ミッドウェー海戦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ミッドウェー海戦
Hiryu f075712.jpg
B-17爆撃機の攻撃を受け、回避行動中の空母「飛龍」。
戦争太平洋戦争/大東亜戦争
年月日1942年6月5日 - 6月7日
場所ミッドウェー島周辺
結果:アメリカ軍の勝利
交戦勢力
大日本帝国の旗 大日本帝国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
指導者・指揮官
日本山本五十六
日本南雲忠一
日本近藤信竹
アメリカ合衆国F・J・フレッチャー
アメリカ合衆国R・A・スプルーアンス
戦力
海戦の戦力:
航空母艦4
戦艦2
重巡洋艦2
軽巡洋艦1
駆逐艦12

その他のMI作戦戦力:
軽空母2
戦艦5
重巡4
軽巡2他
航空母艦3
重巡洋艦7
軽巡洋艦1
駆逐艦15
ミッドウェー島の基地航空隊
ミッドウェー島守備隊3000
損害
航空母艦4、重巡洋艦1沈没
重巡洋艦1大破
駆逐艦1中破
戦死3,057(航空機搭乗員の戦死者は110名)
航空母艦1、駆逐艦1沈没
戦死307(航空機搭乗員戦死者は172名)
ミッドウェー作戦

ミッドウェー海戦(ミッドウェーかいせん)は、第二次世界大戦中の昭和17年(1942年6月5日(アメリカ標準時では6月4日)から7日にかけてミッドウェー島をめぐって行われた海戦。同島の攻略をめざす日本海軍アメリカ海軍が迎え撃つ形で発生した。日本海軍の機動部隊とアメリカの機動部隊及びミッドウェー島基地航空部隊との航空戦の結果、日本海軍は機動部隊の航空母艦4隻とその艦載機を多数一挙に喪失する大損害を被り、この戦争における主導権を失った。ミッドウェー海戦はミッドウェー作戦(MI作戦)の前哨戦であり、この敗北で同作戦は中止された。

目次

日本の作戦決定の背景[編集]

ハワイ攻略作戦の着想[編集]

大東亜戦争開戦前、日本海軍は、対米作戦における基本的な方針として守勢邀撃作戦を採っていた[1]連合艦隊司令長官であった山本五十六大将は以前よりこの方針に疑問を持ち、独自の対米作戦構想として積極的な攻勢作戦を考えていた[2]。大島一太郎大尉(後に大佐1928年(昭和3年)海軍水雷学校高等科学生)の戦後の回想によれば、1928年(昭和3年)に海軍水雷学校で「対米作戦はハワイを攻略するような積極作戦を採るべきである」と述べている。これは、まず国力から見て圧倒的な劣勢にある日本が守勢を採っても、時期・方面などを自主的に決めて優勢な戦力で攻撃する米国に勝ち目がなく、また短期戦に持ち込むためには、早期に敵の弱点を叩くことで相手国の戦意を喪失させる方法しか勝機を見出しえないと判断したためと言われている。さらに山本は大東亜戦争開戦前より、敵の空母部隊が日本を航空攻撃した場合、国内へ物質的な打撃だけでなく精神的な打撃が大きいと考えていた点も関係している[3]。及川海軍大臣宛の書簡、黒島参謀の回想によると、山本のミッドウェー作戦の第一の狙いが米海軍・米国民の士気を喪失させることであったこと、また本土空襲の精神的な打撃を大きいと認めている点が分かる。すなわち相当の危険性を承知の上でも、米国に対し、戦争で勝利を収めるためには、積極的な攻勢を進めるしかないと考えていた[4]

真珠湾攻撃直前のミッドウェイ環礁。手前が飛行場のあるイースト島、奥にその他の軍事施設のあったサンド島が見える。

アメリカ海軍は、1941年(昭和16年)12月の真珠湾攻撃で太平洋艦隊主力の戦艦部隊が行動不能となった後、稼動状態にあった機動部隊を中部太平洋方面に出撃させ、日本軍拠点に対する一撃離脱戦法による襲撃を繰り返した。その度に日本軍は来襲の企図や方面の判断に悩まされた[5]。日本軍はマーシャル諸島ウェーク島、本土どれにも警戒処置をとっており、加えて戦力に余裕がなかったために哨戒は不十分であった。米軍の奇襲による被害は小さかったが、連合艦隊は受け身の作戦の困難性を認識した[6]

日本の連合艦隊は、真珠湾攻撃後は南方作戦に機動部隊主力を投入していたが、セイロン島攻略作戦案が採用されなかったために、連合艦隊幕僚は第二段作戦の移行までに残された4週間で代替案を作成しなければいけない立場に置かれていた[7]。連合艦隊幕僚は戦争早期終結に貢献できるような作戦が思いつかなかった。連合艦隊幕僚は、これまで示した作戦案が陸軍部隊を用いるから反対されたと考えており、かといって守勢に回ることの困難性を認識していたために、海上戦力のみで行う攻勢作戦計画の立案を応急的に進めなければいけないと判断した。その結果、黒島亀人連合艦隊先任参謀を中心に、ハワイ攻略を見据えた作戦計画を立案した[8]。そこで、ハワイ作戦の前段階として浮上したのが、ミッドウェー島の攻略であった。

ミッドウェー作戦[編集]

ミッドウェー作戦構想は、ミッドウェー島を攻略することにより、アメリカ艦隊、特に空母機動部隊を誘い出して捕捉撃滅することに主眼が置かれた。日本軍が米軍の要点であるミッドウェー島[9]を占領した場合、軍事上・国内政治上からアメリカ軍はこれを全力で奪回しようとすることは明白であり[10]、現時点で豪州方面で活動している米空母部隊もミッドウェー近海に出撃する確率は高い、と日本海軍は計算していた。日本軍は情報分析の結果、米軍の空母戦力を以下のように推定した[11]

  1. 空母「レンジャー」は大西洋で活動中。
  2. 捕虜の供述によれば「レキシントン」は撃沈されたようであるが、アメリカ西海岸で修理中という供述者もある。
  3. エンタープライズ」と「ホーネット」は太平洋に存在。
  4. ワスプ」の太平洋への存否については確証を得ない。
  5. 特設空母は6隻程度完成、半数は太平洋方面に存在の可能性があるも、低速なので積極的作戦には使用し得ない。

これをふまえ、日本軍は、ミッドウェー攻撃を行った場合に出現する米軍規模を、「空母2-3隻、特設空母2-3隻、戦艦2隻、甲巡洋艦4-5隻、乙巡洋艦3-4隻、軽巡洋艦4隻、駆逐艦30隻、潜水艦25隻」と判断した[12]。米軍がミッドウェー島に海兵隊を配備し、砲台を設置して防衛力を高めていることも察知していたが、その戦力は「飛行艇24機、戦闘機11、爆撃機12、海兵隊750、砲台20前後」または「哨戒飛行艇2コ中隊、陸軍爆撃機1乃至2中隊、戦闘機2コ中隊」であり[13]、状況によってはハワイから「飛行艇60機、爆撃機100機、戦闘機200機」の増強もありえると推測している[14]。同島占領の際には米軍基地航空隊から空襲を受けることを想定していたが、直掩の零戦と対空砲火で排除できるとしている[15]。日本軍が海兵隊3000名、航空機150機というミッドウェー島の本当の戦力を知るのは、空母部隊が全滅した後の捕虜の尋問結果からだった[16]

日本海軍は、ミッドウェー島を占領してからの維持は極めて困難であると考えていた。あくまでこの作戦は米空母を誘い出して撃滅することを目的とし[17]、さらに占領後には他方面で攻勢を行い、米軍にミッドウェー奪回の余裕を与えなければ、10月のハワイ攻略作戦までミッドウェー島を確保できると考えた[18]

大本営参謀本部軍令部)と連合艦隊司令部はこの作戦について激しく対立した。軍令部は日本の国力からみてハワイ諸島の攻略と維持など不可能と判断し、むしろインド洋方面の作戦を強化してイギリスを追い詰め、間接的に同盟国ナチスドイツを支援することを構想していた[19]。軍令部航空担当部員の三代辰吉中佐は、「仮に日本軍がミッドウェー島を占領しても、米艦隊は本当に出現するのか。日本軍の補給路が米軍に遮断され、疲弊した所を簡単に奪回されるだけではないか」という点を考慮して反対し、FS作戦ニューカレドニア島フィジー諸島の攻略)を重視する立場を崩さなかった[20]。連合艦隊司令部の黒島参謀と渡辺安次参謀は、山本が「この作戦が認められないのであれば司令長官の職を辞する」との固い決意を持っているとして、軍令部と折衝した[21]。だが、この論法は真珠湾攻撃の際にも使用されていた事もあって今度は容易には通用せず、交渉は暗礁に乗り上げた。

大本営海軍部との交渉に見込みなしと判断した渡邉参謀は、伊藤整一軍令部次長に直接連合艦隊のミッドウェー作戦案を説明し、山本の意向を伝えた[22]。伊藤次長はこれをふまえてさらに審議を行い、FS作戦に修正を加え、連合艦隊の作戦案を採用することを4月5日に内定[23]永野修身軍令部総長の認可も得て、ミッドウェー島の占領および米空母部隊の捕捉撃滅を狙うこととなった[24]

軍令部はミッドウェー作戦と並行して同時にアリューシャン攻略作戦(AL作戦)を行う案を加えた。AL作戦の目的は、米の北方路の進行を阻止するもので、米ソ間の連絡を妨害し、シベリアに米航空部隊が進出するのを妨害しようとするものであった。当時開発されたとの情報があった米大型爆撃機による帝都空襲が行われ、その一部が奇襲に成功したことで同方面の関心はさらに強くなった。図上演習においてアリューシャン方面から米国の最新大型爆撃機が首都空襲を行い、その一部が奇襲に成功するという結果が出ており、海軍部も連合艦隊もこの方面への関心を高めていた背景があり、連合艦隊もこれに同意、第二段作戦の全体像が固まった[25]。アリューシャン攻略作戦にはミッドウェー作戦の牽制作戦の意味もあったとする証言もある。

作戦は、ミッドウェー島上陸日(N日)を6月7日と決定して一切を計画した。上陸用舟艇で敵のリーフを越えて上陸するため、下弦月が月出する午前0時を選んだ。7月は霧が多く上陸が困難なため、6月7日に固定した。上陸作戦の制空と防備破壊は3日前に南雲艦隊が空母6隻で奇襲することで可能と考えた。連合艦隊は奇襲の成功を前提にしており、アメリカが日本の企図を察知して機動部隊をミッドウェー基地の近辺に用意することは考慮していなかった。米機動部隊の反撃は望むところであったが、米機動部隊は真珠湾にあってミッドウェー基地攻撃後に現れることを前提に作戦を計画した。ミッドウェー島占領後、基地航空部隊の哨戒網で敵機動部隊を発見、一航艦は第二艦隊と協力してそれを攻撃、山本艦隊は機を見て参加し撃滅するというものだった[26]

ドーリットル空襲[編集]

1942年4月18日、空母「ホーネット」はミッドウェーで空母「エンタープライズ」と合流し、第16任務部隊は日本に向けて進撃する。「エンタープライズ」は航空支援を、「ホーネット」は日本本土に接近、ジミー・ドーリットル中佐率いるB-25ミッチェル双発爆撃機で編成された爆撃隊を輸送する役割分担である。爆撃隊は「ホーネット」から発進後、東京を筆頭に日本の主要都市を攻撃する予定であった。第16任務部隊は4月18日の朝に犬吠埼東方で特設監視艇第二十三日東丸に発見され、ウィリアム・ハルゼー中将は予定より早い攻撃隊発艦を決意する。爆撃隊は前日に発艦準備を整えていたが、40ノットを超える強風と30フィートに及ぶ波が激しいうねりとなり、「ホーネット」は大きく揺れていた。その中でドーリットル隊は発進し、09:20までに16機のB-25は全て発艦した。

B-25爆撃隊は、東京名古屋大阪を12時間かけて散発的に爆撃、中国大陸に脱出後、不時着放棄された。セイロン沖海戦で勝利した南雲機動部隊は台湾沖で第16任務部隊追撃命令を受けたが距離は遠すぎ、燃料を浪費しただけだった[27]

空襲による被害は微小であったが、日本本土上空に米軍機の侵入を許してしまったことは日本に大きな衝撃を与えた。また米軍が航続距離の長い双発爆撃機を用いたために対応策が考えられず、陸海軍はより大きな衝撃を受けることとなった。国民の間でも不安が広がり、しばらく敵機来襲の誤報が続き[28]、山本にも国民からの非難の投書があった[29][30]

山本は以前から本土空襲による物質的精神的な影響を重視していたため、すでに内定していたミッドウェー攻略作戦の必要をこの空襲で一層感じた。連合艦隊航空参謀佐々木彰によれば、山本長官はわが空母によるハワイ奇襲が企図できるのであるから、哨戒兵力の不十分なわが本土に対しても、彼もまた奇襲を企図できると考えていたようであるという[31]。この空襲により日本陸軍もミッドウェー作戦・アリューシャン作戦を重大視するようになり、陸軍兵力の派遣に同意、ミッドウェー作戦は日本陸海軍の総攻撃に発展した[32]渕田美津雄は、昭和天皇の住む東京を爆撃されたことで山本のプライドが傷つき、アリューシャンからミッドウェーにわたる航空哨戒線を築くことで東京に対する二度目の米機動部隊襲撃を阻止する狙いがあったと推測している[33]千早正隆は二度目のドーリットル空襲を防ぐためにミッドウェー攻略作戦を急ぐ必要があり、空母「瑞鶴」を有する第五航空戦隊の戦力が回復するのを待てなかったと指摘した[34]

図上演習[編集]

山本五十六の意気込みとは反対に[35]、4月下旬に日本本土に戻った第一航空艦隊(南雲機動部隊)は問題を抱えていた。開戦以来ドック入り、長期休暇もなく太平洋を奔走したため、艦・人員とも疲労がたまっていた[36]。さらに「相当広範囲の転出入」という人事異動のため[37]、艦艇と航空部隊双方の技量が低下していた[38]

ミッドウェー海戦後の戦闘詳報では「各科共訓練の域を出ず特に新搭乗員は昼間の着艦ようやく可能なる程度」と評している[37]。雷撃隊は「この技量のものが珊瑚海に於いて斯くの如き戦果を収めたるは不思議なり」と講評される程度[39]。水平爆撃と急降下爆撃は満足な訓練ができず、戦闘機隊は基礎訓練のみで編隊訓練は旧搭乗員の一部が行っただけ[40]。着艦訓練は訓練使用可能空母が「加賀」のみだけだった為、新人搭乗員の訓練が優先され、ベテラン搭乗員でも薄暮着艦訓練を行った者は半分程度であった。戦闘詳報は「敵情に関しては殆ど得る所なく、特に敵空母の現存数、その所在は最後まで不明なりや。要するに各艦各飛行機とも訓練不十分にして且つ敵情不明情況に於いて作戦に参加せり」と述べている[39]

軍令部で説明を受けた一航艦参謀長の草鹿龍之介と第二艦隊参謀長の白石萬隆はドーリットル空襲の騒ぎの直後であり、敵機動部隊来襲を未然に防ぐためという先入観から主目的をミッドウェー基地攻略、副目的を敵機動部隊撃破と解釈した[41]

さらに4月28日から1週間かけて戦艦「大和」で行われた「連合艦隊第一段階作戦戦訓研究会」と「第二段作戦図上演習」では、日本軍にとって不安な結果が出た[42]。この図上演習において、ミッドウェー攻略作戦の最中に米空母部隊が出現し、艦隊戦闘が行われ、日本の空母に大被害が出て、攻略作戦続行が難しい状況となった。審判をやり直して被害を減らして空母を三隻残して続行させた[43]。空母「加賀」は爆弾9発命中判定で沈没判定となり[44]宇垣纏連合艦隊参謀長は「9発命中は多すぎる」として爆弾命中3発に修正させ、「加賀」を復活させた[44] 。攻略は成功したが、計画より一週間遅れ、艦艇の燃料が足りなくなり、一部駆逐艦は座礁した[45]。アリューシャン方面では、空母「隼鷹」「龍驤」が濃霧の中、米軍水上部隊の襲撃を受け撃沈判定となる[44]。宇垣は「連合艦隊はこのようにならないように作戦を指導する」と明言した[46]。また、米機動部隊がハワイから出撃してくる可能性はあったが、図上演習で米軍を担当した松田千秋大佐が出撃させることはなかった[47]

戦訓分科研究会において、宇垣は草鹿に対し「敵に先制空襲を受けたる場合、或は陸上攻撃の際、敵海上部隊より側面をたたかれたる場合如何にする」と尋ねると、草鹿は「かかる事無き様処理する」と答えたため、宇垣が草鹿を追及すると、源田が「艦攻に増槽を付したる偵察機を四五〇浬程度まで伸ばし得るもの近く二、三機配当せらるるを以て、これと巡洋艦の零式水偵を使用して側面哨戒に当らしむ。敵に先ぜられたる場合は、現に上空にある戦闘機の外全く策無し」と答えた[48]。そのため宇垣は注意喚起を続け、作戦打ち合わせ前に「第一航空艦隊はミッドウェー攻撃を二段攻撃とし第二次は敵に備える」と決まった[49]。米機動部隊が現れた際に反撃するために半数は魚雷装備となったが、首席参謀黒島亀人は命令として書き込む必要はないと航空参謀佐々木彰に指示した[50]

第二艦隊長官近藤信竹は、米空母がほぼ無傷で残っており、ミッドウェー基地にも敵戦力があることからミッドウェー作戦を中止して、米豪遮断に集中すべきと反対した。しかし、山本は奇襲が成功すれば負けないと答えた。また近藤は、ミッドウェー島を占領しても補給が続かないと言ったが、宇垣参謀長は不可能なら守備隊は施設を破壊して撤退すると答え、攻略後の保持、補給には考えがなかった[51]。源田は兵力が分散し過ぎて目標を見失っており、集中という兵術の原則にも反していると感じたため、図上演習後の研究会で連合艦隊参謀黒島亀人に「作戦の重点をアメリカ艦隊撃滅に置くべきである。そのためにはアリューシャン攻撃部隊やあらゆる作戦可能な兵力を、たとえ第五航空戦隊(瑞鶴、翔鶴)が参加できるのを待ってもミッドウェーに集中すべきだ」と主張したが、黒島は「連合艦隊長官は一度決めた方針に邪魔が入ることを望まれない。機動部隊の主要任務はミッドウェー攻略支援だ」と答えたため、アメリカ艦隊撃滅は二次的なものと源田は受け止めた[52]

図上演習と研究会は、ミッドウェー作戦の目的である敵空母捕捉撃滅が難しく、高いリスクを伴う作戦であることを示したが、連合艦隊は問題点を確認することなく作戦を発動した。特に山本は「本作戦に異議のある艦長は早速退艦せよ」と強く訓示している[53]第五艦隊参謀長中澤佑によれば、中沢が作戦会議で機動部隊と連合艦隊主隊の距離が離れすぎていることを指摘すると、黒島は問題ないと発言したという[54]。戦後草鹿龍之介は作戦目標があいまいでミッドウェー攻略が優先であったことを指摘し、「二兎を追うことになった」と表現している[55]。また源田実も作戦目標が米軍機動部隊の撃滅かミッドウェー基地攻略なのか曖昧であったとし、戦略戦術からいってどうにも納得できない部分があり航空主兵なのか戦艦主兵なのかも曖昧で大和と山本が後ろからついてくる事も疑問だったという[56]古村啓蔵(筑摩艦長)は同期の富岡定俊軍令部作戦課長から、艦隊はミッドウェー攻略成功後にトラックに集合・米豪遮断のFS作戦実施予定と聞き、驚いていたという[57]

5月25日最後の図上演習が行われたが、ミッドウェー攻略後の日から始まっており、成功が前提で奇襲失敗や米機動部隊の出撃は全く考慮されていなかった[58]

事前準備[編集]

作戦は準備期間が短く時期尚早と一航艦司令部から反対があり、作戦事前研究会で山口多聞少将と源田実中佐が連合艦隊司令部に反対と食いついたが、連合艦隊司令部は決定済みとして取り合わなかった[59]。 1942年5月4日、研究会で一航艦参謀長草鹿龍之介と第二艦隊参謀長白石萬隆は延期を申請したが、却下され5日に再び訪問した際に第二段作戦を手交され、その日は延期の申請をせずに帰った[60]。結局、機動部隊は部品の用意が間に合わないという理由でミッドウェー作戦の延期を一日だけ認められただけだった[61]

不安要素があったとはいえ、連合艦隊司令部、軍令部、南雲機動部隊のいずれも自信に満ち溢れていた[62]。5月5日、永野軍令部総長より山本に対し大海令第18号が発令された[63]

  1. 連合艦隊司令長官は陸軍と協力し「AF」(ミッドウェー)及「AO」(アリューシャン)西部要地を攻略すべし。
  2. 細項に関しては軍令部総長をして指示せしむ。

第二艦隊参謀長白石萬隆によれば、軍令部は主目的をミッドウェー島攻略、哨戒基地の前進と示していたが、5月の図上演習で陽動で米艦隊を他に引きつける案が出た際に、連合艦隊参謀長宇垣纏はそれでは米艦隊を引き出せないと説明、この直後に大海令があり、攻略が主目的であると示され、連合艦隊の解釈が間違っているのではないかと思ったという[64]

大海令第18号により、ハワイ攻略の前哨戦として山本、参謀長・宇垣纏の指揮下で艦艇約350隻、航空機約1000機、総兵力10万人からなる大艦隊が編成された。これは戦艦「大和」他の戦艦部隊(第一艦隊)が呉の柱島を出撃、参加する初めての作戦であった。 渕田美津雄中佐によれば、第一航空艦隊航空参謀源田実は当時、第一段階作戦の後始末でミッドウェー作戦を検討する暇も無かったと打ち明けており、草鹿参謀長に至っては真珠湾で戦死した航空機搭乗員の二階級進級問題の折衝で走りまわり(航空機搭乗員の士気に関わるため)、ミッドウェー作戦の研究どころではなかったという[65]。草鹿は「準備期間が不十分で不満もあったが強く反対せず、何とかやれるだろうと考えていた。それよりハワイ攻撃の戦死者の2階級特進の方に関心があった」という[66]

当初、珊瑚海海戦の報告を聞いた時点で海軍首脳部は無傷の空母「瑞鶴」をミッドウェーに、大破した「翔鶴」を修理後アリューシャン作戦に回す予定であった。しかし「翔鶴」の修理には3ヶ月を要し、また「瑞鶴」も無傷であったものの参加した搭乗員の損耗が激しく、トラック島に停泊して補充を待っている状態であり、本作戦に参加できなかった[67]。これにより日本側の参加空母数が減ることとなったが、それでも隻数の上では4対3(日本軍は、エンタープライズ、ホーネット、ワスプ出現可能性考慮)と、米軍より優勢であった。ただしミッドウェー基地の航空機を計算にいれると、航空戦力比は日本軍「戦闘機105、急降下爆撃機84、雷撃機94、艦偵2、水上戦闘機24、水上偵察機10、計319(南雲部隊、近藤部隊、輸送部隊合計)」、米軍機動部隊「戦闘機79、急降下爆撃機112、雷撃機42」、米軍基地戦力「戦闘機27、急降下爆撃機27、雷撃機6、飛行艇32、大型爆撃機23」総計348機となって、ほぼ互角であった[68]。この「翔鶴」・「瑞鶴」の2隻の運用については、後述の「ヨークタウン」の事例と比較され、本海戦における日本側の敗因の一つとして批判の対象となる事が多い。また米国歴史学者ゴードン・ウィリアム・プランゲはアリューシャン方面に空母「龍驤」、「隼鷹」を投入したことが、山本五十六最大の失策だったと指摘している[69]

出撃前、一航艦参謀長草鹿龍之介は、攻撃日が決まっているので奇襲の機動余地がなく、空母はアンテナ受信能力不足で敵情がわかりにくいので、連合艦隊が敵情を把握して作戦転換を指示することを連合艦隊参謀長宇垣纏に取りつけた[70]

アメリカ軍の対応[編集]

情報収集と分析[編集]

米軍は日本軍の来襲についての情報を収集、分析し、ミッドウェー作戦に備えていた。1942年3月4日、太平洋艦隊司令長官チェスター・ニミッツはオアフ島に日本軍の大型航空機(二式飛行艇)2機が爆撃を行い(K作戦)、同月11日にはミッドウェーに新型飛行艇(前同 二式飛行艇)1機が接近し、撃墜されたことをふまえて、日本軍の攻勢の兆候と判断した。ただ、これは誤解で、実際には日本軍の爆撃は攻勢作戦とは関係のない偵察監視・妨害作戦に過ぎなかった。日本海軍の主力部隊は南方戦線から日本本土へと帰投しており、次に太平洋のどこかを攻撃することは確実であるものの、ハワイ、ミッドウェー、米本土西岸など可能性が幅広く、判断がまとまっていなかった。米本土西岸への日本軍上陸の誤報なども影響している。

真珠湾攻撃直前に変更された日本海軍の戦略暗号 "D"は、アメリカ軍の諜報部よりJN-25と呼ばれていた。1942年4月頃には、ハワイ真珠湾のアメリカ海軍 レイトン(情報)班が、日本軍の暗号を断片的に解読し、日本海軍が太平洋正面で新たな大規模作戦を企図していることについても、おおまかに把握していた。この時点では時期・場所などの詳細が不明であった。その後、5月ごろから通信解析の資料が増え、暗号解読との検討を繰り返して作戦計画の全体像が明らかになると、略式符号「AF」という場所が主要攻撃目標であることまでわかってきた。しかし「AF」がどこを指しているのかが不明であった。アメリカ側は、日本海軍の編成表から「A」「AO」「AOB」がアリューシャン方面であることは明白であると判断した。

爆撃されるダッチハーバー(6月3日)。

ワシントンのアメリカ統合参謀本部は攻撃目標をハワイ、陸軍航空隊ではサンフランシスコだと考え、またアラスカ、米本土西岸だと考える者もいた。5月中旬になっても決定的な情報は無かったが、チェスター・ニミッツ大将は各種情報と戦略的な観点からミッドウェーが目標であると予想し、ハワイ所在のレイトン情報主任参謀らも次第にミッドウェーが目標であるとの確信を深めていった。

