八田一朗

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
八田一朗(左)と三笠宮崇仁親王(右)

八田 一朗(はった いちろう、1906年6月3日 - 1983年4月15日)は、日本レスリング選手指導者政治家である。日本レスリング界の父であり[1]参議院議員も務めた。また、1964年東京オリンピック招致にも尽力した。広島県安芸郡江田島町(現・江田島市)出身。

来歴・人物[編集]

父親が海軍兵学校の教官だったため、幼少時代を江田島で、その後父親の軍港地への転勤で佐世保などで育つ[2]旧制開成中学校に入学するが旧制海城中学校に編入学し早稲田第一高等学院を経て1932年早稲田大学政治経済学部を卒業。同郷の織田幹雄は早稲田の一学年上にあたる[3]

早大在学中の1929年、所属した柔道部がアメリカ遠征を行うがレスリングに敗北。負けたことで1931年、八田は同志数名と大学にレスリング部を創設した[1][4]。これが日本のレスリングの始まりである。レスリング部創設に時間がかかったのは、柔道家でありながらレスリングを重要視するなど、船来かぶれの異端者と周囲の迫害が激しかったためである[1][5]。当時、八田は体育協会から派遣されて嘉納治五郎の秘書をしていたが[6]、嘉納からは「レスリングを始めるのもよいが、五十年かかるよ」と言われたという。八田は嘉納の言葉を宝物のように心にとどめた。八田の晩年の弟子・松浪健四郎[7] は、「生まれ故郷の柔道界に敵対心を持ち続けることで、己の闘志を鼓舞させ、不退転の決意を持続させることができたのではないか」と述べている[8]

1932年4月、同志と共に「大日本アマチュアレスリング協会」を創立[9]。しかし体協には認められず。他にオリンピック目当てのレスリング団体が雨後のタケノコのように名乗りを上げ、他団体のけん制によって妨げられたが、仲介者により「大日本アマチュアレスリング協会」と講道館派と「大日本レスリング協会」の三団体から2 - 3人ずつが出場するという折衷案で体協の公認を得て、同年のロサンゼルスオリンピックに出場[10]。しかし八田以下6人の柔道高段者がいずれも敗北。このころはまだレスリングは柔道の亜流との考え方が強かったが、八田は柔道とレスリングの違いをはっきり認識、単身アメリカに渡りレスリング修行。帰国後、早大の大隈講堂の隅にレスリング専門道場を作った。これで日本レスリングの基礎が固まった。

先のオリンピックによる敗北で、そのためだけに結成された他の団体は自然に消滅し「大日本アマチュアレスリング協会」だけが存続して今日の日本レスリング協会1946年に「大日本アマチュアレスリング協会」から改称)に発展した。

二度に渡る兵役、6年余を中国で従軍[11]除隊を経て戦後、日本レスリング協会第3代会長(1946年4月 - 1983年4月)。40年近くの長きに渡り会長を務め、その強烈な個性とカリスマ性で日本を世界に互して戦えるレスリング王国に築き上げた[1][12][13][14]。戦前から築き上げてきた国際的な人脈がものをいい、日本レスリング協会は、国際レスリング連盟(FILA)への復帰が認められ、レスリングは他の競技に先駆けて1949年、国際大会に参加が認められた[8]。アメリカスポーツ界を見学した織田幹雄の助言を受け1950年、日米対抗試合開催[15]。それまで力まかせの日本レスリングにアメリカから学んだ技が加わり、日本レスリングは急激な進歩を遂げた[15]1954年世界レスリング・フリースタイル選手権大会東京招致。監督として日本チームを率いた1952年ヘルシンキオリンピックでは、石井庄八が戦後初となる金メダルを獲得したのを始め、金5個を量産した1964年東京オリンピックを筆頭に、オリンピックで金20、銀14、銅10のメダルをもたらし、柔道、体操に並ぶ日本のお家芸とした[1]

