島風 (峯風型駆逐艦)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
IJN Shimakaze (Minekaze class) Taisho 11.jpg
艦歴
計画 1917年度(八四艦隊案
起工 1919年9月5日
進水 1920年3月31日
竣工 1920年11月15日
転籍 1940年4月1日 哨戒艇
その後 1943年1月12日戦没
除籍 1943年2月10日
要目(新造時)
排水量 基準:1,215トン
公試:1,345トン
全長 102.6メートル
全幅 8.92メートル
吃水 2.79メートル
機関 ロ号艦本式缶4基
パーソンズタービン2基2軸
38,500馬力
速力 39ノット
航続距離 14ノットで3,600カイリ
燃料 重油:395トン
乗員 154名
兵装 45口径三年式12cm砲4門
三年式機銃2挺
53.3cm連装魚雷発射管3基
(魚雷8本)
一号機雷16個
要目(1941年)
排水量 基準:1,270トン
公試:1,700トン
全長 水線長:99.8m
全幅 8.9m
吃水 2.9m
機関 ロ号艦本式缶 2基
艦本式オールギヤードタービン 2基
2軸推進 19,250馬力
速力 20.0ノット
航続距離
燃料 重油
乗員
兵装 45口径三年式12cm砲2門
25mm機銃 連装3基、単装4挺
爆雷18個
その他 大発2隻
陸戦隊約250名収容可能

島風(しまかぜ)は、日本海軍駆逐艦峯風型駆逐艦の4番艦である。日本の駆逐艦として公試運転時に40.698ノットの新記録を出したことで知られる。1940年に哨戒艇に改造され第一号哨戒艇(だいいちごうしょうかいてい、旧字体:第一號哨戒艇)と改名し、艦名は2代「島風」に引き継がれた。「島風」の名は「島に吹く風」に由来する。

艦歴[編集]

舞鶴海軍工廠で建造。一等駆逐艦に類別され、横須賀鎮守府籍に編入。竣工後直ちに第3駆逐隊に編入された。

1928年(昭和3年)10月11日午後9時20分、浦賀水道において、小演習に参加していた本艦に僚艦「夕風」が衝突し、右舷艦首に大破口が生じ横須賀で修理を行った。

1937年(昭和12年)から翌年にかけて、日中戦争に伴う華中華南での沿岸諸作戦に参加。1937年9月25日、第二次上海事変に際し黄浦江にて作戦中、中国軍の射撃を受け、乗艦していた第3駆逐隊司令博義王中佐と皇族付武官・早川幹夫中佐が戦傷を受けた。

1938年(昭和13年)12月、第3駆逐隊は解隊し予備艦となる。

1940年(昭和15年)4月、哨戒艇に改装され艦種変更、「第1号哨戒艇」と改名される。太平洋戦争開戦直前、後甲板・艦尾を改造し、大発2隻を搭載する強襲揚陸艦となり、12cm単装砲1門と魚雷兵装を撤去し陸戦隊約250名収容可能の居住区を設けた。

開戦後、フィリピン蘭印攻略作戦に参加し、ソロモン諸島方面で活動。1943年(昭和18年)1月12日、給油船「あけぼの丸」を護衛中、米潜水艦「ガードフィッシュ」(USS Guardfish, SS-217)の雷撃によりビスマルク諸島カビエン沖にて戦没。

歴代艦長[編集]

※脚注無き限り『艦長たちの軍艦史』222-223頁による。階級は就任時のもの。

艤装員長[編集]

  • (心得)岩城茂身 少佐:1920年8月23日[1] - 1920年9月17日[2]
  • (兼・心得)岩城茂身 少佐:1920年9月17日[2] -

駆逐艦長[編集]

