加古 (重巡洋艦)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
加古
H48204 Kako.jpg
基本情報
建造所 川崎造船所
運用者  大日本帝国海軍
級名 古鷹型重巡洋艦
艦歴
発注 1922年6月
起工 1922年11月17日
進水 1925年4月10日
就役 1926年7月20日
最後 1942年8月10日、米潜水艦の雷撃により沈没
南緯02度28分 東経152度11分 / 南緯2.467度 東経152.183度 / -2.467; 152.183
除籍 1942年9月15日[1]
要目(新造時 → 改装後)
基準排水量 7,950トン → 8,700トン
公試排水量 9,544トン → 10,507トン
全長 185.166m
最大幅 16.55m → 16.926m
吃水 5.56m → 5.61m
ボイラー 艦本式重油専焼缶10基、同混焼缶2基 → 艦本式重油専焼缶10基
主機 オールギアードタービン4基4軸
102,000hp → 103,390hp(公試成績)
速力 34.6ノット(公試成績)
→ 32.95ノット(公試成績)
燃料 重油:1,400トン、石炭:400トン
→ 重油:1,858トン
航続距離 6,000海里/14ノット時(公試成績)
→ 7,900海里/14ノット時(公試成績)
乗員 627名 → 639名
兵装

竣工時:
50口径20cm単装砲6門
40口径8cm単装高角砲4門
61cm連装魚雷発射管6基12門
八年式魚雷24本

改装後:
50口径20.3cm連装砲3基6門
45口径12cm単装高角砲4門
61cm4連装魚雷発射管2基8門
九三式魚雷16本
装甲 舷側76mm
水平32-35mm
主砲25mm
搭載機 1機 → 2機
(カタパルト0 → 1基)
テンプレートを表示

加古かこ)は、大日本帝国海軍重巡洋艦[2]古鷹型重巡洋艦(古鷹型一等巡洋艦)の2番艦[3]。時には加古型(加古級)と表記されることもあった[4][5][6][7]。世界に先駆けて20cm砲を採用した巡洋艦である[2][8]1942年(昭和17年)8月8日の第一次ソロモン海戦で活躍した後、その帰路に米潜水艦の雷撃により沈没した。

艦名[編集]

加古の艦名は兵庫県を流れる加古川に因んで命名された[9][10]。 当初は川内型軽巡洋艦(二等巡洋艦)として建造される予定であったが[11]ワシントン軍縮会議の結果、1922年(大正11年)3月17日建造中止の通達があった[12]。その後、艦型・艦種類は一等巡洋艦に変更となったが[13]、二等巡洋艦時の艦名が流用されたため、重巡洋艦に山の名を付ける帝国海軍の慣例に反し例外的に川の名が付けられた[9][14]。 なお、最上型重巡洋艦及び利根型重巡洋艦は日本海軍の内規上は二等巡洋艦であり、河川名で新規竣工した一等巡洋艦は「加古」が唯一である。

艦歴[編集]

建造経緯[編集]

大正時代の帝国海軍は、7000トン以上の巡洋艦を「一等巡洋艦」、7000トン未満の巡洋艦を「二等巡洋艦」と類別していた(大日本帝国海軍艦艇類別変遷[15]1921年(大正10年)3月19日、建造予定の二等巡洋艦4隻(川内型軽巡洋艦)に、それぞれ河川名より加古那珂川内神通の艦名が与えられた[16]。 6月9日、軽巡4隻(加古、那珂、川内、神通)は二等巡洋艦として艦艇類別等級別表に登録[17]

佐世保工廠で建造予定の『加古』は[18]10月9日、一等巡洋艦として川崎造船所で建造する事が決まる[19]。これをもって『加古』は二等巡洋艦から一等巡洋艦に類別変更された[20]。 また一等巡洋艦の建造艦名は1番艦衣笠、2番艦古鷹を予定していたが、加古の艦名流用により1番艦は加古へ、衣笠の建造は一等巡洋艦3番艦へ先送りされた[21][22]

加古は1922年(大正11年)11月17日川崎重工業神戸造船所において起工[23][24]1925年(大正14年)4月10日、梨本宮守正王列席の元で進水する[25][26]。川崎造船所に加古艤装員事務所を設置し、9月28日より事務を開始する[27]。だが諸事情により就役が遅れた[28]。竣工直前にクレーン事故で船体を損傷したのが原因とされる[14][29]

1926年(大正15年)7月20日に竣工[30][24]。後藤章大佐(加古艤装員長)が加古艦長(初代)となった[31]。同日附で艤装員事務所を撤去[32]。姉妹艦古鷹の受領(3月31日)より約4ヶ月遅れての完成だった[33][34]

古鷹型・青葉型計4隻のうち、加古・衣笠は神戸川崎造船所で[35]、古鷹・青葉は三菱長崎造船所で建造された[34][36]9月25日[36][37]、長崎造船所でおこなわれた青葉の進水式には皇族昭和天皇弟宮)の高松宮宣仁親王(当時、海軍少尉として古鷹乗組)が立ち会っており[38]、御召艦任務のため第五戦隊(加古、古鷹、川内、由良)も青葉進水式に参加する(親王は古鷹乗艦)[39]。 こうして竣工した一等巡洋艦青葉型(青葉、衣笠)は、加古級(古鷹型)20cm単装砲塔六門に対し、最初から20cm連装砲塔3基六門という配置となっている[40]。これが建造当初の加古型(古鷹型)と青葉型の外見上相違点となった[41]。のちに古鷹型(加古、古鷹)も近代化改装の際に20.3cm連装砲塔3基六門へ換装している。

竣工後[編集]

就役2年後 主砲が単装砲
1937年撮影 第1・2主砲
1941年撮影 カタパルト搭載は九四式水上偵察機
1939-1942年 12cm単装高角砲 後方は古鷹と衣笠

1926年(大正15年)7月20日、加古は竣工と共に横須賀鎮守府籍となる[42]。 8月1日、加古は第五戦隊(古鷹、軽巡川内、軽巡由良)に編入され[43][44][44]、古鷹より旗艦を継承する[45]。9月25日、第五戦隊は青葉の進水式に参加。12月1日、第五戦隊は古鷹、加古、軽巡神通、軽巡那珂となる[44]。加古はほぼ一貫して第五戦隊旗艦の任にあった[46][47]

1927年(昭和2年)8月24日、第五戦隊は島根県美保関沖で行われた演習に参加し、僚艦が衝突する美保関事件に遭遇した。神通、那珂などが大破したが加古に損傷はなく、沈没した駆逐艦と損傷艦の救援に従事した[48]。その後、戦艦金剛および同艦に曳航される神通を護衛し、舞鶴へむかった[49]

12月1日、第五戦隊は加古、古鷹、青葉、衣笠を揃えた[50][37]。旗艦は加古から衣笠に交代している[51][52]

1929年(昭和4年)5月2日、イギリス王室グロスター公爵ヘンリー王子ケント級重巡洋艦サフォークに乗艦して来日(横浜着)、第五戦隊2隻(加古、古鷹)はサフォークを出迎えた[53]。3隻(加古、古鷹、サフォーク)の乗組員は互いの艦を見学するなどして交流の機会を持っている[54]。あるイギリス士官の感想は「斯うした窮屈な艦を日本が造り得るのはせいぜいあと十年だらう。今に国民の生活程度が向上してこんな住居(すまゐ)には堪えられなくなる時が日本にもやがて来るに違ひない。」だった[55]。 11月7日、第五戦隊は古鷹が外れ[56]、加古、衣笠、青葉の3隻となった[57]1930年12月1日、加古は第五戦隊より除かれ、予備艦に指定された[42][58]

