国勢調査指定地域

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

国勢調査指定地域(こくせいちょうさしていちいき、Census-designated place; CDP)は、アメリカ合衆国統計局の統計上の報告のために便宜上作られた、アメリカ合衆国の地方区分の呼び名のひとつ。CDPは個別の行政法人(市役所や役場、市町村議会など)を持たないが、それ以外は普通の市町村(city, village, townshipなど)によく似ている。

アメリカは行政上の区分以外にも、学区警察水道ガス消防などの、それぞれ独自の区分(特別目的地方政府)があり、これは日本のように必ずしも地方行政区分とは一致していない。アメリカの地方自治体は、住民の総意によって自治法人化されるので、人口の大小には関係なくCDPは存在する。CDPの人口の報告は、そのまま郡の人口の統計に組み込まれている。

CDPは、統計上のデータのためにエリアをまとめて呼んではいるが、通常はその地名によって周辺住民の誰もが認識できる。自治法人がないので、行政のある自治体 (Incorporated area) に対して非法人地域 (Unincorporated area) とも呼ばれる。

CDPの境界は、近隣の自治体やネイティブアメリカン部族によって定義されるかもしれないが、それは地方自治体の状態には影響しない。あくまでも統計局の調査のための恣意的な境界の線引きであるため、人口動態のパターンによっては変更されるかもしれないし、その名前も地元の理解とは異なる場合もある。また、どの自治法人にも属さない大きな軍事基地などは、その基地の名称でCDPとして報告される。

唯一、ハワイ州における郡以下の法人化された場所は、統計局の調査ではまったく反映されない。統計の調査上は、ハワイのすべての場所のデータはCDPのものとなっている。

関連項目[編集]