5月11日ごろ、諜報部にいた青年将校ジャスパー・ホームズの提案により、決定的な情報を暴くための一計が案じられた。彼は、ミッドウェー島の基地司令官に対してオアフ島・ミッドウェー間の海底ケーブルを使って指示を送り、ミッドウェーからハワイ島宛に「海水のろ過装置の故障により、飲料水が不足しつつあり」といった緊急の電文を英語の平文で送信させた。その後程なくして日本のウェーク島守備隊(クェゼリン環礁所在の第六艦隊説もあり)から発せられた暗号文に、「AFは真水不足という問題あり、攻撃計画はこれを考慮すべし」という内容が表れたことで、AFはミッドウェー島を示す略語であることが確認された。こうしてミッドウェー島及びアリューシャン方面が次の日本軍の攻撃目標だと確定された。

なお、このエピソードについては、実際の暗号解読状況や手法を秘匿するための粉飾とする説もある。たとえば、沈没する空母「飛龍」から脱出後、米軍に救助され捕虜となった相宗邦造中佐ら機関科兵34名は、米軍情報士官から1942年5月に就役したばかりの飛鷹型航空母艦隼鷹」の写真を見せられて仰天している[71]。萬代久男少尉によれば、「隼鷹」の写真は軍極秘回覧簿で見たものと全く同じであった。萬代は暗号解読云々よりも、むしろ連合軍諜報活動の方が連合軍の情報戦勝利に影響を与えたと述べている[71]。また、半藤一利らによれば、該当する日本側の電文は残っていないという。

5月26日までにハワイの情報隊は暗号解読に成功し、各部隊の兵力、指揮官、予定航路、攻撃時期などが判明した。ニミッツ大将はこの結果をミッドウェー基地の部隊に伝えたが、ワシントンではこの情報を全面的には信用せず、日本軍の偽情報ではないかと疑問を持つ者もいた。ニミッツ大将は、日本軍がサンフランシスコを攻撃するのに陸上戦力を伴うわけがなく、自己の意見がほぼ間違いないと主張した。この論争は続いたが、ニミッツ大将は自己の主張に基づいて作戦準備を進めた。5月26日以降は日本軍が暗号・乱数表を変えたために解読できなくなった。

一方、日本軍では情報管理に綻びが見え始めていた。空母「飛龍」では出発前に誰もがミッドウェー作戦を知っており、一般住民の方が乗組員より先に目的地を知っていたという証言もある[72]。異動してきた士官が「今度はミッドウェーですね」と挨拶し[73]、さらに日用品や食料品を機関部の通路にまで詰め込んだ[74]。連合艦隊司令部も、ミッドウェー島占領後に配備予定の21機の零式艦上戦闘機(第六航空隊)を4隻の空母に詰め込んだ[75]。野村留吉(佐世保鎮守府参謀)によれば、海軍第二特別陸戦隊は「6月以降、当隊あての郵便物は左に転送されたし。ミッドウェー」と電報を打ったという[76]。また5月下旬に呉に戻った重巡洋艦「加古」艦長の高橋は、息子から近々行われる大作戦について教えてくれとせがまれ困惑していた[77]白石萬(第二艦隊参謀長)は「連合艦隊は、作戦目標を多少漏らすことで敵艦隊の誘出を図ろうとしていた」との見解を述べている[78]。そして山本五十六に至っては愛人の河合千代子と密会し、別離を惜しんだ後の手紙に『5月29日に出撃して、三週間ばかり全軍を指揮する。多分あまり面白いことはないだろう。この戦いが終わったら、全てを捨てて二人きりになろう』と記している[79]

事前準備[編集]

ハワイ諸島は、米国にとって太平洋正面の防衛・進攻の戦略的に重要な根拠地であった。ミッドウェーはハワイ諸島の前哨であり、戦略的要所である。ニミッツ大将は日本軍の来襲の危険性があるミッドウェーを5月3日に視察し、同島守備隊の指揮官のシマード海軍中佐と防備の強化について打ち合わせた。このとき、シマード中佐は兵器と人員が充足すれば防衛は可能であると意見を述べ、ニミッツ大将はシマード中佐の要望通りの補強を行うことにして防備を固めようとした。こうして、ミッドウェー島に集結した航空機は当時最新鋭のTBFを含む約120機、アメリカ海兵隊を含む人員の補強は3027人に達し、防爆掩蓋や砲台も配備していた。陸上部隊は士気が高かったが、航空部隊は寄せ集めの部隊が多く、整備員の増強がなかったために搭乗員は自前で整備・燃料補給を行っていたため、完全に充足した部隊ではなかった。それでも、日本海軍陸戦隊5000名を撃退するには十分な兵力だった[80]

ハワイの情報隊は、日本海軍のミッドウェーへの攻撃が6月3日から5日までに行われることを事前に察知し、日本側が陽動作戦として計画していた、空母「龍驤」と「隼鷹」を中心とする部隊をアリューシャン方面に向かわせてアッツ島キスカ島などを占領、ダッチハーバーなどを空爆する作戦も陽動であることを事前に見抜いており、ニミッツ大将はこれらの情報に基づいて邀撃作戦計画を立案した。日本軍の兵力は大きく、ニミッツ大将の指揮下にある使用可能な戦力を全て投入しても対抗するためには不足が大きかった。そのため、アリューシャン・アラスカ方面には最低限の戦力を送るにとどめ、主力をミッドウェーに集中することにした。

アメリカ軍の作戦計画は5月28日に『太平洋艦隊司令長官作戦計画第29-42号』として発令され、内容は、第1に敵を遠距離で発見捕捉して奇襲を防止、第2に空母を撃破してミッドウェー空襲を阻止、第3に潜水艦は哨戒及び攻撃、第4にミッドウェー島守備隊は同島を死守などというものであった。

真珠湾のドックに入る空母「ヨークタウン」。

5月28日に作戦計画を発した時点において、ニミッツ大将は2隻の空母しか使用が期待できなかった。「サラトガ」は日本海軍の潜水艦による攻撃で損傷を受けて修理を要する状態にあり、第17任務部隊(TF-17)の2隻は、次にのべるように珊瑚海海戦により大打撃を受けていた。

フレッチャー少将の第17任務部隊は、珊瑚海海戦においてポートモレスビー防衛を成功させ、日本海軍の軽空母1隻撃沈し、主力空母にもダメージを与えたものの、自身も主力空母「レキシントン」を失い、「ヨークタウン」が中破するという犠牲を払っていた。「ヨークタウン」への命中は爆弾1発のみであったが、排煙経路を破壊されるという重大なダメージを受けており、機関からの燃焼煙を正常に排出できないことでボイラーが出力を上げられず、速力が24ノットに低下していたのである[81]。また、2発の至近弾によって左舷燃料タンクの溶接が外れ、燃料が漏れ出していた。特に珊瑚海海戦では艦隊付属の油槽船「ネオショー」を失っていたため、この燃料漏れは海上での立ち往生という重大な結果を招きかねなかった[82]

ニミッツ大将は、日本軍の侵攻に備えて太平洋南西部よりフレッチャー少将の第17任務部隊をハワイに呼び戻した。途中で何とか燃料を補給できた「ヨークタウン」は5月27日に真珠湾に到着、直ちに乾ドックに入れられて驚異的な応急修理が実施された。特に燃料タンクの損傷については、アメリカ西海岸のワシントン州ブレマートン港にて長期の修理を行う必要があるとの見通しがあったが、ハワイでの72時間の不眠不休の作業によって応急修理が施され、戦闘艦としての機能を取り戻し、「ヨークタウン」は5月30日に乾ドックを出た。出撃時、艦には修理工が乗ったままであり、戦場へ向かって航行中も修理が続けられた。このことについて乗組員は「いいかげんな間に合わせ」と評している[83]。また、珊瑚海海戦にて大きく損耗した「ヨークタウン」を母艦とする第5航空群は、修理のために本国に戻る「サラトガ」の第3航空群と入れ替えることで、アメリカ軍は3隻目の空母をこの戦闘に参加させることができたが、これは当時のアメリカ海軍太平洋艦隊が投入できる空母戦力の全てであった。

もし、ニミッツ大将が準備できた空母が、第16任務部隊の「エンタープライズ」、「ホーネット」の2隻のみであった場合、戦いの様相もまた違っていた可能性は高い。前述にもあるが、日本側はアメリカ海軍の太平洋における戦闘可能空母をこの時点で正規空母2-3隻、軽空母2-3隻と見積もっており、「ワスプ」や軽空母が出現することはあっても、先の珊瑚海海戦で自力航行不能にまで損害を与えた米空母「ヨークタウン」がミッドウェー作戦に間に合うことを考慮していなかった[84]

戦闘の経過[編集]

ミッドウェー海戦 戦闘の経過

アメリカ海軍機動部隊の出撃[編集]

1942年5月28日、アメリカ海軍太平洋艦隊司令長官発の作戦計画に従い、「エンタープライズ」、「ホーネット」を基幹とする第16任務部隊(TF-16)が真珠湾を出撃し、続いて5月30日には第17任務部隊(TF-17)も基幹となる「ヨークタウン」の緊急修理の完了を待つ形で真珠湾を出撃した。

各任務部隊は、ミッドウェー島へ襲い来る日本軍と戦い、作戦計画において死守命令を受けたミッドウェー島守備隊を助けるべく、一路ミッドウェー島を目指した。

日本軍のミッドウェー海域進出[編集]

1942年(昭和17年)5月27日(海軍記念日)、南雲忠一海軍中将率いる第一航空戦隊(赤城加賀)、第二航空戦隊(飛龍蒼龍)を中心とする第一航空艦隊(通称、南雲機動艦隊)が広島湾柱島から厳重な無線封止を実施しつつ出撃した[85]。主力部隊他も2日後に同島を出撃している[86]三和義勇(連合艦隊作戦参謀)は『今は唯よき敵に逢はしめ給えと神に祈るのみ。敵は豪州近海に兵力を集中せる疑あり。かくては大決戦は出来ず。我はこれを恐れる』『長官から兵にいたるまで誰一人として勝利についていささかの疑問をいだく者はいない。戦わずして敵に勝つの概ありと言うべきか』と日記にしたためている[87]。宇垣は米軍の無線交信が増えたことを気にして『日本軍輸送船団が察知されたのではないか』と疑ったがそれ以上の手を打つことはなく[88]、戦後日記を分析した千早正隆は「これ以上なく悔やまれる」と述べている[89]

5月28日、ミッドウェー島占領部隊輸送船団が水上機母艦「千歳」、駆逐艦「親潮」、「黒潮」と共にサイパンを出航した[90]。海軍陸戦隊(太田実海軍少将)と設営部隊、陸軍からは一木清直陸軍大佐率いる陸軍一木支隊が乗船していた。船団は第二水雷戦隊(旗艦 軽巡洋艦神通)他に護衛され、北上した。

作戦では日本側の事前索敵計画として6月2日までに2個潜水戦隊をもって哨戒線を構築する予定だった。しかし、担当する第六艦隊(潜水戦隊で構成された艦隊)で長距離哨戒任務に適した3個潜水戦隊の内、第二潜水戦隊はインド洋での通商破壊戦後の整備中、第八潜水戦隊は豪州・アフリカでの作戦任務中、第一潜水戦隊は北方作戦に充てられる事になった為どれも作戦には投入できなかった。

このため、「海大型」で構成される第三・五潜水戦隊が担当する事になったが五潜戦は日本からクェゼリンへの回航途上で(第六艦隊に作戦が通知された5月19日時点)予定期日に間に合うのは不可能、三潜戦も所属の潜水艦の内3隻が第2次K作戦に充てられた為、両隊あわせて9隻の潜水艦が予定配置についたのは6月4日になってしまった。特に第16任務部隊が6月2日に五潜戦の担当海域を通過しており本作戦における大きな禍根になった。

次に予定されていたのは第二十四航空戦隊によるミッドウェー周辺への航空索敵である。しかし二式大艇によるウェーク島を経由した索敵計画だったがウェーク環礁が二式大艇を運用するには浅すぎた為、経由地がウォッゼ環礁に変更された為ミッドウェー全海域の索敵が出来ず、更にパイロットの技量不足で夜間着水が出来ず薄暮までにウォッゼ環礁に帰還する必要があったので肝心な北方海域哨戒(5月31日)短縮された為、結局米艦隊を発見する事は出来なかった。仮に予定通り北方海域を哨戒していたら米艦隊を発見できた確率は非常に高かった。

最後に計画され、連合艦隊が最も重視した第2次K作戦は、オアフ島西北西480海里にあるフレンチフリゲート礁で潜水艦の補給を受けた二十四航戦の二式大艇によるオアフ島の航空索敵である[91]。第1次は3月に実施し、さらに二式大艇によるハワイ空襲時にもフレンチフリゲート礁は使用された。しかし、米軍は日本軍の作戦を暗号解読で察知すると、海域一帯に警戒艦艇を配置して封鎖した。潜入した伊123は「見込み無し」という報告を送った[92]。これを受け第十一航空艦隊は5月31日21時23分に作戦中止を二十四航戦に指示した。この作戦も、もし実施されていたらオアフ島には米空母がいないことが判明し、以後の作戦が大きく変わった可能性が高かった。さらに南雲機動部隊にも作戦中止を連絡しなかった[93]

6月3日午後、南雲機動部隊に追従する主力部隊旗艦「大和」に乗り込んだ連合艦隊司令部敵信班はミッドウェー島付近で敵空母をらしい呼び出し符号を傍受した[94]。連合艦隊首席参謀黒島亀人によれば、4日頃に大本営の知らせか傍受かでミッドウェーに機動部隊ががいる兆候をつかみ、山本が一航艦に知らせるかと聞いたが、黒島は、無線封止の優先、一航艦が搭載機の半数を反撃に備えていること、機動部隊も兆候をつかんだであろうことから、知らせないように具申したとして自分の失敗であると話している。連合艦隊参謀佐々木彰によれば、4日に通信呼出符号を傍受したという[95]回虫から来る腹痛に悩まされていた山本だが、直ちに南雲機動部隊に通報するよう参謀に伝えた[96]。だが「無線封鎖を破れば敵に位置を知られる」「南雲機動部隊の方が近く同じく傍受したはず」という判断から見送られた[97]。しかし南雲機動部隊は傍受しておらず、予定通りに作戦を続けた。この件を取材した亀井宏によれば、黒島参謀を含めて連合艦隊、軍令部、第六艦隊、全員の証言が一致しなかったという[98]。土井美二(第八戦隊首席参謀)は、草鹿龍之介参謀長が「空母はマストが低くて敵信傍受が期待できない。怪しい徴候をつかんだらくれぐれも頼む」と出撃前に何度も確認していたと証言し[99]、草鹿の回顧録にも同様の記述がある[100]

日本時間6月3日午前10時30分、南雲機動部隊は深い霧の中で混乱し、旗艦「赤城」は「飛龍」、「蒼龍」、「榛名」、「霧島」の艦影を見失った[101]。「飛龍」と「霧島」は衝突しかけたため、司令部では無電を使用するかどうか議論があったが、長波無電を使用して艦隊の針路を定めた[102]。無線の使用により米軍が南雲部隊の行動を察知したという批判が日本側にあるが、米軍側にこの通信を傍受した記録はない[103]。6月4日午前3時37分、南雲部隊は補給隊と駆逐艦「秋雲」を分離した[104]。午前10時25分、南雲司令部は各艦に「敵情に応じ行動に変更あるやも知れず」とし、制空隊の集合や収容に注意するよう通達を出している[105]。午後4時30分、「赤城」と「利根」が米軍機らしき機影を発見すると、「赤城」から3機の零戦が発進して迎撃に向かった[106]。南雲部隊は、誤認の可能性が高いと判断している[107]。午後11時30分、「赤城」は雲間に米軍機を発見して総員を戦闘配置につけたが、その後は平穏に過ぎた[108]。「赤城」では日本軍輸送船団が爆撃を受けたことを知り、また米軍索敵機を撃墜できなかったことでミッドウェー基地に対する奇襲効果が失われたことを悟ったが、米空母に関しては無警戒であった[109]

米軍の哨戒と日本軍輸送船団攻撃[編集]

米軍は5月30日以降、ミッドウェー島基地航空隊の32機のPBYカタリナ飛行艇による哨戒が行われていた。6月2日、フランク・J・フレッチャー少将の第17任務部隊とレイモンド・スプルーアンス少将の第16任務部隊がミッドウェー島の北東で合流。この合流した機動部隊の指揮はフレッチャー少将がとることになった。6月3日(09:00)、カタリナ飛行艇1機(ジャック・リード少尉機)が日本軍輸送船団と護衛の第二水雷戦隊を発見する[110]。(12:30)、ミッドウェー島から第7陸軍航空部隊分遣隊のB-17爆撃機9機(指揮官:ウォルター・スウィーニー中佐)が発進、攻撃に向った[111]。日本時間6月4日午後1時(16:23)、船団を発見したB-17部隊は爆撃を開始し、戦艦、空母、輸送船など、多数の艦艇撃破を報告した[112]。実際は輸送船「あるぜんちな丸」「霧島丸」が至近弾を受けたのみで損害も無かった[113]

(21:30)、オアフ島より増援されたPBYカタリナ飛行艇4機(指揮官:チャールズ・ヒッパード中尉)に魚雷を積んだ雷撃隊が出撃する。(現地時間6月4日01:15)レーダーで船団を発見(1:43)し、雷撃を開始した。夜間だった事で完全な奇襲になり、輸送船「清澄丸」が機銃掃射され、「あけぼの丸」に1本が命中し戦死者11名が出たが、両船とも航行に支障はなかった[114]。この時、船団を護衛すべき第七戦隊(栗田健男少将)の重巡洋艦4隻(熊野鈴谷三隈最上)は船団を見失って離れた地点にいた。これは栗田のミスというより、田中頼三少将(船団指揮官・第二水雷戦隊司令官)の判断により、輸送船団が予定航路から北100浬地点を航行していたからである[115]

ミッドウェー基地からの艦隊発見の報を受け、太平洋艦隊司令部は、B-17が攻撃した艦隊は敵主力機動部隊にあらずと判断し、第16・17両任務部隊に日本軍機動部隊と間違えて攻撃に向わないよう緊急電を打った[116]。フレッチャー司令官も同じ判断を下し、行動を行わなかった。午後4時50分(19:50)には予想迎撃地点に向けて南西に進路を変更している[117]。この段階では、フレッチャーとスプルーアンスも南雲機動部隊の位置を把握していなかった[117]

日本軍のミッドウェー島空襲[編集]

ミッドウェー島。手前は飛行場のあるイースタン島。奥は飛行艇基地のあるサンド島。
炎上するミッドウェー基地。

ミッドウェー作戦では、二つの時間が存在する[118]。米軍はミッドウェー島と同じ西経日付を使用し、さらに米軍機動部隊は日付帯時間に10時間を加えているので、ミッドウェー時間より2時間遅れている[118]。日本軍は東経日付を使用し、さらに東京時間を使用している。従って日本軍各艦各隊の戦闘詳報も東京時間であり、ミッドウェー時間とは21時間異なる[118]。ここから(00:00)内を現地ミッドウェー時間とし、戦闘詳報に記載された東京時間を「午前/午後○○時○○分」で併記する。「軍艦加賀戦闘詳報」によれば、日の出は日本時間6月5日午前2時、日没は午後4時頃、南雲機動部隊上空の天候は曇り、雲量8、雲高500から1000であった[119]

日本時間6月5日(現地時間6月4日1:30)、米空母では航空機搭乗員に朝食が出され、その後出撃待機となり命令を待った[120]。一時間後、搭乗員整列が下令、艦長や航空群司令からの指示や注意事項が通達された。日本時間午前1時15分(4:15)、ミッドウェー基地からPBY飛行艇による哨戒隊、15分後には第17任務部隊の空母ヨークタウンからSBD ドーントレス爆撃機からなる偵察隊が航空偵察に出撃した[121]。ウォリィ・ショート大尉の隊は日本軍水上偵察機1機と交戦したと報告した[121]。この時点で南雲機動部隊は、ヨークタウンから西方200浬を航行している[121]

日本時間6月5日午前1時30分(4:30)、南雲機動部隊はミッドウェー空襲隊(友永丈市大尉指揮:零式艦上戦闘機36機、九九式艦上爆撃機36機、九七式艦上攻撃機36機、合計108機)を発進させた[122]。本来ならば淵田中佐が総指揮官として出撃するはずだったが、淵田は虫垂炎による手術を行ったばかりなので出撃できない[123]源田実航空参謀も風邪により熱を出していた[124]。日本軍は「敵空母を基幹とする有力部隊附近海面に大挙行動と推定せず」という方針の元に攻撃を開始する[125]。近藤中将の攻略部隊(第二艦隊)がミッドウェー島に上陸する日は6月7日と決定されており、南雲機動部隊はそれまでにミッドウェー基地の戦闘力を奪わなければならなかった[126]。奇襲の成立が前提にあり、空襲の攻撃主目標は地上・上空の飛行機、副目標が滑走路、航空施設、防空陣地であった。源田実参謀によれば、滑走路が副目標であるのは支那事変の戦訓から長期間使用不能にすることが困難であるから、また、艦爆が対空砲火による被害が大きいことも支那事変でわかっていたが命中率の良さから採用し、800キロ爆弾は開戦後の経験から陸上攻撃に大きな効果があることが分かっていたため採用したという[127]

各空母からの発艦機数は、「赤城」から零戦9機、九九艦爆18機、「加賀」から零戦9機、九九艦爆18機、「蒼龍」から零戦9機、艦攻18機(800kg爆弾装備)、「飛龍」から零戦9機、艦攻18機である[128]。このうち、飛龍艦攻1機(赤松作 飛特少尉)が故障で引き返している[129]。四空母に残った戦力は、零戦36(各艦9)、艦爆36(飛龍18、蒼龍18)、艦攻41(赤城17、加賀26)であった[130]。一航戦の艦攻には航空機用魚雷が装着され、各空母格納庫で待機[131]。二航戦はセイロン沖海戦の戦訓を踏まえ陸上攻撃・艦船攻撃どちらでも対応できるようにする為未装備状態とした。

また偵察機として空母「赤城」 、「加賀」から九七式艦攻各1機、重巡洋艦「利根」、「筑摩」から零式水上偵察機各2機、戦艦「榛名」から九五式水上偵察機が発進した[132][133]。索敵機の発進は日の出の30分前、午前1時30分と定められていた[134]。だが第八戦隊司令官阿部弘毅少将の判断で「利根」は対潜哨戒につく九五式水上偵察機の発艦が優先された[135]。このため筑摩機は(04:35)午前1時35分(第5索敵線)、(04:38)午前1時38分(第6索敵線)に零式水上偵察機が発進、(04:50)午前1時50分に対潜哨戒機発進[136][137]。「利根」は(04:38)午前1時38分に対潜哨戒機、(04:42)午前1時42分(第3索敵線)、(05:00)午前2時(第4索敵線)にそれぞれ水偵が発進した[136][138]戦闘詳報には「利根、筑摩とも出発著しく遅延す」「筑摩6号機は天候不良のため午前3時35分に引き返せり」という記載がある[132][139]

筑摩の遅れは、機長兼飛行長の黒田信大尉によれば、待機していたが艦長から発艦命令がなかったので催促したという。艦長の古村啓蔵によれば、発艦が遅れた理由は思い出せないが催促されて判断し発艦させたという[140]。利根の遅れは、通信参謀矢島源太郎と飛行長武田春雄によれば、射出機の故障は記憶になく、大きく遅れた感じはなかったという。第八戦隊首席参謀土井美二中佐によれば、なにか滑走車のピンが抜けた入らないで騒いでいた気がするという[141]

最後に各空母より零戦1個小隊3機が直掩のため出撃した。このうち、「加賀」の零戦1機が故障のために飛び立てず合計11機となる。そして南雲艦隊は針路を再びミッドウェー島に向け進撃を開始した。午前2時20分(05:20)、南雲長官より「敵情に変化なければ第二次攻撃は第四編成(指揮官加賀飛行隊長)をもって本日実施予定」という信号が送られた[142]。これは米艦隊が出現しない事が明確になった時点で兵装を対地用に変更し、ミッドウェーを再空襲する事を予令として通知したものである。仮に第二次攻撃隊が出撃すると、南雲機動部隊に残された航空兵力は各空母零戦3機となるはずだった[143]

午前2時15分(05:15)ごろ、アディ大尉が操縦するPBYカタリナ飛行艇は日本軍零式水上偵察機 (利根4号機)を発見する[144]。近くに日本艦隊がいると判断した大尉は付近を捜索した結果、15分後に南雲部隊を発見して「日本空母1、ミッドウェーの320度、150浬」と平文で報告した[145]。日本側もPBY飛行艇を発見し、警戒隊の軽巡洋艦「長良」から、続けて戦艦「霧島」から敵機発見の煙幕があがった[146]。南雲機動部隊は直掩零戦隊を発進させはじめたが、米軍飛行艇は雲を利用して回避しつつ接触を続け、零戦隊はとうとうアディ大尉のPBY飛行艇を撃墜できなかった[147]。午前2時40分(05:40)、アディ大尉機と同じ針路を遅れて飛んでいたチェイス大尉のPBY飛行艇もミッドウェー空襲隊を発見・報告した[148]。米軍偵察機が南雲部隊発見を通報した無電はミッドウェー基地や南雲部隊などには傍受されたが、第16・17任務部隊には混線したため内容が把握できなかった。両部隊が内容を把握できたのはPBYからの続報を元にして、(06:03)にミッドウェー基地が打電した平文の緊急電を傍受してからである。この平文電報は「赤城」でも傍受している[149]

空襲が予想されるミッドウェー基地では午前3時(06:00)に迎撃の戦闘機26機(バッファロー20、ワイルドキャット6機)が出撃し、続いてTBFアベンジャー雷撃機6機、B-26マローダー爆撃機4機、 SB2Uビンジゲーター急降下爆撃機12機、SBDドーントレス急降下爆撃機16機という混成攻撃隊が南雲部隊へ向けて発進した[150]。基地には予備のSB2U 5機及びSBD 3機が残された[151]。午前4時7分(06:07)、ミッドウェー基地経由で日本軍空母発見の報告を受けたフレッチャー少将は直ちに行動を開始すると「エンタープライズ」のスプルーアンスに対して攻撃を命令した[152]。米海軍の3空母は直ちに出撃準備を開始、スプルーアンスは「エンタープライズ」と「ホーネット」の攻撃隊発進を午前4時(07:00)と指定した[152]