その間、世界大会でダントツの成績を残していた、当時渡航が難しかったソ連に選手派遣を実現させたり、中国北朝鮮など多くの国を訪問、スポーツを通じた国際交流を図る。大韓オリンピック委員会(KOC)(大韓体育会内)委員長などを務めた李相佰が早稲田の後輩という関係で、戦後の韓国レスリングの面倒を積極的にみたり[16]1953年頃からは、レスリングを国技とみなす国が多い西アジア諸国に盛んに選手を送り出した。アフガニスタンの専門家として世に出た松浪健四郎は、もともと八田が松浪を同国にレスリング指導者として派遣したもの[8][17]。八田が海外遠征に送り込んだ選手は延べ約1000人に及ぶ[8][18]。その中には、渡米してそのままニューヨークにとどまり、レストランBENIHANA」の成功で大富豪となり、レスリング協会に多額の寄付をしたロッキー青木らも含まれる[8][19]俳句を通じて三笠宮夫妻らと交友を深め、1948年国民体育大会からレスリングが正式採用されたのも三笠宮崇仁親王の尽力があったからという[8]。もともと四角のレスリングのマットが、現在のように円形になったのは1971年、八田の提案をFILAが受け入れたもの[8]。八田の頭に相撲土俵のイメージがあったといわれる。1965年7月には参議院議員選挙自民党から立候補し当選。スポーツ議員第1号となった[20]。このときは目覚ましい成果を挙げた1964年東京オリンピックの翌年だったこともあって、戦前「この非常時に外国のお遊びとは何事か」とレスリングを排斥し、戦後も学校教育の中に取り入れない文部省を「徹底的にやっつけてやる」と吠えた[8]

プロレスや他のスポーツ界にも大きな影響力を持った。特に今は無い国際プロレスに当時全く日本には知られていなかったヨーロッパの外国人レスラーを紹介、モンスター・ロシモフ(のちのアンドレ・ザ・ジャイアント)やビル・ロビンソンなどの多くの強豪外国人プロレスラーが来日を果たした[21]。また、明治大学レスリング部のサンダー杉山をプロレス界に入れたり、中央大学のレスリング部にいたジャンボ鶴田に「プロが栄えればアマも栄える」と説いてプロレス入りを決意させたことも有名[22][23]。さらにアントニオ猪木対モハメド・アリ戦のきっかけを作ったことでも知られ[21][24] その業績は多岐にわたる[25]

「ソ連のレスリングの強さの秘密はサンボにある」と、レスリングにサンボの導入を試み、1963年にはソ連レスリング選手団と共に4名のサンビストを初来日させた[26]。当時、日本人はサンボに関する知識をまったく持っていなかったが、これは日本柔道界へ警鐘的役割も果たした[26][27]。さらに八田は、サンボそのものを日本に根づかせようと1965年日本サンボ連盟を設立、ビクトル古賀(古賀正一)をソ連に派遣し、日本とソ連の交流パイプを構築した。ビクトルはその後もサンボの国際的な普及に大きな役割を果たした[28][29][30]。他にオランダで「練習相手がいない」とこぼしていたアントン・ヘーシンクに「大きい選手もいるし、寝技もうまくなる」と1958年頃、ヘーシンクにレスリングを練習を勧めたという[8]

1964年東京オリンピック招致は、1959年春に招致の成否を握ると言われた中南米を歴訪したフレッド・イサム・ワダの話が有名だが、ワダの行脚に先立つ4か月前、ほぼ同じコースを八田は東京都議北島義彦と旅している。北島には「東京オリンピック大会招致実行委員長」という肩書があり、ブラジルIOC委員には東京支持の確約を得ていたという[31]

東京オリンピックを目前に控えた1964年、当時早大レスリング部監督とレスリング全日本のコーチを兼任していた白石剛達を東京12チャンネル(現テレビ東京)に推挙[32]。白石はその後、同局の初代運動部長を務め、白石率いる東京12チャンネル運動部が、『三菱ダイヤモンド・サッカー』、メキシコワールドカップローラーゲーム女子プロレスモハメド・アリ世界戦箱根駅伝などを、他局に先駆けて中継し、日本のスポーツ中継の発展に大きな足跡を残した[33][34]

