早稲田大学国際文学館

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

早稲田大学国際文学館(わせだだいがく こくさいぶんがくかん)は、東京都新宿区早稲田大学構内に開館されたミュージアム村上春樹の文学を中心として研究を図る。通称村上春樹ライブラリー

概要[編集]

早稲田大学4号館を隈研吾によってリノベーションし、2021年(令和3年)10月1日に開館した[1]。村上の直筆原稿や収集したレコードなどが保管される予定。

大学卒業生の柳井正ファーストリテイリング代表取締役会長)が開設意義に賛同し、4号館改築費用の約12億円の全額を寄付した[2]

脚注[編集]

  1. ^ 国際文学館(村上春樹ライブラリー)
  2. ^ 村上春樹ライブラリーに柳井正氏支援

関連項目[編集]

外部リンク[編集]