a b c #叢書83ガ島戦103-104頁『奇襲隊のガ島敵陣地砲撃』
  75. ^ #S1709八艦隊日誌(2p.15『第二十四駆(凉風缺)浦波叢雲夕立|九月十三日2100ヨリ2200|「ルンガ」岬ヲ砲撃敵艦船ヲ認メズ』
  76. ^ a b c d e #叢書83ガ島戦104-106頁『青葉支隊第三次輸送』
  77. ^ #S1709八艦隊日誌(2p.16『第二十四駆(凉風缺)第十九駆(磯波綾波缺)|九月十五日0040|聯隊砲6、速射砲4、陸兵1116、弾薬糧秣ヲ揚陸』
  78. ^ a b c #叢書83ガ島戦137-138頁『十六日〜十九日』
  79. ^ #S1709八艦隊日誌(2p.16『第二十四駆嵐|九月十八日|野砲4、陸兵170、弾薬糧秣「カミンボ」ヘ揚陸』
  80. ^ a b c #叢書83ガ島戦141-142頁『二十日〜二十四日』
  81. ^ #S1709八艦隊日誌(2p.16『第二十四駆浦風|九月二十四日|「カミンボ」ヘ揚陸セントセシモ敵機ノ妨害大ニシテ中止ス』
  82. ^ #S1709二水戦日誌(1)pp.44-45『24dg司令(宛略)九月二十四日夜「カラオザンワ」ニ於ケル敵機銃爆撃ニ依ル被害状況左ノ通但シ各艦共全力發揮ニ差支ナシ 一.海風至近弾ニ依リ(イ)前部主砲及艦橋前部小破口無數機械室左舷小破口/(ロ)錨鎖庫第一運用科倉庫?浸水/(ハ)一番砲塔使用不能/(二)射撃方位場盤旋回困難/(ホ)戦死下士官兵各1、負傷下士官兵7 二.江風 大發沈没凉風大發使用不能 三.浦風至近弾ニ依リ(イ)右舷前部小破口揚錨機使用不能/(ロ)戦死下士官兵1負傷下士官兵5/(ハ)大發曳索切断』
  83. ^ #S1709八艦隊日誌(2p.10『第十七駆第二十四駆|九-二六|外南洋部隊ヨリ除カル』
  84. ^ #S1709二水戦日誌(1)p.3『(一)2sd(dg缺) (中略)九月二十五日附神通呉鎮部隊ニ、五十鈴2sdニ夫々編入 九月二十六日旗艦ヲ神通ヨリ五十鈴ニ變更「カ」號作戰支援部隊トシテ「トラック」ニ待機』
  85. ^ #S1709二水戦日誌(2)p.56『四.参考 麾下艦船部隊ノ行動』
  86. ^ #S1709二水戦日誌(1)pp.83-84『二十八日(天候略)三.一〇四五海風「トラック」着玄洋丸ニ横付補給/四.一四三〇涼風「トラック」着玄洋丸ニ横付補給』-『二十九日(天候略)四.〇七〇〇海風修理ノ爲明石ニ横付/五.〇八〇〇江風「トラック」着』
  87. ^ #S1709二水戦日誌(5)p.5『(四)24dg 自十月一日至十月十日「トラック」ニ於テ待機、次期作戦準備竝ニ泊地警戒任務ニ従事』
  88. ^ #叢書83ガ島戦211頁『進撃』
  89. ^ #叢書83ガ島戦213-214頁『射撃の実施』
  90. ^ #叢書83ガ島戦215頁
  91. ^ #戦史叢書83ガ島戦220-221頁『船団の揚陸』
  92. ^ #S1709二水戦日誌(5)p.5『(四)24dg  自十月十一日至十月三十一日 前進部隊挺身攻撃隊トシテ「ガ」島砲撃作戦竝ニ「ガ」島敵増援部隊敵艦隊ノ補足撃滅作戦ニ従事』
  93. ^ a b #叢書83ガ島戦349-350頁
  94. ^ #S1711二水戦日誌(1)p.6『(ホ)24dg 自十一月一日至十一月二日「トラック」ニ在リテ整備竝ニ次期作戦準備 自十一月三日至十一月十五日外南洋部隊増援部隊トシテ輸送船護衛揚陸掩護竝ニ増援輸送作戦ニ従事』
  95. ^ #S1711二水戦日誌(4)p.7『(四)十一月六日外南洋部隊電令作第218號ニ依リ2sdハ増援部隊ニ編入、4sd(d×4)8dg(d×1缺)望月當隊ノ指揮下ニ入ル』
  96. ^ a b #叢書83ガ島戦350-351頁『七日の輸送』
  97. ^ #S1709八艦隊日誌(3)p.20『15dg(d×1缺)31dg 24dg 10dg(d×2缺)|11-7|「タサハロング」及「エスペランス」ニ弾薬糧秣ヲ揚陸ス』
  98. ^ #S1709二水戦日誌(5)pp.15-16『15dg司令(宛略)戦斗概報 一.15dg(黒潮缺)31dg24dg10dg(巻雲秋雲缺)は「ガ」島ヘ糧食輸送ノ爲六日2300「ショートランド」出撃迂回航路ヲトル 當時雲量10雲高低ク濃密ナル「スコール」屢〃アリシモ0810 B-17一機次デ1310敵艦爆二機ノ触接ヲ受ケ1530地点「ケミヌ46」ニ於テ敵中小型機二〇數機来襲セリ上空直衛中ノ味方水上機一〇機ト協力1610撃退セリ 被害長波下士官兵戦死3重傷7(陸兵1)一番砲塔旋回機電路2粁信號灯2號発電機故障18及23番重油「タンク」貫通漏洩全力發揮差支ナシ 高波軽傷1/二.「タサハロング」揚陸隊ハ2045泊地ニ進入小發ノ故障多ク約八割揚陸傷病者90及陸軍便乗者76収容0020皈途ニ就ク 「エスペランス」ハ全部揚陸2100ヨリ敵機二常ニ泊地附近上空ニ在リシモ天候極メテ不良ノ爲發見サレズ』
  99. ^ a b #叢書83ガ島戦379-381頁『第二次輸送船団の被爆』
  100. ^ a b #S1709八艦隊日誌(3)p.21『輸送船團|11-14 11-15|輸送船團ハ〇五五〇ヨリ一五三〇ノ間連續的爆撃ニ依リ七隻沈没又ハ落伍シ四隻ハ十五日〇二〇〇「タサハロング」ニ擱座揚陸ヲ開始セシモ〇六〇〇以後敵ノ陸上砲台爆撃及ビ艦砲射撃ニ依リ〇八四五全部火災ヲ生ズルニ至レリ(以下略)』
  101. ^ #S1711二水戦日誌(1)pp.22-23『十五日2255増援部隊指揮官(宛略)戦斗概報第一號 一.増援部隊(黒潮缺)十二日1530船団(十一隻)ヲ護衛「ショートランド」出撃Z日ヲ十四ニ改メラレタルヲ以テ十三日0300反転一旦「ショートランド」ニ皈着1030親潮巻波地点「ケナホ31」ニ於テ飛行機誘導ノ下敵潜ニ對シ共同爆雷攻撃ヲ行フ効果不明同日1530再出撃十四日0555ヨリ1530迄ノ間ニ敵艦爆69雷撃機7戦斗機8B-17 22計106機ノ銃雷爆撃(内大集団爆撃二回)ヲ受ケ輸送船4隻火災1隻傾斜(雷撃)佐渡丸航行ノ自由ヲ失ヒシヲ以テ駆逐艦7隻ヲシテ各乗員及陸兵ヲ救助天霧望月佐渡丸ヲ嚮導「ショートランド」ニ回航セシメ爾後ノ輸送船4隻ヲ護衛「ガ」島ニ航進中敵巡4駆逐艦2同方面北上中ノ報ニ接シ一時船団ヲ北西方ニ避退セシメタルモ1615再ビ反転「ガ」島ニ向フ 1730敵部隊「サボ」島西方ニ向ケ国情中ナルヲ知リ船團ヲ北東方ヨリ4Sノ行動ニ續行入泊セシムル如ク行動2200頃「サボ」島附近ニ於テ彼我交戦中命ニ依リ船団ハ一時北方ニ避退戦斗終了後更ニ反転0200船団(四隻)ヲ「タサハロング」ニ擱座揚陸セシメ0230駆逐艦9隻ヲ率ヒ北方ニ避退セリ/二.夜戦ニ関シテハ戦斗速報ノ通/三.戦果 親潮高波巻波各敵機1ヲ撃墜 親潮敵戦艦(「ノースカロライナ」型)ニ魚雷1命中我ニ被害ナシ』