1931年(昭和6年)5月15日より、加古は横須賀海軍工廠で整備と装備の改善を実施[42]。6月下旬、ドイツの軽巡エムデンが来日し、日本海軍関係者はドイツの技術に注目した[59]。 そこでエムデンと同時期に完成した『加古級巡洋艦』との交換見学会が開かれた[60]。保守的な鋲構造の加古型(および日本海軍軍艦)に対し電気溶接を多用したドイツの軽巡エムデンに、見学者達は大きな興味を抱いている[61]。 また古鷹型には昭和天皇も注目しており、以前実施された扶桑型戦艦山城を御召艦とした小笠原諸島奄美大島方面の航海が好評だったことから、古鷹型(加古、古鷹)のどちらかを御召艦として八丈島へ行幸する計画も立案された[62]。だが、天皇が加古型(古鷹型)を御召艦とする機会はなかった。9月29日、加古は横須賀工廠を出渠[42]。10月1日附で呉鎮守府籍となる[42]。11月10日から呉海軍工廠に入渠した[42]

1932年(昭和7年)4月4日、江風型駆逐艦2隻(江風谷風)の残務処理事務所を加古艦内に設置する[63]。5月31日、加古は出渠[42]。11月1日附で第1予備艦に指定[42]。12月1日、加古は第五戦隊に編入され[42][50]、青葉、加古、衣笠の3隻となった[64]

1933年(昭和8年)5月20日、加古、青葉、衣笠で第六戦隊を編制[42][50][37]。11月15日、加古は第2予備艦に指定[42]。12月11日、呉警備戦隊に編入した[65]

1934年(昭和9年)2月1日、第1予備艦に指定[42]。7月20日、第五戦隊は重巡足柄、重巡羽黒、加古で再編[66][67]。11月10日より佐世保海軍工廠に入渠、11月15日より第3予備艦となる[42]。引続き呉警備戦隊に所属[68]

1935年(昭和10年)2月25日、佐世保工廠を出渠[42]。5月20日、呉工廠に入渠[42]1936年(昭和11年)7月、加古は大阪鉄工所(日立造船)において、主砲を換装する近代化改修に入る[69]1937年(昭和12年)12月27日、改装工事完成[42]

1939年(昭和14年)11月15日、第六戦隊は加古、古鷹で再編[42][56]。旗艦は加古に指定される[70][71]

1940年(昭和15年)10月11日、紀元二千六百年特別観艦式において昭和天皇は御召艦比叡(金剛型戦艦2番艦)に座乗、本艦は供奉艦(先導艦《高雄》、供奉艦《加古、古鷹》)として参列した[72]。11月15日、第六戦隊に「青葉」が編入[37]

1941年(昭和16年)3月1日、衣笠が第六戦隊に編入[50]。8月12日、加古は呉に移動した[42]。9月15日、第六戦隊司令官は五藤存知少将に交代した。

昭和6年〜7年(飛行機滑走台をカタパルトに換装、8cm高角砲を12cm高角砲へ換装等)と、昭和11年〜14年(主砲を単装砲塔から連装砲塔へ換装、混焼罐二基をやめて機関出力を強化、魚雷発射管の換装、射撃・航海諸装置の換装等)の近代化改装により、古鷹型重巡洋艦(古鷹、加古)は第一線級の戦力を保持していた[73]

太平洋戦争[編集]

太平洋戦争開戦時、第六戦隊は司令官五藤存知少将、青葉型重巡洋艦2隻(青葉衣笠)、古鷹型重巡2隻(加古、古鷹)という戦力で構成され、第1小隊(青葉、加古)・第2小隊(衣笠、古鷹)という編制だった[74]。さらに第六戦隊は、第四艦隊(南洋部隊)(司令長官井上成美中将:旗艦鹿島)の指揮下にあった[75]。12月8日の開戦と共に、第六戦隊はグアム島攻略に参加する[76]。 続いてウェーク島占領に向かった日本軍・第六水雷戦隊(旗艦夕張)と天龍型軽巡洋艦2隻(天龍龍田)の第十八戦隊(司令官丸茂邦則少将は昭和2年当時の加古砲術長)[77]ウェーク島第一次攻略戦で撃退された事に伴い、山口多聞少将率いる第二航空戦隊空母2隻(蒼龍飛龍)、阿部弘毅少将率いる利根型重巡2隻(利根筑摩)、第17駆逐隊(谷風浦風)と共に12月21日から25日にかけてウェーク島第二次後略戦に参加する[78]。この戦いで第六戦隊(青葉、加古、衣笠、古鷹)が発砲することはなかった[79][78]

1942年(昭和17年)1月-2月上旬にラバウル攻略、3月上旬はラエ・サラモア方面攻略作戦、4月上旬はブーゲンビル島方面およびアドミラルティー攻略作戦等、南方・ソロモン諸島を転戦する[80]。 5月上旬には珊瑚海海戦にも参加した。第六戦隊司令官五藤少将はMO攻略部隊指揮官となり、MO攻略部隊(第六戦隊《青葉、加古、衣笠、古鷹》、駆逐艦《》、空母《祥鳳》)を指揮する[81]。5月7日、祥鳳がアメリカ軍機動部隊艦載機の攻撃で撃沈され、生存者は漣に救助された[82]。5月8日、第六戦隊第1小隊(青葉、加古)は引き続きMO攻略部隊として行動し、第六戦隊第2小隊(衣笠、古鷹)はMO機動部隊に編入され、第五戦隊(妙高、羽黒)や第27駆逐隊(時雨、白露、有明、夕暮)と第五航空戦隊の空母2隻(翔鶴瑞鶴)を護衛している。加古水上偵察機1機が行方不明になったが、特設水上機母艦神川丸に救助されており、後日母艦に戻ってきた[83]。5月11日、アメリカ潜水艦に雷撃された敷設艦沖島の救援におもむくが[83]、沖島は駆逐艦睦月による曳航中に沈没した[84]

珊瑚海海戦の結果、日本海軍のポートモレスビー作戦は当分中止となった。それにともない第六戦隊各艦は日本本土へ回航され、整備に従事した[85]。第1小隊(青葉、加古)は5月22日、呉入港[42][37]6月5日、日本海軍はミッドウェー海戦で大敗。連合国軍の重用拠点ポートモレスビーの攻略とソロモン諸島における基地航空兵力の拡充は急務とされた[86]。そこで第四艦隊(司令長官井上中将)は『SN作戦』(南太平洋方面の航空基地適地調査・設営・各航空基地強化)と『「リ」号研究作戦』を下令[87]。ガダルカナル島航空基地の設置、ラエ、カビエン、ツラギ、ラバウル各基地の強化、またソロモン諸島航空基地適地の捜索等の諸任務に、第六戦隊・第十八戦隊(天龍龍田)・第六水雷戦隊(夕張、第29駆逐隊《追風夕月》)・第30駆逐隊(睦月望月卯月)等を投入する[88]

6月16日、第六戦隊第1小隊(青葉、加古)は呉を出撃、第十八戦隊(天龍、龍田)と合流後にトラック泊地へ向かい同月23日に到着[89]。到着直前、対潜哨戒に出撃した加古水上偵察機(1号機、搭乗員3名)が不時着[90]、開戦以来初の戦死者をだす[91]。トラック泊地にはミッドウェー海戦で大破した重巡最上(当時艦長曽爾章大佐、海兵44期)が停泊しており、加古艦長の高橋大佐は海軍兵学校同期の曽爾艦長を訪問している[92]

6月30日、第六戦隊第1小隊(青葉、加古)は第十八戦隊と共にトラックを出撃[93]。しばらくソロモン諸島方面を行動した[94]。7月10日、六戦隊第2小隊(衣笠、古鷹)が合流する[95][96]。当時の軽巡夕張以下第六水雷戦隊はガダルカナル島の基地設営輸送船団を護衛しており、第六戦隊はその支援に任じた[97][98]。7月14日、連合艦隊第二段作戦第二期の兵力部署改編により、第六戦隊・十八戦隊・各駆逐隊は第八艦隊(司令長官三川軍一中将:旗艦鳥海)を基幹とする外南洋部隊に編入される[99]。27日、第八艦隊は第四艦隊より外南洋部隊の指揮権を継承した[100]

