衣笠 (重巡洋艦)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
青葉型
艦歴
発注 大正12年度艦艇補充計画
起工 1924年1月23日
進水 1926年10月24日
就役 1927年9月30日
その後 1942年11月14日

米空母「エンタープライズ」艦載機の攻撃を受け沈没

除籍 1942年12月15日
性能諸元[1] (竣工時 → 改装後)
排水量 基準:8,300トン → 9,000トン
全長 185.17m
全幅 15.83m → 17.56m
吃水 5.71m → 5.66m
主缶 ロ号艦本式専焼缶10基、同混焼缶2基
→ ロ号艦本式専焼缶12基
主機 ブラウン・カーチス式タービン4基4軸 102,000hp
最大速力 36ノット → 33.43ノット
航続距離 7,000海里/14ノット → 8,000海里/14ノット
(計画値)
燃料 重油1,400トン 石炭:400トン
→ 重油:2,040トン
乗員 643名 → 657名
兵装(竣工時) 50口径20cm連装砲3基6門
45口径12cm単装高角砲4門
61cm連装魚雷発射管6基
八年式二号魚雷24本
留式7.7mm機銃2挺
兵装(改装後) 50口径20.3cm連装砲3基6門
45口径12cm単装高角砲4門
61cm4連装魚雷発射管2基
九三式魚雷16本
25mm連装機銃4基
13mm連装機銃2基
装甲 舷側76mm
水平32-35mm
主砲25mm
航空機 1機 → 2機
(カタパルト0 → 1基)

衣笠(きぬがさ/きぬかさ)は、日本海軍重巡洋艦(一等巡洋艦)[2][3] 。一等巡洋艦青葉型の2番艦[4]

艦名[編集]

衣笠という艦名は神奈川県衣笠山及び衣笠城に因んで名付けられた[5]。衣笠竣工直前の1927年(昭和2年)8月1日、田村重彦(衣笠)艤装委員長/初代艦長が軍務局長に対し「艦名は横須賀の衣笠山で良いのか」と問い合わせたところ、「御考察ノ通リ」という返答があった[6]。だが東京水交社編著『日本海軍艦船名考』(昭和3年発行)に「徳島県(阿波国)の麻植郡美馬郡にまたがる高越山(通称、阿波富士、衣笠山)に由来とする」との記載がある。阿波国衣笠山由来という説は当時から広まっていたようである[5]。また艦船研究家(海軍技術少佐)福井静夫は著書の中で「古鷹型四隻の艦名」という項目を設け、それぞれの由来を解説している[7]。衣笠については高越山(阿波富士)由来と断定し、京都龍安寺傍の衣笠山由来説や、横須賀の衣笠城址由来説を否定[7]。「徳島県の衣笠山をえらんだうらには、多少でも、横須賀にも衣笠の地名があることの奇縁が考慮されたのかもしれない」としている[7]艦内神社京都府平野神社と、神奈川県横須賀市三浦半島走水神社。衣笠竣工後の1927年(昭和3年)1月12日、衣笠副長は平野神社、走水神社、衣笠神社に奉納額用と絵葉書用の艦写真を送付しようとしている[8]

艦歴[編集]

重巡衣笠が建造されるまでにはワシントン会議およびワシントン海軍軍縮条約にともなう曲折があった。当時の日本海軍は、7000トン以上の巡洋艦を「一等巡洋艦」、7000トン未満の巡洋艦を「二等巡洋艦」と類別していた(大日本帝国海軍艦艇類別変遷[9]。 1922年(大正11年)3月中旬、二等巡洋艦(川内型軽巡洋艦)加古(佐世保海軍工廠)の建造が中止され、約半年後の10月9日、加古を一等巡洋艦として川崎造船所で建造する事が正式に決まる[10]。これをもって加古は二等巡洋艦から一等巡洋艦に艦種変更[11]。一等巡洋艦の建造艦名は1番艦衣笠、2番艦古鷹となることが8月11日(衣笠・古鷹命名日)の段階で通達されていたため[3]、衣笠、古鷹および加古は10月9日附で一等巡洋艦に類別[11]。だが、加古の艦名流用により1番艦の艦名は加古と決まり、衣笠の艦名は一等巡洋艦3番艦以降へ先送りされた[12][13]。この変更により衣笠はどの造船所で建造するかも『未定』となってしまった[13]。 加古型1番艦加古は神戸川崎造船所で1924年(大正11年)11月7日に起工[14]。加古型2番艦古鷹は三菱長崎造船所で同年12月5日起工[15]。ところが加古の竣工が遅れたことでネームシップは古鷹になり、加古型ではなく一等巡洋艦古鷹型(古鷹型重巡洋艦)が海軍の正式な類別となった[16]

1923年(大正12年)9月18日、加古、衣笠、古鷹に続く4隻目の一等巡洋艦に青葉の艦名が与えられる[17]。同日附で衣笠を川崎重工業神戸造船所で建造する事が正式に決まった[18]。軍艦衣笠は1924年(大正13年)1月23日に起工、1925年(大正15年)10月24日進水、1926年(昭和2年)9月30日竣工[19]。姉妹艦青葉と比べて起工は衣笠の方がはやかったが、進水(衣笠10月24日/青葉9月25日)・竣工(衣笠9月30日/青葉9月20日)ともにやや遅れている[20]

加古級(古鷹型)20㎝単装砲塔六門に対し、青葉型青葉、衣笠は最初から20㎝連装砲塔3基六門という配置となっており、本型と加古級の外見上相違点となった[21]。のちに加古、古鷹も近代化改装の際に20.3㎝連装砲塔3基六門へ換装している。

就役後は第五戦隊旗艦任務に就く。1928年には航空機用カタパルトを装備した初の日本海軍艦艇となった。呉鎮守府所属。1936年(昭和11年)当時は古賀峯一少将を司令官として第七戦隊(青葉《旗艦》、衣笠、古鷹)を編制していた[22]。10月、青葉と衣笠は夜間航行中に衝突事故を起こした[23]。訓練終了後、青葉、衣笠、古鷹の単縦陣は速度を6ノットに減速することになったが、衣笠は青葉の信号を見落とし9ノットで直進、誰一人気付かないまま青葉の艦尾に衝突した[24]。両艦とも深刻な損傷はなかったが、衣笠は応急修理を実施したのちも盛大な艦首波を出すようになったという[25]。この後、衣笠は10月29日神戸沖の観艦式(御召艦比叡、供奉艦《鳥海愛宕足柄》)に参加した[26]1937年(昭和12年)9月から近代化改修が始められ、改修作業は1940年10月に完了した。

太平洋戦争緒戦[編集]

太平洋戦争開戦時、衣笠は姉妹艦の青葉、古鷹型重巡洋艦の古鷹、加古と共に重巡4隻の六戦隊(司令官五藤存知少将)を編制していた。太平洋戦争開戦後、グアム島攻略ウェーク島攻略に参加。その後も第十八戦隊(天龍、龍田)や第六水雷戦隊(軽巡《夕張》)等と共にラバウル~ソロモン諸島を行動した。

