早稲田大学芸術学校

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

早稲田大学芸術学校(わせだだいがくげいじゅつがっこう)は、東京都新宿区大久保早稲田大学西早稲田キャンパス内)に所在する専門学校(産業技術専門課程)。かつての前身校では元日本建築学会会長の建築家吉阪隆正が校長を務めていた。現在は建築科建築都市設計科の2学科が設置されている。2011年度までは都市デザイン科、2010年度までは空間映像科があり、建築都市デザイン映像の3分野を学ぶ4学科があった。姉妹校の早稲田大学川口芸術学校は2015年3月に閉校した。

沿革[編集]

起源となった早稲田工手学校は、学校法人早稲田大学を母体に1911年に開校。早稲田工業学校を経て、戦後の学制改革で早稲田大学工業高等学校となる。工業高校は1968年に廃校となるが、1961年に設置された産業技術専修コースを母体として1964年に早稲田大学産業技術専修学校が開校。その後、早稲田大学専門学校(1978年-)を経て2001年に現在の早稲田大学芸術学校となる。

設置学科[編集]

  • 建築科(夜間2年制)
  • 建築都市設計科(夜間3年制)

特徴[編集]

授業は平日夜間(18:15~21:25)を主としているため、社会人、大学・大学院既卒者あるいは大学在学中のダブルスクール生が全体の約9割を占める。そのため学生の年齢・経歴に幅があり、昼間に授業をおこなう学校とは校風が異なる(2012年度入学者の平均年齢は28.2歳と公表されている)。昼間の活動と夜間の勉強を両立させることが困難となり、退学休学に至るケースも少なくない。[要出典]

専門学校でありながら就職資格取得を重視するというよりも、その分野の知識・教養への習熟が重要視され、文化系講義が多いのも本校の特色の一つである。そのため夜間の学校ではあるものの、転職を目的とする社会人学生などには不向きな面もあり、他とは一風異なった専門学校としての特徴を呈している(一般的な進路指導や就職ガイダンスは行っていない)。

毎年秋には『建築週間』と題して公開講演会が催され、これまでに安藤忠雄槇文彦妹島和世といった著名建築家による講演会も行われてきた。

最近では建築分野で国際コンペ受賞者、写真分野でも著名な賞での受賞者(空間映像科卒業生)を輩出するなど、在学生・卒業生の一部の活躍が評価されている。

主な出身者[編集]

関連人物[編集]

関連項目[編集]

卒業後に取得可能な資格[編集]

建築科
建築都市設計科

外部リンク[編集]