沈没[編集]

1942年(昭和17年)8月8-9日、第六戦隊(青葉、加古、衣笠、古鷹)は第一次ソロモン海戦に参加し、アメリカの重巡アストリア(USS Astoria, CA-34)、ヴィンセンス(USS Vincennes, CA-44) へ打撃を与え、クインシー (USS Quincy, CA-39) およびオーストラリアの重巡キャンベラ(HMAS Canberra) の撃沈に貢献した。加古の砲弾消費は主砲192発、高角砲124発、25mm機銃149発、魚雷10本だった[101]。また偵察のため発進させていた水上偵察機も未帰還となった[102]

この戦闘で加古は損害を被ることはなかったが、帰還中の8月10日にアメリカの潜水艦S-44に捕捉された[103][104][105]。当時、第八艦隊旗艦鳥海、軽巡2隻(天龍夕張)、駆逐艦夕凪はラバウルやショートランド泊地に向けて回航中で、第六戦隊4隻のみニューギニア島カビエンに向かっていた[106]。到着まで数時間程の行程で、戦闘航海3日目のため各艦とも疲労の頂点に達していたという[107]。 同日午前7時、海上は視界40kmで平穏、六戦隊は第1小隊(青葉、加古)と第2小隊(衣笠、古鷹)の小隊並陣・各艦距離800mで速力16ノットを発揮、青葉水上偵察機1が前路哨戒を行っていたが、之字運動(対潜警戒運動)は実施していなかった[106][108]。「S-44」は約650m(700ヤード)の距離から4本の魚雷を発射、そのうち3本(S-44側は4本命中と判定)が命中した[109][110][104]。外二軸運転のため舵の効きが悪く、回避は難しかった[111]。7時9-10分より加古は被雷、1発目は加古の一番砲塔右舷に命中、2発目及び3発目は加古の弾薬庫及び缶室の近くに命中し7時15分に加古は右舷へ転覆し、沈没した[112]。沈没地点南緯02度28分 東経152度11分 / 南緯2.467度 東経152.183度 / -2.467; 152.183[113]。当時の加古には准士官以上54名・下士官兵660名・傭人4名が乗艦しており、このうち准士官以上6名・下士官兵61名の計67名(傭人1名を加えた場合は68名)が戦死した[109][114]。第六戦隊(青葉、古鷹、衣笠)は爆雷投射をおこなったのち、装載艇を放出してカビエンへ避退した[115]

  • 加古の沈没の一報をうけて宇垣纏連合艦隊参謀長は戦藻録に『道は九十九里を以て半すとの格言に相當するに非ざるか』と記録[116]チェスター・ニミッツ(当時太平洋艦隊司令長官)は潜水艦による加古喪失の効果について『アメリカ軍の惨敗をとにかく埋め合わせた』、『後日、日本海軍が東京急行に水上兵力を投入するにあたり、ずっと慎重で消極的な方法をとらせることになった』と指摘している[103]

艦長の高橋雄次大佐ら生存者650名は艦載艇に分乗し、一旦シンブリ島へ上陸した[117]。翌日、駆逐艦卯月(第30駆逐隊)と舟艇3隻に便乗してカビエンへ向かい、六戦隊姉妹艦に収容されている[118]。さらに特務艦石廊に乗船し、ラバウルへ向かった[119]。9月15日、加古は軍艦籍より除籍[120]。約1ヶ月後の10月12日、サボ島沖海戦で古鷹も沈没した[121]

歴代艦長[編集]

※『艦長たちの軍艦史』85-87頁、『日本海軍史』第9巻・第10巻の「将官履歴」に基づく。

艤装員長[編集]

  1. 後藤章 大佐:1925年9月18日[122] - 1926年7月20日[31]

艦長[編集]

  1. 後藤章 大佐:1926年7月20日[31] - 1927年11月15日[123]
  2. 吉武純蔵 大佐:1927年11月15日[123] - 1928年12月10日[124]
  3. 秋山虎六 大佐:1928年12月10日[124] - 1929年11月30日[125]
  4. 近藤信竹 大佐:1929年11月30日[125] - 1930年6月18日[126]
  5. 中村亀三郎 大佐:1930年6月18日[126] - 1930年12月1日[127]
  6. 井上勝純 大佐:1930年12月1日[127] - 1931年12月1日[128]
  7. 古賀七三郎 大佐:1931年12月1日[128] - 1932年12月1日[129]
  8. 水戸春造 大佐:1932年12月1日[129] - 1933年11月15日[130]
  9. 横山徳治郎 大佐:1933年11月15日[130] - 1934年11月15日[131]
  10. 柏木英 大佐:1934年11月15日[131] - 1935年11月15日[132]
  11. 藍原有孝 大佐:1935年11月15日[132] - 1936年7月1日[133]
  12. 大島乾四郎 大佐:1936年7月1日[133] - 1936年12月1日[134]
  13. 岡村政夫 大佐:1936年12月1日[134] - 1937年12月1日[135]
  14. 鎌田道章 大佐:1937年12月1日[135] - 1938年10月20日[136]
  15. 緒方真記 大佐:1938年10月20日[136] - 1939年5月1日[137]
  16. (兼)伊藤皎 大佐:1939年5月1日[137] - 1939年7月1日[138]
  17. 江戸兵太郎 大佐:1939年7月1日[138] - 1939年11月15日[139]
  18. 堀江義一郎 大佐:1939年11月15日[139] - 1940年10月15日[140]
  19. 木下三雄 大佐:1940年10月15日[140] - 1941年9月15日[141]
  20. 高橋雄次 大佐:1941年9月15日[141] - 1942年9月1日(横須賀鎮守府附)[142]

主な乗員[編集]

※日付は発令日、階級は当時

同型艦[編集]

脚注[編集]

