一木清直

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
一木 清直
JapaneseColIchiki.gif
一木清直
生誕 1892年10月16日
日本の旗 日本 静岡県森町
死没 (1942-08-21) 1942年8月21日(49歳没)
イギリスの旗 イギリス ガダルカナル島
所属組織 大日本帝国陸軍の旗 大日本帝国陸軍
軍歴 1916 - 1942
最終階級 陸軍大佐(死後少将に昇進)
テンプレートを表示

一木 清直(いちき[1] きよなお、1892年10月16日 - 1942年8月21日)は、日本陸軍軍人陸軍士官学校卒(28期)。

軍歴[編集]

エピソード[編集]

盧溝橋事件当時、牟田口廉也連隊長の指揮下で中国軍陣地への発砲命令を受けた際に「本当に発砲しろという命令ですね」と確認の記録を残している。盧溝橋では永定河中州に進出し、29軍と交戦している。

ガダルカナルでは、遮蔽物の無い浅瀬を渡渉中、アメリカ海兵隊が守備するイル川西岸機銃陣地からの一斉射撃を受け、交戦中に敵戦車部隊によって包囲殲滅された。

最期の状況[編集]

ミッドウェー作戦失敗後、一木大佐と一木支隊は第二艦隊からの指揮を解かれ、グアム島(日本軍名、大宮島)での待機を命じられた[2]。続いて内地に帰投し[3]、その後はアリューシャン諸島のアッツ島に配備予定であったという[4]1942年(昭和17年)8月7日、一木支隊は輸送船2隻に分乗し、第4駆逐隊司令有賀幸作大佐指揮下の駆逐艦2隻(萩風)に護衛されてグアム島を出発した[5]。その日、連合軍はガダルカナル島フロリダ諸島に来攻してガダルカナル島の戦いが始まる[5]。大本営からの命令で船団はたびたび目的地を変更したあと[6]、8月12日トラック泊地に到着した[5]。 8月13日、南東方面の日本軍(海軍の第十一航空艦隊第八艦隊、陸軍第17軍)は協議をおこない、「ガ島の米軍兵力詳細不明なるも有力部隊ではない」「時間がたてば不利になるので、一木支隊と海軍陸戦隊を8月18日にガ島へ上陸させ急速奪還に決す」と発令した[7]

8月16日朝、一木大佐以下支隊先遣隊916名は有賀大佐指揮下の陽炎型駆逐艦6隻(嵐、萩風、浦風、谷風、浜風、陽炎)に分乗してトラック泊地を出撃した[5][8]。一木支隊の士気は、非常に高かったという[4][8]。 8月18日夜、先遣隊はガダルカナル島タイボ岬に到着し[9][10]、一木支隊は8月19日午前0時までに上陸した[5]。第17駆逐隊(浦風、谷風、浜風)はラビの戦いに従事するため命令どおり撤収し、援護のために残った駆逐艦は3隻(嵐、萩風、陽炎)になった[5]

一方、一木支隊は同島タイボ岬から2昼夜を費やして情報不足の中ヘンダーソン飛行場の東方約3キロにあるイル川河口付近に進出した[11]。20日22時30分よりエドウィン・ポロック中佐率いる第1海兵連隊第2大隊のイル川西岸陣地に夜襲を決行する。2度にわたる肉薄強襲を試みるも堅い機銃座と鉄条網に守られた陣地を抜くことができず夜襲を断念しイル川東岸の海岸付近に兵をまとめたところを、翌朝イル川上流から迂回渡河してきた第1海兵連隊に東南方より包囲圧迫される形となり、21日15時(米国側記録では14時に主な戦闘は終了、負傷兵15名を捕虜としたとされている[12])、死者行方不明者777名を出したところで軍旗を奉焼し自決したとされている。なお、自決については、どうにか連隊本部に合流できた30名余りの負傷兵の誰もが連隊旗を所持せず(米国側の記録にも連隊旗の所在は記載が無い)、一木支隊長の最期を確認していないため日本側の戦闘詳報では「一五〇〇 連隊旗を奉焼し自決」となっているが、「自決」ではなく「戦死」との米側記録[13]も一部に見られ、確かな状況は分かっていない。