午前3時16分(06:16)、ミッドウェー基地上空の米軍戦闘機隊は接近する艦攻・艦爆・戦闘機隊の順で進撃する[153]日本軍攻撃隊(友永隊)107機を発見する。戦闘はカタリナ飛行艇の吊光弾投下と米軍機の奇襲で始まり、先頭の友永隊長機を始め艦攻多数が火に包まれ[154]、直後に零戦隊が逆襲に転じて空中戦となった[155]。約15分の空中戦は日本側の勝利に終わる。迎撃したF2Aブリュースター・バッファロー戦闘機20機のうち13機が撃墜され、F4Fワイルドキャット戦闘機6機のうち2機が撃墜され、帰還したバッファロー5機、ワイルドキャット2機が使用不能となった。米軍の妨害を排除した日本軍攻撃隊は午前3時30分(06:30)から午前4時10分(07:10)にかけて空襲を実施した[156]。映像撮影のため派遣されていた映画監督のジョン・フォードなどが見守る中、重油タンクや水上機格納庫、戦闘指揮所、発電所、一部の対空砲台を破壊し基地施設に打撃を与えたが、滑走路の損傷は小さく、死傷者も20名と少なかった[157]。九九艦爆の搭乗員は、飛行機のない滑走路を爆撃して虚しい思いをしたと回想している[158]。日本軍攻撃隊は、米軍戦闘機41機撃墜確実・9機不確実を主張し、艦攻5機、艦爆1機、零戦2機を失った[159]。残る機も相当数が被弾しており、艦攻16、艦爆4、戦闘機12(修理不能2)が損傷した[159]。友永大尉機も被弾によって無線機が使用不能となり、小型黒板を通じて二番機に中継代行をさせている[160]。米軍側は空中戦で日本軍機40-50機を撃墜・地上砲火で10機撃墜を主張し、バッファロー13機、ワイルドキャット2機を失い、残る戦闘機も被弾して出撃可能機は2機となった[159]。また、帰途につく艦攻隊に最初の空戦で海面に不時着した艦航隊第二中隊長機菊池六郎中隊長以下3名がゴム筏の上でマフラーを振っているのが発見され非常食が投下されたがその後の戦況のため救助されることはなかった[161]

攻撃の成果が不十分と判断した友永大尉は午前4時(07:00)、南雲機動部隊に対し『カワ・カワ・カワ(第二次攻撃の要あり)』と打電して第一次攻撃隊の攻撃は不十分であることを伝えた[162]。2ヶ月前のセイロン沖海戦と全く同じ展開である。ミッドウェー基地攻撃中の午前3時49分(06:49)、筑摩4号機が天候不良のため引き返すと報告(受信午前3時55分)[163]。午前5時55分、利根1号機から「敵15機わが艦隊に向け移動中」という報告を受け、更に零戦6機を直掩に加えた。米軍側記録によれば、「ヨークタウン」から発進した10機の索敵機である[164]。同じく四空母に分乗している第六航空隊の零戦21機を使用できるよう準備を指示している。直掩隊は弾薬と燃料補給のため頻繁に着艦・交替を繰り返したため、飛行甲板に艦攻や艦爆を並べることが出来なかった[165]

日本軍の兵装転換と米軍基地航空隊の空襲[編集]

B-17爆撃機の攻撃を受け、回避行動中の空母「赤城」。

日本軍空襲隊(友永隊)がミッドウェー島を攻撃していたころ、南雲機動部隊は「0400に至り敵第一次攻撃あり、その後0730頃迄殆ど連続執拗なる敵機の襲撃を受ける」というように米軍機の継続的な空襲に悩まされていた[166]。午前4時5分(07:05)、重巡洋艦「利根」は米軍重爆撃機10機を発見する[167]。米軍攻撃隊の正体は、ミッドウェー基地から発進したTBF アベンジャー雷撃機6機(フィバリング大尉)と、爆弾のかわりに魚雷を抱えたB-26マローダー双発爆撃機4機(コリンズ大尉)だった[168]。シマード大佐(ミッドウェー司令官)が友永隊の迎撃に全戦闘機を投入してしまったため、彼らは戦闘機の護衛なしに進撃してきたのである[169]。「赤城」と「利根」が発砲し、直掩の零戦10機が迎撃する[170]。アベンジャー6機のうち3機は直掩機により撃墜され、残り2機も投下後に撃墜、アーネスト中尉機だけが生還した[171]。空母「赤城」は米軍の魚雷を全て回避した。被害は機銃掃射で「赤城」三番高角砲が旋回不能(30分後に修理完了)、砲員に負傷者が出たほか、両舷送信用空中線が使用不能となり、「赤城」(旗艦)の通信能力に支障が生じた[172]。「赤城」を狙ったB-26隊は魚雷2-3本命中を主張しているが、実際には回避されている[173]。B-26は2機が撃墜され、生還した2機もひどく損傷して放棄された。

ミッドウェー基地から発進した米軍陸上機による空襲は、同島の基地戦力が健在である証拠であった[174]。友永隊の報告をふまえ、南雲司令官はミッドウェー島基地への再空襲を決定する。近藤信竹中将の率いるミッドウェー攻略部隊(第二艦隊)が6月7日に上陸を開始する前に、米軍基地航空戦力を壊滅させる必要に迫られたからである[175]。午前4時15分(07:15)、南雲司令部は艦攻に魚雷を装備していた第一航空戦隊(赤城加賀)に対し[176]、『本日航空機による攻撃を実施する為第二次攻撃隊を編成せよ。兵装は爆装に転換』と通知した[177]。搭載する九七艦攻のほとんどがミッドウェー空襲隊に加わり、九九式艦上爆撃機しか残っていない第二航空戦隊(飛龍蒼龍)に対しては、爆装せず待機が命じられた。米側の二航戦の資料によれば[要出典]、雷装から爆装へ転換し終わるにはかなり時間がかかるため、後から未装備の艦爆を爆装させ始めても間に合う事と、帰投する空襲隊の収容をしなければならなかった為である。海戦前に「飛龍」で行われた実験では、魚雷から爆弾への転換に1時間半から2時間かかっている[178]。燃料補給と弾薬補給を求める直掩戦闘機が着艦するため飛行甲板を開けねばならず、兵装転換作業は各空母格納庫で行われた[179]

その頃、アメリカ海軍第17任務部隊の指揮官フレッチャー少将は、ミッドウェー基地航空隊の活躍によって南雲機動部隊の位置をほぼ特定することに成功し、攻撃するタイミングを窺っていた。午前3時7分(06:07)、フレッチャーはスプルーアンスに「南西に進み、敵空母を確認せば、それを攻撃せよ」と命じ[180]、これを受けたスプルーアンス少将は午前4時(07:00)過ぎに攻撃隊発進を命令、第16任務部隊は次からなる117機の攻撃隊を発進させた。

F4F戦闘機10機(VF-6、指揮官:ジェームズ・グレイ大尉)
SBD爆撃機33機(指揮官:第6航空群司令クラレンス・マクラスキー少佐、VB-6、指揮官:リチャード・ベスト大尉、VS-6、指揮官:ウィルマー・ギャラハー大尉)
TBD雷撃機14機(VT-6、指揮官:ユージン・リンゼー少佐)
F4F戦闘機10機(VF-8、指揮官:サミュエル・ミッチェル少佐)
SBD爆撃機35機(VB-8、指揮官:ロバート・ジョンソン少佐、VS-8、指揮官:ウォルター・ローディ少佐)
TBD雷撃機15機(VT-8、指揮官:ジョン・ウォルドロン少佐)

しかし、午前4時28分(7:28)に日本軍の偵察機が艦隊上空に現れたことから、まだ日本側には空母を発見されていなかった上、発艦した飛行隊を小出しにすることは戦術としては非常にまずいにもかかわらず、敢えてスプルーアンスは発進を終えた飛行隊から攻撃に向かわせるように指示した。艦をあげての全力攻撃で、全機を飛行甲板に並べて一度に発進させることができなかったのである。結果的に、このスプルーアンスの決断が勝因の一つになる。

また、日本軍の空母4隻すべての所在を確認した第17任務部隊(フレッチャー少将)も、警戒のために出していた偵察機(当日はヨークタウンが警戒担当)の収容を終えた後の午前5時30分(8:30)に、次からなる35機の攻撃隊を発進させた[181]

F4F戦闘機6機(VF-3、指揮官:ジョン・サッチ少佐)
SBD爆撃機17機(VB-3、指揮官:マクスウェル・レスリー少佐)
TBD雷撃機12機(VT-3、指揮官:ランス・マッセイ少佐)

「ヨークタウン」は(09:05)に攻撃隊を発進させると、すぐにウォリー・ショート大尉のSBD爆撃機17機(VS-5)、戦闘機6を甲板に並べ、発進準備を行った[181]。また潜水艦「ノーチラス」は日本戦艦を雷撃したあと、午前6時10分(09:10)に「敵巡洋艦(駆逐艦「嵐」)を雷撃するも命中せず、爆雷6発で攻撃される」と日誌に記録したが、誰にも報告しなかった[182]

午前4時28分(7:28)、利根4号機(機長は偵察員の甘利洋司 一等飛行兵曹、操縦員は鴨池源 一等飛行兵、電信員は内山博 一等飛行兵)は「赤城」の南雲機動部隊司令部に対し、『敵らしきもの10隻見ゆ、ミッドウェーより方位10度、240浬 (南雲機動部隊から200浬)』と発信した[183][184]。ところが、位置報告がずれており、実際の米艦隊の位置は160km北に偏移している[185]。新規に搭載した機体であったため、コンパスの自差修正ができず、コンパスに10度のずれがあった為とされる[186]。約10分後に受信した南雲部隊は、午前4時45分(7:45)、魚雷から陸用爆弾への兵装転換を一時中断した[187]。これについて草鹿参謀長は午前5時ちょうどに利根4号機報告を知ったと著作で述べているが[188]、「赤城」の通信記録とは矛盾している。予期せぬ米艦隊発見報告に、南雲司令部は興奮した[189]。一方で特に動揺もなく平静だったという証言もある[190]。午前4時47分、南雲司令部は「艦種を確かめ触接せよ」と利根4号機に命令した[191](これについて日本軍戦闘詳報とミッドウェー時間は約21時間ずれているので[118]、ミッドウェー現地時間6月4日午前8時は日本軍記録6月5日午前5時となり、両軍の戦闘レポート(戦闘詳報)に記入された日付時刻が異なることは、ミッドウェー海戦の研究を混乱させることがある[118])。

なお利根4号機が米艦隊の位置を報告する前、筑摩1号機(機長:黒田信大尉/筑摩飛行長)が米軍機動部隊上空を通過していたが、雲が低かったため米艦隊を発見できなかった[192]

利根4号機からの返信を待つ南雲機動部隊に、新たな米軍航空隊が接近していた。日本時間午前4時53分(現地時間7:53)、戦艦「霧島」から敵機発見を意味する煙幕が展開され、ヘンダーソン少佐が指揮するミッドウェー基地のアメリカ海兵隊所属SBD ドーントレス爆撃機16機が艦隊上空に到達した[193]。午前4時55分(7:55)、同隊は日本軍直掩機(零戦)の迎撃を受けヘンダーソン機以下6機が撃墜され、なおも空母「飛龍」と「蒼龍」を空襲するも命中弾を得られず、ヘンダーソン隊長機を含む合計8機を失った[194]。ヘンダーソン戦死後に攻撃隊を率いたエルマー・G・グリデン大尉は、航行する日本空母の甲板に日の丸が描かれており容易に見分けられたと述べている[195]。米軍側は「飛龍」に命中弾2、「加賀」に命中弾3を主張しているが、命中した爆弾は1発もない[196]。米軍機の攻撃は続いた。午前5時10分(8:10)、B-17爆撃機17機(スウィニー中佐)による空襲が行われ、「赤城」、「蒼龍」、「飛龍」が狙われたが、損害は無かった。攻撃したB-17隊も無傷だったが、空母に直撃弾1、不確実1発を主張している[197]。1機のB-17乗組員達は基地に戻ると、彼らの爆撃が日本艦隊を撃破したと主張した[198]。最後に海兵隊SB2Uビンディケーター爆撃機11機(ノリス少佐)による空襲が行われた[198]。この隊は零戦の防御網をくぐりぬけて空母を狙うのは困難と判断し、戦艦「榛名」を狙った[199]。直掩機の迎撃で1機を失い、2機が燃料切れで不時着、直撃弾2発を主張したが、「榛名」は無傷だった[199]。日本軍の戦闘詳報は「0510:赤城、飛竜ニ爆弾命中スルヲ認ム(誤認)」、「敵飛行機、蒼竜(原文ママ)ニ急降下、利根(水偵)揚収」、「加賀後方ニ爆弾投下命中セズ」、「赤城左120及500mニ爆弾2個弾着スルヲ認ム」、「利根左100及4000mに爆弾投下、蒼竜飛竜、盛ニ発砲、蒼竜周囲ニ猛烈爆弾投下」、「赤城後方ニ爆弾投下、命中セズ」、「敵飛行機10機、榛名ニ対シ急降下、爆弾投下命中セズ」など、断続的に空襲を受けていることを記録している[200]。ニミッツ提督は「ミッドウェー基地隊は日本軍艦艇10隻に損傷を与え、1-2隻を沈めたかもれないが阻止に失敗し、基地隊主戦力は失われた」とキング大将に報告した[201]。この後、ミッドウェー基地航空隊はSB2U 5機、SBD 6機で夜間攻撃に出撃したが会敵せず、SB2U 1機を事故で喪失した[202]

米軍機動部隊発見と2度目の兵装転換[編集]

日本時間午前5時から午前5時30分(08:00から08:30)にかけて、ミッドウェー基地を攻撃した日本軍攻撃隊(友永隊)が南雲部隊上空に戻ってきた[203]。ちょうど米軍ミッドウェー基地航空隊が南雲機動部隊を攻撃している最中であり、日本軍攻撃隊は母艦上空での待機を余儀なくされている。「赤城」からは、護衛の駆逐艦が友永隊を誤射する光景が見られ、後に着艦した千早大尉(赤城艦爆隊)と山田大尉(赤城艦戦隊)は友軍に激怒している[204]。混乱した状況下、南雲は利根4号機に対し「敵艦隊の艦種知らせ」と命じた[205]。すると午前5時20分ごろ、『敵兵力は巡洋艦5隻、駆逐艦5隻(0509発信)』という報告があった[206]。この段階での南雲司令部は、米軍空母が存在するという確証を持っていない[207]。しかし、午前5時30分(08:30)、『敵はその後方に空母らしきもの一隻を伴う。ミッドウェー島より方位8度、250浬(発午前5時20分)』との打電が入った[208]。この空母は「ホーネット」である[209]。偵察機からの通信は、母艦側の受信と暗号解読により10分の差が生じている。

草鹿龍之介参謀長は「予想していなかったわけではないが、さすがに愕然とした」と述べている[210]。南雲司令部は米艦隊の正確な情報を知る必要にせまられた。午前5時30分(08:30)、第二航空戦隊(飛龍、蒼龍)は二次攻撃に備え250kg爆弾を揚弾する[211]。同時刻、南雲は山口に対し、空母「蒼龍」に2機だけ配備されていた試作高速偵察機十三試艦上爆撃機(艦上爆撃機彗星試作機)の投入を命じ、同機はただちに発進した[212]。この偵察機の最高速度は約519km/h、巡航速度約426km/h。利根4号機などの零式水上偵察機は最高速度367km/h、米軍主力戦闘機F4Fワイルドキャットの最高速度は514km/hである。十三試艦爆は当時の米軍戦闘機の追撃を受けても十分退避可能であり、正確な情報を持ち帰ることができた。

午前5時30分(08:30)、偵察に出発した十三試艦爆と入れ替わるように蒼龍攻撃隊が帰還した。この時第二航空戦隊(飛龍、蒼龍)を率いていた山口多聞少将は、あらゆることを放棄して、すなわち護衛戦闘機もつけられるだけ、爆弾も陸用爆弾で、かつ一切の人情を放棄して直ちに第二次攻撃隊を発進させることを駆逐艦「野分」を中継して『直ちに攻撃隊発進の要ありと認む』と進言した[213]。 J・パーシャルやA・タリーの調査では、この直前のB-17の空襲で撮影された「蒼龍」と「飛龍」の上空写真には飛行甲板に航空機は並んでおらず、実際は攻撃隊の準備は出来ていないとしているが、彼らは山口の進言を「飛行甲板上に並べてある攻撃隊だけでも直ちに発艦させよ」と誤訳している[214]。山口の進言の意図は「兵装転換を行わずに攻撃隊の発進を急げ」であると供に、上述の通り、燃料補給と弾薬補給を求める直掩戦闘機が着艦するため飛行甲板を開けねばならいため、兵装転換作業や攻撃隊の準備は各空母格納庫で行われており[215]、飛行甲板上の状態を見て攻撃隊の準備状況を見極めようとしたパーシャルとタリーの調査は的外れである。草加参謀長、源田航空参謀ら当事者より「艦爆機だけならすぐ発進させることはできた」(草加参謀長)等の証言があり、この進言時点で第二次攻撃隊の出撃は可能であった[216]

ただ偵察機の報告によれば米軍機動部隊までの距離はまだ遠い(実際の米軍機動部隊はもっと近くにいた)のと兵装転換自体、午前4時15分の転換開始から午前4時45分の一時中止まで30分しかたっておらず、殆どしていなかった[要出典]。これについて淵田美津雄は敵艦隊発見報告時点で、第二次攻撃隊・九七艦攻の魚雷から陸用爆弾への転換がほぼ終わっていたと述べている[217]が、実際は「赤城」で6機、「加賀」で9機が済んでいただけだった[要出典]。南雲司令部は幾つかの条件を検討した[218][219][220]

  1. 九七艦攻への陸用爆弾から魚雷への転換は、もともと陸用爆弾に換装した機が少なく、短時間で終わる。水平爆撃の命中率は悪く、急降下爆撃でも敵空母に致命傷を与えることは困難である[220]
  2. 第二航空戦隊(飛龍蒼龍)の九九艦爆の爆装は短時間で行える。
  3. 上空待機中の日本軍ミッドウェー基地空襲隊(約100機)の燃料が尽き掛けており、これ以上待たせる事は出来ない[219]。貴重な機体と200名以上の熟練搭乗員を危険にさらすことは大問題である[220]
  4. 敵艦隊攻撃隊を護衛する零戦が、南雲部隊を守るために殆ど発進しており、一度着艦して補給する必要がある[219]。弾薬と燃料を使い果たした零戦隊を護衛につけても意味がない[220]
  5. 戦闘機の護衛のない攻撃隊は、艦隊護衛戦闘機の餌食になることを珊瑚海海戦や米軍ミッドウェー基地航空隊が実証している。南雲にとって、大損害を受けることがわかっていながら「はだか」の航空隊を出すことは出来ない[221]

南雲司令部は、戦闘機の護衛をつけずに攻撃隊を出す危険性や第一次攻撃隊を見捨てることへの懸念から、帰還した第一次攻撃隊の収容を優先すべきと考えた[222]。南雲は山口の進言を却下。南雲は米機動部隊艦隊から攻撃を受ける前に兵装転換を行い、日本軍攻撃隊は発進可能と判断した[220]。午前5時37分(8:37)、各空母は日本軍ミッドウェー基地攻撃隊の収容を開始する[223]。午前5時55分(08:55)、「(第一次攻撃隊)収容終らば一旦北に向ひ敵機動部隊を捕捉撃滅せんとす」と命じた[224]。同時刻、重巡洋艦「筑摩」から「水上偵察機、午前6時30分(09:30)発進予定」との報告がある[225]。南雲には、第一航空戦隊(赤城・加賀)の艦攻(雷装)は午前7時30分発進可能との報告、第二航空戦隊(飛龍、蒼龍)は午前7時30分から午前8時に発進可能との報告があった[226]

午前5時45分(08:45)、「更に巡洋艦らしきもの2隻を見ゆ(発信午前5時30分)」という利根4号機からの追加情報が入る[227]。攻撃隊収容中の午前5時48分(08:48)、利根4号機から帰投するという電報が届いた[228]。阿部少将は第八戦隊(利根筑摩)に交代の偵察機発進を命じると[229]、利根4号機に「帰投まて」を命じた[230]零式水上偵察機の航続距離は通常10時間であるため、まだ十分飛べると考えたためである。南雲も午前5時54分に無線方位測定で位置を把握する為の長波輻射を利根4号機に命じた[231]。だが利根4号機は午前5時55分(8:55)に「敵攻撃機10機貴方に向かう」の通報のみを行い、輻射は行わなかった[232]

後方の戦艦「大和」で南雲機動部隊からの電報を受信していた山本五十六以下連合艦隊司令部は、予期せぬ米軍機動部隊が出現した事にたいして慌てなかった[233]宇垣纏参謀長は司令部の雰囲気が「さては敵の機動部隊の激撃なる、よき敵御座んなれ、第二次攻撃は速に之に指向に、先づ敵空母を屠り、残敵を如何に処分すべきかと楽観的気分に在り」と述べている[234]。山本が黒島亀人先任参謀に「米艦隊への攻撃命令を出すか否か」を尋ねると、黒島は「南雲は兵力の半数を米空母機動部隊に対して準備しているから必要なし」と答え、連合艦隊司令部は何も発信しなかった[235]

米軍艦載機の攻撃(雷撃)[編集]

空母「エンタープライズ」艦上のTBD雷撃隊。

第一次攻撃隊の収容は午前6時30分(9:30)までに完了したとされるが[236]、「蒼龍」では午前6時50分頃までかかっている[237]。南雲は連合艦隊(山本五十六長官)に米軍空母発見を知らせると、直ちに米空母攻撃へ向け準備を開始する[238]。この状況下、午前6時20分(9:20)頃にジョン・ウォルドロン少佐率いるホーネット雷撃隊TBD デバステイター雷撃機14機が日本の機動部隊上空に到達[239]、日本側では「赤城」や「筑摩」が確認した[240]。この時点で南雲機動部隊の直掩機は18機に減少していたが、直ちに加賀5機、赤城3機が迎撃に上がる[241]。米軍攻撃隊は部隊毎に進撃したので連携が取れず、ホーネット雷撃隊は戦闘機の護衛の無いまま「赤城」を狙った。一機の雷撃機は「赤城」の艦橋に接近して墜落し、草鹿参謀長は死を覚悟している[242]デバステーター隊は零戦により全機が撃墜され、不時着水した機体から脱出したジョージ・ゲイ少尉1人を除く隊員29名が戦死した[243]。ゲイ機は「蒼龍」を雷撃して飛行甲板上を通過したが、魚雷は命中せず、直後に零戦に撃墜されたとされる[244]。戦闘後の名誉勲章推薦状には「ホーネット雷撃隊は日本空母に魚雷を命中させ、日本の空母に最初に大打撃を与えた」とあり、後にホーネット隊は他の部隊から恨みを買うことになる[245]。一方「ホーネット」の戦闘機隊と爆撃隊は雲で雷撃隊を見失い、南雲部隊も発見できなかった[243]。戦闘機隊とドーントレス13機はミッドウェー基地へ向ったが、燃料切れでワイルドキャット全機とドーントレス3機が不時着水、残りのドーントレス20機は「ホーネット」に帰艦した[243]

午前6時37分(09:37)、利根4号機から「燃料不足のため帰投する(発午前6時30分)」と連絡が入る[246]。阿部司令は午前7時(10:00)まで接触を維持することを命じたが「我れ出来ず」との返答を受け、帰還を許可した[247]。同時刻、利根4号機と交代すべく筑摩5号機が発進した[247][248]。午前7時(10:00)、「蒼龍」の十三試艦爆は索敵線上に米艦隊を発見できず、引き返した[249]。これは前述のように、利根4号機が報告した米艦隊の位置が100km以上ずれていた為である[185]

午前6時50分(09:50)、ユージン・リンゼー少佐率いるエンタープライズ雷撃隊14機が南雲部隊上空に到達した[250]。通信不良と連携ミスにより10機のワイルドキャットはホーネット雷撃隊を護衛していたため、エンタープライズ雷撃隊を掩護できなかった[251]。エンタープライズ雷撃隊は「加賀」を目標にするが10機を失い、1機が帰還後投棄、零戦1機撃墜と引き換えに隊長を含む29名が戦死する[252]。その上、命中魚雷も得られなかった。戦闘機隊の連携ミスで護衛を受けられず多くの隊員を失った事に生き残った隊員達は激怒し、帰還後に戦闘機隊隊員の控室に拳銃を持って怒鳴りこんだと同隊の戦闘詳報に記載されている。一方で、零戦の攻撃に積極性が見られず、度重なる発進、戦闘、着艦の連続で疲労がたまっていたという推測もなされている[253]

(10:10)、ランス・マッセイ少佐指揮のヨークタウン第3雷撃隊が南雲部隊上空に到達した。「飛龍」は他の3空母より前方を進み、雲の下を航行していたという[254]。ヨークタウン雷撃隊12機は、突出した「飛龍」を挟撃すべく2個小隊(6機)にわかれると、攻撃を開始した[255]。その上空では、戦闘機隊指揮官ジョン・サッチ少佐によって、彼の発案した対ゼロ戦空戦戦術サッチウィーブが初めて試されようとしていた[256]。この時点でヨークタウン戦闘機隊は6機だけである[255]。雷撃隊全てを護衛できずTBDデバステーター10機が撃墜され、残りの2機も燃料切れで不時着水し全機損失、24名中21名(隊長含)が戦死、「飛龍」に魚雷5本を発射したが、全て回避された。だが15機の零戦に6機で挑み、損害1機に対し5機撃墜という米軍側記録はサッチ・ウィーブ戦法の有効性を証明し、米戦闘機隊隊員に自信を持たせたという[255]。一方プランゲは「サッチ戦法はあまり効果がなかった。主任務である雷撃隊の掩護に関する限り、戦闘機隊は何の役にも立たなかった」と評している[257]。生還した雷撃隊操縦者ハリイ・コールは、零戦24機に襲われたと証言している[254]。コールの証言によれば、この時点でほとんどの日本軍直掩機がヨークタウン隊戦闘機隊と雷撃機隊に集中し、低空で戦っていたことになる[254][258]。この時、同隊雷撃機隊員が駆逐艦「嵐」に救助され重大な情報を供述したが、それについては後述する。

米軍艦載機の攻撃(急降下爆撃)、日本軍三空母炎上[編集]

その頃、クラレンス・マクラスキー少佐率いるエンタープライズ艦爆隊SBDドーントレス32機は日本の機動部隊を見つけられず、燃料消耗のために飛行範囲限界を迎えつつ、予想海域の周辺を捜索していた[259]。マクラスキーは日本軍機動部隊が北方に退避すると推測し、変針しつつ捜索を続行する[260]。午前6時55分(09:55)、米軍潜水艦「ノーチラス」を攻撃したのち南雲機動部隊へ戻ろうとしている駆逐艦「嵐」を発見する[261]。エンタープライズ艦爆隊は「巡洋艦」と報告する[262]。「嵐」は午前6時30分に「敵潜水艦(注:ノーチラス)の雷撃を受け、直ちに爆雷攻撃するも効果不明」と報告していた[263]。ただし「嵐」の戦友会は、空襲直前の日本時間午前7時(10:00)の段階で、「嵐」は「赤城」直衛で傍を離れていなかったと主張している[264]。エンタープライズ艦爆隊は、眼下の日本軍駆逐艦(爆撃機隊は巡洋艦と判断)は空母部隊へ向かっているものと判断して北東進路上を索敵した結果、午前7時24分(10:24)頃、南雲機動部隊を発見した[265]。この間、ドーントレス1機が不時着、1機が行方不明となったので、エンタープライズ艦爆隊は30機となった[262]