  102. ^ a b #叢書83ガ島戦397-398頁『第二次輸送船団の壊滅』
  103. ^ a b c #叢書83ガ島戦413-414頁『連合軍のブナ上陸と南東方面部隊の対策』
  104. ^ #S1711二水戦日誌(3)p.7『四.参考 麾下艦船部隊ノ行動』-p.34『十六(天候略)六.一六四五外南洋部隊信電令作第二三〇號ニ依リ8dg(荒潮満潮缺)及24dg(涼風缺)ヲ「ラボール」ニ急派セシム』
  105. ^ #S1709八艦隊日誌(3)p.23『8dg(満潮荒潮缺)鴻鵯24dg(涼風缺)|11-18|8dg.24dgハ「ブナ」第二増援軍ヲ輸送セシモ海風被弾航行不能、鴻鵯ハ横五特(二〇〇名)ヲ「ラエ」ニ輸送ス』
  106. ^ a b #叢書83ガ島戦418-419頁『聯合艦隊司令部の作戦指導』
  107. ^ #S1709八艦隊日誌(3)p.24『十一月十八日海風「ブイ」沖ニ於テ被弾航行不能トナル』
  108. ^ #S1709八艦隊日誌(3)p.32『11.18|8dg(大潮朝潮)、24dg(江風海風)|陸軍500名弾薬糧食|バサブア|揚陸中敵B-17ト交戦作業ヲ打切リ引揚グ海風大破江風中破荒潮小破ス海風ハ「ラバウル」ニ曳航ス』
  109. ^ #S1711二水戦日誌(3)pp.35-36『十七(天候略)四.24dg(涼風缺)ハ8dg司令指揮ノ下ニ陸軍増援部隊ヲ乗艦二四〇〇「ラボール」發「バサブア」ニ向フ』-『十八日(天候略)三.8dg(満潮荒潮缺)24dg(涼風缺)一七〇〇「バサブア」着揚陸作業中「敵機来襲」海風江風被弾ニ依リ損傷 海風ハ朝潮曳航江風單独「ラボール」ニ向ケ避退ス/四.涼風ハ鳥海艦長ノ指揮ヲ受ケ鳥海ヲ護衛シ「トラック」ニ向フ』
  110. ^ #S1711二水戦日誌(3)pp.36-37『十九(天候略)一.一〇〇〇親潮陽炎 海風救援ノ爲「ラボール」發』
  111. ^ #S1711二水戦日誌(1)p.6『(ホ)24dg(略)海風ハ十一月二十三日外南洋部隊附属ニ編入セラレ「ラバウル」ニ於テ應急修理』
  112. ^ #S1712外南洋部隊詳報(1)p.7『四.二水戰各隊(艦)行動要覧(斜線部航海中)』
  113. ^ #S1712外南洋部隊詳報(1)p.28『二八(天候略)四.〇九三五海風トラック着』-『三〇(天候略)四.一三〇〇海風横須賀ニ向ケトラック發』
  114. ^ #S1712外南洋部隊詳報(1)p.4『(ホ)第二十四驅逐隊 海風ハ「ラバウル」ニ在リテ修理中二十六日外南洋部隊ヨリ前進部隊ニ復歸同日「ラバウル」發二十八日「トラック」着三十日摩耶ヲ護衛シ横須賀ニ向ケ「トラック」發』
  115. ^ 昭和17年12月31日(発令12月29日付)海軍辞令公報(部内限)第1022号 p.12』 アジア歴史資料センター Ref.C13072088700 
  116. ^ #S1712外南洋部隊詳報(1)p.9『司令官|少将|田中頼三(小柳冨次)|三十日交代』
  117. ^ #S1801二水戦日誌(1)p.6『(ホ)第二十四驅逐隊 江風ハ「ショートランド」方面ニ在リテ醍醐寺(二日三日)第六次(十日十一日)「ガ」島輸送作戰ニ従事後引續キ外南洋部隊ニ残留シ同方面作戰ニ従事/涼風ハ第五次(二日三日)「ガ」島輸送作戰ニ従事中空爆ニ依リ損傷六日前進部隊ニ復皈同本隊ニ編入同日以後「ラバウル」ニテ修理十六日同地發二十一日「トラック」着/海風ハ六日横須賀着同日同發九日佐世保着修理ニ従事』
  118. ^ #S1801二水戦日誌(1) p.11『司令官|少将|小柳冨次|二十三日退隊|(伊崎俊二)|三十日着任』
  119. ^ 昭和18年1月25日(発令1月21日付)海軍辞令公報(部内限)第1040号 p.14』 アジア歴史資料センター Ref.C13072089500 
  120. ^ #S1801二水戦日誌(1)p.10『四.第二水雷戰隊各隊(艦)行動要覧(斜線部航海中)』
  121. ^ a b c 昭和18年2月13日(発令2月10日付)海軍辞令公報(部内限)第1052号 p.9』 アジア歴史資料センター Ref.C13072089700 
  122. ^ a b 昭和18年2月24日(発令2月23日付)海軍辞令公報(部内限)第1058号 p.12』 アジア歴史資料センター Ref.C13072089800 
  123. ^ a b #S1801二水戦日誌(3) pp.4-5『(二)第二十四驅逐隊 涼風一月三十一日「トラック」發前進部隊警戒隊トシテ「ケ」號作戰ニ参加補給隊ノ警衛ニ従事シ二月十日「トラック」皈着十二日同地發「サイパン」経由十八日佐世保歸着修理ニ従事/江風外南洋部隊増援部隊トシテ第一次第二次「ガ」島撤収作戰ニ従事七日磯風(第三次撤収作戰時損傷)ノ護衛ニ任ジ九日「ショートランド」西口外ニテ東運丸ト觸衝損傷「ラバウル」ニテ修理ニ従事/海風引續キ佐世保ニ於テ修理ニ従事二十五日佐世保發二十七日清波ト共ニ盤谷丸西貢丸ヲ護衛シ「トラック」ニ向ケ横須賀發』
  124. ^ #S1801二水戦日誌(3)p.65『24dg司令|二十四日一三四七(宛略)當隊司令駆逐艦ヲ涼風ヨリ海風ニ変更ス 艦船番號ヲ左ノ通改ム 一番艦海風 二番艦涼風 三番艦江風』
  125. ^ #S1801二水戦日誌(3)p.4『(ハ)第三十一驅逐隊(略)長波引續キ「トラック」ニ在リテ修理及訓練ニ従事/清波二十五日附第三十一駆逐隊ニ編入二十七日海風ト共ニ盤谷丸西貢丸ヲ護衛シ「トラック」ニ向ケ横須賀發』
  126. ^ #S1801二水戦日誌(3)p.24『二八(天候略)一.〇九三〇海風(司令24dg)清波盤谷丸西貢丸ヲ護衛シ「トラック」ニ向ケ横須賀發/二.一三〇〇大波萩風ト共ニ冲鷹ヲ護衛シ「トラック」ニ向ケ横須賀發』
  127. ^ #S1801二水戦日誌(4)p.11『六(天候略)一.一〇〇〇江風「トラック」着修理ニ従事』
  128. ^ #S1801二水戦日誌(4)p.7『四.行動要覧(斜線部航海中)』