1942年(昭和17年)5月上旬、衣笠以下第六戦隊はパプアニューギニアの首都ポートモレスビー攻略を企図するポートモレスビー作戦の一環としてMO攻略部隊(MO主隊)に所属し、珊瑚海海戦に参加する。第六戦隊(青葉、加古、衣笠、古鷹)と駆逐艦は空母祥鳳の護衛にあたるが、アメリカ軍機動部隊艦載機の集中攻撃により祥鳳が撃沈された[27]。第六戦隊はアメリカ軍の第二次空襲を避けるため祥鳳の沈没現場を離れ、のちに漣が反転して祥鳳生存者203名を救助した[28]。その後、第六戦隊第2小隊(衣笠、古鷹)はMO機動部隊に編入される[29]。第2小隊衣笠、古鷹は第六戦隊第1小隊(青葉、加古)と分離し、第五航空戦隊(司令官原忠一少将)の空母瑞鶴翔鶴、第五戦隊(MO機動部隊指揮官兼第五戦隊司令官高木武雄少将)の重巡妙高羽黒、護衛駆逐艦(第7駆逐隊《》、第27駆逐隊《時雨白露有明夕暮》)との合流地点へ向かった。5月8日朝、衣笠、古鷹はMO機動部隊に合流[30]。同日の戦闘でMO機動部隊攻撃隊は空母レキシントンを撃沈しヨークタウンに損傷を与えた。一方で翔鶴が大破、古鷹、衣笠、夕暮、潮は戦場を離脱する翔鶴を一時的に護衛した[31]。6月上旬、日本本土に戻った。ミッドウェー海戦による敗北の後、日本海軍はソロモン諸島防備強化の方針を打ち出す。整備・休養を終えた第六戦隊は第十八戦隊の軽巡天龍、龍田等と共にそれぞれ南方へ進出した。

ガダルカナル島の戦い[編集]

同年8月7日、アメリカ軍はガダルカナル島フロリダ諸島に上陸を開始、ガダルカナル島の戦いがはじまった。8月8-9日、衣笠は第八艦隊(司令長官三川軍一中将)旗艦鳥海の指揮下、重巡5隻(鳥海、青葉、加古、衣笠、古鷹)・軽巡2隻(天龍夕張)・駆逐艦1隻(夕凪)という戦力で第一次ソロモン海戦に参加、勝利に貢献した。だが、帰途において第六戦隊僚艦加古が米潜水艦S-44の雷撃により沈没した。大勝利に湧いていた第六戦隊の空気は、加古の沈没により一気に沈痛なものに変わったという[32]。加古の生存者650名は翌日になって駆逐艦卯月舟艇3隻に救助され、ニューアイルランド島カビエンに戻ったのち六戦隊姉妹艦に収容されている[33]。さらに特務艦石廊に乗船し、ラバウルへ向かった[34]

8月19日、第六戦隊はサンタイサベル島レカタ湾に進出して臨時水上機基地を設置したが、20日のアメリカ軍機動部隊出現によって撤収した[35]。翌日、第六戦隊(青葉、古鷹、衣笠)は、ラバウルから出撃してきた重巡鳥海および駆逐艦磯風と合流する[36]。その日、陸軍一木支隊はイル川渡河戦で全滅した。六戦隊第1小隊(青葉、古鷹)分離後の鳥海、衣笠、磯風はショートランド泊地に到着[37]。磯風はガダルカナル島砲撃のため残置され、鳥海、衣笠、夕凪が同泊地を出港して増援部隊輸送船団(第二水雷戦隊護衛)支援のために東進した[38]。しかし8月24日、第二次ソロモン海戦により空母龍驤が撃沈された。同日夜、鳥海の搭載水偵3(内1機は由良艦載機)、青葉、古鷹、衣笠の搭載水偵各1機が発進してガ島飛行場を空襲した[39]。8月25日午前1時45分、鳥海、青葉、古鷹、衣笠、夕凪は輸送船団(第二水雷戦隊)を視界内に認める[40]。日中、アメリカ軍機の空襲により二水戦旗艦神通が中破、駆逐艦睦月と輸送船金龍丸が沈没、輸送船団の突入も中止されるに至った[41]。神通は駆逐艦涼風に護衛されてトラック泊地へ回航され、増援部隊田中頼三第二水雷戦隊司令官は第15駆逐隊陽炎に将旗を掲げたのち、駆逐艦海風と共にショートランド泊地へ移動した[42]。26日15時、六戦隊1小隊(青葉、古鷹)と夕凪を分離後の鳥海、衣笠はラバウルに帰投[43]。輸送船団(駆逐艦《磯風、江風》、哨戒艇34・35、輸送船《ぼすとん丸、大福丸》)は夜になりショートランド泊地に到着した[42]

外南洋部隊指揮官(第八艦隊司令長官三川中将)は、田中が旗艦設備のない駆逐艦から輸送作戦全般の指揮をとるのは無理と判断[44]。27日附で衣笠を外南洋部隊増援部隊に編入し、ラバウルからショートランド泊地へ移動させる[45]。8月28日、同地にて田中司令官は陽炎から衣笠に移乗すると将旗を掲げ、衣笠は増援部隊(第二水雷戦隊)旗艦となった[46][47]。29日早朝、田中司令官はアメリカ軍機動部隊空襲を畏れて衣笠に乗りブーゲンビル島北西海面へ退避、夕方になってショートランドへ戻った[48]。この時、田中司令官は第八艦隊・第十一航空艦隊に対し、増援部隊輸送基地のショートランド退避およびラバウル後退・海軍艦艇による輸送作戦の中止(陸軍側主張による大発動艇輸送への賛同)を意見具申した[48]。これはショートランドを基地として軽快艦艇によるガ島突入や輸送を企図する第八艦隊とは正反対の方針だった[49]。ついに外南洋部隊(第八艦隊)は田中の更迭を決断[48]。増援部隊指揮官は第三水雷戦隊司令官橋本信太郎少将(旗艦川内)に交代し、衣笠も外南洋部隊支援隊に復帰した[48]。8月31日、田中少将は増援部隊の指揮を橋本(三水戦司令官)に引き継ぎ、駆逐艦夕霧に移乗してトラック泊地へ向かった[48]。これ以後、ガダルカナル島への輸送作戦(鼠輸送・東京急行)は第三水雷戦隊が担当することになった。

9月12日朝、ガダルカナル島ヘンダーソン飛行場に対する日本陸軍の攻撃を支援するため、外南洋部隊各隊はショートランドを出撃した。主隊(鳥海、青葉、衣笠、古鷹、天霧)、奇襲隊(川内、敷波、吹雪、涼風)、他に漣、潮、陽炎、白雪、浦波、夕立、叢雲はガ島ルンガ泊地へ向かったが、陸軍飛行場占領失敗の報告があり、後退した[50]。翌日にも鼠輸送や小規模な陸上砲撃を実施したが米艦艇は出現せず、各隊・各艦は9月15日-16日にかけてショートランドやラバウルへ戻った[51]

サボ島沖海戦[編集]