日本体育協会理事、国際レスリング連盟常任理事、世界アマチュアレスリング連盟副会長他、社団法人日本ウオーキング協会財団法人日本プロスポーツ協会、財団法人健康スポーツ連盟、日本サーフィン連盟などいずれも初代会長に就任、ジャパンケンネルクラブ「JKC」、ボディビル協会他、会長や相談役などを引き受け、これらの団体の発展に大いに寄与した。まだ「スポーツクラブ」という概念すらなかった1970年、総合スポーツクラブの草分け「スポーツ会館」(現:GENスポーツパレス)を建設した[35][36]

1983年4月15日死去。76歳没。

次男・八田忠朗は1991年からアメリカレスリング協会の女子強化コーチの一員である[37]2003年、八田最後の弟子ともいわれる福田富昭が日本レスリング協会会長に就任している[38]。なお近年男子レスリングは苦戦[39]。不参加の1980年モスクワオリンピックを除いて12大会連続でメダル獲得中だが、金は1988年ソウルオリンピックが最後であった[13]。しかし2012年ロンドンオリンピックに於いて、米満達弘が6大会24年ぶりとなる男子レスリングで金メダルを獲得した[40]

2013年9月28日八田一朗氏(日本体育協会初代会長)の功績を称えると共に、八田イズム(気概)を学生達にもと云う事で八田氏のレスリング界での教え子松浪健四郎上武洋次郎(現小幡洋次郎)・花原勉藤本英男などの尽力により日本体育大学レスリング部合宿所(横浜市青葉区・日体レスリング会館)玄関に銅像が建立(除幕)された。日本レスリング協会HP抜粋

エピソード[編集]

「八田イズム」とも呼ばれたスパルタ指導法はいまや伝説となっている[8][12][13][41]。 「狩りの犬 獲物を追って どこまでも」という俳句を詠み、好んでこの句を色紙に揮毫した[7]

  • 1960年ローマオリンピック後、来るべき1964年東京オリンピックに備え、不屈の精神力を涵養し技術を磨く、スパルタ訓練が連日連夜代表選手に課せられた。東京オリンピック開幕前、このレスリング選手団の猛特訓はマスコミの注目を集め、恐怖の厳罰「剃るぞ!!」という言葉が紙面を賑わせ、当時の流行語にもなった。この題名で本も出しているが、だらしなく負けたり逃げ回って負けた選手に猛省を促すため、上はもちろん、下の毛も剃った。金メダルが取れなかったローマオリンピックでは、自らも白髪を剃り丸坊主となっている。
  • その他
    • 選手のコンディションによく気をつけていて、「おはよう」という挨拶の代わりに「クソが出たか」と聞いた。
    • 厳しい減量が必要とされる競技のため、毎日の排便を選手に報告させる。ついでに射精の報告もさせる。しかも、それが夢精によるものか、利き腕によるものか、ノートに書き込んで表にする。食事の量、体重、排便回数、そして、射精回数&射精方法。これだけ把握しておけば、選手の健康管理は絶対と言う。
    • 時差ボケに対応するために真夜中にいきなり選手を叩き起こして練習する。睡眠は重要なためいかなる状況でも、ごく短時間でも眠れるよう日頃から訓練しておく。
    • ライオンや虎とにらめっこさせて眼力を鍛える[42]
    • 沖縄でハブマングースの戦いを見て闘魂を学ぶ。
    • 左右とも利き手にしろ。
    • 食事の量は、朝5、昼2、夜3が良い。
    • 負けた理由を探すな。
    • 元旦に寒中水泳をさせた。
    • 夏に電灯をつけた柔道場で蚊帳なしでゴロ寝させた。
    • 夢の中でも勝て。
    • マスコミを味方にしろ。
    • ラジオの音楽のボリュームを最大限にして、明るい電灯のもとでも眠れるようにさせた[11]
    • トイレに行く時は、他の選手を起こして行け[11]
    • 外国で笑われない服装とマナーを身に付けろ[11]
    • 人のやらない事、やれない事を思い切ってやれ[11]
    • 君なら出来ると自己暗示して自分を追い込ませる[11]
    • 選手自身が考える訓練をする[11]

