バリクパパン沖海戦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
バリクパパン沖海戦
戦争大東亜戦争 / 太平洋戦争
年月日1942年1月24日
場所:ボルネオ島バリクパパン沖
結果:連合軍の勝利
交戦勢力
大日本帝国の旗 大日本帝国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
オランダの旗 オランダ
指導者・指揮官
西村祥治少将 ポール・H・タルボット中佐
戦力
軽巡洋艦1
駆逐艦9
小艦艇10
輸送船16
駆逐艦4
潜水艦2
航空機9
損害
輸送船5沈没
(空襲1、潜水艦1、夜戦3)
哨戒艇1大破放棄
輸送船2損傷
駆逐艦1、潜水艦1損傷
南方作戦

バリクパパン沖海戦(バリクパパンおきかいせん、Battle of Balikpapan)とは太平洋戦争初期、1942年1月24日に発生した海戦連合国側呼称、マカッサル海峡海戦。わずか30分間の夜間海上戦闘であり、日本軍輸送船団および護衛の第四水雷戦隊は突入してきた米軍駆逐艦4隻に翻弄された[1]。蘭印方面における連合軍艦隊唯一の勝利であったが[2]、日本軍のバリクパパン占領を防ぐことは出来なかった。

バリクパパン上陸[編集]

1942年(昭和17年)1月10日、ボルネオ島タラカンを占領した日本軍は、ついでボルネオ島のバリクパパン上陸作戦を開始することになった。1月21日夕刻、第一護衛隊(指揮官西村祥治少将/第四水雷戦隊司令官:第四水雷戦隊基幹)と輸送船団の36隻(軽巡1隻《那珂》、駆逐艦9隻《村雨夕立春雨五月雨朝雲夏雲峯雲海風江風》、掃海艇4隻、駆潜艇3隻、哨戒艇3隻、輸送船16隻《敦賀丸、りぱぷーる丸、日照丸、愛媛丸、旭山丸、日帝丸、球磨川丸、須磨ノ浦丸、はばな丸、漢口丸、帝龍丸、呉竹丸、金耶摩山丸、藤影丸、辰神丸、南阿丸》)はタラカンを出撃した[3][4]。バリクパパンの製油所を無傷で手に入れるためにコマンド作戦が実施されたが、これは失敗した[5]。22日、船団はマカッサル海峡に入ったが、タラカンの第23航空戦隊から「降雨のため22日・23日飛行場使用不能、戦闘機掩護不能」の連絡が入る[6]。第24駆逐隊(海風、江風)は別働隊として先行した[7]

1月23日夕刻、双発爆撃機9・軽爆撃機4機の空襲を受け海軍運送船「辰神丸」が損傷を受けた[8]。つづいて駆逐艦「江風」が敵潜を探知して爆雷攻撃を実施、並行して一時間以上にわたる空襲を受ける[8]。19時30分、「南阿丸」がオランダ軍B-10爆撃機の攻撃により被弾炎上、積荷のガソリンに引火したため船体放棄となった[8][9]。乗組員は駆逐艦「峯雲」に収容された[10]。夜になると船団はバリクパパン泊地へ到着、第2駆逐隊(村雨、春雨、五月雨、夕立)が泊地掃海を実施した[8]

1月24日日付変更時、第一護衛隊は泊地警戒陣形に移行しつつあったが、第2駆逐隊は泊地南方数浬で掃海索を揚収していた[8]。第四水雷戦隊旗艦/軽巡洋艦「那珂」は第一泊地の「敦賀丸」南西約1kmに停泊していたところ、00時35分前後に魚雷艇(実際はオランダ潜水艦K-18)を発見、雷跡を認めて艦首ぎりぎりで回避したが、この魚雷が「敦賀丸」に命中した[11][12]。「敦賀丸」は沈没。西村司令官は第30掃海隊(第17、第18号掃海艇)に救助を命じ、第9駆逐隊(朝雲、峯雲、夏雲)は船団東方3kmを、第31駆潜隊は船団西方を、哨戒艇は船団南方を、第11掃海隊は船団北方を、それぞれ警戒するよう命じた[8]。「那珂」は泊地東方5km附近を行動して警戒をおこない、第9駆逐隊に続行を命じる[8]。第2駆逐隊は、「那珂、朝雲、夏雲、峯雲」のさらに外側を哨戒していた[8]。午前1時40分、第一次上陸部隊が出発する。