10月11日、第六戦隊(青葉、古鷹、衣笠)・第11駆逐隊第2小隊(吹雪初雪)はヘンダーソン飛行場基地砲撃を実施すべくガダルカナル島へ向かった[52]。だがアメリカ軍はノーマン・スコット少将率いる重巡洋艦2隻、軽巡洋艦2隻、駆逐艦5隻の艦隊を輸送船団から引き抜き、アイアンボトム・サウンドに派遣して待ち構えていた[53]。本夜戦(サボ島沖海戦/エスペランス岬沖海戦)で日本海軍は米艦隊に対し失態を演じた[54]。まず、敵艦隊はいないと判断して油断していた[55]。つづいて、サボ島方面に出現した米艦隊を、先行した日進輸送隊(水上機母艦《日進千歳》、駆逐艦《秋月朝雲夏雲白雪叢雲綾波》)と誤認して、レーダーを装備する米艦隊から先制攻撃を受けたのである[56]。 夜間水上戦闘により第六戦隊旗艦青葉が大破して五藤司令官が戦死、駆逐艦吹雪および青葉を掩護した第六戦隊僚艦古鷹が沈没、日中の空襲で駆逐艦夏雲、叢雲を喪失している。衣笠、初雪は米艦隊に損害を与え(駆逐艦1沈没、軽巡1大破・駆逐艦1大破、重巡1小破)、自らは軽微な損害で夜戦を切り抜けた[57]。この後、「初雪」は「古鷹」乗組員を救助して帰投した[58]。衣笠もアメリカ軍機5機の空襲を受けたが被害はなく、午前9時頃ショートランド泊地に戻った[59]宇垣纏連合艦隊参謀長は陣中日誌戦藻録に『当時の当時の戦況を仄聞するに無用心の限り、人を見たら泥棒と思へと同じく、夜間に於て物を見たら敵と思へと考へなく、一、二番艦集中攻撃を蒙るに至れるもの、殆ど衣笠一艦の戦闘と云ふべし。』と記述している[60]。青葉は修理のため内地へ回航され、第六戦隊は事実上衣笠1隻となった。

10月13日深夜、第三戦隊司令官栗田健男中将指揮下の戦艦金剛榛名および第二水雷戦隊(旗艦五十鈴)によるヘンダーソン基地艦砲射撃の際には、川内、由良の所属水偵が弾着観測を、古鷹、衣笠の所属水偵が照明弾投下という役目を帯びて飛行場砲撃に参加した[61]。同日夜、外南洋部隊指揮官(三川中将)は第四水雷戦隊(司令官高間完少将:旗艦「秋月)および高速輸送船6隻のガ島揚陸作戦を支援するため、重巡洋艦鳥海、衣笠と駆逐艦望月天霧をひきいてショートランド泊地を出撃する[62][63]。衣笠はサボ島沖海戦から戻ったばかりだった。10月14日-15日にかけて鳥海、衣笠は艦砲射撃(20㎝砲弾752発)を実施[64]。だが金剛、榛名、鳥海、衣笠の艦砲射撃でもヘンダーソン飛行場の戦力は失われておらず(新滑走路があったため)、日中の空襲により輸送船3隻を喪失、揚陸した物資もほとんど焼き払われてしまった[65][66]

10月17日朝、外南洋部隊主隊(鳥海、衣笠、天霧、望月)はショートランド泊地を出撃、東京急行としてガ島輸送作戦を実施する増援部隊(軽巡戦隊《川内、由良、龍田》、水雷戦隊《秋月、朝雲、白雪、暁、雷、村雨、夕立、春雨、五月雨、有明、白露、時雨》)を支援して行動した[67]。サボ島附近で天霧、望月は主隊と分離、警戒隊の駆逐艦村雨、時雨と連続で飛行場砲撃を実施している[67][68]。由良に潜水艦が発射した不発魚雷1本が命中したのみで、各隊・各艦に大きな被害はなかった。10月24日-25日のガ島日本陸軍飛行場総攻撃で、外南洋部隊主隊・増援部隊はガ島近海を行動して支援にあたる[69]。総攻撃は失敗し、アメリカ軍機の波状攻撃で軽巡由良が沈没、駆逐艦秋月が中破して戦線を離脱した(南太平洋海戦[70]。各隊は26日から28日までにショートランド泊地へもどった[69]

11月1日、外南洋増援部隊は戦力の再編を実施[71]。第三水雷戦隊司令官(増援部隊指揮官)は軽巡川内から重巡衣笠に移乗して将旗を掲げ、第一攻撃隊(衣笠、川内、天霧、初雪)を指揮する[71]。第一攻撃隊、第四水雷戦隊司令官指揮下の甲増援隊、第19駆逐隊司令指揮下の乙増援隊は同日深夜にショートランド泊地を出撃、11月2日深夜にガ島揚陸を実施するが、悪天候により甲増援部隊は一部物資を揚陸できなかった[71]。各艦に主な損害はなかった。衣笠の水偵は11月2日夜のガ島偵察でアメリカ軍艦爆3機と交戦、行方不明になった[71]。11月4日夕方、次の輸送作戦に備えて橋本三水戦司令官は将旗を衣笠から駆逐艦浦波に移した[72]。今度の輸送作戦は成功し、各隊は11月6日朝にショートランド泊地へ帰投[72]。これをもって増援部隊指揮官は三水戦司令官橋本信太郎少将から二水戦司令官田中頼三少将に交代し、橋本少将は旗艦川内(浦波より復帰)および第三水雷戦隊各艦をひきいてトラック泊地へ戻っていった[72]

第三次ソロモン海戦[編集]

11月10日、第六戦隊は解隊された[73]。健在だった衣笠は第八艦隊直属、修理を要する青葉は呉鎮守府部隊に編入という配備が決まる[74]。同日附で重巡古鷹と空母龍驤は軍艦籍より除籍された[75]。この前後、山本五十六連合艦隊司令長官は重巡洋艦によるガ島飛行場実施を下令しており、外南洋部隊は新たに配属された第七戦隊(鈴谷、摩耶)にこの任務を与えた[76]。ショートランド進出後の鈴谷、摩耶は衣笠、鳥海から零式弾を受け取ると対地砲撃訓練を実施、ガ島突入に備えた[76]

11月12日夜、飛行場砲撃に向かった挺身攻撃隊(第十一戦隊、第十戦隊、第四水雷戦隊)と米艦隊との間に夜間水上戦闘が勃発、比叡、暁、夕立が沈没して飛行場砲撃は中止された(第三次ソロモン海戦第一夜戦[77]。11月13日未明、アメリカ軍大型機の空襲により出撃準備中の駆逐艦満潮が大破した[77]。このため主隊所属の「朝潮」が、飛行場砲撃時に支援隊を護衛することになった[77]。午前3時-4時30分、外南洋部隊主隊(重巡《鳥海、衣笠》、軽巡洋艦《五十鈴》)と外南洋部隊支援隊(指揮官西村祥治第七戦隊司令官:旗艦「鈴谷」、重巡《鈴谷摩耶》、軽巡《天龍》、第10駆逐隊《夕雲巻雲風雲》、第8駆逐隊《朝潮》)はショートランド泊地を出撃する[76]。同日23時30分より「鈴谷、摩耶」はヘンダーソン飛行場砲撃を実施して20㎝砲弾合計989発を発射、十数機を破壊したが、飛行場の作戦能力に影響はなかった[78]

11月14日午前5時50分、飛行場砲撃を終えた支援隊は主隊と合流する[78][79]。合流後の陣形は、駆逐艦4隻(夕雲、巻雲、風雲、朝潮)が横一列に並んで艦隊前方を進み、左側に鳥海-衣笠-五十鈴・右側に鈴谷-摩耶-天龍の並列単縦陣を形成していた[80]。だが戦場離脱中にニュージョージア諸島南方海面で空母エンタープライズ艦載機と、ヘンダーソン基地から飛来した急降下爆撃機SBDドーントレスおよび雷撃機TBFアベンジャーの攻撃を受けた[78]

最初の攻撃は、ヘンダーソン基地から発進したワイルドキャット7機、ドーントレス7機、アベンジャー6機によるものだった[81]。彼らは衣笠の右舷に魚雷3本、左舷に魚雷1本命中を記録した[81]。続いて帰路についていたドーントレス2機が右舷に傾き油をひいた衣笠を発見すると急降下爆撃をおこない、前部甲板右舷・艦中央に500ポンド爆弾を命中させたと主張する[82]。衣笠は最初の攻撃で艦橋前部(右舷一番高角砲附近)に直撃弾を受け[80]、また至近弾で前部揮発油庫が炎上[78][83]。発電機室浸水という被害も受ける[84]。艦橋にいた艦長以下幹部達は最初の被弾時に戦死したとみられる[85][86]。注水により傾斜を回復し、火災も鎮火したが、第二次空襲で機関および舵が故障[78]。魚雷も命中し航行不能となる被害を受けた[87]