  1. ^ #鉄底海峡228頁
  2. ^ a b #ポケット海軍年鑑(1937)p.33『一等巡洋艦"加古 かこ" 加古は艦型要目共に古鷹と同様で全長176.78米、幅15.47米、平均吃水4.50米。備砲20糎砲6門は何れも單装砲塔式である。この點すぐ後に出來た二聯装砲塔の衣笠、青葉と何れが勝れてゐるかは論じないが、その威力に相違のある筈はなく、時と場合によつてこの種の7,000頓重巡が用ひられると考へればよい。一等巡洋艦加古は20糎砲巡洋艦の最初の艦で、國産日本海軍がやうやく世界に怖れられて來た頃の待望を一身に擔つて生れたのである。列強の20糎砲巡洋艦の第一艦と較べて、優れたりとも決して劣つてはゐない。』
  3. ^ #艦艇類別等級(昭和16年12月31日)p.2『軍艦|巡洋艦|一等|古鷹型|古鷹、加古』
  4. ^ #倫敦海軍会議(3)参考p.2『華府会議後帝国海軍予算|大正十二年|総予算二七五,一四四(千圓)|軍艦建造費一〇四,二〇三(千圓)|軍艦建造計畫{補助艦補充計畫(昭和四年完成)(総額?億?千圓)/巡洋艦 一万頓四隻(那智級)/七千百頓(加古級)/驅逐艦 廿一隻/潜水艦 廿八隻』
  5. ^ #観艦式場計画要領の件p.3『六.各艦ノ距離ヲ左ノ通トス (イ)戦艦巡洋戦艦加古型各艦及赤城 六百米』
  6. ^ #神通.蕨.那珂 葦衝突事件報告(1)p.2『…甲軍ノ後衛タル第三戦隊及竜田ヲ加古型ト仮想スルコトニ改メ23日午後三時信號發令セリ…』
  7. ^ #ポケット海軍年鑑(1935)p.38夕張の項『今後はこれだと人々に思はせたが果たせるかな後年になつて計畫されたのがあの7,100頓の加古級である。即ちこの夕張は現在の一等巡洋艦完成の手引であつたとも見られるものである。』
  8. ^ #幕末以降帝国軍艦写真と史実p.238『一、所謂八吋砲巡洋艦出現 - 大正十一年(一九二二)、巡洋艦「加古」同年十一月神戸川崎造船所にて起工、八吋砲(二十糎砲)六門を装備す、所謂「八吋巡洋艦」の嚆矢なり』
  9. ^ a b #幕末以降帝国軍艦写真と史実p.121『加古(かこ)|艦種 一等巡洋艦 姉妹艦に古鷹・青葉・衣笠あり|艦名考 川名に採る、加古川は又印南川、氷河(ヒノカハ)とも云ふ、丹波国氷上(ヒノカミ)郡ニ發源し上流を佐治川と云ひ、多紀郡の大雲川を併せ播磨国に入り海に注ぐ。|艦歴 此艦は元球磨型の第十五艦の筈なりしも、後に至り古鷹型に変更、従って他の姉妹艦三隻の名何れも山名なるも此艦のみは球磨級と共に川名に採る。』
  10. ^ #ハンディ判艦艇写真集11p.2『艦名の由来』-『加古(かこ)―河川名』
  11. ^ #2等巡洋艦1隻製造の件p.5『大正十年九月二十一日 二等巡洋艦加古製造費豫算』
  12. ^ #軍艦加古工事に関する件p.3『大正十一年三月十七日 佐鎮司令長官宛 二等巡洋艦一隻建造ノ件取止メ』
  13. ^ #軍艦加古工事に関する件p.5『理由 軍縮ノ結果船型ノ変更(職工維持上製造所変更)必要アルニ由ル』
  14. ^ a b #日本巡洋艦物語92-94頁
  15. ^ #達大正1年8月p.32『達第十一號 艦艇類別標準別表ノ通改正セラル 大正元年八月二十六日 海軍大臣男爵斎藤實 |艦艇類別標準|軍艦|巡洋艦|一等|七千頓以上|二等|七千頓未満』
  16. ^ #達大正10年3月p.14『達第四十三號 軍備補充費ヲ以テ大正十年度ニ於テ建造ニ着手スヘキ二等巡洋艦四隻ニ左ノ通命名セラル|大正十年三月十九日 海軍大臣男爵加藤友三郎|加古カコ 那珂ナカ 川内センダイ 神通ジンツウ』
  17. ^ #達大正10年6月p.17『達第百十八號 艦艇類別等級別表中巡洋艦二等ノ欄「鬼怒」ノ下ニ「、加古、那珂、川内、神通」ヲ加フ|大正十年六月九日 海軍大臣男爵 加藤友三郎』
  18. ^ #大正10年5月20日新艦起工予定及同造船所名の件p.1『巡洋艦 加古 大正十一年以後 佐世保海軍工廠』
  19. ^ #達大正11年10月p.2『達第百七十六號 軍備補充費ヲ以テ大正十年度ニ於テ建造ニ着手スヘキ二等巡洋艦四隻ノ内加古ノ艦型ヲ一等巡洋艦ニ變更シ大正十一年度ニ於テ川崎造船所ニ於テ建造セシム|大正十一年十月九日 海軍大臣男爵 加藤友三郎』
  20. ^ #達大正11年10月p.2『達第百七十八號 艦艇類別等級別表中左ノ通改正ス|大正十一年十月九日 海軍大臣男爵 加藤友三郎|巡洋艦一等ノ欄ニ加古、衣笠、古鷹ヲ加ヘ同二等ノ欄加古、ヲ削ル』
  21. ^ #我海軍軽巡に関する問合せの件p.3『衣笠加古|7.100|未起工(契約済)|古鷹|7.100|未起工(契約済)|III衣笠|7.100|仝右未起工』
  22. ^ #達大正11年10月p.2『達第百七十七號 軍備補充費ヲ以テ大正十一年度ニ於テ建造ニ着手スヘキ一等巡洋艦二隻ノ内衣笠ノ建造年度ヲ大正十二年度ニ繰下ゲ建造所ハ未定トス|大正十一年十月九日 海軍大臣男爵 加藤友三郎』
  23. ^ 「1等巡洋艦工事予定概括表の件」pp.3
  24. ^ a b #艦船要目公表範囲(昭和12年12月1日)p.3『加古|一等巡洋艦|(艦要目略)|神戸川崎造船所|大正11-11-17|大正14-4-10|大正15-7-20|(艦装備略)』
  25. ^ 「軍艦進水の件」pp3-4、「軍艦加古」pp.22
  26. ^ 大正14年4月11日(土)海軍公報第3729号 p.40』 アジア歴史資料センター Ref.C12070297000 『○軍艦進水 神戸川崎造船所ニ於テ建造ノ軍艦加古四月十日午前八時進水セリ』
  27. ^ 大正14年9月30日(水)海軍公報第3869号 p.23』 アジア歴史資料センター Ref.C12070299000 『○事務所設置 軍艦加古艤装員事務所ヲ神戸川崎造船所内ニ設置シ本月二十八日ヨリ事務ヲ開始セリ』
  28. ^ #巡洋艦加古引渡期日延期pp.3-4
  29. ^ #ハンディ判艦艇写真集11p.45(竣工直後写真)
  30. ^ #軍艦加古工事予定概括表改正の件pp.4-5
  31. ^ a b c d 大正15年7月22日(木)官報第4174号。国立国会図書館デジタルコレクション http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/2956325 p.3
  32. ^ 大正15年7月22日(木)海軍公報第4106号 p.31』 アジア歴史資料センター Ref.C12070304100 『○事務所撤去 軍艦加古艤装員事務所ヲ神戸川崎造船所内ニ設置中ノ處本月二十日撤去セリ』
  33. ^ 「軍艦加古工事予定概括表改正の件」pp.3
  34. ^ a b #艦船要目公表範囲(昭和12年12月1日)p.3『古鷹|一等巡洋艦|(艦要目略)|三菱長崎造船所|大正11-12-5|大正14-2-25|大正15-3-31|(艦装備略)』
  35. ^ #艦船要目公表範囲(昭和12年12月1日)p.3『衣笠|一等巡洋艦|(艦要目略)|神戸川崎造船所|大正13-1-23|大正15-10-24|昭和2-9-30|(艦装備略)』
