大隈講堂

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
早稲田大学大隈記念講堂
大隈講堂
情報
用途 講堂
設計者 佐藤功一佐藤武夫
構造設計者 内藤多仲
施工 戸田組(現・戸田建設
建築主 早稲田大学
事業主体 早稲田大学
構造形式 鉄骨鉄筋コンクリート構造
建築面積 1,225.95平方メートル m²
階数 地下1階、地上3階、塔屋付
高さ 塔屋地盤面より尖塔まで125尺(約38メートル)
着工 1926年(大正15年)2月11日
竣工 1927年(昭和2年)10月20日
所在地 東京都新宿区戸塚町1-104
文化財指定 重要文化財(建造物)
指定日 2007年12月4日
テンプレートを表示

大隈講堂(おおくまこうどう)は、早稲田大学早稲田キャンパスにあるチューダーゴシック様式の講堂で、大隈重信像と並び早稲田大学を象徴する建造物である。東京都新宿区戸塚町に立地。正式名称は「早稲田大学大隈記念講堂」。学内では「早稲田大学21号館」とも表記される。早稲田大学建築科の創設に携わった佐藤功一をはじめ、建築学科の教員らを中心に設計された。2007年、重要文化財に指定。

歴史[編集]

大隈講堂のデザインに大きな影響を与えたとされるストックホルム市庁舎(1909-1923年に建設)

1922年、早稲田大学の創立者である大隈重信が逝去し記念講堂の建設が行われることになり(それまで各種の式典は中庭にテントを張って行っていた)、1923年4月に寄付金200万円を集めることや設計案を公募することなどが決まった。設計コンペにより当選案が選ばれたが折から関東大震災(1923年)が起こり、また先行して図書館の建設も行われていたことなどで資金も思うように集まらず計画はしばらく中断した。1925年になって寄付金も集まり、再び計画が動き出した。改めて建築学科中心に設計を行うことになり高田早苗総長からゴシック様式演劇にも使える講堂をという要望を受け建築学科の佐藤功一内藤多仲(構造学)、佐藤武夫音響工学の先駆者)らが設計に当たった。戸田組(現戸田建設)の施工により1926年2月に着工、1927年10月20日に竣工した。

1999年東京都景観条例に基づき東京都選定歴史的建造物に選定された。

大学の創立125周年(2007年)記念事業に向け、2006年-2007年にかけて再生工事が行われた。外観と大講堂の歴史的な意匠を保存しつつ、耐震補強や文化ホールとして多機能化を行っている。工事は2007年9月末に完了し、10月21日の創立記念日を迎えた。そして同年12月4日付で重要文化財(建造物)に指定された[1](東京都選定歴史的建造物は解除)。

施設概要[編集]

大講堂は3階建てで1123席、地下1階は301席の小講堂。外壁のタイルは全部で約19万枚で、信楽風の全て手作りの焼き物である。7階建の時計塔がシンボルとなっており、大隈重信が提唱した『人生125歳説』にちなみ、125(約37.8m)の高さになっている。外観にはラグナル・エストベリストックホルム市庁舎(1923年竣工)の影響があると言われる[2]。また、デンマークのクロンボー城や、オックスフォード市街中心部のカーファックスタワー、オックスフォード大学マグダレンカレッジのマグダレンタワーに似ている、とも言われる[3]早稲田大学文学部創設者の坪内逍遥シェイクスピア全訳の偉業を達成したことからも、演劇博物館とともに同大学の影響が多分に大きいことが分かる[独自研究?]

塔上のは、米国ボルティモアマクレエン社からパナマ運河を越えて運ばれてきたものである。大小4つの鐘でハーモニーさせる方法は日本では初めてのもので、現在でもウェストミンスター宮殿のそれと同じハーモニーを奏でている。時計塔の鐘が鳴る時間は、8時・9時・12時・16時・20時・21時と1日6回。

内部の天井には宇宙を表現した楕円形の採光窓がある。太陽と9つの星をあしらった太陽系を表し、講堂の内と外との「世界の融和」を象徴している、とされる。

大隈講堂をふくむ早稲田キャンパスのパノラマ写真

利用状況[編集]

早稲田大学が主催する重要な行事、講演会はここで行われることが多い。また大学が使用しない日はサークル主催の劇、講演会、イベントが開催される。

早稲田大学の付属校・系属校の多くが大隈講堂での入学式および卒業式を行っている。ただし、2015年度卒業式以降、記念会堂が建て替え工事のため、大学の入学・卒業式が開催されている。

1946年には関脇笠置山勝一(早稲田大学の卒業生である)の引退相撲が開催された。

各国首脳による講演[編集]

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 国指定文化財等データベース:各棟情報詳細 2011年7月12日閲覧
  2. ^ 読売新聞社編『東京建築懐古録III』(読売新聞社、1991年)p72。
  3. ^ 早稲田大学のオープンキャンパスなどでは、講堂や時計塔がイギリスのオックスフォード市街中心部のカーファックスタワーやオックスフォード大学マグダレンカレッジのマグダレンタワーにも外観が似ている、と学生たちにガイドしている。

参考文献[編集]

関連項目[編集]

座標: 北緯35度42分32.16秒 東経139度43分17.59秒 / 北緯35.7089333度 東経139.7215528度 / 35.7089333; 139.7215528