続いてSBD艦爆2機が到着した[82]。アメリカ軍の記録によれば、日本艦隊の隊列は乱れていた。炎上した衣笠の周囲に2隻の駆逐艦がおり、主力部隊は北西に向かい、軽巡洋艦1隻と駆逐艦1隻が衣笠の15km西、重巡洋艦1隻と駆逐艦1隻が衣笠の20km南西を西に向かっていたという[88]。1機は重巡洋艦(鳥海)を爆撃したが至近弾となった[88]。別の1機は行方不明となり、僚機は巡洋艦から激しい煙が上がるのを目撃[88]。この時、摩耶には被弾したSBD爆撃機が体当たりし、小火災が発生している[89]。9時22分、衣笠は南緯09度15分 東経157度45分 / 南緯9.250度 東経157.750度 / -9.250; 157.750地点で沈没した[78]。アメリカ軍記録南緯08度45分 東経157度00分 / 南緯8.750度 東経157.000度 / -8.750; 157.000。艦長の沢正雄大佐、副長宮崎房雄中佐を始めとする511名が戦死、生存者は駆逐艦に救助された[90]。この時、駆逐艦部隊も魚雷を投棄したため、外南洋部隊主隊は前進部隊(愛宕、高雄、霧島)の夜戦に協力できなかったと報告している[91]

さらにエンタープライズ隊SBD16機が戦場に到着、外南洋部隊主隊・支援隊を発見した[92]。攻撃隊指揮官は付近に日本空母がいる可能性を考慮して周囲を捜索したが発見できず、全機が目の前の巡洋艦部隊(外南洋部隊)を攻撃した[93]。2機が軽巡洋艦に爆弾を命中させ、左舷に傾いたと主張する[93]。だが五十鈴直撃弾落伍以外の決定的損害は受けず、一連の空襲で鳥海、摩耶、五十鈴が大小の損害を受けた[94]。エンタープライズ隊は転覆した衣笠の上空を飛びつつ、ガダルカナル島ヘンダーソン飛行場に着陸した[95]

その後、第二水雷戦隊各艦に護衛されガダルカナル島へ向かっていた輸送船団も空襲で大打撃を受け、飛行場砲撃に向かった前進部隊も米艦隊(戦艦2、駆逐艦4)と交戦して霧島、綾波を喪失した[96]。ガ島へ辿りついた輸送船も全隻破壊され、揚陸した物資もほとんど炎上、第三次ソロモン海戦は日本海軍の完全な敗北(輸送作戦失敗)で終わった[97]

12月15日、第三次ソロモン海戦で沈没した駆逐艦夕立、暁、綾波と共に重巡衣笠の除籍が決定した。 帝国軍艦籍[98]、 一等巡洋艦青葉型[99] のそれぞれから削除された。12月20日、第六戦隊も呉鎮守府籍より削除された[100]。第六戦隊に所属した重巡4隻(古鷹型2隻・青葉型2隻)のうち、所属部隊を幾度も変わった青葉のみ大破着底状態で終戦を迎えた。

歴代艦長[編集]

※『艦長たちの軍艦史』93-95頁、『日本海軍史』第9巻・第10巻の「将官履歴」に基づく。

艤装員長[編集]

  1. 田村重彦 大佐:1927年2月1日 -

艦長[編集]

  1. 田村重彦 大佐:1927年9月30日 - (1928年6月4日死去)
  2. 岩村兼言 大佐:1928年3月10日 - 12月10日
  3. 北川清 大佐:1928年12月10日 - 1929年11月1日
  4. 大田垣富三郎 大佐:1929年11月1日 - 1930年12月1日
  5. 染河啓三 大佐:1930年12月1日 - 1931年3月1日
  6. 渋谷荘司 大佐:1931年3月1日 - 1931年11月14日
  7. 大崎義雄 大佐:1931年11月14日 - 1932年12月1日
  8. 丹下薫二 大佐:1932年12月1日 - 1933年11月15日
  9. 坂本伊久太 大佐:1933年11月15日 - 1934年11月15日
  10. 武田盛治 大佐:1934年11月15日 - 1935年11月15日
  11. 畠山耕一郎 大佐:1935年11月15日 - 1937年4月1日
  12. 松永次郎 大佐:1937年4月1日 -
  13. 松山光治 大佐:1937年12月1日 -
  14. (兼)広瀬末人 大佐:1938年6月3日 -
  15. 佐藤勉 大佐:1938年6月15日 -
  16. 難波祐之 大佐:1939年11月15日 -
  17. 清田孝彦 大佐:1940年9月25日 -
  18. 沢正雄 大佐:1941年8月20日 - 1942年11月13日戦死

同型艦[編集]

参考文献[編集]

