小山宙丸

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

小山 宙丸(こやま ちゅうまる、1927年8月28日 - 2006年9月22日)は日本の哲学者

早稲田大学第13代総長。早稲田大学名誉教授。在籍期間は、1年半にも満たなかった杉原千畝に顕彰状を出し、校友として遇したことでも知られる。

実家は都区内唯一の造り酒屋小山酒造」。

略歴[編集]

  • 1951年(昭和26年) 早稲田大学文学部西洋哲学専修卒業、文学士
  • 1953年(昭和28年) 早稲田大学大学院文学研究科修士課程(西洋哲学専攻)修了、文学修士
  • 1956年(昭和31年) 早稲田大学大学院文学研究科博士課程(西洋哲学専攻)単位取得退学
  • 1956年(昭和31年) 早稲田大学第一文学部助手
  • 1960年(昭和35年) 早稲田大学第一・第二文学部専任講師
  • 1963年(昭和38年) 早稲田大学第一・第二文学部助教授
  • 1969年(昭和44年) 早稲田大学第一・第二文学部教授
  • 1990年(平成 2年) 第13代早稲田大学総長就任
  • 1994年(平成 6年) 早稲田大学総長退任
  • 1997年(平成 9年) 白鴎大学学長就任(翌年までは早稲田大学教授との兼任、逝去時まで在任)
  • 1998年(平成10年) 早稲田大学を定年退職し、名誉教授となる。カトリックに改宗。
  • 2006年(平成18年) 逝去。白鴎大学葬ならびに早稲田大学主催の「お別れの会」が執り行われる。従三位瑞宝大綬章を追贈。

著書[編集]

関連項目[編集]

先代:
原田俊夫
白鴎大学学長
第3代: 1997年 - 2006年
次代:
森山眞弓