根性論

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

根性論(こんじょうろん)とは、苦難に屈しない精神=根性があれば、どんな問題でも解決できる・またはどんな目標にも到達できるとする精神論の一つ。

なお「根性」とは、本来は仏教用語機根に由来する言葉である。現在の根性は「異常なまでの努力」といった意味で使われる場合が多いが、本来は「その人間が持って生まれた性質」であり、より深くは衆生の教えを受け入れられる能力や器の浅深のことと言われる。これが現在のような意味合いに変化(誤用)されるようになったのは、東京オリンピック(1964年)の女子バレーボール日本代表チーム(いわゆる『東洋の魔女』)に特訓を課し、金メダルに導いた指導者大松博文の発言がきっかけと言われている。

概要[編集]

根性論は古くより、スポーツの選手や挫折した人を激励する場面で用いられてきた。現代では営業職をはじめとするビジネスの世界にも用いられ、ビジネス本には根性論の色彩が強い。

「苦労に挫折せず、さらなる向上を目指した結果、今までできなかったことが可能になる。そして、そのような利益を得るためには、努力するしかない。努力を続けるために必要なのは根性であり、何事にもめげない精神力こそが必ず人を成功へと導く」という思考法である。

こうした考え方は常に否定されるわけではなく、メンタル面が結果を左右する場面では、スポーツの試合において「根性」「絶対に勝つんだという気持ち」など精神的な要素が勝敗に影響することや、正しいトレーニングをする上でのモチベーション維持として用い、健康を害することなく技術や体力の向上につながるといったことも観察される。

その逆に、誤った方向での努力も見られる。「炎天下で水を飲まずに練習を続けて熱中症で倒れる」「関節を傷めていたり、風邪を引いたりしているのに寒い屋外で練習を続行して、体調を余計に悪くする」といったケースがそれである。

「途中で投げ出さず最後までやり遂げる」「途中でやめるのは格好が悪い」との根性論から中途での断念を不名誉なものとし、故障を隠して強行出場したり、持久力を必要とする競技では体調不良で意識が朦朧とした状態でありながら競技継続を強行しようとする選手が出ることがある。さらには、クラブ活動で上級生からの理不尽ないじめに遭ったり、顧問からセクハラ体罰に遭っても、上記の理由から途中でやめることもできず、最悪の場合自殺に至る場合がある(上下関係の弊害も参照のこと)。

もっとも、この状況は日本以外でも、競技のトップレベルともいえるオリンピックなどの国際大会でも同様で、「途中棄権は国の体面を汚す」「負傷・故障での途中棄権や参加取消は、国民や所属企業・スポンサー・代表チーム関係者(国籍によっては国家指導者)の多大な期待に背く行為」という理由で、故障をひた隠しにして精神力・根性という言葉だけを頼りに強行出場する選手は日本内外を問わず少なからず見られ、根性論はスポーツという世界の全体に見られる体質という一面もある。とはいえ、その様な状況で強行出場したところで、結局は故障が原因で本来のパフォーマンスにはほど遠いパフォーマンスしか発揮できず終わるケースもまた多い。もっとも、かつての「東側諸国」やフセイン政権下のイラク北朝鮮など、国籍が独裁政権の国家にある場合には、国家指導者の怒りに触れてしまうため、根性で出場どころか強行してでも出場しなければ自身や親族の身の安全に関わるというケースもある)。

現代スポーツにおいての根性論[編集]

また、日本においては近年まで、プロスポーツや実業団スポーツの世界ですら、「根性と練習と実戦経験は何物にも勝る」という思想を至上とする指導者や解説者・関係者が多く、スポーツ科学スポーツ医学が無視され、貶められてきた感は否めない。その結果、多くのスポーツの現場で「短時間で終わる、効率的で効果のあるトレーニング」を「怠けである」として否定し、プロ選手ですら長時間で過酷な練習を強いる状況が見られてきた。

特に有名な例としては、立花龍司プロ野球近鉄バファローズでトレーニングコーチ職として選手を指導していた際のことが知られる。前任監督で立花の指導法に理解のあった仰木彬の後に監督に就任した鈴木啓示が声高に主張したトレーニング法はおよそ前時代的な根性論であり、立花の指導法を「選手を甘えさせるもの」として否定し対立。結果的に立花は満足の行く指導ができなくなり、鈴木政権の2年目で辞表を出し近鉄を去った。立花の理論的なトレーニングに信頼を寄せ実践していた野茂英雄吉井理人も、根性論に基づいた指導ばかり繰り返す監督、そして球団に戸惑いと不信感を抱き対立(野茂は大リーグへ去った)。結局はこれらが要因となってチームは低迷期に陥り、翌シーズンには鈴木自身が休養を理由に監督業を途中で放棄することとなった。ちなみに、立花トレーニングコーチ退団の痛手は小さくなく、これ以降、近鉄投手陣は低迷を続け、2004年の球団消滅まで仰木時代の球団防御率の平均値である3.70を上回ることは一度もなかった(2001年にはパリーグで優勝しているが、この時の防御率はパリーグ最下位であった)。

当人が根性論を重んじ、この信念に基づいた行動を自ら取る限りは、どのような結果が出ようとも当人の自由であり自己責任ともいえる。だが、学校教育活動の場などで、責任者がこのような誤った危険なトレーニング法を根性論を振りかざして強行していた場合は責任問題となる。 特にスポーツ科学やスポーツ医学がまだまだ発展途上であった1960年代から1980年代にかけては、医学的知識も根拠もなく、理不尽かつ暴力的な加虐行為を繰り返す監督責任者によって健康被害を訴える人が続出し、管理責任を問う裁判が起こされるなどの社会問題も発生していた。

関連項目[編集]