  • チェスター・ニミッツ/E・B・ポッター、実松譲・富永謙吾訳 『ニミッツの太平洋海戦史』 恒文社、1962年12月。
  • 宇垣纏著、成瀬恭発行人 『戦藻録 明治百年史叢書』 原書房、1968年1月。
  • 防衛庁防衛研修所戦史室 『戦史叢書 南東方面海軍作戦(1) ガ島奪還作戦開始まで』 朝雲新聞社、1971年9月。
  • 防衛庁防衛研修所戦史室 『戦史叢書83 南東方面海軍作戦(2) ガ島撤収まで』 朝雲新聞社、1975年8月。
  • 伊藤正徳 『連合艦隊の栄光』 角川書店、1974年7月。
  • 堀之内芳郎、野崎慶三発行人 「第四章、任海軍少尉 -重巡「古鷹」航海士時代-」『海軍三等士官・裏街道』 震洋通信、1982年6月。 
  • 竹村悟 『太平洋戦記ノンフィクション 軍艦青葉は沈まず 完勝!第一次ソロモン海戦』 今日の話題社、1986年4月。ISBN 4-87565-117-6
  • 雑誌「丸」編集部『写真 日本の軍艦 第6巻 重巡Ⅱ』(光人社、1989年) ISBN 4-7698-0456-3
  • 福井静夫 『日本巡洋艦物語 福井静夫著作集/第四巻-軍艦七十五年回想記』 光人社、1992年10月。ISBN 4-7698-0610-8
  • 高橋雄次 『鉄底海峡 重巡「加古」艦長回想記』 光人社NF文庫、1994年10月(原著1967年)。ISBN 4-7698-2062-3
  • 海軍歴史保存会『日本海軍史』第7巻、第9巻、第10巻、第一法規出版、1995年。
  • 奥宮正武 『ラバウル海軍航空隊』 学習研究社、2001年3月(原著1992年)。ISBN 4-05-901045-6
  • 外山操『艦長たちの軍艦史』光人社、2005年。 ISBN 4-7698-1246-9
  • 「歴史群像」編集部『歴史群像太平洋戦史シリーズVol.44 重巡古鷹・青葉型』(学習研究社、2005年) ISBN 4-05-603323-4
  • エドワード・P・スタッフォード 著、井原裕司 訳 『空母エンタープライズ THE BIG E 上巻』 元就出版社、2007年ISBN 978-4-86106-157-8
  • 諏訪繁治、高橋直一 『重巡鳥海奮戦記 武運長久艦の生涯』 光人社NF文庫、2010年5月。ISBN 978-4-7698-2643-9
  • 丸編集部編 『重巡洋艦戦記 私は決定的瞬間をこの目で見た!』 光人社、2010年11月。ISBN 978-4-7698-1485-6
    • 元第八艦隊司令長官・海軍中将三川軍一『第一次ソロモン海戦の思い出』
    • 当時「鳥海」砲術長・元海軍中佐仲繁雄『第八艦隊殴り込み鳥海砲術長の手記 第一次ソロモン海戦
    • 当時第六戦隊先任参謀・元海軍中佐貴島掬徳『悲運の第六戦隊、米電探に散る サボ島沖夜戦
    • 元「衣笠」乗組・海軍上等機関兵曹村上兵一郎『夜戦の雄衣笠ソロモン海に没す』
  • 近代デジタルライブラリー - 国立国会図書館
    • 海軍有終会編 『幕末以降帝国軍艦写真と史実』 海軍有終会、1935年11月。
    • 川崎造船所編 『川崎造船所四十年史』 川崎造船所、1936年11月。
    • 神戸市役所 『昭和十一年海軍特別大演習観艦式神戸市記念誌』 神戸市役所、1937年5月。
    • 海軍研究社編輯部 編 『ポケット海軍年鑑 : 日英米仏伊独軍艦集. 1937,1940年版』 海軍研究社、1937年2月。
    • 海軍研究社編輯部 編 『日本軍艦集 2600年版』 海軍研究社、1940年7月。
  • アジア歴史資料センター(公式)(防衛省防衛研究所)
    • Ref.C04015583000「軍艦衣笠工事予定概括表訂正の件」
    • Ref.C11080338400 『外国大公使館附海軍武官往復文書(英米仏伊露西班牙雑)大正10年/大正10年5月20日新艦起工予定及同造船所名の件』。
    • Ref.C11080359700 『大公使館附海軍武官往復文書(米国仏国の部))大正11年/大正11年10月12日第3451号 我海軍軽巡に関する問合せの件』。
    • Ref.C04015649300 『軍艦衣笠艦名起原に関する件』。
    • Ref.C04015559900 『規則書類送付の件』。
    • Ref.C04015074200 『公文備考儀制6止巻19/皇族御差遣の件』。
    • Ref.C04015584600 『1等巡洋艦衣笠命名式々場設備の件』。
    • Ref.C04015074400 『衣笠進水式に外国人招待の件』。
    • Ref.C13071974300 『昭和12年12月1日現在10版内令提要追録第3号原稿/ 巻1追録/第6類機密保護』。
    • Ref.C13072003500 『昭和16年12月31日現在10版内令提要追録第10号原稿2.3』。
    • Ref.C08051772000 『昭和16年~昭和20年 戦隊 水戦輸送戦隊 行動調書』。
    • Ref.C05035389600 『公文備考 昭和11年T事件巻5』。
    • Ref.C08030045300 『昭和16年12月1日~昭和17年10月12日 第6戦隊戦時日誌戦闘詳報(1)』。
    • Ref.C08030045400 『昭和16年12月1日~昭和17年10月12日 第6戦隊戦時日誌戦闘詳報(2)』。
    • Ref.C08030045500 『昭和16年12月1日~昭和17年10月12日 第6戦隊戦時日誌戦闘詳報(3)』。
    • Ref.C08030045600 『昭和16年12月1日~昭和17年10月12日 第6戦隊戦時日誌戦闘詳報(4)』。
    • Ref.C08030045700 『昭和16年12月1日~昭和17年10月12日 第6戦隊戦時日誌戦闘詳報(5)』。
    • Ref.C08030045800 『昭和16年12月1日~昭和17年10月12日 第6戦隊戦時日誌戦闘詳報(6)』。
    • Ref.C08030045800 『昭和16年12月1日~昭和17年10月12日 第6戦隊戦時日誌戦闘詳報(7)』。
    • Ref.C08030571200 『昭和17年6月1日~昭和17年6月30日 軍艦加古戦時日誌(1)』。
    • Ref.C08030571300 『昭和17年6月1日~昭和17年6月30日 軍艦加古戦時日誌(2)』。
    • Ref.C08030060600 『昭和17年5月1日~昭和17年7月31日 第18戦隊戦時日誌戦闘詳報(3)』。
    • Ref.C08030060700 『昭和17年5月1日~昭和17年7月31日 第18戦隊戦時日誌戦闘詳報(4)』。
    • Ref.C08030060800 『昭和17年5月1日~昭和17年7月31日 第18戦隊戦時日誌戦闘詳報(5)』。
    • Ref.C08030571400 『昭和17年7月1日~昭和17年7月31日 軍艦加古戦時日誌』。
    • Ref.C08030571500 『昭和17年8月7日~昭和17年8月10日 軍艦加古戦闘詳報』。
    • Ref.C08030748100 『昭和17年8月8日 軍艦加古戦闘概報(ソロモン海域6S戦闘経過図)』。
    • Ref.C08030022500 『昭和17年9月14日~昭和18年8月15日 第8艦隊戦時日誌(1)』。
    • Ref.C08030022600 『昭和17年9月14日~昭和18年8月15日 第8艦隊戦時日誌(2)』。
    • Ref.C08030022700 『昭和17年9月14日~昭和18年8月15日 第8艦隊戦時日誌(3)』。
    • Ref.C08030747300 『昭和17年8月8日~昭和17年8月9日 軍艦鳥海第1次ソロモン海戦戦闘詳報(ツラギ海峡夜戦)(1)』。
    • Ref.C08030747400 『昭和17年8月8日~昭和17年8月9日 軍艦鳥海第1次ソロモン海戦戦闘詳報(ツラギ海峡夜戦)(2)』。
    • Ref.C08030746900 『昭和16年12月4日~昭和17年11月5日 鳥海戦闘詳報(馬来沖海戦.ソロモン海戦等)(1)』。
    • Ref.C08030747000 『昭和16年12月4日~昭和17年11月5日 鳥海戦闘詳報(馬来沖海戦.ソロモン海戦等)(2)』。
    • Ref.C08030095600 『昭和17年8月1日~昭和17年8月31日 第2水雷戦隊戦時日誌(1)』。
    • Ref.C08030047600 『昭和17年4月1日~昭和18年8月31日 第7戦隊戦時日誌戦闘詳報(5)』。
    • Ref.C08030325900 『昭和17年9月1日~昭和17年12月31日 呉鎮守府戦時日誌(5)』。
    • Ref.C12070064400 『大正1年達完/達大正1年8月』。
    • Ref.C12070080800 『大正11年 達完/達大正11年8月』。
    • Ref.C12070081000 『大正11年 達完/達大正11年10月』。
    • Ref.C12070082500 『大正12年 達完/達大正12年9月』。
    • Ref.C12070166900 『昭和17年10月~12月内令4巻止/昭和17年12月(3)』。
    • Ref.C12070167000 『昭和17年10月~12月内令4巻止/昭和17年12月(4)』。

脚注[編集]