日本時間午前7時22分(現地時間10:23)、マクスウェル・レスリー少佐率いるヨークタウン艦爆隊も戦場に到着する。こうして南雲機動部隊への空襲は、エンタープライズ艦爆隊とヨークタウン艦爆隊の同時攻撃となった。日本側は先ほどのヨークタウン雷撃隊に対応して直掩零戦のほとんどが低空に降りており[266]、さらに見張り員も雷撃機の動向や発艦寸前の直掩機に気をとられていたため発見が遅れ[267]、「敵、急降下!」と「加賀」見張り員が叫んだときにはすでに手遅れだった[268]。「被弾した時、各空母甲板上には発進準備を終えた戦闘機隊、雷撃機が整列しており、米軍の攻撃があと5分遅ければ全機発進できた」と草鹿龍之介淵田美津雄は主張している[218]。これにより、いわゆる『運命の5分間』説が巷間に広まっているが[218]、これは誤りである[269]。日米生存者の証言や戦闘詳報の調査によりこの時点で各空母は直掩機の発着艦を行っており、攻撃隊は飛行甲板に並んですらいなかった[270][271]。赤城雷撃隊の松田憲雄電信員は、ちょうど「第二次攻撃隊員整列」のアナウンスがあり、搭乗員達が出撃前にお茶を飲もうと一息ついた時だったと証言している[272]

先陣を切ったのはマクラスキー少佐のエンタープライズ艦爆隊で、「加賀」を狙った[273]。日本艦隊は急降下爆撃隊に気付かず、対空砲火も間にあわなかった[274]。午前7時22-24分(10:22-24)、マクラスキー少佐の率いる小隊の攻撃は至近弾だったが、続くギャラハー大尉機の投弾した4発目が飛行甲板後部に命中する[275]。続いて3発が短時間の内に命中した[276]。なお「加賀」を攻撃したのはレスリー少佐と部下のヨークタウン艦爆12機と主張する米国研究者もいる[277]

午前7時25分(10:24)、レスリー少佐のヨークタウン艦爆隊17機がエンタープライズ艦爆隊に続く形で「蒼龍」へ攻撃を開始する[278][279]。「蒼龍」は艦爆12-13機と記録[280]。発艦直後のアクシデントでレスリー少佐を含む数機は爆弾を誤投下していたが、自ら先頭にたって「赤褐色の飛行甲板、右舷に小さな艦橋、その後方に直立煙突がある空母」へ機銃掃射をもって突入した[281]。2番機ホルムベルク大尉機の爆弾は「蒼龍」前部エレベーター前に命中して大爆発を起こし、大尉は発艦中の日本軍機が空中に跳ね飛ばされるのを見た[279]。ヨークタウン艦爆隊は直撃弾5発、至近弾3発を主張しているが、実際の命中弾は3発である[279]。後続のうち4機が目標を変更し、そばにいた艦艇を狙う。命中弾はなかったが、駆逐艦「磯風」の後部に至近弾となった[282]

同時刻、エンタープライズ艦爆隊のうち、ベスト大尉率いる一隊は連携に失敗したため、4機のみで旗艦「赤城」を狙った。「赤城」では直衛の零戦が着艦し、補給を行い、ふたたび発艦する瞬間だった[283]。午前7時26分(10:26)、直衛隊の零戦1機(木村惟雄 一等飛行兵曹)が「赤城」より発艦した時点で急降下がはじまる[284]。最初の1弾は左舷艦首約10mに外れたが(ベスト大尉は命中と主張)、続いて2発の爆弾が命中し、第二次攻撃隊準備機や爆弾・魚雷に誘爆して大火災が発生した[285]。命中したのは飛行甲板三番リフト前方に命中した1発だけという艦橋勤務信号兵や従軍カメラマンの証言もある[286]。発艦寸前だった零戦1機が爆風で赤城艦橋付近で逆立ちとなり、飛行甲板にいた淵田中佐も爆風により両足骨折の重傷を負った[287]。エンタープライズ隊はドーントレス14機を失った[275]

約6分間のできごとであったが、太平洋戦争のターニングポイントとなる6分間であった[288]。空母「加賀」では艦橋近くの命中弾と燃料車の爆発により艦橋が破壊され、中にいた岡田次作艦長以下指揮官らが戦死した[289]。午後1時23分(16:23)、艦長に代わって鎮火の指揮をとっていた天谷孝久飛行長が総員退去を決め、乗組員は駆逐艦「萩風」、「舞風」に移乗する[290]。なおも機を見て救出を行おうとしたが果たせず、午後4時25分(19:25)、大爆発が2回起きた[291]。「加賀」は艦首と艦尾が水平になりながら沈んだ。戦死者は閉じ込められた機関部員を含めて800名弱で、航空機搭乗員では楠美正飛行隊長以下、機上・艦上合わせて21名が戦死した[292]

3発の爆弾が命中した「蒼龍」の被害は被弾空母の中で最も深刻だった[293]。被弾から20分後の午前7時45分(10:45)、総員退去が発令されている[294]。午後4時(19:00)に火災の勢いが衰え、楠本幾登飛行長は防火隊を編成して再度乗艦の準備を始めた。直後、「蒼龍」は再度の爆発を起こし、楠本は救出不可能と判断する。「蒼龍」は午後4時13分(19:13)に沈没した[295]。あえて艦内に残った柳本柳作艦長以下准士官以上35名、下士官兵683名、計718名が戦死した[296]。搭乗員戦死者は機上・艦上合わせて10名で、江草隆繁飛行隊長以下、搭乗員の多くは救助された。

「赤城」が被弾した爆弾は1-2発程度で機関部へのダメージはなく、十分復旧可能な範疇であった[297]。だが被弾による火災が兵装転換時に格納庫内に乱雑に置かれた爆弾、魚雷、航空機の燃料へと次々と誘爆を起こし、大火災が発生する[298]。さらに、被弾直後に雷撃機4機を発見し、回避のため左舵をとったところ、舵が固定して動かなくなった[299]。これにより洋上に停止した[300]。赤城の南雲司令部は内火艇に乗り退艦、駆逐艦「野分」に移乗したあと軽巡洋艦「長良」に移ったという[301]。直接「長良」に移乗したという牧島貞一従軍カメラマンや乗組員の証言もある[302]。午前8時30分(11:30)、南雲は「長良」に将旗を掲げた[303]青木泰二郎艦長は消火作業を続行させるが、再度の誘爆により艦を救うことを断念し、午後4時25分(19:25)に総員退艦を命令した[304]。「赤城」の処置をめぐって連合艦隊司令部では議論が交わされ、午後7時25分(10:25)、山本は「赤城」の処分を中止させた[305]。南雲は、木村進少将(第十戦隊司令官)に「長良で赤城を曳航できないか」と尋ねている[306]。結局、6月6日午前1時50分(6月5日4:50)に処分命令が下り、午前2時に第四駆逐隊の4隻(萩風・舞風・野分・嵐)が雷撃処分した[307]。上記2隻と比べて「赤城」では機関部員が閉じ込められずに脱出できたので戦死者はそれらと比べ少なく、准士官以上8名、下士官兵213名の計221名。搭乗員の戦死者は機上・艦上合わせて7名である。淵田美津雄中佐、板谷茂少佐、村田重治少佐の3飛行隊長ら多くの搭乗員が救助された。

空母「飛龍」の反撃[編集]

空襲下の空母「ヨークタウン」。

空母「飛龍」は雲下にあり、また、ヨークタウン雷撃機の攻撃を回避するため他の3隻の空母から離れており、米軍急降下爆撃機群の攻撃を受けなかった[308]。午前7時50分(10:50)、次席指揮官阿部弘毅第八戦隊司令官は「赤城」、「加賀」、「蒼龍」が被弾炎上していることを主力部隊に通報する[309]。阿部は「飛竜ヲシテ敵空母ヲ攻撃セシメ、機動部隊ハ一応北方ニ避退、兵力ヲ結集セントス」と述べ、続いて第二航空戦隊に「敵空母ヲ攻撃セヨ」と命じた[309]。第二航空戦隊司令山口多聞少将は阿部の命令を待たずに敵空母に反撃するため、間合いを詰め始める。確認では敵空母は一隻だったが、来襲機数から二隻と判断した。艦爆攻撃の準備を終えて艦攻魚雷中であり、間に合った艦戦をつけた[310]。午前7時58分(10:54)、山口少将は、阿部に対し「我航空戦の指揮をとる」米空母に全力攻撃をかけることを告げた[311]。阿部をおいて後任の山口が主導権したのは、山口の性格と二航戦が主力であり、重要な戦機であると考えたためである。敵空母は攻撃を終えた部隊を収容中であり、接近して攻撃力を発揮できる好機だった[312]

午前8時(11:00)、第一次波撃隊として小林道雄大尉指揮する零戦6機、九九艦爆18機の計24機が発艦した[313][314]。九九艦爆のうち、12機は250kg通常爆弾、陸用爆弾装備機は6機だった[315]。「飛龍」は第一波攻撃隊を発進させるとすぐに第二波攻撃隊の準備にかかり、同時に米機動部隊の方向に進撃した[316]

飛龍第一波攻撃隊が発進するのと同時刻、筑摩5号機が発信した米艦隊の位置情報が届いた[317]。第八戦隊は、筑摩4号機・5号機に対し「敵空母ノ位置ヲ知ラセ、攻撃隊ヲ誘導セヨ」と連絡している[318]。すぐに筑摩5号機から「敵空母の位置味方の70度90浬、我今より攻撃隊を誘導す0810」との連絡があり、飛龍第一波攻撃隊の誘導を開始した[319]。また午前8時(11:00)、蒼龍十三試艦爆が米軍航空隊を発見し、南雲部隊に通報(着信午前8時40分)[320]。30分後の午前8時30分、米軍機動部隊発見を発信している[321][322]。十三試艦爆は発信5分後帰路についたが[323]、無線機の故障により、南雲部隊では米軍機動部隊発見の報告を受信しなかったという[303]。この頃、「赤城」の零戦隊7機が「飛龍」に着艦[324]。「加賀」からは零戦9機[325]、「蒼龍」からも零戦4機、艦攻1機が飛龍に着艦した[326]

午前8時15分(11:15)、空母「ヨークタウン」では攻撃隊着艦作業がはじまったが、着艦事故が発生して甲板が損傷する[327]。11:50、修理が終わり、SBD爆撃機10機に索敵任務が与えられた[328]。偵察隊が発進してまもない午前9時(12:00)、レーダーが南西46浬に日本軍機を探知する[328]。「ヨークタウン」は重巡洋艦「アストリア」、「ポートランド」、駆逐艦「ハマン」、「アンダースン」、「ラッセル」、「モーリス」、「ヒューズ」に輪形陣を組むよう命じ、F4Fワイルドキャット12機を発進させた[329]

午前8時20分(11:20)、帰還するエンタープライズ艦爆隊を日本艦隊へ向う攻撃隊と勘違いした零戦隊(重松康弘大尉指揮)から2機が迎撃に向かい、峰岸第2小隊長機が弾薬を使い果たして帰還[330]、1機が被弾し日本軍艦隊付近に不時着救助される[331]。このため攻撃隊護衛機は4機に減った。それでも米空母に接敵する筑摩5号機からの電波を頼りに進む日本軍飛龍第一波攻撃隊(22機)は、ついに「ヨークタウン」を発見した[332]。F4F直掩隊12機の迎撃により零戦3機、九九艦爆10機が撃墜され、九九艦爆8機のみが「ヨークタウン」を攻撃した[333]。急降下中に艦爆3機が撃墜されたが、5機が投下に成功し、爆弾3発が命中している。1発がボイラー室に火災を発生させ、「ヨークタウン」は動力を失って航行不能となった[334]。フレッチャー司令官は、重巡「アストリア」に移乗した[335]

代償として、飛龍第一波攻撃隊は小林隊長機を含む艦戦3機、艦爆13機を失い、艦戦1機、艦爆5機が「飛龍」に辿り付いただけだった[336]。帰還した航空機も、零戦1が不時着救助され、修理不能艦爆1、修理後戦闘可能零戦1、艦爆2という状況だった[337]。飛龍攻撃隊は「エンタープライズ型空母」に爆弾5発、陸用爆弾1発命中し、大破或いは大火災、撃沈と報告[338]。しかし「ヨークタウン」は午前11時(14:00)過ぎに爆撃による火災を鎮火し、速力20ノットで航行可能となった[339]。また偵察と攻撃部隊誘導に活躍した筑摩5号機は、午前9時5分(12:05)に米軍戦闘機の追跡を受け退避[340]、その15分後、新たな米軍機動部隊を発見した。

午前9時(12:00)、南雲中将も「長良」の周囲に第三戦隊(戦艦榛名、霧島)、第八戦隊(利根、筑摩)、駆逐艦4隻を集め、速力30ノットで北東に向かった[341]。それより前、駆逐艦「」は海面に漂うヨークタウン雷撃隊隊員ウェスレイ・フランク・オスマス(Wesley・Frank・Osmus)海軍予備少尉を救助し、尋問を行った[342]有賀幸作第四駆逐隊司令は尋問内容を受けて以下の内容を発信した[342][343]。この電文は攻略部隊・第二艦隊の重巡洋艦愛宕(旗艦)も受信している[344]

  1. 空母はヨークタウン、エンタープライズ、ホーネット、巡洋艦6隻、駆逐艦約10隻[342][345]
  2. ヨークタウンは巡洋艦2隻、駆逐艦3隻とを一団とし、他の部隊とは別働しつつあり[342][345]
  3. (米機動部隊)5月31日午前真珠港発、6月1日「ミッドウェー」附着、その後南北に移動哨戒をなし今日に及べり[342][345]
  4. 5月31日真珠港在泊主力艦なし(本人は5月31日まで基地訓練に従事、ハワイ方面主力艦の状況明らかならず)[342][345]

連合艦隊は、米軍機動部隊の戦力と、出動空母の名前を知った。この時、オスマスはエンタープライズ型空母の搭載機数(爆撃機18、偵察機18、雷撃機12、戦闘機27)や、真珠湾攻撃で沈没した米軍戦艦群のうち、戦艦「アリゾナ」、「ユタ」、艦型不詳を除く戦艦4隻が回航修理中であることも証言している[346]。後に、オスマス少尉は兵の独断で殺害されてしまったという[347]。オスマスは水葬に附された[348]。彼の名前はバックレイ級護衛駆逐艦オスマス (護衛駆逐艦)英語版」に受け継がれている。

午前10時15分(13:15)、第八戦隊(阿部司令官)は南雲部隊各艦(霧島、榛名、利根、筑摩)に対し直ちに索敵機を発進させよと命じた[349]。午前10時30分(13:30)、「飛龍」から第二波攻撃隊(零戦6機、艦攻10機)が発進[350]。零戦2機(山本、坂東)は「飛龍」に着艦した加賀所属機、艦攻1機は赤城所属機だった[351]。筑摩4号機も発進した[352]。いれかわるように飛龍第一波攻撃隊が「飛龍」に着艦する[353]。さらに、午前10時30分(13:45)に着艦した十三試艦爆(近藤機)が三群の米機動部隊に接触したものの、無線機故障で発信できなかったことを報告した[354]。十三式試艦爆の偵察に対し、戦闘詳報は『敵機動部隊の情況不明なりし際、極めて適切に捜索、触接に任じ、その後の攻撃を容易ならしめたり。功績抜群なり』と高く評価している[355]。この時点で、山口は利根4号機、筑摩5号機が通報した空母1隻の他に、エンタープライズ型空母、ホーネット型空母(原文ママ)が存在することを知った[356]。午前11時(14:00)、母艦「利根」で補給を終えた利根3号機、4号機が再び発進する[357]。午前11時30分(14:30)、戦艦「榛名」の偵察機(榛名1号機)も附近に空母がいる可能性を知らせた[358]

午前11時30分(14:30)、飛龍第二波攻撃隊は米軍機動艦隊を発見するが、それは復旧作業中の「ヨークタウン」だった[359]。筑摩5号機が撃墜されたため、友永隊は自力で米軍機動部隊を探さねばならず、火災もなく航行する米空母を見た友永丈市は「ヨークタウン」を「損傷を受けていない別の空母」と判断した[360]。友永隊は左右から挟撃雷撃をおこなうため運動を開始する[361]。「ヨークタウン」は直掩F4F戦闘機16を向かわせ、零戦2機、艦攻4機を撃墜した[362]。続いて艦攻1機が対空砲火で撃墜されたが、4本の魚雷が両舷から挟み撃ちの形でヨークタウンに向かって放たれ、2本が左舷に命中する[363]。ボイラー室と発電機を破壊された「ヨークタウン」は航行不能となり左舷に傾斜、総員退艦が命じられ、艦長を含む乗組員全員が脱出した[364]。戦果をあげた飛龍第二波攻撃隊は、艦戦3機、艦攻5機(友永隊長機含む)を失う[365]。戦闘詳報には「エンタープライズ型空母の左舷に魚雷3本命中大爆発、4500mの高さにまで達する大爆発を認む。空母の後方、サンフランシスコ型重巡洋艦爆発するを認む。同爆発は(魚雷)発射後相当時間の経過あるに鑑み、魚雷命中せしものと認む」と記載されている[366]

友永大尉の九七式艦上攻撃機は、ミッドウェー島を攻撃した際に被弾し、燃料タンクに穴が開いていた。友永は搭乗機を譲る部下の提案を拒否して出撃した。米艦隊までの距離は近く、友永は「敵はもう近いから、これで十分帰れる」と告げている[367]。ただし片翼のタンクにしか燃料を積まず、しかも重い魚雷を抱えての飛行はバランスを欠いて操縦が難しく、決死の覚悟であった。また橋本敏男(飛龍艦攻第二中隊長)によれば劇的なシーンなどなく、応急修理はしてあったはずだと推測している[368]戦闘詳報は、第二中隊第二小隊機の目撃談をもとに、黄色い尾翼の友永機は[369]対空砲火で被弾炎上し「ヨークタウン型艦橋付近に激突自爆せること判明す」と記録している[370]

山口少将は第一波攻撃隊(小林隊)と第二波攻撃隊(友永隊)の攻撃を合わせて合計2隻の空母を大破させたものと判断し、同じ空母へ2度攻撃したことに気付かなかった[371][372]。これは第二波飛龍攻撃隊が、雷撃した「ヨークタウン」の後方に「別の空母炎上中」と報告した為である[373]。第二波攻撃隊は、別の米空母が健在である可能性も報告している[374]。この頃、フレッチャー少将は空母「ヨークタウン」が攻撃を受ける前に放っていた偵察機(VS-5)から、空母「飛龍」発見の報告を受けた。「ヨークタウン」を航行不能とされたフレッチャーは、スプルーアンスの「何か指示があれば承りたし」という信号に「なし、貴官の行動に順応す」と答え、全権を委譲している[375]

飛龍沈没[編集]

急降下爆撃を受けて炎上する空母「飛龍」。

空母「ヨークタウン」が飛龍第二波攻撃隊(友永隊)の攻撃で航行不能となった午前11時30分(14:45)、偵察中のサッチ・アダムス大尉は平文で「敵発見、空母1、戦艦1、重巡2、駆逐艦4、北緯31度15分、西経175度5分、15ノットで北上」(米軍機動部隊から72浬)と発信した[376]。駆逐艦のうち1隻は三本煙突の軽巡洋艦長良(南雲忠一中将乗艦)である[376]。戦艦「榛名」、重巡洋艦「利根」、「筑摩」、軽巡洋艦「長良」(南雲旗艦)、駆逐艦3隻は「飛龍」の周辺に集結していたのである[377]。空母「飛龍」発見の電文を受信した空母「エンタープライズ」はウィルマー・ギャラハー大尉率いるエンタープライズ爆撃隊10機、デイヴ・シャムウェイ大尉率いるヨークタウン爆撃隊11機(エンタープライズに退避中)を戦闘機の護衛なしで発進させた[378]

午後12時40分(15:40)、飛龍第二波攻撃隊が着艦した[379]。友永機を含む零戦2機、艦攻5機を失い、艦攻4機が修理不能、零戦1機が不時着救助、零戦3機が修理後戦闘可能、艦攻1機が修理後戦闘可能と報告している[380]。鹿江隆(飛龍副長)は「(米空母2隻撃沈により)これで1対1だ。これで勝てるし、悪くても相討ちにできる」と感じたという[381]。だが「飛龍」の戦力は戦闘機6、艦爆5、艦攻4、十三試艦爆1機に減少していた[382]。炎上する「赤城」に「もし発艦出来る飛行機があったら、飛龍に収容されたし」と伝えたほどである[383]。山口は十三試艦爆により米軍空母の位置を把握し、同機の誘導により全兵力で薄暮攻撃をかける事を伝える[384]。これには、整備科が損傷機を修理することで、戦力が回復するかもしれないと山口達が考えたことも関係している[385]。攻撃力消耗から三隻目の撃破は難しいと考えた[386]。幕僚によれば、一次攻撃での被害が山口の予想をはるかに上回るもので、二次の著しい減少が三次の薄暮攻撃へ決めたという[387]。また、山口は二次の後に三次の準備をしたが、艦爆は六機であり修理を急がせ、三次攻撃の断行と少数兵力の板挟みにあったという[388]。この間、赤城・加賀・蒼龍から「飛龍」に着艦した零戦が交替で「飛龍」上空を守っていた[389]。敵からの攻撃に関して山口は「飛龍には他の艦戦もあるので上空警戒機で阻止できる」という意向を話した[390]

十三試艦爆の発進準備が終わり[391]、友永隊を護衛して消耗した加賀所属零戦1機(山本旭一飛曹)が着艦しようとした時[392]、米軍急降下爆撃隊24機は飛龍の上空に到達した。エンタープライズ艦爆隊指揮官ギャラハー大尉は、ヨークタウン隊に戦艦を狙うよう命令すると、「飛龍」飛行甲板の日の丸マークを目標に突入した[393]。午後2時(17:30)、直衛の零戦6機が迎撃に向い、「飛龍」の操艦によってエンタープライズ隊6機の攻撃は失敗した[394]。続いてヨークタウン爆撃隊、エンタープライズ隊3機が太陽を背にするようにして攻撃する[395]。護衛の「利根」と「筑摩」が対空砲火で迎撃したが阻止できず、「飛龍」に爆弾4発が命中した[396]。「長良」からは、「飛龍」の飛行甲板、もしくはエレベーターが「飛龍」艦橋の前に突き刺さっているのが目撃された[397]。またヨークタウン隊の2機は付近を航行していた戦艦「榛名」を爆撃したが、至近弾に終わった[398]。ヨークタウン隊に遅れて戦場に到着したホーネット艦爆隊15機は「利根」と「筑摩」を攻撃したが、全て回避されている[399]。この他にも「飛龍」と「筑摩」は午後2時30分(17:30)、午後3時15分(18:15)にハワイから飛来したB-17爆撃機から攻撃されたが、これによる被害はなかった[400]

炎上した「飛龍」は午後6時23分(21:23)に至るまで機関は無事だったため、離脱と消火につとめた。だが艦橋と機関科間の電話が不通となったため、機関科は全滅と判断された[401]。「飛龍」はしばらく洋上に浮いていた。横付けされた駆逐艦が消火に協力したものの、誘爆が発生して消火不能となる[402]。午後11時30分(現地時間6月5日2時30分)、山口は南雲に総員退艦させると報告し[401]、加来艦長と共に、駆逐艦「巻雲」の雷撃によって沈む「飛龍」と運命を共にした。空母「飛龍」が雷撃処分されたのは日本時間6月6日午前2時10分だが[278]、艦底部から脱出した機関科勤務34名が沈みゆく「飛龍」から短艇で脱出したのは、「巻雲」の魚雷が命中してから数時間後の午前6時6-15分だったという[403]。彼らは15日後に米軍に救助された。戦死者は、戦闘詳報によれば1416名(傭人6名含)のうち、山口司令、加来艦長ら准士官以上30名、下士官兵387名の計417名である[404]。搭乗員も友永、小林両隊長を含め72名が戦死した。ただし417名には脱出後に米軍に救助された飛龍機関科34名が入っている。

夜戦の検討[編集]

軽巡洋艦「長良」に移乗した南雲忠一中将は、日本時間6月5日午前8時28分(現地時間6月4日11:28)に筑摩偵察機から「敵は北東90浬」の報告を受けて水上戦闘を決意し、午前8時53分に「今より攻撃に行く、集まれ」と攻撃命令を出した[405]。日本軍三空母炎上の報告を受けた連合艦隊旗艦「大和」の艦橋は雰囲気が一変し、黒島亀人先任参謀は涙を浮かべてテーブルを叩いた[406]山本五十六長官は渡辺と将棋を指している時に「赤城、被爆大、総員退去」という報告を受け「ほう、またやられたか」「南雲は帰ってくるだろう」とつぶやくと将棋を続けている[407]。この時、連合艦隊主隊は濃霧の中で戦艦「長門」が行方不明になるなど混乱しており、焦燥がつのるばかりであったという[408]。午前9時20分(11:20)、山本五十六長官はGF電令作第133号で輸送船団の一時北西撤退を命じ、同時にアリューシャン方面に投入されていた第二機動部隊(角田覚治少将、空母:隼鷹龍驤)に対し、第一機動部隊(南雲機動部隊)に合流するよう下令した[409]。だが両艦隊の距離は遠く合流は9日以降となる見込みであり、宇垣纏連合艦隊参謀長は空母を分散させたことを後悔している[410]。日本軍攻略部隊(第二艦隊)の近藤信竹中将は、これを受けて占領隊(日本軍輸送船団)に北西退避を命じ、栗田健男の支援隊(第七戦隊)に合同するよう命じた[411]。同時刻、南雲も各艦に「昼戦をもって敵を撃滅せんとす」と伝え、第八戦隊(利根、筑摩)は魚雷戦を挑む準備を整える[412]。午前10時、山本はGF電令作第号、156号にて第二艦隊に以下の命令を伝えた[413]

  1. 敵艦隊攻撃C法をとれ(全兵力を集中し、敵を撃滅する)。
  2. 攻略部隊は一部の兵力を以て、今夜ミッドウェーの陸上軍事施設、航空基地を砲撃破壊せよ。
  3. ミッドウェー、アリューシャン群島の攻略を一時延期す。

