小山宙丸

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

小山 宙丸(こやま ちゅうまる、1927年昭和2年)8月28日 - 2006年平成18年)9月22日)は日本哲学者

早稲田大学第13代総長。早稲田大学名誉教授。在籍期間は、1年半にも満たなかった杉原千畝に顕彰状を出し、校友として遇したことでも知られる。

実家は都区内唯一の造り酒屋小山酒造」。

略歴[編集]

  • 1951年(昭和26年) 早稲田大学文学部西洋哲学専修卒業、文学士
  • 1953年(昭和28年) 早稲田大学大学院文学研究科修士課程(西洋哲学専攻)修了、文学修士
  • 1956年(昭和31年) 早稲田大学大学院文学研究科博士課程(西洋哲学専攻)単位取得退学
  • 1956年(昭和31年) 早稲田大学第一文学部助手
  • 1960年(昭和35年) 早稲田大学第一・第二文学部専任講師
  • 1963年(昭和38年) 早稲田大学第一・第二文学部助教授
  • 1969年(昭和44年) 早稲田大学第一・第二文学部教授
  • 1990年(平成 2年) 第13代早稲田大学総長就任
  • 1994年(平成 6年) 早稲田大学総長退任
  • 1997年(平成 9年) 白鴎大学学長就任(翌年までは早稲田大学教授との兼任、逝去時まで在任)
  • 1998年(平成10年) 早稲田大学を定年退職し、名誉教授となる。カトリックに改宗。
  • 2006年(平成18年) 9月22日午前11時20分、肺炎により逝去[1]10月18日に白鴎大学において、10月31日に早稲田大学において大学葬が執り行われる[2]従三位瑞宝大綬章を追贈。

著書[編集]

編著書[編集]

  • 『概説宗教学』稲門堂、1987年5月。
  • 『比較宗教哲学への道程』早稲田大学出版部、1992年7月。ISBN 9784657927019
  • 『中世末期の神秘思想』上智大学中世思想研究所編、小山宙丸編訳・監修、平凡社〈中世思想原典集成 17〉、1992年2月。ISBN 9784582734270
  • 『聖書をめぐる九の冒険』ネスコ、1995年6月。ISBN 9784890368952
  • 『ヨーロッパ中世の自然観』創文社、1998年6月。ISBN 9784423171097

共編著[編集]

共訳[編集]

  • フリードリッヒ・ヘーア『ヨーロッパ精神史』小山宙丸・小西邦雄訳、二玄社、1982年3月。
  • M.P.ニルソン『ギリシア宗教史』小山宙丸・丸野稔・兼利琢也訳、創文社、1992年9月。ISBN 9784423400104
  • 『比較思想の現在』小山宙丸・宮野升宏編、北樹出版〈講座比較思想 転換期の人間と思想 第1巻〉、1993年10月。ISBN 9784893843173

脚注[編集]

外部リンク[編集]

先代:
原田俊夫
白鴎大学学長
第3代: 1997年 - 2006年
次代:
森山眞弓