  129. ^ #S1801二水戦日誌(4)p.5『二月二八日 三月八日|海風(司令24dg)清波|盤谷丸西貢丸|横須賀-「トラック」』
  130. ^ #S1801二水戦日誌(4)p.5『三月二一日 三月二七日|江風|香取日枝丸筑紫|「トラック」-横須賀』
  131. ^ #S1801二水戦日誌(4)p.6『三月二三日 三月二四日|海風(司令24dg)|日榮丸|礁外二〇〇浬-「トラック」』
  132. ^ #S1801二水戦日誌(4)pp.16-17『二三(天候略)一.〇七〇〇海風(司令24dg)「トラック」發』-『二四(天候略)一.一五三〇海風「トラック」着(環礁外約二〇〇浬ヨリ日榮丸護衛)』
  133. ^ #S1801二水戦日誌(4)pp.17-18『二六(天候略)一.一三四五清波「トラック」發/二.2sd(神通海風)環礁内出動訓練(〇七一五出港二〇〇〇入港)對空射撃 神通機銃第一期残弾全部 海風主砲一門時常三 機銃一銃一五/夜間射撃 神通主砲一艦照明五常八 海風主砲一艦常一三/静的發射 神通海風各二本』
  134. ^ #S1801二水戦日誌(5)p.4『(二)第二十四驅逐隊 海風(司令24dg)ハ上旬「トラック」ニ在リテ警戒待機訓練並ニ整備ニ従事 自十二日至二十一日前進部隊指揮官直率ノ下ニ「トラック」周辺敵潜掃蕩作戰ニ従事 二十四日外南洋部隊増援部隊ニ編入主トシテ「ムンダ」輸送作戰ニ従事 江風涼風ハ佐世保ニ在リテ修理ニ従事』
  135. ^ #S1801二水戦日誌(5)p.6『四月二日 同三日|海風|國洋丸|礁外→「トラック」』
  136. ^ #S1801二水戦日誌(5)p.6『四月一六日 同一八日|海風|健洋丸|礁外→「トラック」』
  137. ^ #S1801二水戦日誌(5)p.8『四.行動要覧(斜線部航海中)』
  138. ^ #S1801二水戦日誌(5)p.7『「トラック」周辺敵潜掃蕩作戰|四月一二日 同二一日|15dg海風|前進部隊指揮官直率ノ下ニ実施/四月一一日 同一三日|清波|清波北水道外ニテ敵潜ヲ發見攻撃セルモ効果不確実|清波南洋部隊編入中』
  139. ^ #S1801二水戦日誌(5)pp.23-24『2F司令長官|四月一二日一九一五(宛略)GF電令作第五六號 AdBニ依ル敵潜掃蕩作戰要領左ノ通 一.掃蕩期間四月十二日ヨリ約十日間/二.掃蕩方針驅逐艦飛行機ヲ以テ要点ノ哨戒ヲ厳ニスルト共ニ爲シ得ル限リ附近ヲ通過スル船團ノ護衛ニ協力敵潜ヲ發見次第執拗且徹底的攻撃必沈ヲ期ス/三.掃蕩部隊ノ編制(指揮官 兵力 並ニ掃蕩要領) (イ)對潜掃蕩隊(直率)/(ロ)第一掃蕩隊(61dg司令 涼月海風夕暮)二隻ヲ以テ「トラック」西方叢島附近(概ネ「トラック」ン三〇〇浬圏内)一隻ヲ以テ「ナモチック」島附近敵潜掃蕩(以下略)』
  140. ^ #S1801二水戦日誌(5)p.17『二四(天候略)一.15dg(d×3)24dg(海風)南東方面部隊(外南洋部隊)ニ編入/二.一三〇〇15dg「ラバウル」ニ向ケ「トラック」發/三.一五〇〇15dg對空教練射撃/四.〇七三〇巻波舞鶴着』
  141. ^ a b c d e #陽炎型(2014)172-174頁(原文では萩風と江風だが、海風の誤記)
  142. ^ #S1801二水戦日誌(5)p.18『二五(天候略)一.〇七三〇4dg(萩風)24dg(海風)國川丸淀川丸ヲ護衛シ「ラバウル」ニ向ケ「トラック」發/二.長波潮時雨有明ト共ニ冲鷹雲鷹ヲ護衛シ「トラック」ニ向ケ横須賀發/三.一一三〇清波「トラック」着/四.「モートロック」見張所敵潜水艦ヨリ十数發ノ砲撃ヲ受ク』
  143. ^ #S1801二水戦日誌(5)p.6『四月二五日 同二八日|海風|國川丸淀川丸|「トラック」→「ラバウル」|海風外南洋部隊編入中』
  144. ^ #S1801二水戦日誌(5)pp.18-19『二八(天候略)一.〇九三〇清波河北丸第十八眞盛丸ヲ護衛シ「ラバウル」ニ向ケ「トラック」発/二.〇五〇〇海風「ラバウル」着/三.二〇〇〇15dg「ラバウル」發』
  145. ^ #S1801二水戦日誌(5)p.7『第一次「ムンダ」輸送|四月二八日 同三〇日|15dg|15dg海風外南洋部隊増援部隊編入中/第二次「ムンダ」輸送|四月二九日 五月一日|海風|〃』
  146. ^ #S1801二水戦日誌(5)p.19『二九(天候略)一.15dg第一次「ムンダ」輸送ノ爲一七〇〇「ショウトランド」發/二.萩風海風「ラバウル」發』-『三〇(天候略)一.〇八〇〇長波「トラック」着/二.一五二〇大波(司令31dg)礁外敵潜掃蕩ノ爲出撃/三.〇一〇〇15dg「コロンバンガラ」發〇六〇〇「ショウトランド」着/四.萩風海風第二次「ムンダ」輸送ノ爲一八〇〇「ショートランド」發二三〇〇「コロンバンガラ」着』
  147. ^ #S1801二水戦日誌(5)pp.49-50『4dg司令|一日〇九二二(宛略)コロンバンガラ第二次輸送ハ敵ノ妨害ナク概ネ予定通実施(二三〇〇入泊〇一〇〇?)セシモ萩風ニ於テ糧食約二噸陸揚未済ナリ萩風搭載中ノ大發ハ在「コロンバンガラ」横七特ニ渡シ置ケリ 後送者海軍二六名陸軍二二八名』
  148. ^ #S1801二水戦日誌(6)p.7『(ロ)輸送 |第三次「コロンバンガラ」輸送|五月三日 五月四日|15dg|15dg海風外南洋部隊編入中/第四次 〃 〃|五月四日 五月五日|海風(司令24dg)萩風(司令4dg)|第五次 〃 〃 |五月七日 五月八日|15dg』
  149. ^ #S1801二水戦日誌(6)p.3『(ロ)第十五驅逐隊 外南洋部隊増援部隊ニ属シ「コロンバンガラ」輸送ニ従事中八日触雷(推定)三艦共沈没』
  150. ^ #陽炎型(2014)177-181頁『一瞬にして沈んだ黒潮悲し』
  151. ^ #S1801二水戦日誌(6)p.8『二.麾下總員数(略)右ノ内15dg沈没ニ際シ戰死行方不明者准士官以上九、下士官兵一八三』
  152. ^ #S1801二水戦日誌(6)p.4『(二)第二十四驅逐隊 海風(司令24dg)ハ上旬外南洋部隊増援部隊ニ属シ「コロンバンガラ」輸送ニ従事十日前進部隊ニ復皈同日「ラバウル」發十二日「トラック」着十七日主隊編入同地發二十二日横須賀着前進部隊ニ復皈二十四日同地發二十九日「トラック着 江風涼風ハ佐世保ニ在リテ修理ニ従事江風二十七日「トラック」ニ向ケ佐世保發』
  153. ^ #S1801二水戦日誌(6)p.9『行動要覧(斜線部航海中)』