山本の命令により、近藤信竹中将は第七戦隊(熊野、鈴谷、三隈、最上)にミッドウェー島へ向かうよう命じ、同時に南雲機動部隊と策応して米軍機動部隊に夜戦を挑む方針を示した[414]。連合艦隊は、ミッドウェー基地の米軍航空兵力が使用可能かどうか、南雲部隊に尋ねている[415]。「長良」では空母「飛龍」が米空母2隻を撃破したという連絡が入り(ヨークタウンを2度攻撃したことを誤認)、草鹿参謀長は希望を抱いた[416]。夜戦を企図しつつ北上中の午後2時5分(17:05)、「飛龍」の被弾と炎上により、米軍機動部隊とミッドウェー基地航空隊制空権下での水上戦闘は困難と南雲は判断[417]、草鹿によれば「万事休す」であった[418]。そこで一旦西方に反転し、あらためて夜襲を企図した。草鹿参謀長は「レーダーもなく、駆逐艦も少なく、望みのない夜戦に一縷の望みをかけて、当てもなくただ走りまわっていた」と回想している[419]。宇垣は戦艦や重巡洋艦から水上偵察機を発進させて索敵を行わない南雲司令部を「消極的、退廃的」と批判しているが、空母4隻を目前で失ったからには当然の反応だろうと理解も示している[420]。近藤中将の第二艦隊は軽空母「瑞鳳」を有しており、米艦隊に積極的に戦闘を挑む方針を示した[421]。炎上日本空母を護衛していた第四駆逐隊司令有賀幸作大佐(後、戦艦大和艦長)に至っては「敵機動部隊接近すれば刺し違えよ」と配下駆逐艦に下令した[422]

午後2時13分(17:13)、筑摩2号偵察機は、甲板に損傷なく傾斜停止した「エンタープライズ型空母」を発見し、周囲の護衛艦艇が空母をその場に残して東に去ったと報告した[423]。南雲司令部は、飛龍第一波攻撃隊(小林隊)が爆撃を行った空母(ヨークタウン)は既に沈没・飛龍第二波攻撃隊(友永隊)が雷撃した空母(ヨークタウン)は漂流と判定した[424]。1時間後、筑摩2号機は米空母1、巡洋艦2、駆逐艦4発見を報告、続いて米空母1隻の存在を報告する[425]。筑摩2号機は重巡洋艦「筑摩」を通じ、南雲司令部に対し「炎上米空母の後方に、更に米空母4隻を発見」と報告する[426]。南雲司令部では「まさか」という声があがったが、やがて偵察機の報告を信じた[427]。プランゲ博士は「南雲は苛立たしさのあまり、頭を壁に叩きつけるか、索敵機パイロットの首をその手で締めたかっただろう」と記述している[428]。戦闘詳報には「南下中順次にこれ等の敵を発見せるものにして同一部隊ノ重複ナキ事確実ナリ」と記録[429][430]。南雲は「敵航空母艦の予想外に優勢なるを始めて知れり」と驚いている。午後4時15分、山本五十六長官と宇垣纏参謀長は南雲部隊に対し、GF電令第158号として以下の命令を伝えた[431]

  1. 敵機動部隊は東方へ避退中にして、空母は概ねこれを撃破せり[428]
  2. 当方面連合艦隊は敵を急追、撃滅すると共にAF(ミッドウェー島)を攻略せんとす[428]
  3. 主隊は6日午前零時、地点フメリ32に達す。針路90度速力20ノット[428]
  4. 機動部隊、攻略部隊(7戦隊欠)および先攻部隊(潜水艦隊)は速やかに敵を捕捉撃滅すべし[428]

午後5時30分(20:30)、山本はGF電令159号にて伊168号潜水艦に対し「伊168潜水艦は2300迄AF(イースタン)島航空基地の砲撃破壊に任ずべし。同時刻以降は第七戦隊(栗田少将)が砲撃の予定」と告げ、ミッドウェー基地を夜間砲撃するよう命じた[432]。南雲は山本の敵情判断が間違っているとみて、午後6時30分(22:30)、機動部隊機密第560番電に於いて筑摩2号機の「空母5隻」発見とミッドウェー基地航空隊の活動を伝達する[433]。南雲は続く午後7時50分(22:50)の電信で「GF電令作第158号に関係し敵空母(特空母艦含むやも知れず)は尚4隻あり」と、日本軍空母全滅を報告した[434]。すると山本より、第二艦隊司令官近藤信竹中将に「赤城」と「飛龍」を除く機動部隊戦力の統一指揮を任すという命令が届いた[435]。南雲部隊第八戦隊は第二艦隊と合流し、米軍と戦闘を継続したい旨を伝えている。

日本軍の撤退[編集]

重巡洋艦 三隈に急降下爆撃を行うSBD ドーントレス
炎上傾斜する三隈。

日本時間6月5日午後9時15分、山本は第二艦隊と南雲機動部隊(赤城・飛龍)に対し、夜戦の中止と主隊(大和以下、第一艦隊)への合同を命じた[436]。午後10時11分、南雲部隊は反転した。午後11時55分、山本は連合艦隊電令161号で、以下の命令を伝達した[437]

  1. AF(ミッドウェー島)攻略を中止す[438]
  2. 主隊は攻略部隊(第二艦隊)、第一機動部隊(欠、飛竜及び同警戒艦)を集結し、予定地点に至り補給を受くべし[438]
  3. 警戒部隊、飛竜同警戒艦、及び日進は、右地点に回航すべし[438]
  4. 占領部隊は西進し、ミッドウェー飛行圏外に脱出すべし[438]

ミッドウェー作戦の中止が決定した瞬間であった。日本軍は撤退を開始する。6月6日午前4時30分(現地時間6月5日07:30)、軽空母「鳳翔」の九六式艦上攻撃機が漂流する「飛龍」と甲板上の生存者を発見、連合艦隊司令部は南雲司令部に飛龍沈没を確認せよと命令した[439]。「飛龍」の現状を知らなかった南雲部隊司令部は午前9時45分(12:45)、「長良」偵察機を発進させ、駆逐艦「谷風」を「飛龍」処分と生存者救助のために分派した[440]。「谷風」は空母「エンタープライズ」を発進したSBDドーントレス16機の攻撃を受け、4機撃墜を報告して生還した[441]。「谷風」を攻撃した「ホーネット」隊は香取型練習巡洋艦(駆逐艦谷風)を攻撃したと報告し、1機が撃墜された[442]。午前中、山本の主隊、近藤の攻略部隊、南雲の残存部隊は合流した[443]

支援隊の第七戦隊(重巡洋艦:旗艦熊野鈴谷三隈最上)は上陸する輸送船団の護衛として警戒任務に従事していたが、南雲機動部隊の壊滅によって山本から新たにミッドウェー基地砲撃の命を受け、全速で前進していた[444]。その後、夜戦中止に先立って砲撃中止命令が出された。しかし第七戦隊はミッドウェー島90浬の地点で転進を行ってから1時間20分後、アメリカ海軍潜水艦「タンバー」(SS-198)を発見して緊急回頭を行い、その際に三番艦「三隈」と最後尾艦「最上」が衝突事故を起こした[445]。「三隈」に衝突した「最上」は砲塔前部の艦首を切断、速力は10ノット程度に落ちた。第七戦隊司令官の栗田健男中将は「最上」の護衛に「三隈」と駆逐艦2隻(第八駆逐隊:荒潮、朝潮)をあてると南西のトラック島への退避を命じ、栗田は「熊野」と「鈴谷」を率いて「大和」以下主力部隊と合流するため北西に向かった[446]

一方の米軍では、「飛龍」の攻撃隊により空母「ヨークタウン」が深刻な損害を受けて放棄された。駆逐艦「ヒューズ」だけが「ヨークタウン」の護衛として残された[447]。その後「ヨークタウン」ではサルベージ作業が進み、艦隊曳船「ヴィレオ」が救助に向かった[448]。フレッチャーから指揮権を譲渡されたスプルーアンスの第16任務部隊も、日本艦隊の動向が把握し切れず夜戦に持ちこまれる可能性を考慮したため、一時的に東へ退避する[449]。翌7日の黎明、第16任務部隊はミッドウェーの防衛と日本艦隊の追撃のため西進を開始した。

日本時間6月6日、潜水艦「タンバー」の報告を受けた米軍は、まずミッドウェー島の航空戦力で「三隈」と「最上」を攻撃した。SBDドーントレス6機、SB2Uビンディケーター6機、B-17爆撃機8機が攻撃をおこない、SB2U指揮官機が「三隈」の後部砲塔に体当たりし、「最上」が至近弾で戦死者2名を出した[450]。米軍機動部隊の追撃を受けていることを知った「三隈」と「最上」はウェーク島に向かい、連合艦隊主隊と攻略部隊も「三隈」の救援と米機動部隊の捕捉に向けて動き出す[451]。6月7日、スプルーアンスは『空母1隻、駆逐艦5隻発見』という索敵機の報告を元に、「ホーネット」「エンタープライズ」攻撃隊を発進させた[452]。米軍攻撃隊は空母のかわりに「戦艦」を発見し、最初は航空母艦、次は戦艦と誤認された重巡洋艦「三隈」は集中攻撃を受けて沈没した[453]。また「最上」や駆逐艦「朝潮」、「荒潮」も被弾した。近藤信竹中将は第二艦隊に「敵空母部隊を捕捉撃滅して三隈・最上を救援せんとす」と命じて反転したが、米軍機動部隊の捕捉に失敗している[454]。翌8日午前中、「最上」は救援にかけつけた第二艦隊と合流、空襲圏外へ脱した[455]

戦艦「大和」をはじめとした主力部隊は夜戦を企図して東進していたが、「飛龍」を失ったことで再考して翌0時に夜戦を中止し、3時頃には作戦自体の中止も余儀なくされた。主力部隊はミッドウェー島の遥か数百キロ後方におり、本海戦には参加できず、駆逐艦が救出した生存者を医療設備の規模が大きい戦艦に移乗させ、収容と手当てを行ったに留まる。「赤城」の生存者達は、「大和」以下本隊が戦闘に全く関与しなかったことを罵っていた[456]。日本軍輸送船団は、米軍機動部隊の追撃に備えて陣形を変更した[457]。山本は、米軍の追撃部隊をウェーク島の基地航空隊活動圏内に引き込むよう命じたが[458]、米軍はそこまで深追いしなかった。

伊-168の雷撃により轟沈するハンマン

6月7日、「ヨークタウン」は曳船に引かれつつ真珠湾に向かっていた。駆逐艦「ハンマン」に移乗していたバックマスター「ヨークタウン」艦長と161名が再び「ヨークタウン」に乗艦している[459]。さらに駆逐艦「モナガン」、「グウィン」、「バルチ」、「ベンハム」が護衛に加わった[459]。その頃、ミッドウェー島を砲撃後同島海域にとどまっていた潜水艦「伊-168」が「ヨークタウン」撃沈の任を受け、同艦に接近していた[460]。(13:34)、「伊-168」は4本の九五式魚雷を発射し、2本が「ヨークタウン」左舷に命中する[461]。米軍機動部隊の主力として活躍した「ヨークタウン」は沈没した。また同空母に同行していた駆逐艦「ハンマン」にも1本が命中して沈没した[461]。日本軍は「甲板の損傷なき模様」として、「飛龍」が最初に攻撃したのとは別の空母だと考えていた[462]

6月13日、第16任務部隊の「エンタープライズ」、「ホーネット」は艦載機に損失を出しながらも無事に真珠湾に帰港した。米軍は救助したゲイ少尉の証言から日本軍空母2隻の沈没を確認し、漂流していた飛龍機関科兵の聴取から「飛龍」沈没を知り、計3隻の撃沈を確信していた[463]。「赤城」については暗号解読から沈没推定としていたが、確信するのは日本軍捕虜の情報を分析した後の事である。

参加兵力[編集]

日本軍側[編集]

ミッドウェー海戦[編集]

第一航空艦隊(第一機動部隊) 司令長官:南雲忠一中将

ミッドウェー作戦[編集]

連合艦隊(主力部隊) 司令長官:山本五十六大将

第一艦隊(主力部隊) 司令長官:高須四郎中将

第二艦隊(攻略部隊) 司令長官:近藤信竹中将

第一航空艦隊(第一機動部隊) 司令長官:南雲忠一中将

第六艦隊(先遣部隊) 司令長官:小松輝久中将

アリューシャン攻略作戦[編集]

第五艦隊(北方部隊) 司令長官:細萱戊子郎中将

アメリカ軍側[編集]

第17任務部隊(Task Force 17) 司令官 フランク・J・フレッチャー少将

  • 第2群(Task Group 17.2 Cruiser Group) 司令官:ウィリアム・W・スミス少将
    • 重巡 アストリア - ポートランド
  • 第4群(Task Group 17.4 Destroyer Screen) 司令官:ギルバート・C・フーバー大佐
    • 第2駆逐隊(COMDESRON 2)
      • 駆逐艦 ハンマン - アンダーソン - グウィン - ヒューズ - モリス - ラッセル
  • 第5群(Task Group 17.5 Carrier Group) 司令官:エリオット・バックマスター大佐(兼「ヨークタウン」艦長)
    • 空母 ヨークタウン
      • ヨークタウン飛行隊
        • 第3戦闘機隊(VF-3/F4F-4/25機)、第3爆撃機隊(VB-3/SBD-3/18機)、第5索敵爆撃機隊(VS-5/SBD-3/19機)、第3雷撃機隊(VT-3/TBD-1/15機)

※ヨークタウンの第5飛行隊は珊瑚海海戦で喪失、サラトガの第3飛行隊と残存した第5飛行隊を搭載

第16任務部隊(Task Force 16) 司令官 レイモンド・A・スプルーアンス少将

  • 第2群(Task Group 16.2 Cruiser Group) 司令官:トーマス・C・キンケイド少将
    • 第6巡洋隊(COMCRUDIV 6)
      • 重巡 ミネアポリス - ニューオーリンズ - ノーザンプトン - ペンサコラ - ヴィンセンス
      • 軽巡 アトランタ
  • 第4群(Task Group 16.4 Destroyer Screen) 司令官:アレキサンダー・R・アーリー大佐
    • 第1駆逐隊(COMDESRON 1)
      • 駆逐艦 フェルプス - ウォーデン - モナガン - エイルウィン - バルク - コニンハム - ベンハム - エレット - マウリー
  • 第5群 司令官:ジョージ・D・マーレ大佐(兼「エンタープライズ」艦長)
    • 空母 エンタープライズ
      • エンタープライズ飛行隊
        • 第6戦闘機隊(VF-6/F4F-4/27機)、第6爆撃機隊(VB-6/SBD-2、3/19機)、第6索敵爆撃機隊(VS-6/SBD-2、3/19機)、第6雷撃機隊(VS-6/TBD-1/14機)
    • 空母 ホーネット
      • ホーネット飛行隊
        • 第8戦闘機隊(VF-8/F4F-4/27機)、第8爆撃機隊(VB-8/SBD-3/19機)、第8索敵爆撃機隊(VS-8/SBD-3/19機)、第8雷撃機隊(VT-8/TBD-1/15機)
    • 第16任務部隊 給油群(Oilers Group)
      • 駆逐艦 デウィー - モンセン
      • 艦隊給油艦 シマロン - プラット

潜水艦部隊 司令官:ロバート・H・イングリッシュ少将

  • 潜水艦19隻

ミッドウェー島守備隊

  • ミッドウェー基地海軍航空部隊 司令:シリル・T・シマード大佐
    • カタリナ飛行艇31機、TBF6機
  • 第22海兵航空群 司令:イラ・L・キムス海兵中佐
    • F2A20機、F4F7機 SB2U 11機 SBD 16機
  • 第7陸軍航空軍分遣隊 司令:ウイリス・P・ヘール陸軍少将
    • B -26 4機、B-17 17機
  • 地上部隊 司令:シマード大佐(兼任)
    • 第2急襲大隊
    • 第6海兵大隊 司令:ハロルド・D・シャノン海兵大佐
    • 第1魚雷艇戦隊

両軍の損害[編集]

日本軍側[編集]

上記の沈没・損傷艦の他、筑摩航空搭乗員3名、利根航空搭乗員2名、駆逐艦谷風11名、朝潮21名、荒潮35名、嵐1名、風雲1名、給油艦あけぼの丸10名が戦死した。総計3,057名を失い、その中には加賀飛行隊長:楠美正少佐(戦死後中佐に一階級特進)、飛龍飛行隊長:友永丈市大尉(戦死後中佐に二階級特進)ら110名の空母艦載機搭乗員を含んでいた。各母艦別の搭乗員損失は、赤城7名(艦戦4、艦爆1、艦攻2)、加賀21名(艦戦6、艦爆6、艦攻9)、蒼龍10名(艦戦4、艦爆1、艦攻5)、飛龍72名(艦戦11、艦爆27、艦攻34) [471]。搭乗員損失率は反撃を実施した飛龍が最も多い。空母上で米軍機空襲とその後の誘爆により戦死した搭乗員は、赤城4名、加賀13名、蒼龍4名、飛龍8名である[471]

なお、文献によっては熟練搭乗員多数を失い、以後の航空作戦に支障をきたしたとする論調で評価するものがあるが、これは上記にもあるように誤解である。搭乗員の多くは空母が沈没する前に脱出しており、激戦を経た飛龍を除く三空母の搭乗員は大半が健在だった。

  • 6月10日大本営発表は「空母エンタープライズ型1隻、ホーネット型1隻撃沈。米軍機120機。日本軍損害 空母1隻喪失、巡洋艦1隻大破、35機喪失」[472]、6月18日の大本営発表で「空母1隻撃沈を取り消し、大破認定。巡洋艦1隻、潜水艦1隻撃沈」と訂正発表した[472]。南雲機動部隊の戦闘詳報では、エンタープライズ型空母2隻撃沈、サンフランシスコ型大巡1隻大破、米軍機173機撃墜である[473]。米空母2隻撃沈は山口多聞少将(中将)も誤認しており、山口は真実を知ることなく空母「飛龍」と共に戦死した。

アメリカ軍側[編集]

  • 沈没喪失
  • 航空機:基地航空隊を含め、約150機を喪失。この数字には修理不能の損傷を受けた機も含まれる[474]
  • 戦死
  • 空母ヨークタウン86名(航空搭乗員含む)、空母ホーネット53名、空母エンタープライズ44名、駆逐艦ハマン84名、駆逐艦ベナム1名、ミッドウェー基地46名。合計362名(航空搭乗員208名、基地・艦乗組員154名) 。高級士官の戦死は無かった。

本海戦の影響[編集]

日本軍側[編集]

この作戦後、連合艦隊長官山本五十六やその幕僚の責任は問われず、一航艦も長官南雲忠一、参謀長草鹿龍之介は一航艦の後継である第三艦隊の指揮をそのまま受け継いだ。しかし、それ以外の一航艦の幕僚は全て降ろされ、また士官も転出させられた(一航艦航空参謀吉岡忠一はミッドウェー海戦の資料作成のためしばらく残留した)[475]

作戦の混乱により山本五十六を始めとする短期決戦早期講和派は発言力を失い、軍令部、大本営は長期戦を主軸とした戦略への転換を行わざるを得なくなった。開戦時の連合艦隊司令長官の山本五十六は戦前に「日本は開戦から半年、もって1年は優勢を維持することができるが、それ以降はアメリカ(と連合軍)の国力が日本を圧倒するだろう」と述べていた。しかし国力で圧倒される以前に、戦略、戦術、用兵など全てにおいての拙劣さにより、ミッドウェー海戦で主力空母機動艦隊を壊滅させる損害を受けた。にも拘らず、事後に作戦戦訓研究会は開かれなかった。もっとも軍令部は、この敗北を国民には伝えなかったものの、参謀本部に対しては迅速に伝えている[476]。ミッドウェー海戦の実態について、海軍内はもとより陸軍内でも情報統制がなされ、前陸相の畑俊六にさえも真相は伝えられていなかった[477]

珊瑚海海戦大本営発表から戦果の大きな水増しが始まったが[478]、本海戦でも戦果を「空母ホーネット、エンタープライズを撃沈、敵飛行機120機を撃墜。味方の損害は空母一隻、重巡洋艦1隻沈没、空母一隻大破、未帰還機35機」と国民に発表しており、これよって士気の阻喪を防ごうとした[479]

本海戦で空母4隻とその搭載飛行機の全部を失ったこと、珊瑚海海戦で「祥鳳」を失い、第五航空戦隊も多数損失した。これらで失われた艦上機は戦闘機会が少ないので生産要求が小さく、この損失は大きな痛手となった[480]。ミッドウェー海戦に参加した第一、第二航空戦隊の搭乗員に関してはほとんど脱出に成功したため、大きな損失はなかった。アメリカが低劣な技量であったこと、飛龍が少数機で戦果を上げたこと、飛龍の仇うちなどを理由に搭乗員の士気は上がった[481]。ミッドウェー海戦直後の参謀本部への説明の中で、軍令部は「残存空母2隻(瑞鶴翔鶴)では守勢の外はない」、「残りの空母は大したものではない」と述べている[482]

ミッドウェー海戦後、立て直しの好機として、従来の要求、本海戦の戦訓を取り入れた空母部隊再建の打ち合わせが一航艦、連合艦隊で行われた。内容は、機動部隊の建制化、警戒兵力の増強、航空戦隊の再編であった。航空戦隊再編はミッドウェー海戦の戦訓から、大型空母2隻を攻撃の主体、小型空母1隻を自隊の防御とした三隻編制を一個航空戦隊とする。さらに従来の艦隊決戦から空母を使用不能にして制空権を獲得する航空決戦の方針に変わった[483]。 また、日本海軍は航空機用の燃料や爆弾を大量に搭載する空母の脆弱性は日本海軍も認識して、マル4計画で既に飛行甲板に装甲を施した空母「大鳳」を建造中であった。しかし、6月21日に開かれた空母急増対策委員会(山本、草鹿、南雲、源田実、宇垣纏、鈴木軍令部第二部長、大西瀧治朗航空本部総務部長、江崎岩吉造船少将)では、四空母生存者から日本空母に対する厳しい指摘がなされた[484]。すると山本五十六が「計画変更の必要なし。空母に脆弱性あるとも、使いこなす自信がある」と発言し、出席者一同沈黙したという[485]

水上部隊の戦力では優位を保っていたとは言え、連合艦隊の中核戦力を一挙に失ったことによる高級指揮官らの困惑は甚だしく、「航空基地の偉大なる威力」という戦訓が生み出され、ラバウルから1,000kmもかなたのガダルカナル島に飛行場が建設され、また、ガ島基地奪回作戦が行われた。開戦から6ヶ月目に当たるミッドウェーの被害以降、同年に行われた第一次ソロモン海戦南太平洋海戦、翌年初頭に行われたレンネル島沖海戦などいくつかの局地戦では日本は勝利を手にするものの、ガダルカナルニューギニアマキンタラワ島をめぐる戦いで優勢に陰りが生じるなど、1年を経過せずに日本の戦局は徐々に苦しくなり、開戦時から軍務についていたベテラン搭乗員の半数以上が失われてしまった1943年の年末には日本軍の勢いが完全に落ち込んだ。そのため、後年ミッドウェー海戦は太平洋戦争の最大の転換点とも評されるようになった。 また、本海戦で損失した航空戦力を補うため、大和型戦艦の3番艦は急遽装甲空母への改装が決定され、空母「信濃」となる。戦艦「伊勢」「日向」は5・6番砲塔を撤去して飛行甲板を設置し、航空戦艦となった。改鈴谷型重巡洋艦伊吹」は搭載していた主砲を撤去して軽空母に改造され、さらに、商船改装の空母の建造や、飛龍を元にした雲龍型航空母艦15隻追加建造が計画された。しかし、本海戦に続いてガダルカナル島をめぐる消耗戦等で熟練搭乗員を失っていったことにより、若手搭乗員の訓練・補充が追いつかず、この後の日本機動部隊は規模的にはミッドウェー海戦時を上回っても、質的にこの当時を上回ることは二度とできなかった。また改造空母群も日本の工業力の小ささ故に完成時期が遅れたり、搭乗員や搭載機そのものが全く足りず、戦局に寄与しなかった。 飛龍を元にした雲龍型航空母艦は結局3隻のみ竣役したが「雲龍」は特攻兵器輸送任務中に潜水艦によって撃沈され、「天城」は航空戦艦に改装された「伊勢」「日向」とともに1945年の呉空襲の際に大破航行不能となった。「葛城」は戦後復員船として活躍した。これに対して、アメリカの戦力が量・質ともに時間とともに桁違いに充実していったことを考えれば、この時点において日本は太平洋戦争の勝利の機会を失ったといえる。

アメリカ軍側[編集]

アメリカ軍は、それまでは数が確保できなかったため、止むを得ず単鑑による作戦行動が多かった航空母艦を、戦前から建造を進めていたエセックス級航空母艦の整備に伴い、空母機動部隊として集中運用するようになる[486]。大戦後期のマリアナ沖海戦レイテ沖海戦では、20隻もの空母を含む大艦隊を運用するようになる。

仮に日本軍が勝利し、ミッドウェーやハワイの占領に成功したとしても大勢に影響を与えたかは疑問である。戦略的要衝であるミッドウェーを占領した時点で、ハワイよりアメリカ側の強力かつ執拗な反攻を受けるのは確実であり、補給線の維持も困難になっていた筈である。日米両国の国力差が歴然としていることから、結局戦争全体が長引いたに過ぎないという説がある[487]

太平洋の戦局に余裕を得たフランクリン・ルーズベルト大統領は、配備したばかりのM4中戦車300両を回収して、他の武器と共に北アフリカ戦線に急送し、9月3日にスエズに到着。10月23日、M4中戦車の補給を受けた在アフリカイギリス軍はエル・アラメインから反攻し、エルヴィン・ロンメル率いるドイツアフリカ軍団を撃破した。ドイツアフリカ軍団の敗退により、日本軍が企図した西亜作戦(2個師団を当ててインド洋の北西部の要衝を占領し、日独連携を図る作戦)も潰えた。

敗因の分析[編集]

連合艦隊司令部[編集]

作戦内容[編集]

連合艦隊がこの作戦計画案を関係者に配布したのは、4月28日であった。その後図上演習開始まで関係者は戦訓研究会に出席していたので、作戦計画について深く研究する時間的余裕はなかった。図上演習でも、ミッドウェー攻略作戦の最中に米空母部隊が出現し、日本の空母に大被害が出て、攻略作戦続行が難しい状況となり、連合艦隊参謀長の宇垣纏が空母を復活させるなど審判をやり直させて続行させた[488][44] 。宇垣の強引な判定には、ミッドウェー作戦からハワイ攻略までの図上演習を行う時間が3日間しかなく、スケジュールが逼迫していたという事情もあった[489]。この研究会で麾下各部隊が最も強く要望したことは、作戦準備が間に合わないとの延期であり、軍令部からも2-3週間遅らせることを勧められたが、連合艦隊はこれに応じなかった[490]