  36. ^ a b #艦船要目公表範囲(昭和12年12月1日)p.3『青葉|一等巡洋艦|(艦要目略)|三菱長崎造船所|大正13-2-4|大正15-9-25|昭和2-9-20|(艦装備略)』
  37. ^ a b c d e #ハンディ判艦艇写真集11p.104(重巡洋艦『青葉』行動年表)
  38. ^ #宣仁親王殿下御発着の件p.13
  39. ^ #青葉進水式儀礼p.7『附圖』
  40. ^ #ポケット海軍年鑑(1935)p.28『一等巡洋艦"加古 かこ" 加古は艦型要目共に古鷹と同様で全長176.78米、幅15.47米、平均吃水4.50米。備砲20糎砲6門は何れも單装砲塔式であるから、この點すぐ後に出來た衣笠、青葉の2艦をして一日の長たらしめてはゐるが、従来の巡洋艦が採り來つた形式と比較したならばその斬新振りに満足すべきであらう。この型に於て眼新らしく見られる前部甲板の彎曲してゐるのは高速航行に際して前方3個の砲塔及び艦橋(ブリツヂ)が飛沫に冒されるのを防ぐためである。又後部甲板が全部と反對に下つてゐるのはこの不要部分を割いてこれを武装の方に振當てた苦心の跡を物語るもの。尚この型は後檣の下に飛行機格納庫を有してゐる。後檣に副ふて飛行機揚収用の"デリツクderrick"が見えるであらう。』
  41. ^ #ポケット海軍年鑑(1937)p.34『一等巡洋艦"衣笠 きぬがさ" 衣笠も亦要目に於ては加古、古鷹と同様であるがその主砲たる20糎砲の配列が單装砲塔から二聯装砲塔へと變化した。即ち前部に2個、後部に1個の砲塔としたため單装6砲塔の加古級に比し半籔の砲塔で足りることゝなり従つて甲板上にも大いにゆとりが出來た。後檣下には大きな飛行機格納所があり"カタパルトCata-Pult"は後檣の後に廻つた。尚外誌によると加古級の搭載し得る燃料は石炭400頓と、重油1,200頓であるが、衣笠、青葉になると石炭は同様400頓であるが、重油は1,600頓に増加してゐるといつてゐる。』
  42. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s #ハンディ判艦艇写真集11p.43(重巡洋艦『加古』行動年表)
  43. ^ 大正15年5月31日(月)海軍公報第4061号 p.2』 アジア歴史資料センター Ref.C12070303300 『○郵便物發送先 第五戰隊司令部及古鷹川内由良宛(以下略)』
  44. ^ a b c #海軍制度沿革(巻4、1939)p.41『大正一五.一二.一(内令二四六)|聯合艦隊|第二艦隊|第四戰隊 金剛 比叡/第五戰隊 加古 古鷹 神通 那珂/第二水雷戰隊 夕張 第五 第二十二 第二十九 第三十驅逐隊/第二潜水戦隊 長鯨 第七 第十七潜水隊|大正十五年(略)第二艦隊 四.一(内令八一)古鷹(五戰)/八.一(内令一七四)加古(五戰)|大正十五年 第二艦隊 五.一(内令一〇二)名取(五戰)』
  45. ^ 大正15年8月6日(金)海軍公報第4118号 p.16』 アジア歴史資料センター Ref.C12070304300 『○旗艦變更 第二艦隊司令長官ハ本月五日第五戰隊司令官ノ旗艦ヲ古鷹ヨリ加古ニ變更セリ』
  46. ^ 昭和2年5月24日(土)海軍公報第116号 p.47』 アジア歴史資料センター Ref.C12070308800 『○旗艦變更 第二艦隊司令長官ハ自五月二十八日至六月十四日第五戰隊司令官ノ旗艦ヲ加古ヨリ古鷹ニ變更ス』
  47. ^ 昭和2年6月16日(木)海軍公報第135号 p.14』 アジア歴史資料センター Ref.C12070309100 『○旗艦變更 第二艦隊司令長官ハ本月十五日第五戰隊司令官ノ旗艦ヲ古鷹ヨリ加古ニ變更セリ』
  48. ^ #神通蕨那珂葦衝突報告(1)p.12『当時遭難地附近ニ在リテ極力短艇等ヲ以テ救難ニ従事シツツアリシ艦艇左ノ如シ 伊勢加古古鷹鬼怒阿武隈由良龍田第二十六第二十七駆逐隊』
  49. ^ #神通蕨那珂葦衝突報告(1)p.14『神通ハ損傷最甚シク二十五日午前八時其ノ防水補強作業終了シ金剛ハ之ヲ艦尾曳ニテ舞鶴ニ回航加古之ヲ護衛シ二十六日午前九時無事舞鶴着』
  50. ^ a b c d #ハンディ判艦艇写真集11p.105(重巡洋艦『衣笠』行動年表)
  51. ^ 昭和2年12月3日(土)海軍公報第277号 p.7』 アジア歴史資料センター Ref.C12070311200 『○旗艦變更 第二艦隊司令長官ハ本月一日第五戰隊司令官ノ旗艦ヲ加古ヨリ衣笠ニ、第二水雷戰隊司令官ノ旗艦ヲ夕張ヨリ名取ニ變更セリ』
  52. ^ 昭和3年1月23日(月)海軍公報第313号 p.11』 アジア歴史資料センター Ref.C12070313500 『○旗艦變更 第二艦隊司令長官ハ自一月二十三日至二月十四日第五戰隊司令官ノ旗艦ヲ一時衣笠ヨリ加古ニ變更ス(略)』
  53. ^ #グロスター公奉迎(1)p.14『加古、古鷹 英皇族「グロスター」公殿下奉迎並御乗艦「サフォーク」接伴任務報告』
  54. ^ #グロスター公奉迎(1)pp.21-23『(ロ)訪問交換 (略) (ニ)招待関係』
  55. ^ #増補 軍艦物語p.28『…がいつだったか観艦式の時に日本の新しい巡洋艦の加古だとかイギリスの一萬噸巡洋艦のサフォークとをお互に見せっこした時にイギリスの士官が斯う言った事がある』
  56. ^ a b #ハンディ判艦艇写真集11p.42(重巡洋艦『古鷹』行動年表)
  57. ^ #海軍制度沿革(巻4、1939)p.43『昭和四.一一.三〇(内令二七五)|聯合艦隊|第二艦隊|第四戰隊 妙高 那智 足柄 羽黒/第五戰隊 加古 衣笠 青葉/第二水雷戰隊 鬼怒 第十一 第十二 第十九驅逐隊/第二潜水戦隊 長鯨 第十八 第十九潜水隊|(編入略)|昭和四年(略)第二艦隊 一一.七(内令二五〇)古鷹(五戰)』
  58. ^ #海軍制度沿革(巻4、1939)p.43『昭和五.一二.一(内令二二八)|聯合艦隊|第二艦隊|第四戰隊 妙高 那智 足柄 羽黒/第五戰隊 青葉 古鷹/第二水雷戰隊 鬼怒 第十一 第十二 第十九驅逐隊/第二潜水戦隊 長鯨 第十九 第二十八潜水隊|(編入略)|(削除略)』
  59. ^ #エムデン見学交換(1)p.13『二.資料募集ノ件 「エムデン」ハ大戦ノ経験ニ鑑ミ獨独特ノ造船技術ニヨリ建造セルモノニシテ兵器等ニ於テハ学ブ所尠ナカラシモ一般艤装電気通信器及大戦ノ教訓ヲ活用セル諸点等参考トスベキ点多カラルベシト認メラル依ッテ構内関係各部職員ニテ仝艦ヲ見学スルヲ有利ト認ム此ノ際我海軍ヨリハ加古ヲ交換的ニ見学セシメ可然、ソノ範囲ハ追テ各部ト協議決定ノコトト致シ度』
  60. ^ #エムデン見学交換(2)p.3『エムデン見学ノ件覚 六-六-三〇 (略) (イ)艤装一般特ニ居住施設(加古級ト比較)』
  61. ^ #エムデン見学交換(4)p.2『船殻 (略)工作法に関しては外観上特に注意を惹きたるものなし。唯本級の進水は1925年の一月にして我古鷹級と建造の期を同じくせるが当時我海軍に於て電気溶接を実際に応用することの未だ行はれざりしに反し彼に於ては後に述ぶるが如き要領にして相当広範囲に溶接を使用し居る点は独逸に於ける溶接技術の進歩と云ふ点に於て相当注目に値するものと思考す。』