しかしながらこういった逸話も、マイナーといわれたレスリングの話題作りのため、との見方もありアイデアに長けた会長だったともいわれている[8][43].

6年余の軍隊での不条理で非合理な体質に憤り、1964年(昭和39年)当時から世間の根性論にも批判的で、正しい根性論と間違った根性論の違いを認識し、著書の「私の歩んできた道」の<竹やり根性>と<負け犬根性>で「正しい技術の練磨と、その実力の苦しい鍛錬を忘れて、精神力だけで万一の優勝を期待していたようなところが日本のスポーツ界にはなかっただろうか。それでは外国の力には勝てない。」と著し、八田イズムもシャイな日本人が世界で勝てる環境に左右されない図太い神経を身に付ける合理的なトレーニングと当時の選手は認識していた[11]

また神経戦もうまく、ソ連トルコは練習を公開しなかったが、練習を公開し柔道をやらせたり、記者会見合気道をやらせるなどのデモンストレーションを行った。こういう新手がある、という心理作戦に外国の連中は引っかかった。

1964年東京オリンピック開催期間中、銀座の老舗宝飾店に金メダルを飾らせた。[11]

著書[編集]

  • 「レスリング」(旺文社(旺文社スポーツ・シリーズ)、1953年)
  • 「俳気」(花鳥堂、1955年)
  • 「勝負根性」(実業之日本社(実日新書)、1965年)
  • 「剃るぞ!」(講談社、1965年)
  • 「闘魂と根性」(恒文社、1971年)
  • 「わが道を行く」(ベースボール・マガジン社、1964年)
  • 「私の歩んできた道」(立花書房、1979年)