本作戦では戦力が分散していた。米軍は空母3隻、重巡7隻ほか合計57隻を決戦海面に集めた。日本側がミッドウェー・アリューシャン作戦に動員した戦力は、戦艦11隻、空母6隻、重巡17隻ほか合計350隻に達していたが、決戦海面で戦うことができたのは、戦艦2隻、空母4隻、重巡2隻ほかに過ぎなかった。空母1隻あたりの護衛能力は下回り、しかも航空兵力の半分を陸上攻撃に向かわせるという致命的な失敗を犯した。ニミッツ米司令長官は「日本軍が6隻の空母、11隻の戦艦などを集中運用していたならば、いかなる幸運や技量をもってしても敗走させることはできなかったであろう。日本海軍は奇襲を必要としない場合も奇襲に依存するという錯誤を犯したのである」と語り、日本の作戦構想の誤りを指摘した[491]

千早正隆は、連合艦隊が作戦を機動部隊で上陸点制空獲得を前提として、開戦時と違い十分に警戒された敵要地に奇襲が成功すると決め、奇襲不可なら反撃され損害を受けることを考慮しなかった点、南方攻略作戦の成功から日本の希望通りに予定が進むと思い込み敵を侮蔑して強引に、予期せぬ事態に対処する余裕のない作戦立案を行った点、ミッドウェー攻略を早く認めさせるために大本営の要望するFS作戦を組み入れた点を批判している[492]。また連合艦隊はミッドウェー島上陸を6月7日に固定したため作戦の柔軟性が失われた[493]

連合艦隊は占領後の基地航空部隊の進出を急いでおり、機動部隊の空母4隻に第6航空隊の航空機21機を輸送のため積んだので、格納庫は窮屈になり、不要な物を載せないという被害局限の原則にも反していた[494]

機動部隊参謀長の草鹿龍之介は、敗因は何より機動部隊の慢心にあるとし[495]、またこの慢心は日本全体に及んでおり機密保持が全く不徹底なものであったとする[496]。またこの作戦では機動部隊の後から後から上陸部隊など他の艦隊がやってくるので非常に窮屈なものであったという[497]。大和が無線封止を徹底し機動部隊に敵情を伝えなかったのは本末転倒であるとしている[498]

作戦指導[編集]

連合艦隊は第一航空艦隊から、連合艦隊が敵情を把握し米機動部隊の動向は機を逸せず通報するように懇願されて、重要な作戦転換は連合艦隊司令部から一航艦に発せられることになっていた[499]。また、機密連合艦隊命令作第14号には、主力部隊の内地出撃から帰投までの太平洋方面の敵情通報は東京から放送することが定められ、東京には連合艦隊通信部隊の中枢に第1連合通信隊司令官柿本権一郎少将がいた[500]

しかし、連合艦隊は付近に敵空母の疑いを感じ、情勢が緊迫してきたと判断しながら、甘い状況判断の放送を東京から全部隊に流したまま、自己判断を麾下に知らせなかった[501]。そのため、第一航空艦隊は、敵潜水艦に発見された情報も知らされず、その後の敵の緊急信増加、動きの活発化が何を意味するのか判断がつかず、敵がこちらの企図を察知していないもの、敵空母はハワイにあるものとして行動することになった[502]。連合艦隊参謀長宇垣纏は海戦後の日記に第一航空艦隊に対して「当司令部も至らざる処あり相済まずと思慮しあり」と残している[503]

哨戒[編集]

ミッドウェー作戦は、真珠湾に米機動部隊が在泊していることを前提として計画しており、そのため連合艦隊は、真珠湾の動静確認が重要で知敵手段として散開線への潜水艦哨戒配備と二式飛行艇での敵情偵察を行うK作戦を計画したが、間に合わず失敗した。この報告を受けた連合艦隊は計画が崩れたことに何ら対策を取らなかった。戦後、連合艦隊参謀黒島亀人は「海軍の常識からいえば、この場合の散開線構成は、西方で散開隊形を概成したのち東進して、所定配備に潜水艦をつけるべきである。ところが私の敵情判断の間違いなどから、あんな配備のつき方を計画してしまった。そのうえ、連合艦隊の指導が至らず潜水艦の準備が遅れてしまった。また、今次作戦は連合艦隊の主兵力を使って行なう作戦であるから、潜水部隊は連合艦隊の全兵力を集中すべきであった」と語っている[504]K作戦失敗で完全に日本は敵機動部隊の知敵手段を失ったが、黒島は「わが機動部隊は無敵で、敵を圧倒できると信じていたので、このため特別な処置は考えなかった」という[505]

この潜水艦と飛行艇による哨戒網は6月2日の予定だったため、計画通り進んでも5月28日にサイパンを出発するミッドウェー攻略部隊が発見されて真珠湾の米機動部隊が動いた場合、間に合わない作戦だった[506]

南雲忠一(第一航空艦隊長官)[編集]

指揮官としてのパーソナリティ[編集]

ミッドウェー海戦の敗因として、指揮官の南雲が水雷士官の出身者であり、航空については専門外だったことが問題視されたり、リーダーシップに欠けて優柔不断だったという指摘がある。

連合艦隊の幕僚たちは南雲に批判的であり、交代を要望しており、参謀長の草鹿にも批判的であった[507]。 また、宇垣纏によれば、「(一航艦)司令部は誰が握り居るや」の質問に二航戦司令官山口多聞は「(南雲)長官は一言も云はぬ、参謀長先任参謀等どちらがどちらか知らぬが臆怯屋揃いである」と答えている[508]

攻撃隊の指揮官だった淵田美津雄によれば、戦前の南雲の印象は末頼もしい提督の面影があり、第一水雷戦隊司令官としても抜群の武将であるとの評判が高かったが、開戦後は航空という畑違いのせいもあってかはつらつとした昔の闘志が失われ、何としても冴えない長官であり、作戦を指導する態度は消極的で、長官自ら乗り出してイニシアチブをとるというようなことはなく、最後にうんそうかで採決するだけのようであったという。また当時、航空参謀の源田実から、大西瀧治郎山口多聞あたりが上にいてくれるとあらゆる角度から叩き直して突っ返してくるから安心して自由奔放に作戦を練られるが、南雲司令部のように国運を左右するかもしれない案がチェックされずに通っていくと責任感で圧迫されて自然と萎縮してしまうという苦衷も聞いたという[509]

そもそも南雲は第二艦隊などの水上艦部隊の方が適任であり、年功序列で第一航空艦隊司令長官を決めた海軍人事行政に問題があったという指摘もある[510]

ミッドウェー海戦の指揮[編集]

南雲のミッドウェー海戦における作戦指揮への批判と反論を以下にあげる。

8時21分 - 24分、B-17爆撃機の攻撃を受け、回避行動中の空母「飛龍」。この数分後に山口は南雲に対し「ただちに発進の要ありと認む」と具申している。
上記の飛龍と同時刻にB-17爆撃機の空襲を受け回避運動を続ける蒼龍。飛龍・蒼龍とも攻撃隊の準備は格納庫で行っており上空写真から準備状況は判断できない。

A 二航戦司令官山口多聞の意見具申通り、兵装転換を行わずに陸用爆弾で攻撃隊を向かわせるべきであった。

  • J・パーシャルやA・タリーの調査では、この直前のB-17の空襲で撮影された「蒼龍」と「飛龍」の上空写真には飛行甲板に航空機は並んでおらず、実際は攻撃隊の準備は出来ていないとしているが、彼らは山口の進言を「飛行甲板上に並べてある攻撃隊だけでも直ちに発艦させよ」と誤訳している[214]。山口の進言の意図は「兵装転換を行わずに攻撃隊の発進を急げ」であると供に、上述の通り、燃料補給と弾薬補給を求める直掩戦闘機が着艦するため飛行甲板を開けねばならいため、兵装転換作業や攻撃隊の準備は各空母格納庫で行われており[511]、飛行甲板上の状態を見て攻撃隊の準備状況を見極めようとしたパーシャルとタリーの調査は的外れである。草加参謀長、源田航空参謀ら当事者より「艦爆機だけならすぐ発進させることはできた」(草加参謀長)等の証言があり、この進言時点で第二次攻撃隊の出撃は可能であった[512]
南雲が陸用爆弾への兵装転換を下令してから30分しか経っていないうえ、防空戦があり、飛行甲板も使えなかったため、ほぼ進んでおらず、雷装には簡単に復旧できると判断していた。そのうえ、艦船攻撃の方法の命中率は、水平爆撃は10パーセント前後であり、雷撃は60パーセント以上であった[513]
また、利根四号機が報告した敵空母位置の誤りに、第一航空艦隊、第八戦隊司令部、利根が気付かなかったことは、南雲忠一の戦闘指導に大きな影響を与えている[514]
参謀長の草鹿龍之介によれば、敵の来襲状況を見ると敵は戦闘機をつけずに面白いように撃墜され、全く攻擎効果をあげておらず、これを目前に見ていたので、どうしても艦戦隊を付けずに艦爆隊を出す決心がつかなかったという[515]。「一切の人情を放棄して第二次攻撃隊を発進させねばならなかったが、出来なかった」と語っている[516]。航空参謀の源田実は、当時入手していた敵空母の位置(誤情報)は味方からまだ約210浬離れており、敵の艦戦は航続力不足でついてこられず、敵が艦戦を伴わないとすれば上空の警戒機で十分に防御できる、敵空母の攻撃隊が戦闘機を付けて来るとすれば、もっと距離をつめる必要ができるため、時間的余裕があると判断した[517]。また、図上演習ならば文句なしに第一次攻撃隊を見捨てたが、苦楽を共にしてきた戦友達に「不時着して駆逐艦に助けてもらえ」とは言えず[518]、機動部隊が移動すれば、不時着した搭乗員達は見殺しになるので歴戦の搭乗員達の回収を優先させることを進言し[519]、部下の生命を惜しんだために決定的な敗北に終わったと語っている[520]。航空参謀の吉岡忠一は「いままでの防空戦闘の成果からみて、敵機の来襲は艦戦で防御できると漠然と判断していた。また敵空母までの距離はまだ遠いので、次の来襲はミッドウェーの航空兵力であろうが、それにはまだ相当の時間的余裕があると判断した。さらに攻撃は大兵力を集中して行なう方が戦果も大きく損害も少ないので、若干攻撃隊の発進を遅らせても、大兵力が整うのを待つ方が有利であると考えた。この決定は司令部内では問題もなく簡単に決まった」と語っている[521]

B 偵察を1回のみの1段索敵であったことが問題であった。

  • 事前に第一航空艦隊が行った索敵で米機動部隊の発見が遅れている。本海戦においても索敵には主に巡洋艦の水上機が割り当てられ、空母艦載機が出した索敵機は九七艦攻2機のみである。
この索敵計画の立案を担当した吉岡忠一少佐は「当時攻略作戦中敵艦隊が出現することは、ほとんど考えていなかった。そのため、索敵は厳重にするのがよいことはわかっていたが、索敵には艦攻を使わなければならないので、攻撃兵力が減ることとなり、惜しくて索敵にさけなかった。全く情況判断の甘さが原因である。」と語っている[522]。索敵の密度をもっと濃くするべきだったという[523]。一段索敵と決めた参謀長草鹿龍之介は「攻撃兵力を増やそうとして偵察を軽視した」と語っている[524]。南雲司令部の草鹿龍之介少将、源田実中佐、淵田美津雄中佐は、二段索敵にするべきだったと戦後語っている[525]
もっとも、索敵計画はこれまでの経験から早くに出すように改善はされていた[526] 。そのため、利根4号機がカタパルトの故障がなく定刻に発進し、偵察搭乗員に気の緩みがなければ、索敵計画に問題はなかったと吉田俊雄は指摘している[527]
一方、利根4号機が定刻に発進できていれば、米空母発見が早まっていたのではないかとする説もあるが、定刻発進した場合、米艦隊が利根機の策敵線に差し掛かる前に利根機が通過していることになり、策敵そのものが失敗していた可能性が高く、哨戒ラインと米艦隊の航跡をタイムスケジュールを交えて重ね合わせると、利根4号機が米空母を発見したことはむしろ幸運で、筑摩1号機が米艦隊を発見できなかっただろうという指摘もある[528]
敵艦隊を見逃した筑摩の機長兼飛行長の黒田信大尉によれば、敵艦隊が発見された地点は自分のところだが、敵方天候不良で見逃したのは仕方なかったという。しかし、米資料では天候不良ではなく、第四索敵線機も発見しているので、索敵機の雲上飛行が原因であった[529]

C 敵機動部隊に備えた攻撃隊の半数待機を守るべきであった。

  • 一航艦は敵機動部隊の出現に備えて攻撃隊の半数を雷装で待機させることを連合艦隊と約束したが、ミッドウェー基地攻撃のためにその攻撃隊を陸用爆弾に兵装転換するように命じ、敵機動部隊出現の際に攻撃できなかった。
草鹿参謀長によれば「山本の望みは南雲も幕僚もよく知っていた。事実状況が許す限りそうした。しかしミッドウェー基地の敵航空兵力がわれわれに攻撃を開始し敵空母も発見されていない状況でいるのかどうかわからない敵に半数を無期限に控置しておくのは前線指揮官にとして耐えられないことだった。後で問題だったとしてもあの当時の状況では南雲の決定は正当だった」と語っている[530]

艦隊構成[編集]

南雲機動部隊は赤城加賀蒼龍飛龍の空母4隻に対し、護衛艦は霧島榛名の戦艦2隻、重巡2隻、軽巡1隻、駆逐艦12隻、油槽艦8隻であった。 機動部隊の300浬(約550km)後方に、大和長門陸奥の戦艦3隻、空母鳳翔、特殊潜航艇母艦千代田、水母、軽巡各1隻、駆逐艦22隻の主隊、および伊勢日向扶桑山城の戦艦4隻、軽巡1隻、駆逐艦12隻の警戒部隊からなる、山本五十六率いる主力部隊、そして、金剛比叡の戦艦2隻、空母瑞鳳千歳含む水母2隻、重巡8隻、軽巡2隻、駆逐艦21隻、輸送艦12隻の攻略部隊が続くという編成であった。この編成では当初の予定通りミッドウェー攻略作戦を行っていたとしても機動艦隊のみで戦うことになってしまい、後衛の主力艦隊はまったく役に立たない。

そもそも一航艦は建制化されていなかったため、南雲は部隊としての思想統一や訓練に苦しみ、建制化を望んでおり、連合艦隊も要望して軍令部も必要性を認めていたが一航艦では実現せず、ミッドウェー海戦の戦訓を取り入れた後継の第三艦隊から建制化された[531]

空母の集団使用は、指揮運用が容易で、しかも攻撃力の集中が可能である利点があるが、攻撃を受ける際に一挙に損害をこうむる危険性があることが最大の欠点である[532]。 海戦後、軍令部次長以下と連合艦隊司令部の打ち合わせにおいて、問題だった点として「空母が団子になっていた」こと(集団使用)が挙げられている。しかし、当時の無線電話の現状や無線封止、警戒艦数から見ても分散配備はかえって不適当であったと戦史叢書では指摘されている[533]。 また、打ち合わせでは、艦上戦闘機をミッドウェー基地への攻撃隊の援護に使い過ぎたことも言及されている。もっとも、第一航空艦隊はミッドウェー基地の航空兵力を捕捉撃滅することが主目的であるため、援護に機数を割くのは必要なことであり、連合艦隊も承知していたことで所見にすぎない[534]

一航艦の戦力としてミッドウェー作戦に参加する予定だった第五航空戦隊は、5月14日五航戦から珊瑚海海戦の戦死者の報告があり、その損害があまりにも大きかったので、瑞鶴翔鶴の両艦とも到底次期作戦に使えないことが判明した。さらに17日呉に帰港した翔鶴は修理に三ケ月は必要であることがわかった。こうして一航艦は三分の一の戦力を失った状態になったが、延期は認められずに実施が決定した[535]。偵察機も能力不足であり、九五式水上偵察機は速力、航続力も不十分であり、二式艦上偵察機は蒼龍に二機用意されたが、まだ試作段階の機体であり、故障が多く稼働率も悪く使用できなかった[536]

情報戦[編集]

日本は、それまでの勝利や誇大戦果を報じた珊瑚海海戦などで気が緩み、作戦の機密保持が保たれず、取り締まる立場にある連合艦隊でさえその弊害にあった[537]。また、連合艦隊は敵情がひっ迫していることを知りながら前線部隊に知らせることをしなかった[538]。連合艦隊は、5月中旬から敵の通信が増加していることから何らかの動きがあると把握しつつも気にとめず、出撃から6月3日までに入手した情報から敵が日本の動静を偵知して活発に動いていると判断するも、警戒すべきだが好ましいと考えていた[539]。第二艦隊参謀長白石萬隆は、連合艦隊は作戦がばれても米艦隊を呼び出そうとしていたと語っている[540]。6月4日頃、連合艦隊は、大本営の知らせあるいは通信符号の傍受でミッドウェーに機動部隊ががいる兆候をつかんでいたが、無線封止を理由に一航艦に知らせなかった[541]

また、日本は太平洋にある米空母は3、4隻と考えていたが、珊瑚海海戦で米空母2隻撃沈、マーシャル諸島南方で西航する米空母2隻発見の情報から、残っている米空母2隻は全て南太平洋のハワイ方面にあると誤った敵情判断をしていた[542]

米海軍は戦術情報班ハイポを重用し、日本海軍の暗号解読と無線傍受でミッドウェー作戦を事前に把握して迎撃準備を整えていた。日本の「海軍暗号書D」系統は戦略常務用一般暗号書でよく用いられていたが、乱数表を用いて二重に暗号化した複雑な暗号であり、これに特定地点表示表、特定地点略語表、歴日換字表を併用したものではあったものの、開戦前から使用していたうえ、作戦前に行われる予定であった更新も遅れ、作戦概要や主力部隊以外のすべての参加艦艇などの作戦全体像がアメリカにほぼ察知されていた[543]。 ニミッツは4月下旬には日本が大規模な作戦を企図していることをつかみ、ミッドウェーの可能性が高いと判断した。5月2日からミッドウェーで環礁視察し、兵力、警戒態勢を整え、その後の情報でさらにミッドウェーの感が強まった。5月14日第二艦隊司令部がAF攻略部隊にあてた電文を傍受して攻略があると知り、19日にはAFを特定するためにアメリカは「ミッドウェーで真水製造機が故障」の偽の電文を傍受させ、罠にかかった軍令部は「AFで真水欠乏」という電文を打ち、アメリカはAFをミッドウェーと特定した。26日には攻略が6月7日であることも特定し、日本の作戦を把握して態勢を整えミッドウェー海戦で一航艦の迎撃に成功した[544]

日本軍の楽観[編集]

この時期の日本海軍航空隊の搭乗員の精強さについては、日中戦争支那事変)以来の戦果に対する大きな自信と長い実戦経験があり、さらに日米戦争開戦後は「真珠湾以来すべて完勝してきた」との自信もあった。そのため、珊瑚海海戦で空母同士の決戦を初めて経験し、訓練された敵の空母部隊と交戦して大損害を受けた後も、その敗北の検証さえ十分に行われなかった。第一航空戦隊(赤城、加賀の飛行隊)のパイロットたちも「珊瑚海で米艦隊を撃ちもらしたのは5航戦がだらしないからだ」「妾の子でも勝てたのだから、自分達なら問題ではない」と信じていた[545]

連合艦隊は過信から、日本の機動部隊が最強なので、たとえ敵情判断が間違っていても簡単に処理してくれるだろうと考え、作戦は奇襲成功が前提、索敵も不十分であり、知敵手段が崩れても対応せず、意図がばれてもかえって敵機動部隊を誘出し撃滅できると甘い判断で行われた。航空作戦においても索敵は念のため程度であり、ミッドウェーの航空基地制圧にも艦上攻撃機の全力が使用されなかった[546]

ダメージコントロール[編集]

日本の空母は防御力が弱く、受け身で完全阻止が困難の研究は机上観念で具体性を欠いていた。これは海軍全般における傾向であった。空母における防空の指揮組織も完備しておらず、無線も不良、戦闘機、援護艦艇、見張りも不足していた。また連合艦隊の航空戦訓練は攻撃に集中していたため、防空の配備訓練、研究も不足しており、ミッドウェー海戦では防空に失敗した[547]

赤城は、爆弾2発の直撃により大破しているが、これは第二次世界大戦で撃沈された正規空母のうち最も少ない被弾数である。もっとも、これについては後部に命中したとされる爆弾は命中せず至近弾だった可能性もある[548]。 反面、アメリカ軍のヨークタウンは第一次攻撃隊の急降下爆撃時に被弾したがすぐに復旧し、第二次攻撃隊が無傷の空母と誤認するほど回復していた。また、第二次攻撃隊によっても被弾したが(両攻撃で計3発)自力航行可能なまでに復旧している。この艦船被害時の回復力の違いが明暗を分けたとの指摘がある[549]

回復力の差には日米の空母設計思想の違いもある。日本の空母は密閉式格納庫で、米空母は開放式である。日本の密閉式は、風雨や波浪から艦載機を保護するのに適しているが、一度直撃弾を受けてそれが艦内で爆発すると爆風の逃げ場がなく、艦内に甚大な被害を及ぼす。米空母の開放式は、艦内で爆発があっても爆風を外に逃すことが出来、被害を最小に抑えることができる。また緊急時には艦載機や燃料弾薬等を投棄でき、二次被害を抑えることも出来た。ただし波浪に弱い欠点があり、台風に遭遇して艦載機多数を失う被害を出している。

ミッドウェー海戦を扱った作品[編集]

文献[編集]

公刊戦史[編集]

同時代資料[編集]

  • アジア歴史資料センター(公式)(防衛省防衛研究所)
    • Ref.A06031045900「週報 第297号」(昭和17年6月17日)「敵の『空母集団』殲滅」
    • Ref.A06031046100「週報 第299号」(昭和17年7月1日)「米本土に深刻な脅威」
    • Ref.C08030023800「昭和17年5月27日~昭和17年6月9日 機動部隊 第1航空艦隊戦闘詳報(1)」
    • Ref.C08030023900「昭和17年5月27日~昭和17年6月9日 機動部隊 第1航空艦隊戦闘詳報(2)」
    • Ref.C08030024000「昭和17年5月27日~昭和17年6月9日 機動部隊 第1航空艦隊戦闘詳報(3)」
    • Ref.C08030024100「昭和17年5月27日~昭和17年6月9日 機動部隊 第1航空艦隊戦闘詳報(4)」
    • Ref.C08030040400「昭和17年6月1日~昭和17年6月30日 ミッドウェー海戦 戦時日誌戦闘詳報(1)」
    • Ref.C08030040500「昭和17年6月1日~昭和17年6月30日 ミッドウェー海戦 戦時日誌戦闘詳報(2)」
    • Ref.C08030040600「昭和17年6月1日~昭和17年6月30日 ミッドウェー海戦 戦時日誌戦闘詳報(3)」
    • Ref.C08051579700「昭和16年12月~昭和17年6月 赤城飛行機隊戦闘行動調書(2)」
    • Ref.C08051585400「昭和16年12月~昭和17年6月 加賀飛行機隊戦闘行動調書」
    • Ref.C08051579300「昭和16年12月~昭和17年4月 飛龍飛行機隊戦闘行動調書(3)」(MI作戦出撃分含)
    • Ref.C08051578800「昭和16年12月~昭和17年4月 蒼龍飛行機隊戦闘行動調書(3)」(MI作戦出撃分含)
    • Ref.C08030761000「昭和17年4月1日~昭和17年6月21日 輸送船鹿野丸の最後 其の1(ミッドウェー作戦)(1)」
    • Ref.C08030761100「昭和17年4月1日~昭和17年6月21日 輸送船鹿野丸の最後 其の1(ミッドウェー作戦)(2)」
    • Ref.C08030680800「昭和17年5月1日~昭和19年9月30日 特設船あるぜんちな丸戦時日誌戦闘詳報 巌嶋丸。敵潜に依る被襲撃報告(1)」
    • Ref.C08030020900「昭和17年5月15日~昭和17年12月31日 第6艦隊戦時日誌戦闘詳報(1)」
    • Ref.C08030081200「昭和17年5月29日~昭和17年7月31日 第1水雷戦隊戦時日誌戦闘詳報(1)」
    • Ref.C08030112500「昭和17年4月1日~昭和17年6月30日 第4水雷戦隊戦時日誌(3)」
    • Ref.C08030745600「昭和17年3月~ 軍艦愛宕戦闘詳報(2)」

主要書籍[編集]

参考書籍[編集]

