夏潮 (駆逐艦)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
艦歴
計画 1937年度(マル3計画
起工 1937年12月9日
進水 1939年2月23日
就役 1940年8月31日[1]竣工
その後 1942年2月9日戦没
除籍 1942年2月28日
性能諸元
排水量 基準:2,033トン
全長 118.5m
全幅 10.8m
吃水 3.8m
機関 ロ号艦本式缶3基
艦本式衝動タービン2基2軸
52,000馬力
速力 35.5ノット
航続距離 18ノットで5,000
乗員 239人
兵装 50口径三年式12.7センチ砲連装×3
25mm機銃連装×2
61cm魚雷発射管4連装×2
爆雷16個

夏潮(なつしお/なつしほ)は、日本海軍駆逐艦一等駆逐艦陽炎型の6番艦である[2]1942年2月、マカッサル沖で戦没した。なお、本艦は陽炎型全19隻のうち最初の沈没艦となった。艦名は海上自衛隊のなつしお型潜水艦「なつしお」、はるしお型「なつしお」に継承された。

艦歴[編集]

藤永田造船所1937年(昭和12年)12月9日起工[3]1939年(昭和14年)2月23日進水[3]1940年(昭和15年)8月31日[3][1]に竣工、呉鎮守府籍。

太平洋戦争開戦時には、陽炎型姉妹艦「黒潮」、「親潮」、「早潮」、「夏潮」の4艦で第15駆逐隊(司令佐藤寅治郎大佐)を編制し、第二水雷戦隊(司令官田中頼三少将:旗艦「神通」)に所属していた。1941年12月、ダバオホロ攻略作戦に参加した。1942年1月、メナド攻略作戦に参加し、以降ケンダリー攻略作戦、アンボン攻略作戦に参加。2月1日の時点で、第15駆逐隊は司令艦/第1小隊1番艦「夏潮」、2番艦「黒潮」、第2小隊3番艦「親潮」、4番艦「早潮」という編制であった[4]

2月5日、マカッサル攻略作戦に従事する部隊(軽巡「長良」、水上機母艦「瑞穂」、第8駆逐隊、第15駆逐隊等)はセレベス島スターリング湾に集結した[5]。前日には駆逐艦「涼風」が米潜水艦「スカルピン」に雷撃され大破しており、船団はすでに連合国軍潜水艦に狙われていた。2月6日夕刻、マカッサル攻略船団はスターリング湾を出撃、その前路掃蕩に従事していた第8駆逐隊の「満潮」は「スカルピン」に爆雷攻撃を行うが、同艦を取り逃がした(満潮報告では効果確実)。

2月8日、船団はマサッカルに接近するが天候不良となり、第一根拠地部隊指揮官久保九次少将は指揮下部隊・各艦に天候不良時の上陸方法について指示を行う[6]。マサッカル入港時、攻略船団は各艦相互に通信をおこなって識別灯を点灯しており、対潜警戒をおろそかにしていた[6]。 22時15分[7]、輸送船団後尾にいた「夏潮」はスラウェシ島のマカッサル沖南緯5度36分9秒 東経119度6分6秒 / 南緯5.60250度 東経119.10167度 / -5.60250; 119.10167で米潜「S37」(USS S-37,SS-142)の雷撃に遭う。魚雷1本が艦中央前部機械室左舷に命中し船体に大破孔ができ、上甲板は膨れ上がった。また爆発と同時に九三式魚雷を装填していた2番魚雷発射管と測量儀が吹き飛び、被害箇所に近い位置にあった内火艇や探照灯も破壊された。これにより前部機械室と第三缶室が浸水、主機械破壊により航行不能となり左に2度傾斜したが、この時点では沈没せず、僚艦「黒潮」の曳航でスラウェシ島ケンダリに退避する事になった[8]。2月9日7時15分、「親潮」より緊急電が発信される[9]。タナケナ島の南で風向が急変、急速に浸水が進んだ[6]。「夏潮」は次第に中央部が沈降。つづいて艦首と艦尾を持ち上げV字型に折れ曲がり、ついに前後に分断され、8時43分に沈没した[10]。乗員は「親潮」及び「黒潮」に収容された。沈没時点の戦死者は8名、重傷者6名[11]。曳航失敗の原因について「夏潮」の駆逐艦長は「被害認定が甘かった」と回想している[6]