ほか

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e レスリング・日本レスリングの父、八田一朗 - 日本トップリーグ連携機構
  2. ^ 八田一朗『私の歩んできた道』、3頁
  3. ^ 中条一雄『ひとすじの青春』藤森書店、1978年、15頁
  4. ^ 早大の創部80周年記念パーティーが盛大に開催される 、『体育人名辞典』、東京体育科学研究会編著、逍遥書院、1970年、190頁
  5. ^ 負けたら毛を剃れ! 恐るべき日本レスリングの掟2負けたら毛を剃れ! 恐るべき日本レスリングの掟3
  6. ^ 『日本レスリングの物語』moreinfo
  7. ^ a b 愛犬 - 健四郎浪人日記 - 松浪健四郎ウェブサイト 2010年4月13日
  8. ^ a b c d e f g h i j k 『凛として 日本人の生き方』、産経新聞「凛として」取材班」、扶桑社、2005年、83-108頁
  9. ^ 『体育人名辞典』、190頁
  10. ^ 日本のレスリングの歴史 日本レスリング協会
  11. ^ a b c d e f g h i 2013年8月21日20時NHK総合放送「1964東京オリンピック~第3回1億人の勝利をアスリートたちの挑戦」
  12. ^ a b 夢の中でも勝て/レスリング・八田一朗氏 - 五輪100年の記憶 コラム ロンドン五輪 : nikkansports.com
  13. ^ a b c 八田一朗 - Number Web - 文藝春秋日本レスリング界に息づく、「八田イズム」とは何か。(1/2) - Number Web日本レスリング界に息づく、「八田イズム」とは何か。(2/2) - Number Web
  14. ^ 八田一朗 とは - コトバンク日本レスリングの物語 柳澤健著 80年にわたる猛者たちの歴史:日本経済新聞社
  15. ^ a b 『「文藝春秋」にみるスポーツ昭和史 第三巻』文藝春秋、1988年、560頁
  16. ^ 大島裕史『コリアンスポーツ〈克日〉戦争』新潮社、2008年、69-72、146頁
  17. ^ 健四郎浪人日記[モバイル版] - 松浪健四郎ウェブサイト 2004年7月12日
  18. ^ 中津川センターロータリークラブ
  19. ^ 紅花のロッキー青木とそのファミリー - ロハスケさん
  20. ^ 八田会長と田中角栄
  21. ^ a b 日本レスリング協会ホームページ プロレスとのつながりについて国際プロレス 昭和43年ワールド・チャンピオン・シリーズ パンフ
  22. ^ アマチュアの世界とプロの世界
  23. ^ スポーツナビ|格闘技|「吉田秀彦選手の出る場面はできました
  24. ^ Talk is Cheap 丸山幸一のインサイドブロー
  25. ^ 郵便学者・内藤陽介のブログ 石膏像風のレスリング切手札幌オリンピック - おがくず酵素浴さくら -オフィシャルサイト-
  26. ^ a b 『増補版これがサンボだ!』ビクトル古賀監修、佐山聡撮影協力、ベースボール・マガジン社、1998年、11-14、176、177頁
  27. ^ ジャケットレスリング - 今泉雄策
  28. ^ サンボに魅せられた男: Dynamic Aikisambo
  29. ^ 秋の文化祭〜NPO設立記念講演会とコンサート
  30. ^ ファイル39 発掘!ラッシャー木村のサンボ特訓
  31. ^ 朝日新聞、2009年8月4日13面
  32. ^ 布施鋼治『東京12チャンネル 運動部の情熱』、集英社、2012年、12-16頁
  33. ^ 数多の歴史的スポーツ中継を生んだ「東京12チャンネル」の 伝説的プロデューサーがトークイベントに登場!
  34. ^ 『東京12チャンネル 運動部の情熱』235頁
  35. ^ 週刊現代、2012年11月10日67頁、「レスリングの父」が設立した財団法人「スポーツ会館」と文科省を悩ます「資産売却騒動」
  36. ^ 【特集】目指せメジャースポーツ!…ローマ五輪代表・平田孝さんからの熱きメッセージ(上)
  37. ^ Hatta named 2008 USA Wrestling Womens Coach of the Year
  38. ^ 負けたら毛を剃れ! 恐るべき日本レスリングの掟4理屈を超えた精神論!根性が生きてる日本レスリング nikkansports.com > スポーツTOP > スポーツNOW復活「八田イズム」で金5個だ!
  39. ^ 朝日新聞夕刊、1982年10月14日3面
  40. ^ 米満が金メダル!日本男子レスリング24年ぶり快挙 スポーツニッポン2012年8月12日
  41. ^ 伝統の八田イズムレスリングのトレーニング法は新撰組に通じる!?讀賣新聞、2009年3月27日16面、5月13日18面、負けたら毛を剃れ! 恐るべき日本レスリングの掟1「吉田の負けは五輪前のいい教訓」 | 東スポWeb – 東京スポーツ新聞社
  42. ^ #中条70-71頁
  43. ^ 【産経抄】2月8日 - MSN産経ニュース

参考文献[編集]

  • 『「文藝春秋」にみるスポーツ昭和史II』(文藝春秋、1988年8月)
  • 八田一朗『私の歩んできた道』(立花書房、1979年7月)
  • 『体育人名辞典』(東京体育科学研究会編著、逍遥書院、1970年3月)
  • 中条一雄『ひとすじの青春』(藤森書店、1978年9月)
  • 『凛として 日本人の生き方』(産経新聞「凛として」取材班、扶桑社、2005年4月)

外部リンク[編集]


議会
先代:
井川伊平
日本の旗 参議院内閣委員長
1969年 - 1970年
次代:
西村尚治