  • (心得)岩城茂身 少佐:1920年9月17日[2] - 1920年12月1日[3]
  • (心得)有地十五郎 少佐:1920年12月1日 - 1921年12月1日
  • 有地十五郎 中佐:1921年12月1日 - 1922年11月20日
  • (兼・心得)江口喜八 少佐:1922年11月20日 - (本職:灘風駆逐艦長心得)
  • (心得)森田重房 少佐:1922年12月1日[4] -
  • (心得)小沢治三郎 少佐:1923年8月5日 -
  • 森田重房 中佐:1923年12月1日[5] - 1924年8月5日[6]
  • (心得)小沢治三郎 少佐:1924年8月5日[6] - 1925年1月20日[7]
  • 小林宗之助 中佐:1925年1月20日 - 1925年12月1日[8]
  • 穂本繁治 少佐:1925年12月1日 - 1927年2月15日[9]
  • 長尾惣助 少佐:1927年8月10日 - 1928年12月10日
  • 藤田類太郎 中佐:1928年12月10日 - 1929年9月5日 同日より予備艦
  • 清水他喜雄 少佐:1929年9月5日[10] - 1931年12月1日[11]
  • 中瀬泝 少佐:1931年12月1日 - 1932年12月1日 同日より予備艦
  • 森可久 少佐:1932年12月1日[12] - 1933年11月1日[13]
  • (兼)池田久雄 中佐:1933年11月1日[13] - 1933年12月15日[14](本職:第三駆逐隊司令)
  • 西田正雄 中佐:1933年12月15日 - 1934年8月15日[15]
  • 島居威美 少佐:1934年8月15日 - 1936年6月15日
  • 白石長義 少佐:1936年6月15日 - 1936年12月1日
  • 古川文次 少佐:1936年12月1日 - 1937年9月28日[16]
  • 有本輝美智 少佐:1937年9月28日[16] - 1937年12月1日[17]
  • 宮内新一 少佐:1937年12月1日[17] - 1939年1月15日[18]
  • (兼)有馬時吉 少佐:1939年1月15日[18] - 1939年3月10日[19] (本職:汐風駆逐艦長)、以後駆逐艦長の発令無し。
第一哨戒艇隊特務艇長[注釈 1]
  • 東實夫 予備大尉:1941年11月20日[20] - 1942年4月10日[21]

注釈[編集]

  1. ^ 海軍辞令公報上の職名は全員が「第一哨戒艇隊特務艇長兼分隊長」で、誰がどの艇の艇長なのかは記載されていないが、本艇については『第一哨戒艇隊第一号哨戒艇事変日誌』 アジア歴史資料センター Ref.C08030620500 と突合せを行うことにより、当時の特務艇長の特定が可能。なお第一哨戒艇隊特務艇長は海軍省が発令するもので、防備隊編制令や哨戒艇乗員標準による制限を受けない。

脚注[編集]

  1. ^ 『官報』第2419号、大正9年8月24日。
  2. ^ a b c 『官報』第2440号、大正9年9月18日。
  3. ^ 『官報』第2501号、大正9年12月2日。
  4. ^ 『官報』第3102号、大正11年12月2日。
  5. ^ 『官報』第3385号、大正12年12月4日。
  6. ^ a b 『官報』第3586号、大正13年8月6日。
  7. ^ 『官報』第3722号、大正14年1月21日。
  8. ^ 『日本海軍史』第9巻、226頁。
  9. ^ 『官報』第37号、昭和2年2月16日。
  10. ^ 『官報』第808号、昭和4年9月6日。
  11. ^ 『官報』第1478号、昭和6年12月2日。
  12. ^ 『官報』第1778号、昭和7年12月2日。
  13. ^ a b 『官報』第2053号、昭和8年11月2日。
  14. ^ 『官報』第2089号、昭和8年12月16日。
  15. ^ 『官報』第2288号、昭和9年8月16日。
  16. ^ a b 昭和12年9月29日付 海軍辞令公報号外 第63号』 アジア歴史資料センター Ref.C13072072300 
  17. ^ a b 昭和12年12月1日付 海軍辞令公報号外 第99号』 アジア歴史資料センター Ref.C13072072700 
  18. ^ a b 昭和14年1月16日付 海軍辞令公報 (部内限) 第287号』 アジア歴史資料センター Ref.C13072075300 
  19. ^ 昭和14年3月10日付 海軍辞令公報 (部内限) 第312号』 アジア歴史資料センター Ref.C13072075500 
  20. ^ 昭和16年11月20日付 海軍辞令公報 (部内限) 第752号』 アジア歴史資料センター Ref.C13072083200 
  21. ^ 昭和17年4月10日付 海軍辞令公報(部内限)第841号』 アジア歴史資料センター Ref.C13072085100 

参考文献[編集]

  • 『丸スペシャル』第51号 日本の駆逐艦Ⅱ、潮書房、1981年。
  • 外山操『艦長たちの軍艦史』光人社、2005年。 ISBN 4-7698-1246-9
  • 海軍歴史保存会編『日本海軍史』第7巻、発売:第一法規出版、1995年。

関連項目[編集]