  • 宇垣纏著、成瀬恭発行人 『戦藻録』 原書房、1968年
  • 草鹿, 龍之介 (1979), 連合艦隊参謀長の回想, 光和堂  - 1952年、毎日新聞社『聯合艦隊』、および1972年行政通信社『聯合艦隊の栄光と終焉』の再版。戦後明らかになった米軍側の情報などは敢えて訂正していないと言う(p.18)。
  • 古村啓蔵回想録刊行会編 『海の武将-古村啓蔵回想録』 原書房、1982年2月。ISBN 4-562-01216-1
  • ピーター・C・スミス著、妹尾作太郎訳 『日仏伊英米独ソ七人のサムライ 爆撃王列伝』 光人社1987年ISBN 4-7698-0332-x
    第5章 アメリカ海兵隊 エルマー・グリデン大佐 勇気と秀でた統率能力と義務に対する献身をもって貢献した不死身の伝説的戦士
  • 千早正隆 『日本海軍の驕り症候群』 プレジデント社、1990年ISBN 4-8334-1385-x
  • 松田憲雄 『忘れ得ぬ「ト連送」 雷撃機電信員50年目の遺稿』 光人社、1993年10月。ISBN 4-7698-0663-9
  • P・フランク、J・D・ハリントン著、谷浦英男訳 『空母ヨークタウン』 朝日ソノラマ文庫、1994年ISBN 4-257-17048-4
  • 生出寿『凡将山本五十六 烈将山口多聞』徳間文庫 ISBN 4198922829
  • 千早正隆ほか 『日本海軍の功罪 五人の佐官が語る歴史の教訓』 プレジデント社、1994年ISBN 4-8334-1530-5
  • 碇義朗 『飛龍 天に在り 航空母艦「飛龍」の生涯』 光人社、1994年ISBN 4-7698-0700-7
  • 生出寿 『戦艦「大和」最後の艦長海上修羅の指揮官』 光人社NF文庫、1996年
    有賀幸作(後の大和艦長)は1942年6月時点で第四駆逐隊司令官。駆逐艦「嵐」に乗艦し、本海戦に参加した。
  • 生出寿 『勝つ戦略 負ける戦略 東郷平八郎と山本五十六』 徳間文庫、1997年7月。ISBN 4-19-890714-5
  • 別冊歴史読本『日本海軍軍艦総覧 戦記シリーズ37』(新人物往来社、1997年)
    「空母『飛龍』の機関室 真珠湾からミッドウェーへ」 萬代久男「飛龍」機関長付少尉
  • 別冊歴史読本『第22(517)号 海軍機動部隊全史』(新人物往来社、1999年) ISBN 4-404-02722-2
  • 井上理二 『駆逐艦磯風と三人の特年兵』 光人社、1999年。ISBN 4-7698-0935-2C0095。
  • 元連合艦隊司令部従兵長近江兵治郎連合艦隊司令長官山本五十六とその参謀たち』 テイ・アイ・エス、2000年7月。ISBN 4-88618-240-2
  • 『ミッドウェー海戦「運命の5分」の真実』 新人物往来社、2011年ISBN 978-4404040305
  • 橋本廣 『機動部隊の栄光 艦隊司令部信号員の太平洋海戦記』 光人社、2001年ISBN 4-7698-1028-8
  • 池田清野村実ほか、近現代史編纂会編 『海軍艦隊勤務』 新人物往来社、2001年ISBN 4-404-02914-4
    • 萬代久男(飛龍機関長付少尉)「空母『飛龍』の機関室 真珠湾からミッドウェーへ
      別冊歴史読本『日本海軍軍艦総覧 戦記シリーズ37』(新人物往来社、1997年)を再録
  • 牧島貞一 『炎の海 報道カメラマン空母と共に』 光人社、2001年ISBN 4-7698-2328-2
    牧島は日映カメラマン。「赤城」に乗艦し、ミッドウェー海戦を体験。
  • 金沢秀利 『空母雷撃隊 艦攻搭乗員の太平洋海空戦記』 光人社、2002年ISBN 4-7698-1055-5
    飛龍艦攻電信員(機銃手)。記述と戦闘詳報では同乗搭乗員が異なる部分がある。
  • 森拾三 『奇蹟の雷撃隊 ある雷撃機操縦員の生還』 光人社、2004年ISBN 4-7698-2064-x
    森は「蒼龍」艦攻操縦員。真珠湾攻撃から沈没まで乗艦。
  • 淵田美津雄中田整一解説 『真珠湾攻撃総隊長の回想 淵田美津雄自叙伝講談社2007年ISBN 978-4-06-214402-5
  • エドワード・P・スタッフォード 著、井原裕司 訳 『空母エンタープライズ THE BIG E 上巻』 元就出版社、2007年ISBN 978-4-86106-157-8
  • 小板橋孝策 『「愛宕」奮戦記 旗艦乗組員の見たソロモン海戦』 光人社NF文庫、2008年ISBN 978-4-7698-2560-9
    高橋武士(艦長伝令、艦橋勤務)の戦時日記を元に小板橋が編集。小板橋は「愛宕」沈没時の航海士。
  • 川崎まなぶ 『日本海軍の航空母艦 その生い立ちと戦歴』 大日本絵画、2009年ISBN 978-4-499-23003-2
  • 学研編集部 編『歴史群像 太平洋戦史シリーズ4 ミッドウェイ海戦』(学習研究社、1994年(平成6年)) 雑誌 69610-53 4-17210