なお『華々しく自爆して最後を飾ろう』という乗組員のはからいにより、爆雷に細工が行われた。水雷科員は投下器に装填中の爆雷全てを起爆深度を30mに設定、船体水没後「夏潮」は巨大な水柱を上げ自爆した。第15駆逐隊司令艦は「夏潮」から「親潮」に変更された[12]。僚艦に救助された「夏潮」の乗員はセレベス島ケンダリに入港後、日本海軍初の生き残りとして珍しがられ、各方面から見舞い品が届き、親切にされたという。

駆逐艦「夏潮」は2月28日、 第15駆逐隊[13]、 帝国駆逐艦籍[14] 一等陽炎型[15]、 それぞれから除籍された。第15駆逐隊は7月20日に陽炎型1番艦「陽炎」を編入するまでの間、3隻編制で行動することになった[16]

歴代艦長[編集]

艤装員長
  1. 野間口兼知 中佐:1940年5月1日[17] - 1940年8月31日[18]
駆逐艦長
  1. 野間口兼知 中佐:1940年8月31日[18] - 1941年10月20日[19]
  2. 長井純隆 中佐:1941年10月20日[19] - 1942年2月15日[20]

脚注[編集]

  1. ^ a b 『艦長たちの軍艦史』による。『写真 日本の軍艦 第11巻 駆逐艦II』では1940年8月21日竣工となっている。
  2. ^ #昭和16年12月31日現在艦艇類別等級p.8『驅逐艦|一等|陽炎型|陽炎、不知火、黒潮、親潮、早潮、夏潮、初風、雪風、天津風、時津風、浦風、磯風、濱風、谷風、野分、嵐、萩風、舞風、秋雲』
  3. ^ a b c #昭和16年6月30日現在艦船要目公表範囲p.20『艦名:夏潮|艦種:一等駆逐艦|(性能略)|製造所:藤永田造船所|起工年月日12-12-9|進水年月日14-2-23|竣工年月日15-8-31|(兵装略)』
  4. ^ #昭和17年2月二水戦日誌(1)p.6『(二)2月中ノ2sd艦隊區分 (一)二月一日現在』
  5. ^ #戦史叢書26海軍進攻作戦262頁
  6. ^ a b c d #戦史叢書26海軍進攻作戦263-265頁『「夏潮」の被雷、上陸』
  7. ^ #昭和17年2月二水戦日誌(3)p.11『第15駆逐隊司令→8日2350第二水雷戦隊司令官・第一根拠地部隊司令官(蘭印部隊)/2215夏汐雷撃ヲ受ケ3缶前部機械室浸水今ノ処沈没ノ憂キナキモ行動不能、位置(5°-36.9′S・119°-6.6′E)2225』
  8. ^ #昭和17年2月二水戦日誌(3)pp.14-15『第15駆逐隊司令/夏潮2215(5°26.9′S・119°-6.6′E)ニ於テ輸送船団ノ後尾ニ続行泊地進入時、機械室附近ニ雷撃ヲ受ク 当時「スコール」アリテ視界狭小敵潜ト認ムルモ確認セルモノナシ|損害状況 機械室大破浸水3缶室浸水後部発射管吹飛バサレ目下2缶室補強実施中 艦傾斜左2°前後ノ吃水差特ニ大ナラズ。遮防終了次第黒潮ヲシテ曳航親潮ヲシテ護衛ノ上「ケンダリー」ニ回航ス。行方不明者 浅井機関兵曹長以下下士官2、兵5(機械室当直員)其ノ他重傷者6』
  9. ^ #昭和17年2月二水戦日誌(3)p.13『第15駆逐隊司令/夏潮沈没ノ虞アリ0715』
  10. ^ #昭和17年2月二水戦日誌(3)p.14『第15駆逐隊司令/夏潮ハ黒潮曳航親潮護衛ノ下ニ曳航状況調査中、中部ヨリ切断沈没、人員重要物件ヲ親汐、黒潮ニ収容セリ。誠ニ恐懼ニ堪ヘズ地点ニユト35〇八四三』
  11. ^ #昭和17年2月二水戦日誌(3)p.16『第一根拠地隊司令官/夏潮2月8日2215位置南緯5度36.9分東経119度6.6分ニ於テ輸送船団護衛中敵潜水艦ノ雷撃ヲ受ケ9日0843沈没、戦死者准士官1、下士官兵7、重傷者6、9日1300』
  12. ^ #昭和17年2月二水戦日誌(3)p.16『第15駆逐隊司令/司令駆逐艦ヲ夏汐ヨリ親潮ニ変更セリ』
  13. ^ #内令昭和17年2月(4)p.18『内令第三百六十六號|驅逐隊編制中左ノ通改定セラル 昭和十七年二月二十八日 海軍大臣嶋田繁太郎|第十五驅逐隊ノ項中「、夏潮」ヲ削ル』
  14. ^ #内令昭和17年2月(4)p.18『内令第三百六十七號|呉鎮守府在籍 驅逐艦 夏潮 右帝国驅逐艦籍ヨリ除カル|昭和十七年二月二十八日 海軍大臣嶋田繁太郎』
  15. ^ #内令昭和17年2月(4)p.19『内令第三百六十九號|艦艇類別等級別表左ノ通改正ス 昭和十七年二月二十八日 海軍大臣嶋田繁太郎|驅逐艦、一等陽炎型ノ項中「夏潮、」ヲ削ル』
  16. ^ #内令昭和17年7月分(3)p.28『内令第千三百二十四號 驅逐隊編制中左ノ通改定セラル 昭和十七年七月二十日海軍大臣嶋田繁太郎|第十八驅逐隊ノ項中「陽炎、」ヲ削リ第十五驅逐隊ノ項中「早潮」ノ下ニ「、陽炎」ヲ加フ』
  17. ^ 昭和15年5月1日付 海軍辞令公報 (部内限) 第472号。アジア歴史資料センター レファレンスコード C13072078000 で閲覧可能。
  18. ^ a b 昭和15年9月2日付 海軍辞令公報 (部内限) 第521号。アジア歴史資料センター レファレンスコード C13072078800 で閲覧可能。
  19. ^ a b 昭和16年10月20日付 海軍辞令公報 (部内限) 第732号。アジア歴史資料センター レファレンスコード C13072082900 で閲覧可能。
  20. ^ 昭和17年2月17日付 海軍辞令公報 (部内限) 第813号。アジア歴史資料センター レファレンスコード C13072084200 で閲覧可能。

