建築学科

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

建築学科(けんちくがっか)は、大学高等専門学校学科、および、職業訓練施設高度職業訓練)の訓練科の一つ。建築学科では、建築学の知識、技術修得を目指す教育、研究が行われる。

学科の概要[編集]

日本の多くの大学において建築学科は工学部理工学部デザイン工学部建築学部美術学部芸術学部造形学部、さらに家政学部生活科学部環境系学部などにて学科設置されており、所属学部が多岐にわたっている。

過去に日本特有の地震の問題があり、他国と違い大学建築学科で建築系学者が工学者として構造力学の研究と構造エンジニア育成教育を行ったことで構造を重視する日本の建築界の考え方が起きたことのほかに、日本建築では住居などが木造建築という独特の文化があり、土木系学科や林学・森林科学などの学科からも実務経験を経て受験が可能な国家資格建築士」が、一級建築士二級建築士木造建築士資格として国家免許で存在する世界的にも稀な制度がある。

また3年の実務経験を経て受験が可能な建築施工管理技士資格として、1級建築施工管理技士2級建築施工管理技士資格が国家資格として存在する。

日本以外の他の多くの国では、都市計画学部や美術学部、芸術学部、建築学部などに属することが多く、建築学校として独立する形をとることが多い。

日本の建築学科設置大学の多くで、建築学科卒業と同時に、二級建築士受験資格、木造建築士受験資格を得ることができる。

“建築学”を扱う日本の大学・短期大学[編集]

国立[編集]

公立[編集]

私立[編集]

北海道・東北
関東
中部
近畿
中国・四国・九州

“建築学”の学科を持つ日本の専門学校[編集]

(工業高等専門学校)

工業高等専門学校の建築の課程を卒業と同時に、二級建築士受験資格、木造建築士受験資格を得ることができる。

(専修学校専門課程)

文部科学省所管外の大学校[編集]

学士の取得が可能な省庁大学校を対象とする。以下の大学校では、卒業と同時に二級建築士受験資格、木造建築士受験資格を得ることができる。

独立行政法人高齢・障害・求職者雇用支援機構立[編集]

  • 職業能力開発総合大学校 長期課程 建築システム工学科(平成25年4月1日神奈川県から東京都へ移転), 総合課程 (特定専門課程・特定応用課程) 居住システム系建築科〈特定専門課程〉居住・建築システム技術系建築施工システム技術科〈特定応用課程〉建築専攻 [注釈 2]

“建築系”の訓練科を持つ日本の職業訓練施設(高度職業訓練)[編集]

専門課程の建築科、住居環境科、建築環境システム科の卒業者は、卒業した年に二級建築士を受験でき、専門課程を卒業して応用課程に進学した場合は、応用課程在学中に二級建築士を受験できる[注釈 3]

専門課程[編集]

(独立行政法人高齢・障害・求職者雇用支援機構立)

(県立)

(職業訓練法人立)

応用課程[編集]

(独立行政法人高齢・障害・求職者雇用支援機構立)

"建築学"の学科を持つ諸外国の大学・短期大学[編集]

造園施工管理技師[編集]

建築学科や、建築科建築工学科、環境計画学科、住居科、建築第二学科、住居デザイン科、建築設備工学科(関東学院大学ほか)、建築システム科、造形工学科(京都工芸繊維大学)といった名称の学科出身者は、所定の実務年数を経て造園施工管理技師の受験資格を得ることができる(番号は13)。 以下の大学の学科に関しても、同様であるが、※は履修確認が必要になる。

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ このほか農学部の環境資源科学課程 木質構造科学専修が建築士資格取得可能
  2. ^ a b c d e 全国建築系大学教育連絡協議会会員校。高専は他に秋田工業高等専門学校環境都市工学科(土木)も
  3. ^ 平成20年度入学者まで。

出典[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]