玉砕

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

玉砕(ぎょくさい)は、「玉と砕ける」(玉のように砕ける)こと。対義語は瓦全(がぜん)[1]太平洋戦争における日本軍部隊の全滅を表現する言葉として大本営発表などで用いられた。

由来[編集]

「玉砕」という言葉は代の史書である『北斉書』の列伝第三十三(元景皓)にみられる。

大丈夫寧可玉砕何能瓦全

(立派な男子は潔く死ぬべきであり、瓦として無事に生き延びるより、玉のように砕けたほうがよい)

西郷隆盛はこれを引用して次の詩を書いた。

幾歴辛酸志始堅(幾たびか辛酸を歴て志始めて堅し)

丈夫玉砕恥甎全(丈夫は玉砕すとも甎全を恥ず)

また1886年明治19年)発表の軍歌敵は幾萬」(山田美妙斎作詞・小山作之助作曲)には以下の歌詞がある。

敗れて逃ぐるは國の恥 進みて死ぬるは身のほまれ
瓦となりて殘るより 玉となりつつ砕けよや
の上にて死ぬ事は 武士のなすべき道ならず

太平洋戦争[編集]

「玉砕」の始まり[編集]

太平洋戦争当時の日本で「玉砕」の表現が初めて公式発表で使われたのは1943年アッツ島玉砕であるが、軍隊内での文章などではそれ以前より使用例が見られる。

例えば、1942年昭和17年)2月第一次バターン半島の戦いでは、木村部隊から師団司令部へ「第一大隊ハ玉砕セントス」との電文が送られている[2]。また、公刊戦史上は、1942年昭和17年)12月8日ニューギニア戦線ゴナにおけるバサブア守備隊の玉砕を記録、続く連合軍攻勢により、1943年昭和18年)1月2日には同じニューギニア戦線でブナの陸海軍守備隊が玉砕したが、これらが国民に知らされたのは1944年(昭和19年)2月以降であった。

1943年(昭和18年)5月29日アッツ島の日本軍守備隊が全滅した際、大本営発表として初めて「玉砕」の表現を使用した。これは「全滅」という言葉が国民に与える動揺を少しでも軽くして「玉の如くに清く砕け散った」と印象付けようと意図したものであった。また補給路を絶たれて守備隊への効果的な援軍や補給ができないまま、結果的に「見殺し」にしてしまった軍上層部への責任論を回避させるものであった。

「アッツ島玉砕」では守備隊2,650名のうち、29名が捕虜になった。

大本営発表。アッツ島守備部隊は5月12日以来極めて困難なる状況下に寡兵よく優勢なるに対し血戦継続中のところ、5月29日夜、敵主力部隊に対し最後の鉄槌を下し皇軍の神髄を発揮せんと決し、全力を挙げて壮烈なる攻撃を敢行せり。爾後通信は全く途絶、全員玉砕せるものと認む。傷病者にして攻撃に参加し得ざる者は、之に先立ち悉く自決せり。

玉砕と発表された戦い[編集]

総員壮烈なる戦死と発表された戦い[編集]

本土決戦と一億玉砕[編集]

戦局が絶望的となると、軍部は「本土決戦」を主張し、「一億玉砕」や「一億(総)特攻」、「神州不滅」などをスローガンとした[3]。なお既に1941年(昭和16年)から「進め一億火の玉だ」とのスローガンが使用されていた[4]が、これらの「一億」とは、当時日本の勢力下にあった満洲朝鮮半島台湾・内南洋などの日本本土以外の地域居住者(その大半が朝鮮人台湾人)を含む数字であり、日本本土の人口は7000万人程であった。

1944年(昭和19年)6月24日、大本営は戦争指導日誌に以下の記載をした。

もはや希望ある戦争政策は遂行し得ない。残るは一億玉砕による敵の戦意放棄を待つのみ — [5]

1944年(昭和19年)9月、岡田啓介は「一億玉砕して国体を護る決心と覚悟で国民の士気を高揚し、其の結束を固くする以外方法がない」と主張した[6]。1945年(昭和20年)4月、戦艦大和沖縄出撃は、軍内の最後通告に「一億玉砕ニサキガケテ立派ニ死ンデモライタシ」(一億玉砕に先駆けて立派に死んでもらいたい)との表現が使用され[7]、「海上特攻」または「水上特攻」とも呼ばれた。

玉砕に類似する事例[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 瓦全 - 大辞林
  2. ^ 陸戦史研究普及会(編) 『ルソン島進攻作戦―第二次世界大戦史』 原書房〈陸戦史集〉、1969年昭和44年)、101頁
  3. ^ 「47都道府県「日本陸海軍」人物ファイル」(太平洋戦争研究会、2009年、PHP研究所)p290
  4. ^ 「図解日本史」(西東社編集部、2009年)p267
  5. ^ 「聖断: 昭和天皇と鈴木貫太郎」(半藤一利、2006年、PHP研究所)p269
  6. ^ 「「聖断」虚構と昭和天皇」(纐纈厚、2006年、新日本出版社)p82
  7. ^ 一冊の本」(扇谷正造、1976年、PHP出版)「戦艦大和の最後」の章

関連項目[編集]

外部リンク[編集]