論文[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ #亀井戦記72頁
  2. ^ #亀井戦記73頁
  3. ^ #海軍驕り132-133頁。1941年1月に及川に提出した意見書より。
  4. ^ #勝つ戦略負ける戦略97頁
  5. ^ 「第1航空艦隊戦闘詳報(1)」pp.9-10
  6. ^ #戦藻録(九版)74-76,87,93頁等「第三節、米機動部隊の牽制作戦」
  7. ^ #勝つ戦略負ける戦略108-109頁、#海軍驕り193-194頁
  8. ^ #戦藻録(九版)68、72頁(1月14日・27日等)
  9. ^ 「第1航空艦隊戦闘詳報(1)」pp.10-11
  10. ^ 「第1航空艦隊戦闘詳報(1)」pp.14-15
  11. ^ #草鹿回想126頁、「第1航空艦隊戦闘詳報(1)」p.13
  12. ^ 「第1航空艦隊戦闘詳報(1)」pp.13-14、「輸送船鹿野丸の最後 其の1(2)」p.8
  13. ^ #海軍驕り287頁、「MI海戦 戦時日誌戦闘詳報(1)」pp.18-19「軍令部所報に依るミッドウェー島所在敵航空兵力左の如し」
  14. ^ 「第1航空艦隊戦闘詳報(1)」pp.11,13
  15. ^ 「第1航空艦隊戦闘詳報(1)」p.15、#澤地記録26頁
  16. ^ 「第1航空艦隊戦闘詳報(3)」pp.21-23
  17. ^ 「輸送船鹿野丸の最後 其の1 (2)」p.10
  18. ^ #勝つ戦略負ける戦略109頁
  19. ^ #川崎戦歴120頁
  20. ^ #勝つ戦略負ける戦略110頁、#海軍驕り239頁
  21. ^ #亀井戦記73頁、#海軍驕り240-242頁
  22. ^ #海軍驕り243頁
  23. ^ #戦藻録(九版)99頁
  24. ^ #亀井戦記74頁
  25. ^ 戦史叢書43ミッドウェー海戦47-49頁、#勝つ戦略負ける戦略112頁、#海軍驕り244頁
  26. ^ 千早正隆『日本海軍の驕り症候群 下』中公文庫85-88頁
  27. ^ #草鹿回想112-113頁
  28. ^ #戦藻録(九版)107頁
  29. ^ 三和義勇大佐(連合艦隊参謀)『三和日誌』
  30. ^ 直接届いた手紙はないと近江従兵長は証言。#従兵長103頁
  31. ^ 戦史叢書43ミッドウェー海戦62頁
  32. ^ #勝つ戦略負ける戦略113頁、#海軍驕り251頁
  33. ^ #淵田自叙伝177-178頁
  34. ^ #海軍驕り299頁
  35. ^ #従兵長104頁
  36. ^ #飛龍生涯290頁、#亀井戦記84-85頁、#草鹿回想120-122頁
  37. ^ a b 「第1航空艦隊戦闘詳報(1)」p.21
  38. ^ #亀井戦記85,91-92頁、#海軍驕り306頁、「第1航空艦隊戦闘詳報(1)」p.25「各艦は補充交替により個艦戦闘能力相当低下せるに加えて、各母港に於いて出撃の数日前まで整備しやりて、その技量低下は相当大なるものあり」
  39. ^ a b 「第1航空艦隊戦闘詳報(1)」p.22-25
  40. ^ 「第1航空艦隊戦闘詳報(1)」pp.23-24「所謂基礎訓練を実施せるに過ぎず。編隊空戦は一部旧搭乗員をして3機程度のものを実施せり」
  41. ^ 千早正隆『日本海軍の驕り症候群 下』中公文庫83頁
  42. ^ #従兵長105頁、#亀井戦記79頁
  43. ^ 戦史叢書43ミッドウェー海戦90頁
  44. ^ a b c d #川崎戦歴121頁
  45. ^ 戦史叢書43ミッドウェー海戦90頁、#亀井戦記82頁
  46. ^ 戦史叢書43ミッドウェー海戦90頁
  47. ^ プランゲ『ミッドウェーの奇跡上』原書房50頁
  48. ^ 戦史叢書43ミッドウェーp584、#戦藻録(九版)128頁、#海軍驕り294頁
  49. ^ 戦史叢書43ミッドウェーp584
  50. ^ 千早正隆『日本海軍の驕り症候群 下』中公文庫96頁
  51. ^ 千早正隆『日本海軍の驕り症候群 下』中公文庫93-94頁
  52. ^ プランゲ『ミッドウェーの奇跡上』千早正隆訳 原書房51-52頁
  53. ^ #従兵長105頁
  54. ^ #勝つ戦略負ける戦略123-124頁
  55. ^ #草鹿回想130頁
  56. ^ #海軍功罪302-304頁
  57. ^ #海の武将36頁
  58. ^ 千早正隆『日本海軍の驕り症候群 下』中公文庫117頁
  59. ^ 草鹿龍之介『連合艦隊参謀長の回想』光和堂40頁、#海軍功罪303頁
  60. ^ 戦史叢書43ミッドウェー海戦132頁
  61. ^ 戦史叢書43ミッドウェー海戦121頁
  62. ^ #亀井戦記87頁、#草鹿回想122頁
  63. ^ #亀井戦記78頁、#海軍驕り296頁
  64. ^ 戦史叢書43ミッドウェー海戦123頁
  65. ^ #淵田自叙伝195-196頁、#草鹿回想115-116頁、#海軍驕り306-307頁
  66. ^ 千早正隆『日本海軍の驕り症候群 下』中公文庫109-111頁
  67. ^ #ヨークタウン146頁
  68. ^ #海軍驕り339頁
  69. ^ #プランゲ下226-227頁
  70. ^ 戦史叢書43ミッドウェー海戦165頁
  71. ^ a b #飛龍生涯308-309頁、#海軍艦隊勤務205頁
  72. ^ 別冊歴史読本『日本海軍軍艦総覧 戦記シリーズ37』(新人物往来社、1997)21頁
  73. ^ #飛龍生涯277頁、浅川(飛龍主計長)談。
  74. ^ #海軍驕り308頁
  75. ^ #海軍驕り309頁
  76. ^ #亀井戦記93頁、#海軍驕り308頁、#戦藻録(九版)139頁
  77. ^ 高橋雄次『鉄底海峡重巡「加古」艦長回想記』76頁
  78. ^ #亀井戦記95頁
  79. ^ #海軍驕り310-311頁、#勝つ戦略負ける戦略126-127頁
  80. ^ #ヨークタウン163頁
  81. ^ #ヨークタウン137-141頁
  82. ^ #ヨークタウン141頁
  83. ^ #ヨークタウン156頁
  84. ^ 「第1航空艦隊戦闘詳報(1)」p.13
  85. ^ 「第1航空艦隊戦闘詳報(1)」p.27
  86. ^ #戦藻録(九版)121頁
  87. ^ #亀井戦記119頁、#海軍驕り330,333頁
  88. ^ #戦藻録(九版)122頁(5月31日)
  89. ^ #海軍驕り334頁
  90. ^ 「輸送船鹿野丸の最後 其の1(2)」p.4、「特設船あるぜんちな丸戦時日誌戦闘詳報」p.29
  91. ^ #飛龍生涯305頁
  92. ^ #飛龍生涯306頁
  93. ^ #飛龍生涯307頁
  94. ^ #亀井戦記177頁
  95. ^ 戦史叢書43 ミッドウェー海戦249-250頁
  96. ^ #戦藻録(九版)146頁、#亀井戦記176頁
  97. ^ #亀井戦記179頁、#勝つ戦略負ける戦略128頁
  98. ^ #亀井戦記184頁
  99. ^ #亀井戦記39頁。亀井の取材に。
  100. ^ #草鹿回想123-124頁
  101. ^ #亀井戦記168頁
  102. ^ 「第1航空艦隊戦闘詳報(1)」p.28、#亀井戦記173-175頁、#草鹿回想133頁
  103. ^ #海軍驕り344頁、#プランゲ下216頁
  104. ^ 「第1航空艦隊戦闘詳報(2)」p.3
  105. ^ 「第1航空艦隊戦闘詳報(2)」p.4「機動部隊信令第100号」
  106. ^ #亀井戦記205頁、#澤地記録233頁
  107. ^ 「第1航空艦隊戦闘詳報(1)」p.29
  108. ^ 「第1航空艦隊戦闘詳報(2)」p.5、#澤地記録234頁
  109. ^ #炎の海228-229頁、#草鹿回想133頁
  110. ^ #ヨークタウン168頁、#亀井戦記186頁
  111. ^ #亀井戦記190頁
  112. ^ #ヨークタウン168頁、#亀井戦記193頁
  113. ^ 「軍艦愛宕戦闘詳報(2)」p.3、「輸送船鹿野丸の最後 其の1 (2)」p.22、「特設船あるぜんちな丸戦時日誌戦闘詳報」pp.36-37、#亀井戦記194頁
  114. ^ 「軍艦愛宕戦闘詳報(2)」p.4「月明かりを利用して来攻せる敵飛行機1機の雷撃により"あけぼの丸"艦首に若干の被害あり」、#亀井戦記197-198頁
  115. ^ #亀井戦記198頁
  116. ^ #海軍驕り347頁
  117. ^ a b #ヨークタウン169頁
  118. ^ a b c d e #ヨークタウン153頁
  119. ^ 「MI海戦 戦時日誌戦闘詳報(2)」p.7
  120. ^ #ヨークタウン170頁
  121. ^ a b c #ヨークタウン171頁
  122. ^ #亀井戦記223頁、「第1航空艦隊戦闘詳報(2)」p.6
  123. ^ #淵田自叙伝198頁
  124. ^ #亀井戦記217頁、#海軍驕り342頁
  125. ^ #澤地記録26頁
  126. ^ #草鹿回想126頁
  127. ^ 戦史叢書43ミッドウェー海戦423頁
  128. ^ #亀井戦記223頁
  129. ^ 「MI海戦 戦時日誌戦闘詳報(3)」pp.2,60、「飛龍飛行機隊戦闘行動調書(3)」p.56
  130. ^ #亀井戦記224頁
  131. ^ #亀井戦記225頁、#電信員遺稿115頁
  132. ^ a b 「第1航空艦隊戦闘詳報(1)」p.19「偵察隊編成。右の他、第8戦隊、2D/3S、十三試艦爆偵察あり」
  133. ^ 「MI海戦 戦時日誌戦闘詳報(1)」p.32、「第1航空艦隊戦闘詳報(1)」p.29
  134. ^ #海の武将38頁
  135. ^ #橋本信号員119頁
  136. ^ a b 「第1航空艦隊戦闘詳報(2)」p.6、「第1航空艦隊戦闘詳報(3)」p.24
  137. ^ #澤地記録235頁
  138. ^ #澤地記録235頁、#亀井戦記229頁
  139. ^ 「第1航空艦隊戦闘詳報(2)」p.7
  140. ^ 戦史叢書43ミッドウェー海戦304頁
  141. ^ 戦史叢書43ミッドウェー海戦306頁
  142. ^ #澤地記録237頁、「第1航空艦隊戦闘詳報(2)」p.6
  143. ^ #亀井戦記232頁
  144. ^ #亀井戦記238頁
  145. ^ #ヨークタウン172頁
  146. ^ 「第1航空艦隊戦闘詳報(2)」p.6、#澤地記録237頁
  147. ^ 「第1航空艦隊戦闘詳報(2)」p.6「0243:各艦戦闘機を発進」、#亀井戦記263頁
  148. ^ #ヨークタウン172頁、#亀井戦記239頁
  149. ^ #橋本信号員121頁
  150. ^ #ヨークタウン173頁、#亀井戦記240頁
  151. ^ #爆撃王列伝174頁
  152. ^ a b #ヨークタウン173頁
  153. ^ 金沢秀利 『空母雷撃隊―艦攻搭乗員の太平洋海空戦記』 光人社2009年、198頁。ISBN 4769826125
  154. ^ 金沢秀利 『空母雷撃隊―艦攻搭乗員の太平洋海空戦記』 光人社2009年、199頁。ISBN 4769826125
  155. ^ 「第1航空艦隊戦闘詳報(1)」p.30
  156. ^ 「第1航空艦隊戦闘詳報(1)」p.30、「第1航空艦隊戦闘詳報(2)」p.6、「MI海戦 戦時日誌戦闘詳報(1)」p.20
  157. ^ #ヨークタウン174頁、#プランゲ上257頁
  158. ^ #川崎戦歴121-122頁。古田清人(赤城爆撃隊、千早大尉機操縦士)
  159. ^ a b c #プランゲ上255-256頁
  160. ^ #飛龍生涯349頁
  161. ^ 金沢秀利 『空母雷撃隊―艦攻搭乗員の太平洋海空戦記』 光人社2009年、208-210頁。ISBN 4769826125
  162. ^ 「第1航空艦隊戦闘詳報(2)」p.7、「第1航空艦隊戦闘詳報(1)」p.31、#ヨークタウン174頁、#澤地記録240頁
  163. ^ #澤地記録239頁、「第1航空艦隊戦闘詳報(2)」p.7
  164. ^ #プランゲ下12頁
  165. ^ #炎の海252頁、MI海戦 戦時日誌戦闘詳報(2)」pp.10-13,69(蒼龍戦闘概要)等参照。
  166. ^ 「第1航空艦隊戦闘詳報(1)」p.31、「MI海戦 戦時日誌戦闘詳報(2)」p.24(蒼龍戦闘詳報)、「MI海戦 戦時日誌戦闘詳報(3)」p.22(飛龍戦闘詳報)
  167. ^ #澤地記録241頁、「第1航空艦隊戦闘詳報(2)」p.8
  168. ^ #ヨークタウン175頁
  169. ^ #プランゲ下2頁
  170. ^ #電信員遺稿118-119頁、#澤地記録241頁、「第1航空艦隊戦闘詳報(2)」p.8
  171. ^ #プランゲ下5頁
  172. ^ #澤地記録242頁、「第1航空艦隊戦闘詳報(2)」p.8「0412:敵飛行機の機銃掃射を受け(中略)両舷送信用空中線切断、左舷使用不能」
  173. ^ #プランゲ下8頁、「第1航空艦隊戦闘詳報(2)」p.9
  174. ^ #プランゲ下9頁
  175. ^ #淵田自叙伝202頁、#草鹿回想126頁
  176. ^ 「第1航空艦隊戦闘詳報(1)」p.31「(ミッドウェー)攻撃隊発進後、艦隊は第四編成(艦攻雷撃)にて水上艦艇に備えて居りしが」
  177. ^ #澤地記録243頁、「第1航空艦隊戦闘詳報(1)」p.33「0415の発令により艦攻は既に雷装を80番陸に変更中」、「第1航空艦隊戦闘詳報(2)」p.9「0415:第二次攻撃隊本日実施、待機攻撃隊爆装に換え」
  178. ^ #飛龍生涯347頁
  179. ^ #電信員遺稿117頁、#亀井戦記273頁
  180. ^ #プランゲ下40頁
  181. ^ a b #ヨークタウン185頁
  182. ^ #プランゲ下45頁
  183. ^ 「第1航空艦隊戦闘詳報(1)」p.32、「第1航空艦隊戦闘詳報(2)」p.10
  184. ^ #澤地記録24-25頁、244頁、246頁。#ヨークタウン177頁。#プランゲ下13頁
  185. ^ a b #海軍驕り354頁
  186. ^ #海の武将40頁
  187. ^ #澤地記録24-25頁、#プランゲ下14頁、「第1航空艦隊戦闘詳報(2)」p.10「0445:敵艦隊攻撃準備、攻撃機雷装、其の侭」
  188. ^ #草鹿回想137-138頁
  189. ^ #淵田自叙伝204頁
  190. ^ #亀井戦記、吉岡忠一(南雲機動部隊航空参謀)談。
  191. ^ #澤地記録24-25頁、「第1航空艦隊戦闘詳報(2)」p.10
  192. ^ #海の武将39頁
  193. ^ #澤地記録247頁、#プランゲ下15-16頁
  194. ^ #プランゲ下17-18頁、#爆撃王列伝176頁
  195. ^ #爆撃王列伝176頁
  196. ^ #プランゲ下17-18頁
  197. ^ #プランゲ下23頁
  198. ^ a b #ヨークタウン177頁
  199. ^ a b #ヨークタウン177頁、#プランゲ下25頁
  200. ^ 「第1航空艦隊戦闘詳報(2)」pp.13-15
  201. ^ #プランゲ下27頁
  202. ^ #爆撃王列伝178-179頁
  203. ^ 「第1航空艦隊戦闘詳報(1)」p.30、「MI海戦 戦時日誌戦闘詳報(1)」p.21、「MI海戦 戦時日誌戦闘詳報(2)」p.8、「MI海戦 戦時日誌戦闘詳報(3)」p.2
  204. ^ #炎の海248頁
  205. ^ #澤地記録249頁、「第1航空艦隊戦闘詳報(1)」p.32
  206. ^ #澤地記録249頁、「第1航空艦隊戦闘詳報(2)」p.13
  207. ^ #プランゲ下22頁
  208. ^ #澤地記録251頁、「第1航空艦隊戦闘詳報(1)」p.32 、「第1航空艦隊戦闘詳報(2)」p.14
  209. ^ #プランゲ下43頁
  210. ^ #草鹿回想138頁、#亀井戦記295頁、#プランゲ下28頁
  211. ^ #澤地記録252頁
  212. ^ #亀井戦記298頁、「蒼龍飛行機隊戦闘行動調書(3)」p.54、「MI海戦 戦時日誌戦闘詳報(2)」p.66
  213. ^ #草鹿回想138頁、#橋本信号員132頁、#飛龍生涯362頁
  214. ^ a b 『日米空母決戦ミッドウェー』([歴史群像]太平洋戦史シリーズ Vol.55)、学習研究社2006年(平成18年)
  215. ^ #電信員遺稿117頁、#亀井戦記273頁
  216. ^ 亀井宏『ミッドウェー戦記』光人社191頁(草鹿龍之介など)、#海軍功罪123頁(源田実「心を鬼にした理由」)、#淵田自叙伝206頁
  217. ^ #淵田自叙伝203頁
  218. ^ a b c #淵田自叙伝206頁
  219. ^ a b c #亀井戦記296-297頁
  220. ^ a b c d e #プランゲ下30-31頁
  221. ^ #淵田自叙伝206頁、#プランゲ下30-31頁
  222. ^ 戦史叢書43ミッドウェー海戦290-291頁
  223. ^ 「第1航空艦隊戦闘詳報(2)」p.15
  224. ^ #澤地記録257頁、「第1航空艦隊戦闘詳報(2)」p.16「午前5時55分:タナ10収容終わらば一旦北に向へ敵機動部隊を捕捉撃滅せんとす」→KDB(午前6時13分受信)、第二艦隊・連合艦隊(午前6時30分受信)
  225. ^ 「第1航空艦隊戦闘詳報(2)」p.16「筑摩艦長→8S(午前6時20分光):午前6時30分発進の予定。(午前6時53分光)タナ5、5号機発艦(午前6時35分)」
  226. ^ 「第1航空艦隊戦闘詳報(1)」p.33、#橋本信号員135頁
  227. ^ #澤地記録252頁、「第1航空艦隊戦闘詳報(1)」p.32、「第1航空艦隊戦闘詳報(2)」pp.14、16
  228. ^ #澤地記録256頁、#亀井戦記298頁、「第1航空艦隊戦闘詳報(2)」pp.15-16
  229. ^ 「第1航空艦隊戦闘詳報(2)」p.15「タナ2、零式水偵を発進、利根4号機の発見せし敵に触接せしめよ」
  230. ^ #澤地記録257頁、#亀井戦記298頁
  231. ^ #澤地記録256頁、#亀井戦記299頁、「第1航空艦隊戦闘詳報(2)」p.16
  232. ^ #プランゲ下37頁、「第1航空艦隊戦闘詳報(2)」p.16
  233. ^ #勝つ戦略負ける戦略131頁
  234. ^ #戦藻録(九版)138頁、#海軍驕り361頁
  235. ^ #勝つ戦略負ける戦略132頁、#海軍驕り362頁
  236. ^ 「MI海戦 戦時日誌戦闘詳報(1)」p.21、「第1航空艦隊戦闘詳報(2)」p.17、「MI海戦 戦時日誌戦闘詳報(3)」p.2
  237. ^ 「MI海戦 戦時日誌戦闘詳報(2)」pp.50、57、「蒼龍飛行機隊戦闘行動調書(3)」pp.55、57
  238. ^ #プランゲ下36頁
  239. ^ #プランゲ下48頁
  240. ^ 「第1航空艦隊戦闘詳報(2)」pp.17-18
  241. ^ 「第1航空艦隊戦闘詳報(2)」pp.19-20
  242. ^ #プランゲ下49頁
  243. ^ a b c #ヨークタウン182頁、#プランゲ下46頁
  244. ^ #プランゲ下50頁
  245. ^ #プランゲ下51頁
  246. ^ #澤地記録264頁、「第1航空艦隊戦闘詳報(2)」pp.19、20
  247. ^ a b #澤地記録264頁、「第1航空艦隊戦闘詳報(2)」pp.20、21
  248. ^ #澤地記録264頁、#海の武将41頁
  249. ^ #澤地記録266頁、「MI海戦 戦時日誌戦闘詳報(2)」p.66「午前7時8分:索敵線上敵を見ず帰途につく」、「第1航空艦隊戦闘詳報(2)」p.22「午前7時(機動部隊受信午前7時15分):タナ1、敵を見ず。我れ(蒼竜偵察機)ミッドウェー島よりの方位20度距離290浬(午前7時)」
  250. ^ #ヨークタウン186頁、#BIG E上119頁
  251. ^ #BIG E上118頁
  252. ^ #BIG E上120頁
  253. ^ #プランゲ下57頁
  254. ^ a b c #ヨークタウン188頁
  255. ^ a b c #ヨークタウン187-190頁
  256. ^ #プランゲ下59頁
  257. ^ #プランゲ下60頁
  258. ^ 「MI海戦 戦時日誌戦闘詳報(2)」p.47「所見:敵雷撃機に味方戦闘機過集中の傾向大なり」
  259. ^ #BIG E上122頁、#プランゲ下64頁
  260. ^ #BIG E上123頁
  261. ^ #ヨークタウン191頁、#BIG E上124頁
  262. ^ a b #プランゲ下66頁
  263. ^ 「第1航空艦隊戦闘詳報(2)」p.19
  264. ^ #大和最後の艦長150頁
  265. ^ #ヨークタウン191頁
  266. ^ #ヨークタウン188頁、#海軍驕り365頁
  267. ^ 「第1航空艦隊戦闘詳報(1)」p.39「各母艦共主としてこの雷撃機に対し回避しありし時」
  268. ^ #川崎戦歴#プランゲ下67頁
  269. ^ #澤地記録20頁
  270. ^ #左近允p.180 によれば、上空直掩のための零戦の発艦が準備されている段階であり、赤城が攻撃された10時24分に、やっとそれの1機目が飛び立った段階。
  271. ^ #澤地記録28-29頁、#橋本信号員138頁
  272. ^ #電信員遺稿123-124頁
  273. ^ #BIG E上125頁
  274. ^ #澤地記録270頁、「第1航空艦隊戦闘詳報(2)」p.25「0723:〃左50度敵航空機加賀に急降下爆撃」
  275. ^ a b #BIG E上126-127頁
  276. ^ #BIG E上126-127頁、「第1航空艦隊戦闘詳報(1)」p.41
  277. ^ #ヨークタウン193-196頁「日本空母に痛打」
  278. ^ a b 「第1航空艦隊戦闘詳報(1)」p.4
  279. ^ a b c #プランゲ下77頁
  280. ^ 「第1航空艦隊戦闘詳報(1)」p.44、「MI海戦 戦時日誌戦闘詳報(2)」p.42「0725:敵艦爆(12機)、母艦上空高度4000米に発見、爆撃により母艦に3弾命中火災」
  281. ^ #プランゲ下75頁
  282. ^ #井上 磯風39頁
  283. ^ #電信員遺稿123頁
  284. ^ 「第1航空艦隊戦闘詳報(2)」p.26、「赤城飛行機隊戦闘行動調書(2)」p.32、「MI海戦 戦時日誌戦闘詳報(1)」p.34、#澤地記録21頁、272頁
  285. ^ #プランゲ下69頁、「第1航空艦隊戦闘詳報(1)」p.39
  286. ^ #橋本信号員138頁
  287. ^ #電信員遺稿124頁、#淵田自叙伝207頁
  288. ^ #海軍驕り366頁
  289. ^ #亀井戦記331頁、「第1航空艦隊戦闘詳報(1)」p.41
  290. ^ 「第1航空艦隊戦闘詳報(1)」p.42
  291. ^ #亀井戦記356頁、#大和最後の艦長161頁
  292. ^ #亀井戦記356頁
  293. ^ #亀井戦記333頁
  294. ^ 「第1航空艦隊戦闘詳報(1)」p.45
  295. ^ 「第1航空艦隊戦闘詳報(1)」p.46
  296. ^ #亀井戦記348頁
  297. ^ #橋本信号員140頁
  298. ^ #電信員遺稿126頁、「第1航空艦隊戦闘詳報(1)」pp.39,44
  299. ^ #亀井戦記358頁
  300. ^ 「第1航空艦隊戦闘詳報(2)」p.28
  301. ^ #澤地記録275頁、「第1航空艦隊戦闘詳報(2)」p.28「午前7時45分:赤城司令部移乗のため駆逐艦野分近接す」
  302. ^ 牧島『続・炎の海』165頁、#橋本信号員146頁
  303. ^ a b 「第1航空艦隊戦闘詳報(1)」p.34
  304. ^ 「第1航空艦隊戦闘詳報(1)」p.40
  305. ^ #戦藻録(九版)133頁、第1航空艦隊戦闘詳報(1)」p.40
  306. ^ #亀井戦記44頁、亀井の取材に答えて。
  307. ^ #電信員遺稿131-132頁、「第1航空艦隊戦闘詳報(1)」p.40
  308. ^ #飛龍生涯397頁
  309. ^ a b #澤地記録275-276頁、「第1航空艦隊戦闘詳報(2)」p.29
  310. ^ 戦史叢書43ミッドウェー海戦336頁
  311. ^ #亀井戦記385頁。『ミッドウェー』
  312. ^ 戦史叢書43 ミッドウェー海戦337頁
  313. ^ 「第1航空艦隊戦闘詳報(1)」pp.18、34、「飛龍飛行機隊戦闘行動調書(3)」p.61、「MI海戦 戦時日誌戦闘詳報(3)」pp.2、30-31
  314. ^ #澤地記録277頁、#亀井戦記387頁
  315. ^ 「第1航空艦隊戦闘詳報(4)」p.1「25番通12、同陸6。エンタープライズ型25番通5、同陸1」
  316. ^ #澤地記録277頁、「第1航空艦隊戦闘詳報(2)」pp.31-32
  317. ^ #澤地記録275頁、「第1航空艦隊戦闘詳報(2)」p.30
  318. ^ #澤地記録277頁、「第1航空艦隊戦闘詳報(2)」p.30
  319. ^ #海の武将41頁
  320. ^ #澤地記録277頁、「第1航空艦隊戦闘詳報(2)」p.31
  321. ^ 「蒼龍飛行機隊戦闘行動調書(3)」p.54、「MI海戦 戦時日誌戦闘詳報(2)」p.66「0800:敵艦上機1機発見、之を追跡す」「0810:敵機動部隊発見、触接開始」「0830:我敵航空部隊見ゆ。地点ミッドウェー5度、120浬、針路80度、速力25ノット」「0840:敵航空部隊は空母3隻を基幹とし駆逐艦22隻をともなう」
  322. ^ 「第1航空艦隊戦闘詳報(2)」p.33「0837:敵航空部隊見ゆ、ミッドウェーよりの方位4度、150浬」「0840:敵航空部隊は空母3隻を基幹とし駆逐艦22隻を伴ふ(0840)」
  323. ^ 「第1航空艦隊戦闘詳報(2)」p.34「0845:触接を止む(〇八四五)」(機動部隊受信0854)
  324. ^ 「赤城飛行機隊戦闘行動調書(2)」pp.31-32、「MI海戦 戦時日誌戦闘詳報(1)」p.34。白根大尉、菊地、小山内、大森、井石、石田、木村
  325. ^ 「加賀飛行機隊戦闘行動調書」pp.24、26-27、「MI海戦 戦時日誌戦闘詳報(2)」pp.11-12
  326. ^ 「MI海戦 戦時日誌戦闘詳報(2)」pp.45、59、「MI海戦 戦時日誌戦闘詳報(3)」pp.36-37
  327. ^ #ヨークタウン199頁
  328. ^ a b #ヨークタウン200頁
  329. ^ #ヨークタウン201-202頁
  330. ^ 「飛龍飛行機隊戦闘行動調書(3)」p.62
  331. ^ 「第1航空艦隊戦闘詳報(1)」p.18、「MI海戦 戦時日誌戦闘詳報(3)」p.12
  332. ^ 「MI海戦 戦時日誌戦闘詳報(3)」pp.2,11
  333. ^ #プランゲ下89頁
  334. ^ #ヨークタウン216頁
  335. ^ #ヨークタウン220頁、#プランゲ下91頁
  336. ^ 「MI海戦 戦時日誌戦闘詳報(3)」pp.2-3、#亀井戦記393頁
  337. ^ 「MI海戦 戦時日誌戦闘詳報(3)」p.21
  338. ^ 「第1航空艦隊戦闘詳報(1)」p.34、「MI海戦 戦時日誌戦闘詳報(3)」p.11
  339. ^ #ヨークタウン219頁、#プランゲ下91頁
  340. ^ #澤地記録284頁、「第1航空艦隊戦闘詳報(2)」p.36「0917:我れ敵航空機の追撃を受け触接を失せり(0905)」
  341. ^ #橋本信号員148-149頁、#亀井戦記394-395頁
  342. ^ a b c d e f #大和最後の艦長149-50頁、「第1航空艦隊戦闘詳報(2)」p.38「1000:4dg機密第140番電。捕虜(ヨークタウン)搭乗員海軍少尉言左の如し」
  343. ^ #澤地記録287-288頁
  344. ^ #愛宕奮戦記88頁
  345. ^ a b c d #プランゲ下111頁
  346. ^ 「第1航空艦隊戦闘詳報(3)」p.39
  347. ^ #大和最後の艦長155頁
  348. ^ 「第1航空艦隊戦闘詳報(3)」p.37「6月6日死亡、水葬」
  349. ^ #澤地記録290頁
  350. ^ #澤地記録290頁、「飛龍飛行機隊戦闘行動調書(3)」p.63、「第1航空艦隊戦闘詳報(1)」p.35、「MI海戦 戦時日誌戦闘詳報(3)」pp.2,32-33
  351. ^ 「加賀飛行機隊戦闘行動調書」p.24、「第1航空艦隊戦闘詳報(1)」p.18、「MI海戦 戦時日誌戦闘詳報(2)」p.13
  352. ^ #澤地記録290頁、「第1航空艦隊戦闘詳報(2)」p.41
  353. ^ 「MI海戦 戦時日誌戦闘詳報(3)」p.3
  354. ^ #亀井戦記406頁、「蒼龍飛行機隊戦闘行動調書(3)」p.54、「MI海戦 戦時日誌戦闘詳報(2)」pp.67-68「0950、飛龍上空着。1030、飛龍着艦」
  355. ^ 「MI海戦 戦時日誌戦闘詳報(2)」p.69。「別紙第一、発受信記録、略(資料なし)」
  356. ^ #亀井戦記406頁、「第1航空艦隊戦闘詳報(1)」p.34、「第1航空艦隊戦闘詳報(2)」p.45
  357. ^ #澤地記録292頁、「第1航空艦隊戦闘詳報(2)」p.42
  358. ^ #澤地記録293頁、「第1航空艦隊戦闘詳報(2)」p.42「附近に空母居るものの如し」
  359. ^ #ヨークタウン224頁、「MI海戦 戦時日誌戦闘詳報(3)」p.15
  360. ^ #亀井戦記409頁
  361. ^ #亀井戦記412頁、「MI海戦 戦時日誌戦闘詳報(3)」p.3「一中隊は右、二中隊は左より挟撃し」
  362. ^ #ヨークタウン224-227頁
  363. ^ #ヨークタウン229頁
  364. ^ #ヨークタウン233頁
  365. ^ 「MI海戦 戦時日誌戦闘詳報(3)」p.3
  366. ^ 「第1航空艦隊戦闘詳報(1)」p.35、「MI海戦 戦時日誌戦闘詳報(3)」pp.3,15-16。
  367. ^ #プランゲ下97頁
  368. ^ #亀井戦記402頁。亀井の取材に。
  369. ^ 「MI海戦 戦時日誌戦闘詳報(3)」p.16「尾部方向舵の指揮官機マークを確認す」
  370. ^ 「MI海戦 戦時日誌戦闘詳報(3)」p.16「
  371. ^ 「第1航空艦隊戦闘詳報(2)」pp.47「我が攻撃により空母2隻は大破」
  372. ^ #戦藻録(九版)142頁、#澤地記録299頁、#プランゲ下104頁
  373. ^ 「MI海戦 戦時日誌戦闘詳報(3)」p.19「雷撃終了後、該空母の西方約30浬乃至40浬に第一次敵空母攻撃に依り大火災を生じたる空母と覚しき炎上中の艦船の爆発らしき褐色煙を認む」
  374. ^ 「MI海戦 戦時日誌戦闘詳報(3)」p.19「該空母(ヨークタウン)の東方約30浬を高速東進する三重の円形陣の敵艦隊を認む」
  375. ^ #プランゲ下102頁
  376. ^ a b #ヨークタウン239頁、#プランゲ下102頁
  377. ^ 「第1航空艦隊戦闘詳報(2)」p.43、#澤地記録294頁
  378. ^ #ヨークタウン240頁、#プランゲ下102頁
  379. ^ 「飛龍飛行機隊戦闘行動調書(3)」p.63
  380. ^ 「MI海戦 戦時日誌戦闘詳報(3)」p.21
  381. ^ #亀井戦記418頁。公刊戦史証言より。
  382. ^ 「第1航空艦隊戦闘詳報(1)」p.37
  383. ^ #澤地記録293頁、「第1航空艦隊戦闘詳報(2)」p.42
  384. ^ #澤地記録296頁、「第1航空艦隊戦闘詳報(1)」p.37、「第1航空艦隊戦闘詳報(2)」p.44「1231:タナ135、十三試艦爆により触接を確保したる後、残存全兵力(爆5、攻4、戦10)を以て薄暮敵残存空母を殲滅せんとす」
  385. ^ #亀井戦記428-429頁
  386. ^ 戦史叢書43 ミッドウェー海戦342頁
  387. ^ 戦史叢書43 ミッドウェー海戦354頁
  388. ^ 戦史叢書43 ミッドウェー海戦365-366頁
  389. ^ 「第1航空艦隊戦闘詳報(2)」p.45、「MI海戦 戦時日誌戦闘詳報(2)」p.12、「MI海戦 戦時日誌戦闘詳報(3)」pp.5,35-36
  390. ^ 戦史叢書43 ミッドウェー海戦342頁
  391. ^ 「第1航空艦隊戦闘詳報(1)」p.38「1403に至り特に触接機十三試艦爆を発艦せしめんとありし時」
  392. ^ 「MI海戦 戦時日誌戦闘詳報(2)」pp.13、26
  393. ^ #プランゲ下104頁
  394. ^ #ヨークタウン240頁、「第1航空艦隊戦闘詳報(2)」p.49
  395. ^ #橋本信号員154頁、#プランゲ下105頁
  396. ^ #ヨークタウン242頁、#澤地記録302頁
  397. ^ #炎の海268頁、#橋本信号員155頁、#亀井戦記433頁
  398. ^ #ヨークタウン243頁、#亀井戦記444頁
  399. ^ #プランゲ下106頁
  400. ^ #炎の海269頁、#亀井戦記445頁
  401. ^ a b 「第1航空艦隊戦闘詳報(1)」p.43
  402. ^ #亀井戦記446頁、吉田正義(巻雲艦長)談。
  403. ^ 別冊歴史読本『日本海軍軍艦総覧 戦記シリーズ37』23頁
  404. ^ 「MI海戦 戦時日誌戦闘詳報(3)」p.37
  405. ^ #亀井戦記44頁、「第1航空艦隊戦闘詳報(1)」p.46、「第1航空艦隊戦闘詳報(2)」p.34
  406. ^ #プランゲ下108頁。渡辺安次参謀談。
  407. ^ #勝つ戦略負ける戦略133-135頁、#従兵長109頁,111頁
  408. ^ #戦藻録(九版)138頁
  409. ^ #プランゲ下110頁、「第1航空艦隊戦闘詳報(2)」pp.36-37
  410. ^ #戦藻録(九版)130頁
  411. ^ 「第4水雷戦隊戦時日誌(3)」p.14
  412. ^ 「第1航空艦隊戦闘詳報(2)」p.37
  413. ^ #澤地記録289頁、#プランゲ下112頁、「第4水雷戦隊戦時日誌(3)」pp.14-15、「第1航空艦隊戦闘詳報(2)」pp.39-40
  414. ^ #澤地記録31頁、「第4水雷戦隊戦時日誌(3)」p.16、18
  415. ^ #澤地記録301頁、「第1航空艦隊戦闘詳報(2)」p.48
  416. ^ #草鹿回想142頁
  417. ^ 「第1航空艦隊戦闘詳報(1)」p.48
  418. ^ #草鹿回想143頁
  419. ^ #プランゲ下121頁、#草鹿回想144頁
  420. ^ #戦藻録(九版)131頁
  421. ^ 「第1航空艦隊戦闘詳報(2)」p.54「1450:2F機密第762番電攻略部隊電」、#澤地記録303,307-308頁
  422. ^ 「第1航空艦隊戦闘詳報(1)」pp.48-49、「第1航空艦隊戦闘詳報(2)」p.3「各艦は担任母艦付近に在りて敵潜水艦及び機動部隊に対し警戒を厳にし、敵機動部隊来らば刺違戦法を以て敵を撃滅せよ」
  423. ^ 「第1航空艦隊戦闘詳報(1)」p.35
  424. ^ 「第1航空艦隊戦闘詳報(1)」p.37
  425. ^ 「第1航空艦隊戦闘詳報(3)」p.2
  426. ^ 「第1航空艦隊戦闘詳報(1)」p.49、「第1航空艦隊戦闘詳報(2)」pp.3-4「本艦2号機午後2時13分頃傾斜火災中の敵空母の東方30浬に敵空母4、巡洋艦6、駆逐艦15西航するを認めたり。その後は敵戦闘機の追跡を受け敵を見ず」
  427. ^ #亀井戦記451-452頁
  428. ^ a b c d e #プランゲ下172頁
  429. ^ 「第1航空艦隊戦闘詳報(1)」p.36「1510、敵航空母艦2隻(ヨークタウンまたはホーネット型)(中略)其の南方約4浬に巡洋艦5、駆逐艦6を伴う航空母艦2隻(艦型不明)針路260度速力12ノット」
  430. ^ #澤地記録327-328頁、#亀井戦記451頁
  431. ^ #亀井戦記453頁、「第1航空艦隊戦闘詳報(1)」p.49、「第1航空艦隊戦闘詳報(3)」p.5、第4水雷戦隊戦時日誌(3)」p.19、「第1水雷戦隊戦時日誌戦闘詳報(1)」p.38
  432. ^ 「第1航空艦隊戦闘詳報(3)」p.7、#プランゲ下124頁
  433. ^ 「第1航空艦隊戦闘詳報(1)」p.50、#澤地記録317頁
  434. ^ 「第1航空艦隊戦闘詳報(1)」p.51、#澤地記録158頁、「第1航空艦隊戦闘詳報(3)」p.9
  435. ^ #戦藻録(九版)139頁、#澤地記録319頁、「第1航空艦隊戦闘詳報(3)」p.9「GF電令作160号」
  436. ^ #澤地記録321頁、「第1航空艦隊戦闘詳報(3)」p.11、「第4水雷戦隊戦時日誌(3)」p.23「GF機密第303番電」
  437. ^ #澤地記録324頁、「第4水雷戦隊戦時日誌(3)」p.24、「第1航空艦隊戦闘詳報(3)」pp.13-14
  438. ^ a b c d #プランゲ下144頁
  439. ^ #戦藻録(九版)143頁、「第1航空艦隊戦闘詳報(2)」p.1、「第1航空艦隊戦闘詳報(3)」p.15「GF機密第310番電」
  440. ^ 「第1航空艦隊戦闘詳報(2)」p.2
  441. ^ 「第1航空艦隊戦闘詳報(2)」p.2、#BIG E上136頁
  442. ^ #プランゲ下162下頁
  443. ^ #戦藻録(九版)142頁
  444. ^ #澤地記録31頁、「軍艦愛宕戦闘詳報(2)」p.4「GFの電令に依り七戦隊にミッドウェーの陸上航空基地施設の砲撃破壊を下令せり」
  445. ^ 「軍艦愛宕戦闘詳報(2)」p.4「敵潜回避時に三隈最上触衝最上は艦首を大破し」
  446. ^ #戦藻録(九版)139頁
  447. ^ #ヨークタウン249頁
  448. ^ #ヨークタウン250頁
  449. ^ #ヨークタウン248頁
  450. ^ #爆撃王列伝180頁、#プランゲ下153頁
  451. ^ #戦藻録(九版)144頁
  452. ^ #プランゲ下169頁
  453. ^ #プランゲ下170頁
  454. ^ 「第4水雷戦隊戦時日誌(3)」p.28-29
  455. ^ 「軍艦愛宕戦闘詳報(2)」p.4
  456. ^ #炎の海277頁
  457. ^ 「輸送船鹿野丸の最後 其の1(ミッドウェー作戦)(2)」pp.35-36
  458. ^ 「第4水雷戦隊戦時日誌(3)」p.31
  459. ^ a b #ヨークタウン253頁
  460. ^ #戦藻録(九版)145頁、「第6艦隊戦時日誌戦闘詳報(1)」
  461. ^ a b #ヨークタウン262頁
  462. ^ 「第1航空艦隊戦闘詳報(2)」p.2
  463. ^ 豊田穣『空母「信濃」の生涯』102頁
  464. ^ #澤地記録493頁
  465. ^ #澤地記録364頁
  466. ^ #澤地記録404頁
  467. ^ #澤地記録459頁
  468. ^ #澤地記録392頁
  469. ^ #澤地記録498頁
  470. ^ 澤地久枝『記録ミッドウェー海戦』498-549頁を参照
  471. ^ a b #澤地記録549頁
  472. ^ a b #澤地記録31頁
  473. ^ 「MI海戦 戦時日誌戦闘詳報(4)」pp.31、45
  474. ^ Office of Navy Intelligence, The Battle of Midway: June3-June 6, 1942, p.55.
  475. ^ 牧島貞一『炎の海』光人NF文庫285-286頁
  476. ^ 井上陽介「陸軍による海戦情報入手とその後の意志決定」『東京大学日本史学研究室紀要』第14号、2010年、pp.189-190。
  477. ^ 井上陽介「陸軍による海戦情報入手とその後の意志決定」『東京大学日本史学研究室紀要』第14号、2010年、pp.191
  478. ^ 千早正隆『日本海軍の驕り症候群 下』中公文庫78-81頁
  479. ^ #愛宕奮戦94頁
  480. ^ 戦史叢書43ミッドウェー海戦599頁
  481. ^ 戦史叢書43ミッドウェー海戦598頁
  482. ^ 井上陽介「陸軍による海戦情報入手とその後の意志決定」『東京大学日本史学研究室紀要』第14号、2010年、p.190
  483. ^ 戦史叢書43ミッドウェー海戦638-639頁
  484. ^ 豊田穣『空母「信濃」の生涯』83頁
  485. ^ 豊田穣『空母「信濃」の生涯』84頁
  486. ^ スプルーアンス個人は「空母を全滅させていたとしても、(大和以下の)戦艦群が突撃してきたら防げなかっただろう」と感想を残している。レイテ沖海戦でもハルゼーがこれと同義の意見を残している。スプルーアンスは戦後、本海戦の勝因について問われた時、「我々は幸運だった」と繰り返し答えている。
  487. ^ 参考Why Japan Really Lost The War、国力の差とアメリカから見た危険度の差などの観点から、主戦場として予定していたのは欧州における対ドイツ戦で、対日戦は片手間に過ぎなかったとする説もある。
  488. ^ 戦史叢書43ミッドウェー海戦90頁
  489. ^ #戦藻録(九版)110頁、#海軍驕り292-293頁
  490. ^ 戦史叢書43ミッドウェー海戦91頁、千早正隆『日本海軍の驕り症候群 下』中公文庫116-117頁
  491. ^ 別宮暖朗『歴史通』2011年5月号「逃げる山本五十六、隠れる戦艦大和」
  492. ^ 千早正隆『日本海軍の驕り症候群 下』中公文庫21-24頁
  493. ^ 千早正隆『日本海軍の驕り症候群 下』中公文庫85頁
  494. ^ 千早正隆『日本海軍の驕り症候群 下』中公文庫112-114頁
  495. ^ 草鹿 1979, p. 122.
  496. ^ 草鹿 1979, p. 124-125.
  497. ^ 草鹿 1979, p. 122-123.
  498. ^ 草鹿 1979, p. 124.
  499. ^ 奥宮正武『太平洋戦争と十人の提督下』学研M文庫 213頁、戦史叢書43 ミッドウェー海戦 165頁
  500. ^ 戦史叢書43ミッドウェー海戦593-594頁
  501. ^ 戦史叢書43 ミッドウェー海戦 585-586頁
  502. ^ 戦史叢書43 ミッドウェー海戦 251-252頁
  503. ^ 戦史叢書43 ミッドウェー海戦 251頁
  504. ^ 戦史叢書43ミッドウェー海戦199頁
  505. ^ 戦史叢書43ミッドウェー海戦246頁
  506. ^ 千早正隆『日本海軍の驕り症候群 下』中公文庫87-88頁
  507. ^ 戦史叢書43ミッドウェー海戦583頁
  508. ^ 戦史叢書43ミッドウェー海戦583頁
  509. ^ 淵田美津雄・奥宮正武『ミッドウェー』学研M文庫383-384頁
  510. ^ 松島慶三『悲劇の南雲中将』徳間書店259頁
  511. ^ #電信員遺稿117頁、#亀井戦記273頁
  512. ^ 亀井宏『ミッドウェー戦記』光人社191頁(草鹿龍之介など)、#海軍功罪123頁(源田実「心を鬼にした理由」)、#淵田自叙伝206頁
  513. ^ 戦史叢書43 ミッドウェー海戦 313頁
  514. ^ 戦史叢書43 ミッドウェー海戦 291頁
  515. ^ 戦史叢書43ミッドウェー海戦290頁
  516. ^ #草鹿回想138頁
  517. ^ 戦史叢書43ミッドウェー海戦290-291頁
  518. ^ #海軍功罪307頁
  519. ^ #海軍功罪123頁
  520. ^ #海軍功罪123-124頁
  521. ^ 戦史叢書43ミッドウェー海戦291頁
  522. ^ 戦史叢書43 ミッドウェー海戦 165頁
  523. ^ 戦史叢書43 ミッドウェー海戦 425-426頁
  524. ^ プランゲ『ミッドウェーの奇跡上』千早正隆訳 原書房234頁
  525. ^ 吉田俊雄『栄光と悲劇 連合艦隊 東郷平八郎と山本五十六』秋田書店 358頁(源田、淵田)、草鹿龍之介『連合艦隊参謀長の回想』光和堂134-135頁(草鹿)
  526. ^ 吉田俊雄『栄光と悲劇・連合艦隊 東郷平八郎と山本五十六』秋田書店326頁
  527. ^ 吉田俊雄『栄光と悲劇・連合艦隊 東郷平八郎と山本五十六』秋田書店 358頁
  528. ^ 『やっぱり勝てない?太平洋戦争 - 日本海軍は本当に強かったのか』(シミュレーションジャーナル)2005年
  529. ^ 戦史叢書43ミッドウェー海戦305頁
  530. ^ プランゲ『ミッドウェーの奇跡上』千早正隆訳 原書房9-11頁
  531. ^ 戦史叢書43ミッドウェー海戦638-639頁
  532. ^ 戦史叢書43 ミッドウェー海戦161頁
  533. ^ 戦史叢書43 ミッドウェー海戦417頁
  534. ^ 戦史叢書43 ミッドウェー海戦417頁
  535. ^ 戦史叢書43 ミッドウェー海戦114頁、千早正隆『日本海軍の驕り症候群 下』中公文庫101-102頁
  536. ^ 戦史叢書43 ミッドウェー海戦152頁
  537. ^ 千早正隆『日本海軍の驕り症候群 下』中公文庫112-114頁
  538. ^ 戦史叢書43 ミッドウェー海戦付録
  539. ^ 戦史叢書43 ミッドウェー海戦243-246
  540. ^ 戦史叢書43 ミッドウェー海戦126-127頁
  541. ^ 戦史叢書43 ミッドウェー海戦249-250頁
  542. ^ 戦史叢書43 ミッドウェー海戦付録
  543. ^ 千早正隆『日本海軍の驕り症候群 下』中公文庫46-60頁
  544. ^ 千早正隆『日本海軍の驕り症候群 下』中公文庫121-127頁
  545. ^ #亀井戦記89頁
  546. ^ 戦史叢書43 ミッドウェー海戦付録
  547. ^ 戦史叢書43 ミッドウェー海戦付録
  548. ^ 《小学館「日米空母決戦ミッドウェー」 ([歴史群像]太平洋戦史シリーズ Vol.55)》
  549. ^ 『名鑑物語』(石渡幸二)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]