アッツ島

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
アッツ島
Attu sat.jpg
アッツ島(航空写真)
座標 北緯52度54分09秒 東経172度54分34秒 / 北緯52.90250度 東経172.90944度 / 52.90250; 172.90944座標: 北緯52度54分09秒 東経172度54分34秒 / 北緯52.90250度 東経172.90944度 / 52.90250; 172.90944
面積 892.8 km²
海岸線長 56 km
最高標高 897.9 m
所在海域 太平洋ベーリング海
所属国・地域 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 アラスカ州ニア諸島
地図 AKMap-doton-AttuStation.PNG
テンプレートを表示
1~5 - ニア諸島 1 - アッツ島 2 - アガッツ島 3~5 - セミチ諸島 3 - アライド島 4 - ニズキ島 5 - シェムリャ島 6 - ブルダー島 7~15 - ラット諸島 7 - キスカ島 8 - 小キスカ島 9 - セグラ島 10 - クヴォストフ島 11 - ダヴィドフ島 12 - 小スィッキン島 13 - ラット島 14 - アムチトカ島 15 - セミソポクノイ島

アッツ島(アッツとう、: Attu Island)はアラスカ州アリューシャン列島ニア諸島最西部にあるアメリカ領の。東西70km、南北30kmの大きさ[1]。熱田島(あつたとう)とも呼ばれる。2015年現在、厳しい上陸規制があるため無人であり[1]アメリカ沿岸警備隊の巡回以外に上陸者はいない。

アッツ島の戦い[編集]

アッツ島は第二次世界大戦の際には日本軍アメリカ軍による激戦が展開され日本軍が玉砕して敗れた。第二次世界大戦で、唯一北米大陸での地上戦が行われた場所として、1985年、アメリカの歴史遺産に指定されている[1]1987年には、日本政府によりアッツ島の戦いを記念した「北太平洋戦没者の碑」が玉砕の地である雀ケ丘に建てられ、「さきの大戦において北太平洋の諸島及び海域で戦没した人々をしのび平和への思いをこめてこの碑を建立する」との銘が刻まれた。2010年NHKスペシャル『玉砕 隠された真実』の制作にあたっては、NHKとアメリカ政府との交渉により上陸・撮影の許可が下りている。

気候[編集]

北太平洋戦没者の碑(2007年7月に撮影)

アッツ島の気候は、アリューシャン列島の気候としては一般的なもので、曇りや雨・雪、霧が多く、時折強風も吹く。晴天は1年に8-10日ほどしかない。残りの日は雨が降っていなくても濃さの程度の差はあれ霧が出ているのが通常である。雨などによる年間降水量は39–49インチ (990–1,200mm) で、秋から初冬にかけて最も降水が多い。アッツ島は海洋性気候帯に属する。

関連項目[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b c アッツ島迫る「玉砕」…米軍上陸直前の写真残る 読売新聞 2015年7月11日(土)20時48分配信