非法人地域

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
アメリカ、カリフォルニア州
コントラコスタ郡にある非法人地域コントラコスタ・センター (英語版) の標識

非法人地域(ひほうじんちいき、: unincorporated area)、または未法人化地域未編入地域とは、アメリカ合衆国カナダオーストラリアなどの国に存在する、市町村に相当する最小区分の地方自治体基礎自治体)に属さない地域である。そのため、より大きな行政区画であるタウンシップ行政教区バラカウンティ小郡・連合州 (英語版)プロヴィンス 、あるいは等により管轄されている。法人化されていた地域が解散、あるい法人資格を喪失する場合もあり、財政的に破たんしたときには、より高次の行政区画の責任により行政サービスが行われることとなる。

ブラジル日本フランスイギリス等、国内の全ての地域が法人化されている国もある。

なお、アメリカ合衆国の海外領土における未編入領域は英語ではよく似た、"unincorporated territory" であるが意味が異なる。

概要[編集]

アメリカ合衆国などにおいては、基礎自治体は住民の総意によって設立される。このため、自治体が設立されない地域が存在しており、そのような地域は非法人地域と呼ばれる。非法人地域における警察消防などの住民サービスは通常、より上位の自治体(アメリカ合衆国の場合には)によって提供される。なお、非法人地域に対して、基礎自治体が設立された地域は法人地域(英:incorporated area)と呼ばれる。

以上のとおり、基礎自治体の設立は住民の意志によって決定されるものであり、人口の大小と直接関連するわけではない。このため、都市化が進んで市と比しうるような規模のコミュニティであっても、自治体が設立されず非法人地域のままの場合がある。例えば、アメリカ合衆国バージニア州アーリントン郡ワシントンD.C.に隣接し、ペンタゴンアメリカ国防総省本部)やロナルド・レーガン・ワシントン・ナショナル空港などが所在する都市化の進んだ地域であるが、郡内には基礎自治体がまったくなく、全体が非法人地域のままである。ただし、これは住民の意志というよりも、バージニア州法により人口密度が1000人/mi²を超える郡の中に新たな自治体を設置することができないという事情がある。

各国の非法人地域[編集]

オーストラリア[編集]

他の多くの国とは異なり、オーストラリアには州と特別地域の下に、一つのレベルの地方自治体 (Local government in Australia) (英語版) しかない。地方政府の管轄地域 (LGA:local government area) は一般的にいくつかの町や、あるいは都市全体を含む。そのため、人口密度が非常に低い地域やその他の特殊なケースを除くと、オーストラリアではほとんどの地域が「LGA」の一部である。したがって非法人化地域は遠隔地にあって、広大な地域をカバーしているか、非常に人口密度が低いか、あるいはその両方である。

非法人地域の住所は、オーストラリアの他の地域と同様、そこを管轄する州または特別地域が指定した「郊外 (Suburbs)」あるいは「地方 (localities)」(英語版) のついた名称を使う。そのため非法人地域においても、住所に関して曖昧になることはまれである。

カナダ[編集]

カナダには州によって非法人地域 (unincorporated settlement) があり、そこにはその地域を統治する地方議会がない。その場合は一般的には、より大きな都市の一部となるが、そうならない場合もあり、その地域の広さは、「ハムレット」と呼ばれる小さな村落から、町や市に匹敵する大規模な都市化された地域まで様々である。

チェコ[編集]

チェコでは5つの軍事演習場を除いて、全ての地域が基礎自治体 (Obec) (英語版) に分かれている。演習場は地域の一部ではあるが、自治体の機能を持たず国防省が所管する軍事事務所 (újezdní úřad )により統治されている。

ドイツ[編集]

ドイツには他の国のタウンシップに相当するレベルの行政区画は存在せず、国土の大部分、ほぼ99%が基礎自治体 (: Gemeinde,plural Gemeinden) に組み込まれている。基礎自治体は、非法人地域とは考えられていない複数の地域から成っている場合もある。そういう地域では独自の議会をもっていないため、非常に小さな村落を除き、市議会により任命された村長 (: Ortsvorsteher,Ortsvorsteherin) が置かれる。

2000年時点で、ドイツの非法人地域は 295か所、総面積 4,890.33平方キロメートルで、国土の約 1.4%を占めていた。

2007年12月31日現在、ドイツには 248の無人の非法人地域があり、そのうち 214はバイエルン州にあって、どこの基礎自治体にも属しておらず、ほとんどが森林地域・湖沼、または大河川から成っている。また3か所の有人の非法人地域があり、これらは全て軍事演習に使われている。ニーダーザクセン州のオステルハイデ (Osterheide) (英語版) とロウハイデ (Lohheide) (英語版)バーデン=ヴュルテンベルク州のグーツベジルク・ミュンジンゲン (Gutsbezirk Münsingen) (英語版) の3か所で、そこには合計で2,000人弱の人が住んでいた。グーツベジルク・ミュンジンゲンは2011年1月1日、有人地域を隣接する自治体に吸収され、無人となっている[1]

非法人地域のない国々[編集]

多くの国々、特に何世紀にもわたり幾層もある地方自治体の歴史を有する国々では、「非法人地域」の概念は使用されない。

注釈[編集]

  1. ^ 単一自治体とは、単一の階層でその地域内の全ての地方自治体の機能を担う、自治体の一形態。

脚注[編集]

  1. ^ "Gutsbezirk Münsingen wird neu aufgegliedert" Stuttgart, 30. Dezember 2010 – Nr. 459/2010 . 2017年2月23日閲覧
  2. ^ 1994年地方政府 (スコットランド) 法 s.2
  3. ^ 1994年地方政府 (ウェールズ) 法

関連項目[編集]