  1. ^ 性能諸元は主に青葉の値
  2. ^ #日本軍艦集2600年版p.27『一等巡洋艦 衣笠(きぬがさ) (諸元略)起工大正13年1月23日、進水大正15年10月24日、竣工昭和2年9月30日、建造所神戸川崎造船所-青葉と同型。ぐつと上つた艦首、反對にさがつた艦尾がよくわかる。』
  3. ^ a b #達大正11年8月p.8『達第百五十一號 軍備補充費ヲ以テ大正十一年度ニ於テ建造ニ着手スヘキ一等巡洋艦二隻ニ左ノ通命名セラル|大正十一年八月十一日 海軍大臣男爵加藤友三郎|川崎造船所ニ於テ建造 衣笠キヌカサ|三菱長崎造船所ニ於テ建造 古鷹フルタカ』
  4. ^ #艦艇類別等級(昭和16年12月31日)p.2『軍艦|巡洋艦|一等|青葉型|青葉、衣笠』
  5. ^ a b #幕末以降帝国軍艦写真と史実p.122『艦名考:山名に採る、横須賀軍港の南に三浦一族の居城たりし衣笠城址あり、此丘の名に採れるものなり(別に阿波国麻植・美馬の二郷に跨る標高3,705尺の同名の山あり、之に採るとの説あり、附記す)。』
  6. ^ #軍艦衣笠艦名起原に関する件pp.1-2
  7. ^ a b c #日本巡洋艦物語92-94頁
  8. ^ #規則書類送付の件p.3『『昭和三年一月十二日 横須賀 衣笠 副長 軍務局戸塚中佐殿 豫テ今泉横須賀鎮守府副官ヲ介シ貴局ノ御内意様置候次第ノ平野神社、走水神社及衣笠神社ニ奉納額用及繪葉書用航影ハ別紙ノ通ノモノニ有之候ニ付御了知相成度右送付ス』
  9. ^ #達大正1年8月p.32『達第十一號 艦艇類別標準別表ノ通改正セラル 大正元年八月二十六日 海軍大臣男爵斎藤實 |艦艇類別標準|軍艦|巡洋艦|一等|七千頓以上|二等|七千頓未満』
  10. ^ #達大正11年10月p.2『達第百七十六號 軍備補充費ヲ以テ大正十年度ニ於テ建造ニ着手スヘキ二等巡洋艦四隻ノ内加古ノ艦型ヲ一等巡洋艦ニ變更シ大正十一年度ニ於テ川崎造船所ニ於テ建造セシム|大正十一年十月九日 海軍大臣男爵加藤友三郎』
  11. ^ a b #達大正11年10月p.2『達第百七十八號 艦艇類別等級別表中左ノ通改正ス|大正十一年十月九日 海軍大臣男爵加藤友三郎|巡洋艦一等ノ欄ニ加古、衣笠、古鷹ヲ加ヘ同二等ノ欄「加古、」ヲ削ル』
  12. ^ #我海軍軽巡に関する問合せの件p.3『衣笠加古|7.100|未起工(契約済)|古鷹|7.100|未起工(契約済)|Ⅲ衣笠|7.100|仝右未起工』
  13. ^ a b #達大正11年10月p.2『達第百七十七號 軍備補充費ヲ以テ大正十一年度ニ於テ建造ニ着手スヘキ一等巡洋艦二隻ノ内衣笠ノ建造年度ヲ大正十二年度ニ繰下ゲ建造所ハ未定トス|大正十一年十月九日 海軍大臣男爵加藤友三郎』
  14. ^ #艦船要目公表範囲(昭和12年12月1日)p.3『加古|一等巡洋艦|(艦要目略)|神戸川崎造船所|大正11-11-17|大正14-4-10|大正15-7-20|(艦装備略)』
  15. ^ #艦船要目公表範囲(昭和12年12月1日)p.3『古鷹|一等巡洋艦|(艦要目略)|三菱長崎造船所|大正11-12-5|大正14-2-25|大正15-3-31|(艦装備略)』
  16. ^ #艦艇類別等級(昭和16年12月31日)p.2『軍艦|巡洋艦|一等|古鷹型|古鷹、加古』
  17. ^ #達大正12年9月p.1『達第百九十一號 艦艇製造費ヲ以テ大正十二年度ニ於テ長崎三菱造船所ニテ建造ニ着手スヘキ一等巡洋艦一隻ニ左ノ通命名セラル 大正十二年九月十八日 海軍大臣財部彪 七千百頓級巡洋艦 青葉アヲバ』-『達第百九十三號 艦艇類別等級表中巡洋艦一等ノ欄古鷹ノ下ニ青葉ヲ加フ 大正十二年九月十八日 海軍大臣財部彪』
  18. ^ #達大正12年9月p.1『達第百九十二號 一等巡洋艦衣笠ノ建造所ヲ川崎造船所トシ製造費支出科目ヲ艦艇製造費ニ變更ス 大正十二年九月十八日 海軍大臣財部彪』
  19. ^ #艦船要目公表範囲(昭和12年12月1日)p.3『衣笠|一等巡洋艦|(艦要目略)|神戸川崎造船所|大正13-1-23|大正15-10-24|昭和2-9-30|(艦装備略)』
  20. ^ #艦船要目公表範囲(昭和12年12月1日)p.3『青葉|一等巡洋艦|(艦要目略)|三菱長崎造船所|大正13-2-4|大正15-9-25|昭和2-9-20|(艦装備略)』
  21. ^ #ポケット海軍年鑑(1937)p.34『一等巡洋艦"衣笠きぬがさ" 衣笠も亦要目に於ては加古、古鷹と同様であるがその主砲たる20糎砲の配列が單装砲塔から二聯装砲塔へと變化した。即ち前部に2個、後部に1個の砲塔としたため單装6砲塔の加古級に比し半籔の砲塔で足りることゝなり従つて甲板上にも大いにゆとりが出來た。後檣下には大きな飛行機格納所があり"カタパルトCata-Pult"は後檣の後に廻つた。尚外誌によると加古級の搭載し得る燃料は石炭400頓と、重油1,200頓であるが、衣笠、青葉になると石炭は同様400頓であるが、重油は1,600頓に増加してゐるといつてゐる。』
  22. ^ #海軍三等士官71頁
  23. ^ #昭和11年T事件巻5p.1『第七戦隊青葉衣笠觸衝報告』
  24. ^ #海軍三等士官83頁
  25. ^ #海軍三等士官85頁
  26. ^ #昭和十一年海軍特別大演習観艦式神戸市記念誌p.44
  27. ^ #戦史叢書南東方面海軍作戦(1)274頁「二 五月七日の戦闘」
  28. ^ #戦史叢書南東方面海軍作戦(1)285頁
  29. ^ #戦史叢書南東方面海軍作戦(1)298頁
  30. ^ #戦史叢書南東方面海軍作戦(1)305頁
  31. ^ #戦史叢書南東方面海軍作戦(1)318頁
  32. ^ #青葉は沈まず104頁
  33. ^ #S1708加古戦闘詳報p.12『翌11日早朝駆逐艦卯月及呉鎮守府第三特別陸戦隊舟艇三隻ノ救援ヲ受ケ「カビエン」ニ輸送「メウェパセージ」停泊中ノ六戦隊僚艦ニ収容セラレタリ』