  62. ^ #天皇海軍兵学校卒業式行幸及八丈島大島御立寄の件取止めp.4『聖上陛下ニハ過般山城ニテ小笠原及奄美大島方面ニ行幸アラセラレ至極御満足ノ処更ニ「八丈島ヲ見ル機会アラバ此方面モオヨソ見聞サレタルコトトナル」トノ御意ヲ漏ラセラレタリ又平素ヨリ加古級御展覧ノ御意モアラセラルル様拝察スルニ付明年好季ニ加古級ニテ八丈島行幸ノ議アルモノトシテ内々海軍ニテ研究ヲ希望ス本件ハ宮内省高官トモ打合セアリ』
  63. ^ 昭和7年4月4日(月)海軍公報第1548号 p.15』 アジア歴史資料センター Ref.C12070332300 『○事務所設置 驅逐艦谷田風、江風残務處理事務所ヲ當分ノ間軍艦加古内ニ設置ス』
  64. ^ #海軍制度沿革(巻4、1939)pp.45-46『昭和七.一二.一(内令三七二)|聯合艦隊|第二艦隊|第四戰隊 高雄愛宕摩耶鳥海/第五戰隊 衣笠加古青葉/第二水雷戰隊 神通 第七 第八 第十一 第十二驅逐隊/第二潜水戦隊 球磨 第十八 第十九潜水隊|(編入略)|(削除略)』
  65. ^ #海軍制度沿革(巻4、1939)p.50『昭和八.一二.一一(内令四〇三)|呉警備戰隊|加古妙高那智阿武隈神通 第十三驅逐隊 第十六驅逐隊 第十九驅逐隊 第二十驅逐隊 第十八潜水隊 朝日|昭和九年六.一五(内令二五一)伊勢|昭和九年二.一(内令四二)那智妙高第十八潜水隊』
  66. ^ 昭和9年7月25日(水)海軍公報(部内限)第1849号 p.26』 アジア歴史資料センター Ref.C12070348100 『○郵便物發送先(略)第四艦隊司令部、軍艦伊勢、第五戰隊司令部、軍艦足柄羽黒加古(以下略)』
  67. ^ 昭和9年7月25日(水)海軍公報(部内限)第1849号 p.31』 アジア歴史資料センター Ref.C12070348100 『○郵便物發送先 第五戰隊發送先 第五戰隊司令部、軍艦足柄、羽黒、加古宛(以下略)』
  68. ^ #海軍制度沿革(巻4、1939)p.50『昭和九.一一.一五(内令四八一)|呉警備戰隊|日向加古天龍 第十一驅逐隊 第十二驅逐隊 第十九潜水隊 朝日|昭和十年七.二八(内令二八七)最上/八.一(内令二九一)浅間/八.一五(内令三二三)伊勢/八.二九(内令三三三)三隈|昭和九年一二.一五(内令五二一)朝日/昭和十年一〇.二四(内令四一三)第十一驅逐隊』
  69. ^ #ハンディ判艦艇写真集11p.55(大阪鉄工所桜島工廠写真)
  70. ^ 昭和14年11月17日(金)海軍公報(部内限)第3362号 p.45』 アジア歴史資料センター Ref.C12070381900 『○旗艦指定 第一艦隊司令長官ハ十一月十五日第六戰隊ノ旗艦ヲ加古ニ、第一水雷戰隊ノ旗艦ヲ阿武隈ニ、第四潜水戰隊ノ旗艦ヲ剣埼ニ孰モ指定セリ』
  71. ^ 昭和14年12月26日(火)海軍公報(部内限)第3393号 p.14』 アジア歴史資料センター Ref.C12070382500 『○旗艦一時變更 第六戰隊司令官ハ十二月十八日旗艦ヲ一時加古ヨリ古鷹ニ變更同日復歸セリ』
  72. ^ #ハンディ判艦艇写真集11p.56(紀元2600年特別観艦式写真)
  73. ^ #鉄底海峡16-18頁
  74. ^ #鉄底海峡14-15頁
  75. ^ #S1612六戦隊日誌(1)p.6『(ハ)任務編制配備 第六戦隊ハ南洋部隊支援部隊トシテ第四艦隊司令長官ノ作戦指揮下ニ在リG攻略戦支援AA作戦(二次)支援竝ニ「マーシャル」ヲ基地トスル各作戦ノ支援ニ任ジタリ 軍隊區分|艦船(隊)番號|第一小隊(一)(旗)青葉 (二)加古/第二小隊|(三)衣笠 (四)古鷹』
  76. ^ #青葉は沈まず21-24頁『グアム島攻略作戦支援』
  77. ^ a b 昭和2年12月2日(金)官報第279号。国立国会図書館デジタルコレクションhttp://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/2956739 p.8-9
  78. ^ a b #青葉は沈まず28-30頁『ウェーキ島攻略へ』
  79. ^ #S1612六戦隊日誌(1)pp.29
  80. ^ #波濤と流雲と青春と620頁
  81. ^ #鉄底海峡65頁
  82. ^ #戦史叢書南東方面海軍作戦(1)285頁
  83. ^ a b #鉄底海峡73-74頁
  84. ^ #戦史叢書南東方面海軍作戦(1)254頁
  85. ^ #戦史叢書中部太平洋方面海軍作戦(2)43頁『第六、第十八各戦隊のSN作戦における活躍』
  86. ^ #戦史叢書中部太平洋方面海軍作戦(2)38頁『作戦発想の経緯』
  87. ^ #戦史叢書中部太平洋方面海軍作戦(2)38頁『SN作戦及び「リ」号研究作戦の準備』
  88. ^ #戦史叢書中部太平洋方面海軍作戦(2)40頁『SN作戦計画の下令』
  89. ^ #S1706加古日誌(1)p.3『十六日六戦隊一小隊(青葉、加古)呉出港(略)十八日假泊地發十八戦隊ト合同ノ後豊後水道ヲ出撃諸訓練ヲ實施シツヽ二十三日「トラツク」着』
  90. ^ #S1706加古日誌(1)p.3『同日入港ノ際本艦一号機対潜警戒ニ従事中不時着シ搭乗員三名戦死ノ事故ヲ発生セリ』
  91. ^ #鉄底海峡88-97頁
  92. ^ #鉄底海峡101-102頁
  93. ^ #S1706加古日誌(1)p.3『三十日SN作戦支援部隊トシテ「トラツク」ヲ出撃「ソロモン」群島方面ニ向かヒ南下セリ』
  94. ^ #S1707加古日誌p.26『七月二日 RX東方海面ニ於テ機宜行動飛行索敵ヲ行フ』
  95. ^ #S1707加古日誌p.27『七月十日 二小隊合同』
  96. ^ #鉄底海峡106頁
  97. ^ #戦史叢書中部太平洋方面海軍作戦(2)44頁『第六水雷戦隊のSN作戦における活躍と同隊の解散』
  98. ^ #S1707加古日誌p.27『自七月十一日至七月十七日 SN作戦第一護衛隊間接支援ニ任ズ』
  99. ^ #鉄底海峡109-110頁
  100. ^ #S1707加古日誌p.28『七月二十七日 以後第八艦隊長官外南洋部隊ニ対スル作戦指揮ヲ第四艦隊長官ヨリ継承』
  101. ^ #S1708加古戦闘詳報pp.3
  102. ^ #S1708加古戦闘詳報p.17『(イ)八日午前一號機(零式水偵)不還(敵艦上機ト交戦自爆搭乗員三名ハ戦死セルモノト認ム)』
  103. ^ a b #ニミッツの太平洋海戦史361頁『ソロモン作戦』
  104. ^ a b #サボ島沖海戦250-251頁『重巡「加古」沈む』
  105. ^ #潜水艦戦争200頁『S44の喪失 一九四三年九月二六日』
  106. ^ a b #戦史叢書南東方面海軍作戦(1)493頁
  107. ^ #青葉は沈まず98-100頁『加古の沈没』
  108. ^ #鉄底海峡171頁
  109. ^ a b #戦史叢書南東方面海軍作戦(1)494頁
  110. ^ #鉄底海峡182-183頁
  111. ^ #鉄底海峡174頁
  112. ^ #S1708加古戦闘詳報p.10『…右舷艦首ニ一発引続キ右舷中後部ニ各一発計散髪ノ潜水艦魚雷ヲ受ケ右舷ニ大傾斜0715遂ニ沈没セリ』
  113. ^ #鉄底海峡178頁