アメリカ艦隊の攻撃[編集]

これより前、連合軍ABDA艦隊司令部(指揮官トーマス・C・ハートアメリカ・アジア艦隊司令長官)は日本軍の次目標をバリクパパンと予想し、タラカン沖からマカッサル海峡南部に米潜水艦6隻と蘭潜水艦2隻を配備した[13]。つづいて水上艦隊を派遣したが、航空支援がないため日本軍輸送船団を発見できず、出撃しては燃料補給のため帰投せざるを得なかった[14]。1月20日、PBYカタリナ飛行艇はボルネオ東海岸バリクパパン沖で日本軍輸送船団を発見[14]。これを受けてABDA艦隊司令部はチモール島クーパンで補給していたアメリカ海軍(ウィリアム・A・グラスフォード少将指揮下)の軽巡2隻と駆逐艦6隻を出撃させた。ところが、軽巡「ボイシ」は座礁事故で損傷し、軽巡「マーブルヘッド」も機関故障をおこしてしまう[2]。そこで巡洋艦2隻は、護衛の駆逐艦2隻とともに戦列を離れた。第59駆逐隊(ポール・H・タルボット中佐)のクレムソン級駆逐艦4隻(ジョン・D・フォード英語版ポープパロットポール・ジョーンズ)だけが日本軍の輸送船団を攻撃できた[13]

1月24日未明、アメリカ艦隊は速力27ノットでバリクパパン沖に侵入した[13]。すでに月は没していた[15]。日本船団は沿岸に停泊中で、上記のように沖側を軽巡「那珂」、第2駆逐隊、第9駆逐隊、哨戒艇等が警戒していたが、炎上した「南阿丸」や地上施設の煤煙のため視界は不良、逆光のため日本軍輸送船団のシルエットは米艦隊から丸見えだった[14]。アメリカ艦隊は日本側に発見されることなく船団に接近することに成功し、掃海艇15号に対し最初の魚雷を発射したが、命中しなかった[16]。午前4時25分、船団北東を哨戒していた第15掃海艇は南方から接近する四本煙突の艦影を「那珂」と誤認するも、複数隻のため敵艦隊と判断、すれ違いざまに雷撃されたが回避した[17]。高速で運動したため、米軍駆逐艦4隻は「ジョン・D・フォード」、「ポープ」、「パロット、ポール・ジョーンズ」の四群に分離した[16]。それでも午前4時30分に特設急設網艦「須磨浦丸」を雷撃して轟沈させた[17]。なおサミュエル・モリソンの『太平洋の旭日』等では、米軍駆逐艦4隻は常に単縦陣で行動したことになっているが、日本側の戦闘記録(戦闘詳報)と対比すると実際には分離行動しており、とくに「ポープ」は「須磨浦丸」を雷撃後にそのまま離脱していったとみられる[16]

特設給兵艦「球磨川丸」は右舷後方から接近してきた単艦の駆逐艦(ジョン・D・フォード)から約10発の命中弾を受けたが、反撃して艦尾に命中弾を記録した[17]。この「ジョン・D・フォード」は船団の間を航行しながら「朝日丸、藤影丸、呉竹丸」を攻撃し、4時45分に「呉竹丸」に魚雷を命中させて撃沈した[17][16]。「須磨浦丸」を撃沈した2隻(パロット、ポール・ジョーンズ)は午前4時35分に「辰神丸」を雷撃して撃沈、南方へ離脱中に第38号哨戒艇を雷撃したが回避された[17][16]。第38号哨戒艇の左舷にいた「哨戒艇37号」(元駆逐艦「」)は、右舷から接近中の米駆逐艦2隻を「那珂」と誤認しているうちに魚雷1本が右舷艦尾に命中、つづいて魚雷2本が左舷艦首と艦尾に命中した[17][16]。 第37号・第38号哨戒艇の南方にいた第36号哨戒艇は、午前4時50分に北西約2kmに「那珂」と似た艦影を発見し、射撃されたため南方へ転舵、「0500敵巡洋艦4隻を発見、船団の南」と報告する[18]。これは離脱中の「パロット」と「ポール・ジョーンズ」の2隻であった[16]

