富永謙吾

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
冨永謙吾から転送)
ナビゲーションに移動 検索に移動
冨永 謙吾
生誕 1905年8月14日
日本の旗 日本 長崎県
死没 (1996-12-03) 1996年12月3日(91歳没)
所属組織 War flag of the Imperial Japanese Army.svg 大日本帝国海軍
軍歴 1927年 - 1946年
最終階級 海軍中佐
テンプレートを表示

冨永 謙吾(富永 謙吾、とみなが けんご、1905年明治38年)8月14日 - 1996年平成8年)12月3日)は、日本海軍軍人、戦史研究家。最終階級は海軍中佐。筆名=四方 知明[1]

経歴[編集]

医師・富永吉太郎の四男として長崎県で生まれる。大正12(1923)年海軍兵学校に入り、昭和2(1927)年海軍少尉に任官。以後、海軍水雷学校講習員、同高等科学生、駆逐艦夕立」「望月」水雷長兼分隊長、横須賀鎮守府副官兼参謀、海軍軍事普及部委員などを経て、昭和15(1940)年、大本営軍事報道部員となる。以後、大本営海軍報道部員兼海軍参謀を昭和19(1944)年まで務め、パラオ島で敗戦。昭和21(1946)年に海軍中佐で予備役編入。戦後、防衛庁戦史室に編纂官として務め、太平洋戦史を研究。

戦時中に執筆した「米国への判決」(1943年)や「大本営発表海軍篇」(1952年)等、大本営発表と内外の資料を対比させる手法で真実を示した。更に1954年「証言記録太平洋戦争史」(訳編)、1970年「大本営発表の真相史」などを発表、当時流行の暴露や懺悔の手法を避けた。また「ニミッツの太平洋海戦史」(共訳)など多くの戦史資料を訳出した[2]

家族親族[編集]

兄:富永恭次
陸軍中将。
兄:富永昌三
海軍少将。
義兄:森田徹
陸軍少将。富永の妹を娶る。歩兵第71連隊長としてノモンハン事件で戦死。
甥:富永靖
陸軍大尉。慶應義塾大学卒業後に特別操縦見習士官1期生となり、第58振武隊員(特攻隊員)として、1945年5月25日、富永から貰った日章旗を携えて四式戦闘機「疾風」爆装機に搭乗し都城飛行場より出撃、特攻戦死。出撃時の態度があまりに堂々としていたため、見送りにきた第100飛行団の参謀が後で「あの隊員は誰だ」と下士官に尋ねたところ「富永閣下のご子息です」という答えが返ってきたという。

著書・訳書[編集]

脚注[編集]

  1. ^ https://kotobank.jp/word/%E5%86%A8%E6%B0%B8%E8%AC%99%E5%90%BE-1095082
  2. ^ https://kotobank.jp/word/%E5%AF%8C%E6%B0%B8%20%E8%AC%99%E5%90%BE-1650493