  114. ^ #S1708加古戦闘詳報p.18『戦死|准士官以上6/下士官兵(傭人四ヲ含ム)|62(内傭人1)』
  115. ^ #青葉は沈まず103頁
  116. ^ #戦藻録(1968)165頁
  117. ^ #鉄底海峡189頁
  118. ^ #S1708加古戦闘詳報p.12『翌11日早朝駆逐艦卯月及呉鎮守府第三特別陸戦隊舟艇三隻ノ救援ヲ受ケ「カビエン」ニ輸送「メウェパセージ」停泊中ノ六戦隊僚艦ニ収容セラレタリ』
  119. ^ #鉄底海峡201頁
  120. ^ #S1709呉鎮日誌(1)pp.31-32『十五日〇〇三五海軍大臣→十五日〇九四五各鎮、各警、各艦隊司令長官|官房機密第一五〇〇三五四五番電 加古ヲ軍艦籍ヨリ除カル|無電』
  121. ^ #重巡十八隻p152-153
  122. ^ 大正14年9月19日(土)官報第3923号。国立国会図書館デジタルコレクション http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/2956072 p.4
  123. ^ a b 昭和2年11月16日(水)官報第266号。国立国会図書館デジタルコレクション http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/2956726 p.8
  124. ^ a b c 昭和3年12月11日(火)官報第587号。国立国会図書館デジタルコレクションhttp://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/2957052 p.9
  125. ^ a b c 昭和4年12月2日(月)官報第878号。国立国会図書館デジタルコレクション http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/2957345 p.12-13
  126. ^ a b 昭和5年6月19日(木)官報第1040号。国立国会図書館デジタルコレクション http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/2957507 p.4
  127. ^ a b c 昭和5年12月2日(火)官報第1179号。国立国会図書館デジタルコレクション http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/2957646  p.11- 12
  128. ^ a b 昭和6年12月2日(水)官報第1478号。国立国会図書館デジタルコレクションhttp://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/2957946 p.10
  129. ^ a b 昭和7年12月2日(金)官報第1778号。国立国会図書館デジタルコレクション http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/2958249 p.82
  130. ^ a b c 昭和8年11月16日(木)官報第2064号。国立国会図書館デジタルコレクション http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/2958537 p.8-9
  131. ^ a b 昭和9年11月16日(金)官報第2364号。国立国会図書館デジタルコレクション http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/2958840 p.9
  132. ^ a b 昭和10年11月16日(土)官報第2663号。国立国会図書館デジタルコレクション http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/2959142 p.9
  133. ^ a b 昭和11年7月2日(木)官報第2849号。国立国会図書館デジタルコレクション http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/2959330 p.8
  134. ^ a b 昭和11年12月2日(水)官報第2976号。国立国会図書館デジタルコレクション http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/2959458 p.20大島免職、p.21岡村補職
  135. ^ a b 昭和12年12月1日(発令12月1日付)海軍辞令公報(号外)第99号 p.20岡村免職、p.21鎌田補職』 アジア歴史資料センター Ref.C13072072700 
  136. ^ a b 昭和13年10月20日(発令10月20日付)海軍辞令公報(部内限)号外 第252号 p.25』 アジア歴史資料センター Ref.C13072074400 
  137. ^ a b 昭和14年5月1日(発令5月1日付)海軍辞令公報(部内限)第331号 p.1』 アジア歴史資料センター Ref.C13072075700 
  138. ^ a b 昭和14年7月3日(発令7月1日付)海軍辞令公報(部内限)第353号 p.4』 アジア歴史資料センター Ref.C13072076000 
  139. ^ a b 昭和14年11月15日(発令11月15日付)海軍辞令公報(部内限)第402号 p.31-32 』 アジア歴史資料センター Ref.C13072076700 
  140. ^ a b 昭和15年10月15日(発令10月15日付)海軍辞令公報(部内限)第543号 p.30 』 アジア歴史資料センター Ref.C13072079000 
  141. ^ a b 昭和16年9月15日(発令9月15日付)海軍辞令公報(部内限)第713号 p.26- 27 』 アジア歴史資料センター Ref.C13072082100 
  142. ^ 昭和17年9月1日(発令9月1日付)海軍辞令公報(部内限)第933号 p.2』 アジア歴史資料センター Ref.C13072086800 
  143. ^ 大正15年12月2日(木)官報第4283号。国立国会図書館デジタルコレクション http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/2956433 p.9
  144. ^ 昭和8年3月11日(金)官報第1857号。国立国会図書館デジタルコレクション http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/2958328 p.4
  145. ^ 昭和14年11月15日(発令11月15日付)海軍辞令公報(部内限)第402号 p.10 』 アジア歴史資料センター Ref.C13072076800 
  146. ^ 昭和16年8月20日(発令8月20日付)海軍辞令公報(部内限)第695号 p.6、8、9-10 』 アジア歴史資料センター Ref.C13072081800 