  154. ^ #S1801二水戦日誌(6)p.22『8F司令長官|一一日〇三二一24dg司令|機密SNB訓示第二五號 24dg(海風)ハ當部隊編入期間重要ナル「ソロモン」諸島方面輸送作戰ニ従事シ寧日ナキ奮闘努力ニ依リ克ク作戰目的ヲ達成シ武勲大ナリ茲ニ本職ノ作戰指揮ヲ解カルルニ當リ司令以下乗員一同ノ勞苦ヲ多トシ併セテ武運ノ長久ヲ祈ル』
  155. ^ #武藏上141頁
  156. ^ #叢書29北東方面529頁『アッツ島における状況』
  157. ^ a b c #叢書29北東方面550-551頁『聯合艦隊司令部等の作戦指導と機動部隊等の状況』
  158. ^ #S1801二水戦日誌(6)p.14『一七(天候略)一.一〇〇〇武藏3S 8S 2sf(飛鷹)横須賀ニ向ケ「トラック」發61dg(d×2)27dg(d×2)24dg〇七〇〇出港右護衛ニ任ズ海風本日附主隊編入』
  159. ^ #武藏上142頁
  160. ^ #S1801二水戦日誌(6)p.6『五月十七日 五月二二日|海風|武藏 3S 8S 2sf(隼鷹欠)|「トラック」→横須賀|海風主隊編入中』
  161. ^ #武藏上143-144頁
  162. ^ #S1801二水戦日誌(6)p.15『二四(天候略)一.一〇〇〇海風(司令24dg)潮 雲鷹冲鷹鹿島筑紫ヲ護衛「トラック」ニ向ケ横須賀發』
  163. ^ #S1801二水戦日誌(6)p.6『五月二四日 五月二九日|海風|冲鷹雲鷹鹿島筑紫|横須賀→「トラック」』
  164. ^ #S1801二水戦日誌(6)p.6『五月三一日 六月一日|海風|玄洋丸|「トラック」→礁外』
  165. ^ 昭和18年7月10日(発令7月8日付)海軍辞令公報(部内限)第1069号 p.11』 アジア歴史資料センター Ref.C13072092100 
  166. ^ 昭和18年8月21日(発令8月20日付)海軍辞令公報(部内限)第1196号 p.2』 アジア歴史資料センター Ref.C13072092600 
  167. ^ a b #S1806二水戦日誌(1)pp.26-27『(一)4sd兵力ノ2sd編入竝ニ旗艦ノ変更 2sd旗艦(神通)7月12日夜「ソロモン」海域ニ於テ有力ナル敵ト交戦敵ニ大ナル損害ヲ與ヘタル後壮烈ナル最後ヲ遂ゲ司令官以下司令部全員及ビ神通艦長以下乗員ノ大部壮烈ナル戦死ヲ遂グルニ至リ(略)七月二十日舊4sd(十九日附解隊)兵力(長良27dg五月雨)ヲ2sdニ編入旗艦ヲ長良ニ指定セラレ、又4sd司令官高間少将以下職員全部2sd職員ニ転捕セラレ同日将旗ヲ長良ニ掲揚ス、舊4sd司令部附ハ其ノ儘長良ニ乗艦引続キ2sd司令部ノ事務ヲ執ラシム』
  168. ^ a b 昭和18年7月20日(発令7月20日付)海軍辞令公報(部内限)第1174号 p.6』 アジア歴史資料センター Ref.C13072092200 
  169. ^ #S1806二水戦日誌(1)p.33『(六)艦隊編制 聯合艦隊第二艦隊第二水雷戰隊 七月二十日』
  170. ^ #S1806二水戦日誌(1)p.29『(3)海風 AdBニ編入中ニシテ七月十九日雲鷹冲鷹(横須賀回航)ノ護衛ニ任ジ「トラック」發二十五日佐世保着爾後同地ニテ入渠修理ニ従事』
  171. ^ #S1806二水戦日誌(1)p.54『二十八日二〇二五海風(宛略)海風機密第二八一五〇〇番電 本日ノ再打合ニ依リ電波探信儀ハ探信儀室ノミ新設兵器ハ「トラック」ニ於テ装備ノコトトナリ完成期日ハ八月十日ニ変更セラル工事ハ海風機密第〇八〇八三〇番電通八月十一日出撃可能ノ予定』
  172. ^ #S1806二水戦日誌(2)pp.5-6『江風 NTBニ編入中ニシテ前月三十日「トラック」発今月一日「ラバウル」着爾後同方面作戦行動中ノ處八月六日夜4dg(萩風嵐)27dg(時雨)ト共ニ陸兵「コロンバンガラ」輸送任務中敵巡洋艦二以上駆逐艦三及飛行機、魚雷艇多数ノ包囲攻撃ヲ受ケ4dg(萩風嵐)ト共ニ「コロンバンガラ」島「ショルダーヒル」ノ三一〇度十九浬附近ニテ遭難沈没ス』
  173. ^ #内令昭和18年10月(4)p.8『内令第二千百五十九號 驅逐隊編制中左ノ通改定セラル 昭和十八年十月十五日 海軍大臣 嶋田繁太郎|第四驅逐隊ノ項中「嵐、萩風、」ヲ、第十一驅逐隊ノ項中「初雪、」ヲ、第二十四驅逐隊ノ項中「江風、」ヲ、第二十七驅逐隊ノ項中「有明、夕暮」ヲ、第三十驅逐隊ノ項中「三日月、」ヲ、第三十一驅逐隊ノ項中「、清波」ヲ削ル』
  174. ^ a b #S1806二水戦日誌(2)p.5『海風(AdB十五日以後YBニ編入)ハ前月二十五日以降佐廠ニテ入渠修理中ノ處八月十五日完成十六日佐世保發十六日内海ニテ主力部隊ニ合同「トラック」ニ進出二十三日「トラック着司令驅逐艦トナル二十五日24dg(海風涼風)ハ14S(那珂)高雄ト共ニ「トラック」至「ラバウル」同増援部隊輸送ノ爲「トラック」出撃二十七日「ラバウル」着揚陸後即日同發二十九日「トラック」ニ歸投ス』
  175. ^ #S1806二水戦日誌(2)pp.3-4『(二)能代ノ2sd編入(旗艦豫定)及長良ノ8F編入豫定ニ關聯長良ハ急速内地ニ回航修理ノ事トナリ九日「トラック」發十四日呉着 十五日附能代2sd編入ニ依リ同日旗艦變更』
  176. ^ #S1806二水戦日誌(2)p.51『一七日〇六〇〇(長官)2F(宛略)2F機密第一六二三二一番電 「トラツク」回航ニ關スル機密AdB命令要旨 一.第二軍隊區分(主力部隊ト合同後)區分指揮官兵力ノ順 主隊直率4S(摩耶缺)大鷹警戒隊(司令官)2sd 2sd(能代)24dg(涼風海風)秋雲(以下略)』
  177. ^ #S1806二水戦日誌(2)p.4『(三)2sd(能代)ハ十六日主力部隊(長官1F直率)ノ指揮下ニ入リ主力部隊ノ警戒隊(司令官2sd、2sd(能代)初風天津風)トナリ十六日呉出撃八島假泊(海風ト合同佐鎮五特、便乗者一部移載)十七日假泊發十八日一一〇〇(長官)2F直率部隊(24dg(涼風)ヲ含ム)ト合同(指揮官)YBノ麾下(YB警戒隊)トナリ二十三日「トラツク」着』
  178. ^ #S1806二水戦日誌(2)p.60『二三日一一五五(長官)1F(宛略)1F機密第二三一〇一九番電 大和長門扶桑愛宕高雄能代24dg(涼風海風)11dg(秋雲夕雲)天津風若月初風ヲ率ヒ「トラツク」着二三日〇七四五』