一方、泊地から10~13km東方を航行中の軽巡「那珂」(西村司令官)に入った最初の敵情報告は、午前4時40分に第15号掃海艇からもたらされた「四本煙突ノ駆逐艦船団ノ北方ニ現ハル(発午前4時20分)」であった[18][19]。西村司令官は連合国軍駆逐艦の攻撃に気付いておらず、午前4時58分に「敵潜水艦、魚雷艇ニ対シ警戒ヲ厳ニセヨ」と下令する[18]。第36号哨戒艇の「敵巡洋艦4隻」報告に対し、西村司令官は「今ノ巡洋艦ハ第二駆逐隊ノ誤ナラズヤ」と問い返し、第36号哨戒艇は「今ノ巡洋艦ハ四本煙突ノ駆逐艦ノ誤ナリ」と応答した[18]。「那珂」は第9駆逐隊を率いて船団北方に位置すると推定された敵艦攻撃に向かったが、混乱の中で同隊とはぐれてしまった[18]。日本軍の損害が判明したのは、朝(午前7時)以降である[20]

結果[編集]

オランダ潜水艦「K-18」 
米駆逐艦「ジョン・D・フォード」(何度も那珂と誤認された) 
日本軽巡洋艦「那珂」(日本側は本艦と米駆逐艦を誤認した) 

日本軍輸送船団は大損害を受けた。陸軍輸送船は2隻(敦賀丸、呉竹丸)が沈没し、両船合計約30名が戦死[20]。海軍では輸送船2隻(須磨浦丸、辰神丸)沈没、第37号哨戒艇が大破航行不能(死傷者約35名)、「球磨川丸」小破(戦死6)、「朝日山丸」被弾(死傷者約50名)[20]。空襲による「南阿丸」沈没を合計すると、輸送船5隻を喪失した(南阿丸は24日夜に爆沈)[21]。しかし上陸部隊は既に出発しており、バリクパパン攻略作戦は順調に進んだ[22][23]。 また24日は天候が回復したため戦闘機隊や水上機隊が掩護を再開、輸送船団は激しい空襲を受けながらも大きな被害を受けなかった[22]。26日、特設水上機母艦「讃岐丸山陽丸」がバリクパパンに到着して支援にあたるが、翌日のB-17重爆5機による空襲で「讃岐丸」は中破、だが「讃岐丸」はその後もマカッサル方面で活動を続けた[24]。同日、駆逐艦「夕立」は哨戒艇37号を浅瀬へ移動させる任務を命じられていたが、曳航不能のため、その任務を解かれている[25]。 28日以降零式艦上戦闘機隊がバリクパパンに進出、30日になると西村司令官は次作戦(ジャワ攻略作戦)のため第一護衛隊を率いてリンガエン湾へ向かった[26]。バリクパパンの防備は第二根拠地部隊が引き継ぎ、のちに油田は完全に復旧[26]。日本軍の作戦に大いに貢献した[26]

一方の連合国軍の損害は駆逐艦「ジョン・D・フォード」小破のみであった。タルボット中佐は大きな戦果を挙げたが、すでに日本軍部隊の揚陸は完了していたため、バリクパパンの占領を阻止することは出来なかった[14]。また完璧な奇襲を成し遂げた割には、戦果に乏しかったといえる[14]。しかし、アメリカ海軍は、19世紀のマニラ湾海戦以来初めての東南アジア海域での水上戦の勝利として、その戦果を大きく報じた[13]