  34. ^ #鉄底海峡201頁
  35. ^ #戦史叢書83ガ島戦49頁『レカタ基地の設置』
  36. ^ #S1709八艦隊日誌(1)p.56『二十一(天候略)0545 6S合同(略)0942衣笠発砲(略)一木先遣支隊ハ飛行場占領ヲ決行シタルモ相當ノ損害ヲ蒙リ目的ヲ達セズ』
  37. ^ #S1709八艦隊日誌(1)p.58『二十三(天候略)1612鳥海衣笠磯風ヲ率ヒ「ショートランド」ニ入港「アケボノ」丸ヨリ重油補給ヲナス 2015鳥海衣笠夕凪ヲ率ヰ「ショートランド」發(略)』
  38. ^ #戦史叢書南東方面海軍作戦(1)584頁
  39. ^ #S1709八艦隊日誌(1)p.59『二十五(天候略)0000鳥海三機(内一由良機)及6S各水偵一機RX・L攻撃ニ向フ』
  40. ^ #S1709八艦隊日誌(1)p.59『二十五(天候略)〇一四五 230度ニ味方船團ヲ認ム』
  41. ^ #ラバウル海軍航空隊(学研M文庫)104、114頁
  42. ^ a b #戦史叢書83ガ島戦21頁
  43. ^ #S1709八艦隊日誌(1)pp.59-60『二十五(天候略)一七一八夕凪解列/二二〇〇 1D/6S分離ス』-『二十六(天候略)一五〇〇鳥海衣笠ヲ率ヒ「ラバウル」着』
  44. ^ #ラバウル海軍航空隊(学研M文庫)107頁
  45. ^ #戦史叢書83ガ島戦24頁
  46. ^ #戦隊行動調書p.36『艦在所|神通→25←陽炎→28←衣笠→31←夕霧』
  47. ^ #S1708二水戦日誌(1)pp.3-4『8月25日ニ神通ハ敵「グラマン」戦闘機四ノ爆撃ヲ受ケ損傷「トラック」ニ回航 同日陽炎ニ将旗ヲ移揚 28日「ショートランド」ニ於テ衣笠ニ31日夕霧ニ夫々将旗ヲ移揚31日増援部隊ノ指揮ヲ3sd司令官ニ引継グト共ニ夕霧「トラック」ニ向ケ「ショートランド」発』
  48. ^ a b c d e #戦史叢書83ガ島戦31-33頁
  49. ^ #S1709八艦隊日誌(1)pp.55-56『「ガ」飛行場ヲ敵ハ使用シ始メタルモノノ如シ爾後「ショートランド」ヲ基地トシ軽快艦艇ヲ以テ毎夜「ケ」ニ突入敵艦艇撃滅ニ決ス』
  50. ^ #戦史叢書83ガ島戦104頁
  51. ^ #戦史叢書83ガ島戦106頁
  52. ^ #S1709八艦隊日誌(2)p.42『第六戦隊 第十一駆|10-11|KXI砲撃ノ為進撃中「サボ」島ノ二八〇度一五浬ニ於テ敵巡艦駆逐艦数隻ヲ發見之ト交戦ス』
  53. ^ #ニミッツの太平洋海戦史125-128頁『十月の攻撃』
  54. ^ #ニミッツの太平洋海戦史126-128頁『第17図エスペランス岬沖海戦(1942年10月11~12日)』
  55. ^ #S1612六戦隊日誌(6)pp.35-36『情況判断トシテハ敵水上部隊ハ「ルンガ」附近ニ入泊補給増強ヲ為シアルモ夜間ハ遠ク東南方ヘ避退スルカ又ハ「ツラギ」港内深ク遁入シ僅カニ魚雷艇数隻ヲ以テ我増援部隊ニ対シ一部ノ反撃ヲ企図シアルニ過ギザル情況ナリシヲ以テ當我隊ノ「ガダルカナル」基地砲撃ニ対シテモ敵ノ大兵力水上部隊ヲ以テスル反撃等ハ殆ド無ノ機会ナキモノト判断シアリ。當日ハ昼間ノ我索敵偵察機、夜間ノ我増援部隊(第六戦隊ヨリ僅カ三時間以前「サボ」島附近ヲ通過シ「タサハロング」ニ入泊セリ)等ニ依ル敵情通報ニ於テ何等敵情ヲ得ザリシヲ以テ特ニ警戒ヲ厳ニ為シアリキ』
  56. ^ #戦史叢書83ガ島戦193-194頁
  57. ^ #戦史叢書83ガ島戦195頁
  58. ^ #S1612六戦隊日誌(6)p.41『初雪ハ会敵後直ニ取舵ニ転舵衣笠ニ続航中ナリシガ二三三〇古鷹ノ救援ニ向ヒ十二日〇〇〇八現場着古鷹沈没ト共ニ人員救助ニ努メタルモ天明後ノ敵機ノ襲来ヲ考慮シテ〇二〇〇救助ヲ打切リ人員五一三名(准士官以上三三名下士官兵傭人四八〇名)ヲ収容ノ後短艇二隻及円材等ヲ残置シ急速中央航路ヲ北上セリ』
  59. ^ #戦史叢書83ガ島戦201頁
  60. ^ #戦史叢書83ガ島戦199頁
  61. ^ #戦史叢書83ガ島戦213頁
  62. ^ #戦史叢書83ガ島戦217頁
  63. ^ #S1709八艦隊日誌(2)p.42『外南洋部隊|10-13 10-14|増援部隊ハ輸送船(崎戸九州笹子佐渡南海及吾妻山丸)ヲ護衛RXNニ進撃ス爾餘ノ外南洋部隊ハ右支援及敵艦艇撃滅ノ為出撃ス 3Sハ十三日夜約一時間ニ亘リRXIノ砲撃ヲ行フ船團ハ途中敵機ノ連續爆撃ヲ受ケタルモ被害ナク十四日二二〇〇「タサファロング」沖ニ入泊セリ鳥海衣笠ハ十四日夜「ルンガ」沖ニ突入RXIニ對シ艦砲射撃ヲ行フ』
  64. ^ #戦史叢書83ガ島戦219頁『外南洋部隊のガ島飛行場砲撃』
  65. ^ #戦史叢書83ガ島戦220-221頁
  66. ^ #S1709八艦隊日誌(2)p.43『輸送船(崎戸九州笹子佐渡南海及吾妻山丸)|10-15|十四日「タサファロング」ニ入泊セル船團ハ十五日〇三三五以後ヨリ連續的敵機ノ爆撃ヲ受ケ〇九四五吾妻山丸火災續イテ笹子丸一一二〇九州丸火災擱座一五三〇残存船團帰途ニ就ク』
  67. ^ a b #戦史叢書83ガ島戦224-225頁『十七日の輸送』
  68. ^ #S1709八艦隊日誌(2)p.43『第二駆(d×2)天霧望月|10-17|RXIノ砲撃制圧ヲ行フ鳥海衣笠ハ増援部隊ノ間接護衛ニ任ズ』
  69. ^ a b #戦史叢書83ガ島戦334頁
  70. ^ #S1709八艦隊日誌(2)pp.43-44『外南洋部隊|10-24 10-25|RXN陸軍総攻撃ハ二十二日ト決定サレタルモ陸軍進出ノ関係上順次繰下ゲラレ二十四日ト決定セリ、海軍ハ右作戰ニ策応スル為出撃セリ 飛行場占領ノ報ニ接シ各隊豫定ノ如ク進撃中右ハ誤報ナル事判明進出ヲ中止ス 但シ突撃隊(6dg駆2欠白露)ハ豫定ノ通「ルンガ」ニ突入ニ決ス敵巡「ルンガ」ニ在ルノ報ニ接シ第二攻撃隊4Sd(9dg、27dg欠)ヲ増派ス。突撃隊ハ特巡一小型輸送船二撃沈、駆逐艦ハ遁走ス 第二攻撃隊ハ連續敵機ノ爆撃ノ為由良ヲ失ヒ秋月亦被害アリ依ッテ損傷艦ハRXEニ帰投スベキ命ジ其ノ他ハ作戦ヲ續行ス 陸軍部隊ハ飛行場奪取ニ成功セズ』