  179. ^ #S1806二水戦日誌(2)p.5『(三)第二十四驅逐隊 涼風(KdBニ編入中)司令驅逐艦トシテ前月下旬ヨリ横須賀ニ於テ修理中ノ處上旬完了十五日YBニ編入セラレ十七日4Sト共ニ横須賀發二十三日「トラック」着司令驅逐艦ヲ海風ニ變更』
  180. ^ a b #戦史叢書中部太平洋方面海軍作戦(2)384頁『第十四戦隊のラバウルへの緊急輸送』
  181. ^ a b #S1804十四戦隊日誌(2)p.25『当隊(五十鈴欠)ハUNB信令第一號ニ依リ高雄第二十四駆逐隊(海風凉風)ヲ率ヰ「ラボール」方面行増援隊人員物件ノ緊急輸送ニ任ジ二十五日一五三〇「トラック」発二十七日〇九〇〇「ラボール」着増援隊人員物件ヲ揚搭同日一五〇〇「ラボール」発「トラック」ニ帰還ノ途次二十八日一一五〇〇度四八分北、一四九度五三分東ニテ的敵大型機一機ノ触接ヲ受ケ之ヲ砲撃南西方ニ鯨対二十九日〇九〇〇「トラック」皈着』
  182. ^ a b c #S1806二水戦日誌(3)pp.8-9『(4)第二十四驅逐隊(海風涼風)「トラック」在泊中二日附KDB信令第一七八號ニヨリKDB前衛ニ編入二日六連船團ヲ雷撃セル敵潜掃蕩ノ爲出撃三日現場着掃蕩四日敵状ヲ得ズ掃蕩ヲ止メ五日「トラック」歸着十八日KDB信令第一九九號ニ依リ「トラツク」出撃(3S直衛)二十日「ブラウン」着警戒停泊(哨戒ニ従事)二十三日同發二十五日「トラツク」着待機訓練整備ニ従事』
  183. ^ #S1612四根日誌(4)p.16『二(日)|四九〇二(船団番號)|五(隻数)|一一五八二(總噸数)|六連、雷(護衛艦)|トラック-横須賀(直接護衛範囲)|一〇.〇(船團速力)|護衛艦六連(沈没船名)』
  184. ^ #S1806二水戦日誌(3)p.18『二日(長官)GF|二日一八〇五遊撃部隊 長門 四根司|GF信令第七一九號 一.本日一四〇二「ルクテイ」島一三〇度九浬ニ於テ船團敵潜雷撃ヲ受ケ六連及ビ輸送船一隻沈没セリ/二.YBハ速ニ驅逐艦二隻ヲ派遣シ第四根拠地隊司令官ノ指揮ヲ受ケ右潜水艦ノ掃蕩ニ任ゼシムベシ|信號』
  185. ^ #S1806二水戦日誌(3)p.13『(四)麾下艦船部隊ノ行動』
  186. ^ #S1806二水戦日誌(3)pp.91-92『一六(天候略)2sd(能代)24dg(海風涼風)〇五〇〇発/玉波二三〇〇仮泊|2sd(能代)24dg(海風涼風)「トラック」環礁内ニ於テ戦闘諸訓練実施/玉波曳的艦トシテ出動|涼風魚雷一本沈没』
  187. ^ #木俣空母503-505頁『ブラウン島へ出撃(九月)』
  188. ^ #S1806二水戦日誌(4)pp.7-8『(3)第二十四驅逐隊(海風)「トラツク」ニ在リテ待機三日海風ニ将旗揚掲礁外出動訓練中伊一六潜敵潜探知長波及10S驅逐艦ト共ニ相当攻撃四日歸着六日風早被雷撃ノ爲出撃救援七日歸着十七日以降「ブラウン」大島島方面行動大波ニ同ジ三十一日二四驅(海風涼風)伊勢外五隻護衛呉ニ向ケ「トラツク」發/涼風「トラツク」ニ在リテ待機十一日5S直衛トシテ「トラツク」發一三日「ラバウル」着即日發十五日歸着十七日以降「ブラウン」大鳥島方面行動大波ニ同ジ三十一日海風ト共ニ伊勢外五隻ヲ護衛呉ニ向ケ「トラツク」發/満潮 三十一日附二水戦 二四驅ニ編入』
  189. ^ #S1804十四戦隊日誌(4)pp.4-5『(ロ)T四號輸送部隊編成後GF信令第一七七號(GFキデ〇六一三五二(十月))ニ依リ当隊(五十鈴)初風海風ヲ指揮シ十月六日〇一四〇.一〇度三〇分北.一四六度三七分東ニ於テ敵潜ノ雷撃ヲ受ケ損傷セル風早ノ救難ニ任ズ 風早ハ六日〇一四〇以後六面ニ亘リ敵潜水艦ト交戰損傷艦ニテ砲爆雷攻撃等苦戦克ク努メシモ同日一六三〇遂ニ沈没セリ 海風ハ六日一〇三〇PT発風早遭難現場ニ先行(速力二九節)二〇四五遭難推定地点着尓後極力捜索中七日〇二〇風早内火艇及人員漂流中ヲ発見セリ(推定位置ヨリ三〇度方向約九浬偏位) 当隊(五十鈴)(六日一五三〇将旗ヲ一時五十鈴ニ移揚ス)初風ヲ率ヒ六日一六〇〇PT北水道出撃現場ニ急行ス(速力二四節)七日〇〇三〇 九度五〇分北一五〇度〇分東ニ於テ二七〇度変針風早ヲ捜索シツツ西進〇五三三海風ヲ発見〇六〇〇合同セリ漂流人員収容(海風一五四、初風九八)五十鈴ハ風早内火艇一収容〇八三〇救難作業終了歸途ニ就ク GFキデ〇七一四五八(速ニPTニ歸投出撃準備ヲ完成セヨ)及14S信電令第二號(14Sキデ〇七一六五三)ニ依リ海風初風ハPTニ先ニ先行セシム当隊(五十鈴)七日二三四五PT着』
  190. ^ #S1804十四戦隊日誌(3)p.15『(イ)(1)当隊(五十鈴)ハGF信電令第一七七號ニ依リ初風海風ヲ併セ風早救援任務ニ従事六日一五三〇「トラック」發七日二三四五「トラック」着』
  191. ^ #S1804十四戦隊日誌(3)pp.24-25『六(天候略)海風一〇三〇PT発/当隊(五十鈴)初風一六〇〇PT発|初風海風ヲ指揮下ニ入ル/風早救援将旗ヲ一時五十鈴ニ移揚』-『七(天候略)|風早救援任務(GF信令一七七号)|二三四五PT着|風早乗員漂流中ヲ収容(海風一五四.初風九八)|海風初風ノ指揮ヲ解ク/海上機動兵団編成 栗田丸朝凪甲支隊ヲ指揮下ニ入ル』
  192. ^ a b c d #木俣空母505-508頁『機動部隊の再出撃(十月)』
  193. ^ #S1806二水戦日誌(4)pp.79-80『一七(天候略)2sd(能代)31dg(大波巻波長波)24dg(海風涼風)島風〇七〇四「トラツク」発|KdB信令第二四二号ニ依リ〇七〇四「トラツク」出撃 〇八五〇 〇九四〇}礁外対潜掃蕩実施』-『一九(天候略)2sd(能代)31dg(大波巻波長波)24dg(海風涼風)島風一二四〇「ブラウン」着/玉波一二一五「トラック」着|KdB「ブラウン」ニ進出待機二十節二時間待機/玉波隼鷹雲鷹ヲ護衛「トラツク」着/32dg(早波涼波藤波)〇七三八山城ノ発見セル敵潜ラシキモノ制圧ニ向ヒタルモ的ヲ見ズ一〇四五直衛ニ就ク』
  194. ^ #S1806二水戦日誌(4)p.12『(四)麾下艦船部隊ノ行動』
  195. ^ a b #木俣空母527頁
  196. ^ #S1804十一水戦日誌(5)pp.3-4『9月26日連合艦隊機密第242131番電ニ依リ第11水雷戦隊(龍田)、第32駆逐隊(早波涼波藤波)、山城、伊勢ヲ以テ丁三號輸送部隊ヲ編成セラル(略)本職10月11日山城ニ将旗ヲ移揚シ15日1000豊後水道西掃海水道出撃20日1300「トラック」ニ進出本職将旗ヲ龍田ニ復帰ス』
