佐藤功一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
佐藤功一
佐藤功一.jpg
生誕大越 功一
1878年(明治11年)7月2日
栃木県下都賀郡小金井村
死没 (1941-06-22) 1941年6月22日(62歳没)
東京市小石川区
国籍日本の旗 日本
出身校東京帝国大学工科大学
職業建築家
建築物 大隈講堂
日比谷公会堂市政会館

佐藤 功一(さとう こういち、1878年明治11年)7月2日 - 1941年昭和16年)6月22日[1])は、日本の建築家[2]

早稲田大学理工科建築学科の創始者として知られる[2]。早大建築学科主任に就任してからは、同大の建築教育の基礎を築いた。以後は早大において評議員なども歴任した[2]

作品としては関東大震災以降のものが多く、日比谷公会堂の設計、大学関連では早稲田大学のシンボルである大隈講堂や、武蔵大学津田塾大学に作品を39年間で233件残している[2]。また東京女子高等師範学校日本女子大学などで教え、女性に対する建築教育の草分けでもあった[3]

経歴[編集]

  • 1878年(明治11年7月)栃木県小金井村(現・下野市)に大越東七郎の次男として出生(はじめは大越姓、1908年から佐藤家の養子になる)[4]
  • 栃木県尋常中学校錦城中学校卒業
  • 1896年(明治29年)二高卒業
  • 1903年(明治36年)東京帝国大学工科大学卒業、三重県技師
  • 1908年(明治41年6月)宮内省内匠寮御用掛
  • 1909年(明治42年1月)早稲田大学から派遣され、欧米を視察(翌年まで)
  • 1910年(明治43年9月)早稲田大学に建築科開設、講師(翌年、教授)
  • 1917年(大正6年)柳田國男と共に古民家保存を目的とする「白茅会」を発足。今和次郎らが参加。
  • 1919年(大正8年6月)工学博士
  • 1921年(大正10年9月)東京女子高等師範学校講師
  • 1923年(大正12年11月)帝都復興事務嘱託
  • 1925年(大正14年4月)日本女子大学教授
  • 1929年(昭和4年8月)大礼記念京都美術館建築委員会委員[5]
  • 1941年(昭和16年)逝去

主な作品[編集]

早稲田大学大隈記念講堂

佐藤の作品であることが確認されている物件は223件あり、2か月に1件のハイペースで設計していた計算になる[3]

名称 所在地 状態 指定 備考
/明治記念新潟県立図書館 [6] 1915年 15新潟県新潟市
/早稲田大学大隈記念講堂 1927年 13東京都新宿区 重要文化財
/鶴舞公園普選壇 1928年 23愛知県名古屋市昭和区
/武蔵大学大講堂 1928年 13東京都練馬区
/群馬県庁舎 1928年 10群馬県前橋市 登録有形文化財
/日比谷公会堂市政会館 1929年 13東京都千代田区
/米子市庁舎 1930年 31鳥取県米子市
/群馬会館 1930年 10群馬県前橋市 登録有形文化財
/宮城県庁舎 1931年 04宮城県仙台市 現存せず
/津田塾大学 1932年 13東京都小平市
/神田神社本殿 1934年 13東京都千代田区 登録有形文化財 共同設計:大江新太郎
/山陽記念館 1935年 34広島市中区 現存せず 頼山陽史跡資料館被爆建物として部材の一部(テラコッタ製の手すり)のみ保存。
/栃木県庁舎 1938年 09栃木県宇都宮市 一部現存 昭和館として正面部分のみ保存[7]
/滋賀県庁舎 1939年 25滋賀県大津市 登録有形文化財
/日本赤十字社広島支部病院 1939年 34広島市中区 現存せず 被爆建物として一部のみ保存。

著書[編集]

単著[編集]

  • 『新編家事参考書』冨山房、1930年7月。
  • 『住宅建築衛生篇』早稲田大学出版部〈佐藤・住宅建築講座 第1篇〉、1931年3月。
  • 『住宅の知識』社会教育協会〈婦人講座 第33篇〉、1932年12月。
  • 『匠房雑話』東宛書房〈学芸随筆 第3巻〉、1938年5月。

編集[編集]

共著[編集]

  • 佐藤功一、木村幸一郎『住宅の平面計画』洪洋社〈建築資料叢書 13〉、1927年11月。

全集[編集]

  • 『建築談叢』土木建築工業新聞社出版部・佐藤功一全集刊行会〈佐藤功一全集 第3巻〉、1942年3月。NDLJP:1058790
  • 『住宅雑纂』佐藤功一全集刊行会・土木建築工業新聞社出版部〈佐藤功一全集 第4巻〉、1941年5月。NDLJP:1058793

出典[編集]

  1. ^ “佐藤功一博士訃報”. 東京新聞夕刊: p. 2. (1941年6月24日) 
  2. ^ a b c d 「建築家・佐藤功一と都市への視線、あるいは近代の視線」『東京都江戸東京博物館研究報告』第2号。
  3. ^ a b c 岡田 2003, p. 130.
  4. ^ 佐藤功一 :: 東文研アーカイブデータベース”. www.tobunken.go.jp. 2019年10月15日閲覧。
  5. ^ 美術研究者『日本美術年間』国書刊行会、1942年。
  6. ^ 田辺泰,猪野勇一『佐藤功一博士』下出源七。
  7. ^ 「近江の近代建築7選 ヴォーリズだけじゃない ② 県庁舎本館 どっしり構える存在感」朝日新聞2009年11月18日付朝刊、滋賀版27ページ
  • 岡田義治「栃木県庁舎本館」『栃木県の近代化遺産 栃木県近代化遺産(建造物等)総合調査報告書』栃木県教育委員会事務局文化財課 編、栃木県教育委員会事務局文化財課、2003年3月、130-131頁。全国書誌番号:20412997

関連項目[編集]

外部リンク[編集]