なお、撃破された輸送船の1隻には、海軍主計中尉として中曽根康弘が乗艦していた。中曽根の手記では突入してきた敵艦を「オランダ、イギリスの駆逐艦と潜水艦」としているが、実際には上記のとおりアメリカ駆逐艦4隻である[27]

脚注[編集]

  1. ^ #S170121四水戦日誌(1)p.17『24日0030頃豫メ泊地ニ在リシ敵潜水艦ノ雷撃ニヨリ輸送船1隻ヲ失ヒ次デ0420頃敵駆逐艦三隻(四隻?)突如船団泊地ニ進入雷撃及砲撃ヲ以テ輸送船ヲ攻撃我ハ全力ヲ挙ゲ之ヲ捕捉撃滅セントセシモ敵ハ高速ヲ以テ巧妙ニ船団ノ間ヲ縫ヒ急速脱過シ遂ニ逸セリ 敵駆逐艦ノ砲雷撃ニヨリ輸送船三隻(辰神、須磨ノ浦ヲ含ム)ヲ失ヒ第三十七號哨戒艇大破他ニ輸送船ニ若干被弾アリ 右ノ情況ニ於テ輸送船ハ一時東方沖合ニ避退セシメ天明ト共ニ改メテ錨地ニ就カシメタリ』
  2. ^ a b #ニミッツの太平洋海戦史34頁
  3. ^ #戦史叢書26海軍進攻作戦189頁
  4. ^ #S170121四水戦日誌(3)p.34『輸送船隊区分』
  5. ^ #戦史叢書26海軍進攻作戦194頁
  6. ^ #戦史叢書26海軍進攻作戦195頁
  7. ^ #S170121四水戦日誌(1)p.16『22日1800海風江風ハ予定ノ如ク別働隊ヲ護衛先遣別動ス』
  8. ^ a b c d e f g h #戦史叢書26海軍進攻作戦198頁
  9. ^ #S170121四水戦日誌(1)p.16『23日主力ハ1150ヨリ夕刻迄数次ニ亘リ繰返シ敵機ノ来襲ヲ受ケ辰神丸ハ小型爆弾1発ヲ受ケシモ損害軽微 南阿丸ハ舟尾ニ爆弾ヲ受ケ火災ヲ起シ火勢熾ニシテ機械故障防火ノ手段ナク乗員ヲ駆逐艦ニ収容スルト共ニ同船ヲ警戒セシメ置キ其ノ他ノ船ハ無事2300予定通入泊ヲ了セリ』
  10. ^ #S170121四水戦日誌(2)p.2『1850峯風→(将旗)1Eg|南阿丸監督官以下總員(軽傷1名)退去本艦ニ在リ艦ノ機械類總ベテ動カズ積荷ハガソリンノ為防火ノ方法ナク本艦其ノ周囲ヲ警戒自然消火ヲ待ツ|信號』
  11. ^ #S170121四水戦日誌(1)p.28『0030那珂敵浮上潜水艦ノ雷撃ヲ受ク舟首ヲスレスレニカワリ命中セズ/0035敦賀丸ニ魚雷命中(那珂ノ舟首ヲカワシタルモノナラン)』
  12. ^ #S170121四水戦日誌(3)p.15『1Eg指揮官|0054ch12|那珂ノ280°3kニ魚雷発射セリ魚雷艇ラシ攻撃セヨ』
  13. ^ a b c d #戦史叢書26海軍進攻作戦1202頁『連合国海軍の状況』
  14. ^ a b c d e #太平洋の試練(下)15頁
  15. ^ #S170121四水戦日誌(1)p.26『23日(1800)天候曇(雲量八)風速0日出0722日没1921月出1218月没0106月齢6.2』
  16. ^ a b c d e f g #戦史叢書26海軍進攻作戦203頁『バリクパパン海戦米駆逐隊合戦図』
  17. ^ a b c d e f #戦史叢書26海軍進攻作戦199頁
  18. ^ a b c d e #戦史叢書26海軍進攻作戦200頁
  19. ^ #S170121四水戦日誌(3)p.19『掃一五|0440 1Eg|四本煙突ノ駆逐艦船団北方ニ現ル|電話』
  20. ^ a b c #戦史叢書26海軍進攻作戦201頁
  21. ^ #S170121四水戦日誌(1)p.33『二四日(天候略)|(四)2100頃南阿丸ノ方向ニ大爆発起リ爾後火災ヲ認メズ沈没セルモノト認ム(翌日那珂機ニテ偵察セシモ艦影ヲ認メズ)』
  22. ^ a b #戦史叢書26海軍進攻作戦204頁
  23. ^ #S170121四水戦日誌(3)p.13『(三)沈没船生存者(死者及行方不明者)員数 須磨ノ浦丸9 辰神丸115 敦賀丸(陸兵22、船員1) 呉竹丸(陸兵6)〔註〕(1)員数ハ爾後ノ調査ニ依リ若干相違ヲ生ズルコトアルベシ (2)敦賀丸呉竹丸ノ死守者ノ極メテ尠キハ第一次上陸直前ニシテ一部ハ大発ニ移乗シアリタル(敦賀)コト及第一次上陸出発後(呉竹)ニシテ死傷者ノ大部ハ高射砲隊員衛生隊員等急速上陸ヲ要セザリシ人員ナリ』
  24. ^ #戦史叢書26海軍進攻作戦207頁『讃岐丸対空戦闘合戦図』
  25. ^ #S170121四水戦日誌(2)pp.38-39『26日2320夕立駆逐艦長→1Eg指揮官|哨戒艇ハ損傷ノ為横抱キハ出来ズ止ムナク曳索長120米ニテ縦曳ヲ行ヒ水深十五米ニ至ル舵全クキカズ片舷前進原速片舷後進原速舵一杯ニテ辛フジテ保針可能変針ハ全ク出来ズ水深十米ニ至リ全ク運転ノ自由ヲ得ズ其ノ間曳索切断圧流ノ危険アリ只今辛フジテ河口ヨリ115度六粁水深九米ニ投錨セシメタリ強力ナル曳船ノ助ナク獨立ニテ之ヨリ浅キ場所ヘノ曳航ハ不可能ニ付改メテ御指令ヲ仰グ|信號』-『0725(将旗)1Eg→夕立駆逐艦長|危険ナキ位置迄移動セヨ|信號』-『0728夕立駆逐艦長→1Eg|只今ノ侭ニナシ置クガ一番安全ナルモノト認ム|信號』-『0739(将旗)1Eg→夕立駆逐艦長|哨三十七ニ對スル任務ヲ解ク所定配備ニ就ケ|信號』
  26. ^ a b c #戦史叢書26海軍進攻作戦208-209頁
  27. ^ #終わりなき海軍95-96頁