  197. ^ #S1806二水戦日誌(4)p.8『(4)第三十二驅逐隊(早波涼波藤波)内海西部ニ在リテ待機整備(出撃準備)十二日宇品ニ同航丁三號輸送部隊ニ編入十三日佐伯ニ回航十五日同發二十日「トラツク」着陸軍甲支隊ヲ移載「ポナペ」ニ向ケ「トラツク」發…』
  198. ^ #内令昭和18年10月(5)p.38『内令第二千二百四十五號 驅逐隊編制中左ノ通改定セラル 昭和十八年十月三十一日 海軍大臣 嶋田繁太郎|第九驅逐隊ノ項中「朝雲、」ヲ削ル|第十驅逐隊ノ項中「風雲」ノ下ニ「、朝雲」ヲ加フ|第二十四驅逐隊ノ項中「涼風」ノ下ニ「、満潮」ヲ加フ|第六十一駆逐隊ノ項中「若月」ノ下ニ「、秋月」ヲ加フ』
  199. ^ #S1804十一水戦日誌(5)p.49『10月31日|内地回航部隊(略)0800内地ニ向ケトラック発|旗艦ヲ伊勢ニ変更』
  200. ^ #S1804十一水戦日誌(5)p.4『28日連合艦隊電令作第778號ニ依リ本職内地回航部隊(龍田山城伊勢隼鷹雲鷹利根第24駆逐隊(海風涼風)谷風第7駆逐隊(曙))ヲ指揮シ31日「トラック」発内地ニ回航セリ』
  201. ^ #S1806二水戦日誌(4)pp.84-85『三一(天候略)大波〇四〇〇「トラツク」発/24dg(海風涼風)〇四四〇「トラツク」発/五月雨一四三〇「ラバウル」発|24dg(海風涼風)伊勢山城龍田隼鷹利根ヲ護衛シ呉ニ向ケ「トラツク」発/31dg(大波)2sf基地員物件輸送ノ爲「カビエン」ニ向ケ「トラツク」発/島風〇八〇〇東亜丸日本丸護衛ヲ止メ一四一五日章丸日榮丸ニ合同護衛任務ニ付キ「トラック」ニ向フ/五月雨一四三〇敵輸送船団及護衛艦隊撃滅ノタメ「ラバウル」発|GF電令作第七八一号31dgヲNTBニ編入ス/三十一日附24dgノ項中ニ満潮ヲ加フ』
  202. ^ #戦史叢書中部太平洋方面海軍作戦(2)424頁
  203. ^ #S1804十一水戦日誌(6)p.17『5日0630隼鷹/沖ノ島135度40浬ニ於テ雷撃4本ヲ受ク1本命中後部右舷運転不能片舷航行ニテ旋回中舵機室浸水殆ド傾斜ナシ曳船準備完成』-『5日0735将旗11sd/一.0535足摺岬ノ160度22浬ニ於テ隼鷹雷撃4本ヲ受ケ1本命中右舷機使用不能舵機室浸水セルモ傾斜ナシ利根ニテ曳航準備中(以下略)』
  204. ^ #戦史叢書中部太平洋方面海軍作戦(2)429頁
  205. ^ #S1701八戦隊日誌(7)p.45『利根ハ(略)途中5日ヨリ被雷艦隼鷹ヲ曳航11月6日呉入港…』
  206. ^ a b #S1806二水戦日誌(5)p.9『(2)24驅(海風涼風)伊勢山城龍田隼鷹利根ヲ護衛「トラツク」ヨリ呉ニ回航後六日佐世保着修理整備ニ従事中/満潮 横濱ニ在リテ修理整備中ノ所十四日完成横須賀ニ回航出撃準備實施二十二日横須賀發近海對潜掃蕩ニ従事ノ上二十四日桂島泊地着二十五日呉着二十七日呉發桂島泊地着諸訓練ニ従事中』
  207. ^ a b 昭和18年11月5日(発令11月5日付)海軍辞令公報(部内限)第1256号 p.4』 アジア歴史資料センター Ref.C13072094300 
  208. ^ 昭和18年10月25日(発令10月25日付)海軍辞令公報(部内限)第1246号 p.42』 アジア歴史資料センター Ref.C13072093900 
  209. ^ a b 昭和18年11月10日(発令11月5日付)海軍辞令公報(部内限)第1257号 p.13』 アジア歴史資料センター Ref.C13072094300 
  210. ^ #S1806二水戦日誌(5)p.17『(四)麾下艦船部隊ノ行動』
  211. ^ a b #S1812二水戦日誌(1)pp.11-12『(2)24dg(海風涼風)一日工事完成佐世保発徳山経由三日桂島着諸訓練ニ従事/九日鎮海ニ向ケ徳山発十日夕刻鎮海着十一日釜山着/十四日丁船團(日蘭丸良洋丸日美丸但馬丸)ヲ潮ト共ニ護衛釜山発仝日二三三〇頃潮雷後発見爆雷攻撃ヲ爲ス効果不明/十五日佐伯着十六日仝発二十六日「トラック」北水道二十七日「トラック」着/二十八日YBヨリ除カレUNBニ編入セラル南洋第二支隊海上第一旅団ヲ「トラック」ヨリ「マーシャル」方面ノ輸送ノタメ/三十日24dg(海風)潮丁船団第一分団(但馬日美丸)ヲ護衛「ブラウン」ヲ経テ「クェゼリン」ニ向ケ、涼風ch28丁船団第二分団(日蘭良洋丸)ヲ護衛「ポナペ」ニ向ケ夫々「トラック」発(満潮略)』
  212. ^ #S1812二水戦日誌(1)p.24『三日一〇一五(司令)24dg(宛略)24dg機密第〇三一〇一五番電 當隊(海風涼風満潮)三日一〇〇〇桂島錨地着』
  213. ^ #S1812二水戦日誌(1)p.12『満潮内海西部ニ在リテ諸訓練ニ従事中/六日桂島發七日横須賀着/十二日雲鷹瑞鳳ヲ護衛横須賀発十三日二〇三〇頃母島乾埼ノ305°8浬ニテ敵潜ヲ探知攻撃セルモ効果不明/十七日戊三號輸送第二部隊ニ編入セラル「トラック」着(略)』
  214. ^ #S1812二水戦日誌(1)p.19『(四)麾下艦船部隊ノ行動』
  215. ^ #S1812二水戦日誌(1)p.34『一四日一五三五(司令)24dg(宛略)24dg(海風涼風)潮関門佐伯経由「トラツク」ニ向エ釜山発』
  216. ^ #S1812二水戦日誌(1)p.55『二六日一八〇〇(司令)24dg(宛略)丁船団護衛隊一八〇〇「トラック」着』
  217. ^ #S1812二水戦日誌(1)p.58『二八日一五五六(長官)GF(宛略)GF機密第二八一五五六番電 一.24dg(海風涼風)及潮ヲ内南洋部隊ニ編入ス/二.内南洋部隊指揮官ハ南洋第二支隊及海上機動第一旅団乗船ノ「トラック」「マーシャル」方面間行動中之ガ護衛ニ任ズベシ』
  218. ^ #S1812二水戦日誌(1)p.60『三〇日一五五五(司令)24dg(宛略)24dg(海風)潮 丁船団第一分団ヲ護衛「ブラウン」経由「クエゼリン」ニ向ケ「トラツク」発』
  219. ^ a b #S1812二水戦日誌(2)pp.8-9『(2)24dg(海風)前月ニ引続キ丁輸送船団第一分団ヲ護衛四日「ブラウン」着/八日同但馬丸日美丸ヲ護衛「ブラウン」発/十一日「クエゼリン」着/十二日同発「ウオッジエ」着陸兵揚搭後即日発/十三日「クエゼリン」着即日発/十八日「トラツク」着/十九日雲鷹救難ノ爲救難隊搭載ノ上「トラツク」発翌二十日「サイパン」着二十一日以後二十七日迄五特根司令官ノ命ヲ受ケ雲鷹警戒対潜哨戒対潜哨戒隊指揮官トシテ「サイパン」港外ノ哨戒ニ従事セリ/二十八日三一一三船団ヲ護衛「サイパン」発/三十日附原隊ニ復歸セルモ引続キ2ke1/2ノ護衛ニ従事「トラック」ニ向ケ航行中/同日「エンダービー」島ノ北50°七浬附近ニ敵潜ヲ探知制圧セルモ効果不明』