参考文献[編集]

  • アジア歴史資料センター(公式)(防衛省防衛研究所)
    • Ref.C13072003500 『昭和16年12月31日現在10版内令提要追録第10号原稿2.3』。
    • Ref.C13071997700 『昭和16年6月30日現在10版内令提要追録第9号(上)原稿:巻1追録/第6類機密保護』。
    • Ref.C12070161100 『昭和17年1月~3月 内令1巻/昭和17年2月(4)』。
    • Ref.C12070164200 『昭和17年7月~9月 内令3巻/昭和17年7月分(3)』。
    • Ref.C08030092400 『昭和17年2月1日~昭和17年2月28日 第2水雷戦隊戦時日誌(1)』。
    • Ref.C08030092500 『昭和17年2月1日~昭和17年2月28日 第2水雷戦隊戦時日誌(2)』。
    • Ref.C08030092600 『昭和17年2月1日~昭和17年2月28日 第2水雷戦隊戦時日誌(3)』。
  • 防衛庁防衛研修所戦史室 『戦史叢書26 蘭印・ベンガル湾方面 海軍進攻作戦』 朝雲新聞社、1969年5月。
  • 大西 喬『艦隊ぐらしよもやま物語』光人社、1985年5月 ISBN 4-7698-0200-5
  • 雑誌『』編集部『写真 日本の軍艦 第11巻 駆逐艦II』光人社、1990年 ISBN 4-7698-0461-X
  • 外山操『艦長たちの軍艦史』光人社、2005年 ISBN 4-7698-1246-9

関連項目[編集]