学校法人早稲田大学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

学校法人早稲田大学(がっこうほうじんわせだだいがく)は、東京都新宿区に本部をおく学校法人早稲田大学などの設置者。

年表[編集]

大隈重信立像(朝倉文夫作)

1928年当時の早稲田大学の諸学校と現在の学制を比較

  • 1938年 鋳物研究所(現・材料技術研究所)設置。
  • 1939年 女子学生4名が初めて大学の学部へ入学。
  • 1940年 理工学部研究所(現・理工学総合研究センター)・興亜経済研究所(現・アジア太平洋研究センター)を設置。
  • 1946年 早稲田工手学校を早稲田工業学校へ改組。
  • 1948年 早稲田工業学校を新制の早稲田工業高等学校(夜間4年)へ改組。
  • 1949年 学制改革に伴い、新制早稲田大学を設置。第一・第二早稲田高等学院を廃し、在校生は新制大学の学部1・2年生に移行、新制高校の早稲田高等学院開校。
  • 1951年 学校法人となる。新制早稲田大学大学院6研究科(修士課程)を設置。1953年には博士課程も設置。旧制の専門部、高等師範部、早稲田専門学校(夜間)、早稲田高等工学校(夜間)廃校。
  • 1957年 記念会堂が竣工(1964年東京オリンピックフェンシング競技会場として使用される)
  • 1961年 早稲田工業高等学校に専修コースとして産業技術専修コースを設置。
  • 1962年 戸山キャンパスが完成、第一・第二文学部が移転。
  • 1963年 国際部を設置、翌年から日本人学生を聴講生として受入開始。
  • 1964年 早稲田工業高等学校産業技術専修コースを母体に早稲田大学産業技術専修学校を設置。
  • 1965年 大久保キャンパス設置、理工学部が移転。
  • 1967年 大隈庭園を学生に開放。
  • 1978年 早稲田大学産業技術専修学校の教育課程を整備、専修学校から専門学校へ改組。名称を早稲田大学専門学校へ変更。
  • 1990年 大隈ガーデンハウスが竣工、
  • 1998年 旧図書館に會津八一記念博物館が開設。
  • 2001年 早稲田大学専門学校を早稲田大学芸術学校に改称。

設置している学校[編集]

出版活動[編集]

系属校[編集]

以下の学校は別の学校法人による設置校であり、早稲田大学系属校にあたる

前身の東京専門学校の校長等[編集]

校長(名誉職)

氏名 就任時期
初代 大隈英麿 1882年~1886年
第二代 前島密 1886年~1890年
第三代 鳩山和夫 1890年~1907年

議員(評議員、理事のようなもの)として、成島柳北、小野梓、島田三郎、矢野文雄等。

  • 学監   高田早苗(1900年~1907年)
  • 1902年、「私立学校令」により早稲田大学とする。
  • 1904年、「専門学校令」により大学。
  • 1907年に、総長・学長制に移行。

早稲田大学の学長等[編集]

学長

氏名 就任時期
初代 高田早苗 1907年~1915年
第二代 天野為之 1915年~1917年
第三代 平沼淑郎 1918年~1921年
第四代 塩澤昌貞 1921年~1923年
  • 名誉学長 高田早苗(1915年~1917年、1919年~1923年)
  • 1920年、「大学令」による大学。
  • 1923年に、新総長制。

歴代総長一覧[編集]

氏名 就任時期 略歴
初代(名誉職) 大隈重信 1907年 - 1922年 内閣総理大臣、創設者
第2代 塩澤昌貞 1923年 経済学者
第3代 高田早苗 1923年 - 1931年 衆議院議員、政治学者
第4代 田中穂積 1931年 - 1944年 財政学者
第5代 中野登美雄 1944年 - 1946年 法学者
第6代 島田孝一 1946年 - 1954年 交通経済学者
第7代 大濱信泉 1954年 - 1966年 法学者、教育者
第8代 阿部賢一 1966年 - 1968年 経済学者
第9代 時子山常三郎 1968年 - 1970年 財政学者
第10代 村井資長 1970年 - 1978年 工学者
第11代 清水司 1978年 - 1982年 工学者
第12代 西原春夫 1982年 - 1990年 法学者
第13代 小山宙丸 1990年 - 1994年 文学者
第14代 奥島孝康 1994年 - 2002年 法学者
第15代 白井克彦 2002年 - 2010年 工学者
第16代 鎌田薫 2010年 - 法学者
  • 1949年、新制大学。

脚注[編集]

  1. ^ 中村尚美 『大隈重信』 吉川弘文館、2000年、175頁

参考文献[編集]

  • 大西健夫・佐藤能丸編著 『私立大学の源流』 学文社、2006年。
  • 木村時夫 『わが早稲田』 恒文社、1997年。
  • 佐藤能丸 『異彩の学者山脈』 芙蓉書房出版、1997年。
  • 佐藤能丸 『志立の明治人・上』 芙蓉書房出版、2005年。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]