  71. ^ a b c d #戦史叢書83ガ島戦346-347頁『輸送の実施』
  72. ^ a b c #戦史叢書83ガ島戦348-350頁
  73. ^ #戦隊行動調書p.6『11.10 6S解隊 6S(衣笠欠)ハ呉鎮守府ヘ』
  74. ^ #S1709呉鎮日誌(5)pp.16-17『十日〇〇〇四軍令部総長→十日〇四三〇各鎮長官 各警長官 各艦隊長官|大海機密第一〇〇〇〇四三五番電 昭和十七年度帝国海軍戦時編制中大海機密代二三一四二九番電第二項(内報)ノ通改定セラル(一部省略)<内報抄録>一.第六戦隊ヲ解隊シ衣笠ヲ第八艦隊ニ青葉ヲ呉鎮守府部隊ニ編入/二.龍驤、古鷹、伊號第三十潜水艦及伊號代三十三潜水艦ヲ戦時編制ヨリ除ク』
  75. ^ #S1709呉鎮日誌(5)p.17『十日〇〇〇八海軍大臣→十日一〇五〇各鎮長官 各警長官 各艦隊長官|官房機密第一〇〇〇八八三番電 十日附古鷹、龍驤ヲ軍艦籍ヨリ除カル』
  76. ^ a b c #戦史叢書83ガ島戦376頁『鈴谷、摩耶のガ島飛行場砲撃と衣笠の喪失』
  77. ^ a b c #戦史叢書83ガ島戦377頁
  78. ^ a b c d e f #戦史叢書83ガ島戦378頁
  79. ^ #S1709八艦隊日誌(3)p.20『主隊支援隊|11-13 11-14|主隊支援隊ハ増援部隊及輸送船団支援ノ爲RXEヲ出撃ス、支援隊(鈴谷摩耶天龍10dg(d×1缺)ハ「サボ」島沖ニ於テ主隊ト分離「ガ」飛行場砲撃ヲ實施ス 主隊支援隊ハ一四日〇六四〇ヨリ〇八四五迄三回敵機ノ雷爆撃ヲ受ケ衣笠沈没五十鈴大破鳥海摩耶至近弾ニ依リ小破ス』
  80. ^ a b #鳥海詳報馬来沖・ソロモン(2)p.21『第一次空襲時 衣笠一番高角砲ニ命中弾並ニ魚雷ヲ受ケ落伍沈没 爆撃機六、雷撃機六』
  81. ^ a b #BIG E上p.290-291
  82. ^ a b #BIG E上p.285
  83. ^ #S1704七戦隊日誌(5)p.13『0638敵機衣笠五十鈴ニ対シ急降下爆撃(衣笠炎上)』
  84. ^ #重巡洋艦戦記(2010)132-133頁
  85. ^ #重巡洋艦戦記(2010)135頁
  86. ^ #鉄底海峡226頁(沢艦長は艦橋窓から首を出しており、頭部を吹き飛ばされた)
  87. ^ #鳥海詳報馬来沖・ソロモン(2)pp.18-19『十四日〇六三〇頃ショートランドニ向ケ航行中敵空母ノ雷爆連續ノ空中ヲ受ク天候曇雲低ク吾ニ極メテ不利ナリ折カラノ艦爆六機急降下アット言フ間モナク衣笠ニ直撃弾息ツク間モナク雷撃隊ノ発射右ニ左ニ回避中衣笠ニ命中刻々速力低下沈ミ行キ駆逐艦ヲシテ乗員ヲ収容セシム』
  88. ^ a b c #BIG E上p.286
  89. ^ #鳥海詳報馬来沖・ソロモン(2)p.21『第二次空襲時 一.摩耶自爆機左高角砲甲板中央ニ落下小破ス/一.鳥海至近弾左中部五米/一.天竜五十鈴落伍シツヽアリ/一.爆撃機二』
  90. ^ #重巡洋艦戦記(2010)138頁(回想ではイカヅチとしているが、雷はこの海域にはいない)
  91. ^ #鳥海詳報馬来沖・ソロモン(2)p.20『敵艦隊ト決戰スベク行動中ノ吾又昼間ノ空爆ニ依リ魚雷全部誘爆ヲ慮シ投棄セシタメ魚雷一本モナク又燃料欠乏スガダルカナル揚陸作戦ハ完全ナル的空軍ノタメ大敗北ニ終ル』
  92. ^ #BIG E上p.287
  93. ^ a b #BIG E上p.288
  94. ^ #鳥海詳報馬来沖・ソロモン(2)p.22『第三次空襲時 一.鳥海至近弾四舷側二小破口ヲ生ス/二.五十鈴直撃弾一至近弾二浸水落伍ス/三.天竜至近弾被害ナシ』
  95. ^ #BIG E上p.289
  96. ^ #鳥海詳報馬来沖・ソロモン(2)p.19『第二次第三次ノ爆撃ニ依リ五十鈴直撃弾ニ依リ侵入中破摩耶鳥海小破ノ損害ヲ受ク一〇三〇(爆撃第一次ヨリ四時間)ニシテ敵空母ノ空襲距離外ニ出ズ敵機ハガ島飛行隊ト空母聯合大擧シテ折柄揚陸ニ急行中ノ輸送船團上空ニ雷中ノ連續雷爆撃被害甚大トナリ霧島愛宕高雄第二回飛行場制圧射撃ニ向ヒシモ又敵艦隊ト交戦ノ結果戦艦四巡洋艦二駆逐艦五以上撃沈セリ吾又霧島及綾波ヲ失フ』
  97. ^ #鳥海詳報馬来沖・ソロモン(2)pp.19-20『輸送船團ハ爆撃ヲ冒シテ全滅ヲ期シ突入夜戰々場ヲ迂回シテ十五日〇二〇〇傷ツキ乍ラ漸々揚陸地到着セシモ揚陸半バニシテ日出ト共ニ連續爆撃火災ヲ起シ完全ナルモノ一隻モ残存セズ若干揚陸セシ糧食弾薬又空爆ノタメ残存セルモノ僅カノミ輸送揚陸戰完全ニ失敗ニ終ル輸送船損傷ニ依ル人員ノ収容又駆逐隊ニテ精一杯ナリ』
  98. ^ #内令昭和17年12月(3)pp.1-2『内令第二千二百八十八號 呉鎮守府在籍 軍艦 衣笠 右帝国軍艦籍ヨリ除カル|横須賀鎮守府在籍 驅逐艦 暁、驅逐艦 夕立|呉鎮守府在籍 驅逐艦 綾波|右帝国驅逐艦籍ヨリ除カル|横須賀鎮守府在籍 伊號第二十二潜水艦|呉鎮守府在籍 伊號第百七十二號潜水艦 右帝国潜水艦籍ヨリ除カル|昭和十七年十二月十五日 海軍大臣嶋田繁太郎』
  99. ^ #内令昭和17年12月(3)p.19『内令第2317号 艦艇類別等級表中左ノ通改正ス 昭和十七年十二月十五日 海軍大臣嶋田繁太郎|軍艦、巡洋艦一等青葉型ノ項中「、衣笠」ヲ削ル 驅逐艦、一等白雪型ノ項中「、綾波」、「、暁」ヲ、同白露型ノ項中「、夕立」ヲ削ル(以下略)』
  100. ^ #内令昭和17年12月(4)pp.8-9『内令第二千三百四十八號 昭和十六年内令第千二百二十六號中左ノ通改正ス|昭和十七年十二月二十日 海軍大臣嶋田繁太郎|(中略)呉鎮守府ノ項中「第六戦隊」ヲ削ル』

関連項目[編集]