参考文献[編集]

  • 宇垣纏著、成瀬恭発行人 『戦藻録 明治百年史叢書』 原書房、1968年1月。
  • 海軍歴史保存会『日本海軍史』第7巻、第9巻、第10巻、第一法規出版、1995年。
  • 古村啓蔵ほか 『重巡十八隻 軍縮条約が生んだ最先端テクノロジーの結晶』 潮書房光人社、2015年4月。ISBN 978-4-7698-1590-7
    • 戦史研究家伊達久『重巡戦隊の編成変遷とその航跡の全貌』
    • 当時「青葉」主砲発令所伝令・海軍二等水兵小川泰介『旗艦「青葉」に水兵魂つきることなし 米軍ガ島反攻、六戦隊旗艦の緊張の二日間。主砲発令所伝令の証言
    • 元「青葉」高射機銃首席分隊士・海軍大尉竹村悟『ソロモンの狼と称された重巡「青葉」の生涯 五年にわたり生死を共にした叩き上げ特務士官が語る乗艦の真価
    • 当時「古鷹」側的分隊士・元海軍大尉高井太郎『古鷹側的分隊士が見た真夜中の完全試合 兵学校出たての少尉候補生が体験した第八艦隊ソロモンの大戦果
    • 戦史研究家塚田享『六戦隊「加古」「古鷹」「衣笠」ソロモンに潰ゆ 加古は米潜に、古鷹はレーダー射撃に、衣笠はグラマンに敗れた
    • 戦史研究家落合康夫『日本海軍重巡洋艦十八隻戦歴一覧』
  • 五月会 「山岸二郎 "加古沈没"(昭和15年6月~沈没まで加古主計長)」『波濤と流雲と青春と 第二期二年現役海軍主計課士官 四十周年記念文集』 朝雲新聞社、1980年4月。
  • 諏訪繁治、高橋直一 『重巡「鳥海」奮戦記 武運長久艦の生涯』 光人社NF文庫、2010年5月。ISBN 978-4-7698-2643-9
  • 外山操『艦長たちの軍艦史』光人社、2005年。ISBN 4-7698-1246-9
  • 高橋雄次 『鉄底海峡 重巡「加古」艦長回想記』 光人社NF文庫、1994年10月(原著1967年)。ISBN 4-7698-2062-3
  • 竹村悟 『太平洋戦記ノンフィクション 軍艦青葉は沈まず 完勝!第一次ソロモン海戦』 今日の話題社、1986年4月。ISBN 4-87565-117-1
  • チェスター・ニミッツ/E・B・ポッター、実松譲・富永謙吾訳 『ニミッツの太平洋海戦史』 恒文社、1962年12月。
  • R・F・ニューカム、田中至訳 『サボ島沖海戦 米軍史上最大の敗北』 光人社NF文庫、1998年4月(原著1963年)。ISBN 4-7698-2192-1
  • 福井静夫 『日本巡洋艦物語 福井静夫著作集/第四巻-軍艦七十五年回想記』 光人社、1992年10月。ISBN 4-7698-0610-8
  • レオンス・ペイヤール著、長塚隆二訳 『潜水艦戦争 1939-1945』 早川書房、1973年12月。
  • 防衛庁防衛研修所戦史室 『戦史叢書49 南東方面海軍作戦(1) ガ島奪還作戦開始まで』 朝雲新聞社、1971年9月。
  • 防衛庁防衛研修所戦史室 『戦史叢書62 中部太平洋方面海軍作戦(2) 昭和十七年六月以降』 朝雲新聞社、1973年2月。
  • 雑誌「丸」編集部『写真 日本の軍艦 第6巻 重巡II』(光人社、1989年(平成元年)) ISBN 4-7698-0456-3
  • ハンディ判日本海軍艦艇写真集11 重巡 古鷹・加古・青葉・衣笠』 雑誌『』編集部/編、光人社、1997年4月。ISBN 4-7698-0781-3
    • 宮崎良純『第一次ソロモン海戦を彩る"加古"血戦譜 ガ島攻防をめぐる暗黒の海上で激突した海戦で敵艦隊を撃滅した加古奮戦記
  • 丸編集部編 『重巡洋艦戦記 私は決定的瞬間をこの目で見た!』 光人社、2010年11月。ISBN 978-4-7698-1485-6
    • 元第八艦隊司令長官・海軍中将三川軍一『第一次ソロモン海戦の思い出』
    • 当時鳥海砲術長・元海軍中佐仲繁雄『第八艦隊殴り込み鳥海砲術長の手記 第一次ソロモン海戦
  • 歴史群像編集部『歴史群像太平洋戦史シリーズVol.44 重巡古鷹・青葉型』(学習研究社2005年(平成17年)) ISBN 4-05-603323-4
  • 国立国会図書館デジタルコレクション - 国立国会図書館
    • 福永恭助 『増補 軍艦物語』 一元社、1934年11月。
    • 海軍有終会編 『幕末以降帝国軍艦写真と史実』 海軍有終会、1935年11月。
    • 海軍研究社編輯部 編 『ポケット海軍年鑑 : 日英米仏伊独軍艦集. 1935年版』 海軍研究社、1935年5月。
    • 海軍研究社編輯部 編 『ポケット海軍年鑑 : 日英米仏伊独軍艦集. 1937,1940年版』 海軍研究社、1937年2月。
    • 神戸市役所 『昭和十一年海軍特別大演習観艦式神戸市記念誌』 神戸市役所、1937年5月。
    • 海軍研究社編輯部 編 『日本軍艦集 2600年版』 海軍研究社、1940年7月。
    • 海軍大臣官房 『海軍制度沿革. 巻4(1939年印刷) info:ndljp/pid/1886711』 海軍大臣官房、1939年
    • 海軍大臣官房 『海軍制度沿革. 巻8(1940年印刷) info:ndljp/pid/1886716』 海軍大臣官房、1940年
    • 海軍大臣官房 『海軍制度沿革. 巻11(1940年印刷) info:ndljp/pid/1886713』 海軍大臣官房、1940年
  • アジア歴史資料センター(公式)(防衛省防衛研究所)
    • Ref.A11113786100 『故海軍大佐水城圭次位階追陞ノ件』。
    • Ref.C08050116900 『倫敦海軍会議一件第五巻(B-12-0-0-1_005)(外務省外交史料館)』。
    • Ref.C04015099300 『2等巡洋艦1隻製造の件』。
    • Ref.C04015101100 『1等巡洋艦加古進水次第書の件』。
    • Ref.C11080338400 『外国大公使館附海軍武官往復文書(英米仏伊露西班牙雑)大正10年/大正10年5月20日新艦起工予定及同造船所名の件』。
    • Ref.C11080359700 『大公使館附海軍武官往復文書(米国仏国の部)大正11年/大正11年10月12日第3451号 我海軍軽巡に関する問合せの件』。
    • Ref.C04015099400 『軍艦加古工事に関する件』。
    • Ref.C04015099500 『1等巡洋艦工事予定概括表の件』。
    • Ref.C04015099600 『軍艦加古工事予定概括表の件』。
    • Ref.C04015100000 『軍艦加古工事予定概括表改訂の件』。
    • Ref.C04015101300 『巡洋艦加古引渡期日延期』。
    • Ref.C04015102200 『軍艦加古工事予定概括表改正の件』。
    • Ref.C08030045300 『大正14年 公文備考 巻14儀制/軍艦加古』。
    • Ref.C04015780800 『観艦式場計画要領の件』。
    • Ref.C04015073900 『宣仁親王殿下御発着の件』。
    • Ref.C04015074100 『青葉進水式に於ける儀礼に関する件』。
    • Ref.C04015668100 『神通.蕨.那珂 葦衝突事件報告(1)』。
    • Ref.C04016579400 『英国皇族「グロスター」公殿下奉迎に関する件(1)』。
    • Ref.C05021558600 『軍務1機密第159号 昭和6.5.23外国軍艦(独逸巡洋艦)エムデン見学交換に関する件(1)』。
    • Ref.C05021558700 『軍務1機密第159号 昭和6.5.23外国軍艦(独逸巡洋艦)エムデン見学交換に関する件(2)』。
    • Ref.C05021558800 『軍務1機密第159号 昭和6.5.23外国軍艦(独逸巡洋艦)エムデン見学交換に関する件(3)』。
    • Ref.C04016061900 『天皇陛下海軍兵学校卒業式行幸及八丈島大島御立寄の件御取止め決定の件』。
    • Ref.C13071974300 『昭和12年12月1日現在10版内令提要追録第3号原稿/ 巻1追録/第6類機密保護』。
    • Ref.C13072003500 『昭和16年12月31日現在10版内令提要追録第10号原稿2.3』。
    • Ref.C08030045300 『昭和16年12月1日~昭和17年10月12日 第6戦隊戦時日誌戦闘詳報(1)』。
    • Ref.C08030045400 『昭和16年12月1日~昭和17年10月12日 第6戦隊戦時日誌戦闘詳報(2)』。
    • Ref.C08030045500 『昭和16年12月1日~昭和17年10月12日 第6戦隊戦時日誌戦闘詳報(3)』。
    • Ref.C08030045600 『昭和16年12月1日~昭和17年10月12日 第6戦隊戦時日誌戦闘詳報(4)』。
    • Ref.C08030045700 『昭和16年12月1日~昭和17年10月12日 第6戦隊戦時日誌戦闘詳報(5)』。
    • Ref.C08030045800 『昭和16年12月1日~昭和17年10月12日 第6戦隊戦時日誌戦闘詳報(6)』。
    • Ref.C08030045800 『昭和16年12月1日~昭和17年10月12日 第6戦隊戦時日誌戦闘詳報(7)』。
    • Ref.C08030571200 『昭和17年6月1日~昭和17年6月30日 軍艦加古戦時日誌(1)』。
    • Ref.C08030571300 『昭和17年6月1日~昭和17年6月30日 軍艦加古戦時日誌(2)』。
    • Ref.C08030060600 『昭和17年5月1日~昭和17年7月31日 第18戦隊戦時日誌戦闘詳報(3)』。
    • Ref.C08030060700 『昭和17年5月1日~昭和17年7月31日 第18戦隊戦時日誌戦闘詳報(4)』。
    • Ref.C08030060800 『昭和17年5月1日~昭和17年7月31日 第18戦隊戦時日誌戦闘詳報(5)』。
    • Ref.C08030571400 『昭和17年7月1日~昭和17年7月31日 軍艦加古戦時日誌』。
    • Ref.C08030571500 『昭和17年8月7日~昭和17年8月10日 軍艦加古戦闘詳報』。
    • Ref.C08030748100 『昭和17年8月8日 軍艦加古戦闘概報(ソロモン海域6S戦闘経過図)』。
    • Ref.C08030325500 『昭和17年9月1日~昭和17年12月31日 呉鎮守府戦時日誌(1)』。
    • Ref.C08030325900 『昭和17年9月1日~昭和17年12月31日 呉鎮守府戦時日誌(5)』。
    • Ref.C08050116900 『艦船艦齢線表 昭和17年8月』。
    • Ref.C12070064400 『大正1年達完/達大正1年8月』。
    • Ref.C12070078400 『大正10年 達完/達大正10年3月』。
    • Ref.C12070078900 『大正10年 達完/達大正10年6月』。
    • Ref.C12070081000 『大正11年 達完/達大正11年10月』。

関連項目[編集]