8月28日、大本営陸軍参謀辻政信中佐は、軍令部で一木大佐の最期について語った。大本営海軍部の高松宮宣仁親王(海軍中佐、昭和天皇弟宮)は以下のように記述している。

参本辻中佐ノ話。一木支隊ハ敵包囲ヲ受ケ一木聯隊長ハ軍旗ヲ焼キ切腹、自刃セリト。約一〇〇名包囲ヲトキ後退セリ、海軍ノ救援ニ赴キ殆ンド全滅セルワケナリ。
 一木支隊長モ「ミッドウェイ」攻略ニユキ仝作戦中止シテ大宮島ニ一時上陸シタ処ガ、仝地ノ警備隊長林弘中佐(海兵49)ガヨッパラッテヰテ「陸軍何シニ来タカ帰レ」ト云ツタトカデ、甚ダマヅイコトニナツテヰタ。ソレガヤット原籍地北海道ニ皈ルコトシママテ出発シタラ、又南ヘユケト云フワケデ、ソノマヽ少シ積ミカヘテ、地上ノ研究ヲスル暇ナク急進シテアノ結果トナツタ次第ナリ。海軍トシテ「ガダルカナル」ニ敵ヲシテ奇襲セシメタ失敗モアリ、一木支隊ニ対シ特別ナル感ジヲ表明スベキナリ。 — 高松宮日記 第四巻 476ページ(昭和17年8月28日記事)

脚注[編集]

  1. ^ 姓について「いちぎ」とする説もある
  2. ^ 高松宮日記4巻、265頁(1942年6月14日記事)「○(第二艦隊(六八七-=一四-一九〇〇)大宮島到着ノ時期、一木支隊ニ対スル本職ノ作戦指揮ヲ解ク。」
  3. ^ 高松宮日記4巻、346頁「陸軍 ○一木支隊、大宮島七日発皈還ノ処ヲ呼ビ返ヘシ、一応大宮島ニ戻リ搭載変シ、「十七軍」ニ編入ノ予定。」
  4. ^ a b 倉橋 1987, pp. 91-93「精強純朴な旭川兵士」
  5. ^ a b c d e f 大和最後の艦長 2011, pp. 173-175.
  6. ^ 倉橋 1987, pp. 89-91「腰の定まらぬ大本営」
  7. ^ 高松宮日記4巻、388-389頁(1942年8月14日記事)「○第十一航空艦隊(一三一九〇〇-一一=一三-一九〇〇)」
  8. ^ a b 高松宮日記5巻(附録5)2頁
  9. ^ 倉橋 1987, pp. 95-97「ガダルカナル突入」
  10. ^ 高松宮日記4巻、406頁(1942年8月19日記事)「○第四駆逐隊(十八-二一〇〇)上陸成功反撃ナシ《「ガダルカナル」挺進隊一木支隊》」
  11. ^ 大和最後の艦長 2011, pp. 176-177.
  12. ^ Richard B.Frank,1990,Guadalcanal:The Definitive Account of the Landmark Battle;ISBN 0-394-58875-4
  13. ^ Michael T.Smith,2000,Bloody Ridge: The Battle That Saved Guadalcanal;ISBN 0-7434-6321-8

参考文献[編集]

  • 生出寿 『戦艦「大和」最後の艦長 海上修羅の指揮官』 光人社〈光人社NF文庫〉、2011年7月(原著1993年)。ISBN 978-4-7698-2143-4
  • 倉橋, 友二郎駆逐艦隊悲劇の記録 海ゆかば・・・』 徳間書店、1967年6月。 著者は萩風砲術長として、一木支隊先遣隊を輸送した。
  • 倉橋, 友二郎 『激闘駆逐艦隊』 朝日ソノラマ、1987年12月。
  • 高松宮宣仁親王著、嶋中鵬二発行者 『高松宮日記 第四巻 昭和十七年 一月~九月』 中央公論社、1996年7月ISBN 4-12-403394-X
  • 高松宮宣仁親王著、嶋中鵬二発行人 『高松宮日記 第五巻 昭和十七年十月一日~昭和十八年二月十一日』 中央公論社、1996年11月。ISBN 4-12-403395-8
    • 編集員委員、元海軍大尉(ガ島戦時、陽炎航海長)市来俊男『極北の海から南溟の地へ』(付録5、第五巻、一九九六年十一月)

関連項目[編集]