参考文献[編集]

  • アジア歴史資料センター(公式)(防衛省防衛研究所)
    • Ref.C08030109600 『昭和17年1月21日~昭和17年1月31日 第4水雷戦隊戦時日誌(1)』。
    • Ref.C08030109700 『昭和17年1月21日~昭和17年1月31日 第4水雷戦隊戦時日誌(2)』。
    • Ref.C08030109800 『昭和17年1月21日~昭和17年1月31日 第4水雷戦隊戦時日誌(3)』。
  • チェスター・ニミッツ/E・B・ポッター、実松譲・富永謙吾訳 『ニミッツの太平洋海戦史』 恒文社、1962年12月。
  • 防衛庁防衛研修所戦史室 『戦史叢書26 蘭印・ベンガル湾方面 海軍進攻作戦』 朝雲新聞社、1969年5月。
  • 松浦敬紀編著 「衆議院議員中曽根康弘(海軍主計大尉)”二十三歳で三千人の総指揮官”」『若い世代へ伝えたい残したい 終りなき海軍』 文化社、1978年6月。
  • イアン・トール著、村上和久訳 「第七章 ABDA司令部の崩壊」『太平洋の試練 真珠湾からミッドウェイまで 下』 文藝春秋、2013年6月。ISBN 978-4-16-376430-6

関連項目[編集]