東京六大学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

東京六大学(とうきょうろくだいがく)とは、東京六大学野球連盟に加盟所属する6校の大学を指し示す大学群である。東京六大学野球連盟の結成が端緒となって、その後東京六大学間で様々なスポーツの対校戦が行われるようになり、野球以外の連盟も複数設立されるようになった。

概略[編集]

日本の大学野球の先駆者的な立場であった早稲田大学慶應義塾大学の対抗戦(早慶戦)に端を発する。明治36年(1903年)に第1回の早慶戦が挙行され(明治39年から中断)、大正3年(1914年)に明治大学が加わり、早慶明の三大学によって初めてリーグ戦が組織された。その後大正6年(1917年)に法政大学が加わり、大正10年(1921年)に立教大学が加わった。6校目の参加大学として1925年秋に東京帝国大学(現在の東京大学)の加盟が決定し、組織化が行われ東京六大学野球連盟が発足(詳細については同項を参照)。これをもって「東京六大学」という存在が誕生した。

この対抗戦としての東京六大学野球の存在は、時流とともに大衆娯楽・文化としての野球競技の人気を一般に浸透させ、また第二次世界大戦後にプロ野球の人気が高まるまで、日本国内における野球競技での指導的立場も兼務した。プロ野球の人気が高まるまでは、「野球といえば六大学、六大学といえば野球」という時期があったことも当時の新聞などからうかがえる。このことから東京六大学の認知度は加速度的に高まり、大学野球リーグとしての東京六大学以外のイメージ的な付加価値も浸透させていくこととなった。

その結果、次第に「東京六大学」は大学野球リーグの枠を超え、所属大学相互間とりわけ学生レベルでの交流には不可欠なキーワードとして一人歩きをはじめていった。ソフトテニス競技ダンス陸上競技水泳の大会など、他のスポーツ競技においても対校戦は広がりをみせ、また応援団合唱団の演奏会や麻雀のリーグ戦、学園祭といったスポーツ競技以外の分野においても、東京六大学の名の下に、現役学生から卒業後まで様々な人的繋がりや交流が図られるような情況が生まれ、現在に至っている。その名の由来が大学野球の組織に端を発していることから、大学間の交流は学術的な面よりもむしろ学生レベルでの交流主導で発展した傾向が強い。

学術的な面を前提としたものやその他の一般的な大学群を区別する称号は他にも存在するが、東京六大学の場合は野球人気の影響もあって、日本において特に認知度の高い名称となっている。国外においてはアメリカ合衆国の大学スポーツリーグであるアイビーリーグが類似例として挙げられ、和製アイビーリーグという表現で紹介される場合もある。

注:団体名称に「東京六大学」を冠していても構成校がこの記事で記載されている六校以外の場合も一部には存在する。

構成大学[編集]

五十音順で以下の通りである。

六大学連盟[編集]

野球の他にも東京六大学間で連盟を組み、互いに協力し、大学・学生間の交流活動を行っている連盟がある。

六大学間の大会[編集]

東京六大学間で連盟を組んでいなくても、大学・学生・卒業者間で交流している大会がある。

公式大会[編集]

各大学の体育会競技部などによる公式的な大会の一覧。

自主大会[編集]

各大学の学生や団体が自主的に運営している大会の一覧。

  • 東京六大学弁論大会
  • 東京六大学麻雀リーグ
  • 東京六大学写真展

卒業者の大会[編集]

東京六大学の卒業者が運営している大会の一覧。

  • 東京六大学ヨットOB戦
  • 東京六大学OB親睦ゴルフ大会
  • 東京六大学OB・OGバドミントン交流大会
  • 東京六大学対抗OBリーグ戦 (ボウリング)

その他[編集]

  • キャンパスランチパック(「早明法立」バージョン)
    • 2013年1月1日に、山崎製パンの「ランチパック」シリーズの関東甲信越地区限定商品として、東京六大学のうち、早稲田・明治・法政・立教の4大学の学生の企画による「キャンパスランチパック」シリーズ(「早明法立」バージョン)が、2月末までの限定で発売された。同社、ならびに同商品のシリーズでの複数の大学との共同企画品としては、関西地区で2011年11月と2012年12月に発売された「関関同立」バージョン、および2012年11月に発売された「産近甲龍」バージョンに次ぐもので、関東地区の大学との企画としては初めてとなった。
      • 早稲田大学「メンチカツたまご」:商学部の学生の企画。大学受験シーズンに合わせ「試験に勝つ!」の語呂合わせによるもの。
      • 明治大学「オムレツハヤシ風」:経営学部の学生の企画。同学駿河台キャンパスの学内食堂の人気メニューをアレンジ。
      • 法政大学「焙煎キーマカレー」:学内公募で結成された商品開発プロジェクトに参加する、複数の学部の学生による企画。校名にちなみ「HOっとなSEI春!」(ホットな青春!)をテーマとし、心とからだをホットにする思いで、少し辛めのキーマカレーをサンドした。
      • 立教大学「ビーフシチュー赤ワイン入り)」:経営学部の学生の企画。同学の池袋キャンパスにある、赤レンガの校舎をモチーフとした。
    • 2014年1月1日には、関東・甲信越・東北地区限定商品として、2014年バージョンが発売された。
      • 早稲田大学「ケバブ風味」:商学部の学生の企画。鶏肉玉葱を使用したケバブ風フィリングをサンド。同学が受入留学生・派遣留学生共に国内第一位で、国際色豊かな校風であることから、世界三大料理の一つと言われるトルコ料理のケバブをイメージ。
      • 明治大学「チキン野菜レッドカレー」:経営学部の学生の企画。チキンと野菜(・赤塩豆・ピーマントマト)のスパイスの効いたレッドカレーをサンド。世界各国の留学生が集う、同学中野キャンパスの学内食堂の人気メニューをアレンジ。
      • 法政大学「チキン竜田揚げサルサソース」:学内公募で結成された商品開発プロジェクトに参加する、複数学部の学生による企画。チキン竜田揚げとサルサソースをサンド。同学の応援歌暁の勇者」の朝日の色をイメージ。
      • 立教大学「ツナトマトとタラモサラタ」:経営学部の学生の企画。白いパンにタラモサラタ(明太ポテトサラダ)を、全粒粉入りパンにはツナトマトをサンド。同学の地元池袋には隠れた洋食の名店が多いことから、おしゃれな同学ブランドを、洋食コースメニュー風に2種類のメニューで表現。

関連項目[編集]