コロンバンガラ島

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
コロンバンガラ島(衛星写真)
ニュージョージア諸島の全体図。コロンバンガラ島は図の中央左に位置する。

コロンバンガラ島 (コロンバンガラとう、英語: Kolombangara) はソロモン諸島西部州にあるほぼ円形の

地理[編集]

ニュージョージア諸島の一部。成層火山で標高は1770m。島はニュージョージア海峡の南の境界の一部になっており、北西にはベラ湾を隔ててベララベラ島ギゾ島が、南東にはクラ湾をはさんでニュージョージア島がある。島は深い森に覆われており、人はほとんどすんでいない。

歴史[編集]

1568年スペイン探検家メンダーニャが発見したとされている。

大東亜戦争太平洋戦争)中に日本軍が占領し、島の南部のビラに飛行場を建設した。ガダルカナル島撤退後日本軍はコロンバンガラ島、ニュージョージア島の兵力の強化を図り、コロンバンガラ島への輸送部隊とアメリカ海軍ニュージーランド海軍をはじめとする連合国軍との間でクラ湾夜戦コロンバンガラ島沖海戦など度々戦闘が発生した。

連合国軍は1943年7月5日にニュージョージア島上陸した後、コロンバンガラ島は跳び越して8月15日にベララベラ島へ上陸した。日本軍は9月28日から10月2日の間にコロンバンガラ島から撤退した。

関連項目[編集]