  220. ^ #S1812二水戦日誌(2)p.18『(四)麾下艦船部隊ノ行動』
  221. ^ #S1812二水戦日誌(3)p.78『十二(天候略)24dg(海風)〇二三〇「クエゼリン」発/涼風〇四三〇「クサイ」着同〇五〇〇「クサイ」発/24dg(海風)一四三〇「ウオツェ」着一八三〇「ウオツェ」発|涼風良洋丸ヲ護衛シ「ポナペ」ニ向ケ「クサイ」発/24dg(海風)「ウオッヂエ」ニ向ケ「ルオット」発「ウオツヂェ」着人員物件揚陸後人員二〇〇名隊貨二〇噸等歳「クエゼリン」ニ向ケ「ウオツヂエ」発(略)』
  222. ^ #S1809一水戦日誌(4)p.40『十二(天候略)一五五〇潮「タロア」ニテ陸兵揚陸中B-25五機ノ来襲ヲ受ケ被害アリ出シ得ル最大速力二〇節(戰死四戰傷一九)』
  223. ^ #S1809一水戦日誌(4)pp.20-21『12日潮駆逐艦長(宛略)機密第12725番電 一.「タロア」ニ於ケル揚陸完了/二.右作業中1522 B-25五機来襲低空ニテ銃爆撃ヲ受ク艦内各所ニ大小破孔ヲ生ジ出シ得ル速力約20節中部操舵可能狭水道ノ出入ハ相當困難其ノ他調査中/三.主砲1門機銃1基使用不能/四.戰傷死者後報/五.撤収陸軍ノ移載ハ取止メ1545「クエゼリン」ニ向ケ「タロア」發明日午前着ノ豫定』
  224. ^ #S1812二水戦日誌(3)p.43『一三日〇五一五(司令)24dg(宛略)24dg(海風)潮「クエゼリン着」海風「ウオツヂエ」ヨリ陸兵二〇〇名隊貨一五噸輸送終了』
  225. ^ #S1812二水戦日誌(3)p.44『一三日一三〇五(司令)24dg(宛略)丁船団第一分団(海風護衛)「トラック」ニ向ケ「ルオット」発 以下畧』-p.52『一八日〇九〇〇(司令)24dg(宛略)丁船団第一分団24dg(海風)護衛PT着』
  226. ^ #S1809一水戦日誌(4)p.41『十八(天候略)〇九〇〇潮「トラック」着(T船團護衛)/〇九一二21S(多摩)1sd(阿武隈)室蘭入港|7dgヲ北方部隊ニ復歸セシメラル(GF電令作第九〇〇號)』
  227. ^ a b #S1812二水戦日誌(3)pp.9-10『涼風 丁輸送船団第二分団ヲ護衛一日「ポナペ」着(中略)十八日「トラック」歸着/十九日雲鷹救難ノ爲24dg(海風)浦風ト共ニ出撃セルモ命ニ依リ引返セリ/二十日伊良湖救難ノ爲出港翌二十一日入港/二十四日夕張丸興津丸日豊丸ヲ護衛「トラック」発「ブラウン」ニ向ケ航行中/二十五日二三〇五9°-0′N150°-27′ニ於テ敵潜発見攻撃中雷撃ヲ受ケ沈没』
  228. ^ #S1812二水戦日誌(3)p.8『(1)能代(略)十八日2sd司令官指揮ノ下ニ瑞鳳雲鷹32dg(早波)若葉初霜ト共ニ横須賀ニ向ケ「トラツク」発/十九日雲鷹被雷撃ノ爲之ヲ護衛二十日「サイパン」着/二十一日32dg(早波)ト共ニ「サイパン」発二十四日横須賀着被害箇所修理整備ニ従事中』
  229. ^ a b #木俣空母575-576頁
  230. ^ #S1812二水戦日誌(3)p.55『一九日一四〇七(長官)GF(宛略)GF信電令作第六四号 一.24dg(海風涼風)17dg(浦風)ハ先任司令指揮速ニ出港2sd司令官ノ指揮ヲ受ケ雲鷹ノ警戒ニ任ズベシ/二.明石特務艦長ハ救難作業対ヲ編成海風ニ乗艦セシムベシ』
  231. ^ #S1812二水戦日誌(3)p.81『十九(天候略)24dg(海風)一七五〇「トラツク」発/涼風一六〇〇「トラツク」発二一〇〇「トラツク」着(略)』
  232. ^ #S1812二水戦日誌(3)p.55『一九日一七山六(長官)GF(宛略)浦風涼風引返セ 海風ハ予定ノ如ク行動セヨ』
  233. ^ #S1812十戦隊(2)pp.27-28『GF機密第一九一四〇七番電 GF電令作第六四號 一.24dg(海風凉風)17dg(浦風)ハ先任司令指揮速ニ出港2sd司令官ノ指揮ヲ受ケ雲鷹救援ノ警戒ニ任ズベシ/二.明石特務艦長ハ救難作業隊ヲ編成シ海風ニ乗艦セシムベシ』
  234. ^ #S1812二水戦日誌(3)p.58『二〇日(司令)24dg(宛略)一.一七〇〇「サイパン」着ノ予定/二.救難隊兵曹長以下八名、六三〇噸排水ポンプ一(重量三噸)搭載中』
  235. ^ #S1812二水戦日誌(3)pp.9-10『(3)32dg(早波)(中略)十八日2sd(能代)外五隻ト共ニ横須賀ニ向ケ「トラツク」発/十九日雲鷹雷撃ヲ受ケハ早波ハ初霜ト協力敵潜攻撃附近油ノ浮上セルヲ認ムルモ効果不明引続キ攻撃掃蕩ニ従事/二十日制圧ヲ止メ「サイパン」着初霜ト共ニ移動哨戒ニ従事/二十一日哨戒ヲ海風ト交代能代ト共ニ横須賀ニ向ケ発/二十四日横須賀着入渠修理整備ニ従事』
  236. ^ #S1812三水戦日誌(6)p.67『二〇(天候略)一.皐月0530「トラック」発(伊良湖警戒) 二.文月1600「ラバウル」着|(略)二.皐月1025北緯七度五〇分東経一五一度一五分ニ於テ伊良湖ヲ雷撃セル敵潜ニ対シ爆雷攻撃反覆五回実施ス 使用爆雷十八個』
  237. ^ #S1812三水戦日誌(6)pp.8-9『一月二〇日一五〇五皐月駆逐艦長(宛略)発皐月駆逐艦長 一〇二五 7°50′N151°15′Eニテ伊良湖ヲ雷撃セル敵潜ニ対シ雷跡ニ反航爆雷攻撃ヲナシ(六個)引續キ五回ニ亙リ攻撃ヲナス使用爆雷合計至近弾十八個相當効果アリタルモノト認ムルモ効果ヲ確認シ得ザル内ニ護衛隊ノ命ニ依リ伊良湖警戒ニ任ジPTニ回航中』
  238. ^ #S1812二水戦日誌(3)p.59『二〇日二三〇〇涼風|二三〇〇現場着
  239. ^ #S1812二水戦日誌(3)p.60『二一日〇七〇一潮→2KEg 妙高(涼風鳥海曙九〇二空/伊良湖ハ浸水増加危険状態ナリ〇七〇〇鳥海到着セリ(略)』
  240. ^ #陽炎型(2014)297頁
  241. ^ #S1812二水戦日誌(3)p.67『二六日〇〇二〇ch33(宛略)ch33機密第二六〇〇二〇番電 二三〇五北緯九度〇分東経一五七度二七分ニテ涼風雷撃ヲ受ケ轟沈ス 我制圧中』
  242. ^ #S1812二水戦日誌(4)p.21『二日一二〇五(司令)24dg(宛略)24dg機密第〇二一二〇五番電 涼風戦闘概報 一.涼風日豊丸興津丸船団ヲ護衛一月二十四日〇五〇〇「トラツク」発「ブラウン」ニ向ケ航行中一月二十五日二三〇三北緯九度〇分東経一五七度二七分ニ於テ雷撃ヲ受ケ三本命中轟沈/二.乗員中ノ生存(行衛不明)者准士官以上〇名(「五)下士官兵一三(不詳)』
