田中穂積 (法学博士)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
田中穂積

田中 穂積(たなか ほづみ、1876年明治9年)2月17日 - 1944年昭和19年)8月22日)は、長野県出身の財政学者法学博士早稲田大学第4代総長。

略歴[編集]

参考文献[編集]

  • 『稲門の群像』(早稲田大学出版部)

演じた俳優[編集]

主な著作[編集]

  • 『財政学』(明法堂、1898年)
  • 『対韓私議』(明法堂、1899年)
  • 『高等租税原論』(早稲田大学出版部、1903年)
  • 『公債論』(明法堂、1904年)
  • 『高等租税各論』(早稲田大学出版部、1906年)
  • 『税制整理論』(隆文館、1910年)
  • 『財務論』(宝文館、1911年)
  • 『生活問題と農村問題』(実業之日本社、1913年)
  • 『静思健闘』(広文堂書店、1914年)
  • 『公債要論』(東京宝文館、1916年)
  • 『国民経済概論』(早稲田大学出版部、1917年)

栄典[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 松本藩藩校崇教館)跡地にあった長野県師範学校本校と、長野町に1886年(明治19年)まであった長野県中学校本校のキャンパス交換が成立し、県中は小林有也校長ごと松本の柳町にあった師範学校跡地に移転。田中の入学した1888年(明治21年)には長野町には旧制中学が松本への移転で無かったため、はるばる松本町へ。1889年(明治22年)の松本大火で、柳町キャンパスが全焼したため、濠の内側の旧長野県中学校松本支校跡地(で寄宿舎、農業、商業科などに転用されていた敷地)に新校舎を増築(丸の内キャンパス)し、後の松本中学、現在の長野県松本深志高等学校に継続した。)
  2. ^ 藤田にとっては、映画での遺作となった。

外部リンク[編集]