  243. ^ #S1809一水戦日誌(4)p.32『二十四日(長官)GF(宛略)GF機密第二四一八〇二番電 GF電令作第九一六號 一.HPB、NTB、UNB各指揮官ハ24dg(海風)7dg(潮曙)皐月ヲシテ雲鷹艦長ノ指揮ヲ受ケ内地着迄同艦ノ警戒ニ任ゼシムベシ(略)三.UNB指揮官ハ初霜ヲシテ雲鷹「サイパン」出港後適宜護衛ニ協力シ「トラツク」ニ歸投セシムベシ』
  244. ^ #S1812二水戦日誌(3)p.67『二五日一六三〇(司令)24dg|二六日〇三〇八GF参謀長(略)24dg機密第二五一六三〇番電 GF電令作第九一六号關聯 海風臨戦準備ニテ被服其ノ他「トラツク」ニ陸揚中ノ爲内地回航ニ支障アリ出来得レバ初霜ト入レ換ノコトニ取計ハレ度』
  245. ^ #S1812三水戦日誌(6)pp.34-36『一月二十六日 雲鷹艦長(宛略)機密第261345番電 發雲鷹艦長 一.二十六日應急補強工作概ネ完了二十七日早朝 潮曙初霜皐月ヲ率ヰPS発NAA回航ニ回航実速九節ヲ得ラルヽ見込但シ天候敵潜出現状況ニ依リテハ回航地ヲ変更スルコトアルベシ 二.予定航路(別電) 三.途中対潜飛行警戒依頼ス(以下略)』
  246. ^ #S1812三水戦日誌(6)p.71『二七(天候略)一.秋風文月一七二〇「ラバウル」帰着/二.皐月「サイパン」発(雲鷹護衛)』
  247. ^ #S1812二水戦日誌(3)pp.81-82『二十八(天候略)藤波〇九一五桂島発、一五一二門司着/24dg(海風)一〇〇〇「サイパン」発|24dg(海風)三一一三船団護衛「トラツク」ニ向ケ「サイパン」発』
  248. ^ #陽炎型(2014)296頁
  249. ^ #S1812二水戦日誌(4)pp.19-20『二日一三三五(司令)24dg(宛略)24dg機密第〇二一三三五番電 一.24dg(海風)第三一一三船団ヲ護衛「サイパン」発「トラック」ニ向ケ航行中二月一日一一二二「トラツク」南水道入口(南島ノ二二四度一〇〇〇米)ニ於テ雷撃(六)ヲ受ク一本後部機械室艦艇起爆一一五〇沈没船団異状ナク入港セリ/二.乗員中ノ生存者(行衛不明者)准士官以上司令艦長以下一五(一)下士官兵二〇〇(四九)/三.機密図書ハ確実ニ処理済ミ』
  250. ^ #S1812二水戦日誌(4)p.8『(2)24dg(海風)三一一三船団ヲ護衛「サイパン」ヨリ「トラツク」ニ向ケ航行中一日一一二二「トラツク」南水道外(南島ノ二二四度一〇〇〇米)ニ於テ雷撃ヲ受ケ一本後部機械室ニテ艦底起爆一一三〇沈没セリ生存(行方不明)者准士官以上一五(一)下士官兵二〇〇(四九)船団無事入港セリ/満潮 船団護衛一日「トラツク」着同日司令駆逐艦ヲ海風ヨリ変更(以下略)』
  251. ^ #S1812二水戦日誌(4)p.4『(1)2sd(能代)横須賀ニテ待機中 一日24dg(海風)「サイパン」ヨリ船団護衛「トラツク」南水道ニ入ラントスル頃雷撃ヲ受ケ沈没島風白露急遽之ガ救難ニ向ヒ三日迄敵潜掃蕩攻撃セルモ効果不明 24dg(満潮)一日船団護衛「トラツク」着六.七.八日不時着機捜索ノ爲出動』
  252. ^ #S1812二水戦日誌(4)p.11『白露 一日YB命令ニ依リ島風ニ合同海風ノ救難対潜制圧ニ任ズ二日島風爆雷攻撃ヲ爲スモ効果不明(以下略)』-『(5)島風 一日一四四五「トラツク」発海風ノ救難及敵潜掃蕩ニ任ズ/二日敵潜探知爆雷攻撃セルモ効果不明/三日「トラツク」歸着(以下略)』
  253. ^ #S1812二水戦日誌(4)p.19『二日〇八四五(司令)24dg(宛略)24dg機密第〇二〇八四五番電 二月一日司令駆逐艦ヲ海風ヨリ満潮ニ変更セリ』
  254. ^ a b c 昭和19年2月10日(発令2月10日付)海軍辞令公報(部内限)第1320号 pp.43-44』 アジア歴史資料センター Ref.C13072095700 で閲覧可能。
  255. ^ 昭和19年3月20日(発令3月18日付)海軍辞令公報(部内限)第1380号 pp.7-8』 アジア歴史資料センター Ref.C13072096800 
  256. ^ #内令昭和19年3月(5)p.21『内令第百九十九号 艦艇類別等級別表中左ノ通改正ス 昭和十九年三月三十一日 海軍大臣 嶋田繁太郎|軍艦、巡洋艦二等ノ部注「川内型」ノ項ヲ、同阿賀野型ノ項中「阿賀野、」ヲ、同練習巡洋艦ノ項中「香取、」ヲ削ル|驅逐艦一等峯風型ノ項中「峯風、」「太刀風、」ヲ、同神風型ノ項中「追風、」ヲ、同卯月型ノ項中「文月、」ヲ、同初雪型ノ項中「白雲、」ヲ、同白露型ノ項中「海風、」ヲ、同不知火型ノ項中「舞風、」ヲ削ル|驅潜艇、第十四号型ノ項中「第二十二号、」「第四十号、」ヲ削ル』
  257. ^ #内令昭和19年3月(5)p.41『内令第五百十三号 横須賀鎮守府在籍 軍艦 那珂 軍艦 香取|呉鎮守府在籍 軍艦 阿賀野 右帝國海軍籍ヨリ除カル|横須賀鎮守府在籍 驅逐艦 舞風|呉鎮守府在籍 驅逐艦 白雲|佐世保鎮守府在籍 驅逐艦 峯風 驅逐艦 追風 驅逐艦 文月 驅逐艦 海風|舞鶴鎮守府在籍 驅逐艦 太刀風 右帝國驅逐艦籍ヨリ除カル(略)|昭和十九年三月三十一日 海軍大臣 嶋田繁太郎』
  258. ^ a b #内令昭和19年3月(5)p.39『内令第五百十號 驅逐隊編制中左ノ通改定セラル 昭和十九年三月三十一日 海軍大臣 嶋田繁太郎|第四驅逐隊ノ項中「野分、舞風、山雲」ヲ「野分、山雲、満潮」ニ改ム|第九驅逐隊ノ項ヲ削ル|第十六驅逐隊ノ項ヲ削ル|第十七驅逐隊ノ項中「濱風」ノ下ニ「、雪風」ヲ加ヘ同項ノ次ニ左ノ一項ヲ加フ|第十八驅逐隊/薄雲、霞、不知火|第二十二驅逐隊ノ項中「、文月」ヲ削ル|第二十四驅逐隊ノ項ヲ削ル』
  259. ^ 昭和19年4月4日(発令4月2日付)海軍辞令公報(部内限)第1406号 p.19』 アジア歴史資料センター Ref.C13072097100 
  260. ^ 昭和19年12月11日(発令12月5日付)海軍辞令公報(甲)第1665号 p.40』 アジア歴史資料センター Ref.C13072102200 
  261. ^ 昭和20年2月8日(発令1月31日付)海軍辞令公報(甲)第1716号 p.50』 アジア歴史資料センター Ref.C13072103300 

関連項目[編集]